comparison src/linux/doc/man/ja/jjs.1 @ 11881:5d018ec41792

8077992: Eliminate JDK build dependency of native2ascii and update Japanese nroff man pages to UTF-8 encoding Reviewed-by: mchung Contributed-by: michael.fang@oracle.com
author ihse
date Wed, 06 May 2015 10:25:51 +0200
parents 3a500be9f9ba
children aa8e52dfeee9
comparison
equal deleted inserted replaced
0:8bb4de1731b3 1:7932a28378c4
1 '\" t 1 '\" t
2 .\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 .\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
3 .\" Title: jjs 3 .\" Title: jjs
4 .\" Language: English 4 .\" Language: English
5 .\" Date: 2013ǯ1121 5 .\" Date: 2013年11月21日
6 .\" SectDesc: ܥġ 6 .\" SectDesc: 基本ツール
7 .\" Software: JDK 8 7 .\" Software: JDK 8
8 .\" Arch: 8 .\" Arch: 汎用
9 .\" 9 .\"
10 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER. 10 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
11 .\" 11 .\"
12 .\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it 12 .\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
13 .\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as 13 .\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
26 .\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA 26 .\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
27 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any 27 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
28 .\" questions. 28 .\" questions.
29 .\" 29 .\"
30 .pl 99999 30 .pl 99999
31 .TH "jjs" "1" "2013ǯ1121" "JDK 8" "ܥġ" 31 .TH "jjs" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
32 .\" ----------------------------------------------------------------- 32 .\" -----------------------------------------------------------------
33 .\" * Define some portability stuff 33 .\" * Define some portability stuff
34 .\" ----------------------------------------------------------------- 34 .\" -----------------------------------------------------------------
35 .\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 35 .\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
36 .\" http://bugs.debian.org/507673 36 .\" http://bugs.debian.org/507673
47 .ad l 47 .ad l
48 .\" ----------------------------------------------------------------- 48 .\" -----------------------------------------------------------------
