comparison src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jdb.1 @ 11881:5d018ec41792

8077992: Eliminate JDK build dependency of native2ascii and update Japanese nroff man pages to UTF-8 encoding Reviewed-by: mchung Contributed-by: michael.fang@oracle.com
author ihse
date Wed, 06 May 2015 10:25:51 +0200
parents 3a500be9f9ba
children aa8e52dfeee9
comparison
equal deleted inserted replaced
6:a478e9c8cbc3 7:bbe7f4823a70
1 '\" t 1 '\" t
2 .\" Copyright (c) 1995, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2 .\" Copyright (c) 1995, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
3 .\" Title: jdb 3 .\" Title: jdb
4 .\" Language: English 4 .\" Language: English
5 .\" Date: 2013ǯ1121 5 .\" Date: 2013年11月21日
6 .\" SectDesc: ܥġ 6 .\" SectDesc: 基本ツール
7 .\" Software: JDK 8 7 .\" Software: JDK 8
8 .\" Arch: 8 .\" Arch: 汎用
9 .\" 9 .\"
10 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER. 10 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
11 .\" 11 .\"
12 .\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it 12 .\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
13 .\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as 13 .\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
26 .\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA 26 .\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
27 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any 27 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
28 .\" questions. 28 .\" questions.
29 .\" 29 .\"
30 .pl 99999 30 .pl 99999
31 .TH "jdb" "1" "2013ǯ1121" "JDK 8" "ܥġ" 31 .TH "jdb" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
32 .\" ----------------------------------------------------------------- 32 .\" -----------------------------------------------------------------
33 .\" * Define some portability stuff 33 .\" * Define some portability stuff
34 .\" ----------------------------------------------------------------- 34 .\" -----------------------------------------------------------------
