diff src/bsd/doc/man/ja/jconsole.1 @ 1245:4fef42eb432c

Merge jdk7-b58 from main OpenJDK repository.
author kurt
date Wed, 20 May 2009 12:01:48 -0400
parents 8ff039c98991
children 8356c7fa1a33
line wrap: on
line diff
--- /dev/null	Thu Jan 01 00:00:00 1970 +0000
+++ b/src/bsd/doc/man/ja/jconsole.1	Wed May 20 12:01:48 2009 -0400
@@ -0,0 +1,165 @@
+." Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH jconsole 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
+.LP
+.SH "名前"
+jconsole \- Java 監視および管理コンソール
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+形式 
+.TP 2
+o
+パラメータ 
+.TP 2
+o
+説明 
+.TP 2
+o
+オプション 
+.TP 2
+o
+関連項目 
+.RE
+
+.LP
+.SH "形式"
+.LP
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+\fP\f3jconsole\fP [ \f2options\fP ] [ connection ... ]
+.fl
+
+.fl
+.fi
+
+.LP
+.SH "パラメータ"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+options 
+オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。 
+.br
+.TP 3
+connection = pid | host:port | jmxUrl 
+.RS 3
+\f2pid\fP\ \ \ ローカルの Java VM のプロセス ID。Java VM は、jconsole を実行しているユーザー ID と同じユーザー ID を使用して実行する必要があります。詳細については、
+.na
+\f2「JMX 監視および管理」\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+.br
+\f2host\fP:\f2port\fP\ \  Java VM が実行しているホストシステムの名前と、JVM を起動したときにシステムプロパティー \f2com.sun.management.jmxremote.port\fP で指定したポート番号。詳細については、
+.na
+\f2「JMX 監視および管理」\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+.br
+\f2jmxUrl\fP 接続先の JMX エージェントのアドレス。 これについては、
+.na
+\f2JMXServiceURL\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.html を参照してください。 
+.RE
+.RE
+
+.LP
+.SH " 説明"
+.LP
+
+.LP
+.LP
+\f3jconsole\fP コマンドは、ローカルマシンまたはリモートマシン上の Java アプリケーションと仮想マシンの監視と管理を行うグラフィカルコンソールツールを起動します。
+.LP
+.LP
+Windows 上では、\f3jconsole\fP はコンソールウィンドウと関連付けられていません。ただし、なんらかの理由で \f3jconsole\fP コマンドが失敗すると、エラー情報を示すダイアログボックスが表示されます。
+.LP
+.SH "オプション"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-interval=n 
+更新間隔を \f2n\fP 秒に設定します (デフォルトは 4 秒)。 
+.TP 3
+\-notile\  
+最初にウィンドウをタイリングしません (複数の接続のため)。 
+.TP 3
+\-pluginpath\  plugins 
+JConsole プラグインの検索先となるディレクトリまたは JAR ファイルのリストを指定します。\f2plugins\fP パスには、次の名前のプロバイダ構成ファイルを含めてください。
+.br
+.nf
+\f3
+.fl
+   META\-INF/services/com.sun.tools.jconsole.JConsolePlugin
+.fl
+\fP
+.fi
+.LP
+これには、
+.na
+\f2com.sun.tools.jconsole.JConsolePlugin\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/jdk/api/jconsole/spec/com/sun/tools/jconsole/JConsolePlugin.html クラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定する行が、プラグインごとに 1 行ずつ含まれています。  
+.TP 3
+\-version\  
+バージョン情報を出力して終了します。 
+.TP 3
+\-help\  
+ヘルプメッセージを出力して終了します。 
+.TP 3
+\-J<flag>\  
+jconsole が実行されている Java 仮想マシンに <flag> を渡します。 
+.RE
+
+.LP
+.SH "関連項目"
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+.na
+\f2jconsole の使用\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/management/jconsole.html 
+.TP 2
+o
+.na
+\f2「Java プラットフォームの監視および管理」\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/management/index.html 
+.RE
+
+.LP
+
+.LP
+