diff src/linux/doc/man/ja/jjs.1 @ 11881:5d018ec41792

8077992: Eliminate JDK build dependency of native2ascii and update Japanese nroff man pages to UTF-8 encoding Reviewed-by: mchung Contributed-by: michael.fang@oracle.com
author ihse
date Wed, 06 May 2015 10:25:51 +0200
parents 3a500be9f9ba
children aa8e52dfeee9
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/ja/jjs.1	Wed May 06 09:22:03 2015 +0800
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jjs.1	Wed May 06 10:25:51 2015 +0200
@@ -2,10 +2,10 @@
 .\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\" Title: jjs
 .\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Date: 2013綛1121
+.\" SectDesc: 堺若
 .\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Arch: 羆
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -28,7 +28,7 @@
 .\" questions.
 .\"
 .pl 99999
-.TH "jjs" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
+.TH "jjs" "1" "2013綛1121" "JDK 8" "堺若"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
 .\" -----------------------------------------------------------------
@@ -49,8 +49,8 @@
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .SH "NAME"
-jjs \- Nashornエンジンを呼び出します。
-.SH "概要"
+jjs \- Nashorn潟吾潟若喝冴障
+.SH "网荀"
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -64,28 +64,28 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-空白文字で区切られた、\fIjjs\fRコマンドの1つ以上のオプション。詳細は、オプションを参照してください。
+腥榊醇絖у阪\fIjjs\fR潟潟1や札筝激с潟荅括完激с潟с
 .RE
 .PP
 \fIscript\-files\fR
 .RS 4
-空白文字で区切られた、Nashornを使用して解釈する1つ以上のスクリプト・ファイル。ファイルが指定されない場合は、対話型シェルが起動されます。
+腥榊醇絖у阪Nashorn篏睡茹i1や札筝鴻祉<ゃ<ゃ絎翫絲乗怨激с莎桁障
 .RE
 .PP
 \fIarguments\fR
 .RS 4
-二重ハイフン・マーカー(\fI\-\-\fR)の後のすべての値が、引数としてスクリプトまたは対話型シェルに渡されます。これらの値には\fIarguments\fRプロパティを使用してアクセスできます(Example 3を参照してください)。
+篋ゃ潟祉若(\fI\-\-\fR)緇鴻ゃ綣違鴻障絲乗怨激с羝<障ゃ\fIarguments\fRc篏睡≪祉鴻с障(Example 3с)
 .RE
-.SH "説明"
+.SH "茯"
 .PP
-\fIjjs\fRコマンドライン・ツールを使用してNashornエンジンを呼び出します。これを使用して、1つまたは複数のスクリプト・ファイルを解釈したり、対話型シェルを実行することができます。
-.SH "オプション"
+\fIjjs\fR潟潟ゃ潟祉若篏睡Nashorn潟吾潟若喝冴障篏睡1ゃ障茲違鴻祉<ゃ茹i絲乗怨激с絎茵с障
+.SH "激с"
 .PP
-\fIjjs\fRコマンドのオプションはスクリプトがNashornによって解釈される条件を制御します。
+\fIjjs\fR潟潟激с潟鴻Nashornc茹i>散九勝障
 .PP
 \-ccs=\fIsize\fR, \-\-class\-cache\-size=\fIsize\fR
 .RS 4
-クラス・キャッシュ・サイズをバイト単位で設定します。キロバイト(KB)を示すために\fIk\fRまたは\fIK\fRの文字を追加し、メガバイト(MB)を示すために\fIm\fRまたは\fIM\fRの文字を追加し、ギガバイト(GB)を示すために\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、クラス・キャッシュ・サイズは50バイトに設定されます。次の例は、1024バイト(1 KB)に設定する方法を示します。
+鴻祉c激ャ祉泣ゃ冴ゃ篏ц┃絎障ゃ(KB)腓冴\fIk\fR障\fIK\fR絖菴遵<ゃ(MB)腓冴\fIm\fR障\fIM\fR絖菴遵ゃ(GB)腓冴\fIg\fR障\fIG\fR菴遵障с鴻祉c激ャ祉泣ゃ冴50ゃ荐絎障罨<箴1024ゃ(1 KB)荐絎号腓冴障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -101,17 +101,17 @@
 .PP
 \-co, \-\-compile\-only
 .RS 4
-スクリプトを実行せずにコンパイルします。
+鴻絎茵潟潟ゃ障
 .RE
 .PP
 \-cp \fIpath\fR, \-\-classpath \fIpath\fR
 .RS 4
-サポートするクラスへのパスを指定します。複数のパスを設定するには、このオプションを繰り返すか、または各パスをコロン(:)で区切ります。
+泣若鴻吾鴻絎障茲違鴻荐絎激с潟膵違菴障鴻潟(:)у阪障