35 .\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 35 .\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
36 .\" http://bugs.debian.org/507673 36 .\" http://bugs.debian.org/507673
47 .ad l 47 .ad l
48 .\" ----------------------------------------------------------------- 48 .\" -----------------------------------------------------------------
49 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE * 49 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
50 .\" ----------------------------------------------------------------- 50 .\" -----------------------------------------------------------------
51 .SH "NAME" 51 .SH "NAME"
52 jdb \- JavaץåȥեࡦץԶ򸡽Фӽޤ 52 jdb \- Javaプラットフォーム・プログラムの不具合を検出および修正します。
53 .SH "" 53 .SH "概要"
54 .sp 54 .sp
55 .if n \{\ 55 .if n \{\
56 .RS 4 56 .RS 4
57 .\} 57 .\}
58 .nf 58 .nf
62 .RE 62 .RE
63 .\} 63 .\}
64 .PP 64 .PP
65 \fIoptions\fR 65 \fIoptions\fR
66 .RS 4 66 .RS 4
67 ޥɥ饤󡦥ץ󡣥ץ򻲾ȤƤ 67 コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
68 .RE 68 .RE
69 .PP 69 .PP
70 \fIclass\fRname 70 \fIclass\fRname
71 .RS 4 71 .RS 4
72 ǥХåᥤ󡦥饹̾ 72 デバッグするメイン・クラスの名前。
73 .RE 73 .RE
74 .PP 74 .PP
75 \fIarguments\fR 75 \fIarguments\fR
76 .RS 4 76 .RS 4
77 class\fImain()\fR᥽åɤϤ 77 classの\fImain()\fRメソッドに渡す引数。
78 .RE 78 .RE
79 .SH "" 79 .SH "説明"
80 .PP 80 .PP
81 JavaǥХå(JDB)ϡJava饹Ѥδñʥޥɥ饤󡦥ǥХåǤ\fIjdb\fRޥɤȤΥץJDBƤӽФޤ\fIjdb\fRޥɤϡJDBA (Java Platform Debugger Architecture)Ū˼¹Ԥޤϥ⡼ȤJavaۥޥ(JVM)θȥǥХåԤȤǤޤJava Platform Debugger Architecture (JDBA) 81 Javaデバッガ(JDB)は、Javaクラス用の簡単なコマンドライン・デバッガです。\fIjdb\fRコマンドとそのオプションはJDBを呼び出します。\fIjdb\fRコマンドは、JDBA (Java Platform Debugger Architecture)を視覚的に実行し、ローカルまたはリモートのJava仮想マシン(JVM)の検査とデバッグを行うことができます。Java Platform Debugger Architecture (JDBA)
82 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/jpda/index\&.html)򻲾ȤƤ 82 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/jpda/index\&.html)を参照してください。
83 .SS "JDBåγ" 83 .SS "JDBセッションの開始"
