diff src/linux/doc/man/ja/rmic.1 @ 11881:5d018ec41792

8077992: Eliminate JDK build dependency of native2ascii and update Japanese nroff man pages to UTF-8 encoding Reviewed-by: mchung Contributed-by: michael.fang@oracle.com
author ihse
date Wed, 06 May 2015 10:25:51 +0200
parents 3a500be9f9ba
children aa8e52dfeee9
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Wed May 06 09:22:03 2015 +0800
+++ b/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Wed May 06 10:25:51 2015 +0200
@@ -2,10 +2,10 @@
 .\" Copyright (c) 1997, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\" Title: rmic
 .\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: Remote Method Invocation (RMI)ツール
+.\" Date: 2013綛1121
+.\" SectDesc: Remote Method Invocation (RMI)若
 .\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Arch: 羆
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -28,7 +28,7 @@
 .\" questions.
 .\"
 .pl 99999
-.TH "rmic" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Remote Method Invocation (RMI)"
+.TH "rmic" "1" "2013綛1121" "JDK 8" "Remote Method Invocation (RMI)"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
 .\" -----------------------------------------------------------------
@@ -49,8 +49,8 @@
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .SH "NAME"
-rmic \- Java Remote Method Protocol (JRMP)またはInternet Inter\-Orb protocol (IIOP)を使用するリモート・オブジェクトのスタブ、スケルトンおよびTieクラスを生成します。Object Management Group (OMG)インタフェース定義言語(IDL)も生成します
-.SH "概要"
+rmic \- Java Remote Method Protocol (JRMP)障Internet Inter\-Orb protocol (IIOP)篏睡≪若祉吾с鴻帥鴻宴潟Tie鴻障Object Management Group (OMG)ゃ潟帥с若劫臂荐茯(IDL)障
+.SH "网荀"
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -64,20 +64,20 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・\fIオプション\fR。オプションを参照してください。
+潟潟ゃ潟\fI激с\fR激с潟с
 .RE
 .PP
 \fIpackage\-qualified\-class\-names\fR
 .RS 4
-パッケージを含むクラス名。例:
-\fIjava\&.awt\&.Color\fR。
+宴若吾劫箴:
+\fIjava\&.awt\&.Color\fR
 .RE
-.SH "説明"
+.SH "茯"
 .PP
-\fB非推奨に関する注意:\fR
-Java Remote Method Protocol (JRMP)スタブおよびスケルトンの静的な生成のサポートは非推奨になりました。動的に生成されるJRMPスタブをかわりに使用して、JRMPベースのアプリケーションにこのツールを使用する必要性をなくすことをお薦めします。詳細は、\fIjava\&.rmi\&.server\&.UnicastRemoteObject\fR仕様(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/server/UnicastRemoteObject\&.html)を参照してください。
+\fBィ絅≪羈:\fR
+Java Remote Method Protocol (JRMP)鴻帥潟鴻宴潟泣若ィ絅障JRMP鴻帥篏睡JRMP若鴻≪宴若激с潟若篏睡綽荀с障荅括完\fIjava\&.rmi\&.server\&.UnicastRemoteObject\fR篁罕(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/server/UnicastRemoteObject\&.html)с
