changeset 5401:1318ba62cd1e

Merge
author lana
date Thu, 19 Jul 2012 20:19:35 -0700
parents cbb4a165d660 243717d7fe95
children bf5bf37108c1
files
diffstat 100 files changed, 497 insertions(+), 591 deletions(-) [+]
line wrap: on
line diff
--- a/.hgtags	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/.hgtags	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -192,3 +192,5 @@
 966e21feb7f088e318a35b069c1a61ff6363e554 jdk7u6-b16
 aa0ad405f70bc7a7af95fef109f114ceecf31232 jdk7u6-b17
 4a6917092af80481c1fa5b9ec8ccae75411bb72c jdk7u6-b18
+a263f787ced5bc7c14078ae552c82de6bd011611 jdk7u6-b19
+09145b546a2b6ae1f44d5c8a7d2a37d48e4b39e2 jdk7u6-b20
--- a/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH appletviewer 1 "21 Mar 2012"
+.TH appletviewer 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -40,7 +40,7 @@
 .na
 \f2アプレット・ビューアのタグ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/appletviewertags.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/appletviewertags.htmlを参照してください。
 .LP
 .LP
 \f3注意:\fP \f3appletviewer\fPは開発専用です。詳細は、サンプル/テスト・アプリケーションのコードについてを参照してください。
--- a/src/linux/doc/man/ja/apt.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/apt.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH apt 1 "21 Mar 2012"
+.TH apt 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -60,7 +60,7 @@
 .na
 \f4apt\fP\f3スタート・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH extcheck 1 "21 Mar 2012"
+.TH extcheck 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH idlj 1 "21 Mar 2012"
+.TH idlj 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -47,7 +47,7 @@
 .na
 \f2OMG IDL to Java Language Mapping Specification\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。
 .LP
 .SS 
 クライアント・バインディングおよびサーバー・バインディングの発行
@@ -110,13 +110,13 @@
 .na
 \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。
 .LP
 .LP
 .na
 \f2Portable Object Adapter(POA)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。
 .LP
 .LP
 継承モデルのもう1つのオプションは、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用することで、J2SE 1.4より前のバージョンのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。ただし、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用するのは、標準的な手法ではありません。これらのAPIは今後非推奨になる予定です。このフラグを使用するのは、J2SE 1.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合には既存のMAKEFILEを変更し、\f2idlj\fPコンパイラに\f2\-oldImplBase\fPフラグを追加する必要があります。そうしないと、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。下位互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次のコマンドを使用します。
@@ -294,7 +294,7 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。
 .LP
 .SS 
 インクルード・ファイルに対するバインディングの発行
--- a/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jar 1 "21 Mar 2012"
+.TH jar 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2JARファイルの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifestを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifestを参照してください。 
 .LP
 既存のマニフェスト・ファイル内に格納された\f2name\ :\ value\fPのペアをJARファイルに含める必要がある場合には、次のように\f2\-m\fPオプションを使用してそのファイルを指定します。
 .LP
@@ -180,7 +180,7 @@
 .na
 \f2JarIndex\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Indexがサポートされています。JarIndexを使用すると、アプリケーションのクラス・ローダーでJARファイルからクラスがロードされるときの効率が向上します。アプリケーションまたはアプレットが複数のJARファイルにバンドルされている場合は、必要なJARファイルのみがダウンロードされて開かれ、クラスがロードされます。このパフォーマンスの最適化は、\f2\-i\fPオプションを指定して\f2jar\fPを実行すると有効になります。このオプションを使用すると、指定したJARメイン・ファイルと、そのメイン・ファイルが依存しているすべてのJARファイルについて、パッケージ位置情報が生成されます。メイン・ファイルが依存しているJARファイルは、JARメイン・ファイルのマニフェストの\f2Class\-Path\fP属性に指定しておく必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Indexがサポートされています。JarIndexを使用すると、アプリケーションのクラス・ローダーでJARファイルからクラスがロードされるときの効率が向上します。アプリケーションまたはアプレットが複数のJARファイルにバンドルされている場合は、必要なJARファイルのみがダウンロードされて開かれ、クラスがロードされます。このパフォーマンスの最適化は、\f2\-i\fPオプションを指定して\f2jar\fPを実行すると有効になります。このオプションを使用すると、指定したJARメイン・ファイルと、そのメイン・ファイルが依存しているすべてのJARファイルについて、パッケージ位置情報が生成されます。メイン・ファイルが依存しているJARファイルは、JARメイン・ファイルのマニフェストの\f2Class\-Path\fP属性に指定しておく必要があります。
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -214,7 +214,7 @@
 .na
 \f2Javaチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jarのJARトライアルも参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/のJARトライアルも参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -284,11 +284,11 @@
 .fl
 \fP
 .fi
-デフォルトのマニフェストには含まれないマニフェストに、特別な目的の\f2name\ :\ value\fPの属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、バージョン情報、パッケージ・シーリング、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。Javaチュートリアルの
+デフォルトのマニフェストには含まれないマニフェストに、特別な目的の\f2name\ :\ value\fPの属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、バージョン情報、パッケージ・シーリング、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。\f4\-m\fPオプションの使用例は、Javaチュートリアルの
 .na
-\f2JARファイル\fP @
+\f2JARファイルでのプログラムのパッケージ化\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/を参照し、  \f4\-m\fPオプションの使用例を確認してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/のレッスンを参照してください。 
 .TP 3
 e 
 実行可能JARファイル内にバンドルされたスタンドアロン・アプリケーションのアプリケーション・エントリ・ポイントとして、\f2entrypoint\fPを設定します。このオプションを使用すると、マニフェスト・ファイル内の\f2Main\-Class\fP属性値が作成または上書きされます。このオプションは、JARファイルの作成中または更新中に使用できます。このオプションを使用すれば、マニフェスト・ファイルを編集または作成することなしに、アプリケーションのエントリ・ポイントを指定できます。
@@ -575,25 +575,25 @@
 .na
 \f2JARファイルの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide.html
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JARファイルの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JarIndexの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Index
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Index
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JARチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/index.html
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar//index.html
 .LP
 .LP
 pack200(1)
--- a/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jarsigner 1 "21 Mar 2012"
+.TH jarsigner 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -147,7 +147,7 @@
 .na
 \f2Java暗号化アーキテクチャ用プロバイダの実装方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。
 .LP
 .LP
 アプリケーションでは、\f2KeyStore\fPクラスが提供するgetInstanceファクトリ・メソッドを使用することで、様々なプロバイダから異なる\f2タイプ\fPのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。
@@ -208,7 +208,7 @@
 .na
 \f2KeyToolとJarSigner\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSignerの項を参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSignerの項を参照してください。
 .LP
 .SS 
 サポートされるアルゴリズム
@@ -513,7 +513,7 @@
 .na
 \f2付録A\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しなかった場合、秘密鍵のタイプに応じてSHA1withDSA、SHA256withRSA、SHA256withECDSAのいずれかが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しなかった場合、秘密鍵のタイプに応じてSHA1withDSA、SHA256withRSA、SHA256withECDSAのいずれかが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
 .TP 3
 \-digestalg algorithm 
 JARファイルのエントリをダイジェストする際に使用するメッセージ・ダイジェスト・アルゴリズムの名前を指定します。
@@ -523,7 +523,7 @@
 .na
 \f2付録A\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このオプションを指定しなかった場合、SHA256が使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このオプションを指定しなかった場合、SHA256が使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
 .TP 3
 \-signedjar file 
 署名付きJARファイルの名前を指定します。
@@ -608,7 +608,7 @@
 .na
 \f2構成属性の表\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#ATTRSを参照してください。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\f2SmartCard\fPのPKCS#11キーストア・プロバイダ・インスタンスの内容をリストします。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#ATTRSを参照してください。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\f2SmartCard\fPのPKCS#11キーストア・プロバイダ・インスタンスの内容をリストします。 
 .nf
 \f3
 .fl
--- a/src/linux/doc/man/ja/java.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/java.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH java 1 "01 Apr 2012"
+.TH java 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -112,7 +112,7 @@
 .na
 \f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-server 
 Java HotSpot Server VMを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\-serverオプションが暗黙的に選択されます。
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-agentlib:libname[=options] 
 ネイティブ・エージェント・ライブラリ\f2libname\fPをロードします。たとえば次のように指定します。
@@ -141,14 +141,14 @@
 .na
 \f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
 .TP 3
 \-agentpath:pathname[=options] 
 フルパス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。詳細は、
 .na
 \f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
 .TP 3
 \-classpath classpath 
 .TP 3
@@ -169,7 +169,7 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
 .TP 3
 \-Dproperty=value 
 システム・プロパティの値を設定します。 
@@ -241,7 +241,7 @@
 .na
 \f2Javaチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jarの「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/の「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
 .br
 .br
 このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
@@ -251,14 +251,14 @@
 .na
 \f2Java Archive(JAR)ファイル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-javaagent:jarpath[=options] 
 Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
 .na
 \f2java.lang.instrument\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-jre\-restrict\-search 
 ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。 
@@ -357,7 +357,7 @@
 .na
 \f2HotSpot Ergonomics\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
 .br
 .br
 例: 
@@ -380,7 +380,7 @@
 .na
 \f2HotSpot Ergonomics\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
 .br
 .br
 例: 
@@ -455,7 +455,7 @@
 \-XX:MaxGCPauseMillis=n 
 最大GC休止時間のターゲットを設定します。
 .br
-これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。 
+これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。 
 .TP 3
 \-XX:NewSize 
 若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\f3\-Xmn\fP\f4size\fPと同じです。 
@@ -520,9 +520,14 @@
 \-XX:+UseParallelOldGC 
 パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
 .br
-.SH "注意" 
+.RE
+
 .LP
-\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。 
+.SH "注意"
+.LP
+.LP
+\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
+.LP
 .RS 3
 .TP 3
 1.
@@ -560,9 +565,42 @@
 .fi
 これは項目2に似ていますが、ある変更が特定のリリース(1.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。 
 .RE
-.SH "終了ステータス" 
+
 .LP
-一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。 
+.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
+.LP
+.LP
+スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
+.LP
+.SS 
+スループットを向上するためのチューニング
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+        java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.SS 
+レスポンス時間を速くするためのチューニング
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+        java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.SH "終了ステータス"
+.LP
+.LP
+一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
+.LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
@@ -571,7 +609,10 @@
 o
 \f2>0\fP: エラー発生 
 .RE
-.SH "関連項目" 
+
+.LP
+.SH "関連項目"
+.LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
@@ -590,20 +631,19 @@
 .na
 \f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2セキュリティ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2HotSpot VM Specific Options\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/hotspot/VMOptions.html 
-.RE
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/vmoptions\-jsp\-140102.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javac 1 "21 Mar 2012"
+.TH javac 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -1209,7 +1209,7 @@
 .na
 \f2javacガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javac/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javac/index.html 
 .TP 2
 o
 java(1) \- Javaアプリケーション起動ツール 
@@ -1233,7 +1233,7 @@
 .na
 \f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javadoc 1 "21 Mar 2012"
+.TH javadoc 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 javadoc \- Java APIドキュメント・ジェネレータ
 .LP
@@ -111,7 +111,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
 .SS 
 Javadocのドックレット
 .LP
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2Javadocのドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
 .TP 2
 o
 \f2\-doclet\fPコマンドライン・オプション 
@@ -137,13 +137,13 @@
 .na
 \f2Javadocに施された拡張機能\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javadoc FAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
 .TP 2
 o
 .na
@@ -155,25 +155,19 @@
 .na
 \f2API仕様を記述するための要件\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/index.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-142372.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2ドキュメンテーション・コメントの仕様\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/jls/first_edition/html/18.doc.html \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
+http://docs.oracle.com/javase/specs/ \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2DocCheckドックレット\fP @
 .fi
 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-141437.html \- ソース・ファイル内のドキュメンテーション・コメントをチェックし、検出されたエラーや不正のレポートを生成します。Doc Checkユーティリティの一部です。 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2MIFドックレット\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/ \- MIF、FrameMaker、PDFの形式でAPIドキュメントを自動生成します。MIFはAdobe FrameMakerの交換形式です。 
 .RE
 .SS 
 用語
@@ -338,14 +332,14 @@
 .na
 \f2パッケージの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 パッケージの概要ページの先頭に、パッケージ・コメントの最初の文をコピーします。さらに、概要ページのパッケージ・リストに、パッケージ名とパッケージ・コメントの最初の文を追加します(
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
 .RE
 .SS 
 概要コメント・ファイル
@@ -372,7 +366,7 @@
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 概要ページの先頭に、概要コメントの最初の文をコピーします。 
@@ -820,12 +814,6 @@
 \f3インライン・タグ\fP \- 主説明内、またはブロック・タグのコメント内に記述可能。インライン・タグは、\f2{@tag}\fPのように中括弧で囲みます。 
 .RE
 .LP
-今後のリリースで導入されるタグについては、
-.na
-\f2提案されているタグ\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/proposed\-tags.htmlを参照してください。
-.LP
 現時点で有効なタグは、次のとおりです。
 .LP
 .TS
@@ -939,7 +927,7 @@
 .nr 41 \n(80+(3*\n(38)
 .nr 81 +\n(41
 .nr TW \n(81
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 873 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 861 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1093,7 +1081,7 @@
 .na
 \f2@deprecatedタグ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
 .LP
 .RS 3
 .TP 3
@@ -1615,7 +1603,7 @@
 .nr 40 \n(79+(0*\n(38)
 .nr 80 +\n(40
 .nr TW \n(80
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1364 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1352 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1961,7 +1949,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1440 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1428 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2165,15 +2153,15 @@
 .na
 \f2クラスの直列化可能なフィールドおよびデータの文書化\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
 .na
 \f2直列化のFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/technologies/core/basic/serializationFAQ.jsp#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/serializationfaq\-jsp\-136699.html#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
 .na
-\f2Sunの基準\fP @
+\f2Oracleの基準\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/serialized\-criteria.htmlも参照してください。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/serialized\-criteria\-137781.htmlも参照してください。 
 .LP
 .TP 3
 @serialField\  field\-name\  field\-type\  field\-description 
@@ -2258,7 +2246,7 @@
 .na
 \f2定数フィールド値\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
 .LP
 .TP 3
 @version\  version\-text 
@@ -2760,7 +2748,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2015 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2003 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2857,45 +2845,21 @@
 ドキュメントの生成に使用するドックレットを起動するためのクラス・ファイルを指定します。完全修飾名を指定してください。このドックレットにより、出力の内容と形式が定義されます。\f4\-doclet\fPオプションが使用されていない場合、Javadocは、標準ドックレットを使用してデフォルトのHTML形式を生成します。このクラスには\f2start(Root)\fPメソッドが含まれている必要があります。この起動クラスへのパスは\f2\-docletpath\fPオプションによって定義されます。
 .br
 .br
-たとえば、MIFドックレットを呼び出すには、次のように指定します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-    \-doclet com.sun.tools.doclets.mif.MIFDoclet
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-docletpath\  classpathlist 
 \f2\-doclet\fPオプションで指定されたドックレット開始クラス・ファイル、およびそのクラスが依存するすべてのJARファイルへのパスを指定します。開始クラス・ファイルがjarファイル内にある場合、次の例のようにjarファイルのパスが指定されます。絶対パスまたは現在のディレクトリからの相対パスを指定できます。\f2classpathlist\fPに複数のパスやJARファイルが含まれる場合には、それらをSolarisの場合はコロン(:)で、Windowsの場合はセミコロン(;)でそれぞれ区切ります。目的のドックレット開始クラスがすでに検索パス内にある場合は、このオプションは不要です。
 .br
 .br
-jarファイルへのパスの例には、ドックレット開始クラス・ファイルが含まれています。jarファイル名が含まれている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/lib/mifdoclet.jar
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-ドックレット開始クラス・ファイルのパスの例。クラス・ファイル名が省略されている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/classes/com/sun/tools/doclets/mif/
-.fl
-\fP
-.fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-1.1 
 \f2この機能はJavadoc 1.4から削除されました。代替機能はありません。このオプションは、Javadoc 1.1によって生成されるのと同じ外見と機能を持つドキュメントを作成するためのものでした(ネストされたクラスはサポートされていません)。このオプションが必要な場合は、Javadoc 1.2または1.3をかわりに使用してください。\fP  
@@ -2953,7 +2917,7 @@
 .na
 \f2クラス・パス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
 .br
 .br
 \f2\-sourcepath\fPが省略された場合、Javadocツールはクラス・ファイルを検索するときのみでなく、ソース・ファイルを検索するときにも\f2\-classpath\fPを使用します(下位互換性のため)。したがって、ソース・ファイルとクラス・ファイルを別々のパスから検索する必要がある場合は、\f2\-sourcepath\fPと\f2\-classpath\fPの両方を使用します。
@@ -2973,7 +2937,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
 .br
 .br
 便宜上、\f2*\fPのベース名を含むクラス・パス要素は、\f2.jar\fPまたは\f2.JAR\fPを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます(Javaプログラムはこの2つの呼出しを区別できません)。
@@ -3012,7 +2976,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
 .TP 3
 \-extdirs\  dirlist 
 拡張機能クラスが存在するディレクトリを指定します。拡張機能クラスとは、Java拡張機能機構を使用するすべてのクラスです。extdirsは、Javadocツールがソース・ファイルとクラス・ファイルを探すときに使用する検索パスの一部です。詳細は、前述の\f2\-classpath\fPを参照してください。\f2dirlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
@@ -3028,7 +2992,7 @@
 .na
 \f2java.text.BreakIterator\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
 .br
 .br
 JDK 1.2以降、BreakIteratorクラスは、英語を除くすべての言語の文の終わりを判断するために、すでに使用されています。したがって、\f2\-breakiterator\fPオプションは、1.2以降では英文以外には効果がありません。英文には、次のような独自のデフォルトのアルゴリズムがあります。 
@@ -3229,7 +3193,7 @@
 \f2\-link\fPの引数は、宛先ディレクトリ(\f2docs/spi\fP)からの相対パスです。
 .br
 .br
-\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://java.sun.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
+\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://docs.oracle.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
 .br
 .br
 今回の実行でJavadocによって生成されるドキュメント内のAPIのみを対象にリンクを作成する場合は、\f2\-link\fPオプションを省略します。(\f2\-link\fPオプションが指定されていないと、Javadocツールは、外部参照のドキュメントへのリンクを作成しません。これは、そのドキュメントが存在するかどうか、および存在する場合はその場所がわからないからです。)
@@ -3694,7 +3658,7 @@
 .na
 \f2タグレットの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
 .RE
 タグレットは、ブロックタグまたはインライン・タグで便利です。タグレットは任意の数の引数をとることができます。また、テキストを太字にする、箇条書きを作成する、テキストをファイルに書き出す、その他のプロセスを開始するなどのカスタム動作を実装できます。
 .br
@@ -3907,13 +3871,13 @@
 .na
 \f2標準ドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
 .LP
-\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。特定のドックレットを実行した完全な例については、
+\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。詳細は、
 .na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。
 .SH "簡単な例"
 .LP
 Javadocは、パッケージ全体に対して実行することも、個々のソース・ファイルに対して実行することもできます。各パッケージ名は、それぞれのパッケージ名に対応するディレクトリ名を持ちます。次の例では、ソース・ファイルは\f2/home/src/java/awt/*.java\fPにあります。生成先ディレクトリは\f2/home/html\fPです。
@@ -4076,7 +4040,7 @@
 .na
 \f2WindowsのMakefileの作成方法\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#makefilesを参照してください。
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html#makefilesを参照してください。
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -4161,7 +4125,7 @@
 .na
 \f2JavadocのFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#Bで参照できます。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.htmlで参照できます。 
 .TP 2
 o
 \f3バグおよび制限事項\fP \- バグの一部は、バグ修正および変更のインポートでも参照できます。 
@@ -4222,12 +4186,12 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2javacとjavadocがクラスを検索する方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
 .RE
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/javah.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javah.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javah 1 "21 Mar 2012"
+.TH javah 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/javap.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javap.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javap 1 "21 Mar 2012"
+.TH javap 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -293,7 +293,7 @@
 .na
 \f2Java Virtual Machine Specification\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/vmspec/にドキュメント化されています。 
+http://docs.oracle.com/javase/specs/にドキュメント化されています。 
 .TP 3
 \-verbose 
 メソッドのスタック・サイズ、および\f2locals\fPと\f2args\fPの数を出力します。 
--- a/src/linux/doc/man/ja/javaws.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javaws.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javaws 1 "21 Mar 2012"
+.TH javaws 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -208,7 +208,7 @@
 .na
 \f2システム・レベルおよびユーザー・レベルのプロパティ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/properties.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/properties.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "詳細情報"
 .LP
@@ -217,6 +217,6 @@
 .na
 \f2Java Web Start\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javaws/index.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javaws/index.htmlを参照してください。
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/jcmd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jcmd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,10 +19,10 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jcmd 1 "22 Mar 2012"
+.TH jcmd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
-.SH "Name"
+.SH "名前"
 jcmd \- 診断コマンド
 .LP
 .LP
@@ -56,7 +56,7 @@
 プロセスIDをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
 .LP
 .LP
-メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このメイン・クラスのすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
 .LP
 .LP
 PerfCounter.print引数を指定すると、jcmdでは、ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
@@ -73,11 +73,9 @@
 .TP 3
 \-l 
 実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。 
-.br
 .TP 3
 \-h 
 ヘルプ・メッセージが出力されます。 
-.br
 .TP 3
 \-help 
 ヘルプ・メッセージが出力されます。 
@@ -90,19 +88,15 @@
 .TP 3
 pid 
 診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.br
 .TP 3
 main class 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.br
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
 .TP 3
 command [arguments] 
-\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、\f3help\fPコマンドの後にコマンド名を指定して呼び出せば表示されます。 
-.br
+\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、コマンド名の後に\f3help\fPを指定して呼び出せば表示されます。 
 .TP 3
-Counter.print 
+PerfCounter.print 
 ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。 
-.br
 .TP 3
 \-f file 
 \f2file\fPからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスで呼び出します。\f2file\fPでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行が呼び出されるか、\f3stop\fPキーワードを含む行が読み取られると、\f2file\fPの処理が終了します。 
--- a/src/linux/doc/man/ja/jconsole.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jconsole.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jconsole 1 "21 Mar 2012"
+.TH jconsole 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -71,21 +71,21 @@
 .na
 \f2JMXの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
 .TP 2
 o
 \f2host\fP:\f2port\fP: Java VMを実行しているホスト・システムの名前と、Java VMを起動したときにシステム・プロパティ\f2com.sun.management.jmxremote.port\fPで指定したポート番号。詳細は、
 .na
 \f2JMXの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
 .TP 2
 o
 \f2jmxUrl\fP: 
 .na
 \f2JMXServiceURL\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.htmlに記述されている接続先のJMXエージェントのアドレス。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.htmlに記述されている接続先のJMXエージェントのアドレス。 
 .RE
 .RE
 
