changeset 6703:2d74fcc2b07e

8020319: Update Japanese man pages for 7u40 Reviewed-by: ksrini, yhuang
author mfang
date Wed, 24 Jul 2013 16:21:45 -0700
parents 0931b4a280b1
children 17d6bb15472f
files src/linux/doc/man/ja/java.1 src/linux/doc/man/ja/jcmd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jcmd.1
diffstat 4 files changed, 1604 insertions(+), 1408 deletions(-) [+]
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/ja/java.1	Thu Jul 18 11:19:22 2013 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/java.1	Wed Jul 24 16:21:45 2013 -0700
@@ -1,4 +1,4 @@
-." Copyright (c) 1994, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
+." Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -19,632 +19,732 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH java 1 "05 Jul 2012"
+.TH java 1 "11 Jul 2013"
 
 .LP
-.SH "名前"
-java \- Javaアプリケーション起動ツール
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-形式 
-.TP 2
-o
-説明 
-.TP 2
-o
-オプション 
-.TP 2
-o
-関連項目 
+.SH "NAME"
+java \- Javaアプリケーションを起動します。
+.SH "形式"
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java [ \fIoptions\fR ] class [ \fIargument \&.\&.\&.\fR ]
+java [ \fIoptions\fR ] \-jar file\&.jar [ \fIargument \&.\&.\&.\fR ]
+.fi
+.if n \{\
 .RE
+.\}
+.PP
+\fIオプション\fR
+.RS 4
+コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+.RE
+.PP
+クラス
+.RS 4
+コールするクラスの名前。
+.RE
+.PP
+\fIfile\&.jar\fR
+.RS 4
+コールするJARファイルの名前。\fI\-jar\fRコマンドでのみ使用されます。
+.RE
+.PP
+\fI引数\fR
+.RS 4
+\fImain\fR関数に渡される引数。
+.RE
+.SH "説明"
+.PP
+\fIjava\fRコマンドはJavaアプリケーションを開始します。Java Runtime Environmentを起動した後、指定されたクラスをロードし、そのクラスの\fImain\fRメソッドをコールすることにより、これを行います。
+.PP
+このメソッドは、publicおよびstaticとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、String配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッド宣言は次の形式を含みます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+public static void main(String args[]
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+デフォルトでは、オプションのない最初の引数が、コールされるクラスの名前になります。完全修飾クラス名を使用する必要があります。\fI\-jar\fRオプションを指定した場合、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含むJARファイルの名前になります。この場合、マニフェストのMain\-Classヘッダーで指定されたクラスが起動クラスになります。
+.PP
+Java Runtimeは、ブートストラップ・クラス・パス、インストール済拡張機能およびユーザー・クラス・パスの3箇所から起動クラスと他の使用されているクラスを検索します。
+.PP
+クラス名またはJARファイル名の後にある、コマンドライン・オプション以外の引数は、\fImain\fR関数に渡されます。
+.SH "オプション"
+.PP
+起動ツールには、現在のランタイム環境でサポートされる標準オプションのセットがあります。
+.PP
+また、仮想マシンの現在の実装では、非標準オプションのセットもサポートされます。これは、将来のリリースで変更される可能性があります。非標準オプションを参照してください。
+.SS "標準オプション"
+.PP
+\-client
+.RS 4
+Java HotSpot VMクライアントを選択します。64ビット対応JDKは現時点では、このオプションを無視し、かわりにJava Hotspot Server VMを使用します。
+.sp
+デフォルトのJava VM選択は、次の\fI「サーバークラス・マシンの検出」\fRページを参照してください:
 
-.LP
-.SH "形式"
-.LP
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class\&.html
+.RE
+.PP
+\-server
+.RS 4
+Java HotSpot VMサーバーを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\fI\-\fR\fIserver\fRオプションが暗黙的に選択されます。
+.sp
+デフォルトのJava VM選択は、次の「サーバークラス・マシンの検出」ページを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class\&.html
+.RE
+.PP
+\-agentlib:\fIlibname\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+次の例のようなネイティブ・エージェント・ライブラリ\fIlibname\fRをロードします。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-    \fP\f3java\fP [ options ] class [ argument ... ]
-.fl
-    \f3java\fP [ options ] \f3\-jar\fP file.jar [ argument ... ]
-.fl
+\-agentlib:hprof
+ 
+\-agentlib:jdwp=help
+ 
+\-agentlib:hprof=help
 .fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+次の\fI「JVMTIエージェント・コマンドライン・オプション」\fRを参照してください:
 
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-options 
-コマンドライン・オプション。 
-.TP 3
-class 
-呼び出されるクラスの名前。 
-.TP 3
-file.jar 
-呼び出されるJARファイルの名前。\f2\-jar\fPとともにのみ使用されます。 
-.TP 3
-argument 
-\f3main\fP関数に渡される引数。 
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#starting
 .RE
+.PP
+\-agentpath:\fIpathname\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+フル\fIパス名\fRを使用して、ネイティブ・エージェント・ライブラリをロードします。次の\fI「JVMTIコマンドライン・オプション」\fRを参照してください:
 
-.LP
-.SH "説明"
-.LP
-.LP
-\f3java\fPツールは、Javaアプリケーションを起動します。javaツールは、Java Runtime Environmentを起動した後、指定されたクラスをロードし、そのクラスの\f3main\fPメソッドを呼び出すことにより、Javaアプリケーションを起動します。
-.LP
-.LP
-このメソッドは、publicおよびstaticとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、\f2String\fP配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッドの宣言は、次のようになっている必要があります。
-.LP
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#starting
+.RE
+.PP
+\-classpath \fIclasspath\fR, \-cp \fIclasspath\fR
+.RS 4
+クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのリストを指定します。
+\fIクラス・パス・エントリはコロン(:)で区切ります。\fR\fI\-classpath\fRまたは\fI\-cp\fRを指定すると、このオプションの値によって\fICLASSPATH\fR環境変数の設定がオーバーライドされます。
+.sp
+\fI\-classpath\fRと\fI\-cp\fRが使用されず、\fICLASSPATH\fRが設定されていない場合、ユーザー・クラス・パスは現在のディレクトリ(\&.)から構成されます。
+.sp
+便宜上、\fI*\fRのベース名を含むクラス・パス要素は、\&.jarまたは\&.JARを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます。Javaプログラムは2つの呼出しの違いを認識できません。
+.sp
+たとえば、ディレクトリmydirにa\&.jarとb\&.JARが含まれている場合、クラス・パス要素\fImydir/*\fRはA\&.jar:b\&.JARに展開されますが、JARファイルの順番は未指定となります。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべてのJARファイルが含まれます。\fI*\fRのみからなるクラス・パス・エントリは、現在のディレクトリ内のすべてのJARファイルのリストに展開されます。\fICLASSPATH\fR環境変数も、定義時には同様に展開されます。クラス・パス・ワイルドカード拡張は、Java VMの開始前に行われます。Javaプログラムは、環境を問い合せる場合を除き、拡張されていないワイルド・カードを参照しません。たとえば、\fISystem\&.getenv("CLASSPATH")\fRをコールして問い合せる場合です。
+.RE
+.PP
+\-D\fIproperty=value\fR
+.RS 4
+システム・プロパティの値を設定します。
+.RE
+.PP
+\-d32
+.RS 4
+アプリケーションを32ビット環境で実行します。32ビット環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。デフォルトでは、64ビット専用システムが使用されている場合を除き、アプリケーションは32ビット環境で実行されます。
+.RE
+.PP
+\-d64
+.RS 4
+アプリケーションを64ビット環境で実行します。64ビット環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。デフォルトでは、64ビット専用システムが使用されている場合を除き、アプリケーションは32ビット環境で実行されます。
+.sp
+現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\fI\-d64\fR使用時には\fI\-server\fRオプションが暗黙的に使用されます。\fI\-d64\fR使用時には、\fI\-client\fRオプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
+.RE
+.PP
+\-disableassertions[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ], \-da[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ]
+.RS 4
+アサーションを無効にします。これがデフォルトです。
+.sp
+引数なしの\fIdisableassertions\fRまたは\fI\-da\fRを指定すると、アサーションが無効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として\fI"\&.\&.\&."\fRを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
+.sp
+パッケージ\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\fR内ではアサーションを有効にし、クラス\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fR内ではアサーションを無効にしたうえで、プログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-public static void main(String args[])
-.fl
-\fP
+java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat <Main Class>
 .fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fI\-disableassertions\fRおよび\fI\-da\fRスイッチは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用されない、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fI\-disablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
+.RE
+.PP
+\-enableassertions[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ], \-ea[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ]
+.RS 4
+アサーションを有効にします。アサーションは、デフォルトでは無効になっています。
+.sp
+引数なしの\fIenableassertions\fRまたは\fI\-ea\fRを指定すると、アサーションが有効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として\fI"\&.\&.\&."\fRを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
+.sp
+単一コマンドにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。したがって、たとえば、パッケージcom\&.wombat\&.fruitbat(サブパッケージを含む)内でのみアサーションを有効にしてプログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. <Main Class>
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fI\-enableassertions\fRおよび\fI\-ea\fRスイッチは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用されない、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fI\-enablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
+.RE
+.PP
+\-enablesystemassertions, \-esa
+.RS 4
+すべてのシステム・クラス内でアサーションを有効にします。つまり、システム・クラスについてアサーションのデフォルト・ステータスをtrueに設定します。
+.RE
+.PP
+\-disablesystemassertions, \-dsa
+.RS 4
+すべてのシステム・クラス内でアサーションを無効にします。
+.RE
+.PP
+\-helpまたは\-?