84 .PP 84 .PP
85 JDBå򳫻Ϥˤ͡ˡޤǤˤ˻ѤΤϡǥХå륢ץꥱΥᥤ󡦥饹ѤơJDB鿷JVMưˡǤޥɥ饤ǡ\fIjava\fRޥɤΤ\fIjdb\fRޥɤϤޤȤСץꥱΥᥤ󡦥饹\fIMyClass\fRξϡJDBĶǥǥХåȤ˼ΥޥɤѤޤ 85 JDBセッションを開始するには様々な方法があります。最も頻繁に使用されるのは、デバッグするアプリケーションのメイン・クラスを使用して、JDBから新しいJVMを起動する方法です。コマンドラインで、\fIjava\fRコマンドのかわりに\fIjdb\fRコマンドを入力します。たとえば、アプリケーションのメイン・クラスが\fIMyClass\fRの場合は、JDB環境でデバッグするときに次のコマンドを使用します。
86 .sp 86 .sp
87 .if n \{\ 87 .if n \{\
88 .RS 4 88 .RS 4
89 .\} 89 .\}
90 .nf 90 .nf
92 .fi 92 .fi
93 .if n \{\ 93 .if n \{\
94 .RE 94 .RE
95 .\} 95 .\}
96 .PP 96 .PP
97 ˡǵưȡ\fIjdb\fRޥɤϡꤵ줿ѥ᡼Ѥ2ܤJVMƤӽФޤˡꤵ줿饹ɤơ饹κǽ̿¹ԤJVMߤޤ 97 この方法で起動すると、\fIjdb\fRコマンドは、指定されたパラメータを使用して2つ目のJVMを呼び出します。次に、指定されたクラスをロードして、クラスの最初の命令を実行する前にJVMを停止させます。
98 .PP 98 .PP
99 \fIjdb\fRޥɤΤ⤦1ĤλˡϡǤ˼¹JVMjdb³뤳ȤǤ\fIjdb\fRޥɤ³VM򡢤μ¹˵ư뤿ιʸ򼡤˼ޤϡץǥХåѥ饤֥ɤ³μꤷޤ 99 \fIjdb\fRコマンドのもう1つの使用方法は、すでに実行中のJVMにjdbを接続することです。\fIjdb\fRコマンドが接続するVMを、その実行中に起動するための構文を次に示します。これは、インプロセス・デバッグ用ライブラリをロードし、接続の種類を指定します。
100 .sp 100 .sp
101 .if n \{\ 101 .if n \{\
102 .RS 4 102 .RS 4
103 .\} 103 .\}
104 .nf 104 .nf
106 .fi 106 .fi
107 .if n \{\ 107 .if n \{\
108 .RE 108 .RE
109 .\} 109 .\}
110 .PP 110 .PP
111 ΥޥɤѤơ\fIjdb\fRޥɤJVM³Ǥޤ 111 次のコマンドを使用して、\fIjdb\fRコマンドをJVMに接続できます。
112 .sp 112 .sp
113 .if n \{\ 113 .if n \{\
114 .RS 4 114 .RS 4
115 .\} 115 .\}
116 .nf 116 .nf
118 .fi 118 .fi
119 .if n \{\ 119 .if n \{\
120 .RE 120 .RE
121 .\} 121 .\}
122 .PP 122 .PP
123 ξ硢\fIjdb\fRޥɤϿJVMư뤫˴¸JVM³뤿ᡢ\fIjdb\fRޥɥ饤\fIMyClass\fRϻꤷޤ 123 この場合、\fIjdb\fRコマンドは新しいJVMを起動するかわりに既存のJVMに接続されるため、\fIjdb\fRコマンドラインに\fIMyClass\fR引数は指定しません。
124 .PP 124 .PP
125 ǥХåJVM³ˤ¾ˤ͡ˡꡢ٤\fIjdb\fRޥɤǥݡȤƤޤ³ץˤĤƤϡJava Platform Debugger ArchitectureΥɥȤ򻲾ȤƤ 125 デバッガをJVMに接続するには他にも様々な方法があり、すべて\fIjdb\fRコマンドでサポートされています。接続オプションについては、Java Platform Debugger Architectureのドキュメントを参照してください。
126 .SS "jdbޥ" 126 .SS "基本jdbコマンド"
127 .PP 127 .PP
128 Ū\fIjdb\fRޥɤΰ򼨤ޤJDBݡȤ륳ޥɤϤʳˤ⤢ꡢ\fI\-help\fRץѤɽǤޤ 128 基本的な\fIjdb\fRコマンドの一覧を示します。JDBがサポートするコマンドはこれ以外にもあり、それらは\fI\-help\fRオプションを使用して表示できます。
129 .PP 129 .PP
130 helpޤ? 130 helpまたは?
131 .RS 4 131 .RS 4