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2com.sun.tools.jconsole.JConsolePlugin\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/jdk/api/jconsole/spec/com/sun/tools/jconsole/JConsolePlugin.htmlクラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定する行が、プラグインごとに1行ずつ含まれています。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/jdk/api/jconsole/spec/com/sun/tools/jconsole/JConsolePlugin.htmlクラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定する行が、プラグインごとに1行ずつ含まれています。 
 .TP 3
 \-version 
 バージョン情報を出力して終了します。 
@@ -143,13 +143,13 @@
 .na
 \f2JConsoleの使用\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/jconsole.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/jconsole.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaプラットフォームの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/jdb.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jdb.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jdb 1 "21 Mar 2012"
+.TH jdb 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -58,7 +58,7 @@
 .na
 \f2Java Platform Debugger Architecture\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/index.htmlを視覚的に実行し、ローカルまたはリモートのJava Virtual Machineの検査とデバッグを行うことができます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/index.htmlを視覚的に実行し、ローカルまたはリモートのJava Virtual Machineの検査とデバッグを行うことができます。
 .LP
 .SS 
 jdbセッションの開始
@@ -122,11 +122,11 @@
 .na
 \f2ドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。\f3jdb\fPで使用するためにJ2SE 1.4.2以前のVMを起動する方法については、
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。\f3jdb\fPで使用するためにJ2SE 1.4.2以前のVMを起動する方法については、
 .na
 \f21.4.2のドキュメント\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/guide/jpda/conninv.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/1.4.2/docs/guide/jpda/conninv.htmlを参照してください。
 .LP
 .SS 
 基本jdbコマンド
@@ -301,7 +301,7 @@
 .na
 \f2ドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。
 .LP
 .SS 
 デバッグ対象のプロセスに転送されるオプション
--- a/src/linux/doc/man/ja/jhat.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jhat.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jhat 1 "21 Mar 2012"
+.TH jhat 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -86,16 +86,13 @@
 .na
 \f2HotSpotDiagnosticMXBean\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/jre/api/management/extension/com/sun/management/HotSpotDiagnosticMXBean.html経由で実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/jre/api/management/extension/com/sun/management/HotSpotDiagnosticMXBean.html経由で実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
 .TP 2
 o
 \-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError VMオプションを指定して、OutOfMemoryErrorのスロー時にヒープ・ダンプを生成する方法 
 .TP 2
 o
-.na
-\f2hprof\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/developer/technicalArticles/Programming/HPROF.htmlを使用する方法 
+hprofを使用する方法 
 .RE
 
 .LP
@@ -149,10 +146,7 @@
 jconsole(1) 
 .TP 2
 o
-.na
-\f2hprof \- ヒープおよびCPUプロファイリング・ツール\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/developer/technicalArticles/Programming/HPROF.html 
+hprof \- ヒープおよびCPUプロファイリング・ツール 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/jinfo.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jinfo.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jinfo 1 "21 Mar 2012"
+.TH jinfo 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/jmap.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jmap.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jmap 1 "21 Mar 2012"
+.TH jmap 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/jps.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jps.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jps 1 "21 Mar 2012"
+.TH jps 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/jrunscript.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jrunscript.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jrunscript 1 "21 Mar 2012"
+.TH jrunscript 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -137,7 +137,7 @@
 .fl
 jrunscript \-e "print('hello world')"
 .fl
-jrunscript \-e "cat('http://java.sun.com')"
+jrunscript \-e "cat('http://www.example.com')"
 .fl
 \fP
 .fi
@@ -207,6 +207,6 @@
 .na
 \f2jsdocs\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/share/jsdocs/allclasses\-noframe.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/share/jsdocs/allclasses\-noframe.htmlを参照してください。
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/jsadebugd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jsadebugd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jsadebugd 1 "21 Mar 2012"
+.TH jsadebugd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -78,7 +78,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmiを起動する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmiを起動する必要があります。
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -118,7 +118,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/jstack.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jstack.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstack 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstack 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -130,7 +130,7 @@
 .na
 \f2所有できるシンクロナイザ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/util/concurrent/locks/AbstractOwnableSynchronizer.htmlの一覧など、ロックについての追加情報を印刷します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/util/concurrent/locks/AbstractOwnableSynchronizer.htmlの一覧など、ロックについての追加情報を印刷します。 
 .TP 3
 \-m 
 混合モード(JavaおよびネイティブC/C++フレームの両方)のスタック・トレースを出力します。 
--- a/src/linux/doc/man/ja/jstat.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jstat.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstat 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstat 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/jstatd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jstatd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstatd 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstatd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2ポリシー・ファイルの構文\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.htmlに準拠する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.htmlに準拠する必要があります。
 .LP
 .LP
 次のポリシー・ファイルでは、セキュリティ例外を発生せずに\f3jstatd\fPサーバーを実行できます。このポリシーは、すべてのコードベースへのあらゆるアクセス権を認めるポリシーよりも自由度が低いですが、\f3jstatd\fPサーバーを実行するために最低限必要なアクセス権のみを認めるポリシーよりも自由度が高くなっています。
@@ -278,7 +278,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi \- Javaリモート・オブジェクト・レジストリ 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi \- Javaリモート・オブジェクト・レジストリ 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/jvisualvm.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jvisualvm.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jvisualvm 1 "21 Mar 2012"
+.TH jvisualvm 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -116,7 +116,7 @@
 .na
 \f2Java SEプラットフォームでのJava VisualVMのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/visualvm/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/visualvm/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/keytool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/keytool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH keytool 1 "21 Mar 2012"
+.TH keytool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -202,7 +202,7 @@
 .na
 \f2Java Cryptography Architecture API Specification & Reference\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。
 .LP
 .SS 
 一般オプション
@@ -1009,7 +1009,7 @@
 .na
 \f2JSSEリファレンス・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/jsse/JSSERefGuide.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/jsse/JSSERefGuide.htmlを参照してください。 
 .LP
 \f3注意\fP: このオプションはキーストアとは関係なく使用できます。  
 .TP 3
@@ -1369,7 +1369,7 @@
 .na
 \f2Java暗号化アーキテクチャ用プロバイダの実装方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。 
 .LP
 アプリケーションでは、\f2KeyStore\fPクラスが提供するgetInstanceファクトリ・メソッドを使用することで、様々なプロバイダから異なる\f2タイプ\fPのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の非公開/秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。 
 .LP
@@ -1826,19 +1826,19 @@
 .na
 \f2\-keyclone\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#keycloneCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#keycloneCmd 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2\-identitydb\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#identitydbCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#identitydbCmd 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2\-selfcert\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#selfcertCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#selfcertCmd 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/native2ascii.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/native2ascii.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH native2ascii 1 "21 Mar 2012"
+.TH native2ascii 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -60,7 +60,7 @@
 .na
 \f4サポートされている文字列エンコーディング\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.html・ドキュメントに示されている、Java実行環境でサポートされる文字エンコーディングの名前にする必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.html・ドキュメントに示されている、Java実行環境でサポートされる文字エンコーディングの名前にする必要があります。
 .br
 .br
 .TP 3
--- a/src/linux/doc/man/ja/orbd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/orbd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH orbd 1 "21 Mar 2012"
+.TH orbd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -33,7 +33,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
 .LP
 .SH "形式"
 .LP
@@ -69,7 +69,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -133,11 +133,11 @@
 .na
 \f2CORBAオブジェクト\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。
 .na
 \f2ネーム・バインディング\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。
 .LP
 .LP
 ORBDは、クライアントまたはサーバーを実行する前に起動します。ORBDには、永続ネーム・サービスおよび一時ネーム・サービスが組み込まれています。これらはどちらもCOSネーム・サービスの実装です。
@@ -216,7 +216,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "サーバー・マネージャ"
 .LP
@@ -231,7 +231,7 @@
 .na
 \f2サンプル・チュートリアル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。
 .LP
 .LP
 \f2orbd\fPを起動します。
@@ -354,7 +354,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
 .br
 .TP 2
 o
--- a/src/linux/doc/man/ja/pack200.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/pack200.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH pack200 1 "21 Mar 2012"
+.TH pack200 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -332,13 +332,13 @@
 .na
 \f2Java SEのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaデプロイメント・ガイド \- Pack200\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
 .TP 2
 o
 jar(1) \- Java Archiveツール 
--- a/src/linux/doc/man/ja/policytool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/policytool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH policytool 1 "21 Mar 2012"
+.TH policytool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -76,7 +76,7 @@
 .na
 \f2ポリシー・ファイル作成および管理ツール\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -92,28 +92,28 @@
 .na
 \f2デフォルトのポリシー実装および構文\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2ポリシー・ツール・ユーザーズ・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2セキュリティ権限\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/permissions.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/permissions.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2セキュリティの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/overview/jsoverview.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/overview/jsoverview.html
 .br
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmic 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmic 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -170,7 +170,7 @@
 .na
 \f2Portable Object Adapter\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.html(POA)の\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2.3.1 ptc/00\-01\-08.pdfに準拠しています。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.html(POA)の\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2.3.1 ptc/00\-01\-08.pdfに準拠しています。 
 .RE
 .TP 3
 \-J 
@@ -222,6 +222,6 @@
 .na
 \f2CLASSPATH\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/rmid.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/rmid.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmid 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmid 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -46,11 +46,11 @@
 .na
 \f2Java RMI仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/rmi/spec/rmiTOC.htmlおよび
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/rmi/spec/rmiTOC.htmlおよび
 .na
 \f2起動のチュートリアル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi/activation/overview.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi/activation/overview.htmlを参照してください。
 .LP
 .LP
 デーモンを起動するには、次のように、セキュリティ・ポリシー・ファイルを指定して\f2rmid\fPコマンドを実行します。
@@ -323,6 +323,6 @@
 .na
 \f2CLASSPATH\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath、java(1)
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath、java(1)
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/rmiregistry.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/rmiregistry.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmiregistry 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmiregistry 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -76,8 +76,8 @@
 .na
 \f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.htmlおよび
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.htmlおよび
 .na
 \f2java.rmi.Naming\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/Naming.html  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/Naming.html  
--- a/src/linux/doc/man/ja/schemagen.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/schemagen.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH schemagen 1 "21 Mar 2012"
+.TH schemagen 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2XMLバインドのためのJavaアーキテクチャ(JAXB)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/serialver.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/serialver.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH serialver 1 "21 Mar 2012"
+.TH serialver 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -92,6 +92,6 @@
 .na
 \f2java.io.ObjectStreamClass\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/io/ObjectStreamClass.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/io/ObjectStreamClass.html
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/servertool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/servertool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH servertool 1 "21 Mar 2012"
+.TH servertool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/linux/doc/man/ja/tnameserv.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/tnameserv.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH tnameserv 1 "21 Mar 2012"
+.TH tnameserv 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -30,7 +30,7 @@
 .na
 \f2ORBDに含まれるJava IDLネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlに関するトピックを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlに関するトピックを参照してください。
 .LP
 .LP
 ここでは、以下の項目について説明します。
@@ -120,11 +120,11 @@
 .na
 \f2RMI\-IIOPを使用したHello Worldの例\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi\-iiop/rmiiiopexample.htmlに示されています。コマンドライン・オプション\f2\-ORBInitialPort\fP \f2nameserverport#\fPと\f2\-ORBInitialHost\fP \f2nameserverhostname\fPを使用して、クライアントとサーバーに対してネーム・サービスを探す場所を指定することもできます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi\-iiop/rmiiiopexample.htmlに示されています。コマンドライン・オプション\f2\-ORBInitialPort\fP \f2nameserverport#\fPと\f2\-ORBInitialHost\fP \f2nameserverhostname\fPを使用して、クライアントとサーバーに対してネーム・サービスを探す場所を指定することもできます。
 .na
 \f2Java IDL: 2台のマシン上で実行するHello Worldプログラム\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/tutorial/jidl2machines.htmlには、コマンドライン・オプションを使用して指定する方法が示されています。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/tutorial/jidl2machines.htmlには、コマンドライン・オプションを使用して指定する方法が示されています。
 .LP
 .LP
 たとえば、一時ネーム・サービス\f2tnameserv\fPが、ホスト\f2nameserverhost\fPのポート1050上で実行されているとします。さらに、クライアントがホスト\f2clienthost\fP上で実行され、サーバーはホスト\f2serverhost\fP上で実行されているとします。
--- a/src/linux/doc/man/ja/unpack200.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/unpack200.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH unpack200 1 "21 Mar 2012"
+.TH unpack200 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -148,13 +148,13 @@
 .na
 \f2Java SEのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaデプロイメント・ガイド \- Pack200\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
 .TP 2
 o
 jar(1) \- Java Archiveツール 
--- a/src/linux/doc/man/ja/wsgen.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/wsgen.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH wsgen 1 "21 Mar 2012"
+.TH wsgen 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 wsgen \- XML Web Services(JAX\-WS)2.0のためのJava(tm)API
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/wsimport.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/wsimport.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH wsimport 1 "21 Mar 2012"
+.TH wsimport 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 wsimport \- XML Web Services(JAX\-WS)2.0のためのJava(tm)API
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/xjc.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/linux/doc/man/ja/xjc.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH xjc 1 "21 Mar 2012"
+.TH xjc 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -290,7 +290,7 @@
 .na
 \f2XMLバインドのためのJavaアーキテクチャ(JAXB)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_de.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_de.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic={0} kann nicht umbenannt werden: Es ist bereits eine Datei mit dem angegebenen Namen vorhanden. Geben Sie einen anderen Dateinamen an. 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Alle Dateien
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Abbrechen
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Speichern
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u00D6ffnen
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=&Speichern
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u00D6&ffnen
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Speichern
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\u00D6ffnen
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=A&ktualisieren
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_es.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_es.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=No se puede cambiar el nombre de {0}: ya existe un archivo con el nombre especificado. Especifique otro nombre de archivo. 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Todos los Archivos
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Cancelar
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Guardar
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=Abrir
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=&Guardar
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=&Abrir
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Guardar
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=Abrir
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=Act&ualizar
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_fr.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_fr.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=Impossible de renommer {0} : il existe d\u00E9j\u00E0 un fichier portant le nom indiqu\u00E9. Indiquez-en un autre. 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Tous les fichiers
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Annuler
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Enregistrer
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=Ouvrir
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Enregi&strer
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=&Ouvrir
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Enregistrer
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=Ouvrir
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=Mettre \u00E0 jo&ur
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_it.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_it.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=Impossibile rinominare {0}: esiste gi\u00E0 un file con il nome specificato. Specificare un altro nome. 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Tutti i file
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Annulla
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Salva
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=Apri
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Sal&va
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=&Apri
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Salva
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=Apri
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=Ag&giorna
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_ja.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_ja.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic={0}\u306E\u540D\u524D\u3092\u5909\u66F4\u3067\u304D\u307E\u305B\u3093: \u6307\u5B9A\u3057\u305F\u540D\u524D\u306E\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u306F\u3059\u3067\u306B\u5B58\u5728\u3057\u307E\u3059\u3002\u5225\u306E\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u3092\u6307\u5B9A\u3057\u3066\u304F\u3060\u3055\u3044\u3002 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=\u3059\u3079\u3066\u306E\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=\u53D6\u6D88
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u958B\u304F
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58(&S)
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u958B\u304F(&O)
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\u958B\u304F
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=\u66F4\u65B0(&U)
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_ko.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_ko.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic={0}\uC758 \uC774\uB984\uC744 \uBC14\uAFC0 \uC218 \uC5C6\uC74C: \uC9C0\uC815\uD55C \uC774\uB984\uC744 \uC0AC\uC6A9\uD558\uB294 \uD30C\uC77C\uC774 \uC874\uC7AC\uD569\uB2C8\uB2E4. \uB2E4\uB978 \uD30C\uC77C \uC774\uB984\uC744 \uC9C0\uC815\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=\uBAA8\uB4E0 \uD30C\uC77C
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=\uCDE8\uC18C
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\uC800\uC7A5
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\uC5F4\uAE30
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\uC800\uC7A5(&S)
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\uC5F4\uAE30(&O)
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=\uC800\uC7A5
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\uC5F4\uAE30
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=\uAC31\uC2E0(&U)
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_pt_BR.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_pt_BR.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=N\u00E3o \u00E9 poss\u00EDvel renomear {0}: Um arquivo com o nome especificado j\u00E1 existe. Especifique outro nome de arquivo.
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Todos os Arquivos
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Cancelar
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Salvar
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=Abrir
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=&Salvar
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=A&brir
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Salvar
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=Abrir
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=At&ualizar
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_sv.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_sv.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=Kan inte namn\u00E4ndra {0}: En fil med angivet namn finns redan. Ange ett annat filnamn. 
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=Alla filer
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=Avbryt
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=Spara
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u00D6ppna
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=&Spara
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=&\u00D6ppna
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=Spara
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\u00D6ppna
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=Upp&datera
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_zh_CN.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_zh_CN.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=\u65E0\u6CD5\u91CD\u547D\u540D{0}: \u5DF2\u5B58\u5728\u5177\u6709\u6240\u6307\u5B9A\u540D\u79F0\u7684\u6587\u4EF6\u3002\u8BF7\u6307\u5B9A\u5176\u4ED6\u6587\u4EF6\u540D\u3002
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=\u6240\u6709\u6587\u4EF6
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=\u53D6\u6D88
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u6253\u5F00
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58(&S)
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u6253\u5F00(&O)
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=\u4FDD\u5B58
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\u6253\u5F00
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=\u66F4\u65B0(&U)
--- a/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_zh_TW.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/com/sun/swing/internal/plaf/basic/resources/basic_zh_TW.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -42,8 +42,8 @@
 FileChooser.renameErrorFileExists.textAndMnemonic=\u7121\u6CD5\u91CD\u65B0\u547D\u540D {0}: \u5DF2\u7D93\u5B58\u5728\u60A8\u6240\u6307\u5B9A\u540D\u7A31\u7684\u6A94\u6848\u3002\u8ACB\u6307\u5B9A\u4E0D\u540C\u7684\u540D\u7A31\u3002
 FileChooser.acceptAllFileFilter.textAndMnemonic=\u6240\u6709\u6A94\u6848
 FileChooser.cancelButton.textAndMnemonic=\u53D6\u6D88
-FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u5132\u5B58
-FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u958B\u555F
+FileChooser.saveButton.textAndMnemonic=\u5132\u5B58(&S)
+FileChooser.openButton.textAndMnemonic=\u958B\u555F(&O)
 FileChooser.saveDialogTitle.textAndMnemonic=\u5132\u5B58
 FileChooser.openDialogTitle.textAndMnemonic=\u958B\u555F
 FileChooser.updateButton.textAndMnemonic=\u66F4\u65B0(&U)
--- a/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_de.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_de.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -34,13 +34,13 @@
 java.launcher.ergo.message2  =\                  weil die Ausf\u00FChrung auf einem Server-Class-Rechner erfolgt.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.opt.footer     =\    -cp <Class-Suchpfad von Verzeichnissen und .zip-/.jar-Dateien>\n\\    -classpath <Class-Suchpfad von Verzeichnissen und .zip-/.jar-Dateien>\n\\                  Eine durch {0} getrennte Liste mit Verzeichnissen, .jar-Archiven\n\\                  und .zip-Archiven zur Suche nach Klassendateien.\n\\    -D<name>=<value>\n\\                  Setzt eine Systemeigenschaft\n\\    -verbose[:class|gc|jni]\n\\                  Aktiviert die Verbose-Ausgabe\n\\    -version      Druckt Produktversion und beendet das Programm\n\\    -version:<value>\n\\                  Erfordert die angegebene Version zur Ausf\u00FChrung\n\\    -showversion  Druckt Produktversion und f\u00E4hrt fort\n\\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\\                  Bezieht private JREs des Benutzers in Versionssuche ein bzw. schlie\u00DFt sie aus\n\\    -? -help      Druckt diese Hilfemeldung\n\\    -X            Druckt Hilfe zu Nicht-Standardoptionen\n\\    -ea[:<packagename>...|:<classname>]\n\\    -enableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\\                  Aktiviert Assertionen mit angegebener Granularit\u00E4t\n\\    -da[:<packagename>...|:<classname>]\n\\    -disableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\\                  Deaktiviert Assertionen mit angegebener Granularit\u00E4t\n\\    -esa | -enablesystemassertions\n\\                  Aktiviert Systemassertionen\n\\    -dsa | -disablesystemassertions\n\\                  Deaktiviert Systemassertionen\n\\    -agentlib:<libname>[=<options>]\n\\                  L\u00E4dt native Agent Library <libname>, z.B. -agentlib:hprof\n\\                  siehe auch, -agentlib:jdwp=help und -agentlib:hprof=help\n\\    -agentpath:<pathname>[=<options>]\n\\                  L\u00E4dt native Agent Library nach vollem Pfadnamen\n\\    -javaagent:<jarpath>[=<options>]\n\\                  L\u00E4dt Java-Programmiersprachen-Agent, siehe java.lang.instrument\n\\    -splash:<imagepath>\n\\                  Zeigt Startbildschirm mit angegebenem Bild\nWeitere Einzelheiten finden Sie unter http://java.sun.com/javase/reference.
+java.launcher.opt.footer     =\    -cp <Class-Suchpfad von Verzeichnissen und .zip-/.jar-Dateien>\n\    -classpath <Class-Suchpfad von Verzeichnissen und .zip-/.jar-Dateien>\n\                  Eine durch {0} getrennte Liste mit Verzeichnissen, .jar-Archiven\n\                  und .zip-Archiven zur Suche nach Klassendateien.\n\    -D<name>=<value>\n\                  Setzt eine Systemeigenschaft\n\    -verbose[:class|gc|jni]\n\                  Aktiviert die Verbose-Ausgabe\n\    -version      Druckt Produktversion und beendet das Programm\n\    -version:<value>\n\                  Erfordert die angegebene Version zur Ausf\u00FChrung\n\    -showversion  Druckt Produktversion und f\u00E4hrt fort\n\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\                  Bezieht private JREs des Benutzers in Versionssuche ein bzw. schlie\u00DFt sie aus\n\    -? -help      Druckt diese Hilfemeldung\n\    -X            Druckt Hilfe zu Nicht-Standardoptionen\n\    -ea[:<packagename>...|:<classname>]\n\    -enableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\                  Aktiviert Assertionen mit angegebener Granularit\u00E4t\n\    -da[:<packagename>...|:<classname>]\n\    -disableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\                  Deaktiviert Assertionen mit angegebener Granularit\u00E4t\n\    -esa | -enablesystemassertions\n\                  Aktiviert Systemassertionen\n\    -dsa | -disablesystemassertions\n\                  Deaktiviert Systemassertionen\n\    -agentlib:<libname>[=<options>]\n\                  L\u00E4dt native Agent Library <libname>, z.B. -agentlib:hprof\n\                  siehe auch, -agentlib:jdwp=help und -agentlib:hprof=help\n\    -agentpath:<pathname>[=<options>]\n\                  L\u00E4dt native Agent Library nach vollem Pfadnamen\n\    -javaagent:<jarpath>[=<options>]\n\                  L\u00E4dt Java-Programmiersprachen-Agent, siehe java.lang.instrument\n\    -splash:<imagepath>\n\                  Zeigt Startbildschirm mit angegebenem Bild\nWeitere Einzelheiten finden Sie unter http://java.sun.com/javase/reference.
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
 java.launcher.X.usage=\    -Xmixed           Ausf\u00FChrung im gemischten Modus (Standard)\n\    -Xint             Nur Ausf\u00FChrung im interpretierten Modus\n\    -Xbootclasspath:<Verzeichnisse und ZIP-/JAR-Dateien durch {0} getrennt>\n\                      Legt Suchpfad f\u00FCr Bootstrap-Klassen und Ressourcen fest\n\    -Xbootclasspath/a:<Verzeichnisse und ZIP-/JAR-Dateien durch {0} getrennt>\n\                      H\u00E4ngt an das Ende des Bootstrap Classpath an\n\    -Xbootclasspath/p:<Verzeichnisse und ZIP-/JAR-Dateien durch {0} getrennt>\n\                      Stellt Bootstrap Classpath voran\n\    -Xdiag            Zeigt zus\u00E4tzliche Diagnosemeldungen an\n\    -Xnoclassgc       Deaktiviert Klassen-Garbage Collection\n\    -Xincgc           Aktiviert inkrementelle Garbage Collection\n\    -Xloggc:<file>    Loggt GC-Status in einer Datei mit Zeitstempeln\n\    -Xbatch           Deaktiviert Hintergrundkompilierung\n\    -Xms<size>        Legt anf\u00E4ngliche Java Heap-Gr\u00F6\u00DFe fest\n\    -Xmx<size>        Legt maximale Java Heap-Gr\u00F6\u00DFe fest\n\    -Xss<size>        Legt Java-Thread-Stack-Gr\u00F6\u00DFe fest\n\    -Xprof            Gibt CPU-Profiling-Daten aus\n\    -Xfuture          Aktiviert strengste Pr\u00FCfungen, antizipiert zuk\u00FCnftigen Standardwert\n\    -Xrs              Reduziert Verwendung von BS-Signalen durch Java/VM (siehe Dokumentation)\n\    -Xcheck:jni       F\u00FChrt zus\u00E4tzliche Pr\u00FCfungen f\u00FCr JNI-Funktionen durch\n\    -Xshare:off       Kein Versuch, gemeinsame Klassendaten zu verwenden\n\    -Xshare:auto      Verwendet gemeinsame Klassendaten, wenn m\u00F6glich (Standard)\n\    -Xshare:on        Erfordert die Verwendung gemeinsamer Klassendaten, sonst verl\u00E4uft der Vorgang nicht erfolgreich.\n\    -XshowSettings    Zeigt alle Einstellungen und f\u00E4hrt fort\n\    -XshowSettings:all\n\                      Zeigt alle Einstellungen und f\u00E4hrt fort\n\    -XshowSettings:vm Zeigt alle VM-bezogenen Einstellungen und f\u00E4hrt fort\n\    -XshowSettings:properties\n\                      Zeigt alle Eigenschaftseinstellungen und f\u00E4hrt fort\n\    -XshowSettings:locale\n\                      Zeigt alle gebietsschemabezogenen Einstellungen und f\u00E4hrt fort\n\nDie -X-Optionen sind keine Standardoptionen und k\u00F6nnen ohne Vorank\u00FCndigung ge\u00E4ndert werden.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.X.macosx.usage=\nDie folgenden Optionen sind f\u00FCr Mac OS X spezifisch:\n\\    -XstartOnFirstThread\n\\                      f\u00FChrt die main()-Methode f\u00FCr den ersten (AppKit) Thread aus\n\\    -Xdock:name=<Anwendungsname>"\n\\                      \u00DCberschreibt den in der Uhr angezeigten Standardanwendungsnamen\n\\    -Xdock:icon=<Pfad zu Symboldatei>\n\\                      \u00DCberschreibt das in der Uhr angezeigte Standardsymbol\n\n
+java.launcher.X.macosx.usage=\nDie folgenden Optionen sind f\u00FCr Mac OS X spezifisch:\n\    -XstartOnFirstThread\n\                      f\u00FChrt die main()-Methode f\u00FCr den ersten (AppKit) Thread aus\n\    -Xdock:name=<Anwendungsname>"\n\                      \u00DCberschreibt den in der Uhr angezeigten Standardanwendungsnamen\n\    -Xdock:icon=<Pfad zu Symboldatei>\n\                      \u00DCberschreibt das in der Uhr angezeigte Standardsymbol\n\n
 