+.RS 4
+使用方法を表示して終了します。
+.RE
+.PP
+\-jar
+.RS 4
+JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。最初の引数は、起動クラスの名前ではなく、JARファイルの名前にします。このオプションが機能するには、JARファイルのマニフェストに\fIMain\-Class\fR:
+\fIclassname\fRという形式の行を指定する必要があります。\fIclassname\fRには、アプリケーションの開始位置として機能する\fIpublic static void main(String[] args)\fRメソッドを含むクラスを指定します。
+.sp
+このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
+.sp
+\fIjava \-jar\fRオプションで実行できるJARファイルは、実行権限のセットを保持しています。このため、\fIjava \-jar\fRを使用しないで実行することも可能です。次の「JARファイルの概要」を参照してください:
 
-.LP
-.LP
-デフォルトでは、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、呼び出されるクラスの名前になります。この名前には、完全修飾クラス名を使用する必要があります。\f3\-jar\fPオプションを指定した場合、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含む\f3JAR\fPアーカイブの名前になります。この場合、マニフェストの\f3Main\-Class\fPヘッダーで指定されたクラスが起動クラスになります。
-.LP
-.LP
-Java Runtimeは、ブートストラップ・クラス・パス、インストール済拡張機能およびユーザー・クラス・パスの3箇所から起動クラスと他の使用されているクラスを検索します。
-.LP
-.LP
-クラス名またはJARファイル名の後にある、コマンドライン・オプション以外の引数は、\f3main\fP関数に渡されます。
-.LP
-.SH "オプション"
-.LP
-.LP
-起動ツールには、現在の実行環境および将来のリリースでサポートされる標準オプションがあります。また、仮想マシンの現在の実装では、非標準オプションのセットもサポートされます。これは、将来のリリースで変更される可能性があります。
-.LP
-.SH "標準オプション"
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-client 
-Java HotSpot Client VMを選択します。64ビット対応JDKは現時点では、このオプションを無視し、かわりにJava Hotspot Server VMを使用します。
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide\&.html
+.RE
+.PP
+\-javaagent:\fIjarpath\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
+.RE
+.PP
+\-jre\-restrict\-search
+.RS 4
+ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。
+.RE
+.PP
+\-no\-jre\-restrict\-search
+.RS 4
+ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索から除外します。
+.RE
+.PP
+\-showversion
+.RS 4
+バージョン情報を表示して続行します。(も参照してください。)
+.RE
+.PP
+\-splash:\fIimagepath\fR
+.RS 4
+\fIimagepath\fRに指定された画像を含むスプラッシュ画面を表示します。
+.RE
+.PP
+\-verbose, \-verbose:class
+.RS 4
+クラスがロードされるたびにクラスに関する情報を表示します。
+.RE
+.PP
+\-verbose:gc
+.RS 4
+ガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告します。
+.RE
+.PP
+\-verbose:jni
+.RS 4
+ネイティブ・メソッドの使用およびその他のJava Native Interfaceアクティビティに関する情報を報告します。
+.RE
+.PP
+\-version
+.RS 4
+バージョン情報を表示して終了します。\fI\-showversion\fRオプションも参照してください。
+.RE
+.PP
+\-version:\fIrelease\fR
+.RS 4
+コマンドラインに指定されたクラスまたはJARファイルが、releaseで指定されたバージョンを必要としていることを示します。コールされた\fIjava\fRコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
+.sp
+\fIrelease\fRオプションでは、特定のバージョンと、バージョン文字列と呼ばれるバージョンのリストを指定します。バージョン文字列は、いくつかのバージョン範囲を空白で区切った形式の順序付きリストです。バージョン範囲は、\fIバージョンID\fR、\fIバージョンID\fRとそれに続くアスタリスク(\fI*\fR)、\fIバージョンID\fRとそれに続くプラス記号(\fI+\fR)、またはアンパサンド(\fI&\fR)を使用して結合された2つの\fIバージョンID\fRから構成されるバージョン範囲です。次の例のように、アスタリスクはプレフィックス一致を、プラス記号は指定されたバージョン以上を、アンパサンドは2つのバージョン範囲の論理\fIand\fRをそれぞれ意味します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-version:"1\&.6\&.0_13 1\&.6* & 1\&.6\&.0_10+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+前の例の意味は、バージョン1\&.6\&.0_13、または1\&.6を\fIバージョンID\fRプレフィックスに持つ1\&.6\&.0_10以上のバージョンをクラスまたはJARファイルが必要としている、ということです。バージョン文字列の厳密な構文や定義については、「Javaネットワーク起動プロトコル & API仕様(JSR\-56)」の「付録A」を参照してください。
+.sp
+JARファイルの場合は、バージョン要件をコマンドラインに指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
+.sp
+このオプションの使用に関する重要なポリシー情報は、注意を参照してください。
+.RE
+.SS "非標準オプション"
+.PP
+\-X
+.RS 4
+非標準オプションに関する情報を表示して終了します。
+.RE
+.PP
+\-Xint
+.RS 4
+インタプリタ専用モードで動作します。ネイティブ・コードへのコンパイルは無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。Java HotSpot VMクライアントに対応するコンパイラが提供するパフォーマンス上の利点は、このモードでは実現されません。
+.RE
+.PP
+\-Xbatch
+.RS 4
+バックグラウンド・コンパイルを無効にします。通常、Java VMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\-Xbatchフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR:\fIbootclasspath\fR
+.RS 4
+\fIブート・クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのコロンで区切られたリストを指定します。\fR指定したパスに存在するブート・クラス・ファイルが、JavaプラットフォームJDKに含まれるブート・クラス・ファイルのかわりに使用されます。
+.sp
+rt\&.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR/a:\fIpath\fR
+.RS 4
+ディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの後に追加されます。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR/p:\fIpath\fR
+.RS 4
+ディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの前に追加されます。
+.sp
+rt\&.jar内のクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンスに違反します。
+.RE
+.PP
+\-Xcheck:jni
+.RS 4
+Java Native Interface (JNI)機能に対して追加チェックを行います。具体的には、Java仮想マシンはJNIリクエストを処理する前に、JNI関数に渡されるパラメータと、実行環境のデータを検証します。無効なデータが見つかった場合は、ネイティブ・コードに問題があることを示しているため、Java仮想マシンは致命的エラーを発生して終了します。このオプションを使用すると、パフォーマンス低下が予想されます。
+.RE
+.PP
+\-Xfuture
+.RS 4
+クラスとファイルの形式を厳密にチェックします。下位互換性を保つため、SDK仮想マシンが実行するデフォルトの形式チェックは、JDKソフトウェアのバージョン1\&.1\&.xが実行するチェックと同程度の厳密さになっています。\fI\-Xfuture\fRオプションを指定すると、クラス・ファイル形式の仕様への準拠を強化するためのより厳密なチェックが有効になります。Javaアプリケーション起動ツールの将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときにはこのフラグを使用することをお薦めします。
+.RE
+.PP
+\-Xnoclassgc
+.RS 4
+クラスのガベージ・コレクションを無効にします。このオプションを使用すると、ロード済クラスからメモリーが回復されることがなくなるため、全体的なメモリー使用量が増大します。この場合、アプリケーションによっては\fIOutOfMemoryError\fRがスローされる可能性があります。
+.RE
+.PP
+\-Xincgc
+.RS 4
+インクリメンタル・ガベージ・コレクタを有効にします。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、デフォルトでは無効になっています。有効にすると、プログラムの実行中にガベージ・コレクションによる一時停止が発生しなくなります。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、プログラムと同時に実行することがあり、この場合、プログラムの利用できるプロセッサ能力が低下します。
+.RE
+.PP
+\-Xloggc:\fIfile\fR
+.RS 4
+\fI\-verbose:gc\fRと同様にガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告しますが、そのデータをファイルに記録します。\fI\-verbose:gc\fRを指定したときに報告される情報の他に、報告される各イベントの先頭に、最初のガベージ・コレクション・イベントからの経過時間(秒単位)が付け加えられます。
+.sp
+ネットワークのレスポンス時間によってJava VMの実行速度が低下するのを避けるため、このファイルの格納先は、常にローカル・ファイル・システムにしてください。ファイル・システムが満杯になると、ファイルは切り詰められ、そのファイルにデータが引続き記録されます。このオプションと\fI\-verbose:gc\fRの両方がコマンドラインに指定されている場合は、このオプションが優先されます。
+.RE
+.PP
+\-Xmnsizeまたは\-XX:\fINewSize\fR
+.RS 4
+若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。
+.RE
+.PP
+\-Xms\fIn\fR
+.RS 4
+メモリー割当てプールの初期サイズをバイト数で指定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\fIk\fRまたは\fIK\fRを付けます。メガバイトを指定するには、文字\fIm\fRまたは\fIM\fRを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。次の\fI「ガベージ・コレクタのエルゴノミクス」\fRを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guide/vm/gc\-ergonomics\&.html
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-Xms6291456
+\-Xms6144k
+\-Xms6m
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-Xmx\fIn\fR
+.RS 4
+メモリー割当てプールの最大サイズをバイト数で指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\fIk\fRまたは\fIK\fRを付けます。メガバイトを指定するには、文字\fIm\fRまたは\fIM\fRを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。
+.sp
+サーバー・デプロイメントでは、\fI\-Xms\fRおよび\fI\-Xmx\fRは通常同じ値に設定されます。次の\fI「ガベージ・コレクタのエルゴノミクス」\fRを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guide/vm/gc\-ergonomics\&.html
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-Xmx83886080
+\-Xmx81920k
+\-Xmx80m
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+Solaris 7およびSolaris 8 SPARCプラットフォームの場合のこの値の上限は、およそ4000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Solaris 2\&.6およびx86プラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Linuxプラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。
+.RE
+.PP
+\-Xprof
+.RS 4
+実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイル・データを標準出力に出力します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。
+.RE
+.PP
+\-Xrs
+.RS 4
+Java VMによるオペレーティング・システム・シグナルの使用を減らします。
+.sp
+以前のリリースでは、Javaアプリケーションを秩序正しくシャットダウンするためのシャットダウン・フック機能が追加されました。この機能により、Java VMが突然終了した場合でも、シャットダウン時にユーザー・クリーン・アップコード(データベース接続のクローズなど)を実行できるようになりました。
+.sp
+Java VMは、予期しないJava VM終了のシャットダウン・フックを実装するためにシグナルをキャッチします。Java VMは、\fISIGHUP\fR、\fISIGINT\fRおよび\fISIGTERM\fRを使用してシャットダウン・フックの実行を開始します。
+.sp
+JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという機能を実現するために、同様のメカニズムを使用します。JVMは、スレッド・ダンプを実行するために\fISIGQUIT\fRを使用します。
+.sp
+Java VMを埋め込んでいるアプリケーションは\fISIGINT\fRや\fISIGTERM\fRなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があり、その結果Java VMのシグナル・ハンドラと衝突する可能性があります。\fI\-Xrs\fRコマンドライン・オプションを使用すると、この問題に対処できます。\fI\-Xrs\fRがJava VMで使用されている場合、\fISIGINT\fR、\fISIGTERM\fR、\fISIGHUP\fRおよび\fISIGQUIT\fRのシグナル・マスクはJava VMによって変更されず、これらのシグナルのシグナル・ハンドラはインストールされません。
+.sp
+\fI\-Xrs\fRを指定すると、次の2つの結果が生じます:
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fISIGQUIT\fRによるスレッド・ダンプは使用できません。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+シャットダウン・フック処理の実行は、Java VMが終了しようとしている時点で\fISystem\&.exit()\fRを呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。
+.RE
+.RE
+.PP
+\-Xss\fIn\fR
+.RS 4
+スレッドのスタック・サイズを設定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:AllocationPrefetchStyle=\fIn\fR
+.RS 4
+割当中に使用されるプリフェッチのスタイルを設定します。デフォルトは2です。
+.RE
+.PP
+\-XX:+AggressiveOpts
+.RS 4
+積極的な最適化を有効にします。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-DisableAttachMechanism
+.RS 4
+コマンド(\fIjmap\fRや\fIjconsole\fRなど)がJava VMに接続できるかどうかを指定します。デフォルトでは、この機能は無効になっています。つまり、次の例のように接続が有効です。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-XX:+DisableAttachMechanism
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XXLargePageSizeInBytes=\fIn\fR
+.RS 4
+ラージ・ページの最大サイズを指定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:MaxGCPauseMillis=\fIn\fR
+.RS 4
+最大GC休止時間のターゲットを設定します。
+.sp
+これはソフト・ゴールのため、Java VMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:NewSize
+.RS 4
+若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\fI\-Xmnsize\fRと同じです。
+.RE
+.PP
+\-XX:ParallelGCThreads=\fIn\fR
+.RS 4
+パラレル・コレクタ内のGCスレッドの数を設定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:PredictedClassLoadCount=\fIn\fR
+.RS 4
+このオプションでは、最初に\fIUnlockExperimentalVMOptions\fRフラグを設定する必要があります。アプリケーションが多数のクラスをロードする場合で、特に\fIclass\&.forName()\fRが頻繁に使用される場合は\fIPredictedClassLoadCount\fRフラグを使用します。推奨値は、\fI\-verbose:class\fRからの出力に示されているロード済クラスの数です。
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-XX:+UnlockExperimentalVMOptions \-XX:PredictedClassLoadCount=60013
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintCompilation
+.RS 4
+Java HotSpot VMダイナミック・ランタイム・コンパイラからの詳細出力を印刷します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintGCDetails \-XX:+PrintGCTimeStamps
+.RS 4
+ガベージ・コレクション出力をタイムスタンプとともに印刷します。
+.RE
+.PP
+\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=0
+.RS 4
+このフラグは、ソフトウェア参照の積極的処理を有効にします。このフラグは、ソフトウェア参照カウントがJava HotSpot VMガベージ・コレクタに影響する場合に使用します。
+.RE
+.PP
+\-XX:TLABSize=\fIn\fR
+.RS 4
+スレッド・ローカル割当てバッファ(TLAB)がJava HotSpot VMでデフォルトで有効になっています。Java HotSpot VMでは、TLABのサイズを割当てパターンに基づいて決定します。\fI\-XX:TLABSize\fRオプションでTLABのサイズを微調整できます。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseAltSigs
+.RS 4
+Java VMではデフォルトで\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRを使用しますが、\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRをシグナル連鎖するアプリケーションと競合する場合があります。\fI\-XX:+UseAltSigs\fRオプションを指定すると、Java VMはデフォルトとして\fISIGUSR1\fRと\fISIGUSR2\fR以外のシグナルを使用します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-UseCompressedOops
+.RS 4
+64ビットJava VMで圧縮された参照を有効にします。
+.sp
+このオプションは、デフォルトでtrueになります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseConcMarkSweepGCまたは\-XX:+UseG1GC
+.RS 4
+Concurrent Mark Sweep (CMS)またはG1ガベージ・コレクションを有効にします。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-UseLargePages
+.RS 4
+ラージ・ページ・サポートを有効にします。
+.sp
+ラージ・ページは、Solarisではデフォルトで有効になっています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseParallelOldGC
+.RS 4
+パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
+.RE
+.SH "注意"
+.PP
+\fI\-version:release\fRオプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 1.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  1." 4.2
+.\}
+任意のバージョン。これは、このオプションを使用しないことで表現できます。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 2.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  2." 4.2
+.\}
+次の例のように、ある特定の\fIバージョンID\fR値よりも大きい任意のバージョン。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+"1\&.6\&.0_10+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+この場合、1\&.6\&.0_10よりも大きい任意のバージョンが使用されます。これは、指定されたバージョンで特定のインタフェースが導入された(あるいはそのバグが修正された)場合に便利です。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 3.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  3." 4.2
+.\}
+次の例のように、ある特定のバージョンIDよりも大きいバージョンで、そのリリース・ファミリの上限によって制限されるもの。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+"1\&.6\&.0_10+ & 1\&.6*"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 4.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  4." 4.2
