diff src/linux/doc/man/ja/rmic.1 @ 12442:aa8e52dfeee9

8131105: Header Template for nroff man pages *.1 files contains errors Reviewed-by: katleman
author mfang
date Mon, 27 Jul 2015 16:49:10 -0700
parents 5d018ec41792
children
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Mon Jul 27 19:50:14 2015 +0200
+++ b/src/linux/doc/man/ja/rmic.1	Mon Jul 27 16:49:10 2015 -0700
@@ -1,12 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1997, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: rmic
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: Remote Method Invocation (RMI)ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
-.\"
+.\" Copyright (c) 1997, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
 .\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -15,7 +8,7 @@
 .\"
 .\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
 .\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License
+.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
 .\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
 .\" accompanied this code).
 .\"
@@ -27,8 +20,17 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
-.TH "rmic" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Remote Method Invocation (RMI)"
+.\" Title: rmic
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013ǯ1121
+.\" SectDesc: Remote Method Invocation (RMI)ġ
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 
+.\" Part Number: E58103-01
+.\" Doc ID: JSSON
+.\"
+.if n .pl 99999
+.TH "rmic" "1" "2013ǯ1121" "JDK 8" "Remote Method Invocation (RMI)"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
 .\" -----------------------------------------------------------------
@@ -48,15 +50,15 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
-rmic \- Java Remote Method Protocol (JRMP)またはInternet Inter\-Orb protocol (IIOP)を使用するリモート・オブジェクトのスタブ、スケルトンおよびTieクラスを生成します。Object Management Group (OMG)インタフェース定義言語(IDL)も生成します
-.SH "概要"
+.SH "̾"
+rmic \- Java Remote Method Protocol (JRMP)ޤInternet Inter\-Orb protocol (IIOP)Ѥ⡼ȡ֥ȤΥ֡ȥ󤪤Tie饹ޤObject Management Group (OMG)󥿥ե(IDL)ޤ
+.SH ""
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIrmic\fR [ \fIoptions\fR ] \fIpackage\-qualified\-class\-names\fR
+\fBrmic\fR [ \fIoptions\fR ] \fIpackage\-qualified\-class\-names\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -64,85 +66,87 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・\fIオプション\fR。オプションを参照してください。
+ޥɹ\fBץ\fRץ򻲾ȤƤ
 .RE
 .PP
 \fIpackage\-qualified\-class\-names\fR
 .RS 4
-パッケージを含むクラス名。例:
-\fIjava\&.awt\&.Color\fR。
+ѥåޤ९饹̾:
+\fBjava\&.awt\&.Color\fR
 .RE
-.SH "説明"
+.SH ""
 .PP
-\fB非推奨に関する注意:\fR