 java.launcher.cls.error1=Fehler: Hauptklasse {0} konnte nicht gefunden oder geladen werden
 java.launcher.cls.error2=Fehler: Hauptmethode ist nicht {0} in Klasse {1}. Definieren Sie die Hauptmethode als:\n\   public static void main(String[] args)
--- a/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_it.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_it.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -34,13 +34,13 @@
 java.launcher.ergo.message2  =\                  perch\u00E9 si utilizza un computer di classe server.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.opt.footer     =\    -cp <classpath di ricerca di directory e file zip/jar>\n\\    -classpath <classpath di ricerca di directory e file zip/jar>\n\\                  Una lista separata da {0} di directory, archivi JAR\n\\                  e archivi ZIP utilizzata per la ricerca di file di classe.\n\\    -D<nome>=<valore>\n\\                  imposta una propriet\u00E0 di sistema\n\\    -verbose[:class|gc|jni]\n\\                  abilita l''output descrittivo\n\\    -version      stampa la versione del prodotto ed esce\n\\    -version:<valore>\n\\                  richiede l''esecuzione della versione specificata\n\\    -showversion  stampa la versione del prodotto e continua\n\\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\\                  include/esclude gli ambienti JRE privati dell''utente nella ricerca della versione\n\\    -? -help      stampa questo messaggio della Guida\n\\    -X            stampa la Guida sulle opzioni non standard\n\\    -ea[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\\    -enableassertions[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\\                  abilita le asserzioni con la granularit\u00E0 specificata\n\\    -da[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\\    -disableassertions[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\\                  disabilita le asserzioni con la granularit\u00E0 specificata\n\\    -esa | -enablesystemassertions\n\\                  abilita le asserzioni di sistema\n\\    -dsa | -disablesystemassertions\n\\                  disabilita le asserzioni di sistema\n\\    -agentlib:<nomelib>[=<opzioni>]\n\\                  carica la libreria agenti nativa <nomelib>, ad esempio -agentlib:hprof\n\\                  vedere anche -agentlib:jdwp=help and -agentlib:hprof=help\n\\    -agentpath:<nomepercorso>[=<opzioni>]\n\\                  carica la libreria agenti nativa con il percorso completo\n\\    -javaagent:<percorsojar>[=<opzioni>]\n\\                  carica l''agente del linguaggio di programmazione Java. Vedere java.lang.instrument\n\\    -splash:<percorsoimmagine>\n\\                  mostra la schermata iniziale con l''immagine specificata\nVedere http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html per ulteriori dettagli.
+java.launcher.opt.footer     =\    -cp <classpath di ricerca di directory e file zip/jar>\n\    -classpath <classpath di ricerca di directory e file zip/jar>\n\                  Una lista separata da {0} di directory, archivi JAR\n\                  e archivi ZIP utilizzata per la ricerca di file di classe.\n\    -D<nome>=<valore>\n\                  imposta una propriet\u00E0 di sistema\n\    -verbose[:class|gc|jni]\n\                  abilita l''output descrittivo\n\    -version      stampa la versione del prodotto ed esce\n\    -version:<valore>\n\                  richiede l''esecuzione della versione specificata\n\    -showversion  stampa la versione del prodotto e continua\n\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\                  include/esclude gli ambienti JRE privati dell''utente nella ricerca della versione\n\    -? -help      stampa questo messaggio della Guida\n\    -X            stampa la Guida sulle opzioni non standard\n\    -ea[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\    -enableassertions[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\                  abilita le asserzioni con la granularit\u00E0 specificata\n\    -da[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\    -disableassertions[:<nomepackage>...|:<nomeclasse>]\n\                  disabilita le asserzioni con la granularit\u00E0 specificata\n\    -esa | -enablesystemassertions\n\                  abilita le asserzioni di sistema\n\    -dsa | -disablesystemassertions\n\                  disabilita le asserzioni di sistema\n\    -agentlib:<nomelib>[=<opzioni>]\n\                  carica la libreria agenti nativa <nomelib>, ad esempio -agentlib:hprof\n\                  vedere anche -agentlib:jdwp=help and -agentlib:hprof=help\n\    -agentpath:<nomepercorso>[=<opzioni>]\n\                  carica la libreria agenti nativa con il percorso completo\n\    -javaagent:<percorsojar>[=<opzioni>]\n\                  carica l''agente del linguaggio di programmazione Java. Vedere java.lang.instrument\n\    -splash:<percorsoimmagine>\n\                  mostra la schermata iniziale con l''immagine specificata\nVedere http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html per ulteriori dettagli.
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
 java.launcher.X.usage=\    -Xmixed           esecuzione in modalit\u00E0 mista (impostazione predefinita)\n\    -Xint             esecuzione solo in modalit\u00E0 convertita\n\    -Xbootclasspath:<directory e file zip/jar separati da {0}>\n\                      imposta il percorso di ricerca per le classi e le risorse di bootstrap\n\    -Xbootclasspath/a:<directory e file zip/jar separati da {0}>\n\                      aggiunge alla fine del classpath di bootstrap\n\    -Xbootclasspath/p:<directory e file zip/jar separati da {0}>\n\                      antepone al classpath di bootstrap\n\    -Xdiag            mostra messaggi di diagnostica aggiuntivi\n\    -Xnoclassgc       disabilita la garbage collection della classe\n\    -Xincgc           abilita la garbage collection incrementale\n\    -Xloggc:<file>    registra lo stato GC in un file di log con indicatori orari\n\    -Xbatch           disabilita la compilazione in background\n\    -Xms<dimensione>        imposta la dimensione heap Java iniziale\n\    -Xmx<dimensione>        imposta la dimensione heap Java massima\n\    -Xss<dimensione>        imposta la dimensione dello stack di thread Java\n\    -Xprof            visualizza i dati di profilo della CPU\n\    -Xfuture          abilita i controlli pi\u00F9 limitativi anticipando le impostazioni predefinite future\n\    -Xrs              riduce l''uso di segnali del sistema operativo da Java/VM (vedere la documentazione)\n\    -Xcheck:jni       esegue controlli aggiuntivi per le funzioni JNI\n\    -Xshare:off       non tenta di utilizzare i dati della classe condivisi\n\    -Xshare:auto      utilizza i dati di classe condivisi se possibile (impostazione predefinita)\n\    -Xshare:on        richiede l''uso dei dati di classe condivisi, altrimenti l''esecuzione non riesce.\n\    -XshowSettings    mostra tutte le impostazioni e continua\n\    -XshowSettings:all\n\                      mostra tutte le impostazioni e continua\n\    -XshowSettings:vm mostra tutte le impostazioni correlate alla VM e continua\n\    -XshowSettings:properties\n\                      mostra tutte le impostazioni delle propriet\u00E0 e continua\n\    -XshowSettings:locale\n\                      mostra tutte le impostazioni correlate alle impostazioni nazionali e continua\n\nLe opzioni -X non sono opzioni standard e sono soggette a modifiche senza preavviso.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.X.macosx.usage=\nLe opzioni riportate di seguito sono specifiche del sistema operativo Mac OS X:\n\\    -XstartOnFirstThread\n\\                      Esegue il metodo main() sul primo thread (AppKit).\n\\    -Xdock:name=<nome applicazione>"\n\\                      Sostituisce il nome applicazione predefinito visualizzato nel dock\n\\    -Xdock:icon=<percorso file icona>\n\\                      Sostituisce l'icona predefinita visualizzata nel dock\n\n
+java.launcher.X.macosx.usage=\nLe opzioni riportate di seguito sono specifiche del sistema operativo Mac OS X:\n\    -XstartOnFirstThread\n\                      Esegue il metodo main() sul primo thread (AppKit).\n\    -Xdock:name=<nome applicazione>"\n\                      Sostituisce il nome applicazione predefinito visualizzato nel dock\n\    -Xdock:icon=<percorso file icona>\n\                      Sostituisce l'icona predefinita visualizzata nel dock\n\n
 