+.\}
+次の例のように、項目2または3の\fIor\fR式。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+ "1\&.6\&.0_10+ & 1\&.6* 1\&.7+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+項目2と同様です。これは、ある変更が特定のリリース(1\&.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。
+.RE
+.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
+.PP
+スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
+.PP
+\fBExample 1\fR, スループットを向上するためのチューニング
+.RS 4
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\fBExample 2\fR, レスポンス時間を速くするためのチューニング
+.RS 4
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+ java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.SH "終了ステータス"
+.PP
+一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\fISystem\&.exit(exitValue)\fRを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fI0\fR: 正常終了
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fI>0\fR: エラー発生
+.RE
+.SH "関連項目"
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+javac [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jdb [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+javah [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jar [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
 .br
-.br
-デフォルトのVMの選択については、
-.na
-\f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-server 
-Java HotSpot Server VMを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\-serverオプションが暗黙的に選択されます。
-.br
-.br
-デフォルトのVMの選択については、
-.na
-\f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-agentlib:libname[=options] 
-ネイティブ・エージェント・ライブラリ\f2libname\fPをロードします。たとえば次のように指定します。
-.br
-.br
-\-agentlib:hprof
-.br
-.br
-\-agentlib:jdwp=help
-.br
-.br
-\-agentlib:hprof=help
-.br
-.br
-詳細は、
-.na
-\f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
-.TP 3
-\-agentpath:pathname[=options] 
-フルパス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。詳細は、
-.na
-\f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
-.TP 3
-\-classpath classpath 
-.TP 3
-\-cp classpath 
-クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのリストを指定します。クラス・パスの各エントリはコロン(\f3:\fP)で区切ります。\f3\-classpath\fPまたは\f3\-cp\fPを指定すると、このオプションの値によって\f3CLASSPATH\fP環境変数の設定がオーバーライドされます。
-.br
-.br
-\f3\-classpath\fPも\f3\-cp\fPも使用されず、\f3CLASSPATH\fPも設定されていない場合、ユーザー・クラス・パスは現在のディレクトリ(\f4.\fP)になります。  
-.br
-.br
-便宜上、\f2*\fPのベース名を含むクラス・パス要素は、\f2.jar\fPまたは\f2.JAR\fPを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます(javaプログラムはこの2つの呼出しを区別できません)。
-.br
-.br
-たとえば、ディレクトリ\f2foo\fPに\f2a.jar\fPと\f2b.JAR\fPが含まれている場合、クラス・パス要素\f2foo/*\fPは\f2A.jar:b.JAR\fPに展開されます。ただし、JARファイルの順番は未指定となります。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべてのJARファイルが含まれます。\f2*\fPのみからなるクラス・パス・エントリは、現在のディレクトリ内のすべてのJARファイルのリストに展開されます。\f2CLASSPATH\fP環境変数も、定義時には同様に展開されます。クラス・パスのワイルドカード展開は必ず、Java仮想マシンの起動前に実行されます。したがって、環境に問合せを行わない限り、Javaプログラムが展開されていないワイルドカードを認識することはありません。たとえば、\f2System.getenv(\\"CLASSPATH\\")\fP呼出しがその例です。  
-.br
-.br
-クラス・パスの詳細は、
-.na
-\f2クラス・パスの設定\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
-.TP 3
-\-Dproperty=value 
-システム・プロパティの値を設定します。 
-.TP 3
-\-d32 
-.TP 3
-\-d64 
-それぞれ32ビット環境、64ビット環境でプログラムを実行することをリクエストします。リクエストされた環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。
-.br
-.br
-現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\-d64使用時には\-serverオプションが暗黙的に使用されます。したがって、\-d64使用時には「\-client」オプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
-.br
-.br
-\f3\-d32\fPと\f3\-d64\fPがどちらも指定されていない場合は、デフォルトとして、32ビット環境で実行されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。 
-.TP 3
-\-enableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-ea[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-disableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-da[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-アサーションを無効にします。これがデフォルトです。
-.br
-.br
-引数なしの\f3disableassertions\fPまたは\f3\-da\fPを指定すると、アサーションが無効になります。「\f2...\fP」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として「\f2...\fP」のみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。「\f2...\fP」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
-.br
-.br
-パッケージ\f2com.wombat.fruitbat\fP内ではアサーションを有効にし、クラス\f2com.wombat.fruitbat.Brickbat\fP内ではアサーションを無効にしたうえで、プログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-java \-ea:com.wombat.fruitbat... \-da:com.wombat.fruitbat.Brickbat \fP\f4<Main Class>\fP\f3
-.fl
-\fP
-.fi
-\f3\-disableassertions\fPおよび\f3\-da\fPスイッチは、\f2すべての\fPクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用\f2されない\fP、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にするために、別のスイッチが用意されています。この後の\f3\-disablesystemassertions\fPを参照してください。 
-アサーションを有効にします。アサーションは、デフォルトでは無効になっています。
-.br
-.br
-引数なしの\f3enableassertions\fPまたは\f3\-ea\fPを指定すると、アサーションが有効になります。「\f2...\fP」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として「\f2...\fP」のみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。「\f2...\fP」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
-.br
-.br
-単一コマンドラインにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。したがって、たとえば、パッケージ\f2com.wombat.fruitbat\fP(サブパッケージを含む)内でのみアサーションを有効にしてプログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-java \-ea:com.wombat.fruitbat... <Main Class>
-.fl
-\fP
-.fi
-\f3\-enableassertions\fPおよび\f3\-ea\fPスイッチは、\f2すべての\fPクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用\f2されない\fP、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にするために、別のスイッチが用意されています。この後の\f3\-enablesystemassertions\fPを参照してください。 
-.TP 3
-\-enablesystemassertions 
-.TP 3
-\-esa 
-すべてのシステム・クラス内でアサーションを有効にします。つまり、システム・クラスについて\f2アサーションのデフォルト・ステータス\fPを\f2true\fPに設定します。 
-.TP 3
-\-disablesystemassertions 
-.TP 3
-\-dsa 
-すべてのシステム・クラス内でアサーションを無効にします。 
-.TP 3
-\-helpまたは\-? 
-使用方法を表示して終了します。 
-.TP 3
-\-jar 
-JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。最初の引数は、起動クラスの名前ではなく、JARファイルの名前にします。このオプションが機能するには、JARファイルのマニフェストに\f3「Main\-Class:\fP\f4classname\fP\f3」\fPという形式の行を指定する必要があります。\f2classname\fPには、アプリケーションの開始位置として機能する\f2public\ static\ void\ main(String[]\ args)\fPメソッドを含むクラスを指定します。JARファイルとそのマニフェストについては、jar(1)と、
-.na
-\f2Javaチュートリアル\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/の「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
-.br
-.br
-このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
-.br
-.br
-「java \-jar」オプションで実行できるJARファイルは、実行権限のセットを保持しています。このため、「java \-jar」を使用しないで実行することも可能です。
-.na
-\f2Java Archive(JAR)ファイル\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-javaagent:jarpath[=options] 
-Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
-.na
-\f2java.lang.instrument\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-jre\-restrict\-search 
-ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。 
-.TP 3
-\-no\-jre\-restrict\-search 
-ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索から除外します。 
-.TP 3
-\-showversion 
-バージョン情報を表示して続行します。(関連項目: \f3\-version\fP。) 
-.TP 3
-\-splash:imagepath 
-\f2imagepath\fPに指定された画像を含むスプラッシュ画面を表示します。 
-.TP 3
-\-verbose 
-.TP 3
-\-verbose:class 
-クラスがロードされるたびにクラスに関する情報を表示します。 
-.TP 3
-\-verbose:gc 
-ガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告します。 
-.TP 3
-\-verbose:jni 
-ネイティブ・メソッドの使用およびその他のJava Native Interface(JNI)アクティビティに関する情報を報告します。 
-.TP 3
-\-version 
-バージョン情報を表示して終了します。(関連項目: \f3\-showversion\fP。) 
-.TP 3
-\-version:release 
-コマンドラインに指定されたクラスまたはJARファイルが、\f2release\fPで指定されたバージョンを必要としていることを示します。起動されたjavaコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
-.br
-.br
-\f2release\fPでは、特定のバージョンを指定できるのみでなく、バージョン文字列と呼ばれるバージョンのリストを指定することもできます。バージョン文字列は、いくつかのバージョン範囲を空白で区切った形式の順序付きリストです。バージョン範囲は、バージョンID、バージョンIDの後にアスタリスク(*)を付加したもの、バージョンIDの後にプラス記号(+)を付加したもの、2つのバージョン範囲をアンパサンド(&)で結合したもの、のいずれかになります。アスタリスクはプレフィックス一致を、プラス記号は指定されたバージョン以上を、アンパサンドは2つのバージョン範囲の論理積を、それぞれ意味します。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-\-version:"1.6.0_13 1.6*&1.6.0_10+"
-.fl
-\fP
-.fi
-上記の意味は、バージョン1.6.0_13、1.6をバージョンIDプレフィックスに持つ1.6.0_10以上のバージョン、のいずれかをクラスまたはJARファイルが必要としている、ということです。バージョン文字列の厳密な構文や定義については、「Java Network Launching Protocol&API Specification(JSR\-56)」の「Appendix A」を参照してください。
-.br
-.br
-JARファイルの場合は通常、バージョン要件をコマンドラインに指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
-.br
-.br
-このオプションの使用に関する重要なポリシー情報については、後述の注意を参照してください。 
-.RE
-
-.LP
-.SS 
-非標準オプション
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-X 
-非標準オプションに関する情報を表示して終了します。 
-.TP 3
-\-Xint 
-インタプリタ専用モードで動作します。ネイティブ・コードへのコンパイルは無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。Java HotSpot VMに対応するコンパイラが提供するパフォーマンス上の利点は、このモードでは実現されません。 
-.TP 3
-\-Xbatch 
-バックグラウンド・コンパイルを無効にします。通常、VMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\f2\-Xbatch\fPフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath:bootclasspath 
-ブート・クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのリストをコロンで区切って指定します。指定したパスに存在するブート・クラス・ファイルが、JavaプラットフォームJDKに含まれるブート・クラス・ファイルのかわりに使用されます。\f2注意: rt.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。\fP 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath/a:path 
-ディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの後に追加されます。 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath/p:path 
-ディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの前に追加されます。\f2注意: rt.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。\fP 
-.TP 3
-\-Xcheck:jni 
-Java Native Interface(JNI)機能に対して追加チェックを行います。具体的には、Java仮想マシンはJNIリクエストを処理する前に、JNI関数に渡されるパラメータと、実行環境のデータを検証します。無効なデータが見つかった場合は、ネイティブ・コードに問題があることを示しているため、Java仮想マシンは致命的エラーを発生して終了します。このオプションを使用すると、パフォーマンス低下が予想されます。 
-.TP 3
-\-Xfuture 
-クラスとファイルの形式を厳密にチェックします。下位互換性を保つため、JDKの仮想マシンが実行するデフォルトの形式チェックは、JDKソフトウェアのバージョン1.1.xが実行するチェックと同程度の厳密さになっています。\f3\-Xfuture\fPフラグを指定すると、クラス・ファイル形式の仕様への準拠を強化するためのより厳密なチェックが有効になります。Javaアプリケーション起動ツールの将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときにはこのフラグを使用することをお薦めします。 
-.TP 3
-\-Xnoclassgc 
-クラスのガベージ・コレクションを無効にします。このオプションを使用すると、ロード済クラスからメモリーが回復されることがなくなるため、全体的なメモリー使用量が増大します。この場合、アプリケーションによってはOutOfMemoryErrorがスローされる可能性があります。 
-.TP 3
-\-Xincgc 
-インクリメンタル・ガベージ・コレクタを有効にします。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、デフォルトでは無効になっています。有効にすると、プログラムの実行中にガベージ・コレクションによる一時停止が発生しなくなります。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、プログラムと同時に実行することがあり、この場合、プログラムの利用できるプロセッサ能力が低下します。 
-.TP 3
-\-Xloggc:file 
-\-verbose:gcと同様にガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告しますが、そのデータを\f2file\fPに記録します。\f2\-verbose:gc\fPを指定したときに報告される情報の他に、報告される各イベントの先頭に、最初のガベージ・コレクション・イベントからの経過時間(秒単位)が付け加えられます。
-.br
-.br
-ネットワークのレスポンス時間によってJVMの実行速度が低下するのを避けるため、このファイルの格納先は、常にローカル・ファイル・システムにしてください。ファイル・システムが満杯になると、ファイルは切り詰められ、そのファイルにデータが引続き記録されます。このオプションと\f2\-verbose:gc\fPの両方がコマンドラインに指定されている場合は、このオプションが優先されます。 
-.TP 3
-\-Xmnsizeまたは\-XX:NewSize 
-若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。 
-.TP 3
-\-Xmsn 
-メモリー割当プールの初期サイズをバイト数で指定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\f2k\fPまたは\f2K\fPを付けます。メガバイトを指定するには、文字\f2m\fPまたは\f2M\fPを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、
-.na
-\f2HotSpot Ergonomics\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
-.br
-.br
-例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-       \-Xms6291456
-.fl
-       \-Xms6144k
-.fl
-       \-Xms6m
-.fl
-
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-Xmxn 
-メモリー割当プールの最大サイズをバイト数で指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\f2k\fPまたは\f2K\fPを付けます。メガバイトを指定するには、文字\f2m\fPまたは\f2M\fPを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、
-.na
-\f2HotSpot Ergonomics\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
-.br
-.br
-例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-       \-Xmx83886080
-.fl
-       \-Xmx81920k
-.fl
-       \-Xmx80m
-.fl
-
-.fl
-\fP
-.fi
-Solaris 7およびSolaris 8 SPARCプラットフォームの場合のこの値の上限は、およそ4000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Solaris 2.6およびx86プラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Linuxプラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。 
-.TP 3
-\-Xprof 