49 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE * 49 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
50 .\" ----------------------------------------------------------------- 50 .\" -----------------------------------------------------------------
51 .SH "NAME" 51 .SH "NAME"
52 jjs \- Nashorn󥸥ƤӽФޤ 52 jjs \- Nashornエンジンを呼び出します。
53 .SH "" 53 .SH "概要"
54 .sp 54 .sp
55 .if n \{\ 55 .if n \{\
56 .RS 4 56 .RS 4
57 .\} 57 .\}
58 .nf 58 .nf
62 .RE 62 .RE
63 .\} 63 .\}
64 .PP 64 .PP
65 \fIoptions\fR 65 \fIoptions\fR
66 .RS 4 66 .RS 4
67 ʸǶڤ줿\fIjjs\fRޥɤ1İʾΥץ󡣾ܺ٤ϡץ򻲾ȤƤ 67 空白文字で区切られた、\fIjjs\fRコマンドの1つ以上のオプション。詳細は、オプションを参照してください。
68 .RE 68 .RE
69 .PP 69 .PP
70 \fIscript\-files\fR 70 \fIscript\-files\fR
71 .RS 4 71 .RS 4
72 ʸǶڤ줿NashornѤƲ᤹1İʾΥץȡե롣ե뤬ꤵʤϡ÷뤬ưޤ 72 空白文字で区切られた、Nashornを使用して解釈する1つ以上のスクリプト・ファイル。ファイルが指定されない場合は、対話型シェルが起動されます。
73 .RE 73 .RE
74 .PP 74 .PP
75 \fIarguments\fR 75 \fIarguments\fR
76 .RS 4 76 .RS 4
77 ťϥե󡦥ޡ(\fI\-\-\fR)θΤ٤ƤͤȤƥץȤޤ÷Ϥޤͤˤ\fIarguments\fRץѥƥѤƥǤޤ(Example 3򻲾ȤƤ) 77 二重ハイフン・マーカー(\fI\-\-\fR)の後のすべての値が、引数としてスクリプトまたは対話型シェルに渡されます。これらの値には\fIarguments\fRプロパティを使用してアクセスできます(Example 3を参照してください)。
78 .RE 78 .RE
79 .SH "" 79 .SH "説明"
80 .PP 80 .PP
81 \fIjjs\fRޥɥ饤󡦥ġѤNashorn󥸥ƤӽФޤѤơ1ĤޤʣΥץȡեᤷꡢ÷¹Ԥ뤳ȤǤޤ 81 \fIjjs\fRコマンドライン・ツールを使用してNashornエンジンを呼び出します。これを使用して、1つまたは複数のスクリプト・ファイルを解釈したり、対話型シェルを実行することができます。
82 .SH "ץ" 82 .SH "オプション"
83 .PP 83 .PP
84 \fIjjs\fRޥɤΥץϥץȤNashornˤäƲᤵ椷ޤ 84 \fIjjs\fRコマンドのオプションはスクリプトがNashornによって解釈される条件を制御します。
85 .PP 85 .PP
86 \-ccs=\fIsize\fR, \-\-class\-cache\-size=\fIsize\fR 86 \-ccs=\fIsize\fR, \-\-class\-cache\-size=\fIsize\fR
87 .RS 4 87 .RS 4
88 饹å塦Хñ̤ꤷޤХ(KB)򼨤\fIk\fRޤ\fIK\fRʸɲäᥬХ(MB)򼨤\fIm\fRޤ\fIM\fRʸɲäХ(GB)򼨤\fIg\fRޤ\fIG\fRɲäޤǥեȤǤϡ饹å塦50ХȤꤵޤϡ1024Х(1 KB)ꤹˡ򼨤ޤ 88 クラス・キャッシュ・サイズをバイト単位で設定します。キロバイト(KB)を示すために\fIk\fRまたは\fIK\fRの文字を追加し、メガバイト(MB)を示すために\fIm\fRまたは\fIM\fRの文字を追加し、ギガバイト(GB)を示すために\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、クラス・キャッシュ・サイズは50バイトに設定されます。次の例は、1024バイト(1 KB)に設定する方法を示します。
89 .sp 89 .sp
90 .if n \{\ 90 .if n \{\
91 .RS 4 91 .RS 4
92 .\} 92 .\}
93 .nf 93 .nf
99 .\} 99 .\}
100 .RE 100 .RE
101 .PP 101 .PP
102 \-co, \-\-compile\-only 102 \-co, \-\-compile\-only
103 .RS 4 103 .RS 4
104 ץȤ¹Ԥ˥ѥ뤷ޤ 104 スクリプトを実行せずにコンパイルします。