 java.launcher.cls.error1=Errore: impossibile trovare o caricare la classe principale {0}
 java.launcher.cls.error2=Errore: il metodo principale non \u00E8 {0} nella classe {1}. Definire il metodo principale come:\n\   public static void main(String[] args)
--- a/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_ko.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_ko.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -34,13 +34,13 @@
 java.launcher.ergo.message2  =\                  \uC11C\uBC84\uAE09 \uC2DC\uC2A4\uD15C\uC5D0\uC11C \uC2E4\uD589 \uC911\uC774\uAE30 \uB54C\uBB38\uC785\uB2C8\uB2E4.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.opt.footer     =\    -cp <class search path of directories and zip/jar files>\n\\    -classpath <class search path of directories and zip/jar files>\n\\                  \uD074\uB798\uC2A4 \uD30C\uC77C\uC744 \uAC80\uC0C9\uD560 {0}(\uC73C)\uB85C \uAD6C\uBD84\uB41C \uB514\uB809\uD1A0\uB9AC,\n\\                  JAR \uC544\uCE74\uC774\uBE0C \uBC0F ZIP \uC544\uCE74\uC774\uBE0C \uBAA9\uB85D\uC785\uB2C8\uB2E4.\n\\    -D<name>=<value>\n\\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uC18D\uC131\uC744 \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -verbose[:class|gc|jni]\n\\                  \uC0C1\uC138 \uC815\uBCF4 \uCD9C\uB825\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -version      \uC81C\uD488 \uBC84\uC804\uC744 \uC778\uC1C4\uD55C \uD6C4 \uC885\uB8CC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -version:<value>\n\\                  \uC2E4\uD589\uD560 \uBC84\uC804\uC744 \uC9C0\uC815\uD574\uC57C \uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -showversion  \uC81C\uD488 \uBC84\uC804\uC744 \uC778\uC1C4\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\\                  \uBC84\uC804 \uAC80\uC0C9\uC5D0\uC11C \uC0AC\uC6A9\uC790 \uC804\uC6A9 JRE\uB97C \uD3EC\uD568/\uC81C\uC678\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -? -help      \uC774 \uB3C4\uC6C0\uB9D0 \uBA54\uC2DC\uC9C0\uB97C \uC778\uC1C4\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -X            \uBE44\uD45C\uC900 \uC635\uC158\uC5D0 \uB300\uD55C \uB3C4\uC6C0\uB9D0\uC744 \uC778\uC1C4\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -ea[:<packagename>...|:<classname>]\n\\    -enableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\\                  \uC138\uBD84\uC131\uC774 \uC9C0\uC815\uB41C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -da[:<packagename>...|:<classname>]\n\\    -disableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\\                  \uC138\uBD84\uC131\uC774 \uC9C0\uC815\uB41C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -esa | -enablesystemassertions\n\\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -dsa | -disablesystemassertions\n\\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -agentlib:<libname>[=<options>]\n\\                  <libname> \uACE0\uC720 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8 \uB77C\uC774\uBE0C\uB7EC\uB9AC\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4(\uC608: -agentlib:hprof).\n\\                  -agentlib:jdwp=help \uBC0F -agentlib:hprof=help\uB3C4 \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.\n\\    -agentpath:<pathname>[=<options>]\n\\                  \uC804\uCCB4 \uACBD\uB85C\uBA85\uC744 \uC0AC\uC6A9\uD558\uC5EC \uACE0\uC720 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8 \uB77C\uC774\uBE0C\uB7EC\uB9AC\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -javaagent:<jarpath>[=<options>]\n\\                  Java \uD504\uB85C\uADF8\uB798\uBC0D \uC5B8\uC5B4 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4. java.lang.instrument\uB97C \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.\n\\    -splash:<imagepath>\n\\                  \uC774\uBBF8\uC9C0\uAC00 \uC9C0\uC815\uB41C \uC2A4\uD50C\uB798\uC2DC \uD654\uBA74\uC744 \uD45C\uC2DC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\uC790\uC138\uD55C \uB0B4\uC6A9\uC740 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html\uC744 \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.
+java.launcher.opt.footer     =\    -cp <class search path of directories and zip/jar files>\n\    -classpath <class search path of directories and zip/jar files>\n\                  \uD074\uB798\uC2A4 \uD30C\uC77C\uC744 \uAC80\uC0C9\uD560 {0}(\uC73C)\uB85C \uAD6C\uBD84\uB41C \uB514\uB809\uD1A0\uB9AC,\n\                  JAR \uC544\uCE74\uC774\uBE0C \uBC0F ZIP \uC544\uCE74\uC774\uBE0C \uBAA9\uB85D\uC785\uB2C8\uB2E4.\n\    -D<name>=<value>\n\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uC18D\uC131\uC744 \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -verbose[:class|gc|jni]\n\                  \uC0C1\uC138 \uC815\uBCF4 \uCD9C\uB825\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -version      \uC81C\uD488 \uBC84\uC804\uC744 \uC778\uC1C4\uD55C \uD6C4 \uC885\uB8CC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -version:<value>\n\                  \uC2E4\uD589\uD560 \uBC84\uC804\uC744 \uC9C0\uC815\uD574\uC57C \uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -showversion  \uC81C\uD488 \uBC84\uC804\uC744 \uC778\uC1C4\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\                  \uBC84\uC804 \uAC80\uC0C9\uC5D0\uC11C \uC0AC\uC6A9\uC790 \uC804\uC6A9 JRE\uB97C \uD3EC\uD568/\uC81C\uC678\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -? -help      \uC774 \uB3C4\uC6C0\uB9D0 \uBA54\uC2DC\uC9C0\uB97C \uC778\uC1C4\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -X            \uBE44\uD45C\uC900 \uC635\uC158\uC5D0 \uB300\uD55C \uB3C4\uC6C0\uB9D0\uC744 \uC778\uC1C4\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -ea[:<packagename>...|:<classname>]\n\    -enableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\                  \uC138\uBD84\uC131\uC774 \uC9C0\uC815\uB41C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -da[:<packagename>...|:<classname>]\n\    -disableassertions[:<packagename>...|:<classname>]\n\                  \uC138\uBD84\uC131\uC774 \uC9C0\uC815\uB41C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -esa | -enablesystemassertions\n\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -dsa | -disablesystemassertions\n\                  \uC2DC\uC2A4\uD15C \uAC80\uC99D\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -agentlib:<libname>[=<options>]\n\                  <libname> \uACE0\uC720 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8 \uB77C\uC774\uBE0C\uB7EC\uB9AC\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4(\uC608: -agentlib:hprof).\n\                  -agentlib:jdwp=help \uBC0F -agentlib:hprof=help\uB3C4 \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.\n\    -agentpath:<pathname>[=<options>]\n\                  \uC804\uCCB4 \uACBD\uB85C\uBA85\uC744 \uC0AC\uC6A9\uD558\uC5EC \uACE0\uC720 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8 \uB77C\uC774\uBE0C\uB7EC\uB9AC\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -javaagent:<jarpath>[=<options>]\n\                  Java \uD504\uB85C\uADF8\uB798\uBC0D \uC5B8\uC5B4 \uC5D0\uC774\uC804\uD2B8\uB97C \uB85C\uB4DC\uD569\uB2C8\uB2E4. java.lang.instrument\uB97C \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.\n\    -splash:<imagepath>\n\                  \uC774\uBBF8\uC9C0\uAC00 \uC9C0\uC815\uB41C \uC2A4\uD50C\uB798\uC2DC \uD654\uBA74\uC744 \uD45C\uC2DC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\uC790\uC138\uD55C \uB0B4\uC6A9\uC740 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html\uC744 \uCC38\uC870\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
 java.launcher.X.usage=\    -Xmixed           \uD63C\uD569 \uBAA8\uB4DC\uB97C \uC2E4\uD589\uD569\uB2C8\uB2E4(\uAE30\uBCF8\uAC12).\n\    -Xint             \uD574\uC11D\uB41C \uBAA8\uB4DC\uB9CC \uC2E4\uD589\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xbootclasspath:<directories and zip/jar files separated by {0}>\n\                      \uBD80\uD2B8\uC2A4\uD2B8\uB7A9 \uD074\uB798\uC2A4 \uBC0F \uB9AC\uC18C\uC2A4\uC5D0 \uB300\uD55C \uAC80\uC0C9 \uACBD\uB85C\uB97C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xbootclasspath/a:<directories and zip/jar files separated by {0}>\n\                      \uBD80\uD2B8\uC2A4\uD2B8\uB7A9 \uD074\uB798\uC2A4 \uACBD\uB85C \uB05D\uC5D0 \uCD94\uAC00\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xbootclasspath/p:<directories and zip/jar files separated by {0}>\n\                      \uBD80\uD2B8\uC2A4\uD2B8\uB7A9 \uD074\uB798\uC2A4 \uACBD\uB85C \uC55E\uC5D0 \uCD94\uAC00\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xdiag            \uCD94\uAC00 \uC9C4\uB2E8 \uBA54\uC2DC\uC9C0\uB97C \uD45C\uC2DC\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xnoclassgc       \uD074\uB798\uC2A4\uC758 \uBD88\uD544\uC694\uD55C \uC815\uBCF4 \uBAA8\uC74C\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xincgc           \uC99D\uBD84\uC801\uC778 \uBD88\uD544\uC694\uD55C \uC815\uBCF4 \uBAA8\uC74C\uC744 \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xloggc:<file>    \uC2DC\uAC04 \uAE30\uB85D\uACFC \uD568\uAED8 \uD30C\uC77C\uC5D0 GC \uC0C1\uD0DC\uB97C \uAE30\uB85D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xbatch           \uBC31\uADF8\uB77C\uC6B4\uB4DC \uCEF4\uD30C\uC77C\uC744 \uC0AC\uC6A9 \uC548\uD568\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xms<size>        \uCD08\uAE30 Java \uD799 \uD06C\uAE30\uB97C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xmx<size>        \uCD5C\uB300 Java \uD799 \uD06C\uAE30\uB97C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xss<size>        Java \uC2A4\uB808\uB4DC \uC2A4\uD0DD \uD06C\uAE30\uB97C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xprof            CPU \uD504\uB85C\uD30C\uC77C \uC791\uC131 \uB370\uC774\uD130\uB97C \uCD9C\uB825\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xfuture          \uBBF8\uB798 \uAE30\uBCF8\uAC12\uC744 \uC608\uCE21\uD558\uC5EC \uAC00\uC7A5 \uC5C4\uACA9\uD55C \uAC80\uC0AC\uB97C \uC0AC\uC6A9\uC73C\uB85C \uC124\uC815\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xrs              Java/VM\uC5D0 \uC758\uD55C OS \uC2E0\uD638 \uC0AC\uC6A9\uC744 \uC904\uC785\uB2C8\uB2E4(\uC124\uBA85\uC11C \uCC38\uC870).\n\    -Xcheck:jni       JNI \uD568\uC218\uC5D0 \uB300\uD55C \uCD94\uAC00 \uAC80\uC0AC\uB97C \uC218\uD589\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xshare:off       \uACF5\uC720 \uD074\uB798\uC2A4 \uB370\uC774\uD130 \uC0AC\uC6A9\uC744 \uC2DC\uB3C4\uD558\uC9C0 \uC54A\uC2B5\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xshare:auto      \uAC00\uB2A5\uD55C \uACBD\uC6B0 \uACF5\uC720 \uD074\uB798\uC2A4 \uB370\uC774\uD130\uB97C \uC0AC\uC6A9\uD569\uB2C8\uB2E4(\uAE30\uBCF8\uAC12).\n\    -Xshare:on        \uACF5\uC720 \uD074\uB798\uC2A4 \uB370\uC774\uD130\uB97C \uC0AC\uC6A9\uD574\uC57C \uD569\uB2C8\uB2E4. \uADF8\uB807\uC9C0 \uC54A\uC744 \uACBD\uC6B0 \uC2E4\uD328\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -XshowSettings    \uBAA8\uB4E0 \uC124\uC815\uC744 \uD45C\uC2DC\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -XshowSettings:all\n\                      \uBAA8\uB4E0 \uC124\uC815\uC744 \uD45C\uC2DC\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -XshowSettings:vm \uBAA8\uB4E0 VM \uAD00\uB828 \uC124\uC815\uC744 \uD45C\uC2DC\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -XshowSettings:properties\n\                      \uBAA8\uB4E0 \uC18D\uC131 \uC124\uC815\uC744 \uD45C\uC2DC\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -XshowSettings:locale\n\                      \uBAA8\uB4E0 \uB85C\uCF00\uC77C \uAD00\uB828 \uC124\uC815\uC744 \uD45C\uC2DC\uD55C \uD6C4 \uACC4\uC18D\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\n-X \uC635\uC158\uC740 \uBE44\uD45C\uC900 \uC635\uC158\uC774\uBBC0\uB85C \uD1B5\uC9C0 \uC5C6\uC774 \uBCC0\uACBD\uB420 \uC218 \uC788\uC2B5\uB2C8\uB2E4.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.X.macosx.usage=\n\uB2E4\uC74C\uC740 Mac OS X\uC5D0 \uD2B9\uC815\uB41C \uC635\uC158\uC785\uB2C8\uB2E4.\n\\    -XstartOnFirstThread\n\\                      \uCCAB\uBC88\uC9F8 (AppKit) \uC2A4\uB808\uB4DC\uC5D0 main() \uBA54\uC18C\uB4DC\uB97C \uC2E4\uD589\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -Xdock:name=<application name>"\n\\                      \uACE0\uC815\uC73C\uB85C \uD45C\uC2DC\uB41C \uAE30\uBCF8 \uC751\uC6A9 \uD504\uB85C\uADF8\uB7A8 \uC774\uB984\uC744 \uBB34\uD6A8\uD654\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\\    -Xdock:icon=<path to icon file>\n\\                      \uACE0\uC815\uC73C\uB85C \uD45C\uC2DC\uB41C \uAE30\uBCF8 \uC544\uC774\uCF58\uC744 \uBB34\uD6A8\uD654\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\n
+java.launcher.X.macosx.usage=\n\uB2E4\uC74C\uC740 Mac OS X\uC5D0 \uD2B9\uC815\uB41C \uC635\uC158\uC785\uB2C8\uB2E4.\n\    -XstartOnFirstThread\n\                      \uCCAB\uBC88\uC9F8 (AppKit) \uC2A4\uB808\uB4DC\uC5D0 main() \uBA54\uC18C\uB4DC\uB97C \uC2E4\uD589\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xdock:name=<application name>"\n\                      \uACE0\uC815\uC73C\uB85C \uD45C\uC2DC\uB41C \uAE30\uBCF8 \uC751\uC6A9 \uD504\uB85C\uADF8\uB7A8 \uC774\uB984\uC744 \uBB34\uD6A8\uD654\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\    -Xdock:icon=<path to icon file>\n\                      \uACE0\uC815\uC73C\uB85C \uD45C\uC2DC\uB41C \uAE30\uBCF8 \uC544\uC774\uCF58\uC744 \uBB34\uD6A8\uD654\uD569\uB2C8\uB2E4.\n\n
 
 java.launcher.cls.error1=\uC624\uB958: \uAE30\uBCF8 \uD074\uB798\uC2A4 {0}\uC744(\uB97C) \uCC3E\uAC70\uB098 \uB85C\uB4DC\uD560 \uC218 \uC5C6\uC2B5\uB2C8\uB2E4.
 java.launcher.cls.error2=\uC624\uB958: {1} \uD074\uB798\uC2A4\uC5D0\uC11C \uAE30\uBCF8 \uBA54\uC18C\uB4DC\uAC00 {0}\uC774(\uAC00) \uC544\uB2D9\uB2C8\uB2E4. \uB2E4\uC74C \uD615\uC2DD\uC73C\uB85C \uAE30\uBCF8 \uBA54\uC18C\uB4DC\uB97C \uC815\uC758\uD558\uC2ED\uC2DC\uC624.\n\   public static void main(String[] args)
--- a/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_pt_BR.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/launcher/resources/launcher_pt_BR.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -34,13 +34,13 @@
 java.launcher.ergo.message2  =\                  porque a execu\u00E7\u00E3o est\u00E1 sendo feita em uma m\u00E1quina de classe de servidor.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.opt.footer     =\    -cp <caminho de pesquisa da classe dos diret\u00F3rios e arquivos zip/jar>\n\\    -classpath <caminho de pesquisa da classe dos diret\u00F3rios e arquivos zip/jar>\n\\                  Uma lista separada por {0} de diret\u00F3rios, archives JAR\n\\                  e archives ZIP nos quais ser\u00E3o procurados os arquivos de classe.\n\\    -D<nome>=<valor>\n\\                  define uma propriedade do sistema\n\\    -verbose[:class|gc|jni]\n\\                  ativa a sa\u00EDda detalhada\n\\    -version      imprime a vers\u00E3o do produto e sai do programa\n\\    -version:<valor>\n\\                  requer a execu\u00E7\u00E3o da vers\u00E3o especificada\n\\    -showversion  imprime a vers\u00E3o do produto e continua\n\\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\\                  inclui/exclui JREs privados do usu\u00E1rio na pesquisa de vers\u00E3o\n\\    -? -help      imprime esta mensagem de ajuda\n\\    -X            imprime a ajuda sobre op\u00E7\u00F5es n\u00E3o padronizadas\n\\    -ea[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\\    -enableassertions[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\\                  ativa asser\u00E7\u00F5es com granularidade especificada\n\\    -da[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\\    -disableassertions[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\\                  desativa asser\u00E7\u00F5es com granularidade especificada\n\\    -esa | -enablesystemassertions\n\\                  ativa asser\u00E7\u00F5es do sistema\n\\    -dsa | -disablesystemassertions\n\\                  desativa asser\u00E7\u00F5es do sistema\n\\    -agentlib:<nome da biblioteca>[=<op\u00E7\u00F5est>]\n\\                  carrega a biblioteca de agentes nativa <nome da biblioteca>, e.g. -agentlib:hprof\n\\                  consulte tamb\u00E9m, -agentlib:jdwp=help and -agentlib:hprof=help\n\\    -agentpath:<nome do caminho>[=<op\u00E7\u00F5es>]\n\\                  carrega a biblioteca de agentes nativa com base no nome do caminho completo\n\\    -javaagent:<caminho do arquivo jar>[=<op\u00E7\u00F5es>]\n\\                  carrega o agente da linguagem de programa\u00E7\u00E3o Java; consulte java.lang.instrument\n\\    -splash:<caminho da imagem>\n\\                  mostra a tela de abertura com a imagem especificada\nConsulte http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html para ver mais detalhes.
+java.launcher.opt.footer     =\    -cp <caminho de pesquisa da classe dos diret\u00F3rios e arquivos zip/jar>\n\    -classpath <caminho de pesquisa da classe dos diret\u00F3rios e arquivos zip/jar>\n\                 Uma lista separada por {0} de diret\u00F3rios, archives JAR\n\                  e archives ZIP nos quais ser\u00E3o procurados os arquivos de classe.\n\    -D<nome>=<valor>\n\                  define uma propriedade do sistema\n\    -verbose[:class|gc|jni]\n\                  ativa a sa\u00EDda detalhada\n\    -version      imprime a vers\u00E3o do produto e sai do programa\n\    -version:<valor>\n\                  requer a execu\u00E7\u00E3o da vers\u00E3o especificada\n\    -showversion  imprime a vers\u00E3o do produto e continua\n\    -jre-restrict-search | -no-jre-restrict-search\n\                  inclui/exclui JREs privados do usu\u00E1rio na pesquisa de vers\u00E3o\n\    -? -help      imprime esta mensagem de ajuda\n\    -X            imprime a ajuda sobre op\u00E7\u00F5es n\u00E3o padronizadas\n\    -ea[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\    -enableassertions[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\                  ativa asser\u00E7\u00F5es com granularidade especificada\n\    -da[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\    -disableassertions[:<nome do pacote>...|:<nome da classe>]\n\                  desativa asser\u00E7\u00F5es com granularidade especificada\n\    -esa | -enablesystemassertions\n\                  ativa asser\u00E7\u00F5es do sistema\n\    -dsa | -disablesystemassertions\n\                  desativa asser\u00E7\u00F5es do sistema\n\    -agentlib:<nome da biblioteca>[=<op\u00E7\u00F5est>]\n\                  carrega a biblioteca de agentes nativa <nome da biblioteca>, e.g. -agentlib:hprof\n\                  consulte tamb\u00E9m, -agentlib:jdwp=help and -agentlib:hprof=help\n\    -agentpath:<nome do caminho>[=<op\u00E7\u00F5es>]\n\                  carrega a biblioteca de agentes nativa com base no nome do caminho completo\n\    -javaagent:<caminho do arquivo jar>[=<op\u00E7\u00F5es>]\n\                  carrega o agente da linguagem de programa\u00E7\u00E3o Java; consulte java.lang.instrument\n\    -splash:<caminho da imagem>\n\                  mostra a tela de abertura com a imagem especificada\nConsulte http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index.html para ver mais detalhes.
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
 java.launcher.X.usage=\    -Xmixed           execu\u00E7\u00E3o no modo misto (default)\n\    -Xint             execu\u00E7\u00E3o somente no modo interpretado\n\    -Xbootclasspath:<diret\u00F3rios e arquivos zip/jar separados por {0}>\n\                      define o caminho de pesquisa para classes e recursos de inicializa\u00E7\u00E3o\n\    -Xbootclasspath/a:<diret\u00F3rios e arquivos zip/jar separados por {0}>\n\                      anexa no final do caminho da classe de inicializa\u00E7\u00E3o\n\    -Xbootclasspath/p:<diret\u00F3rios e arquivos zip/jar separados por {0}>\n\                      anexa no in\u00EDcio do caminho da classe de inicializa\u00E7\u00E3o\n\    -Xdiag            mostra mensagens de diagn\u00F3stico adicionais\n\    -Xnoclassgc       desativa a coleta de lixo da classe\n\    -Xincgc           ativa a coleta de lixo incremental\n\    -Xloggc:<arquivo>    registra o status do GC status em um arquivo com marca\u00E7\u00F5es de data e hor\u00E1rio\n\    -Xbatch           desativa a compila\u00E7\u00E3o em segundo plano\n\    -Xms<tamanho>        define o tamanho inicial do heap Java\n\    -Xmx<tamanho>        define o tamanho m\u00E1ximo do heap Java\n\    -Xss<tamanho>        define o tamanho da pilha de threads java\n\    -Xprof            produz dados de perfil da cpu\n\    -Xfuture          ativa verifica\u00E7\u00F5es de n\u00EDvel m\u00E1ximo de exig\u00EAncia, prevendo o valor default futuro\n\    -Xrs              reduz o uso de sinais do SO pelo(a) Java/VM (consulte a documenta\u00E7\u00E3o)\n\    -Xcheck:jni       executa verifica\u00E7\u00F5es adicionais de fun\u00E7\u00F5es da JNI\n\    -Xshare:off       n\u00E3o tenta usar dados da classe compartilhada\n\    -Xshare:auto      se poss\u00EDvel, usa dados da classe compartilhada (default)\n\    -Xshare:on        requer o uso de dados da classe compartilhada, caso contr\u00E1rio haver\u00E1 falha.\n\    -XshowSettings    mostra todas as defini\u00E7\u00F5es e continua\n\    -XshowSettings:all\n\                      mostra todas as defini\u00E7\u00F5es e continua\n\    -XshowSettings:vm mostra todas as defini\u00E7\u00F5es relacionadas \u00E0 vm e continua\n\    -XshowSettings:properties\n\                      mostra todas as defini\u00E7\u00F5es da propriedade e continua\n\    -XshowSettings:locale\n\                      mostra todas as defini\u00E7\u00F5es relativas \u00E0s configura\u00E7\u00F5es regionais e continua\n\nAs -X options n\u00E3o s\u00E3o padronizadas e est\u00E3o sujeitas a altera\u00E7\u00F5es sem aviso.\n
 
 # Translators please note do not translate the options themselves
-java.launcher.X.macosx.usage=\nAs op\u00E7\u00F5es a seguir s\u00E3o espec\u00EDficas para o Mac OS X:\n\\    -XstartOnFirstThread\n\\                      executa o m\u00E9todo main() no primeiro thread (AppKit)\n\\    -Xdock:name=<nome da aplica\u00E7\u00E3o>"\n\\                      substitui o nome da aplica\u00E7\u00E3o default exibido no encaixe\n\\    -Xdock:icon=<caminho para o arquivo do \u00EDcone>\n\\                      substitui o \u00EDcone exibido no encaixe\n\n
+java.launcher.X.macosx.usage=\nAs op\u00E7\u00F5es a seguir s\u00E3o espec\u00EDficas para o Mac OS X:\n\    -XstartOnFirstThread\n\                      executa o m\u00E9todo main() no primeiro thread (AppKit)\n\    -Xdock:name=<nome da aplica\u00E7\u00E3o>"\n\                      substitui o nome da aplica\u00E7\u00E3o default exibido no encaixe\n\    -Xdock:icon=<caminho para o arquivo do \u00EDcone>\n\                      substitui o \u00EDcone exibido no encaixe\n\n
 
 java.launcher.cls.error1=Erro: N\u00E3o foi poss\u00EDvel localizar nem carregar a classe principal {0}
 java.launcher.cls.error2=Erro: O m\u00E9todo principal n\u00E3o \u00E9 {0} na classe {1}; defina o m\u00E9todo principal como:\n\   public static void main(String[] args)
--- a/src/share/classes/sun/tools/jar/resources/jar_ja.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/tools/jar/resources/jar_ja.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -44,4 +44,4 @@
 out.inflated=\ \\{0}\u304C\u5C55\u958B\u3055\u308C\u307E\u3057\u305F
 out.size=(\u5165={0})(\u51FA={1})
 