-実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイル・データを標準出力に出力します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。  
-.TP 3
-\-Xrs 
-Java仮想マシン(JVM)によるオペレーティング・システム・シグナルの使用を減らします。
-.br
-.br
-以前のリリースでは、Javaアプリケーションを秩序正しくシャットダウンするためのシャットダウン・フック機能が追加されました。この機能により、JVMが突然終了した場合でも、シャットダウン時にユーザー・クリーン・アップコード(データベース接続のクローズなど)を実行できるようになりました。
-.br
-.br
-Sun社のJVMは、シグナルをキャッチすることによって、JVMの異常終了のためのシャットダウン・フックを実装します。JVMは、SIGHUP、SIGINTおよびSIGTERMを使用して、シャットダウン・フックの実行を開始します。
-.br
-.br
-JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという、1.2より前からある機能を実現するためにも、同様の機構を使用します。Sun社のJVMは、スレッド・ダンプを実行するためにSIGQUITを使用します。
-.br
-.br
-JVMを埋め込んでいるアプリケーションがSIGINTやSIGTERMなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があると、JVMそのもののシグナル・ハンドラの処理に支障が出る可能性があります。\f3\-Xrs\fPコマンドライン・オプションを使用すると、この問題に対処できます。Sun社のJVMに対して\f3\-Xrs\fPを使用すると、SIGINT、SIGTERM、SIGHUPおよびSIGQUITに対するシグナル・マスクはJVMによって変更されず、これらのシグナルに対するシグナル・ハンドラはインストールされません。
-.br
-.br
-\f3\-Xrs\fPを指定した場合、次の2つの影響があります。 
-.RS 3
-.TP 2
-o
-SIGQUITによるスレッド・ダンプは使用できません。 
-.TP 2
-o
-シャットダウン・フック処理の実行は、JVMが終了しようとしている時点でSystem.exit()を呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。 
-.RE
-.TP 3
-\-Xssn 
-スレッドのスタック・サイズを設定します。 
-.TP 3
-\-XX:AllocationPrefetchStyle=n 
-割当中に使用されるプリフェッチのスタイルを設定します。デフォルトは2です。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+AggressiveOpts 
-積極的な最適化を有効にします。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+|\-DisableAttachMechanism 
-このオプションは、ツール(\f2jmap\fPおよび\f2jconsole\fPなど)がJVMに接続できるかどうかを指定します。デフォルトでは、この機能は無効になっています。つまり、接続は有効です。使用例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-      java \-XX:+DisableAttachMechanism
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-XXLargePageSizeInBytes=n 
-このオプションは、ラージ・ページの最大サイズを指定します。 
-.TP 3
-\-XX:MaxGCPauseMillis=n 
-最大GC休止時間のターゲットを設定します。
-.br
-これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。 
-.TP 3
-\-XX:NewSize 
-若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\f3\-Xmn\fP\f4size\fPと同じです。 
-.TP 3
-\-XX:ParallelGCThreads=n 
-パラレル・コレクタ内のGCスレッドの数を設定します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:PredictedClassLoadCount=n 
-このオプションでは、最初に\f3UnlockExperimentalVMOptions\fPフラグを設定する必要があります。アプリケーションが多数のクラスをロードする場合で、特に\f3class.forName()\fPが頻繁に使用される場合は\f3PredictedClassLoadCount\fPフラグを使用します。推奨値は、\f3\-verbose:class\fPからの出力に示されているロード済クラスの数です。
-.br
-使用例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-      java \-XX:+UnlockExperimentalVMOptions \-XX:PredictedClassLoadCount=60013
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-XX:+PrintCompilation 
-HotSpotダイナミック・ランタイム・コンパイラからの詳細出力を印刷します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+PrintGCDetails \-XX:+PrintGCTimeStamps 
-ガベージ・コレクション出力をタイムスタンプとともに印刷します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=0 
-このフラグは、ソフトウェア参照の積極的処理を有効にします。このフラグは、HotSpot GCがソフトウェア参照カウントの影響を受ける場合に使用します。 
-.TP 3
-\-XX:TLABSize=n 
-スレッド・ローカル割当バッファ(TLAB)がHotSpotでデフォルトで有効になっています。HotSpotでは、TLABのサイズを割当パターンに基づいて自動的に決定します。\f3\-XX:TLABSize\fPオプションでTLABのサイズを微調整できます。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UnlockCommercialFeatures 
-このフラグは、商用機能の使用を能動的にロック解除する場合に使用します。商用機能とは、
-.na
-\f2Oracle Java SE Products Webページ\fP @
-.fi
-http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/products/index.htmlで規定される製品"Oracle Java SE Advanced"または"Oracle Java SE Suite"です。
-.br
-このフラグが指定されていない場合、デフォルトはJava仮想マシンを使用可能な商用機能なしで実行することです。いったん商用機能を有効にすると、実行時にその使用を無効にすることはできません。 
-.TP 3
-\-XX:+UseAltSigs 
-VMではデフォルトで\f2SIGUSR1\fPおよび\f2SIGUSR2\fPを使用しますが、\f2SIGUSR1\fPおよび\f2SIGUSR2\fPをシグナル連鎖するアプリケーションと競合する場合があります。\f2\-XX:+UseAltSigs\fPオプションは、VMにデフォルトとして\f2SIGUSR1\fPと\f2SIGUSR2\fP以外のシグナルを使用させます。 
-.TP 3
-\-XX:+|\-UseCompressedOops 
-64ビットJVMで圧縮参照を有効にします。
-.br
-このオプションはデフォルトでtrueです。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UseConcMarkSweepGCまたは\-XX:+UseG1GC 
-これらのフラグはConcurrent Mark Sweep (CMS)またはG1ガベージ・コレクションを有効にします。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+|\-UseLargePages 
-このフラグは、ラージ・ページ・サポートを有効にする場合に使用します。ラージ・ページは、Solarisではデフォルトで有効になっています。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UseParallelOldGC 
-パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
-.br
-.RE
-
-.LP
-.SH "注意"
-.LP
-.LP
-\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-1.
-任意のバージョン。これは、このオプションを使用しないことで表現できます。 
-.TP 3
-2.
-ある特定のバージョンIDよりも大きい任意のバージョン。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+"
-.fl
-\fP
-.fi
-この場合、\f21.6.0_10\fPよりも大きい任意のバージョンが使用されます。これは、指定されたバージョンで特定のインタフェースが導入された(あるいはそのバグが修正された)場合に便利です。 
-.TP 3
-3.
-ある特定のバージョンIDよりも大きいバージョンで、そのリリース・ファミリの上限によって制限されるもの。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+&1.6*"
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-4.
-上の項目2と項目3の「OR」式。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+&1.6* 1.7+"
-.fl
-\fP
-.fi
-これは項目2に似ていますが、ある変更が特定のリリース(1.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。 
-.RE
-
-.LP
-.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
-.LP
-.LP
-スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
-.LP
-.SS 
-スループットを向上するためのチューニング
-.LP
-.nf
-\f3
-.fl
-        java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
-.fl
-\fP
-.fi
-
-.LP
-.SS 
-レスポンス時間を速くするためのチューニング
-.LP
-.nf
-\f3
-.fl
-        java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
-.fl
-\fP
-.fi
-
-.LP
-.SH "終了ステータス"
-.LP
-.LP
-一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-\f20\fP: 正常終了 
-.TP 2
-o
-\f2>0\fP: エラー発生 
-.RE
-
-.LP
-.SH "関連項目"
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-javac(1) 
-.TP 2
-o
-jdb(1) 
-.TP 2
-o
-javah(1) 
-.TP 2
-o
-jar(1) 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2セキュリティ\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2HotSpot VM Specific Options\fP @
-.fi
-http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/vmoptions\-jsp\-140102.html 
-.RE
-
-.LP
- 
+'pl 8.5i
+'bp
--- a/src/linux/doc/man/ja/jcmd.1	Thu Jul 18 11:19:22 2013 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jcmd.1	Wed Jul 24 16:21:45 2013 -0700
@@ -1,4 +1,4 @@
-." Copyright (c) 1994, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
+." Copyright (c) 2012, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -19,100 +19,98 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jcmd 1 "05 Jul 2012"
+.TH jcmd 1 "11 Jul 2013"
 
 .LP
-.SH "名前"
-jcmd \- 診断コマンド
-.LP
-.LP
-\f3jcmd\fPは、実行中のJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
-.LP
+.SH "NAME"
+jcmd \- 実行中のJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信します。
 .SH "形式"
-.LP
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-    \fP\f3jcmd\fP [ option ] 
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> PerfCounter.print
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> \f2command\fP [\f2arguments\fP]
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> \-f \f2file\fP
-.fl
+java [ \fIoptions\fR ]
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] PerfCounter\&.print
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] \fIcommand\fR [\fIarguments\fR]
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] \-f \fIfile\fR
 .fi
-
-.LP
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+\fIオプション\fR
+.RS 4
+コマンドライン・\fIオプション\fR。オプションを参照してください。
+.RE
+.PP
+\fIpid\fR
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+\fImain class\fR
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスが同じメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+\fIcommand\fR [arguments]
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスが同じメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+Perfcounter\&.print
+.RS 4
+ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。
+.RE
+.PP
+\-f \fIfile\fR
+.RS 4
+\fIfile\fRからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスでコールします。\fIfile\fRでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行がコールされるか、\fIstop\fRキーワードを含む行が読み取られると、\fIfile\fRの処理が終了します。
+.RE
 .SH "説明"
-.LP
-.LP
-\f3jcmd\fPは、この機能をサポートするJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
-.LP
-.LP
-引数なしまたは\-lオプションを指定してjcmdを使用すると、実行中のJavaプロセスがプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに表示されます。
-.LP
-.LP
-プロセスIDをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
-.LP
-.LP
-メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
-.LP
-.LP
-PerfCounter.print引数を指定すると、jcmdでは、ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
-.LP
-.LP
-\-f オプションを指定すると、jcmdでは、\f2file\fPに保存されている診断コマンドがターゲットのJavaプロセスに送信されます。
-.LP
+.PP
+\fIjcmd\fRは、この機能をサポートするJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
+.PP
+引数なしまたは\fI\-l\fRオプションを指定して\fIjcmd\fRを使用すると、実行中のJavaプロセスがプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。
+.PP
+プロセスIDをコマンドラインに指定すると、\fIjcmd\fRでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+.PP
+メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、\fIjcmd\fRでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+.PP
+\fIPerfCounter\&.print\fR引数を指定すると、\fIjcmd\fRではターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
+.PP
+\fI\-f\fRオプションを指定すると、\fIjcmd\fRでは、指定された\fIfile\fRに格納されている診断コマンドがターゲットのJavaプロセスに送信されます。
 .SH "オプション"
-.LP
-.LP
-各オプションは互いに排他的です。オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-l 
-実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。 
-.TP 3
-\-h 
-ヘルプ・メッセージが出力されます。 
-.TP 3
-\-help 
-ヘルプ・メッセージが出力されます。 
+.PP
+各オプションは互いに排他的です。オプションを使用する場合は、コマンド名の直後に記述する必要があります。
+.PP
+\-l
+.RS 4
+実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。
 .RE
-
-.LP
-.SH "パラメータ"
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-pid 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.TP 3
-main class 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.TP 3
-command [arguments] 
-\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、コマンド名の後に\f3help\fPを指定して呼び出せば表示されます。 
-.TP 3
-PerfCounter.print 
-ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。 
-.TP 3
-\-f file 
-\f2file\fPからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスで呼び出します。\f2file\fPでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行が呼び出されるか、\f3stop\fPキーワードを含む行が読み取られると、\f2file\fPの処理が終了します。 
+.PP
+\-h
+.RS 4
+ヘルプ・メッセージが出力されます。
 .RE
-
-.LP
+.PP
+\-help
+.RS 4
+ヘルプ・メッセージが出力されます。
+.RE
 .SH "関連項目"
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-jps(1) 
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jps
 .RE
-
-.LP
-.LP
-jps(1)
-.LP
- 
+.br
+'pl 8.5i
+'bp
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1	Thu Jul 18 11:19:22 2013 -0700
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1	Wed Jul 24 16:21:45 2013 -0700
@@ -1,4 +1,4 @@
-." Copyright (c) 1994, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
+." Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -19,632 +19,732 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH java 1 "05 Jul 2012"
+.TH java 1 "11 Jul 2013"
 
 .LP
-.SH "名前"
-java \- Javaアプリケーション起動ツール
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-形式 
-.TP 2
-o
-説明 
-.TP 2
-o
-オプション 
-.TP 2
-o
-関連項目 
+.SH "NAME"
+java \- Javaアプリケーションを起動します。
+.SH "形式"
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java [ \fIoptions\fR ] class [ \fIargument \&.\&.\&.\fR ]
+java [ \fIoptions\fR ] \-jar file\&.jar [ \fIargument \&.\&.\&.\fR ]
+.fi
+.if n \{\
 .RE
+.\}
+.PP
+\fIオプション\fR
+.RS 4
+コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+.RE
+.PP
+クラス
+.RS 4
+コールするクラスの名前。
+.RE
+.PP
+\fIfile\&.jar\fR
+.RS 4
+コールするJARファイルの名前。\fI\-jar\fRコマンドでのみ使用されます。
+.RE
+.PP
+\fI引数\fR
+.RS 4
+\fImain\fR関数に渡される引数。
+.RE
+.SH "説明"
+.PP
+\fIjava\fRコマンドはJavaアプリケーションを開始します。Java Runtime Environmentを起動した後、指定されたクラスをロードし、そのクラスの\fImain\fRメソッドをコールすることにより、これを行います。
+.PP
+このメソッドは、publicおよびstaticとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、String配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッド宣言は次の形式を含みます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+public static void main(String args[]
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+デフォルトでは、オプションのない最初の引数が、コールされるクラスの名前になります。完全修飾クラス名を使用する必要があります。\fI\-jar\fRオプションを指定した場合、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含むJARファイルの名前になります。この場合、マニフェストのMain\-Classヘッダーで指定されたクラスが起動クラスになります。
