view src/bsd/doc/man/ja/rmiregistry.1 @ 2640:9282f04c3555

. Make changes to the BSD man pages identical to those made to the Linux man pages.
author Greg Lewis <glewis@eyesbeyond.com>
date Sat, 17 Jul 2010 18:02:36 -0700
parents 8356c7fa1a33
children 24a70eaf47af
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 1997, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH rmiregistry 1 "02 Jun 2010"

.LP
.SH "名前"
rmiregistry \- Java リモートオブジェクトレジストリ
.LP
.RS 3

.LP
.LP
\f3rmiregistry\fP コマンドは、現在のホストの指定したポート上にリモートオブジェクトレジストリを開始します。
.LP
.RE
.SH "形式"
.LP

.LP
.nf
\f3
.fl
rmiregistry [\fP\f4port\fP\f3]
.fl
\fP
.fi

.LP
.SH "説明"
.LP

.LP
.LP
\f3rmiregistry\fP コマンドは、現在のホストの指定 \f2port\fP 上にリモートオブジェクトレジストリを作成し、開始します。\f2port\fP の指定を省略した場合、レジストリはポート 1099 で開始します。\f3rmiregistry\fP コマンドに、出力機能はありません。通常、これはバックグラウンドで実行されます。例を示します。
.LP
.LP
\f2rmiregistry&\fP
.LP
.LP
リモートオブジェクトレジストリは、ブートストラップのネームサービスです。 同一ホストの RMI サーバーが、リモートオブジェクトを名前にバインドするために使用されます。次に、ローカルおよびリモートホストのクライアントはリモートオブジェクトを検索し、リモートメソッドの呼び出しを行います。
.LP
.LP
レジストリは、一般的に、最初のリモートオブジェクトの位置を指定します。 そこで、アプリケーションはメソッドを呼び出す必要があります。代わって、そのオブジェクトはアプリケーション指定のサポートを提供し、他のオブジェクトを探します。
.LP
.LP
\f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP クラスのメソッドは、ローカルホスト、またはローカルホストとポートで動作するレジストリを取得するために使用されます。
.LP
.LP
\f2java.rmi.Naming\fP クラスの URL ベースのメソッドは、レジストリで動作し、任意のホストおよびローカルホスト上のリモートオブジェクトの検索に使用されます。リモートオブジェクトに単純な (文字列) 名前をバインドしたり、新しい名前をリバインド (古いバインドにオーバーライド) します。 またリモートオブジェクトをアンバインドしたり、レジストリにバインドされた URL を出力します。
.LP
.SH "オプション"
.LP

.LP
.RS 3
.TP 3
\-J 
\f2\-J\fP の後ろに続くオプションを \f2java\fP インタプリタに引き渡します。 \f2java\fP オプションと組み合わせて使います (\f2\-J\fP と \f2java\fP オプションの間にスペースは入れない)。 
.RE

.LP
.SH "関連項目"
.LP

.LP
.LP
java(1)、
.na
\f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.html、および 
.na
\f2java.rmi.Naming\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/rmi/Naming.html
.LP