-Java Remote Method Protocol (JRMP)スタブおよびスケルトンの静的な生成のサポートは非推奨になりました。動的に生成されるJRMPスタブをかわりに使用して、JRMPベースのアプリケーションにこのツールを使用する必要性をなくすことをお薦めします。詳細は、\fIjava\&.rmi\&.server\&.UnicastRemoteObject\fR仕様(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/server/UnicastRemoteObject\&.html)を参照してください。
+\fB侩˴ؤ:\fR
+Java Remote Method Protocol (JRMP)֤ӥȥŪΥݡȤ侩ˤʤޤưŪJRMP֤򤫤˻ѤơJRMP١ΥץꥱˤΥġѤɬʤȤᤷޤܺ٤ϡ\fBjava\&.rmi\&.server\&.UnicastRemoteObject\fR(http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/rmi/server/UnicastRemoteObject\&.html)򻲾ȤƤ
 .PP
-\fIrmic\fRコンパイラは、Java Remote Method Protocol (JRMP)とスタブおよびTieクラス・ファイル(IIOPプロトコル)を使用して、リモート・オブジェクトのスタブおよびスケルトン・クラス・ファイルを生成します。リモート・オブジェクトの実装クラスであるこれらのクラス・ファイルは、Javaプログラミング言語のクラスをコンパイルしたときに生成されます。リモート実装クラスは、\fIjava\&.rmi\&.Remote\fRインタフェースを実装するクラスです。\fIrmic\fRコマンドでのクラス名は、そのクラスが\fIjavac\fRコマンドでコンパイルが成功していて、かつ完全修飾パッケージ名である必要があります。たとえば、次に示すクラス・ファイル名\fIHelloImpl\fRで\fIrmic\fRコマンドを実行すると、helloサブディレクトリ(クラスのパッケージの名前の付いた)に\fIHelloImpl_Stub\&.class \fRファイルが作成されます。
+\fBrmic\fRѥϡJava Remote Method Protocol (JRMP)ȥ֤Tie饹ե(IIOPץȥ)Ѥơ⡼ȡ֥ȤΥ֤ӥȥ󡦥饹եޤ⡼ȡ֥Ȥμ饹Ǥ뤳Υ饹եϡJavaץߥ󥰸Υ饹򥳥ѥ뤷Ȥޤ⡼ȼ饹ϡ\fBjava\&.rmi\&.Remote\fR󥿥ե륯饹Ǥ\fBrmic\fRޥɤǤΥ饹̾ϡΥ饹\fBjavac\fRޥɤǥѥ뤬ƤơĴѥå̾ǤɬפޤȤС˼饹ե̾\fBHelloImpl\fR\fBrmic\fRޥɤ¹Ԥȡhello֥ǥ쥯ȥ(饹Υѥå̾դ)\fBHelloImpl_Stub\&.class \fRե뤬ޤ
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-rmic hello\&.HelloImpl
+\fBrmic hello\&.HelloImpl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-リモート・オブジェクトのスケルトンはJRMPプロトコル・サーバー側のエンティティで、リモート・オブジェクト実装を呼び出すメソッドを含みます。
+⡼ȡ֥ȤΥȥJRMPץȥ롦С¦Υƥƥǡ⡼ȡ֥ȼƤӽФ᥽åɤޤߤޤ
 .PP
-リモート・オブジェクトのTieは、スケルトンと同様にサーバー側のエンティティですが、IIOPプロトコルを使用してクライアントと通信します。
+⡼ȡ֥ȤTieϡȥƱͤ˥С¦ΥƥƥǤIIOPץȥѤƥ饤Ȥ̿ޤ
 .PP
-スタブとは、リモート・オブジェクトのクライアント側での代理です。スタブは、リモート・オブジェクトのメソッド呼出しを、実物のリモート・オブジェクトが常駐するサーバーと通信する役割を持ちます。したがって、クライアントのリモート・オブジェクトへの参照は、実際はローカル・スタブへの参照となります。
+֤Ȥϡ⡼ȡ֥ȤΥ饤¦ǤǤ֤ϡ⡼ȡ֥ȤΥ᥽åɸƽФ򡢼ʪΥ⡼ȡ֥Ȥ󤹤륵С̿ޤäơ饤ȤΥ⡼ȡ֥ȤؤλȤϡºݤϥ롦֤ؤλȤȤʤޤ
 .PP
-デフォルトで\fIrmic\fRコマンドは、1\&.2 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみを使用するスタブ・クラスを生成します。これは、\fI\-v1\&.2\fRオプションを指定した場合と同じ動作です。リリース5\&.0以前では\fI\-vcompat\fRオプションがデフォルトでした。IIOPプロトコル用のスタブおよびTieクラスを生成するには\fI\-iiop\fRオプションを使用します。オプションを参照してください。
+ǥեȤ\fBrmic\fRޥɤϡ1\&.2 JRMP֡ץȥ롦СΤߤѤ륹֡饹ޤϡ\fB\-v1\&.2\fRץꤷƱưǤ꡼5\&.0Ǥ\fB\-vcompat\fRץ󤬥ǥեȤǤIIOPץȥѤΥ֤Tie饹ˤ\fB\-iiop\fRץѤޤץ򻲾ȤƤ
 .PP
-スタブはリモート・インタフェースのみを実装し、リモート・オブジェクトが実装するローカル・インタフェースは実装していません。JRMPスタブはリモート・オブジェクトが実装するリモート・インタフェースと同じものを実装しているので、クライアントは、キャストや型チェックにJavaプログラミング言語に組み込まれた演算子を使用することができます。IIOPの場合は、\fIPortableRemoteObject\&.narrow\fRメソッドを使用する必要があります。
-.SH "オプション"
+֤ϥ⡼ȡ󥿥եΤߤ⡼ȡ֥Ȥ롦󥿥եϼƤޤJRMP֤ϥ⡼ȡ֥Ȥ⡼ȡ󥿥եƱΤƤΤǡ饤Ȥϡ㥹Ȥ䷿åJavaץߥ󥰸Ȥ߹ޤ줿黻ҤѤ뤳ȤǤޤIIOPξϡ\fBPortableRemoteObject\&.narrow\fR᥽åɤѤɬפޤ
+.SH "ץ"
 .PP
 \-bootclasspath \fIpath\fR
 .RS 4
-ブートストラップ・クラス・ファイルの位置をオーバーライドします。
+֡ȥȥåס饹եΰ֤򥪡С饤ɤޤ
 .RE
 .PP
 \-classpath path
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドがクラスを探すためのパスを指定します。このオプションは、デフォルトや\fICLASSPATH\fR環境変数設定をオーバーライドします。ディレクトリはコロンで分割します。パスの一般的な形式は\fI\&.;<your_path>\fRです。例:
-\fI\&.;/usr/local/java/classes\fR
+\fBrmic\fRޥɤ饹õΥѥꤷޤΥץϡǥեȤ\fBCLASSPATH\fRĶѿ򥪡С饤ɤޤǥ쥯ȥϥʬ䤷ޤѥΰŪʷ\fB\&.:<your_path>\fRǤ:
+\fB\&.:/usr/local/java/classes\fR
 .RE
 .PP
 \-d \fIdirectory\fR
 .RS 4
-生成されたクラス階層の出力先ディレクトリのルートを指定します。このオプションを使用すると、スタブ、スケルトン、およびTieファイルを格納するディレクトリを指定できます。たとえば、次のコマンドはMyClassから導出されたスタブおよびスケルトン・クラスをディレクトリ/java/classes/exampleclassに格納します。
+줿饹ؤνǥ쥯ȥΥ롼ȤꤷޤΥץѤȡ֡ȥ󡢤TieեǼǥ쥯ȥǤޤȤСΥޥɤMyClassƳФ줿֤ӥȥ󡦥饹ǥ쥯ȥ/java/classes/exampleclass˳Ǽޤ
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-rmic \-d /java/classes exampleclass\&.MyClass
+\fBrmic \-d /java/classes exampleclass\&.MyClass\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fI\-d\fRオプションが指定されていない場合、デフォルトの動作は\fI\-d\fRが指定されていた場合と同じです。ターゲット・クラスのパッケージ階層が現在のディレクトリに作成され、stub/tie/skeletonファイルが格納されます。以前のリリースの\fIrmic\fRコマンドでは、\fI\-d\fRが指定されていない場合は、パッケージ階層は作成されず、出力ファイルはすべて現在のディレクトリに直接格納されていました。
+\fB\-d\fRץ󤬻ꤵƤʤ硢ǥեȤư\fB\-d\fRꤵƤƱǤåȡ饹ΥѥåؤߤΥǥ쥯ȥ˺졢stub/tie/skeletonե뤬ǼޤΥ꡼\fBrmic\fRޥɤǤϡ\fB\-d\fRꤵƤʤϡѥåؤϺ줺ϥեϤ٤ƸߤΥǥ쥯ȥľܳǼƤޤ
 .RE
 .PP
 \-extdirs \fIpath\fR
 .RS 4
-インストール済拡張機能の位置をオーバーライドします。
+󥹥ȡѳĥǽΰ֤򥪡С饤ɤޤ
 .RE
 .PP
 \-g
 .RS 4
-ローカル変数を含むすべてのデバッグ情報を生成します。デフォルトでは、行番号情報のみ生成されます。
+ѿޤह٤ƤΥǥХåޤǥեȤǤϡֹΤޤ
 .RE
 .PP
 \-idl
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドによって、指定したクラスおよび参照されたクラスのOMG IDLが生成されます。IDLでは、プログラミング言語に依存せずに、宣言するだけでオブジェクトのAPIを指定することができます。IDLは、メソッドおよびデータの仕様として使用します。CORBAバインディングを提供する任意の言語で、メソッドおよびデータの作成および呼出しを行うことができます。これらの言語には、JavaおよびC++が含まれています。http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping\&.htmlの
-「Java IDL: IDL to Java Language Mapping」を参照してください
+\fBrmic\fRޥɤˤäơꤷ饹ӻȤ줿饹OMG IDLޤIDLǤϡץߥ󥰸˰¸ˡǥ֥ȤAPIꤹ뤳ȤǤޤIDLϡ᥽åɤӥǡλͤȤƻѤޤCORBAХǥ󥰤󶡤Ǥդθǡ᥽åɤӥǡκӸƽФԤȤǤޤθˤϡJavaC++ޤޤƤޤhttp://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping\&.html
+Java IDL: IDL to Java Language Mappingפ򻲾ȤƤ
 .sp
-\fI\-idl\fRオプションを使用するときには、他のオプションも指定できます。
+\fB\-idl\fRץѤȤˤϡ¾ΥץǤޤ
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -152,7 +156,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-既存のスタブ/Tie/IDLが入力クラスよりも新しい場合でも、\fI\-always\fRまたは\fI\-alwaysgenerate\fRオプションは再生成を強制します。
+¸Υ/Tie/IDLϥ饹⿷Ǥ⡢\fB\-always\fRޤ\fB\-alwaysgenerate\fRץϺޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -163,7 +167,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-factory\fRオプションは、生成されたIDLで\fIfactory\fRキーワードを使用します。
+\fB\-factory\fRץϡ줿IDL\fBfactory\fRɤѤޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -174,15 +178,10 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-The
-\fI\-idlModule\fR
-from J\fIavaPackage[\&.class]\fR
-\fItoIDLModule\fR
-specifies
-\fIIDLEntity\fR
-package mapping, for example:
-\fI\-idlModule\fR
-\fImy\&.module my::real::idlmod\fR\&.