+.PP
+Java Runtimeは、ブートストラップ・クラス・パス、インストール済拡張機能およびユーザー・クラス・パスの3箇所から起動クラスと他の使用されているクラスを検索します。
+.PP
+クラス名またはJARファイル名の後にある、コマンドライン・オプション以外の引数は、\fImain\fR関数に渡されます。
+.SH "オプション"
+.PP
+起動ツールには、現在のランタイム環境でサポートされる標準オプションのセットがあります。
+.PP
+また、仮想マシンの現在の実装では、非標準オプションのセットもサポートされます。これは、将来のリリースで変更される可能性があります。非標準オプションを参照してください。
+.SS "標準オプション"
+.PP
+\-client
+.RS 4
+Java HotSpot VMクライアントを選択します。64ビット対応JDKは現時点では、このオプションを無視し、かわりにJava Hotspot Server VMを使用します。
+.sp
+デフォルトのJava VM選択は、次の\fI「サーバークラス・マシンの検出」\fRページを参照してください:
 
-.LP
-.SH "形式"
-.LP
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class\&.html
+.RE
+.PP
+\-server
+.RS 4
+Java HotSpot VMサーバーを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\fI\-\fR\fIserver\fRオプションが暗黙的に選択されます。
+.sp
+デフォルトのJava VM選択は、次の「サーバークラス・マシンの検出」ページを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class\&.html
+.RE
+.PP
+\-agentlib:\fIlibname\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+次の例のようなネイティブ・エージェント・ライブラリ\fIlibname\fRをロードします。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-    \fP\f3java\fP [ options ] class [ argument ... ]
-.fl
-    \f3java\fP [ options ] \f3\-jar\fP file.jar [ argument ... ]
-.fl
+\-agentlib:hprof
+ 
+\-agentlib:jdwp=help
+ 
+\-agentlib:hprof=help
 .fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+次の\fI「JVMTIエージェント・コマンドライン・オプション」\fRを参照してください:
 
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-options 
-コマンドライン・オプション。 
-.TP 3
-class 
-呼び出されるクラスの名前。 
-.TP 3
-file.jar 
-呼び出されるJARファイルの名前。\f2\-jar\fPとともにのみ使用されます。 
-.TP 3
-argument 
-\f3main\fP関数に渡される引数。 
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#starting
 .RE
+.PP
+\-agentpath:\fIpathname\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+フル\fIパス名\fRを使用して、ネイティブ・エージェント・ライブラリをロードします。次の\fI「JVMTIコマンドライン・オプション」\fRを参照してください:
 
-.LP
-.SH "説明"
-.LP
-.LP
-\f3java\fPツールは、Javaアプリケーションを起動します。javaツールは、Java Runtime Environmentを起動した後、指定されたクラスをロードし、そのクラスの\f3main\fPメソッドを呼び出すことにより、Javaアプリケーションを起動します。
-.LP
-.LP
-このメソッドは、publicおよびstaticとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、\f2String\fP配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッドの宣言は、次のようになっている必要があります。
-.LP
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#starting
+.RE
+.PP
+\-classpath \fIclasspath\fR, \-cp \fIclasspath\fR
+.RS 4
+クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのリストを指定します。
+\fIクラス・パス・エントリはコロン(:)で区切ります。\fR\fI\-classpath\fRまたは\fI\-cp\fRを指定すると、このオプションの値によって\fICLASSPATH\fR環境変数の設定がオーバーライドされます。
+.sp
+\fI\-classpath\fRと\fI\-cp\fRが使用されず、\fICLASSPATH\fRが設定されていない場合、ユーザー・クラス・パスは現在のディレクトリ(\&.)から構成されます。
+.sp
+便宜上、\fI*\fRのベース名を含むクラス・パス要素は、\&.jarまたは\&.JARを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます。Javaプログラムは2つの呼出しの違いを認識できません。
+.sp
+たとえば、ディレクトリmydirにa\&.jarとb\&.JARが含まれている場合、クラス・パス要素\fImydir/*\fRはA\&.jar:b\&.JARに展開されますが、JARファイルの順番は未指定となります。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべてのJARファイルが含まれます。\fI*\fRのみからなるクラス・パス・エントリは、現在のディレクトリ内のすべてのJARファイルのリストに展開されます。\fICLASSPATH\fR環境変数も、定義時には同様に展開されます。クラス・パス・ワイルドカード拡張は、Java VMの開始前に行われます。Javaプログラムは、環境を問い合せる場合を除き、拡張されていないワイルド・カードを参照しません。たとえば、\fISystem\&.getenv("CLASSPATH")\fRをコールして問い合せる場合です。
+.RE
+.PP
+\-D\fIproperty=value\fR
+.RS 4
+システム・プロパティの値を設定します。
+.RE
+.PP
+\-d32
+.RS 4
+アプリケーションを32ビット環境で実行します。32ビット環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。デフォルトでは、64ビット専用システムが使用されている場合を除き、アプリケーションは32ビット環境で実行されます。
+.RE
+.PP
+\-d64
+.RS 4
+アプリケーションを64ビット環境で実行します。64ビット環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。デフォルトでは、64ビット専用システムが使用されている場合を除き、アプリケーションは32ビット環境で実行されます。
+.sp
+現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\fI\-d64\fR使用時には\fI\-server\fRオプションが暗黙的に使用されます。\fI\-d64\fR使用時には、\fI\-client\fRオプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
+.RE
+.PP
+\-disableassertions[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ], \-da[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ]
+.RS 4
+アサーションを無効にします。これがデフォルトです。
+.sp
+引数なしの\fIdisableassertions\fRまたは\fI\-da\fRを指定すると、アサーションが無効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として\fI"\&.\&.\&."\fRを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
+.sp
+パッケージ\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\fR内ではアサーションを有効にし、クラス\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fR内ではアサーションを無効にしたうえで、プログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-public static void main(String args[])
-.fl
-\fP
+java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat <Main Class>
 .fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fI\-disableassertions\fRおよび\fI\-da\fRスイッチは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用されない、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fI\-disablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
+.RE
+.PP
+\-enableassertions[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ], \-ea[:\fIpackage name\fR"\&.\&.\&." | :\fIclass name\fR ]
+.RS 4
+アサーションを有効にします。アサーションは、デフォルトでは無効になっています。
+.sp
+引数なしの\fIenableassertions\fRまたは\fI\-ea\fRを指定すると、アサーションが有効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として\fI"\&.\&.\&."\fRを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。「\fI\&.\&.\&.\fR」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
+.sp
+単一コマンドにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。したがって、たとえば、パッケージcom\&.wombat\&.fruitbat(サブパッケージを含む)内でのみアサーションを有効にしてプログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. <Main Class>
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fI\-enableassertions\fRおよび\fI\-ea\fRスイッチは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用されない、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fI\-enablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
+.RE
+.PP
+\-enablesystemassertions, \-esa
+.RS 4
+すべてのシステム・クラス内でアサーションを有効にします。つまり、システム・クラスについてアサーションのデフォルト・ステータスをtrueに設定します。
+.RE
+.PP
+\-disablesystemassertions, \-dsa
+.RS 4
+すべてのシステム・クラス内でアサーションを無効にします。
+.RE
+.PP
+\-helpまたは\-?
+.RS 4
+使用方法を表示して終了します。
+.RE
+.PP
+\-jar
+.RS 4
+JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。最初の引数は、起動クラスの名前ではなく、JARファイルの名前にします。このオプションが機能するには、JARファイルのマニフェストに\fIMain\-Class\fR:
+\fIclassname\fRという形式の行を指定する必要があります。\fIclassname\fRには、アプリケーションの開始位置として機能する\fIpublic static void main(String[] args)\fRメソッドを含むクラスを指定します。
+.sp
+このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
+.sp
+\fIjava \-jar\fRオプションで実行できるJARファイルは、実行権限のセットを保持しています。このため、\fIjava \-jar\fRを使用しないで実行することも可能です。次の「JARファイルの概要」を参照してください:
 
-.LP
-.LP
-デフォルトでは、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、呼び出されるクラスの名前になります。この名前には、完全修飾クラス名を使用する必要があります。\f3\-jar\fPオプションを指定した場合、コマンドライン・オプション以外の最初の引数が、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含む\f3JAR\fPアーカイブの名前になります。この場合、マニフェストの\f3Main\-Class\fPヘッダーで指定されたクラスが起動クラスになります。
-.LP
-.LP
-Java Runtimeは、ブートストラップ・クラス・パス、インストール済拡張機能およびユーザー・クラス・パスの3箇所から起動クラスと他の使用されているクラスを検索します。
-.LP
-.LP
-クラス名またはJARファイル名の後にある、コマンドライン・オプション以外の引数は、\f3main\fP関数に渡されます。
-.LP
-.SH "オプション"
-.LP
-.LP
-起動ツールには、現在の実行環境および将来のリリースでサポートされる標準オプションがあります。また、仮想マシンの現在の実装では、非標準オプションのセットもサポートされます。これは、将来のリリースで変更される可能性があります。
-.LP
-.SH "標準オプション"
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-client 
-Java HotSpot Client VMを選択します。64ビット対応JDKは現時点では、このオプションを無視し、かわりにJava Hotspot Server VMを使用します。
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/jarGuide\&.html
+.RE
+.PP
+\-javaagent:\fIjarpath\fR[\fI=options\fR]
+.RS 4
+Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
+.RE
+.PP
+\-jre\-restrict\-search
+.RS 4
+ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。
+.RE
+.PP
+\-no\-jre\-restrict\-search
+.RS 4
+ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索から除外します。
+.RE
+.PP
+\-showversion
+.RS 4
+バージョン情報を表示して続行します。(も参照してください。)
+.RE
+.PP
+\-splash:\fIimagepath\fR
+.RS 4
+\fIimagepath\fRに指定された画像を含むスプラッシュ画面を表示します。
+.RE
+.PP
+\-verbose, \-verbose:class
+.RS 4
+クラスがロードされるたびにクラスに関する情報を表示します。
+.RE
+.PP
+\-verbose:gc
+.RS 4
+ガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告します。
+.RE
+.PP
+\-verbose:jni
+.RS 4
+ネイティブ・メソッドの使用およびその他のJava Native Interfaceアクティビティに関する情報を報告します。
+.RE
+.PP
+\-version
+.RS 4
+バージョン情報を表示して終了します。\fI\-showversion\fRオプションも参照してください。
+.RE
+.PP
+\-version:\fIrelease\fR
+.RS 4
+コマンドラインに指定されたクラスまたはJARファイルが、releaseで指定されたバージョンを必要としていることを示します。コールされた\fIjava\fRコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
+.sp
+\fIrelease\fRオプションでは、特定のバージョンと、バージョン文字列と呼ばれるバージョンのリストを指定します。バージョン文字列は、いくつかのバージョン範囲を空白で区切った形式の順序付きリストです。バージョン範囲は、\fIバージョンID\fR、\fIバージョンID\fRとそれに続くアスタリスク(\fI*\fR)、\fIバージョンID\fRとそれに続くプラス記号(\fI+\fR)、またはアンパサンド(\fI&\fR)を使用して結合された2つの\fIバージョンID\fRから構成されるバージョン範囲です。次の例のように、アスタリスクはプレフィックス一致を、プラス記号は指定されたバージョン以上を、アンパサンドは2つのバージョン範囲の論理\fIand\fRをそれぞれ意味します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-version:"1\&.6\&.0_13 1\&.6* & 1\&.6\&.0_10+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+前の例の意味は、バージョン1\&.6\&.0_13、または1\&.6を\fIバージョンID\fRプレフィックスに持つ1\&.6\&.0_10以上のバージョンをクラスまたはJARファイルが必要としている、ということです。バージョン文字列の厳密な構文や定義については、「Javaネットワーク起動プロトコル & API仕様(JSR\-56)」の「付録A」を参照してください。
+.sp
+JARファイルの場合は、バージョン要件をコマンドラインに指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
+.sp
+このオプションの使用に関する重要なポリシー情報は、注意を参照してください。
+.RE
+.SS "非標準オプション"
+.PP
+\-X
+.RS 4
+非標準オプションに関する情報を表示して終了します。
+.RE
+.PP
+\-Xint
+.RS 4
+インタプリタ専用モードで動作します。ネイティブ・コードへのコンパイルは無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。Java HotSpot VMクライアントに対応するコンパイラが提供するパフォーマンス上の利点は、このモードでは実現されません。
+.RE
+.PP
+\-Xbatch
+.RS 4
+バックグラウンド・コンパイルを無効にします。通常、Java VMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\-Xbatchフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR:\fIbootclasspath\fR
+.RS 4
+\fIブート・クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのコロンで区切られたリストを指定します。\fR指定したパスに存在するブート・クラス・ファイルが、JavaプラットフォームJDKに含まれるブート・クラス・ファイルのかわりに使用されます。
+.sp
+rt\&.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR/a:\fIpath\fR
+.RS 4
+ディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの後に追加されます。
+.RE
+.PP
+\-X\fIbootclasspath\fR/p:\fIpath\fR
+.RS 4
+ディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの前に追加されます。
+.sp
+rt\&.jar内のクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンスに違反します。
+.RE
+.PP
+\-Xcheck:jni
+.RS 4
+Java Native Interface (JNI)機能に対して追加チェックを行います。具体的には、Java仮想マシンはJNIリクエストを処理する前に、JNI関数に渡されるパラメータと、実行環境のデータを検証します。無効なデータが見つかった場合は、ネイティブ・コードに問題があることを示しているため、Java仮想マシンは致命的エラーを発生して終了します。このオプションを使用すると、パフォーマンス低下が予想されます。
+.RE
+.PP
+\-Xfuture
+.RS 4
+クラスとファイルの形式を厳密にチェックします。下位互換性を保つため、SDK仮想マシンが実行するデフォルトの形式チェックは、JDKソフトウェアのバージョン1\&.1\&.xが実行するチェックと同程度の厳密さになっています。\fI\-Xfuture\fRオプションを指定すると、クラス・ファイル形式の仕様への準拠を強化するためのより厳密なチェックが有効になります。Javaアプリケーション起動ツールの将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときにはこのフラグを使用することをお薦めします。
+.RE
+.PP
+\-Xnoclassgc
+.RS 4
+クラスのガベージ・コレクションを無効にします。このオプションを使用すると、ロード済クラスからメモリーが回復されることがなくなるため、全体的なメモリー使用量が増大します。この場合、アプリケーションによっては\fIOutOfMemoryError\fRがスローされる可能性があります。
+.RE
+.PP
+\-Xincgc
+.RS 4
+インクリメンタル・ガベージ・コレクタを有効にします。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、デフォルトでは無効になっています。有効にすると、プログラムの実行中にガベージ・コレクションによる一時停止が発生しなくなります。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、プログラムと同時に実行することがあり、この場合、プログラムの利用できるプロセッサ能力が低下します。
+.RE
+.PP
+\-Xloggc:\fIfile\fR
+.RS 4
+\fI\-verbose:gc\fRと同様にガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告しますが、そのデータをファイルに記録します。\fI\-verbose:gc\fRを指定したときに報告される情報の他に、報告される各イベントの先頭に、最初のガベージ・コレクション・イベントからの経過時間(秒単位)が付け加えられます。
+.sp
+ネットワークのレスポンス時間によってJava VMの実行速度が低下するのを避けるため、このファイルの格納先は、常にローカル・ファイル・システムにしてください。ファイル・システムが満杯になると、ファイルは切り詰められ、そのファイルにデータが引続き記録されます。このオプションと\fI\-verbose:gc\fRの両方がコマンドラインに指定されている場合は、このオプションが優先されます。
+.RE
+.PP
+\-Xmnsizeまたは\-XX:\fINewSize\fR
+.RS 4
+若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。
+.RE
+.PP
+\-Xms\fIn\fR
+.RS 4
+メモリー割当てプールの初期サイズをバイト数で指定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\fIk\fRまたは\fIK\fRを付けます。メガバイトを指定するには、文字\fIm\fRまたは\fIM\fRを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。次の\fI「ガベージ・コレクタのエルゴノミクス」\fRを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guide/vm/gc\-ergonomics\&.html