105 .RE 105 .RE
106 .PP 106 .PP
107 \-cp \fIpath\fR, \-\-classpath \fIpath\fR 107 \-cp \fIpath\fR, \-\-classpath \fIpath\fR
108 .RS 4 108 .RS 4
109 ݡȤ륯饹ؤΥѥꤷޤʣΥѥꤹˤϡΥץ򷫤֤ޤϳƥѥ򥳥(:)Ƕڤޤ 109 サポートするクラスへのパスを指定します。複数のパスを設定するには、このオプションを繰り返すか、または各パスをコロン(:)で区切ります。
110 .RE 110 .RE
111 .PP 111 .PP
112 \-D\fIname\fR=\fIvalue\fR 112 \-D\fIname\fR=\fIvalue\fR
113 .RS 4 113 .RS 4
114 ץѥƥ̾ͤƤ뤳ȤǡץȤϤƥࡦץѥƥꤷޤǡ÷⡼ɤNashornƤӽФơ\fImyValue\fR\fImyKey\fRȤ̾Υץѥƥ˳Ƥˡ򼨤ޤ 114 プロパティ名に値を割り当てることで、スクリプトに渡すシステム・プロパティを設定します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、\fImyValue\fRを\fImyKey\fRという名前のプロパティに割り当てる方法を示します。
115 .sp 115 .sp
116 .if n \{\ 116 .if n \{\
117 .RS 4 117 .RS 4
118 .\} 118 .\}
119 .nf 119 .nf
123 jjs> 123 jjs>
124 .fi 124 .fi
125 .if n \{\ 125 .if n \{\
126 .RE 126 .RE
127 .\} 127 .\}
128 Υץ򷫤֤ѤȡʣΥץѥƥǤޤ 128 このオプションを繰り返し使用すると、複数のプロパティを設定できます。
129 .RE 129 .RE
130 .PP 130 .PP
131 \-d=\fIpath\fR, \-\-dump\-debug\-dir=\fIpath\fR 131 \-d=\fIpath\fR, \-\-dump\-debug\-dir=\fIpath\fR
132 .RS 4 132 .RS 4
133 饹եפǥ쥯ȥؤΥѥꤷޤ 133 クラス・ファイルをダンプするディレクトリへのパスを指定します。
134 .RE 134 .RE
135 .PP 135 .PP
136 \-\-debug\-lines 136 \-\-debug\-lines
137 .RS 4 137 .RS 4
138 饹եιֹɽޤǥեȤǤϡΥץͭˤʤäƤޤ̵ˤˤ\fI\-\-debug\-lines=false\fRꤷޤ 138 クラス・ファイル内の行番号表を生成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-debug\-lines=false\fRを指定します。
139 .RE 139 .RE
140 .PP 140 .PP
141 \-\-debug\-locals 141 \-\-debug\-locals
142 .RS 4 142 .RS 4
143 饹եΥѿޤ 143 クラス・ファイル内のローカル変数を生成します。
144 .RE 144 .RE
145 .PP 145 .PP
146 \-doe, \-\-dump\-on\-error 146 \-doe, \-\-dump\-on\-error
147 .RS 4 147 .RS 4
148 顼ȯȤˡե롦åȥ졼󶡤ޤǥեȤǤϡñʥ顼åΤߤϤޤ 148 エラーが発生したときに、フル・スタック・トレースを提供します。デフォルトでは、簡単なエラー・メッセージのみが出力されます。
149 .RE 149 .RE
150 .PP 150 .PP
151 \-\-early\-lvalue\-error 151 \-\-early\-lvalue\-error
152 .RS 4 152 .RS 4
153 ̵ʺͼ顼Ȥ(ĤޤꡢɤϤȤ)𤵤ޤǥեȤǤϡΥץͭˤʤäƤޤ̵ˤˤ\fI\-\-early\-lvalue\-error=false\fRꤷޤ̵ʾ硢̵ʺͼϥɤ¹Ԥޤ𤵤ޤ 153 無効な左辺値式が早期エラーとして(つまり、コードが解析されるときに)報告されます。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-early\-lvalue\-error=false\fRを指定します。無効な場合、無効な左辺値式はコードが実行されるまで報告されません。
154 .RE 154 .RE
155 .PP 155 .PP
156 \-\-empty\-statements 156 \-\-empty\-statements
157 .RS 4 157 .RS 4
158 ʸJavaݹʸĥ꡼¸ޤ 158 空の文をJavaの抽象構文ツリーに保存します。
159 .RE 159 .RE
160 .PP 160 .PP
161 \-fv, \-\-fullversion 161 \-fv, \-\-fullversion
