view src/linux/doc/man/ja/jinfo.1 @ 11881:5d018ec41792

8077992: Eliminate JDK build dependency of native2ascii and update Japanese nroff man pages to UTF-8 encoding Reviewed-by: mchung Contributed-by: michael.fang@oracle.com
author ihse
date Wed, 06 May 2015 10:25:51 +0200
parents 3a500be9f9ba
children aa8e52dfeee9
line wrap: on
line source
'\" t
.\" Copyright (c) 2004, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
.\" Title: jinfo
.\" Language: English
.\" Date: 2013年11月21日
.\" SectDesc: トラブルシューティング・ツール
.\" Software: JDK 8
.\" Arch: 汎用
.\"
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
.\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
.\" questions.
.\"
.pl 99999
.TH "jinfo" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "トラブルシューティング・ツール"
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * Define some portability stuff
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.\" http://bugs.debian.org/507673
.\" http://lists.gnu.org/archive/html/groff/2009-02/msg00013.html
.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.ie \n(.g .ds Aq \(aq
.el       .ds Aq '
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * set default formatting
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" disable hyphenation
.nh
.\" disable justification (adjust text to left margin only)
.ad l
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
.\" -----------------------------------------------------------------
.SH "NAME"
jinfo \- 構成情報を生成します。このコマンドは試験的なもので、サポートされていません。
.SH "概要"
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fIjinfo\fR [ \fIoption\fR ] \fIpid\fR
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fIjinfo\fR [ \fIoption \fR] \fIexecutable core\fR
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fIjinfo\fR [ \fIoption \fR] \fI[ servier\-id ] remote\-hostname\-or\-IP\fR
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.PP
\fIオプション\fR
.RS 4
コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
.RE
.PP
\fIpid\fR
.RS 4
構成情報が出力されるプロセスID。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)コマンドを使用します。
.RE
.PP
\fI実行可能ファイル\fR
.RS 4
コア・ダンプの作成元のJava実行可能ファイル。
.RE
.PP
\fIコア\fR
.RS 4
構成情報が出力されるコア・ファイル。
.RE
.PP
\fIremote\-hostname\-or\-IP\fR
.RS 4
リモート・デバッグ・サーバーの\fIホスト名\fRまたは\fIIP\fRアドレス。jsadebugd(1)を参照してください。
.RE
.PP
\fIserver\-id\fR
.RS 4
複数のデバッグ・サーバーが同一のリモート・ホストで実行している場合の、オプション固有のID。
.RE
.SH "説明"
.PP
\fIjinfo\fRコマンドは、指定されたJavaプロセスやコア・ファイルまたはリモート・デバッグ・サーバーのJava構成情報を出力します。構成情報には、Javaシステム・プロパティとJava仮想マシン(JVM)のコマンドライン・フラグが含まれています。指定されたプロセスが64ビットJVM上で実行されている場合、\fI\-J\-d64\fRオプションを指定する必要がある場合があります。次に例を示します。\fIjinfo\fR
\fI\-J\-d64 \-sysprops pid\fR。
.PP
このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKのリリースでは利用できなくなる可能性があります。\fIdbgeng\&.dll\fRが存在していないWindowsシステムでは、Debugging Tools For Windowsをインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。\fIPATH\fR環境変数には、ターゲット・プロセスによって使用されるjvm\&.dllの場所、またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所が含まれるようにしてください。たとえば、\fIset PATH=%JDK_HOME%\ejre\ebin\eclient;%PATH%\fRです。
.SH "オプション"
.PP
no\-option
.RS 4
コマンドライン・フラグを、システム・プロパティ名と値のペアとともに出力します。
.RE
.PP
\-flag \fIname\fR
.RS 4
指定されたコマンドライン・フラグの名前と値を出力します。
.RE
.PP
\-flag \fI[+|\-]name\fR
.RS 4
指定されたブール型のコマンドライン・フラグを有効または無効にします。
.RE
.PP
\-flag \fIname=value\fR
.RS 4
指定されたコマンドライン・フラグを指定された値に設定します。
.RE
.PP
\-flags
.RS 4
JVMに渡されるコマンドライン・フラグを出力します。
.RE
.PP
\-sysprops
.RS 4
Javaシステム・プロパティを名前と値のペアとして出力します。
.RE
.PP
\-h
.RS 4
ヘルプ・メッセージが出力されます。
.RE
.PP
\-help
.RS 4
ヘルプ・メッセージが出力されます。
.RE
.SH "関連項目"
.sp
.RS 4
.ie n \{\
\h'-04'\(bu\h'+03'\c
.\}
.el \{\
.sp -1
.IP \(bu 2.3
.\}
jps(1)
.RE
.sp
.RS 4
.ie n \{\
\h'-04'\(bu\h'+03'\c
.\}
.el \{\
.sp -1
.IP \(bu 2.3
.\}
jsadebugd(1)
.RE
.br
'pl 8.5i
'bp