-usage=\u4F7F\u7528\u65B9\u6CD5: jar {ctxui}[vfm0Me] [jar-file] [manifest-file] [entry-point] [-C dir] files ...\n\u30AA\u30D7\u30B7\u30E7\u30F3:\n\\  -c \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3092\u65B0\u898F\u4F5C\u6210\u3059\u308B\n\\  -t \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u306E\u5185\u5BB9\u3092\u4E00\u89A7\u8868\u793A\u3059\u308B\n\\  -x \u6307\u5B9A\u306E(\u307E\u305F\u306F\u3059\u3079\u3066\u306E)\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u304B\u3089\u62BD\u51FA\u3059\u308B\n\\  -u \u65E2\u5B58\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3092\u66F4\u65B0\u3059\u308B\n\\  -v \u6A19\u6E96\u51FA\u529B\u306B\u8A73\u7D30\u306A\u51FA\u529B\u3092\u751F\u6210\u3059\u308B\n\\  -f \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B\n\\  -m \u6307\u5B9A\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u304B\u3089\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u60C5\u5831\u3092\u53D6\u308A\u8FBC\u3080\n\\  -e \u5B9F\u884C\u53EF\u80FDjar\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u306B\u30D0\u30F3\u30C9\u30EB\u3055\u308C\u305F\u30B9\u30BF\u30F3\u30C9\u30A2\u30ED\u30F3\u30FB\u30A2\u30D7\u30EA\u30B1\u30FC\u30B7\u30E7\u30F3\u306E\n\\     \u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u30FB\u30DD\u30A4\u30F3\u30C8\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B\n\\  -0 \u683C\u7D0D\u306E\u307F\u3002ZIP\u5727\u7E2E\u3092\u4F7F\u7528\u3057\u306A\u3044\n\\  -M \u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u4F5C\u6210\u3057\u306A\u3044\n\\  -i \u6307\u5B9A\u306Ejar\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u306E\u7D22\u5F15\u60C5\u5831\u3092\u751F\u6210\u3059\u308B\n\\  -C \u6307\u5B9A\u306E\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306B\u5909\u66F4\u3057\u3001\u4EE5\u4E0B\u306E\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u53D6\u308A\u8FBC\u3080\n\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u304C\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306E\u5834\u5408\u306F\u518D\u5E30\u7684\u306B\u51E6\u7406\u3055\u308C\u307E\u3059\u3002\n\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u3001\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u304A\u3088\u3073\u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u30FB\u30DD\u30A4\u30F3\u30C8\u540D\u306F\u3001\n\u30D5\u30E9\u30B0'm'\u3001'f'\u3001'e'\u306E\u6307\u5B9A\u3068\u540C\u3058\u9806\u756A\u3067\u6307\u5B9A\u3059\u308B\u5FC5\u8981\u304C\u3042\u308A\u307E\u3059\u3002\n\n\u4F8B1: 2\u3064\u306E\u30AF\u30E9\u30B9\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6classes.jar\u306B\u4FDD\u5B58\u3059\u308B:\n\\    jar cvf classes.jar Foo.class Bar.class\n\u4F8B2: \u65E2\u5B58\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB'mymanifest'\u3092\u4F7F\u7528\u3057\u3001foo/\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306E\n\\   \u5168\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092'classes.jar'\u306B\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3059\u308B:\n\\    jar cvfm classes.jar mymanifest -C foo/ \n
+usage=\u4F7F\u7528\u65B9\u6CD5: jar {ctxui}[vfm0Me] [jar-file] [manifest-file] [entry-point] [-C dir] files ...\n\u30AA\u30D7\u30B7\u30E7\u30F3:\n\ \  -c \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3092\u65B0\u898F\u4F5C\u6210\u3059\u308B\n\ \  -t \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u306E\u5185\u5BB9\u3092\u4E00\u89A7\u8868\u793A\u3059\u308B\n\ \  -x \u6307\u5B9A\u306E(\u307E\u305F\u306F\u3059\u3079\u3066\u306E)\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u304B\u3089\u62BD\u51FA\u3059\u308B\n\ \  -u \u65E2\u5B58\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3092\u66F4\u65B0\u3059\u308B\n\ \  -v \u6A19\u6E96\u51FA\u529B\u306B\u8A73\u7D30\u306A\u51FA\u529B\u3092\u751F\u6210\u3059\u308B\n\ \  -f \u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B\n\ \  -m \u6307\u5B9A\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u304B\u3089\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u60C5\u5831\u3092\u53D6\u308A\u8FBC\u3080\n\ \  -e \u5B9F\u884C\u53EF\u80FDjar\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u306B\u30D0\u30F3\u30C9\u30EB\u3055\u308C\u305F\u30B9\u30BF\u30F3\u30C9\u30A2\u30ED\u30F3\u30FB\u30A2\u30D7\u30EA\u30B1\u30FC\u30B7\u30E7\u30F3\u306E\n\ \     \u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u30FB\u30DD\u30A4\u30F3\u30C8\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B\n\ \  -0 \u683C\u7D0D\u306E\u307F\u3002ZIP\u5727\u7E2E\u3092\u4F7F\u7528\u3057\u306A\u3044\n\ \  -M \u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u4F5C\u6210\u3057\u306A\u3044\n\ \  -i \u6307\u5B9A\u306Ejar\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u306E\u7D22\u5F15\u60C5\u5831\u3092\u751F\u6210\u3059\u308B\n\ \  -C \u6307\u5B9A\u306E\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306B\u5909\u66F4\u3057\u3001\u4EE5\u4E0B\u306E\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u53D6\u308A\u8FBC\u3080\n\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u304C\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306E\u5834\u5408\u306F\u518D\u5E30\u7684\u306B\u51E6\u7406\u3055\u308C\u307E\u3059\u3002\n\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u3001\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u540D\u304A\u3088\u3073\u30A8\u30F3\u30C8\u30EA\u30FB\u30DD\u30A4\u30F3\u30C8\u540D\u306F\u3001\n\u30D5\u30E9\u30B0'm'\u3001'f'\u3001'e'\u306E\u6307\u5B9A\u3068\u540C\u3058\u9806\u756A\u3067\u6307\u5B9A\u3059\u308B\u5FC5\u8981\u304C\u3042\u308A\u307E\u3059\u3002\n\n\u4F8B1: 2\u3064\u306E\u30AF\u30E9\u30B9\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6classes.jar\u306B\u4FDD\u5B58\u3059\u308B:\n\ \    jar cvf classes.jar Foo.class Bar.class\n\u4F8B2: \u65E2\u5B58\u306E\u30DE\u30CB\u30D5\u30A7\u30B9\u30C8\u30FB\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB'mymanifest'\u3092\u4F7F\u7528\u3057\u3001foo/\u30C7\u30A3\u30EC\u30AF\u30C8\u30EA\u306E\n\ \   \u5168\u30D5\u30A1\u30A4\u30EB\u3092'classes.jar'\u306B\u30A2\u30FC\u30AB\u30A4\u30D6\u3059\u308B:\n\ \    jar cvfm classes.jar mymanifest -C foo/ \n
--- a/src/share/classes/sun/tools/jconsole/resources/messages_ja.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/tools/jconsole/resources/messages_ja.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -14,15 +14,12 @@
 TWELVE_HOURS=12\u6642\u9593
 THIRTY_MIN=30\u5206
 LESS_THAN=<
-LOT_LESS_THAN=<<
+A_LOT_LESS_THAN=<<
 GREATER_THAN=>
 ACTION_CAPITALIZED=ACTION
 ACTION_INFO_CAPITALIZED=ACTION_INFO
 ALL=\u3059\u3079\u3066
-APPLY=\u9069\u7528
 ARCHITECTURE=\u30A2\u30FC\u30AD\u30C6\u30AF\u30C1\u30E3
-ARRAY_OPEN_TYPE=\u914D\u5217\u3001OpenType
-ARRAY_OPEN_TYPE_NUMERIC_VALUE_VIEWER=\u914D\u5217\u3001OpenType\u3001\u6570\u5024\u30D3\u30E5\u30FC\u30A2
 ATTRIBUTE=\u5C5E\u6027
 ATTRIBUTE_VALUE=\u5C5E\u6027\u5024
 ATTRIBUTE_VALUES=\u5C5E\u6027\u5024
@@ -37,7 +34,6 @@
 CASCADE=\u91CD\u306D\u3066\u8868\u793A(&C)
 CHART_COLON=\u30C1\u30E3\u30FC\u30C8(&C):
 CLASS_PATH=\u30AF\u30E9\u30B9\u30D1\u30B9
-CLASS=\u30AF\u30E9\u30B9
 CLASS_NAME=ClassName
 CLASS_TAB_INFO_LABEL_FORMAT=<html>\u30ED\u30FC\u30C9\u6E08: {0}    \u672A\u30ED\u30FC\u30C9: {1}    \u5408\u8A08: {2}</html>
 CLASS_TAB_LOADED_CLASSES_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME=\u30ED\u30FC\u30C9\u6E08\u30AF\u30E9\u30B9\u306E\u30C1\u30E3\u30FC\u30C8\u3002
@@ -48,11 +44,7 @@
 COMMITTED_MEMORY=\u30B3\u30DF\u30C3\u30C8\u6E08\u30E1\u30E2\u30EA\u30FC
 COMMITTED_VIRTUAL_MEMORY=\u30B3\u30DF\u30C3\u30C8\u6E08\u4EEE\u60F3\u30E1\u30E2\u30EA\u30FC
 COMMITTED=\u30B3\u30DF\u30C3\u30C8\u6E08
-COMPILER=\u30B3\u30F3\u30D1\u30A4\u30E9
-COMPOSITE_DATA=CompositeData
-CONFIG=\u69CB\u6210
 CONNECT=\u63A5\u7D9A(&C)
-CONNECT_ELLIPSIS=\u63A5\u7D9A...
 CONNECT_DIALOG_CONNECT_BUTTON_TOOLTIP=Java\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3\u306B\u63A5\u7D9A
 CONNECT_DIALOG_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=\u30ED\u30FC\u30AB\u30EB\u307E\u305F\u306F\u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u306EJava\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3\u3078\u306E\u65B0\u898F\u63A5\u7D9A\u3092\u884C\u3046\u30C0\u30A4\u30A2\u30ED\u30B0
 CONNECT_DIALOG_MASTHEAD_ACCESSIBLE_NAME=\u30DE\u30B9\u30C8\u30D8\u30C3\u30C9\u56F3\u5F62
@@ -74,7 +66,6 @@
 DOUBLE_CLICK_TO_EXPAND_FORWARD_SLASH_COLLAPSE=\u5C55\u958B\u307E\u305F\u306F\u7E2E\u5C0F\u3059\u308B\u306B\u306F\u30C0\u30D6\u30EB\u30AF\u30EA\u30C3\u30AF\u3057\u3066\u304F\u3060\u3055\u3044
 DOUBLE_CLICK_TO_VISUALIZE=\u8996\u899A\u5316\u3059\u308B\u306B\u306F\u30C0\u30D6\u30EB\u30AF\u30EA\u30C3\u30AF\u3057\u3066\u304F\u3060\u3055\u3044
 DESCRIPTION=\u8AAC\u660E
-DESCRIPTION_COLON_=\u8AAC\u660E:
 DESCRIPTOR=\u8A18\u8FF0\u5B50
 DETAILS=\u8A73\u7D30
 DETECT_DEADLOCK=\u30C7\u30C3\u30C9\u30ED\u30C3\u30AF\u306E\u691C\u51FA(&D)
@@ -86,11 +77,9 @@
 DURATION_MINUTES={0,choice,1#{0,number,integer}\u5206|1.0<{0,number,integer}\u5206}
 DURATION_SECONDS={0}\u79D2
 EMPTY_ARRAY=\u7A7A\u306E\u914D\u5217
-EMPTY_OPENTYPE_VIEWER=\u7A7A\u306Eopentype\u30D3\u30E5\u30FC\u30A2
 ERROR=\u30A8\u30E9\u30FC
 ERROR_COLON_MBEANS_ALREADY_EXIST=\u30A8\u30E9\u30FC: MBeans\u306F\u3059\u3067\u306B\u5B58\u5728\u3057\u307E\u3059
 ERROR_COLON_MBEANS_DO_NOT_EXIST=\u30A8\u30E9\u30FC: MBeans\u306F\u5B58\u5728\u3057\u307E\u305B\u3093
-ERROR_COLON=\u30A8\u30E9\u30FC:
 EVENT=\u30A4\u30D9\u30F3\u30C8
 EXIT=\u7D42\u4E86(&X)
 FAIL_TO_LOAD_PLUGIN=\u8B66\u544A: \u30D7\u30E9\u30B0\u30A4\u30F3\u306E\u30ED\u30FC\u30C9\u306B\u5931\u6557\u3057\u307E\u3057\u305F: {0}
@@ -104,7 +93,6 @@
 FREE_PHYSICAL_MEMORY=\u7A7A\u304D\u7269\u7406\u30E1\u30E2\u30EA\u30FC
 FREE_SWAP_SPACE=\u7A7A\u304D\u30B9\u30EF\u30C3\u30D7\u30FB\u30B9\u30DA\u30FC\u30B9
 GARBAGE_COLLECTOR=\u30AC\u30D9\u30FC\u30B8\u30FB\u30B3\u30EC\u30AF\u30BF
-GTK_CAPITALIZED=GTK
 GC_INFO=\u540D\u524D= ''{0}''\u3001\u30B3\u30EC\u30AF\u30B7\u30E7\u30F3= {1,choice,-1#\u3042\u308A\u307E\u305B\u3093|0#{1,number,integer}\u500B}\u3001\u5408\u8A08\u6D88\u8CBB\u6642\u9593= {2}
 GC_TIME=GC\u6642\u9593
 GC_TIME_DETAILS={1}\u3067{0} ({2}\u500B\u306E\u30B3\u30EC\u30AF\u30B7\u30E7\u30F3)
@@ -134,14 +122,10 @@
 JCONSOLE_VERSION=JConsole\u30D0\u30FC\u30B8\u30E7\u30F3"{0}"
 JCONSOLE_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=Java Monitoring && Management Console
 JIT_COMPILER=JIT\u30B3\u30F3\u30D1\u30A4\u30E9
-JAVA_VIRTUAL_MACHINE=Java\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3
-JAVA=Java
 LIBRARY_PATH=\u30E9\u30A4\u30D6\u30E9\u30EA\u30FB\u30D1\u30B9
-LISTENERS=\u30EA\u30B9\u30CA\u30FC
 LIVE_THREADS=\u5B9F\u884C\u4E2D\u306E\u30B9\u30EC\u30C3\u30C9
 LOADED=\u30ED\u30FC\u30C9\u6E08
 LOCAL_PROCESS_COLON=\u30ED\u30FC\u30AB\u30EB\u30FB\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9(&L):
-LOOK_AND_FEEL=\u30EB\u30C3\u30AF&\u30D5\u30A3\u30FC\u30EB
 MASTHEAD_FONT=Dialog-PLAIN-25
 MANAGEMENT_NOT_ENABLED=<b>\u6CE8\u610F</b>: \u7BA1\u7406\u30A8\u30FC\u30B8\u30A7\u30F3\u30C8\u306F\u3053\u306E\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9\u3067\u306F\u6709\u52B9\u5316\u3055\u308C\u307E\u305B\u3093\u3002
 MANAGEMENT_WILL_BE_ENABLED=<b>\u6CE8\u610F</b>: \u7BA1\u7406\u30A8\u30FC\u30B8\u30A7\u30F3\u30C8\u306F\u3053\u306E\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9\u3067\u6709\u52B9\u5316\u3055\u308C\u307E\u3059\u3002
@@ -177,25 +161,16 @@
 MESSAGE=\u30E1\u30C3\u30BB\u30FC\u30B8
 METHOD_SUCCESSFULLY_INVOKED=\u30E1\u30BD\u30C3\u30C9\u304C\u6B63\u5E38\u306B\u8D77\u52D5\u3055\u308C\u307E\u3057\u305F
 MINIMIZE_ALL=\u3059\u3079\u3066\u6700\u5C0F\u5316(&M)
-MINUS_VERSION=\u3053\u308C\u306F{0}\u306E\u30D0\u30FC\u30B8\u30E7\u30F3{1}\u3067\u3059
 MONITOR_LOCKED=\ \ \ - \u30ED\u30C3\u30AF\u6E08{0}\n
-MOTIF=Motif
-NAME_BUILD_AND_MODE={0} (\u30D3\u30EB\u30C9{1}, {2})
+NAME=\u540D\u524D
 NAME_AND_BUILD={0} (\u30D3\u30EB\u30C9{1})
-NAME=\u540D\u524D
-NAME_COLON_=\u540D\u524D:
 NAME_STATE=\u540D\u524D: {0}\n\u72B6\u614B: {1}\n
 NAME_STATE_LOCK_NAME=\u540D\u524D: {0}\n\u72B6\u614B: {2}\u306E{1}\n
 NAME_STATE_LOCK_NAME_LOCK_OWNER=\u540D\u524D: {0}\n\u72B6\u614B: {2}\u306E{1}\u3001\u6240\u6709\u8005: {3}\n
 NEW_CONNECTION_ELLIPSIS=\u65B0\u898F\u63A5\u7D9A(&N)...
-NEW_VALUE_APPLIED=\u9069\u7528\u3055\u308C\u305F\u65B0\u898F\u5024
-NO_ATTRIBUTE_SELECTED=\u5C5E\u6027\u304C\u9078\u629E\u3055\u308C\u307E\u305B\u3093\u3067\u3057\u305F
 NO_DEADLOCK_DETECTED=\u30C7\u30C3\u30C9\u30ED\u30C3\u30AF\u304C\u691C\u51FA\u3055\u308C\u307E\u305B\u3093\u3067\u3057\u305F
-NO_VALUE_SELECTED=\u5024\u304C\u9078\u629E\u3055\u308C\u307E\u305B\u3093\u3067\u3057\u305F
 NON_HEAP_MEMORY_USAGE=\u975E\u30D2\u30FC\u30D7\u30FB\u30E1\u30E2\u30EA\u30FC\u4F7F\u7528\u7387
 NON_HEAP=\u975E\u30D2\u30FC\u30D7
-NOT_YET_IMPLEMENTED=\u307E\u3060\u5B9F\u88C5\u3055\u308C\u3066\u3044\u307E\u305B\u3093
-NOT_A_VALID_EVENT_BROADCASTER=\u6709\u52B9\u306A\u30A4\u30D9\u30F3\u30C8\u30FB\u30D6\u30ED\u30FC\u30C9\u30AD\u30E3\u30B9\u30BF\u3067\u306F\u3042\u308A\u307E\u305B\u3093
 NOTIFICATION=\u901A\u77E5
 NOTIFICATION_BUFFER=\u901A\u77E5\u30D0\u30C3\u30D5\u30A1
 NOTIFICATIONS=\u901A\u77E5
@@ -212,8 +187,8 @@
 OVERVIEW=\u6982\u8981
 OVERVIEW_PANEL_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME={0}\u306E\u30C1\u30E3\u30FC\u30C8\u3002
 PARAMETER=\u30D1\u30E9\u30E1\u30FC\u30BF
+PASSWORD_ACCESSIBLE_NAME=\u30D1\u30B9\u30EF\u30FC\u30C9
 PASSWORD_COLON_=\u30D1\u30B9\u30EF\u30FC\u30C9(&P):
-PASSWORD_ACCESSIBLE_NAME=\u30D1\u30B9\u30EF\u30FC\u30C9
 PEAK=\u30D4\u30FC\u30AF
 PERFORM_GC=GC\u306E\u5B9F\u884C(&G)
 PERFORM_GC_TOOLTIP=\u30AC\u30D9\u30FC\u30B8\u30FB\u30B3\u30EC\u30AF\u30B7\u30E7\u30F3\u306E\u30EA\u30AF\u30A8\u30B9\u30C8
@@ -228,15 +203,11 @@
 PROBLEM_REMOVING_LISTENER=\u30EA\u30B9\u30CA\u30FC\u524A\u9664\u4E2D\u306E\u554F\u984C
 PROBLEM_SETTING_ATTRIBUTE=\u5C5E\u6027\u8A2D\u5B9A\u4E2D\u306E\u554F\u984C
 PROCESS_CPU_TIME=\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9CPU\u6642\u9593
-R_FORWARD_SLASH_W_CAPITALIZED=R/W
 READABLE=\u8AAD\u53D6\u308A\u53EF\u80FD
-RECEIVED=\u53D7\u4FE1\u6E08
 RECONNECT=\u518D\u63A5\u7D9A
 REMOTE_PROCESS_COLON=\u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u30FB\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9(&R):
 REMOTE_PROCESS_TEXT_FIELD_ACCESSIBLE_NAME=\u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u30FB\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9
-REMOVE=\u524A\u9664
 RESTORE_ALL=\u3059\u3079\u3066\u5FA9\u5143(&R)
-RETURN_VALUE=\u623B\u308A\u5024
 RETURN_TYPE=ReturnType
 SEQ_NUM=SeqNum
 SIZE_BYTES={0,number,integer}\u30D0\u30A4\u30C8
@@ -245,15 +216,12 @@
 SIZE_MB={0} Mb
 SOURCE=\u30BD\u30FC\u30B9
 STACK_TRACE=\n\u30B9\u30BF\u30C3\u30AF\u30FB\u30C8\u30EC\u30FC\u30B9: \n
-SUCCESS_COLON=\u6210\u529F:
 SUMMARY_TAB_HEADER_DATE_TIME_FORMAT=FULL,FULL
 SUMMARY_TAB_PENDING_FINALIZATION_LABEL=\u30D5\u30A1\u30A4\u30CA\u30E9\u30A4\u30BA\u306E\u30DA\u30F3\u30C7\u30A3\u30F3\u30B0
 SUMMARY_TAB_PENDING_FINALIZATION_VALUE={0}\u500B\u306E\u30AA\u30D6\u30B8\u30A7\u30AF\u30C8
 SUMMARY_TAB_TAB_NAME=VM\u30B5\u30DE\u30EA\u30FC
 SUMMARY_TAB_VM_VERSION={0}\u30D0\u30FC\u30B8\u30E7\u30F3{1}
-TABULAR_DATA_ARE_NOT_SUPPORTED=TabularData \u306F\u30B5\u30DD\u30FC\u30C8\u3055\u308C\u3066\u3044\u307E\u305B\u3093
 THREADS=\u30B9\u30EC\u30C3\u30C9
-THREAD_TAB_INFO_LABEL_FORMAT=<html>\u5B9F\u884C\u4E2D: {0}    \u30D4\u30FC\u30AF: {1}    \u5408\u8A08: {2}</html>
 THREAD_TAB_THREAD_INFO_ACCESSIBLE_NAME=\u30B9\u30EC\u30C3\u30C9\u60C5\u5831
 THREAD_TAB_THREAD_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME=\u30B9\u30EC\u30C3\u30C9\u6570\u306E\u30C1\u30E3\u30FC\u30C8\u3002
 THRESHOLD=\u3057\u304D\u3044\u5024
@@ -274,7 +242,6 @@
 UNKNOWN_HOST=\u4E0D\u660E\u306A\u30DB\u30B9\u30C8: {0}
 UNREGISTER=\u767B\u9332\u89E3\u9664
 UPTIME=\u7A3C\u50CD\u6642\u9593
-UPTIME_COLON_=\u7A3C\u50CD\u6642\u9593:
 USAGE_THRESHOLD=\u4F7F\u7528\u3057\u304D\u3044\u5024
 REMOTE_TF_USAGE=<b>\u4F7F\u7528\u65B9\u6CD5</b>: &lt;hostname&gt;:&lt;port&gt;\u307E\u305F\u306Fservice:jmx:&lt;protocol&gt;:&lt;sap&gt;
 USED=\u4F7F\u7528\u6E08
@@ -283,31 +250,24 @@
 USER_DATA=UserData
 VIRTUAL_MACHINE=\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3
 VM_ARGUMENTS=VM\u5F15\u6570
-VM_CAPITALIZED=VM
 VMINTERNAL_FRAME_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=Java\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3\u306E\u30E2\u30CB\u30BF\u30FC\u7528\u306E\u5185\u90E8\u30D5\u30EC\u30FC\u30E0
 VALUE=\u5024
 VENDOR=\u30D9\u30F3\u30C0\u30FC
 VERBOSE_OUTPUT=\u8A73\u7D30\u51FA\u529B
 VERBOSE_OUTPUT_TOOLTIP=\u30AF\u30E9\u30B9\u8AAD\u8FBC\u307F\u30B7\u30B9\u30C6\u30E0\u3067\u8A73\u7D30\u51FA\u529B\u3092\u6709\u52B9\u306B\u3059\u308B
-VIEW_VALUE=\u5024\u306E\u8868\u793A
 VIEW=\u8868\u793A
 WINDOW=\u30A6\u30A3\u30F3\u30C9\u30A6(&W)
 WINDOWS=\u30A6\u30A3\u30F3\u30C9\u30A6
 WRITABLE=\u66F8\u8FBC\u307F\u53EF\u80FD
-YOU_CANNOT_DROP_A_CLASS_HERE=\u30AF\u30E9\u30B9\u3092\u3053\u3053\u306B\u30C9\u30ED\u30C3\u30D7\u3067\u304D\u307E\u305B\u3093
-COLLAPSE=\u7E2E\u5C0F
 CONNECTION_FAILED1=\u63A5\u7D9A\u306B\u5931\u6557\u3057\u307E\u3057\u305F: \u518D\u8A66\u884C\u3057\u307E\u3059\u304B\u3002
 CONNECTION_FAILED2={0}\u3078\u306E\u63A5\u7D9A\u304C\u6210\u529F\u3057\u307E\u305B\u3093\u3067\u3057\u305F\u3002<br>\u3082\u3046\u4E00\u5EA6\u8A66\u3057\u307E\u3059\u304B\u3002
 CONNECTION_LOST1=\u63A5\u7D9A\u304C\u5931\u308F\u308C\u307E\u3057\u305F: \u518D\u63A5\u7D9A\u3057\u307E\u3059\u304B\u3002
-CONNECTION_LOST2=\u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u30FB\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9\u304C\u7D42\u4E86\u3057\u305F\u305F\u3081{0}\u3078\u306E\u63A5\u7D9A\u304C\u5931\u308F\u308C\u307E\u3057\u305F\u3002<br>\u518D\u63A5\u7D9A\u3057\u307E\u3059\u304B\u3002
 CONNECTING_TO1={0}\u306B\u63A5\u7D9A\u4E2D
 CONNECTING_TO2={0}\u306B\u73FE\u5728\u63A5\u7D9A\u4E2D\u3067\u3059\u3002<br>\u3053\u308C\u306B\u306F\u6570\u5206\u304B\u304B\u308A\u307E\u3059\u3002
-DEADLOCK_ALL_TAB=\u3059\u3079\u3066
 DEADLOCK_TAB=\u30C7\u30C3\u30C9\u30ED\u30C3\u30AF
 DEADLOCK_TAB_N=\u30C7\u30C3\u30C9\u30ED\u30C3\u30AF{0}
 EXPAND=\u5C55\u958B
 KBYTES={0} KB
-OPERATION_LOWERCASE=\u64CD\u4F5C
 PLOT=\u30D7\u30ED\u30C3\u30C8
 VISUALIZE=\u8996\u899A\u5316
 ZZ_USAGE_TEXT=\u4F7F\u7528\u65B9\u6CD5: {0} [ -interval=n ] [ -notile ] [ -pluginpath <path> ] [ -version ] [ connection ... ]\n\n  -interval   \u66F4\u65B0\u9593\u9694\u3092n\u79D2\u306B\u8A2D\u5B9A\u3059\u308B(\u30C7\u30D5\u30A9\u30EB\u30C8\u306F4\u79D2)\n  -notile     \u30A6\u30A3\u30F3\u30C9\u30A6\u3092\u6700\u521D\u306B\u4E26\u3079\u3066\u8868\u793A\u3057\u306A\u3044(2\u3064\u4EE5\u4E0A\u306E\u63A5\u7D9A\u306B\u3064\u3044\u3066)\n  -pluginpath JConsole\u304C\u30D7\u30E9\u30B0\u30A4\u30F3\u3092\u53C2\u7167\u3059\u308B\u305F\u3081\u306B\u4F7F\u7528\u3059\u308B\u30D1\u30B9\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B\n  -version    \u30D7\u30ED\u30B0\u30E9\u30E0\u30FB\u30D0\u30FC\u30B8\u30E7\u30F3\u3092\u5370\u5237\u3059\u308B\n\n  connection = pid || host:port || JMX URL (service:jmx:<protocol>://...)\n  pid         \u30BF\u30FC\u30B2\u30C3\u30C8\u30FB\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9\u306E\u30D7\u30ED\u30BB\u30B9ID\n  host        \u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u30FB\u30DB\u30B9\u30C8\u540D\u307E\u305F\u306FIP\u30A2\u30C9\u30EC\u30B9\n  port        \u30EA\u30E2\u30FC\u30C8\u63A5\u7D9A\u7528\u306E\u30DD\u30FC\u30C8\u756A\u53F7\n\n  -J          JConsole\u304C\u5B9F\u884C\u4E2D\u306EJava\u4EEE\u60F3\u30DE\u30B7\u30F3\u3078\u306E\n              \u5165\u529B\u5F15\u6570\u3092\u6307\u5B9A\u3059\u308B
--- a/src/share/classes/sun/tools/jconsole/resources/messages_zh_CN.properties	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/share/classes/sun/tools/jconsole/resources/messages_zh_CN.properties	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -14,15 +14,12 @@
 TWELVE_HOURS=12 \u5C0F\u65F6
 THIRTY_MIN=30 \u5206\u949F
 LESS_THAN=<
-LOT_LESS_THAN=<<
+A_LOT_LESS_THAN=<<
 GREATER_THAN=>
 ACTION_CAPITALIZED=ACTION
 ACTION_INFO_CAPITALIZED=ACTION_INFO
 ALL=\u5168\u90E8
-APPLY=\u5E94\u7528
 ARCHITECTURE=\u4F53\u7CFB\u7ED3\u6784
-ARRAY_OPEN_TYPE=\u6570\u7EC4, OpenType
-ARRAY_OPEN_TYPE_NUMERIC_VALUE_VIEWER=\u6570\u7EC4, OpenType, \u6570\u503C\u67E5\u770B\u5668
 ATTRIBUTE=\u5C5E\u6027
 ATTRIBUTE_VALUE=\u5C5E\u6027\u503C
 ATTRIBUTE_VALUES=\u5C5E\u6027\u503C
@@ -37,7 +34,6 @@
 CASCADE=\u5C42\u53E0(&C)
 CHART_COLON=\u56FE\u8868(&C):
 CLASS_PATH=\u7C7B\u8DEF\u5F84
-CLASS=\u7C7B
 CLASS_NAME=ClassName
 CLASS_TAB_INFO_LABEL_FORMAT=<html>\u5DF2\u52A0\u8F7D: {0}    \u5DF2\u5378\u8F7D: {1}    \u603B\u8BA1: {2}</html>
 CLASS_TAB_LOADED_CLASSES_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME=\u5DF2\u52A0\u8F7D\u7C7B\u7684\u56FE\u8868\u3002
@@ -48,11 +44,7 @@
 COMMITTED_MEMORY=\u63D0\u4EA4\u7684\u5185\u5B58
 COMMITTED_VIRTUAL_MEMORY=\u63D0\u4EA4\u7684\u865A\u62DF\u5185\u5B58
 COMMITTED=\u5DF2\u63D0\u4EA4
-COMPILER=\u7F16\u8BD1\u5668
-COMPOSITE_DATA=CompositeData
-CONFIG=\u914D\u7F6E
 CONNECT=\u8FDE\u63A5(&C)
-CONNECT_ELLIPSIS=\u8FDE\u63A5...
 CONNECT_DIALOG_CONNECT_BUTTON_TOOLTIP=\u8FDE\u63A5\u5230 Java \u865A\u62DF\u673A
 CONNECT_DIALOG_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=\u7528\u4E8E\u4E0E\u672C\u5730\u6216\u8FDC\u7A0B Java \u865A\u62DF\u673A\u5EFA\u7ACB\u65B0\u8FDE\u63A5\u7684\u5BF9\u8BDD\u6846
 CONNECT_DIALOG_MASTHEAD_ACCESSIBLE_NAME=\u62A5\u5934\u56FE
@@ -74,7 +66,6 @@
 DOUBLE_CLICK_TO_EXPAND_FORWARD_SLASH_COLLAPSE=\u53CC\u51FB\u4EE5\u5C55\u5F00/\u9690\u85CF
 DOUBLE_CLICK_TO_VISUALIZE=\u53CC\u51FB\u4EE5\u4F7F\u5176\u53EF\u89C1
 DESCRIPTION=\u8BF4\u660E
-DESCRIPTION_COLON_=\u8BF4\u660E:
 DESCRIPTOR=\u63CF\u8FF0\u7B26
 DETAILS=\u8BE6\u7EC6\u4FE1\u606F
 DETECT_DEADLOCK=\u68C0\u6D4B\u6B7B\u9501(&D)
@@ -86,11 +77,9 @@
 DURATION_MINUTES={0,choice,1#{0,number,integer} \u5206\u949F|1.0<{0,number,integer} \u5206\u949F}
 DURATION_SECONDS={0} \u79D2
 EMPTY_ARRAY=\u7A7A\u6570\u7EC4
-EMPTY_OPENTYPE_VIEWER=\u7A7A opentype \u67E5\u770B\u5668
 ERROR=\u9519\u8BEF
 ERROR_COLON_MBEANS_ALREADY_EXIST=\u9519\u8BEF: MBean \u5DF2\u5B58\u5728
 ERROR_COLON_MBEANS_DO_NOT_EXIST=\u9519\u8BEF: MBean \u4E0D\u5B58\u5728
-ERROR_COLON=\u9519\u8BEF:
 EVENT=\u4E8B\u4EF6
 EXIT=\u9000\u51FA(&X)
 FAIL_TO_LOAD_PLUGIN=\u8B66\u544A: \u65E0\u6CD5\u52A0\u8F7D\u63D2\u4EF6: {0}
@@ -104,7 +93,6 @@
 FREE_PHYSICAL_MEMORY=\u7A7A\u95F2\u7269\u7406\u5185\u5B58
 FREE_SWAP_SPACE=\u7A7A\u95F2\u4EA4\u6362\u7A7A\u95F4
 GARBAGE_COLLECTOR=\u5783\u573E\u6536\u96C6\u5668
-GTK_CAPITALIZED=GTK
 GC_INFO=\u540D\u79F0 = ''{0}'', \u6536\u96C6 = {1,choice,-1#Unavailable|0#{1,number,integer}}, \u603B\u82B1\u8D39\u65F6\u95F4 = {2}
 GC_TIME=GC \u65F6\u95F4
 GC_TIME_DETAILS={1}\u4E0A\u7684{0} ({2}\u6536\u96C6)
@@ -134,14 +122,10 @@
 JCONSOLE_VERSION=JConsole \u7248\u672C "{0}"
 JCONSOLE_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=Java \u76D1\u89C6\u548C\u7BA1\u7406\u63A7\u5236\u53F0
 JIT_COMPILER=JIT \u7F16\u8BD1\u5668
-JAVA_VIRTUAL_MACHINE=Java \u865A\u62DF\u673A
-JAVA=Java
 LIBRARY_PATH=\u5E93\u8DEF\u5F84
-LISTENERS=\u76D1\u542C\u7A0B\u5E8F
 LIVE_THREADS=\u6D3B\u52A8\u7EBF\u7A0B
 LOADED=\u5DF2\u52A0\u8F7D
 LOCAL_PROCESS_COLON=\u672C\u5730\u8FDB\u7A0B(&L):
-LOOK_AND_FEEL=\u5916\u89C2
 MASTHEAD_FONT=Dialog-PLAIN-25
 MANAGEMENT_NOT_ENABLED=<b>\u6CE8</b>: \u672A\u5BF9\u6B64\u8FDB\u7A0B\u542F\u7528\u7BA1\u7406\u4EE3\u7406\u3002
 MANAGEMENT_WILL_BE_ENABLED=<b>\u6CE8</b>: \u5C06\u5BF9\u6B64\u8FDB\u7A0B\u542F\u7528\u7BA1\u7406\u4EE3\u7406\u3002
@@ -177,25 +161,16 @@
 MESSAGE=\u6D88\u606F
 METHOD_SUCCESSFULLY_INVOKED=\u5DF2\u6210\u529F\u8C03\u7528\u65B9\u6CD5
 MINIMIZE_ALL=\u5168\u90E8\u6700\u5C0F\u5316(&M)
-MINUS_VERSION=\u8FD9\u662F{0}\u7248\u672C {1}
 MONITOR_LOCKED=\ \ \ - \u5DF2\u9501\u5B9A {0}\n
-MOTIF=Motif
-NAME_BUILD_AND_MODE={0} (\u5DE5\u4F5C\u7248\u672C {1}, {2})
+NAME=\u540D\u79F0
 NAME_AND_BUILD={0} (\u5DE5\u4F5C\u7248\u672C {1})
-NAME=\u540D\u79F0
-NAME_COLON_=\u540D\u79F0:
 NAME_STATE=\u540D\u79F0: {0}\n\u72B6\u6001: {1}\n
 NAME_STATE_LOCK_NAME=\u540D\u79F0: {0}\n\u72B6\u6001: {2}\u4E0A\u7684{1}\n
 NAME_STATE_LOCK_NAME_LOCK_OWNER=\u540D\u79F0: {0}\n\u72B6\u6001: {2}\u4E0A\u7684{1}, \u62E5\u6709\u8005: {3}\n
 NEW_CONNECTION_ELLIPSIS=\u65B0\u5EFA\u8FDE\u63A5(&N)...
-NEW_VALUE_APPLIED=\u5DF2\u5E94\u7528\u65B0\u503C
-NO_ATTRIBUTE_SELECTED=\u672A\u9009\u62E9\u5C5E\u6027
 NO_DEADLOCK_DETECTED=\u672A\u68C0\u6D4B\u5230\u6B7B\u9501
-NO_VALUE_SELECTED=\u672A\u9009\u62E9\u503C
 NON_HEAP_MEMORY_USAGE=\u975E\u5806\u5185\u5B58\u4F7F\u7528\u91CF
 NON_HEAP=\u975E\u5806
-NOT_YET_IMPLEMENTED=\u5C1A\u672A\u5B9E\u73B0
-NOT_A_VALID_EVENT_BROADCASTER=\u4E0D\u662F\u6709\u6548\u7684\u4E8B\u4EF6\u5E7F\u64AD\u8005
 NOTIFICATION=\u901A\u77E5
 NOTIFICATION_BUFFER=\u901A\u77E5\u7F13\u51B2\u533A
 NOTIFICATIONS=\u901A\u77E5
@@ -212,8 +187,8 @@
 OVERVIEW=\u6982\u89C8
 OVERVIEW_PANEL_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME={0}\u7684\u56FE\u8868\u3002
 PARAMETER=\u53C2\u6570
+PASSWORD_ACCESSIBLE_NAME=\u53E3\u4EE4
 PASSWORD_COLON_=\u53E3\u4EE4(&P):
-PASSWORD_ACCESSIBLE_NAME=\u53E3\u4EE4
 PEAK=\u5CF0\u503C
 PERFORM_GC=\u6267\u884C GC(&G)
 PERFORM_GC_TOOLTIP=\u8BF7\u6C42\u5783\u573E\u6536\u96C6
@@ -228,15 +203,11 @@
 PROBLEM_REMOVING_LISTENER=\u5220\u9664\u76D1\u542C\u7A0B\u5E8F\u65F6\u51FA\u73B0\u95EE\u9898
 PROBLEM_SETTING_ATTRIBUTE=\u8BBE\u7F6E\u5C5E\u6027\u65F6\u51FA\u73B0\u95EE\u9898
 PROCESS_CPU_TIME=\u8FDB\u7A0B CPU \u65F6\u95F4
-R_FORWARD_SLASH_W_CAPITALIZED=\u8BFB\u5199
 READABLE=\u53EF\u8BFB
-RECEIVED=\u6536\u5230
 RECONNECT=\u91CD\u65B0\u8FDE\u63A5
 REMOTE_PROCESS_COLON=\u8FDC\u7A0B\u8FDB\u7A0B(&R):
 REMOTE_PROCESS_TEXT_FIELD_ACCESSIBLE_NAME=\u8FDC\u7A0B\u8FDB\u7A0B
-REMOVE=\u5220\u9664
 RESTORE_ALL=\u5168\u90E8\u8FD8\u539F(&R)
-RETURN_VALUE=\u8FD4\u56DE\u503C
 RETURN_TYPE=ReturnType
 SEQ_NUM=SeqNum
 SIZE_BYTES={0,number,integer} \u5B57\u8282
@@ -245,15 +216,12 @@
 SIZE_MB={0} Mb
 SOURCE=\u6E90
 STACK_TRACE=\n\u5806\u6808\u8DDF\u8E2A: \n
-SUCCESS_COLON=\u6210\u529F:
 SUMMARY_TAB_HEADER_DATE_TIME_FORMAT=FULL,FULL
 SUMMARY_TAB_PENDING_FINALIZATION_LABEL=\u6682\u6302\u6700\u7EC8\u5904\u7406
 SUMMARY_TAB_PENDING_FINALIZATION_VALUE={0}\u5BF9\u8C61
 SUMMARY_TAB_TAB_NAME=VM \u6982\u8981
 SUMMARY_TAB_VM_VERSION={0}\u7248\u672C {1}
-TABULAR_DATA_ARE_NOT_SUPPORTED=\u4E0D\u652F\u6301 TabularData
 THREADS=\u7EBF\u7A0B
-THREAD_TAB_INFO_LABEL_FORMAT=<html>\u6D3B\u52A8: {0}    \u5CF0\u503C: {1}    \u603B\u8BA1: {2}</html>
 THREAD_TAB_THREAD_INFO_ACCESSIBLE_NAME=\u7EBF\u7A0B\u4FE1\u606F
 THREAD_TAB_THREAD_PLOTTER_ACCESSIBLE_NAME=\u8868\u793A\u7EBF\u7A0B\u6570\u7684\u56FE\u8868\u3002
 THRESHOLD=\u9608\u503C
@@ -274,7 +242,6 @@
 UNKNOWN_HOST=\u672A\u77E5\u4E3B\u673A: {0}
 UNREGISTER=\u6CE8\u9500
 UPTIME=\u8FD0\u884C\u65F6\u95F4
-UPTIME_COLON_=\u8FD0\u884C\u65F6\u95F4:
 USAGE_THRESHOLD=\u7528\u6CD5\u9608\u503C
 REMOTE_TF_USAGE=<b>\u7528\u6CD5</b>: &lt;hostname&gt;:&lt;port&gt; \u6216 service:jmx:&lt;protocol&gt;:&lt;sap&gt;
 USED=\u5DF2\u7528
@@ -283,31 +250,24 @@
 USER_DATA=UserData
 VIRTUAL_MACHINE=\u865A\u62DF\u673A
 VM_ARGUMENTS=VM \u53C2\u6570
-VM_CAPITALIZED=VM
 VMINTERNAL_FRAME_ACCESSIBLE_DESCRIPTION=\u7528\u4E8E\u76D1\u89C6 Java \u865A\u62DF\u673A\u7684\u5185\u90E8\u6846\u67B6
 VALUE=\u503C
 VENDOR=\u4F9B\u5E94\u5546
 VERBOSE_OUTPUT=\u8BE6\u7EC6\u8F93\u51FA
 VERBOSE_OUTPUT_TOOLTIP=\u4E3A\u7C7B\u52A0\u8F7D\u7CFB\u7EDF\u542F\u7528\u8BE6\u7EC6\u8F93\u51FA
-VIEW_VALUE=\u89C6\u56FE\u503C
 VIEW=\u89C6\u56FE
 WINDOW=\u7A97\u53E3(&W)
 WINDOWS=\u7A97\u53E3
 WRITABLE=\u53EF\u5199\u5165
-YOU_CANNOT_DROP_A_CLASS_HERE=\u65E0\u6CD5\u5220\u9664\u6B64\u5904\u7684\u7C7B
-COLLAPSE=\u6298\u53E0
 CONNECTION_FAILED1=\u8FDE\u63A5\u5931\u8D25: \u662F\u5426\u91CD\u8BD5?
 CONNECTION_FAILED2=\u672A\u6210\u529F\u8FDE\u63A5\u5230{0}\u3002<br>\u662F\u5426\u8981\u91CD\u8BD5?
 CONNECTION_LOST1=\u8FDE\u63A5\u4E22\u5931: \u662F\u5426\u91CD\u65B0\u8FDE\u63A5?
-CONNECTION_LOST2=\u7531\u4E8E\u8FDC\u7A0B\u8FDB\u7A0B\u5DF2\u7EC8\u6B62, \u4E0E{0}\u7684\u8FDE\u63A5\u4E22\u5931\u3002<br>\u662F\u5426\u8981\u91CD\u65B0\u8FDE\u63A5?
 CONNECTING_TO1=\u6B63\u5728\u8FDE\u63A5\u5230{0}
 CONNECTING_TO2=\u60A8\u5F53\u524D\u6B63\u5728\u8FDE\u63A5\u5230{0}\u3002<br>\u8FD9\u5C06\u9700\u8981\u51E0\u5206\u949F\u7684\u65F6\u95F4\u3002
-DEADLOCK_ALL_TAB=\u5168\u90E8
 DEADLOCK_TAB=\u6B7B\u9501
 DEADLOCK_TAB_N=\u6B7B\u9501{0}
 EXPAND=\u5C55\u5F00
 KBYTES={0} KB
-OPERATION_LOWERCASE=\u64CD\u4F5C
 PLOT=\u7ED8\u56FE
 VISUALIZE=\u53EF\u89C6\u5316
 ZZ_USAGE_TEXT=\u7528\u6CD5: {0} [ -interval=n ] [ -notile ] [ -pluginpath <path> ] [ -version ] [ connection ... ]\n\n  -interval   \u5C06\u66F4\u65B0\u95F4\u9694\u8BBE\u7F6E\u4E3A n \u79D2 (\u9ED8\u8BA4\u503C\u4E3A 4 \u79D2)\n  -notile     \u521D\u59CB\u4E0D\u5E73\u94FA\u7A97\u53E3 (\u5BF9\u4E8E\u4E24\u4E2A\u6216\u591A\u4E2A\u8FDE\u63A5)\n  -pluginpath \u6307\u5B9A jconsole \u7528\u4E8E\u67E5\u627E\u63D2\u4EF6\u7684\u8DEF\u5F84\n  -version    \u8F93\u51FA\u7A0B\u5E8F\u7248\u672C\n\n  connection = pid || host:port || JMX URL (service:jmx:<\u534F\u8BAE>://...)\n  pid         \u76EE\u6807\u8FDB\u7A0B\u7684\u8FDB\u7A0B ID\n  host        \u8FDC\u7A0B\u4E3B\u673A\u540D\u6216 IP \u5730\u5740\n  port        \u8FDC\u7A0B\u8FDE\u63A5\u7684\u7AEF\u53E3\u53F7\n\n  -J          \u6307\u5B9A\u8FD0\u884C jconsole \u7684 Java \u865A\u62DF\u673A\n              \u7684\u8F93\u5165\u53C2\u6570
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/appletviewer.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/appletviewer.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH appletviewer 1 "21 Mar 2012"
+.TH appletviewer 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -40,7 +40,7 @@
 .na
 \f2アプレット・ビューアのタグ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/appletviewertags.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/appletviewertags.htmlを参照してください。
 .LP
 .LP
 \f3注意:\fP \f3appletviewer\fPは開発専用です。詳細は、サンプル/テスト・アプリケーションのコードについてを参照してください。
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/apt.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/apt.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH apt 1 "21 Mar 2012"
+.TH apt 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -60,7 +60,7 @@
 .na
 \f4apt\fP\f3スタート・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/extcheck.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/extcheck.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH extcheck 1 "21 Mar 2012"
+.TH extcheck 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/idlj.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/idlj.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH idlj 1 "21 Mar 2012"
+.TH idlj 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -47,7 +47,7 @@
 .na
 \f2OMG IDL to Java Language Mapping Specification\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。
 .LP
 .SS 
 クライアント・バインディングおよびサーバー・バインディングの発行
@@ -110,13 +110,13 @@
 .na
 \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。
 .LP
 .LP
 .na
 \f2Portable Object Adapter(POA)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。
 .LP
 .LP
 継承モデルのもう1つのオプションは、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用することで、J2SE 1.4より前のバージョンのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。ただし、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用するのは、標準的な手法ではありません。これらのAPIは今後非推奨になる予定です。このフラグを使用するのは、J2SE 1.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合には既存のMAKEFILEを変更し、\f2idlj\fPコンパイラに\f2\-oldImplBase\fPフラグを追加する必要があります。そうしないと、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。下位互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次のコマンドを使用します。
@@ -294,7 +294,7 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。
 .LP
 .SS 
 インクルード・ファイルに対するバインディングの発行
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jar.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jar.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jar 1 "21 Mar 2012"
+.TH jar 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2JARファイルの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifestを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifestを参照してください。 
 .LP
 既存のマニフェスト・ファイル内に格納された\f2name\ :\ value\fPのペアをJARファイルに含める必要がある場合には、次のように\f2\-m\fPオプションを使用してそのファイルを指定します。
 .LP
@@ -180,7 +180,7 @@
 .na
 \f2JarIndex\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Indexがサポートされています。JarIndexを使用すると、アプリケーションのクラス・ローダーでJARファイルからクラスがロードされるときの効率が向上します。アプリケーションまたはアプレットが複数のJARファイルにバンドルされている場合は、必要なJARファイルのみがダウンロードされて開かれ、クラスがロードされます。このパフォーマンスの最適化は、\f2\-i\fPオプションを指定して\f2jar\fPを実行すると有効になります。このオプションを使用すると、指定したJARメイン・ファイルと、そのメイン・ファイルが依存しているすべてのJARファイルについて、パッケージ位置情報が生成されます。メイン・ファイルが依存しているJARファイルは、JARメイン・ファイルのマニフェストの\f2Class\-Path\fP属性に指定しておく必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Indexがサポートされています。JarIndexを使用すると、アプリケーションのクラス・ローダーでJARファイルからクラスがロードされるときの効率が向上します。アプリケーションまたはアプレットが複数のJARファイルにバンドルされている場合は、必要なJARファイルのみがダウンロードされて開かれ、クラスがロードされます。このパフォーマンスの最適化は、\f2\-i\fPオプションを指定して\f2jar\fPを実行すると有効になります。このオプションを使用すると、指定したJARメイン・ファイルと、そのメイン・ファイルが依存しているすべてのJARファイルについて、パッケージ位置情報が生成されます。メイン・ファイルが依存しているJARファイルは、JARメイン・ファイルのマニフェストの\f2Class\-Path\fP属性に指定しておく必要があります。
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -214,7 +214,7 @@
 .na
 \f2Javaチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jarのJARトライアルも参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/のJARトライアルも参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -284,11 +284,11 @@
 .fl
 \fP
 .fi
-デフォルトのマニフェストには含まれないマニフェストに、特別な目的の\f2name\ :\ value\fPの属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、バージョン情報、パッケージ・シーリング、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。Javaチュートリアルの
+デフォルトのマニフェストには含まれないマニフェストに、特別な目的の\f2name\ :\ value\fPの属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、バージョン情報、パッケージ・シーリング、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。\f4\-m\fPオプションの使用例は、Javaチュートリアルの
 .na
-\f2JARファイル\fP @
+\f2JARファイルでのプログラムのパッケージ化\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/を参照し、  \f4\-m\fPオプションの使用例を確認してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/のレッスンを参照してください。 
 .TP 3
 e 
 実行可能JARファイル内にバンドルされたスタンドアロン・アプリケーションのアプリケーション・エントリ・ポイントとして、\f2entrypoint\fPを設定します。このオプションを使用すると、マニフェスト・ファイル内の\f2Main\-Class\fP属性値が作成または上書きされます。このオプションは、JARファイルの作成中または更新中に使用できます。このオプションを使用すれば、マニフェスト・ファイルを編集または作成することなしに、アプリケーションのエントリ・ポイントを指定できます。
@@ -575,25 +575,25 @@
 .na
 \f2JARファイルの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide.html
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JARファイルの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JarIndexの仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Index
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR_Index
 .LP
 .LP
 .na
 \f2JARチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/index.html
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar//index.html
 .LP
 .LP
 pack200(1)
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jarsigner.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jarsigner.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jarsigner 1 "21 Mar 2012"
+.TH jarsigner 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -147,7 +147,7 @@
 .na
 \f2Java暗号化アーキテクチャ用プロバイダの実装方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。
 .LP
 .LP
 アプリケーションでは、\f2KeyStore\fPクラスが提供するgetInstanceファクトリ・メソッドを使用することで、様々なプロバイダから異なる\f2タイプ\fPのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。
@@ -208,7 +208,7 @@
 .na
 \f2KeyToolとJarSigner\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSignerの項を参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSignerの項を参照してください。
 .LP
 .SS 
 サポートされるアルゴリズム
@@ -513,7 +513,7 @@
 .na
 \f2付録A\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しなかった場合、秘密鍵のタイプに応じてSHA1withDSA、SHA256withRSA、SHA256withECDSAのいずれかが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しなかった場合、秘密鍵のタイプに応じてSHA1withDSA、SHA256withRSA、SHA256withECDSAのいずれかが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
 .TP 3
 \-digestalg algorithm 
 JARファイルのエントリをダイジェストする際に使用するメッセージ・ダイジェスト・アルゴリズムの名前を指定します。
@@ -523,7 +523,7 @@
 .na
 \f2付録A\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このオプションを指定しなかった場合、SHA256が使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。このオプションを指定しなかった場合、SHA256が使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\f2\-providerClass\fPオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。 
 .TP 3
 \-signedjar file 
 署名付きJARファイルの名前を指定します。
@@ -608,7 +608,7 @@
 .na
 \f2構成属性の表\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#ATTRSを参照してください。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\f2SmartCard\fPのPKCS#11キーストア・プロバイダ・インスタンスの内容をリストします。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#ATTRSを参照してください。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\f2SmartCard\fPのPKCS#11キーストア・プロバイダ・インスタンスの内容をリストします。 
 .nf
 \f3
 .fl
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH java 1 "01 Apr 2012"
+.TH java 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -112,7 +112,7 @@
 .na
 \f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-server 
 Java HotSpot Server VMを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\-serverオプションが暗黙的に選択されます。
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-agentlib:libname[=options] 
 ネイティブ・エージェント・ライブラリ\f2libname\fPをロードします。たとえば次のように指定します。
@@ -141,14 +141,14 @@
 .na
 \f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
 .TP 3
 \-agentpath:pathname[=options] 
 フルパス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。詳細は、
 .na
 \f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
 .TP 3
 \-classpath classpath 
 .TP 3
@@ -169,7 +169,7 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
 .TP 3
 \-Dproperty=value 
 システム・プロパティの値を設定します。 
@@ -241,7 +241,7 @@
 .na
 \f2Javaチュートリアル\fP @
 .fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jarの「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
+http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/の「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
 .br
 .br
 このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
@@ -251,14 +251,14 @@
 .na
 \f2Java Archive(JAR)ファイル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-javaagent:jarpath[=options] 
 Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
 .na
 \f2java.lang.instrument\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-jre\-restrict\-search 
 ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。 
@@ -357,7 +357,7 @@
 .na
 \f2HotSpot Ergonomics\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
 .br
 .br
 例: 
@@ -380,7 +380,7 @@
 .na
 \f2HotSpot Ergonomics\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
 .br
 .br
 例: 
@@ -455,7 +455,7 @@
 \-XX:MaxGCPauseMillis=n 
 最大GC休止時間のターゲットを設定します。
 .br
-これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。 
+これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。 
 .TP 3
 \-XX:NewSize 
 若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\f3\-Xmn\fP\f4size\fPと同じです。 
@@ -520,9 +520,14 @@
 \-XX:+UseParallelOldGC 
 パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
 .br
-.SH "注意" 
+.RE
+
 .LP
-\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。 
+.SH "注意"
+.LP
+.LP
+\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
+.LP
 .RS 3
 .TP 3
 1.
@@ -560,9 +565,42 @@
 .fi
 これは項目2に似ていますが、ある変更が特定のリリース(1.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。 
 .RE
-.SH "終了ステータス" 
+
 .LP
-一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。 
+.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
+.LP
+.LP
+スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
+.LP
+.SS 
+スループットを向上するためのチューニング
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+        java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.SS 
+レスポンス時間を速くするためのチューニング
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+        java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.SH "終了ステータス"
+.LP
+.LP
+一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
+.LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
@@ -571,7 +609,10 @@
 o
 \f2>0\fP: エラー発生 
 .RE
-.SH "関連項目" 
+
+.LP
+.SH "関連項目"
+.LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
@@ -590,20 +631,19 @@
 .na
 \f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2セキュリティ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2HotSpot VM Specific Options\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/hotspot/VMOptions.html 
-.RE
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/vmoptions\-jsp\-140102.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javac.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javac.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javac 1 "21 Mar 2012"
+.TH javac 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -1209,7 +1209,7 @@
 .na
 \f2javacガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javac/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javac/index.html 
 .TP 2
 o
 java(1) \- Javaアプリケーション起動ツール 
@@ -1233,7 +1233,7 @@
 .na
 \f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javadoc 1 "21 Mar 2012"
+.TH javadoc 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 javadoc \- Java APIドキュメント・ジェネレータ
 .LP
@@ -111,7 +111,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
 .SS 
 Javadocのドックレット
 .LP
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2Javadocのドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
 .TP 2
 o
 \f2\-doclet\fPコマンドライン・オプション 
@@ -137,13 +137,13 @@
 .na
 \f2Javadocに施された拡張機能\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javadoc FAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
 .TP 2
 o
 .na
@@ -155,25 +155,19 @@
 .na
 \f2API仕様を記述するための要件\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/index.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-142372.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2ドキュメンテーション・コメントの仕様\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/jls/first_edition/html/18.doc.html \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
+http://docs.oracle.com/javase/specs/ \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2DocCheckドックレット\fP @
 .fi
 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-141437.html \- ソース・ファイル内のドキュメンテーション・コメントをチェックし、検出されたエラーや不正のレポートを生成します。Doc Checkユーティリティの一部です。 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2MIFドックレット\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/ \- MIF、FrameMaker、PDFの形式でAPIドキュメントを自動生成します。MIFはAdobe FrameMakerの交換形式です。 
 .RE
 .SS 
 用語
@@ -338,14 +332,14 @@
 .na
 \f2パッケージの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 パッケージの概要ページの先頭に、パッケージ・コメントの最初の文をコピーします。さらに、概要ページのパッケージ・リストに、パッケージ名とパッケージ・コメントの最初の文を追加します(
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
 .RE
 .SS 
 概要コメント・ファイル
@@ -372,7 +366,7 @@
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 概要ページの先頭に、概要コメントの最初の文をコピーします。 
@@ -820,12 +814,6 @@
 \f3インライン・タグ\fP \- 主説明内、またはブロック・タグのコメント内に記述可能。インライン・タグは、\f2{@tag}\fPのように中括弧で囲みます。 
 .RE
 .LP
-今後のリリースで導入されるタグについては、
-.na
-\f2提案されているタグ\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/proposed\-tags.htmlを参照してください。
-.LP
 現時点で有効なタグは、次のとおりです。
 .LP
 .TS
@@ -939,7 +927,7 @@
 .nr 41 \n(80+(3*\n(38)
 .nr 81 +\n(41
 .nr TW \n(81
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 873 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 861 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1093,7 +1081,7 @@
 .na
 \f2@deprecatedタグ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
 .LP
 .RS 3
 .TP 3
@@ -1615,7 +1603,7 @@
 .nr 40 \n(79+(0*\n(38)
 .nr 80 +\n(40
 .nr TW \n(80
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1364 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1352 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1961,7 +1949,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1440 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1428 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2165,15 +2153,15 @@
 .na
 \f2クラスの直列化可能なフィールドおよびデータの文書化\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
 .na
 \f2直列化のFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/technologies/core/basic/serializationFAQ.jsp#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/serializationfaq\-jsp\-136699.html#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
 .na
-\f2Sunの基準\fP @
+\f2Oracleの基準\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/serialized\-criteria.htmlも参照してください。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/serialized\-criteria\-137781.htmlも参照してください。 
 .LP
 .TP 3
 @serialField\  field\-name\  field\-type\  field\-description 
@@ -2258,7 +2246,7 @@
 .na
 \f2定数フィールド値\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
 .LP
 .TP 3
 @version\  version\-text 
@@ -2760,7 +2748,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2015 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2003 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2857,45 +2845,21 @@
 ドキュメントの生成に使用するドックレットを起動するためのクラス・ファイルを指定します。完全修飾名を指定してください。このドックレットにより、出力の内容と形式が定義されます。\f4\-doclet\fPオプションが使用されていない場合、Javadocは、標準ドックレットを使用してデフォルトのHTML形式を生成します。このクラスには\f2start(Root)\fPメソッドが含まれている必要があります。この起動クラスへのパスは\f2\-docletpath\fPオプションによって定義されます。
 .br
 .br
-たとえば、MIFドックレットを呼び出すには、次のように指定します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-    \-doclet com.sun.tools.doclets.mif.MIFDoclet
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-docletpath\  classpathlist 
 \f2\-doclet\fPオプションで指定されたドックレット開始クラス・ファイル、およびそのクラスが依存するすべてのJARファイルへのパスを指定します。開始クラス・ファイルがjarファイル内にある場合、次の例のようにjarファイルのパスが指定されます。絶対パスまたは現在のディレクトリからの相対パスを指定できます。\f2classpathlist\fPに複数のパスやJARファイルが含まれる場合には、それらをSolarisの場合はコロン(:)で、Windowsの場合はセミコロン(;)でそれぞれ区切ります。目的のドックレット開始クラスがすでに検索パス内にある場合は、このオプションは不要です。
 .br
 .br
-jarファイルへのパスの例には、ドックレット開始クラス・ファイルが含まれています。jarファイル名が含まれている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/lib/mifdoclet.jar
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-ドックレット開始クラス・ファイルのパスの例。クラス・ファイル名が省略されている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/classes/com/sun/tools/doclets/mif/
-.fl
-\fP
-.fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-1.1 
 \f2この機能はJavadoc 1.4から削除されました。代替機能はありません。このオプションは、Javadoc 1.1によって生成されるのと同じ外見と機能を持つドキュメントを作成するためのものでした(ネストされたクラスはサポートされていません)。このオプションが必要な場合は、Javadoc 1.2または1.3をかわりに使用してください。\fP  
@@ -2953,7 +2917,7 @@
 .na
 \f2クラス・パス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
 .br
 .br
 \f2\-sourcepath\fPが省略された場合、Javadocツールはクラス・ファイルを検索するときのみでなく、ソース・ファイルを検索するときにも\f2\-classpath\fPを使用します(下位互換性のため)。したがって、ソース・ファイルとクラス・ファイルを別々のパスから検索する必要がある場合は、\f2\-sourcepath\fPと\f2\-classpath\fPの両方を使用します。
@@ -2973,7 +2937,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
 .br
 .br
 便宜上、\f2*\fPのベース名を含むクラス・パス要素は、\f2.jar\fPまたは\f2.JAR\fPを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます(Javaプログラムはこの2つの呼出しを区別できません)。
@@ -3012,7 +2976,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
 .TP 3
 \-extdirs\  dirlist 
 拡張機能クラスが存在するディレクトリを指定します。拡張機能クラスとは、Java拡張機能機構を使用するすべてのクラスです。extdirsは、Javadocツールがソース・ファイルとクラス・ファイルを探すときに使用する検索パスの一部です。詳細は、前述の\f2\-classpath\fPを参照してください。\f2dirlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
@@ -3028,7 +2992,7 @@
 .na
 \f2java.text.BreakIterator\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
 .br
 .br
 JDK 1.2以降、BreakIteratorクラスは、英語を除くすべての言語の文の終わりを判断するために、すでに使用されています。したがって、\f2\-breakiterator\fPオプションは、1.2以降では英文以外には効果がありません。英文には、次のような独自のデフォルトのアルゴリズムがあります。 
@@ -3229,7 +3193,7 @@
 \f2\-link\fPの引数は、宛先ディレクトリ(\f2docs/spi\fP)からの相対パスです。
 .br
 .br
-\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://java.sun.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
+\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://docs.oracle.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
 .br
 .br
 今回の実行でJavadocによって生成されるドキュメント内のAPIのみを対象にリンクを作成する場合は、\f2\-link\fPオプションを省略します。(\f2\-link\fPオプションが指定されていないと、Javadocツールは、外部参照のドキュメントへのリンクを作成しません。これは、そのドキュメントが存在するかどうか、および存在する場合はその場所がわからないからです。)
@@ -3694,7 +3658,7 @@
 .na
 \f2タグレットの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
 .RE
 タグレットは、ブロックタグまたはインライン・タグで便利です。タグレットは任意の数の引数をとることができます。また、テキストを太字にする、箇条書きを作成する、テキストをファイルに書き出す、その他のプロセスを開始するなどのカスタム動作を実装できます。
 .br
@@ -3907,13 +3871,13 @@
 .na
 \f2標準ドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
 .LP
-\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。特定のドックレットを実行した完全な例については、
+\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。詳細は、
 .na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。
 .SH "簡単な例"
 .LP
 Javadocは、パッケージ全体に対して実行することも、個々のソース・ファイルに対して実行することもできます。各パッケージ名は、それぞれのパッケージ名に対応するディレクトリ名を持ちます。次の例では、ソース・ファイルは\f2/home/src/java/awt/*.java\fPにあります。生成先ディレクトリは\f2/home/html\fPです。
@@ -4076,7 +4040,7 @@
 .na
 \f2WindowsのMakefileの作成方法\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#makefilesを参照してください。
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html#makefilesを参照してください。
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -4161,7 +4125,7 @@
 .na
 \f2JavadocのFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#Bで参照できます。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.htmlで参照できます。 
 .TP 2
 o
 \f3バグおよび制限事項\fP \- バグの一部は、バグ修正および変更のインポートでも参照できます。 
@@ -4222,12 +4186,12 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2javacとjavadocがクラスを検索する方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
 .RE
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javah.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javah.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javah 1 "21 Mar 2012"
+.TH javah 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javap.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javap.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javap 1 "21 Mar 2012"
+.TH javap 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -293,7 +293,7 @@
 .na
 \f2Java Virtual Machine Specification\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/vmspec/にドキュメント化されています。 
+http://docs.oracle.com/javase/specs/にドキュメント化されています。 
 .TP 3
 \-verbose 
 メソッドのスタック・サイズ、および\f2locals\fPと\f2args\fPの数を出力します。 
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javaws.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javaws.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javaws 1 "21 Mar 2012"
+.TH javaws 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -208,7 +208,7 @@
 .na
 \f2システム・レベルおよびユーザー・レベルのプロパティ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/properties.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/properties.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "詳細情報"
 .LP
@@ -217,6 +217,6 @@
 .na
 \f2Java Web Start\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javaws/index.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javaws/index.htmlを参照してください。
 .LP
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jcmd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jcmd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,10 +19,10 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jcmd 1 "22 Mar 2012"
+.TH jcmd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
-.SH "Name"
+.SH "名前"
 jcmd \- 診断コマンド
 .LP
 .LP
@@ -56,7 +56,7 @@
 プロセスIDをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
 .LP
 .LP
-メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このメイン・クラスのすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
 .LP
 .LP
 PerfCounter.print引数を指定すると、jcmdでは、ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
@@ -73,11 +73,9 @@
 .TP 3
 \-l 
 実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。 
-.br
 .TP 3
 \-h 
 ヘルプ・メッセージが出力されます。 
-.br
 .TP 3
 \-help 
 ヘルプ・メッセージが出力されます。 
@@ -90,19 +88,15 @@
 .TP 3
 pid 
 診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.br
 .TP 3
 main class 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.br
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
 .TP 3
 command [arguments] 
-\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、\f3help\fPコマンドの後にコマンド名を指定して呼び出せば表示されます。 
-.br
+\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、コマンド名の後に\f3help\fPを指定して呼び出せば表示されます。 
 .TP 3
-Counter.print 
+PerfCounter.print 
 ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。 
-.br
 .TP 3
 \-f file 
 \f2file\fPからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスで呼び出します。\f2file\fPでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行が呼び出されるか、\f3stop\fPキーワードを含む行が読み取られると、\f2file\fPの処理が終了します。 
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jconsole.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jconsole.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jconsole 1 "21 Mar 2012"
+.TH jconsole 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -71,21 +71,21 @@
 .na
 \f2JMXの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
 .TP 2
 o
 \f2host\fP:\f2port\fP: Java VMを実行しているホスト・システムの名前と、Java VMを起動したときにシステム・プロパティ\f2com.sun.management.jmxremote.port\fPで指定したポート番号。詳細は、
 .na
 \f2JMXの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/agent.htmlを参照してください。 
 .TP 2
 o
 \f2jmxUrl\fP: 
 .na
 \f2JMXServiceURL\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.htmlに記述されている接続先のJMXエージェントのアドレス。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/javax/management/remote/JMXServiceURL.htmlに記述されている接続先のJMXエージェントのアドレス。 
 .RE
 .RE
 