162 .RS 4 162 .RS 4
163 NashornСʸϤޤ 163 完全なNashornバージョン文字列を出力します。
164 .RE 164 .RE
165 .PP 165 .PP
166 \-\-function\-statement\-error 166 \-\-function\-statement\-error
167 .RS 4 167 .RS 4
168 ؿʸȤƻѤȥ顼åϤޤ 168 関数の宣言が文として使用されるとエラー・メッセージが出力されます。
169 .RE 169 .RE
170 .PP 170 .PP
171 \-\-function\-statement\-warning 171 \-\-function\-statement\-warning
172 .RS 4 172 .RS 4
173 ؿʸȤƻѤȷٹåϤޤ 173 関数の宣言が文として使用されると警告メッセージが出力されます。
174 .RE 174 .RE
175 .PP 175 .PP
176 \-fx 176 \-fx
177 .RS 4 177 .RS 4
178 ץȤJavaFXץꥱȤƵưޤ 178 スクリプトをJavaFXアプリケーションとして起動します。
179 .RE 179 .RE
180 .PP 180 .PP
181 \-h, \-help 181 \-h, \-help
182 .RS 4 182 .RS 4
183 ץΥꥹȤȤϤޤ 183 オプションのリストとその説明を出力します。
184 .RE 184 .RE
185 .PP 185 .PP
186 \-J\fIoption\fR 186 \-J\fIoption\fR
187 .RS 4 187 .RS 4
188 ꤷ\fIjava\fRưץJVMϤޤǡ÷⡼ɤNashornƤӽФơJVMˤäƻѤ꡼4 GBꤹˡ򼨤ޤ 188 指定した\fIjava\fR起動オプションをJVMに渡します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、JVMによって使用される最大メモリーを4 GBに設定する方法を示します。
189 .sp 189 .sp
190 .if n \{\ 190 .if n \{\
191 .RS 4 191 .RS 4
192 .\} 192 .\}
193 .nf 193 .nf
197 jjs> 197 jjs>
198 .fi 198 .fi
199 .if n \{\ 199 .if n \{\
200 .RE 200 .RE
201 .\} 201 .\}
202 Υץ򷫤֤Ѥȡʣ\fIjava\fRޥɡץϤȤǤޤ 202 このオプションを繰り返し使用すると、複数の\fIjava\fRコマンド・オプションを渡すことができます。
203 .RE 203 .RE
204 .PP 204 .PP
205 \-\-lazy\-compilation 205 \-\-lazy\-compilation
206 .RS 4 206 .RS 4
207 쥤ά(ĤޤꡢץΤ٤˥ѥ뤵ʤ)ͭˤޤΥץϻŪʤΤǤ 207 レイジー・コード生成戦略(つまり、スクリプト全体が一度にコンパイルされない)を有効にします。このオプションは試験的なものです。
208 .RE 208 .RE
209 .PP 209 .PP
210 \-\-loader\-per\-compile 210 \-\-loader\-per\-compile
211 .RS 4 211 .RS 4
212 ѥ뤴Ȥ˿饹ޤǥեȤǤϡΥץͭˤʤäƤޤ̵ˤˤ\fI\-\-loader\-per\-compile=false\fRꤷޤ 212 コンパイルごとに新しいクラス・ローダーを作成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-loader\-per\-compile=false\fRを指定します。
213 .RE 213 .RE
214 .PP 214 .PP
215 \-\-log=\fIsubsystem\fR:\fIlevel\fR 215 \-\-log=\fIsubsystem\fR:\fIlevel\fR
216 .RS 4 216 .RS 4
217 ꤵ줿֥ƥФơΥ٥ǥ󥰤¹ԤޤޤǶڤäʣΥ֥ƥΥ󥰡٥Ǥޤ򼨤ޤ 217 指定されたサブシステムに対して、特定のレベルでロギングを実行します。カンマで区切って複数のサブシステムのロギング・レベルを指定できます。次に例を示します。
218 .sp 218 .sp
219 .if n \{\ 219 .if n \{\
220 .RS 4 220 .RS 4
221 .\} 221 .\}
222 .nf 222 .nf
227 .\} 227 .\}
228 .RE 228 .RE
229 .PP 229 .PP
230 \-\-package=\fIname\fR 230 \-\-package=\fIname\fR
231 .RS 4 231 .RS 4
232 줿饹եɲäѥåꤷޤ 232 生成されたクラス・ファイルを追加するパッケージを指定します。
233 .RE 233 .RE
234 .PP 234 .PP