 .PP
-\fIrmic\fRコンパイラは、Java Remote Method Protocol (JRMP)とスタブおよびTieクラス・ファイル(IIOPプロトコル)を使用して、リモート・オブジェクトのスタブおよびスケルトン・クラス・ファイルを生成します。リモート・オブジェクトの実装クラスであるこれらのクラス・ファイルは、Javaプログラミング言語のクラスをコンパイルしたときに生成されます。リモート実装クラスは、\fIjava\&.rmi\&.Remote\fRインタフェースを実装するクラスです。\fIrmic\fRコマンドでのクラス名は、そのクラスが\fIjavac\fRコマンドでコンパイルが成功していて、かつ完全修飾パッケージ名である必要があります。たとえば、次に示すクラス・ファイル名\fIHelloImpl\fRで\fIrmic\fRコマンドを実行すると、helloサブディレクトリ(クラスのパッケージの名前の付いた)に\fIHelloImpl_Stub\&.class \fRファイルが作成されます。
+\fIrmic\fR潟潟ゃJava Remote Method Protocol (JRMP)鴻帥Tie鴻祉<ゃ(IIOP潟)篏睡≪若祉吾с鴻帥潟鴻宴潟祉鴻祉<ゃ障≪若祉吾с絎茖鴻с鴻祉<ゃJava違潟域茯鴻潟潟ゃ障≪若絎茖鴻\fIjava\&.rmi\&.Remote\fRゃ潟帥с若鴻絎茖鴻с\fIrmic\fR潟潟с劫鴻\fIjavac\fR潟潟с潟潟ゃゅ篆蕋障宴若後с綽荀障違罨<腓冴鴻祉<ゃ\fIHelloImpl\fR\fIrmic\fR潟潟絎茵hello泣c(鴻宴若吾篁)\fIHelloImpl_Stub\&.class \fR<ゃ篏障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -89,31 +89,31 @@
 .RE
 .\}
 .PP
-リモート・オブジェクトのスケルトンはJRMPプロトコル・サーバー側のエンティティで、リモート・オブジェクト実装を呼び出すメソッドを含みます。
+≪若祉吾с鴻宴潟JRMP潟祉泣若弱眼潟ccс≪若祉吾с絎茖若喝冴<純帥障
 .PP
-リモート・オブジェクトのTieは、スケルトンと同様にサーバー側のエンティティですが、IIOPプロトコルを使用してクライアントと通信します。
+≪若祉吾сTie鴻宴潟罕泣若弱眼潟ccсIIOP潟篏睡ゃ≪潟篆<障
 .PP
-スタブとは、リモート・オブジェクトのクライアント側での代理です。スタブは、リモート・オブジェクトのメソッド呼出しを、実物のリモート・オブジェクトが常駐するサーバーと通信する役割を持ちます。したがって、クライアントのリモート・オブジェクトへの参照は、実際はローカル・スタブへの参照となります。
+鴻帥≪若祉吾сゃ≪潟眼с篁gс鴻帥≪若祉吾с<純弱冴絎≪若祉吾с絽檎泣若若篆<綵劫蚊<障cゃ≪潟≪若祉吾с吾с絎若祉鴻帥吾с障
 .PP
-デフォルトで\fIrmic\fRコマンドは、1\&.2 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみを使用するスタブ・クラスを生成します。これは、\fI\-v1\&.2\fRオプションを指定した場合と同じ動作です。リリース5\&.0以前では\fI\-vcompat\fRオプションがデフォルトでした。IIOPプロトコル用のスタブおよびTieクラスを生成するには\fI\-iiop\fRオプションを使用します。オプションを参照してください。
+\fIrmic\fR潟潟1\&.2 JRMP鴻帥祉潟祉若吾с潟帥篏睡鴻帥祉鴻障\fI\-v1\&.2\fR激с潟絎翫篏с若5\&.0篁ュс\fI\-vcompat\fR激с潟сIIOP潟鴻帥Tie鴻\fI\-iiop\fR激с潟篏睡障激с潟с
 .PP
-スタブはリモート・インタフェースのみを実装し、リモート・オブジェクトが実装するローカル・インタフェースは実装していません。JRMPスタブはリモート・オブジェクトが実装するリモート・インタフェースと同じものを実装しているので、クライアントは、キャストや型チェックにJavaプログラミング言語に組み込まれた演算子を使用することができます。IIOPの場合は、\fIPortableRemoteObject\&.narrow\fRメソッドを使用する必要があります。
-.SH "オプション"
+鴻帥≪若祉ゃ潟帥с若鴻帥絎茖≪若祉吾с絎茖若祉ゃ潟帥с若鴻絎茖障JRMP鴻帥≪若祉吾с絎茖≪若祉ゃ潟帥с若鴻絎茖сゃ≪潟c鴻сJava違潟域茯腟粋昭障羲膊絖篏睡с障IIOP翫\fIPortableRemoteObject\&.narrow\fR<純篏睡綽荀障
+.SH "激с"
 .PP
 \-bootclasspath \fIpath\fR
 .RS 4
-ブートストラップ・クラス・ファイルの位置をオーバーライドします。
+若鴻祉鴻祉<ゃ篏臀若若ゃ障
 .RE
 .PP
 \-classpath path
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドがクラスを探すためのパスを指定します。このオプションは、デフォルトや\fICLASSPATH\fR環境変数設定をオーバーライドします。ディレクトリはコロンで分割します。パスの一般的な形式は\fI\&.;<your_path>\fRです。例:
+\fIrmic\fR潟潟鴻「鴻絎障激с潟\fICLASSPATH\fR医紊域┃絎若若ゃ障c潟潟у蚊障鴻筝綵√\fI\&.;<your_path>\fRс箴:
 \fI\&.;/usr/local/java/classes\fR
 .RE
 .PP
 \-d \fIdirectory\fR
 .RS 4
-生成されたクラス階層の出力先ディレクトリのルートを指定します。このオプションを使用すると、スタブ、スケルトン、およびTieファイルを格納するディレクトリを指定できます。たとえば、次のコマンドはMyClassから導出されたスタブおよびスケルトン・クラスをディレクトリ/java/classes/exampleclassに格納します。
+拷絮ゃ阪c若絎障激с潟篏睡鴻帥鴻宴潟Tie<ゃ主c絎с障違罨<潟潟MyClass絨冴鴻帥潟鴻宴潟祉鴻c/java/classes/exampleclass主障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -124,25 +124,25 @@
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fI\-d\fRオプションが指定されていない場合、デフォルトの動作は\fI\-d\fRが指定されていた場合と同じです。ターゲット・クラスのパッケージ階層が現在のディレクトリに作成され、stub/tie/skeletonファイルが格納されます。以前のリリースの\fIrmic\fRコマンドでは、\fI\-d\fRが指定されていない場合は、パッケージ階層は作成されず、出力ファイルはすべて現在のディレクトリに直接格納されていました。
+\fI\-d\fR激с潟絎翫篏\fI\-d\fR絎翫с帥若蚊祉鴻宴若檎絮ゃ憜c篏stub/tie/skeleton<ゃ主障篁ュ若鴻\fIrmic\fR潟潟с\fI\-d\fR絎翫宴若檎絮ゃ篏阪<ゃ鴻憜c贋・主障
 .RE
 .PP
 \-extdirs \fIpath\fR
 .RS 4
-インストール済拡張機能の位置をオーバーライドします。
+ゃ潟鴻若羝≦宍罘純篏臀若若ゃ障
 .RE
 .PP
 \-g
 .RS 4
-ローカル変数を含むすべてのデバッグ情報を生成します。デフォルトでは、行番号情報のみ生成されます。
+若紊違鴻井宴障с茵垽宴睡障
 .RE
 .PP
 \-idl
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドによって、指定したクラスおよび参照されたクラスのOMG IDLが生成されます。IDLでは、プログラミング言語に依存せずに、宣言するだけでオブジェクトのAPIを指定することができます。IDLは、メソッドおよびデータの仕様として使用します。CORBAバインディングを提供する任意の言語で、メソッドおよびデータの作成および呼出しを行うことができます。これらの言語には、JavaおよびC++が含まれています。http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping\&.htmlの
-「Java IDL: IDL to Java Language Mapping」を参照してください
+\fIrmic\fR潟潟c絎鴻喝с鴻OMG IDL障IDLс違潟域茯箴絖絎hс吾сAPI絎с障IDL<純潟若帥篁罕篏睡障CORBAゃ潟c潟違箴篁紙荐茯с<純潟若帥篏喝弱冴茵с障荐茯JavaC++障障http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping\&.html
+Java IDL: IDL to Java Language Mappingс
 .sp
-\fI\-idl\fRオプションを使用するときには、他のオプションも指定できます。
+\fI\-idl\fR激с潟篏睡篁激с潟絎с障
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -152,7 +152,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-既存のスタブ/Tie/IDLが入力クラスよりも新しい場合でも、\fI\-always\fRまたは\fI\-alwaysgenerate\fRオプションは再生成を強制します。
+√鴻帥/Tie/IDLュ鴻違翫с\fI\-always\fR障\fI\-alwaysgenerate\fR激с潟綣桁吟障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -163,7 +163,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-factory\fRオプションは、生成されたIDLで\fIfactory\fRキーワードを使用します。
+\fI\-factory\fR激с潟IDL\fIfactory\fR若若篏睡障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -204,9 +204,9 @@
 .PP
 \-iiop
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドによって、JRMPのスタブとスケルトン・クラスのかわりに、IIOPのスタブとTieクラスが生成されます。スタブ・クラスは、リモート・オブジェクトのローカル・プロキシで、クライアントからサーバーに呼出しを送信するときに使用されます。各リモート・インタフェースにはスタブ・クラスが必要です。スタブ・クラスによってリモート・インタフェースが実装されます。クライアントでリモート・オブジェクトを参照するときは、スタブを参照することになります。タイ・クラスは、サーバー側で着呼を処理し、その呼出しを適切な実装クラスにディスパッチするときに使用されます。各実装クラスには、タイ・クラスが必要です。