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2com.sun.tools.jconsole.JConsolePlugin\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/jdk/api/jconsole/spec/com/sun/tools/jconsole/JConsolePlugin.htmlクラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定する行が、プラグインごとに1行ずつ含まれています。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/jdk/api/jconsole/spec/com/sun/tools/jconsole/JConsolePlugin.htmlクラスを実装するクラスの完全修飾クラス名を指定する行が、プラグインごとに1行ずつ含まれています。 
 .TP 3
 \-version 
 バージョン情報を出力して終了します。 
@@ -143,13 +143,13 @@
 .na
 \f2JConsoleの使用\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/jconsole.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/jconsole.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaプラットフォームの監視および管理\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/management/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jdb.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jdb.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jdb 1 "21 Mar 2012"
+.TH jdb 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -58,7 +58,7 @@
 .na
 \f2Java Platform Debugger Architecture\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/index.htmlを視覚的に実行し、ローカルまたはリモートのJava Virtual Machineの検査とデバッグを行うことができます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/index.htmlを視覚的に実行し、ローカルまたはリモートのJava Virtual Machineの検査とデバッグを行うことができます。
 .LP
 .SS 
 jdbセッションの開始
@@ -122,11 +122,11 @@
 .na
 \f2ドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。\f3jdb\fPで使用するためにJ2SE 1.4.2以前のVMを起動する方法については、
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。\f3jdb\fPで使用するためにJ2SE 1.4.2以前のVMを起動する方法については、
 .na
 \f21.4.2のドキュメント\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/guide/jpda/conninv.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/1.4.2/docs/guide/jpda/conninv.htmlを参照してください。
 .LP
 .SS 
 基本jdbコマンド
@@ -301,7 +301,7 @@
 .na
 \f2ドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jpda/conninv.htmlを参照してください。
 .LP
 .SS 
 デバッグ対象のプロセスに転送されるオプション
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jhat.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jhat.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jhat 1 "21 Mar 2012"
+.TH jhat 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -86,16 +86,13 @@
 .na
 \f2HotSpotDiagnosticMXBean\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/jre/api/management/extension/com/sun/management/HotSpotDiagnosticMXBean.html経由で実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/jre/api/management/extension/com/sun/management/HotSpotDiagnosticMXBean.html経由で実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
 .TP 2
 o
 \-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError VMオプションを指定して、OutOfMemoryErrorのスロー時にヒープ・ダンプを生成する方法 
 .TP 2
 o
-.na
-\f2hprof\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/developer/technicalArticles/Programming/HPROF.htmlを使用する方法 
+hprofを使用する方法 
 .RE
 