+J\fBavaPackage[\&.class]\fR
+\fBtoIDLModule\fR\fB\-idlModule\fR\fBIDLEntity\fRѥåޥåԥ󥰤ꤷޤ:
+\fB\-idlModule\fR
+\fBmy\&.module my::real::idlmod\fR
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -193,27 +192,25 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-idlFile\fR
-\fIfromJavaPackage[\&.class] toIDLFile\fR
-specifies
-\fIIDLEntity\fR
-file mapping, for example:
-\fI\-idlFile test\&.pkg\&.X TEST16\&.idl\fR\&.
+\fB\-idlFile\fR
+\fBfromJavaPackage[\&.class] toIDLFile\fR\fBIDLEntity\fRե롦ޥåԥ󥰤ꤷޤ:
+\fB\-idlFile test\&.pkg\&.X TEST16\&.idl\fR
 .RE
 .RE
 .PP
 \-iiop
 .RS 4
-\fIrmic\fRコマンドによって、JRMPのスタブとスケルトン・クラスのかわりに、IIOPのスタブとTieクラスが生成されます。スタブ・クラスは、リモート・オブジェクトのローカル・プロキシで、クライアントからサーバーに呼出しを送信するときに使用されます。各リモート・インタフェースにはスタブ・クラスが必要です。スタブ・クラスによってリモート・インタフェースが実装されます。クライアントでリモート・オブジェクトを参照するときは、スタブを参照することになります。タイ・クラスは、サーバー側で着呼を処理し、その呼出しを適切な実装クラスにディスパッチするときに使用されます。各実装クラスには、タイ・クラスが必要です。
+\fBrmic\fRޥɤˤäơJRMPΥ֤ȥȥ󡦥饹ΤˡIIOPΥ֤Tie饹ޤ֡饹ϡ⡼ȡ֥ȤΥ롦ץǡ饤Ȥ饵С˸ƽФȤ˻Ѥޤƥ⡼ȡ󥿥եˤϥ֡饹ɬפǤ֡饹ˤäƥ⡼ȡ󥿥եޤ饤Ȥǥ⡼ȡ֥Ȥ򻲾ȤȤϡ֤򻲾Ȥ뤳Ȥˤʤޤ饹ϡС¦ƤθƽФŬڤʼ饹˥ǥѥåȤ˻ѤޤƼ饹ˤϡ饹ɬפǤ
 .sp
-\fI\-iiop\fRを使用して\fIrmic\fRコマンドを呼び出すと、次の命名規則に準拠したスタブとTieが生成されます。
+\fB\-iiop\fRѤ\fBrmic\fRޥɤƤӽФȡ̿̾§˽򤷤֤Tieޤ
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-_<implementationName>_stub\&.class
-_<interfaceName>_tie\&.class
+\fB_<implementationName>_stub\&.class\fR
+\fB_<interfaceName>_tie\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -227,7 +224,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-iiop\fRオプションを使用するときには、他のオプションも指定できます。
+\fB\-iiop\fRץѤȤˤϡ¾ΥץǤޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -238,7 +235,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-既存のスタブ/Tie/IDLが入力クラスよりも新しい場合でも、\fI\-always\fRまたは\fI\-alwaysgenerate\fRオプションは再生成を強制します。
+¸Υ/Tie/IDLϥ饹⿷Ǥ⡢\fB\-always\fRޤ\fB\-alwaysgenerate\fRץϺޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -249,7 +246,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-nolocalstubs\fRオプションでは、同じプロセスのクライアントとサーバーに最適化されたスタブは作成されません。