235 \-\-parse\-only 235 \-\-parse\-only
236 .RS 4 236 .RS 4
237 ѥ뤻˥ɤϤޤ 237 コンパイルせずにコードを解析します。
238 .RE 238 .RE
239 .PP 239 .PP
240 \-\-print\-ast 240 \-\-print\-ast
241 .RS 4 241 .RS 4
242 ݹʸĥ꡼Ϥޤ 242 抽象構文ツリーを出力します。
243 .RE 243 .RE
244 .PP 244 .PP
245 \-\-print\-code 245 \-\-print\-code
246 .RS 4 246 .RS 4
247 ХȥɤϤޤ 247 バイトコードを出力します。
248 .RE 248 .RE
249 .PP 249 .PP
250 \-\-print\-lower\-ast 250 \-\-print\-lower\-ast
251 .RS 4 251 .RS 4
252 겼ݹʸĥ꡼Ϥޤ 252 掘り下げた抽象構文ツリーを出力します。
253 .RE 253 .RE
254 .PP 254 .PP
255 \-\-print\-lower\-parse 255 \-\-print\-lower\-parse
256 .RS 4 256 .RS 4
257 겼ϥĥ꡼Ϥޤ 257 掘り下げた解析ツリーを出力します。
258 .RE 258 .RE
259 .PP 259 .PP
260 \-\-print\-no\-newline 260 \-\-print\-no\-newline
261 .RS 4 261 .RS 4
262 ¾\fI\-\-print*\fRץǶŪ1ԤǽϤޤ 262 その他の\fI\-\-print*\fRオプションで強制的に1行で出力します。
263 .RE 263 .RE
264 .PP 264 .PP
265 \-\-print\-parse 265 \-\-print\-parse
266 .RS 4 266 .RS 4
267 ϥĥ꡼Ϥޤ 267 解析ツリーを出力します。
268 .RE 268 .RE
269 .PP 269 .PP
270 \-\-print\-symbols 270 \-\-print\-symbols
271 .RS 4 271 .RS 4
272 ɽϤޤ 272 記号表を出力します。
273 .RE 273 .RE
274 .PP 274 .PP
275 \-pcs, \-\-profile\-callsites 275 \-pcs, \-\-profile\-callsites
276 .RS 4 276 .RS 4
277 ƤӽФȤΥץե롦ǡפޤ 277 呼び出しサイトのプロファイル・データをダンプします。
278 .RE 278 .RE
279 .PP 279 .PP
280 \-scripting 280 \-scripting
281 .RS 4 281 .RS 4
282 Υץȵǽͭˤޤ 282 シェルのスクリプト機能を有効にします。
283 .RE 283 .RE
284 .PP 284 .PP
285 \-\-stderr=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR 285 \-\-stderr=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
286 .RS 4 286 .RS 4
287 ɸ२顼ȥ꡼ꤷե롢ȥ꡼(Ȥ\fIstdout\fR)ˡޤϥƥü˥쥯Ȥޤ 287 標準エラー・ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fIstdout\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
288 .RE 288 .RE
289 .PP 289 .PP
290 \-\-stdout=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR 290 \-\-stdout=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
291 .RS 4 291 .RS 4
292 ɸϥȥ꡼ꤷե롢ȥ꡼(Ȥ\fIstderr\fR)ˡޤϥƥü˥쥯Ȥޤ 292 標準出力ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fIstderr\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
293 .RE 293 .RE
294 .PP 294 .PP
295 \-strict 295 \-strict
296 .RS 4 296 .RS 4
297 ɸ(ECMAScript Edition 5\&.1)ؤν򶯲strict⡼ɤͭˤˤ궦̤Υǥ󥰡顼ñ˸ФǤ褦ˤʤޤ 297 標準(ECMAScript Edition 5\&.1)への準拠を強化するstrictモードを有効にし、これにより共通のコーディング・エラーを簡単に検出できるようになります。