 .LP
@@ -149,10 +146,7 @@
 jconsole(1) 
 .TP 2
 o
-.na
-\f2hprof \- ヒープおよびCPUプロファイリング・ツール\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/developer/technicalArticles/Programming/HPROF.html 
+hprof \- ヒープおよびCPUプロファイリング・ツール 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jinfo.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jinfo.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jinfo 1 "21 Mar 2012"
+.TH jinfo 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jmap.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jmap.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jmap 1 "21 Mar 2012"
+.TH jmap 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jps.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jps.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jps 1 "21 Mar 2012"
+.TH jps 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jrunscript.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jrunscript.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jrunscript 1 "21 Mar 2012"
+.TH jrunscript 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -137,7 +137,7 @@
 .fl
 jrunscript \-e "print('hello world')"
 .fl
-jrunscript \-e "cat('http://java.sun.com')"
+jrunscript \-e "cat('http://www.example.com')"
 .fl
 \fP
 .fi
@@ -207,6 +207,6 @@
 .na
 \f2jsdocs\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/share/jsdocs/allclasses\-noframe.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/share/jsdocs/allclasses\-noframe.htmlを参照してください。
 .LP
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jsadebugd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jsadebugd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jsadebugd 1 "21 Mar 2012"
+.TH jsadebugd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -78,7 +78,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmiを起動する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmiを起動する必要があります。
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -118,7 +118,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstack.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstack.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstack 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstack 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -130,7 +130,7 @@
 .na
 \f2所有できるシンクロナイザ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/util/concurrent/locks/AbstractOwnableSynchronizer.htmlの一覧など、ロックについての追加情報を印刷します。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/util/concurrent/locks/AbstractOwnableSynchronizer.htmlの一覧など、ロックについての追加情報を印刷します。 
 .TP 3
 \-m 
 混合モード(JavaおよびネイティブC/C++フレームの両方)のスタック・トレースを出力します。 
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstat.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstat.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstat 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstat 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstatd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstatd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jstatd 1 "21 Mar 2012"
+.TH jstatd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2ポリシー・ファイルの構文\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.htmlに準拠する必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.htmlに準拠する必要があります。
 .LP
 .LP
 次のポリシー・ファイルでは、セキュリティ例外を発生せずに\f3jstatd\fPサーバーを実行できます。このポリシーは、すべてのコードベースへのあらゆるアクセス権を認めるポリシーよりも自由度が低いですが、\f3jstatd\fPサーバーを実行するために最低限必要なアクセス権のみを認めるポリシーよりも自由度が高くなっています。
@@ -278,7 +278,7 @@
 .na
 \f2rmiregistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi \- Javaリモート・オブジェクト・レジストリ 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi \- Javaリモート・オブジェクト・レジストリ 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jvisualvm.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jvisualvm.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jvisualvm 1 "21 Mar 2012"
+.TH jvisualvm 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -116,7 +116,7 @@
 .na
 \f2Java SEプラットフォームでのJava VisualVMのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/visualvm/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/visualvm/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/keytool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/keytool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH keytool 1 "21 Mar 2012"
+.TH keytool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -202,7 +202,7 @@
 .na
 \f2Java Cryptography Architecture API Specification & Reference\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAを参照してください。
 .LP
 .SS 
 一般オプション
@@ -1009,7 +1009,7 @@
 .na
 \f2JSSEリファレンス・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/jsse/JSSERefGuide.htmlを参照してください。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/jsse/JSSERefGuide.htmlを参照してください。 
 .LP
 \f3注意\fP: このオプションはキーストアとは関係なく使用できます。  
 .TP 3
@@ -1369,7 +1369,7 @@
 .na
 \f2Java暗号化アーキテクチャ用プロバイダの実装方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlで説明しているように、クライアントが「プロバイダ」を実装し、KeystoreSpiサブクラスの実装を提供する必要があります。 
 .LP
 アプリケーションでは、\f2KeyStore\fPクラスが提供するgetInstanceファクトリ・メソッドを使用することで、様々なプロバイダから異なる\f2タイプ\fPのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の非公開/秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。 
 .LP
@@ -1826,19 +1826,19 @@
 .na
 \f2\-keyclone\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#keycloneCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#keycloneCmd 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2\-identitydb\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#identitydbCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#identitydbCmd 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2\-selfcert\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#selfcertCmd 
+http://docs.oracle.com/javase/1.5.0/docs/tooldocs/windows/keytool.html#selfcertCmd 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/native2ascii.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/native2ascii.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH native2ascii 1 "21 Mar 2012"
+.TH native2ascii 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -60,7 +60,7 @@
 .na
 \f4サポートされている文字列エンコーディング\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.html・ドキュメントに示されている、Java実行環境でサポートされる文字エンコーディングの名前にする必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.html・ドキュメントに示されている、Java実行環境でサポートされる文字エンコーディングの名前にする必要があります。
 .br
 .br
 .TP 3
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/orbd.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/orbd.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH orbd 1 "21 Mar 2012"
+.TH orbd 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -33,7 +33,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
 .LP
 .SH "形式"
 .LP
@@ -69,7 +69,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -133,11 +133,11 @@
 .na
 \f2CORBAオブジェクト\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。
 .na
 \f2ネーム・バインディング\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。
 .LP
 .LP
 ORBDは、クライアントまたはサーバーを実行する前に起動します。ORBDには、永続ネーム・サービスおよび一時ネーム・サービスが組み込まれています。これらはどちらもCOSネーム・サービスの実装です。
@@ -216,7 +216,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "サーバー・マネージャ"
 .LP
@@ -231,7 +231,7 @@
 .na
 \f2サンプル・チュートリアル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。
 .LP
 .LP
 \f2orbd\fPを起動します。
@@ -354,7 +354,7 @@
 .na
 \f2ネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
 .br
 .TP 2
 o
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/pack200.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/pack200.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH pack200 1 "21 Mar 2012"
+.TH pack200 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -332,13 +332,13 @@
 .na
 \f2Java SEのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaデプロイメント・ガイド \- Pack200\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
 .TP 2
 o
 jar(1) \- Java Archiveツール 
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/policytool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/policytool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH policytool 1 "21 Mar 2012"
+.TH policytool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -76,7 +76,7 @@
 .na
 \f2ポリシー・ファイル作成および管理ツール\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.htmlを参照してください。
 .LP
 .SH "オプション"
 .LP
@@ -92,28 +92,28 @@
 .na
 \f2デフォルトのポリシー実装および構文\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2ポリシー・ツール・ユーザーズ・ガイド\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/PolicyGuide.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2セキュリティ権限\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/permissions.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/permissions.html
 .br
 