132 \fIhelp\fRޤ\fI?\fRޥɤϡǧ줿ޥɤΥꥹȤ˴ʷդɽޤ 132 \fIhelp\fRまたは\fI?\fRコマンドは、認識されたコマンドのリストに簡潔な説明を付けて表示します。
133 .RE 133 .RE
134 .PP 134 .PP
135 run 135 run
136 .RS 4 136 .RS 4
137 JDBưƥ֥졼ݥȤꤷȤˡ\fIrun\fRޥɤѤơǥХå륢ץꥱμ¹Ԥ򳫻ϤǤޤ\fIrun\fRޥɤϡ¸VM³ƤȤϰۤʤꡢǥХå륢ץꥱ\fIjdb\fR鵯ưȤˤΤ߻ѤǤޤ 137 JDBを起動してブレークポイントを設定したあとに、\fIrun\fRコマンドを使用して、デバッグするアプリケーションの実行を開始できます。\fIrun\fRコマンドは、既存のVMに接続している場合とは異なり、デバッグするアプリケーションが\fIjdb\fRから起動したときにのみ使用できます。
138 .RE 138 .RE
139 .PP 139 .PP
140 cont 140 cont
141 .RS 4 141 .RS 4
142 ֥졼ݥȡ㳰ޤϥƥå׼¹ԤθǡǥХå륢ץꥱμ¹Ԥ³ޤ 142 ブレークポイント、例外、またはステップ実行の後で、デバッグするアプリケーションの実行を継続します。
143 .RE 143 .RE
144 .PP 144 .PP
145 print 145 print
146 .RS 4 146 .RS 4
147 Java֥ȤӥץߥƥͤɽޤץߥƥַѿޤϥեɤξˤϡºݤͤϤޤ֥ȤξˤϡûϤޤ֥Ȥξܺ٤ˡõˤϡdumpޥɤ򻲾ȤƤ 147 Javaオブジェクトおよびプリミティブ値を表示します。プリミティブ型の変数またはフィールドの場合には、実際の値が出力されます。オブジェクトの場合には、短い説明が出力されます。オブジェクトの詳細を取得する方法を探すには、dumpコマンドを参照してください。
148 .sp 148 .sp
149 \fB:\fR 149 \fB注意:\fR
150 ѿɽˤϡޤǤ륯饹\fIjavac \-g\fRץѤƥѥ뤵Ƥɬפޤ 150 ローカル変数を表示するには、含んでいるクラスが\fIjavac \-g\fRオプションを使用してコンパイルされている必要があります。
151 .sp 151 .sp
152 \fIprint\fRޥɤϡ˼褦ʡ᥽åɸƽФѤΤʤɡ¿δñJava򥵥ݡȤޤ 152 \fIprint\fRコマンドは、次に示すような、メソッド呼出しを使用したものなど、多くの簡単なJava式をサポートします。
153 .sp 153 .sp
154 .if n \{\ 154 .if n \{\
155 .RS 4 155 .RS 4
156 .\} 156 .\}
157 .nf 157 .nf
166 .\} 166 .\}
167 .RE 167 .RE
168 .PP 168 .PP
169 dump 169 dump
170 .RS 4 170 .RS 4
171 ץߥƥͤξ硢\fIdump\fRޥɤ\fIprint\fRޥɤƱǤ֥Ȥξ硢\fIdump\fRޥɤǤϡ֥ƤƥեɤθߤͤϤޤstaticեɤinstanceեɤϤޤ\fIdump\fRޥɤǤϡ\fIprint\fRޥɤƱݡȤޤ 171 プリミティブ値の場合、\fIdump\fRコマンドは\fIprint\fRコマンドと同一です。オブジェクトの場合、\fIdump\fRコマンドでは、オブジェクト内に定義されている各フィールドの現在の値が出力されます。staticフィールドとinstanceフィールドが出力されます。\fIdump\fRコマンドでは、\fIprint\fRコマンドと同じ式がサポートされます。
172 .RE 172 .RE
173 .PP 173 .PP
174 threads 174 threads
175 .RS 4 175 .RS 4
176 ߼¹ΥåɤɽޤåɤȤˡ̾ȸߤξ֡¾Υޥɤ˻ѤǤ륤ǥåϤޤǤϡåɡǥå4Ǥꡢåɤ\fIjava\&.lang\&.Thread\fRΥ󥹥󥹤ǡåɤ̾\fImain\fRǤꡢ߼¹Ǥ 176 現在実行中のスレッドを一覧表示します。スレッドごとに、名前と現在の状態、および他のコマンドに使用できるインデックスが出力されます。この例では、スレッド・インデックスは4であり、スレッドは\fIjava\&.lang\&.Thread\fRのインスタンスで、スレッドの名前は\fImain\fRであり、現在実行中です。
177 .sp 177 .sp