+\fB\-nolocalstubs\fRץǤϡƱץΥ饤ȤȥС˺Ŭ줿֤Ϻޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -260,7 +257,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-noValueMethods\fRオプションは\fI\-idl\fRオプションとともに使用する必要があります。\fI\-noValueMethods\fRオプションは、送信されるIDLに\fIvaluetype\fRメソッドおよび初期化子を追加できないようにします。このメソッドおよび初期化子は、valuetypeの場合はオプションです。\fI\-idl\fRオプションとともに\fI\-noValueMethods\fRオプションを指定しないかぎり生成されます。
+\fB\-noValueMethods\fRץ\fB\-idl\fRץȤȤ˻Ѥɬפޤ\fB\-noValueMethods\fRץϡIDL\fBvaluetype\fR᥽åɤӽҤɲäǤʤ褦ˤޤΥ᥽åɤӽҤϡvaluetypeξϥץǤ\fB\-idl\fRץȤȤ\fB\-noValueMethods\fRץꤷʤޤ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -271,57 +268,57 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-poa\fRオプションは継承を\fIorg\&.omg\&.CORBA_2_3\&.portable\&.ObjectImpl\fRから\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRに変更します。ポータブル・オブジェクト・アダプタ(POA)の\fIPortableServer\fRモジュールは、ネイティブの\fIServant\fR型を定義します。Javaプログラミング言語では、\fIServant\fR型はJavaの\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスにマップされます。これは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッド、およびPOAによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドを提供します。OMG IDL to Java Language Mapping Specification、CORBA V 2\&.3\&.1 ptc/00\-01\-08\&.pdfに準拠しています。
+\fB\-poa\fRץϷѾ\fBorg\&.omg\&.CORBA_2_3\&.portable\&.ObjectImpl\fR\fBorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRѹޤݡ֥롦֥ȡץ(POA)\fBPortableServer\fR⥸塼ϡͥƥ֤\fBServant\fRޤJavaץߥ󥰸Ǥϡ\fBServant\fRJava\fBorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fR饹˥ޥåפޤϡ٤ƤPOAХȼΥ١饹ȤƵǽץꥱ󡦥ץޤƤӽФȤΤǤ뤤ĤΥ᥽åɡPOAˤäƸƤӽФ졢ХȤư椹뤿˥桼С饤ɤǤ᥽åɤ󶡤ޤOMG IDL to Java Language Mapping SpecificationCORBA V 2\&.3\&.1 ptc/00\-01\-08\&.pdf˽򤷤Ƥޤ
 .RE
 .RE
 .PP
 \-J
 .RS 4
-Javaコマンドとともに使用して、\fI\-J\fRオプションは\fI\-J\fRの後ろに続く引数をJavaインタプリタに渡します(\fI\-J\fRと引数の間にスペースは入れません)。
+JavaޥɤȤȤ˻Ѥơ\fB\-J\fRץ\fB\-J\fRθ³Java󥿥ץ꥿Ϥޤ(\fB\-J\fRȰδ֤˥ڡޤ)
 .RE
 .PP
 \-keep or \-keepgenerated
 .RS 4
-スタブ、スケルトン、またはTieクラスのために生成された\fI\&.java\fRソース・ファイルを保持し、\fI\&.class\fRファイルと同じディレクトリに書き込みます。
+֡ȥ󡢤ޤTie饹Τ줿\fB\&.java\fRեݻ\fB\&.class\fRեƱǥ쥯ȥ˽񤭹ߤޤ
 .RE
 .PP
 \-nowarn
 .RS 4