 .LP
 .na
 \f2セキュリティの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/overview/jsoverview.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/overview/jsoverview.html
 .br
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmic.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmic.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmic 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmic 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -170,7 +170,7 @@
 .na
 \f2Portable Object Adapter\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.html(POA)の\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2.3.1 ptc/00\-01\-08.pdfに準拠しています。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.html(POA)の\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2.3.1 ptc/00\-01\-08.pdfに準拠しています。 
 .RE
 .TP 3
 \-J 
@@ -222,6 +222,6 @@
 .na
 \f2CLASSPATH\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath
 .LP
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmid.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmid.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmid 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmid 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -46,11 +46,11 @@
 .na
 \f2Java RMI仕様\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/rmi/spec/rmiTOC.htmlおよび
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/rmi/spec/rmiTOC.htmlおよび
 .na
 \f2起動のチュートリアル\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi/activation/overview.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi/activation/overview.htmlを参照してください。
 .LP
 .LP
 デーモンを起動するには、次のように、セキュリティ・ポリシー・ファイルを指定して\f2rmid\fPコマンドを実行します。
@@ -323,6 +323,6 @@
 .na
 \f2CLASSPATH\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath、java(1)
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpath、java(1)
 .LP
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmiregistry.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmiregistry.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH rmiregistry 1 "21 Mar 2012"
+.TH rmiregistry 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -76,8 +76,8 @@
 .na
 \f2java.rmi.registry.LocateRegistry\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.htmlおよび
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/registry/LocateRegistry.htmlおよび
 .na
 \f2java.rmi.Naming\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/Naming.html  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/rmi/Naming.html  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/schemagen.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/schemagen.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH schemagen 1 "21 Mar 2012"
+.TH schemagen 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -120,7 +120,7 @@
 .na
 \f2XMLバインドのためのJavaアーキテクチャ(JAXB)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/serialver.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/serialver.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH serialver 1 "21 Mar 2012"
+.TH serialver 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -92,6 +92,6 @@
 .na
 \f2java.io.ObjectStreamClass\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/io/ObjectStreamClass.html
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/io/ObjectStreamClass.html
 .LP
  
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/servertool.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/servertool.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH servertool 1 "21 Mar 2012"
+.TH servertool 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/tnameserv.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/tnameserv.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH tnameserv 1 "21 Mar 2012"
+.TH tnameserv 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -30,7 +30,7 @@
 .na
 \f2ORBDに含まれるJava IDLネーム・サービス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlに関するトピックを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlに関するトピックを参照してください。
 .LP
 .LP
 ここでは、以下の項目について説明します。
@@ -120,11 +120,11 @@
 .na
 \f2RMI\-IIOPを使用したHello Worldの例\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi\-iiop/rmiiiopexample.htmlに示されています。コマンドライン・オプション\f2\-ORBInitialPort\fP \f2nameserverport#\fPと\f2\-ORBInitialHost\fP \f2nameserverhostname\fPを使用して、クライアントとサーバーに対してネーム・サービスを探す場所を指定することもできます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/rmi\-iiop/rmiiiopexample.htmlに示されています。コマンドライン・オプション\f2\-ORBInitialPort\fP \f2nameserverport#\fPと\f2\-ORBInitialHost\fP \f2nameserverhostname\fPを使用して、クライアントとサーバーに対してネーム・サービスを探す場所を指定することもできます。
 .na
 \f2Java IDL: 2台のマシン上で実行するHello Worldプログラム\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/tutorial/jidl2machines.htmlには、コマンドライン・オプションを使用して指定する方法が示されています。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/tutorial/jidl2machines.htmlには、コマンドライン・オプションを使用して指定する方法が示されています。
 .LP
 .LP
 たとえば、一時ネーム・サービス\f2tnameserv\fPが、ホスト\f2nameserverhost\fPのポート1050上で実行されているとします。さらに、クライアントがホスト\f2clienthost\fP上で実行され、サーバーはホスト\f2serverhost\fP上で実行されているとします。
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/unpack200.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/unpack200.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH unpack200 1 "21 Mar 2012"
+.TH unpack200 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -148,13 +148,13 @@
 .na
 \f2Java SEのドキュメント\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/index.html 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javaデプロイメント・ガイド \- Pack200\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
 .TP 2
 o
 jar(1) \- Java Archiveツール 
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsgen.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsgen.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH wsgen 1 "21 Mar 2012"
+.TH wsgen 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 wsgen \- XML Web Services(JAX\-WS)2.0のためのJava(tm)API
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsimport.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsimport.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH wsimport 1 "21 Mar 2012"
+.TH wsimport 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 wsimport \- XML Web Services(JAX\-WS)2.0のためのJava(tm)API
 .LP
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/xjc.1	Thu Jul 19 19:30:34 2012 +0100
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/xjc.1	Thu Jul 19 20:19:35 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH xjc 1 "21 Mar 2012"
+.TH xjc 1 "05 Jul 2012"
 
 .LP
 .SH "名前"
@@ -290,7 +290,7 @@
 .na
 \f2XMLバインドのためのJavaアーキテクチャ(JAXB)\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
 .RE
 
 .LP