178 .if n \{\ 178 .if n \{\
179 .RS 4 179 .RS 4
180 .\} 180 .\}
181 .nf 181 .nf
186 .\} 186 .\}
187 .RE 187 .RE
188 .PP 188 .PP
189 thread 189 thread
190 .RS 4 190 .RS 4
191 ߤΥåɤˤ륹åɤ򤷤ޤ¿\fIjdb\fRޥɤϡߤΥåɤ˴ŤƼ¹ԤޤåɤϡthreadsޥɤåɡǥåȤȤ˻ꤷޤ 191 現在のスレッドにするスレッドを選択します。多くの\fIjdb\fRコマンドは、現在のスレッドの設定に基づいて実行されます。スレッドは、threadsコマンドで説明したスレッド・インデックスとともに指定します。
192 .RE 192 .RE
193 .PP 193 .PP
194 where 194 where
195 .RS 4 195 .RS 4
196 ꤷʤ\fIwhere\fRޥɤ¹ԤȡߤΥåɤΥåפޤ\fIwhere\fR 196 引数を指定しないで\fIwhere\fRコマンドを実行すると、現在のスレッドのスタックがダンプされます。\fIwhere\fR
197 \fIall\fRޥɤϡߤΥåɡ롼פˤ륹åɤΥå򤹤٤ƥפޤ\fIwhere\fR 197 \fIall\fRコマンドは、現在のスレッド・グループにあるスレッドのスタックをすべてダンプします。\fIwhere\fR
198 \fIthreadindex\fRޥɤϡꤵ줿åɤΥåפޤ 198 \fIthreadindex\fRコマンドは、指定されたスレッドのスタックをダンプします。
199 .sp 199 .sp
200 ߤΥåɤ(֥졼ݥȤ\fIsuspend\fRޥɤˤä)ǤƤϡѿȥեɤ\fIprint\fRޥɤ\fIdump\fRޥɤɽǤޤ\fIup\fRޥɤ\fIdown\fRޥɤǡɤΥåե졼򸽺ߤΥåե졼ˤ뤫֤ȤǤޤ 200 現在のスレッドが(ブレークポイントか\fIsuspend\fRコマンドによって)中断している場合は、ローカル変数とフィールドは\fIprint\fRコマンドと\fIdump\fRコマンドで表示できます。\fIup\fRコマンドと\fIdown\fRコマンドで、どのスタック・フレームを現在のスタック・フレームにするかを選ぶことができます。
201 .RE 201 .RE
202 .SS "֥졼ݥ" 202 .SS "ブレークポイント"
203 .PP 203 .PP
204 ֥졼ݥȤϡֹޤϥ᥽åɤκǽ̿JDBǤޤ򼨤ޤ 204 ブレークポイントは、行番号またはメソッドの最初の命令でJDBに設定できます。次に例を示します。
205 .sp 205 .sp
206 .RS 4 206 .RS 4
207 .ie n \{\ 207 .ie n \{\
208 \h'-04'\(bu\h'+03'\c 208 \h'-04'\(bu\h'+03'\c
209 .\} 209 .\}
210 .el \{\ 210 .el \{\
211 .sp -1 211 .sp -1
212 .IP \(bu 2.3 212 .IP \(bu 2.3
213 .\} 213 .\}
214 ޥ\fIstop at MyClass:22\fRϡ\fIMyClass\fRޤޤ륽ե22ܤκǽ̿˥֥졼ݥȤꤷޤ 214 コマンド\fIstop at MyClass:22\fRは、\fIMyClass\fRが含まれるソース・ファイルの22行目の最初の命令にブレークポイントを設定します。
215 .RE 215 .RE
216 .sp 216 .sp
217 .RS 4 217 .RS 4
218 .ie n \{\ 218 .ie n \{\
219 \h'-04'\(bu\h'+03'\c 219 \h'-04'\(bu\h'+03'\c
220 .\} 220 .\}
221 .el \{\ 221 .el \{\
222 .sp -1 222 .sp -1
223 .IP \(bu 2.3 223 .IP \(bu 2.3
224 .\} 224 .\}
225 ޥ\fIstop in java\&.lang\&.String\&.length\fRϡ᥽å\fIjava\&.lang\&.String\&.length\fRƬ˥֥졼ݥȤꤷޤ 225 コマンド\fIstop in java\&.lang\&.String\&.length\fRは、メソッド\fIjava\&.lang\&.String\&.length\fRの先頭にブレークポイントを設定します。