+\fIrmic\fR潟潟cJRMP鴻帥鴻宴潟祉鴻IIOP鴻帥Tie鴻障鴻帥祉鴻≪若祉吾с若祉激сゃ≪潟泣若若弱冴篆<篏睡障≪若祉ゃ潟帥с若鴻鴻帥祉鴻綽荀с鴻帥祉鴻c≪若祉ゃ潟帥с若鴻絎茖障ゃ≪潟с≪若祉吾сс鴻帥с障帥ゃ祉鴻泣若弱眼х若弱冴絎茖鴻c鴻篏睡障絎茖鴻帥ゃ祉鴻綽荀с
 .sp
-\fI\-iiop\fRを使用して\fIrmic\fRコマンドを呼び出すと、次の命名規則に準拠したスタブとTieが生成されます。
+\fI\-iiop\fR篏睡\fIrmic\fR潟潟若喝冴罨<遵荀羣鴻帥Tie障
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
@@ -227,7 +227,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-iiop\fRオプションを使用するときには、他のオプションも指定できます。
+\fI\-iiop\fR激с潟篏睡篁激с潟絎с障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -238,7 +238,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-既存のスタブ/Tie/IDLが入力クラスよりも新しい場合でも、\fI\-always\fRまたは\fI\-alwaysgenerate\fRオプションは再生成を強制します。
+√鴻帥/Tie/IDLュ鴻違翫с\fI\-always\fR障\fI\-alwaysgenerate\fR激с潟綣桁吟障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -249,7 +249,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-nolocalstubs\fRオプションでは、同じプロセスのクライアントとサーバーに最適化されたスタブは作成されません。
+\fI\-nolocalstubs\fR激с潟с祉鴻ゃ≪潟泣若若鴻帥篏障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -260,7 +260,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-noValueMethods\fRオプションは\fI\-idl\fRオプションとともに使用する必要があります。\fI\-noValueMethods\fRオプションは、送信されるIDLに\fIvaluetype\fRメソッドおよび初期化子を追加できないようにします。このメソッドおよび初期化子は、valuetypeの場合はオプションです。\fI\-idl\fRオプションとともに\fI\-noValueMethods\fRオプションを指定しないかぎり生成されます。
+\fI\-noValueMethods\fR激с潟\fI\-idl\fR激с潟篏睡綽荀障\fI\-noValueMethods\fR激с潟篆<IDL\fIvaluetype\fR<純喝絖菴遵с障<純喝絖valuetype翫激с潟с\fI\-idl\fR激с潟\fI\-noValueMethods\fR激с潟絎障
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -271,57 +271,57 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-poa\fRオプションは継承を\fIorg\&.omg\&.CORBA_2_3\&.portable\&.ObjectImpl\fRから\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRに変更します。ポータブル・オブジェクト・アダプタ(POA)の\fIPortableServer\fRモジュールは、ネイティブの\fIServant\fR型を定義します。Javaプログラミング言語では、\fIServant\fR型はJavaの\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスにマップされます。これは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッド、およびPOAによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドを提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2\&.3\&.1 ptc/00\-01\-08\&.pdfに準拠しています。
+\fI\-poa\fR激с潟膓帥\fIorg\&.omg\&.CORBA_2_3\&.portable\&.ObjectImpl\fR\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fR紊眼障若帥祉吾с祉≪(POA)\fIPortableServer\fR≪吾ャ若ゃc\fIServant\fR絎臂障Java違潟域茯с\fIServant\fRJava\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fR鴻障鴻POA泣若潟絎茖若鴻祉鴻罘純≪宴若激с潟祉違若喝冴сゃ<純POAc若喝冴泣若潟篏九勝若吟若若若ゃс<純箴障OMG IDL to Java Language Mapping SpecificationCORBA V 2\&.3\&.1 ptc/00\-01\-08\&.pdf羣障