 .RE
 .PP
 \-D\fIname\fR=\fIvalue\fR
 .RS 4
-プロパティ名に値を割り当てることで、スクリプトに渡すシステム・プロパティを設定します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、\fImyValue\fRを\fImyKey\fRという名前のプロパティに割り当てる方法を示します。
+eゃ蚊綵с鴻羝<激鴻祉c荐絎障罨<箴с絲乗怨≪若Nashorn若喝冴\fImyValue\fR\fImyKey\fRc蚊綵号腓冴障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -125,67 +125,67 @@
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションを繰り返し使用すると、複数のプロパティを設定できます。
+激с潟膵違菴篏睡茲違c荐絎с障
 .RE
 .PP
 \-d=\fIpath\fR, \-\-dump\-debug\-dir=\fIpath\fR
 .RS 4
-クラス・ファイルをダンプするディレクトリへのパスを指定します。
+鴻祉<ゃ潟c吾鴻絎障
 .RE
 .PP
 \-\-debug\-lines
 .RS 4
-クラス・ファイル内の行番号表を生成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-debug\-lines=false\fRを指定します。
+鴻祉<ゃ茵埈;障с激с潟鴻c障≦鴻\fI\-\-debug\-lines=false\fR絎障
 .RE
 .PP
 \-\-debug\-locals
 .RS 4
-クラス・ファイル内のローカル変数を生成します。
+鴻祉<ゃ若紊違障
 .RE
 .PP
 \-doe, \-\-dump\-on\-error
 .RS 4
-エラーが発生したときに、フル・スタック・トレースを提供します。デフォルトでは、簡単なエラー・メッセージのみが出力されます。
+若榊祉鴻帥祉若鴻箴障с膂≦若祉<祉若吾帥阪障
 .RE
 .PP
 \-\-early\-lvalue\-error
 .RS 4
-無効な左辺値式が早期エラーとして(つまり、コードが解析されるときに)報告されます。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-early\-lvalue\-error=false\fRを指定します。無効な場合、無効な左辺値式はコードが実行されるまで報告されません。
+≦鴻綏莨阪ゅ若(ゃ障潟若茹f)怨障с激с潟鴻c障≦鴻\fI\-\-early\-lvalue\-error=false\fR絎障≦鴻翫≦鴻綏莨阪ゅ潟若絎茵障у怨障
 .RE
 .PP
 \-\-empty\-statements
 .RS 4
-空の文をJavaの抽象構文ツリーに保存します。
+腥冴Java処院罕若篆絖障
 .RE
 .PP
 \-fv, \-\-fullversion
 .RS 4
-完全なNashornバージョン文字列を出力します。
+絎Nashorn若吾с恰絖阪障
 .RE
 .PP
 \-\-function\-statement\-error
 .RS 4
-関数の宣言が文として使用されるとエラー・メッセージが出力されます。
+∽違絎h篏睡若祉<祉若吾阪障
 .RE
 .PP
 \-\-function\-statement\-warning
 .RS 4
-関数の宣言が文として使用されると警告メッセージが出力されます。
+∽違絎h篏睡茘<祉若吾阪障
 .RE
 .PP
 \-fx
 .RS 4
-スクリプトをJavaFXアプリケーションとして起動します。
+鴻JavaFX≪宴若激с潟莎桁障
 .RE
 .PP
 \-h, \-help
 .RS 4
-オプションのリストとその説明を出力します。
+激с潟鴻茯阪障
 .RE
 .PP
 \-J\fIoption\fR
 .RS 4
-指定した\fIjava\fR起動オプションをJVMに渡します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、JVMによって使用される最大メモリーを4 GBに設定する方法を示します。
+絎\fIjava\fR莎桁激с潟JVM羝<障罨<箴с絲乗怨≪若Nashorn若喝冴JVMc篏睡紊с<≪若4 GB荐絎号腓冴障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -199,22 +199,22 @@
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションを繰り返し使用すると、複数の\fIjava\fRコマンド・オプションを渡すことができます。
+激с潟膵違菴篏睡茲違\fIjava\fR潟潟祉激с潟羝<с障
 .RE
 .PP
 \-\-lazy\-compilation
 .RS 4
-レイジー・コード生成戦略(つまり、スクリプト全体が一度にコンパイルされない)を有効にします。このオプションは試験的なものです。
+ゃ吾若祉潟若(ゃ障鴻篏筝綺潟潟ゃ)鴻障激с潟荅薑с
 .RE
 .PP
 \-\-loader\-per\-compile
 .RS 4
-コンパイルごとに新しいクラス・ローダーを作成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fI\-\-loader\-per\-compile=false\fRを指定します。
+潟潟ゃ違鴻祉若若篏障с激с潟鴻c障≦鴻\fI\-\-loader\-per\-compile=false\fR絎障
 .RE
 .PP
 \-\-log=\fIsubsystem\fR:\fIlevel\fR
 .RS 4
-指定されたサブシステムに対して、特定のレベルでロギングを実行します。カンマで区切って複数のサブシステムのロギング・レベルを指定できます。次に例を示します。
+絎泣激鴻絲障劫с潟違絎茵障潟у阪c茲違泣激鴻潟違祉絎с障罨<箴腓冴障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -229,116 +229,116 @@
 .PP
 \-\-package=\fIname\fR
 .RS 4
-生成されたクラス・ファイルを追加するパッケージを指定します。
+鴻祉<ゃ菴遵宴若吾絎障
