annotate src/bsd/doc/man/ja/rmiregistry.1 @ 2640:9282f04c3555

. Make changes to the BSD man pages identical to those made to the Linux man pages.
author Greg Lewis <glewis@eyesbeyond.com>
date Sat, 17 Jul 2010 18:02:36 -0700
parents 8356c7fa1a33
children 24a70eaf47af
rev   line source
glewis@2640 1 ." Copyright (c) 1997, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
kurt@1245 2 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
kurt@1245 3 ."
kurt@1245 4 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
kurt@1245 5 ." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
kurt@1245 6 ." published by the Free Software Foundation.
kurt@1245 7 ."
kurt@1245 8 ." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
kurt@1245 9 ." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
kurt@1245 10 ." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License
kurt@1245 11 ." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
kurt@1245 12 ." accompanied this code).
kurt@1245 13 ."
kurt@1245 14 ." You should have received a copy of the GNU General Public License version
kurt@1245 15 ." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
kurt@1245 16 ." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
kurt@1245 17 ."
glewis@2552 18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
glewis@2552 19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
glewis@2552 20 ." questions.
kurt@1245 21 ."
glewis@2640 22 .TH rmiregistry 1 "02 Jun 2010"
kurt@1245 23
glewis@933 24 .LP
kurt@1245 25 .SH "名前"
kurt@1245 26 rmiregistry \- Java リモートオブジェクトレジストリ
kurt@1245 27 .LP
kurt@1245 28 .RS 3
kurt@1245 29
kurt@1245 30 .LP
kurt@1245 31 .LP
kurt@1245 32 \f3rmiregistry\fP コマンドは、現在のホストの指定したポート上にリモートオブジェクトレジストリを開始します。
kurt@1245 33 .LP
glewis@933 34 .RE
kurt@1245 35 .SH "形式"
glewis@933 36 .LP
kurt@1245 37
glewis@933 38 .LP
kurt@1245 39 .nf
kurt@1245 40 \f3
kurt@1245 41 .fl
kurt@1245 42 rmiregistry [\fP\f4port\fP\f3]
kurt@1245 43 .fl
kurt@1245 44 \fP
kurt@1245 45 .fi
kurt@1245 46
glewis@933 47 .LP
kurt@1245 48 .SH "説明"
glewis@933 49 .LP
glewis@933 50
kurt@1245 51 .LP
kurt@1245 52 .LP
kurt@1245 53 \f3rmiregistry\fP コマンドは、現在のホストの指定 \f2port\fP 上にリモートオブジェクトレジストリを作成し、開始します。\f2port\fP の指定を省略した場合、レジストリはポート 1099 で開始します。\f3rmiregistry\fP コマンドに、出力機能はありません。通常、これはバックグラウンドで実行されます。例を示します。
kurt@1245 54 .LP
kurt@1245 55 .LP
kurt@1245 56 \f2rmiregistry&\fP
kurt@1245 57 .LP
kurt@1245 58 .LP
kurt@1245 59 リモートオブジェクトレジストリは、ブートストラップのネームサービスです。 同一ホストの RMI サーバーが、リモートオブジェクトを名前にバインドするために使用されます。次に、ローカルおよびリモートホストのクライアントはリモートオブジェクトを検索し、リモートメソッドの呼び出しを行います。
kurt@1245 60 .LP
kurt@1245 61 .LP
kurt@1245 62 レジストリは、一般的に、最初のリモートオブジェクトの位置を指定します。 そこで、アプリケーションはメソッドを呼び出す必要があります。代わって、そのオブジェクトはアプリケーション指定のサポートを提供し、他のオブジェクトを探します。
kurt@1245 63 .LP
kurt@1245 64 .LP
kurt@1245 65 \f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP クラスのメソッドは、ローカルホスト、またはローカルホストとポートで動作するレジストリを取得するために使用されます。
kurt@1245 66 .LP
kurt@1245 67 .LP
kurt@1245 68 \f2java.rmi.Naming\fP クラスの URL ベースのメソッドは、レジストリで動作し、任意のホストおよびローカルホスト上のリモートオブジェクトの検索に使用されます。リモートオブジェクトに単純な (文字列) 名前をバインドしたり、新しい名前をリバインド (古いバインドにオーバーライド) します。 またリモートオブジェクトをアンバインドしたり、レジストリにバインドされた URL を出力します。
kurt@1245 69 .LP
kurt@1245 70 .SH "オプション"
kurt@1245 71 .LP
kurt@1245 72
kurt@1245 73 .LP
kurt@1245 74 .RS 3
kurt@1245 75 .TP 3
kurt@1245 76 \-J
kurt@1245 77 \f2\-J\fP の後ろに続くオプションを \f2java\fP インタプリタに引き渡します。 \f2java\fP オプションと組み合わせて使います (\f2\-J\fP と \f2java\fP オプションの間にスペースは入れない)。
kurt@1245 78 .RE
kurt@1245 79
kurt@1245 80 .LP
kurt@1245 81 .SH "関連項目"
kurt@1245 82 .LP
kurt@1245 83
kurt@1245 84 .LP
kurt@1245 85 .LP
kurt@1245 86 java(1)、
kurt@1245 87 .na
kurt@1245 88 \f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP @
kurt@1245 89 .fi
kurt@1245 90 http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.html、および
kurt@1245 91 .na
kurt@1245 92 \f2java.rmi.Naming\fP @
kurt@1245 93 .fi
kurt@1245 94 http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/rmi/Naming.html
kurt@1245 95 .LP
kurt@1245 96