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-Xms6291456
+\-Xms6144k
+\-Xms6m
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-Xmx\fIn\fR
+.RS 4
+メモリー割当てプールの最大サイズをバイト数で指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\fIk\fRまたは\fIK\fRを付けます。メガバイトを指定するには、文字\fIm\fRまたは\fIM\fRを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。
+.sp
+サーバー・デプロイメントでは、\fI\-Xms\fRおよび\fI\-Xmx\fRは通常同じ値に設定されます。次の\fI「ガベージ・コレクタのエルゴノミクス」\fRを参照してください:
+
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/7/docs/technotes/guide/vm/gc\-ergonomics\&.html
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\-Xmx83886080
+\-Xmx81920k
+\-Xmx80m
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+Solaris 7およびSolaris 8 SPARCプラットフォームの場合のこの値の上限は、およそ4000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Solaris 2\&.6およびx86プラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Linuxプラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。
+.RE
+.PP
+\-Xprof
+.RS 4
+実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイル・データを標準出力に出力します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。
+.RE
+.PP
+\-Xrs
+.RS 4
+Java VMによるオペレーティング・システム・シグナルの使用を減らします。
+.sp
+以前のリリースでは、Javaアプリケーションを秩序正しくシャットダウンするためのシャットダウン・フック機能が追加されました。この機能により、Java VMが突然終了した場合でも、シャットダウン時にユーザー・クリーン・アップコード(データベース接続のクローズなど)を実行できるようになりました。
+.sp
+Java VMは、予期しないJava VM終了のシャットダウン・フックを実装するためにシグナルをキャッチします。Java VMは、\fISIGHUP\fR、\fISIGINT\fRおよび\fISIGTERM\fRを使用してシャットダウン・フックの実行を開始します。
+.sp
+JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという機能を実現するために、同様のメカニズムを使用します。JVMは、スレッド・ダンプを実行するために\fISIGQUIT\fRを使用します。
+.sp
+Java VMを埋め込んでいるアプリケーションは\fISIGINT\fRや\fISIGTERM\fRなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があり、その結果Java VMのシグナル・ハンドラと衝突する可能性があります。\fI\-Xrs\fRコマンドライン・オプションを使用すると、この問題に対処できます。\fI\-Xrs\fRがJava VMで使用されている場合、\fISIGINT\fR、\fISIGTERM\fR、\fISIGHUP\fRおよび\fISIGQUIT\fRのシグナル・マスクはJava VMによって変更されず、これらのシグナルのシグナル・ハンドラはインストールされません。
+.sp
+\fI\-Xrs\fRを指定すると、次の2つの結果が生じます:
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fISIGQUIT\fRによるスレッド・ダンプは使用できません。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+シャットダウン・フック処理の実行は、Java VMが終了しようとしている時点で\fISystem\&.exit()\fRを呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。
+.RE
+.RE
+.PP
+\-Xss\fIn\fR
+.RS 4
+スレッドのスタック・サイズを設定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:AllocationPrefetchStyle=\fIn\fR
+.RS 4
+割当中に使用されるプリフェッチのスタイルを設定します。デフォルトは2です。
+.RE
+.PP
+\-XX:+AggressiveOpts
+.RS 4
+積極的な最適化を有効にします。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-DisableAttachMechanism
+.RS 4
+コマンド(\fIjmap\fRや\fIjconsole\fRなど)がJava VMに接続できるかどうかを指定します。デフォルトでは、この機能は無効になっています。つまり、次の例のように接続が有効です。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-XX:+DisableAttachMechanism
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XXLargePageSizeInBytes=\fIn\fR
+.RS 4
+ラージ・ページの最大サイズを指定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:MaxGCPauseMillis=\fIn\fR
+.RS 4
+最大GC休止時間のターゲットを設定します。
+.sp
+これはソフト・ゴールのため、Java VMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:NewSize
+.RS 4
+若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\fI\-Xmnsize\fRと同じです。
+.RE
+.PP
+\-XX:ParallelGCThreads=\fIn\fR
+.RS 4
+パラレル・コレクタ内のGCスレッドの数を設定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:PredictedClassLoadCount=\fIn\fR
+.RS 4
+このオプションでは、最初に\fIUnlockExperimentalVMOptions\fRフラグを設定する必要があります。アプリケーションが多数のクラスをロードする場合で、特に\fIclass\&.forName()\fRが頻繁に使用される場合は\fIPredictedClassLoadCount\fRフラグを使用します。推奨値は、\fI\-verbose:class\fRからの出力に示されているロード済クラスの数です。
+.sp
+例:
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-XX:+UnlockExperimentalVMOptions \-XX:PredictedClassLoadCount=60013
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintCompilation
+.RS 4
+Java HotSpot VMダイナミック・ランタイム・コンパイラからの詳細出力を印刷します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintGCDetails \-XX:+PrintGCTimeStamps
+.RS 4
+ガベージ・コレクション出力をタイムスタンプとともに印刷します。
+.RE
+.PP
+\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=0
+.RS 4
+このフラグは、ソフトウェア参照の積極的処理を有効にします。このフラグは、ソフトウェア参照カウントがJava HotSpot VMガベージ・コレクタに影響する場合に使用します。
+.RE
+.PP
+\-XX:TLABSize=\fIn\fR
+.RS 4
+スレッド・ローカル割当てバッファ(TLAB)がJava HotSpot VMでデフォルトで有効になっています。Java HotSpot VMでは、TLABのサイズを割当てパターンに基づいて決定します。\fI\-XX:TLABSize\fRオプションでTLABのサイズを微調整できます。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseAltSigs
+.RS 4
+Java VMではデフォルトで\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRを使用しますが、\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRをシグナル連鎖するアプリケーションと競合する場合があります。\fI\-XX:+UseAltSigs\fRオプションを指定すると、Java VMはデフォルトとして\fISIGUSR1\fRと\fISIGUSR2\fR以外のシグナルを使用します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-UseCompressedOops
+.RS 4
+64ビットJava VMで圧縮された参照を有効にします。
+.sp
+このオプションは、デフォルトでtrueになります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseConcMarkSweepGCまたは\-XX:+UseG1GC
+.RS 4
+Concurrent Mark Sweep (CMS)またはG1ガベージ・コレクションを有効にします。
+.RE
+.PP
+\-XX:+|\-UseLargePages
+.RS 4
+ラージ・ページ・サポートを有効にします。
+.sp
+ラージ・ページは、Solarisではデフォルトで有効になっています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseParallelOldGC
+.RS 4
+パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
+.RE
+.SH "注意"
+.PP
+\fI\-version:release\fRオプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 1.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  1." 4.2
+.\}
+任意のバージョン。これは、このオプションを使用しないことで表現できます。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 2.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  2." 4.2
+.\}
+次の例のように、ある特定の\fIバージョンID\fR値よりも大きい任意のバージョン。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+"1\&.6\&.0_10+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+この場合、1\&.6\&.0_10よりも大きい任意のバージョンが使用されます。これは、指定されたバージョンで特定のインタフェースが導入された(あるいはそのバグが修正された)場合に便利です。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 3.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  3." 4.2
+.\}
+次の例のように、ある特定のバージョンIDよりも大きいバージョンで、そのリリース・ファミリの上限によって制限されるもの。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+"1\&.6\&.0_10+ & 1\&.6*"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04' 4.\h'+01'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP "  4." 4.2
+.\}
+次の例のように、項目2または3の\fIor\fR式。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+ "1\&.6\&.0_10+ & 1\&.6* 1\&.7+"
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+項目2と同様です。これは、ある変更が特定のリリース(1\&.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。
+.RE
+.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
+.PP
+スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
+.PP
+\fBExample 1\fR, スループットを向上するためのチューニング
+.RS 4
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\fBExample 2\fR, レスポンス時間を速くするためのチューニング
+.RS 4
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+ java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.SH "終了ステータス"
+.PP
+一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\fISystem\&.exit(exitValue)\fRを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fI0\fR: 正常終了
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fI>0\fR: エラー発生
+.RE
+.SH "関連項目"
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+javac [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jdb [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+javah [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jar [SolarisおよびLinux] [Windows]
+.RE
 .br
-.br
-デフォルトのVMの選択については、
-.na
-\f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-server 
-Java HotSpot Server VMを選択します。64ビット対応JDK上では、サポートされるのはJava Hotspot Server VMのみであるため、\-serverオプションが暗黙的に選択されます。
-.br
-.br
-デフォルトのVMの選択については、
-.na
-\f2サーバー \- クラス・マシンの検出\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-agentlib:libname[=options] 
-ネイティブ・エージェント・ライブラリ\f2libname\fPをロードします。たとえば次のように指定します。
-.br
-.br
-\-agentlib:hprof
-.br
-.br
-\-agentlib:jdwp=help
-.br
-.br
-\-agentlib:hprof=help
-.br
-.br
-詳細は、
-.na
-\f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
-.TP 3
-\-agentpath:pathname[=options] 
-フルパス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。詳細は、
-.na
-\f2JVMTIエージェントのコマンドライン・オプション\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingを参照してください。 
-.TP 3
-\-classpath classpath 
-.TP 3
-\-cp classpath 
-クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのリストを指定します。クラス・パスの各エントリはコロン(\f3:\fP)で区切ります。\f3\-classpath\fPまたは\f3\-cp\fPを指定すると、このオプションの値によって\f3CLASSPATH\fP環境変数の設定がオーバーライドされます。
-.br
-.br
-\f3\-classpath\fPも\f3\-cp\fPも使用されず、\f3CLASSPATH\fPも設定されていない場合、ユーザー・クラス・パスは現在のディレクトリ(\f4.\fP)になります。  
-.br
-.br
-便宜上、\f2*\fPのベース名を含むクラス・パス要素は、\f2.jar\fPまたは\f2.JAR\fPを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます(javaプログラムはこの2つの呼出しを区別できません)。
-.br
-.br
-たとえば、ディレクトリ\f2foo\fPに\f2a.jar\fPと\f2b.JAR\fPが含まれている場合、クラス・パス要素\f2foo/*\fPは\f2A.jar:b.JAR\fPに展開されます。ただし、JARファイルの順番は未指定となります。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべてのJARファイルが含まれます。\f2*\fPのみからなるクラス・パス・エントリは、現在のディレクトリ内のすべてのJARファイルのリストに展開されます。\f2CLASSPATH\fP環境変数も、定義時には同様に展開されます。クラス・パスのワイルドカード展開は必ず、Java仮想マシンの起動前に実行されます。したがって、環境に問合せを行わない限り、Javaプログラムが展開されていないワイルドカードを認識することはありません。たとえば、\f2System.getenv(\\"CLASSPATH\\")\fP呼出しがその例です。  
-.br
-.br
-クラス・パスの詳細は、
-.na
-\f2クラス・パスの設定\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#classpathを参照してください。 
-.TP 3
-\-Dproperty=value 
-システム・プロパティの値を設定します。 
-.TP 3
-\-d32 
-.TP 3
-\-d64 
-それぞれ32ビット環境、64ビット環境でプログラムを実行することをリクエストします。リクエストされた環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。
-.br
-.br
-現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\-d64使用時には\-serverオプションが暗黙的に使用されます。したがって、\-d64使用時には「\-client」オプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
-.br
-.br
-\f3\-d32\fPと\f3\-d64\fPがどちらも指定されていない場合は、デフォルトとして、32ビット環境で実行されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。 
-.TP 3
-\-enableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-ea[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-disableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-.TP 3
-\-da[:<package name>"..." | :<class name> ] 
-アサーションを無効にします。これがデフォルトです。
-.br
-.br
-引数なしの\f3disableassertions\fPまたは\f3\-da\fPを指定すると、アサーションが無効になります。「\f2...\fP」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として「\f2...\fP」のみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。「\f2...\fP」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
-.br
-.br
-パッケージ\f2com.wombat.fruitbat\fP内ではアサーションを有効にし、クラス\f2com.wombat.fruitbat.Brickbat\fP内ではアサーションを無効にしたうえで、プログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-java \-ea:com.wombat.fruitbat... \-da:com.wombat.fruitbat.Brickbat \fP\f4<Main Class>\fP\f3
-.fl
-\fP
-.fi
-\f3\-disableassertions\fPおよび\f3\-da\fPスイッチは、\f2すべての\fPクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用\f2されない\fP、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にするために、別のスイッチが用意されています。この後の\f3\-disablesystemassertions\fPを参照してください。 
-アサーションを有効にします。アサーションは、デフォルトでは無効になっています。
-.br
-.br
-引数なしの\f3enableassertions\fPまたは\f3\-ea\fPを指定すると、アサーションが有効になります。「\f2...\fP」で終わる引数を1つ指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として「\f2...\fP」のみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。「\f2...\fP」で終わらない引数を1つ指定すると、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
-.br
-.br
-単一コマンドラインにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。したがって、たとえば、パッケージ\f2com.wombat.fruitbat\fP(サブパッケージを含む)内でのみアサーションを有効にしてプログラムを実行するには、次のようなコマンドを使用します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-java \-ea:com.wombat.fruitbat... <Main Class>
-.fl
-\fP
-.fi
-\f3\-enableassertions\fPおよび\f3\-ea\fPスイッチは、\f2すべての\fPクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます。システム・クラスにはクラス・ローダーはありません。ただし、このルールには1つ例外があります。それは、引数なしの形式でこのスイッチを指定すると、その指定がシステムに適用\f2されない\fP、ということです。この例外を利用すれば、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にするために、別のスイッチが用意されています。この後の\f3\-enablesystemassertions\fPを参照してください。 
-.TP 3
-\-enablesystemassertions 
-.TP 3
-\-esa 
-すべてのシステム・クラス内でアサーションを有効にします。つまり、システム・クラスについて\f2アサーションのデフォルト・ステータス\fPを\f2true\fPに設定します。 
-.TP 3
-\-disablesystemassertions 
-.TP 3
-\-dsa 
-すべてのシステム・クラス内でアサーションを無効にします。 
-.TP 3
-\-helpまたは\-? 