 .RE
 .PP
 \-\-parse\-only
 .RS 4
-コンパイルせずにコードを解析します。
+潟潟ゃ潟若茹f障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-ast
 .RS 4
-抽象構文ツリーを出力します。
+処院罕若阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-code
 .RS 4
-バイトコードを出力します。
+ゃ潟若阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-lower\-ast
 .RS 4
-掘り下げた抽象構文ツリーを出力します。
+筝処院罕若阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-lower\-parse
 .RS 4
-掘り下げた解析ツリーを出力します。
+筝茹f若阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-no\-newline
 .RS 4
-その他の\fI\-\-print*\fRオプションで強制的に1行で出力します。
+篁\fI\-\-print*\fR激с潟у七句1茵у阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-parse
 .RS 4
-解析ツリーを出力します。
+茹f若阪障
 .RE
 .PP
 \-\-print\-symbols
 .RS 4
-記号表を出力します。
+荐埈;阪障
 .RE
 .PP
 \-pcs, \-\-profile\-callsites
 .RS 4
-呼び出しサイトのプロファイル・データをダンプします。
+若喝冴泣ゃ<ゃ祉若帥潟障
 .RE
 .PP
 \-scripting
 .RS 4
-シェルのスクリプト機能を有効にします。
+激с鴻罘純鴻障
 .RE
 .PP
 \-\-stderr=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
 .RS 4
-標準エラー・ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fIstdout\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
+罔羣若祉鴻若絎<ゃ鴻若(\fIstdout\fR)障鴻腴ゃ障
 .RE
 .PP
 \-\-stdout=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
 .RS 4
-標準出力ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fIstderr\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
+罔羣阪鴻若絎<ゃ鴻若(\fIstderr\fR)障鴻腴ゃ障
 .RE
 .PP
 \-strict
 .RS 4
-標準(ECMAScript Edition 5\&.1)への準拠を強化するstrictモードを有効にし、これにより共通のコーディング・エラーを簡単に検出できるようになります。
+罔羣(ECMAScript Edition 5\&.1)吾羣綣桁strict≪若鴻演潟若c潟違祉若膂≦罎冴с障
 .RE
 .PP
 \-t=\fIzone\fR, \-timezone=\fIzone\fR
 .RS 4
-スクリプトの実行に対し指定したタイムゾーンを設定します。OSで設定されたタイムゾーンをオーバーライドし、\fIDate\fRオブジェクトで使用されます。
+鴻絎茵絲障絎帥ゃ障若潟荐絎障OSц┃絎帥ゃ障若潟若若ゃ\fIDate\fR吾ст戎障
 .RE
 .PP
 \-tcs=\fIparameter\fR, \-\-trace\-callsites=\fIparameter\fR
 .RS 4
-呼出しサイトのトレースのモードを有効にします。使用可能なパラメータは、次のとおりです。
+弱冴泣ゃ若鴻≪若鴻障篏睡純<若帥罨<с
 .PP
 miss
 .RS 4
-呼出しサイトのミスをトレースします。
+弱冴泣ゃ鴻若鴻障
 .RE
 .PP
 enterexit
 .RS 4
-呼出しサイトへの出入りをトレースします。
+弱冴泣ゃ吾阪ャ若鴻障
 .RE
 .PP
 objects
 .RS 4
-オブジェクトのプロパティを出力します。
+吾сc阪障
 .RE
 .RE
 .PP
 \-\-verify\-code
 .RS 4
-バイトコードを実行する前に検証します。
+ゃ潟若絎茵罎荐若障
 .RE
 .PP
 \-v, \-version
 .RS 4
-Nashornバージョン文字列を出力します。
+Nashorn若吾с恰絖阪障
 .RE
 .PP
 \-xhelp
 .RS 4
-コマンドライン・オプションの拡張ヘルプを出力します。
+潟潟ゃ潟祉激с潟≦宍阪障
 .RE
-.SH "例"
+.SH "箴"
 .PP
-\fBExample 1\fR, Nashornを使用したスクリプトの実行
+\fBExample 1\fR, Nashorn篏睡鴻絎茵
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
@@ -352,7 +352,7 @@
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 2\fR, 対話型モードでのNashornの実行
+\fBExample 2\fR, 絲乗怨≪若сNashorn絎茵
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
@@ -370,7 +370,7 @@
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 3\fR, Nashornへの引数の渡し
+\fBExample 3\fR, Nashorn吾綣違羝<
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
@@ -386,7 +386,7 @@
 .RE
 .\}
 .RE
-.SH "関連項目"
+.SH "∫i"
 .PP
 \fIjrunscript\fR
 .br