-警告をオフにします。\fI\-nowarn\fRオプションが使用される場合。コンパイラは警告を表示しません。
+ٹ򥪥դˤޤ\fB\-nowarn\fRץ󤬻Ѥ硣ѥϷٹɽޤ
 .RE
 .PP
 \-nowrite
 .RS 4
-コンパイルしたクラスをファイル・システムに書き込みません。
+ѥ뤷饹ե롦ƥ˽񤭹ߤޤ
 .RE
 .PP
-\-vcompat (非推奨)
+\-vcompat (侩)
 .RS 4
-1\&.1と1\&.2の両方のJRMPスタブ・プロトコル・バージョンと互換性のあるスタブおよびスケルトン・クラスを作成します。5\&.0以前のリリースではこのオプションがデフォルトでした。生成されたスタブ・クラスは、JDK 1\&.1仮想マシンにロードされると1\&.1スタブ・プロトコル・バージョンを使用し、JDK 1\&.2以降の仮想マシンにロードされると1\&.2スタブ・プロトコル・バージョンを使用します。生成されたスケルトン・クラスでは、1\&.1と1\&.2の両方のスタブ・プロトコル・バージョンをサポートします。生成されたクラスは両方の操作モードをサポートするために、サイズが大きくなります。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+1\&.11\&.2ξJRMP֡ץȥ롦СȸߴΤ륹֤ӥȥ󡦥饹ޤ5\&.0Υ꡼ǤϤΥץ󤬥ǥեȤǤ줿֡饹ϡJDK 1\&.1ۥޥ˥ɤ1\&.1֡ץȥ롦СѤJDK 1\&.2ʹߤβۥޥ˥ɤ1\&.2֡ץȥ롦СѤޤ줿ȥ󡦥饹Ǥϡ1\&.11\&.2ξΥ֡ץȥ롦С򥵥ݡȤޤ줿饹ξ⡼ɤ򥵥ݡȤ뤿ˡ礭ʤޤ:Υץ侩ˤʤޤ򻲾ȤƤ
 .RE
 .PP
 \-verbose
 .RS 4
-コンパイラやリンカーが、コンパイルされているクラスやロードされているクラス・ファイルについてのメッセージを表示するようにします。
+ѥ󥫡ѥ뤵Ƥ륯饹ɤƤ륯饹եˤĤƤΥåɽ褦ˤޤ
 .RE
 .PP
-\-v1\&.1 (非推奨)
+\-v1\&.1 (侩)
 .RS 4
-1\&.1 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみのスタブおよびスケルトン・クラスを生成します。\fI\-v1\&.1\fRオプションを使用できるのは、JDK 1\&.1から\fIrmic\fRコマンドで生成され、アップグレードできない(さらにダイナミック・クラス・ローディングを使用していない)、既存の静的デプロイされたスタブ・クラスに対し、直列化互換性のあるスタブ・クラスを生成する場合のみです。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+1\&.1 JRMP֡ץȥ롦СΤߤΥ֤ӥȥ󡦥饹ޤ\fB\-v1\&.1\fRץѤǤΤϡJDK 1\&.1\fBrmic\fRޥɤ졢åץ졼ɤǤʤ(˥ʥߥå饹ǥ󥰤ѤƤʤ)¸Ūǥץ줿֡饹Фľ󲽸ߴΤ륹֡饹ΤߤǤ:Υץ侩ˤʤޤ򻲾ȤƤ
 .RE
 .PP
-\-v1\&.2 (非推奨)
+\-v1\&.2 (侩)
 .RS 4
-(デフォルト)1\&.2 JRMPスタブ・プロトコル・バージョンのみのスタブ・クラスを生成します。スケルトン・クラスは1\&.2スタブ・プロトコル・バージョンで使用できないため、スケルトン・クラスは生成されません。生成されたスタブ・クラスは、JDK 1\&.1仮想マシンにロードされても動作しません。注意:このオプションは非推奨になりました。説明を参照してください。
+(ǥե)1\&.2 JRMP֡ץȥ롦СΤߤΥ֡饹ޤȥ󡦥饹1\&.2֡ץȥ롦СǻѤǤʤᡢȥ󡦥饹ޤ줿֡饹ϡJDK 1\&.1ۥޥ˥ɤƤưޤ:Υץ侩ˤʤޤ򻲾ȤƤ
 .RE
-.SH "環境変数"
+.SH "Ķѿ"
 .PP
 CLASSPATH
 .RS 4
-ユーザー定義クラスへのパスをシステムに指定します。ディレクトリはコロンで区切られます。例:
-\fI\&.:/usr/local/java/classes\fR
+桼饹ؤΥѥ򥷥ƥ˻ꤷޤǥ쥯ȥϥǶڤޤ:
+\fB\&.:/usr/local/java/classes\fR
 .RE
-.SH "関連項目"
+.SH "Ϣ"
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -353,7 +350,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-Setting the Class Path
+饹ѥ
 .RE
 .br
 'pl 8.5i