226 .RE 226 .RE
227 .sp 227 .sp
228 .RS 4 228 .RS 4
229 .ie n \{\ 229 .ie n \{\
230 \h'-04'\(bu\h'+03'\c 230 \h'-04'\(bu\h'+03'\c
231 .\} 231 .\}
232 .el \{\ 232 .el \{\
233 .sp -1 233 .sp -1
234 .IP \(bu 2.3 234 .IP \(bu 2.3
235 .\} 235 .\}
236 ޥ\fIstop in MyClass\&.<clinit>\fRϡ\fI<clinit>\fRѤ\fIMyClass\fRŪɤꤷޤ 236 コマンド\fIstop in MyClass\&.<clinit>\fRは、\fI<clinit>\fRを使用して\fIMyClass\fRの静的初期化コードを特定します。
237 .RE 237 .RE
238 .PP 238 .PP
239 ᥽åɤСɤƤˤϡ᥽åɤΰηꤷơ֥졼ݥȤФŬڤʥ᥽åɤ򤵤褦ˤɬפޤȤС\fIMyClass\&.myMethod(int,java\&.lang\&.String)\fRޤ\fIMyClass\&.myMethod()\fRȻꤷޤ 239 メソッドがオーバーロードされている場合には、メソッドの引数の型も指定して、ブレークポイントに対して適切なメソッドが選択されるようにする必要があります。たとえば、\fIMyClass\&.myMethod(int,java\&.lang\&.String)\fRまたは\fIMyClass\&.myMethod()\fRと指定します。
240 .PP 240 .PP
241 \fIclear\fRޥɤϡ\fIclear MyClass:45\fRΤ褦ʹʸѤƥ֥졼ݥȤޤ\fIclear\fRѤ뤫ꤷʤ\fIstop\fRޥɤѤȡꤵƤ뤹٤ƤΥ֥졼ݥȤɽޤ\fIcont\fRޥɤϼ¹Ԥ³ޤ 241 \fIclear\fRコマンドは、\fIclear MyClass:45\fRのような構文を使用してブレークポイントを削除します。\fIclear\fRを使用するか、引数を指定しないで\fIstop\fRコマンドを使用すると、現在設定されているすべてのブレークポイントが表示されます。\fIcont\fRコマンドは実行を継続します。
242 .SS "ƥå׼¹" 242 .SS "ステップ実行"
243 .PP 243 .PP
244 \fIstep\fRޥɤϡߤΥåե졼ޤϸƤӽФ줿᥽åǡιԤ¹Ԥޤ\fInext\fRޥɤϡߤΥåե졼μιԤ¹Ԥޤ 244 \fIstep\fRコマンドは、現在のスタック・フレームまたは呼び出されたメソッド内で、次の行を実行します。\fInext\fRコマンドは、現在のスタック・フレームの次の行を実行します。
245 .SS "㳰" 245 .SS "例外"
246 .PP 246 .PP
247 Ƥ륹åɤθƽФåΤɤˤ\fIcatch\fRʸʤ㳰ȯȡJVM̾㳰ȥ졼ϤƽλޤJDBĶǼ¹ԤƤϡȿΥJDB椬ޤˡ\fIjdb\fRޥɤѤ㳰θǤޤ 247 スローしているスレッドの呼出しスタック上のどこにも\fIcatch\fR文がない場合に例外が発生すると、JVMは通常、例外トレースを出力して終了します。ただし、JDB環境で実行している場合は、違反のスロー時にJDBに制御が戻ります。次に、\fIjdb\fRコマンドを使用して例外の原因を診断します。
248 .PP 248 .PP
249 ȤС\fIcatch java\&.io\&.FileNotFoundException\fRޤ\fIcatch\fR 249 たとえば、\fIcatch java\&.io\&.FileNotFoundException\fRまたは\fIcatch\fR
250 \fImypackage\&.BigTroubleException\fRΤ褦\fIcatch\fRޥɤѤȡǥХå줿ץꥱϡ¾㳰줿Ȥߤޤ㳰Υ饹ޤϥ֥饹Υ󥹥󥹤ξϡץꥱ㳰줿ߤޤ 250 \fImypackage\&.BigTroubleException\fRのように\fIcatch\fRコマンドを使用すると、デバッグされたアプリケーションは、他の例外がスローされたときに停止します。例外が特定のクラスまたはサブクラスのインスタンスの場合は、アプリケーションは例外がスローされた場所で停止します。
251 .PP 251 .PP