298 .RE 298 .RE
299 .PP 299 .PP
300 \-t=\fIzone\fR, \-timezone=\fIzone\fR 300 \-t=\fIzone\fR, \-timezone=\fIzone\fR
301 .RS 4 301 .RS 4
302 ץȤμ¹ԤФꤷॾꤷޤOSꤵ줿ॾ򥪡С饤ɤ\fIDate\fR֥ȤǻѤޤ 302 スクリプトの実行に対し指定したタイムゾーンを設定します。OSで設定されたタイムゾーンをオーバーライドし、\fIDate\fRオブジェクトで使用されます。
303 .RE 303 .RE
304 .PP 304 .PP
305 \-tcs=\fIparameter\fR, \-\-trace\-callsites=\fIparameter\fR 305 \-tcs=\fIparameter\fR, \-\-trace\-callsites=\fIparameter\fR
306 .RS 4 306 .RS 4
307 ƽФȤΥȥ졼Υ⡼ɤͭˤޤѲǽʥѥ᡼ϡΤȤǤ 307 呼出しサイトのトレースのモードを有効にします。使用可能なパラメータは、次のとおりです。
308 .PP 308 .PP
309 miss 309 miss
310 .RS 4 310 .RS 4
311 ƽФȤΥߥȥ졼ޤ 311 呼出しサイトのミスをトレースします。
312 .RE 312 .RE
313 .PP 313 .PP
314 enterexit 314 enterexit
315 .RS 4 315 .RS 4
316 ƽФȤؤνȥ졼ޤ 316 呼出しサイトへの出入りをトレースします。
317 .RE 317 .RE
318 .PP 318 .PP
319 objects 319 objects
320 .RS 4 320 .RS 4
321 ֥ȤΥץѥƥϤޤ 321 オブジェクトのプロパティを出力します。
322 .RE 322 .RE
323 .RE 323 .RE
324 .PP 324 .PP
325 \-\-verify\-code 325 \-\-verify\-code
326 .RS 4 326 .RS 4
327 Хȥɤ¹Ԥ˸ڤޤ 327 バイトコードを実行する前に検証します。
328 .RE 328 .RE
329 .PP 329 .PP
330 \-v, \-version 330 \-v, \-version
331 .RS 4 331 .RS 4
332 NashornСʸϤޤ 332 Nashornバージョン文字列を出力します。
333 .RE 333 .RE
334 .PP 334 .PP
335 \-xhelp 335 \-xhelp
336 .RS 4 336 .RS 4
337 ޥɥ饤󡦥ץγĥإפϤޤ 337 コマンドライン・オプションの拡張ヘルプを出力します。
338 .RE 338 .RE
339 .SH "" 339 .SH "例"
340 .PP 340 .PP
341 \fBExample 1\fR, NashornѤץȤμ¹ 341 \fBExample 1\fR, Nashornを使用したスクリプトの実行
342 .RS 4 342 .RS 4
343 .sp 343 .sp
344 .if n \{\ 344 .if n \{\
345 .RS 4 345 .RS 4
346 .\} 346 .\}
350 .if n \{\ 350 .if n \{\
351 .RE 351 .RE
352 .\} 352 .\}
353 .RE 353 .RE
354 .PP 354 .PP
355 \fBExample 2\fR, ÷⡼ɤǤNashornμ¹ 355 \fBExample 2\fR, 対話型モードでのNashornの実行
356 .RS 4 356 .RS 4
357 .sp 357 .sp
358 .if n \{\ 358 .if n \{\
359 .RS 4 359 .RS 4
360 .\} 360 .\}
368 .if n \{\ 368 .if n \{\
369 .RE 369 .RE
370 .\} 370 .\}
371 .RE 371 .RE
372 .PP 372 .PP
373 \fBExample 3\fR, NashornؤΰϤ 373 \fBExample 3\fR, Nashornへの引数の渡し
374 .RS 4 374 .RS 4
375 .sp 375 .sp
376 .if n \{\ 376 .if n \{\
377 .RS 4 377 .RS 4
378 .\} 378 .\}
384 .fi 384 .fi
385 .if n \{\ 385 .if n \{\
386 .RE 386 .RE
387 .\} 387 .\}
388 .RE 388 .RE
389 .SH "Ϣ" 389 .SH "関連項目"
390 .PP 390 .PP
391 \fIjrunscript\fR 391 \fIjrunscript\fR
392 .br 392 .br
393 'pl 8.5i 393 'pl 8.5i
394 'bp 394 'bp