-使用方法を表示して終了します。 
-.TP 3
-\-jar 
-JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。最初の引数は、起動クラスの名前ではなく、JARファイルの名前にします。このオプションが機能するには、JARファイルのマニフェストに\f3「Main\-Class:\fP\f4classname\fP\f3」\fPという形式の行を指定する必要があります。\f2classname\fPには、アプリケーションの開始位置として機能する\f2public\ static\ void\ main(String[]\ args)\fPメソッドを含むクラスを指定します。JARファイルとそのマニフェストについては、jar(1)と、
-.na
-\f2Javaチュートリアル\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/tutorial/deployment/jar/の「Trail: Jar Files」を参照してください。\ 
-.br
-.br
-このオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、ユーザー・クラス・パスの他の設定は無視されます。
-.br
-.br
-「java \-jar」オプションで実行できるJARファイルは、実行権限のセットを保持しています。このため、「java \-jar」を使用しないで実行することも可能です。
-.na
-\f2Java Archive(JAR)ファイル\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/jar/index.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-javaagent:jarpath[=options] 
-Javaプログラミング言語エージェントをロードします。
-.na
-\f2java.lang.instrument\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.htmlを参照してください。 
-.TP 3
-\-jre\-restrict\-search 
-ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索に含めます。 
-.TP 3
-\-no\-jre\-restrict\-search 
-ユーザー・プライベートなJREをバージョン検索から除外します。 
-.TP 3
-\-showversion 
-バージョン情報を表示して続行します。(関連項目: \f3\-version\fP。) 
-.TP 3
-\-splash:imagepath 
-\f2imagepath\fPに指定された画像を含むスプラッシュ画面を表示します。 
-.TP 3
-\-verbose 
-.TP 3
-\-verbose:class 
-クラスがロードされるたびにクラスに関する情報を表示します。 
-.TP 3
-\-verbose:gc 
-ガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告します。 
-.TP 3
-\-verbose:jni 
-ネイティブ・メソッドの使用およびその他のJava Native Interface(JNI)アクティビティに関する情報を報告します。 
-.TP 3
-\-version 
-バージョン情報を表示して終了します。(関連項目: \f3\-showversion\fP。) 
-.TP 3
-\-version:release 
-コマンドラインに指定されたクラスまたはJARファイルが、\f2release\fPで指定されたバージョンを必要としていることを示します。起動されたjavaコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
-.br
-.br
-\f2release\fPでは、特定のバージョンを指定できるのみでなく、バージョン文字列と呼ばれるバージョンのリストを指定することもできます。バージョン文字列は、いくつかのバージョン範囲を空白で区切った形式の順序付きリストです。バージョン範囲は、バージョンID、バージョンIDの後にアスタリスク(*)を付加したもの、バージョンIDの後にプラス記号(+)を付加したもの、2つのバージョン範囲をアンパサンド(&)で結合したもの、のいずれかになります。アスタリスクはプレフィックス一致を、プラス記号は指定されたバージョン以上を、アンパサンドは2つのバージョン範囲の論理積を、それぞれ意味します。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-\-version:"1.6.0_13 1.6*&1.6.0_10+"
-.fl
-\fP
-.fi
-上記の意味は、バージョン1.6.0_13、1.6をバージョンIDプレフィックスに持つ1.6.0_10以上のバージョン、のいずれかをクラスまたはJARファイルが必要としている、ということです。バージョン文字列の厳密な構文や定義については、「Java Network Launching Protocol&API Specification(JSR\-56)」の「Appendix A」を参照してください。
-.br
-.br
-JARファイルの場合は通常、バージョン要件をコマンドラインに指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
-.br
-.br
-このオプションの使用に関する重要なポリシー情報については、後述の注意を参照してください。 
-.RE
-
-.LP
-.SS 
-非標準オプション
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-X 
-非標準オプションに関する情報を表示して終了します。 
-.TP 3
-\-Xint 
-インタプリタ専用モードで動作します。ネイティブ・コードへのコンパイルは無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。Java HotSpot VMに対応するコンパイラが提供するパフォーマンス上の利点は、このモードでは実現されません。 
-.TP 3
-\-Xbatch 
-バックグラウンド・コンパイルを無効にします。通常、VMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\f2\-Xbatch\fPフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath:bootclasspath 
-ブート・クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのリストをコロンで区切って指定します。指定したパスに存在するブート・クラス・ファイルが、JavaプラットフォームJDKに含まれるブート・クラス・ファイルのかわりに使用されます。\f2注意: rt.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。\fP 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath/a:path 
-ディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの後に追加されます。 
-.TP 3
-\-Xbootclasspath/p:path 
-ディレクトリ、JARアーカイブおよびZIPアーカイブのパスをコロンで区切って指定します。パスはデフォルトのブートストラップ・クラス・パスの前に追加されます。\f2注意: rt.jar内のクラスをオーバーライドする目的でこのオプションを使用するアプリケーションは、システムに配置しないでください。Java Runtime Environmentバイナリ・コード・ライセンス違反になります。\fP 
-.TP 3
-\-Xcheck:jni 
-Java Native Interface(JNI)機能に対して追加チェックを行います。具体的には、Java仮想マシンはJNIリクエストを処理する前に、JNI関数に渡されるパラメータと、実行環境のデータを検証します。無効なデータが見つかった場合は、ネイティブ・コードに問題があることを示しているため、Java仮想マシンは致命的エラーを発生して終了します。このオプションを使用すると、パフォーマンス低下が予想されます。 
-.TP 3
-\-Xfuture 
-クラスとファイルの形式を厳密にチェックします。下位互換性を保つため、JDKの仮想マシンが実行するデフォルトの形式チェックは、JDKソフトウェアのバージョン1.1.xが実行するチェックと同程度の厳密さになっています。\f3\-Xfuture\fPフラグを指定すると、クラス・ファイル形式の仕様への準拠を強化するためのより厳密なチェックが有効になります。Javaアプリケーション起動ツールの将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときにはこのフラグを使用することをお薦めします。 
-.TP 3
-\-Xnoclassgc 
-クラスのガベージ・コレクションを無効にします。このオプションを使用すると、ロード済クラスからメモリーが回復されることがなくなるため、全体的なメモリー使用量が増大します。この場合、アプリケーションによってはOutOfMemoryErrorがスローされる可能性があります。 
-.TP 3
-\-Xincgc 
-インクリメンタル・ガベージ・コレクタを有効にします。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、デフォルトでは無効になっています。有効にすると、プログラムの実行中にガベージ・コレクションによる一時停止が発生しなくなります。インクリメンタル・ガベージ・コレクタは、プログラムと同時に実行することがあり、この場合、プログラムの利用できるプロセッサ能力が低下します。 
-.TP 3
-\-Xloggc:file 
-\-verbose:gcと同様にガベージ・コレクション・イベントが発生するたびに報告しますが、そのデータを\f2file\fPに記録します。\f2\-verbose:gc\fPを指定したときに報告される情報の他に、報告される各イベントの先頭に、最初のガベージ・コレクション・イベントからの経過時間(秒単位)が付け加えられます。
-.br
-.br
-ネットワークのレスポンス時間によってJVMの実行速度が低下するのを避けるため、このファイルの格納先は、常にローカル・ファイル・システムにしてください。ファイル・システムが満杯になると、ファイルは切り詰められ、そのファイルにデータが引続き記録されます。このオプションと\f2\-verbose:gc\fPの両方がコマンドラインに指定されている場合は、このオプションが優先されます。 
-.TP 3
-\-Xmnsizeまたは\-XX:NewSize 
-若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。 
-.TP 3
-\-Xmsn 
-メモリー割当プールの初期サイズをバイト数で指定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\f2k\fPまたは\f2K\fPを付けます。メガバイトを指定するには、文字\f2m\fPまたは\f2M\fPを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、
-.na
-\f2HotSpot Ergonomics\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
-.br
-.br
-例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-       \-Xms6291456
-.fl
-       \-Xms6144k
-.fl
-       \-Xms6m
-.fl
-
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-Xmxn 
-メモリー割当プールの最大サイズをバイト数で指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを指定するには、文字\f2k\fPまたは\f2K\fPを付けます。メガバイトを指定するには、文字\f2m\fPまたは\f2M\fPを付けます。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、
-.na
-\f2HotSpot Ergonomics\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics.htmlを参照してください。
-.br
-.br
-例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-       \-Xmx83886080
-.fl
-       \-Xmx81920k
-.fl
-       \-Xmx80m
-.fl
-
-.fl
-\fP
-.fi
-Solaris 7およびSolaris 8 SPARCプラットフォームの場合のこの値の上限は、およそ4000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Solaris 2.6およびx86プラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。Linuxプラットフォームの場合の上限は、およそ2000mからオーバーヘッドの量を引いたものです。 
-.TP 3
-\-Xprof 
-実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイル・データを標準出力に出力します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。  
-.TP 3
-\-Xrs 
-Java仮想マシン(JVM)によるオペレーティング・システム・シグナルの使用を減らします。
-.br
-.br
-以前のリリースでは、Javaアプリケーションを秩序正しくシャットダウンするためのシャットダウン・フック機能が追加されました。この機能により、JVMが突然終了した場合でも、シャットダウン時にユーザー・クリーン・アップコード(データベース接続のクローズなど)を実行できるようになりました。
-.br
-.br
-Sun社のJVMは、シグナルをキャッチすることによって、JVMの異常終了のためのシャットダウン・フックを実装します。JVMは、SIGHUP、SIGINTおよびSIGTERMを使用して、シャットダウン・フックの実行を開始します。
-.br
-.br
-JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという、1.2より前からある機能を実現するためにも、同様の機構を使用します。Sun社のJVMは、スレッド・ダンプを実行するためにSIGQUITを使用します。
-.br
-.br
-JVMを埋め込んでいるアプリケーションがSIGINTやSIGTERMなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があると、JVMそのもののシグナル・ハンドラの処理に支障が出る可能性があります。\f3\-Xrs\fPコマンドライン・オプションを使用すると、この問題に対処できます。Sun社のJVMに対して\f3\-Xrs\fPを使用すると、SIGINT、SIGTERM、SIGHUPおよびSIGQUITに対するシグナル・マスクはJVMによって変更されず、これらのシグナルに対するシグナル・ハンドラはインストールされません。
-.br
-.br
-\f3\-Xrs\fPを指定した場合、次の2つの影響があります。 
-.RS 3
-.TP 2
-o
-SIGQUITによるスレッド・ダンプは使用できません。 
-.TP 2
-o
-シャットダウン・フック処理の実行は、JVMが終了しようとしている時点でSystem.exit()を呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。 
-.RE
-.TP 3
-\-Xssn 
-スレッドのスタック・サイズを設定します。 
-.TP 3
-\-XX:AllocationPrefetchStyle=n 
-割当中に使用されるプリフェッチのスタイルを設定します。デフォルトは2です。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+AggressiveOpts 
-積極的な最適化を有効にします。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+|\-DisableAttachMechanism 
-このオプションは、ツール(\f2jmap\fPおよび\f2jconsole\fPなど)がJVMに接続できるかどうかを指定します。デフォルトでは、この機能は無効になっています。つまり、接続は有効です。使用例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-      java \-XX:+DisableAttachMechanism
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-XXLargePageSizeInBytes=n 
-このオプションは、ラージ・ページの最大サイズを指定します。 
-.TP 3
-\-XX:MaxGCPauseMillis=n 
-最大GC休止時間のターゲットを設定します。
-.br
-これはソフト・ゴールのため、JVMは実現のために最善の努力をします。デフォルトで設定されている最大値はありません。 
-.TP 3
-\-XX:NewSize 
-若い世代(ナーサリ)のサイズを設定します。\f3\-Xmn\fP\f4size\fPと同じです。 
-.TP 3
-\-XX:ParallelGCThreads=n 
-パラレル・コレクタ内のGCスレッドの数を設定します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:PredictedClassLoadCount=n 
-このオプションでは、最初に\f3UnlockExperimentalVMOptions\fPフラグを設定する必要があります。アプリケーションが多数のクラスをロードする場合で、特に\f3class.forName()\fPが頻繁に使用される場合は\f3PredictedClassLoadCount\fPフラグを使用します。推奨値は、\f3\-verbose:class\fPからの出力に示されているロード済クラスの数です。
-.br
-使用例: 
-.nf
-\f3
-.fl
-      java \-XX:+UnlockExperimentalVMOptions \-XX:PredictedClassLoadCount=60013