 .RE
 .RE
 .PP
 \-J
 .RS 4
-Javaコマンドとともに使用して、\fI\-J\fRオプションは\fI\-J\fRの後ろに続く引数をJavaインタプリタに渡します(\fI\-J\fRと引数の間にスペースは入れません)。
+Java潟潟篏睡\fI\-J\fR激с潟\fI\-J\fR緇膓鏁違Javaゃ潟帥帥羝<障(\fI\-J\fR綣違鴻若鴻ャ障)
 .RE
 .PP
 \-keep or \-keepgenerated
 .RS 4
-スタブ、スケルトン、またはTieクラスのために生成された\fI\&.java\fRソース・ファイルを保持し、\fI\&.class\fRファイルと同じディレクトリに書き込みます。
+鴻帥鴻宴潟障Tie鴻\fI\&.java\fR純若鴻祉<ゃ篆\fI\&.class\fR<ゃc吾莨若帥障
 .RE
 .PP
 \-nowarn
 .RS 4
-警告をオフにします。\fI\-nowarn\fRオプションが使用される場合。コンパイラは警告を表示しません。
+茘障\fI\-nowarn\fR激с潟篏睡翫潟潟ゃ茘茵腓冴障
 .RE
 .PP
 \-nowrite
 .RS 4
-コンパイルしたクラスをファイル・システムに書き込みません。
+潟潟ゃ鴻<ゃ祉激鴻吾莨若帥障
 .RE
 .PP
-\-vcompat (非推奨)
+\-vcompat (ィ絅)
 .RS 4
-1\&.1と1\&.2の両方のJRMPスタブ・プロトコル・バージョンと互換性のあるスタブおよびスケルトン・クラスを作成します。5\&.0以前のリリースではこのオプションがデフォルトでした。生成されたスタブ・クラスは、JDK 1\&.1仮想マシンにロードされると1\&.1スタブ・プロトコル・バージョンを使用し、JDK 1\&.2以降の仮想マシンにロードされると1\&.2スタブ・プロトコル・バージョンを使用します。生成されたスケルトン・クラスでは、1\&.1と1\&.2の両方のスタブ・プロトコル・バージョンをサポートします。生成されたクラスは両方の操作モードをサポートするために、サイズが大きくなります。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+1\&.11\&.2筝≧鴻JRMP鴻帥祉潟祉若吾с潟篋с鴻帥潟鴻宴潟祉鴻篏障5\&.0篁ュ若鴻с激с潟с鴻帥祉鴻JDK 1\&.1篁潟激潟若1\&.1鴻帥祉潟祉若吾с潟篏睡JDK 1\&.2篁ラ篁潟激潟若1\&.2鴻帥祉潟祉若吾с潟篏睡障鴻宴潟祉鴻с1\&.11\&.2筝≧鴻鴻帥祉潟祉若吾с潟泣若障鴻筝≧鴻篏≪若泣若泣ゃ冴紊с障羈:激с潟ィ絅障茯с
 .RE
 .PP
 \-verbose
 .RS 4
-コンパイラやリンカーが、コンパイルされているクラスやロードされているクラス・ファイルについてのメッセージを表示するようにします。
+潟潟ゃ潟若潟潟ゃ鴻若鴻祉<ゃゃ<祉若吾茵腓冴障
 .RE
 .PP
-\-v1\&.1 (非推奨)
+\-v1\&.1 (ィ絅)
 .RS 4
-1\&.1 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみのスタブおよびスケルトン・クラスを生成します。\fI\-v1\&.1\fRオプションを使用できるのは、JDK 1\&.1から\fIrmic\fRコマンドで生成され、アップグレードできない(さらにダイナミック・クラス・ローディングを使用していない)、既存の静的デプロイされたスタブ・クラスに対し、直列化互換性のあるスタブ・クラスを生成する場合のみです。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+1\&.1 JRMP鴻帥祉潟祉若吾с潟帥鴻帥潟鴻宴潟祉鴻障\fI\-v1\&.1\fR激с潟篏睡сJDK 1\&.1\fIrmic\fR潟潟х≪違若с(ゃ祉鴻祉若c潟違篏睡)√ゃ鴻帥祉鴻絲障翫篋с鴻帥祉鴻翫帥с羈:激с潟ィ絅障茯с
 .RE
 .PP
-\-v1\&.2 (非推奨)
+\-v1\&.2 (ィ絅)
 .RS 4
-(デフォルト)1\&.2 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみのスタブ・クラスを生成します。スケルトン・クラスは1\&.2スタブ・プロトコル・バージョンで使用できないため、スケルトン・クラスは生成されません。生成されたスタブ・クラスは、JDK 1\&.1仮想マシンにロードされても動作しません。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+()1\&.2 JRMP鴻帥祉潟祉若吾с潟帥鴻帥祉鴻障鴻宴潟祉鴻1\&.2鴻帥祉潟祉若吾с潟т戎с鴻宴潟祉鴻障鴻帥祉鴻JDK 1\&.1篁潟激潟若篏障羈:激с潟ィ絅障茯с
 .RE
-.SH "環境変数"
+.SH "医紊"
 .PP
 CLASSPATH
 .RS 4
-ユーザー定義クラスへのパスをシステムに指定します。ディレクトリはコロンで区切られます。例:
+若吟弱臂鴻吾鴻激鴻絎障c潟潟у阪障箴:
 \fI\&.:/usr/local/java/classes\fR
 .RE
-.SH "関連項目"
+.SH "∫i"
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\