252 \fIignore\fRޥɤѤȡ\fIcatch\fRޥɤθ̵̤ˤʤޤ\fIignore\fRޥɤǤϡǥХåJVM㳰̵뤻ǥХåΤߤ̵뤷ޤ 252 \fIignore\fRコマンドを使用すると、以前の\fIcatch\fRコマンドの効果が無効になります。\fIignore\fRコマンドでは、デバッグされるJVMは特定の例外を無視せず、デバッガのみを無視します。
253 .SH "ץ" 253 .SH "オプション"
254 .PP 254 .PP
255 ޥɥ饤\fIjava\fRޥɤΤ\fIjdb\fRޥɤѤ硢\fIjdb\fRޥɤϡ\fI\-D\fR\fI\-classpath\fR\fI\-X\fRʤɡ\fIjava\fRޥɤƱΥץޤ\fIjdb\fRޥɤϡ¾˼ΥꥹȤˤ륪ץޤ 255 コマンドラインで\fIjava\fRコマンドのかわりに\fIjdb\fRコマンドを使用する場合、\fIjdb\fRコマンドは、\fI\-D\fR、\fI\-classpath\fR、\fI\-X\fRなど、\fIjava\fRコマンドと同じ数のオプションを受け入れます。\fIjdb\fRコマンドは、その他に次のリストにあるオプションを受け入れます。
256 .PP 256 .PP
257 ǥХåԤJVM˥ǥХå³뤿ص󶡤뤿ˡ¾Υץ󤬥ݡȤƤޤ³ؤ˴ؤܺ٤ʥɥȤϡJava Platform Debugger Architecture (JPDA) 257 デバッグを行うJVMにデバッガを接続するための代替機構を提供するために、その他のオプションがサポートされています。これらの接続の代替に関する詳細なドキュメントは、Java Platform Debugger Architecture (JPDA)
258 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/jpda/index\&.html)򻲾ȤƤ 258 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/jpda/index\&.html)を参照してください
259 .PP 259 .PP
260 \-help 260 \-help
261 .RS 4 261 .RS 4
262 إסåɽޤ 262 ヘルプ・メッセージを表示します。
263 .RE 263 .RE
264 .PP 264 .PP
265 \-sourcepath \fIdir1:dir2: \&. \&. \&.\fR 265 \-sourcepath \fIdir1:dir2: \&. \&. \&.\fR
266 .RS 4 266 .RS 4
267 ꤵ줿ѥѤơե򸡺ޤΥץ󤬻ꤵƤʤϡǥեȡѥΥɥå(\&.)Ѥޤ 267 指定されたパスを使用して、ソース・ファイルを検索します。このオプションが指定されていない場合は、デフォルト・パスのドット(\&.)が使用されます。
268 .RE 268 .RE
269 .PP 269 .PP
270 \-attach \fIaddress\fR 270 \-attach \fIaddress\fR
271 .RS 4 271 .RS 4
272 ǥեȤ³Ѥơ¹JVM˥ǥХå³ޤ 272 デフォルトの接続機構を使用して、実行中のJVMにデバッガを接続します。
273 .RE 273 .RE
274 .PP 274 .PP
275 \-listen \fIaddress\fR 275 \-listen \fIaddress\fR
276 .RS 4 276 .RS 4
277 ¹JVMɸΥͥѤƻꤵ줿ɥ쥹³ΤԵޤ 277 実行中のJVMが標準のコネクタを使用して指定されたアドレスに接続するのを待機します。
278 .RE 278 .RE
279 .PP 279 .PP
280 \-launch 280 \-launch
281 .RS 4 281 .RS 4
282 ǥХå륢ץꥱJDBεư夿˵ưޤ\fI\-launch\fRץˤꡢ\fIrun\fRޥɤɬפʤʤޤǥХå륢ץꥱϡư塢ץꥱ󡦥饹ɤľߤޤλǡɬפʥ֥졼ݥȤꤷ\fIcont\fRޥɤѤƼ¹Ԥ³Ǥޤ 282 デバッグするアプリケーションをJDBの起動後ただちに起動します。\fI\-launch\fRオプションにより、\fIrun\fRコマンドが必要なくなります。デバッグするアプリケーションは、起動後、初期アプリケーション・クラスがロードされる直前に停止します。その時点で、必要なブレークポイントを設定し、\fIcont\fRコマンドを使用して実行を継続できます。
283 .RE 283 .RE