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-\-XX:+PrintCompilation 
-HotSpotダイナミック・ランタイム・コンパイラからの詳細出力を印刷します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+PrintGCDetails \-XX:+PrintGCTimeStamps 
-ガベージ・コレクション出力をタイムスタンプとともに印刷します。
-.br
-.TP 3
-\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=0 
-このフラグは、ソフトウェア参照の積極的処理を有効にします。このフラグは、HotSpot GCがソフトウェア参照カウントの影響を受ける場合に使用します。 
-.TP 3
-\-XX:TLABSize=n 
-スレッド・ローカル割当バッファ(TLAB)がHotSpotでデフォルトで有効になっています。HotSpotでは、TLABのサイズを割当パターンに基づいて自動的に決定します。\f3\-XX:TLABSize\fPオプションでTLABのサイズを微調整できます。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UnlockCommercialFeatures 
-このフラグは、商用機能の使用を能動的にロック解除する場合に使用します。商用機能とは、
-.na
-\f2Oracle Java SE Products Webページ\fP @
-.fi
-http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/terms/products/index.htmlで規定される製品"Oracle Java SE Advanced"または"Oracle Java SE Suite"です。
-.br
-このフラグが指定されていない場合、デフォルトはJava仮想マシンを使用可能な商用機能なしで実行することです。いったん商用機能を有効にすると、実行時にその使用を無効にすることはできません。 
-.TP 3
-\-XX:+UseAltSigs 
-VMではデフォルトで\f2SIGUSR1\fPおよび\f2SIGUSR2\fPを使用しますが、\f2SIGUSR1\fPおよび\f2SIGUSR2\fPをシグナル連鎖するアプリケーションと競合する場合があります。\f2\-XX:+UseAltSigs\fPオプションは、VMにデフォルトとして\f2SIGUSR1\fPと\f2SIGUSR2\fP以外のシグナルを使用させます。 
-.TP 3
-\-XX:+|\-UseCompressedOops 
-64ビットJVMで圧縮参照を有効にします。
-.br
-このオプションはデフォルトでtrueです。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UseConcMarkSweepGCまたは\-XX:+UseG1GC 
-これらのフラグはConcurrent Mark Sweep (CMS)またはG1ガベージ・コレクションを有効にします。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+|\-UseLargePages 
-このフラグは、ラージ・ページ・サポートを有効にする場合に使用します。ラージ・ページは、Solarisではデフォルトで有効になっています。
-.br
-.TP 3
-\-XX:+UseParallelOldGC 
-パラレル・ガベージ・コレクタを有効にします。これはスループットおよび平均レスポンス時間に対して最適化されます。
-.br
-.RE
-
-.LP
-.SH "注意"
-.LP
-.LP
-\f3\-version:\fP\f2release\fPコマンドライン・オプションでは、リリース指定の複雑さに制限はありません。ただし、可能なリリース指定の限られたサブセットのみが適切なサウンド・ポリシーを表現でき、それらのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-1.
-任意のバージョン。これは、このオプションを使用しないことで表現できます。 
-.TP 3
-2.
-ある特定のバージョンIDよりも大きい任意のバージョン。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+"
-.fl
-\fP
-.fi
-この場合、\f21.6.0_10\fPよりも大きい任意のバージョンが使用されます。これは、指定されたバージョンで特定のインタフェースが導入された(あるいはそのバグが修正された)場合に便利です。 
-.TP 3
-3.
-ある特定のバージョンIDよりも大きいバージョンで、そのリリース・ファミリの上限によって制限されるもの。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+&1.6*"
-.fl
-\fP
-.fi
-.TP 3
-4.
-上の項目2と項目3の「OR」式。次に例を示します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-"1.6.0_10+&1.6* 1.7+"
-.fl
-\fP
-.fi
-これは項目2に似ていますが、ある変更が特定のリリース(1.7)で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。 
-.RE
-
-.LP
-.SH "パフォーマンス・チューニングの例"
-.LP
-.LP
-スループットまたはレスポンス時間の高速化のどちらかを最適化するための、試験的なチューニング・フラグの使用例を次に示します。
-.LP
-.SS 
-スループットを向上するためのチューニング
-.LP
-.nf
-\f3
-.fl
-        java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g 
-.fl
-\fP
-.fi
-
-.LP
-.SS 
-レスポンス時間を速くするためのチューニング
-.LP
-.nf
-\f3
-.fl
-        java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamps 
-.fl
-\fP
-.fi
-
-.LP
-.SH "終了ステータス"
-.LP
-.LP
-一般に、次の終了値が起動ツールから返されるのは通常、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJava仮想マシンから例外がスローされた場合です。ただしJavaアプリケーションは、API呼出し\f2System.exit(exitValue)\fPを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-\f20\fP: 正常終了 
-.TP 2
-o
-\f2>0\fP: エラー発生 
-.RE
-
-.LP
-.SH "関連項目"
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-javac(1) 
-.TP 2
-o
-jdb(1) 
-.TP 2
-o
-javah(1) 
-.TP 2
-o
-jar(1) 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2Java拡張機能フレームワーク\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2セキュリティ\fP @
-.fi
-http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/security/index.html 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2HotSpot VM Specific Options\fP @
-.fi
-http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/vmoptions\-jsp\-140102.html 
-.RE
-
-.LP
- 
+'pl 8.5i
+'bp
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jcmd.1	Thu Jul 18 11:19:22 2013 -0700
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jcmd.1	Wed Jul 24 16:21:45 2013 -0700
@@ -1,4 +1,4 @@
-." Copyright (c) 1994, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
+." Copyright (c) 2012, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -19,100 +19,98 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH jcmd 1 "05 Jul 2012"
+.TH jcmd 1 "11 Jul 2013"
 
 .LP
-.SH "名前"
-jcmd \- 診断コマンド
-.LP
-.LP
-\f3jcmd\fPは、実行中のJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
-.LP
+.SH "NAME"
+jcmd \- 実行中のJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信します。
 .SH "形式"
-.LP
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
 .nf
-\f3
-.fl
-    \fP\f3jcmd\fP [ option ] 
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> PerfCounter.print
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> \f2command\fP [\f2arguments\fP]
-.fl
-    \f3jcmd\fP <\f2pid\fP | \f2main class\fP> \-f \f2file\fP
-.fl
+java [ \fIoptions\fR ]
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] PerfCounter\&.print
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] \fIcommand\fR [\fIarguments\fR]
+java [ \fIpid\fR | \fImain\-class\fR ] \-f \fIfile\fR
 .fi
-
-.LP
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+\fIオプション\fR
+.RS 4
+コマンドライン・\fIオプション\fR。オプションを参照してください。
+.RE
+.PP
+\fIpid\fR
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+\fImain class\fR
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスが同じメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+\fIcommand\fR [arguments]
+.RS 4
+診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスが同じメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。
+.RE
+.PP
+Perfcounter\&.print
+.RS 4
+ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。
+.RE
+.PP
+\-f \fIfile\fR
+.RS 4
+\fIfile\fRからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスでコールします。\fIfile\fRでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行がコールされるか、\fIstop\fRキーワードを含む行が読み取られると、\fIfile\fRの処理が終了します。
+.RE
 .SH "説明"
-.LP
-.LP
-\f3jcmd\fPは、この機能をサポートするJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
-.LP
-.LP
-引数なしまたは\-lオプションを指定してjcmdを使用すると、実行中のJavaプロセスがプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに表示されます。
-.LP
-.LP
-プロセスIDをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
-.LP
-.LP
-メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、jcmdでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
-.LP
-.LP
-PerfCounter.print引数を指定すると、jcmdでは、ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
-.LP
-.LP
-\-f オプションを指定すると、jcmdでは、\f2file\fPに保存されている診断コマンドがターゲットのJavaプロセスに送信されます。
-.LP
+.PP
+\fIjcmd\fRは、この機能をサポートするJava仮想マシンに診断コマンド・リクエストを送信するユーティリティです。
+.PP
+引数なしまたは\fI\-l\fRオプションを指定して\fIjcmd\fRを使用すると、実行中のJavaプロセスがプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。
+.PP
+プロセスIDをコマンドラインに指定すると、\fIjcmd\fRでは、このIDのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+.PP
+メイン・クラスをコマンドラインに指定すると、\fIjcmd\fRでは、コマンドライン引数がJavaプロセスのメイン・クラスの部分文字列であるすべてのJavaプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。
+.PP
+\fIPerfCounter\&.print\fR引数を指定すると、\fIjcmd\fRではターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。
+.PP
+\fI\-f\fRオプションを指定すると、\fIjcmd\fRでは、指定された\fIfile\fRに格納されている診断コマンドがターゲットのJavaプロセスに送信されます。
 .SH "オプション"
-.LP
-.LP
-各オプションは互いに排他的です。オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-\-l 
-実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。 
-.TP 3
-\-h 
-ヘルプ・メッセージが出力されます。 
-.TP 3
-\-help 
-ヘルプ・メッセージが出力されます。 
+.PP
+各オプションは互いに排他的です。オプションを使用する場合は、コマンド名の直後に記述する必要があります。
+.PP
+\-l
+.RS 4
+実行中のJavaプロセスの一覧がプロセスID、メイン・クラスおよびコマンドライン引数とともに出力されます。
 .RE
-
-.LP
-.SH "パラメータ"
-.LP
-.RS 3
-.TP 3
-pid 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスを指定します。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.TP 3
-main class 
-診断コマンド・リクエストを受信するプロセスのメイン・クラスです。プロセスを照合する際には、指定された文字列がメイン・クラス名に部分文字列として含まれているすべてのプロセスが一致したとみなされます。いくつかの実行中のJavaプロセスがこのメイン・クラスを共有している場合は、それらすべてのプロセスに診断コマンド・リクエストが送信されます。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)またはjcmd(1)を使用します。 
-.TP 3
-command [arguments] 
-\f2command\fPという名前の診断コマンドをターゲットのJavaプロセスに対して起動します。指定したプロセスで使用できる診断コマンドのリストは、このプロセスに対して\f3help\fPコマンドを呼び出せば表示されます。各診断コマンドには独自の\f2arguments\fPのセットがあり、コマンド名の後に\f3help\fPを指定して呼び出せば表示されます。 
-.TP 3
-PerfCounter.print 
-ターゲットのJavaプロセスで使用可能なパフォーマンス・カウンタが出力されます。パフォーマンス・カウンタのリストはJavaプロセスによって異なる場合があります。 
-.TP 3
-\-f file 
-\f2file\fPからコマンドを読み取って、ターゲットのJavaプロセスで呼び出します。\f2file\fPでは、各コマンドを1行に記述する必要があります。#で始まる行は無視されます。すべての行が呼び出されるか、\f3stop\fPキーワードを含む行が読み取られると、\f2file\fPの処理が終了します。 
+.PP
+\-h
+.RS 4
+ヘルプ・メッセージが出力されます。
 .RE
-
-.LP
+.PP
+\-help
+.RS 4
+ヘルプ・メッセージが出力されます。
+.RE
 .SH "関連項目"
-.LP
-.RS 3
-.TP 2
-o
-jps(1) 
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+jps
 .RE
-
-.LP
-.LP
-jps(1)
-.LP
- 
+.br
+'pl 8.5i
+'bp