284 .PP 284 .PP
285 \-listconnectors 285 \-listconnectors
286 .RS 4 286 .RS 4
287 JVMѤǤ륳ͥɽޤ 287 このJVMで利用できるコネクタを一覧表示します。
288 .RE 288 .RE
289 .PP 289 .PP
290 \-connect connector\-name:\fIname1=value1\fR 290 \-connect connector\-name:\fIname1=value1\fR
291 .RS 4 291 .RS 4
292 ɽ줿ͤȻΥͥѤƥåJVM³ޤ 292 一覧表示された引数の値と指定のコネクタを使用してターゲットJVMに接続します。
293 .RE 293 .RE
294 .PP 294 .PP
295 \-dbgtrace [\fIflags\fR] 295 \-dbgtrace [\fIflags\fR]
296 .RS 4 296 .RS 4
297 \fIjdb\fRޥɤΥǥХåξϤޤ 297 \fIjdb\fRコマンドのデバッグの情報を出力します。
298 .RE 298 .RE
299 .PP 299 .PP
300 \-tclient 300 \-tclient
301 .RS 4 301 .RS 4
302 Java HotSpot VM饤ǥץꥱ¹Ԥޤ 302 Java HotSpot VMクライアント内でアプリケーションを実行します。
303 .RE 303 .RE
304 .PP 304 .PP
305 \-tserver 305 \-tserver
306 .RS 4 306 .RS 4
307 Java HotSpot VMСǥץꥱ¹Ԥޤ 307 Java HotSpot VMサーバー内でアプリケーションを実行します。
308 .RE 308 .RE
309 .PP 309 .PP
310 \-J\fIoption\fR 310 \-J\fIoption\fR
311 .RS 4 311 .RS 4
312 JVM\fIoption\fRϤޤoptionˤϡJavaץꥱưġΥե󥹡ڡ˵ܤƤ륪ץ1ĻꤷޤȤС\fI\-J\-Xms48m\fRȻꤹȡȥåס꡼48MBꤵޤjava(1)򻲾ȤƤ 312 JVMに\fIoption\fRを渡します。optionには、Javaアプリケーション起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fI\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
313 .RE 313 .RE
314 .SH "ǥХåоݤΥץž륪ץ" 314 .SH "デバッグ対象のプロセスに転送されるオプション"
315 .PP 315 .PP
316 \-v \-verbose[:\fIclass\fR|gc|jni] 316 \-v \-verbose[:\fIclass\fR|gc|jni]
317 .RS 4 317 .RS 4
318 Ĺ⡼ɤˤޤ 318 冗長モードにします。
319 .RE 319 .RE
320 .PP 320 .PP
321 \-D\fIname\fR=\fIvalue\fR 321 \-D\fIname\fR=\fIvalue\fR
322 .RS 4 322 .RS 4
323 ƥࡦץѥƥꤷޤ 323 システム・プロパティを設定します。
324 .RE 324 .RE
325 .PP 325 .PP
326 \-classpath \fIdir\fR 326 \-classpath \fIdir\fR
327 .RS 4 327 .RS 4
328 饹򸡺뤿ΡǶڤäƻꤵ줿ǥ쥯ȥΥꥹȡ 328 クラスを検索するための、コロンで区切って指定されたディレクトリのリスト。
329 .RE 329 .RE
330 .PP 330 .PP
331 \-X\fIoption\fR 331 \-X\fIoption\fR
332 .RS 4 332 .RS 4
333 ɸॿåJVMץǤ 333 非標準ターゲットJVMオプションです。
334 .RE 334 .RE
335 .SH "Ϣ" 335 .SH "関連項目"
336 .sp 336 .sp
337 .RS 4 337 .RS 4
338 .ie n \{\ 338 .ie n \{\
339 \h'-04'\(bu\h'+03'\c 339 \h'-04'\(bu\h'+03'\c
340 .\} 340 .\}