view src/linux/doc/man/ja/jjs.1 @ 12442:aa8e52dfeee9

8131105: Header Template for nroff man pages *.1 files contains errors Reviewed-by: katleman
author mfang
date Mon, 27 Jul 2015 16:49:10 -0700
parents 5d018ec41792
children
line wrap: on
line source
'\" t
.\" Copyright (c) 1994, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
.\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
.\" questions.
.\"
.\" Title: jjs
.\" Language: Japanese
.\" Date: 2015年3月3日
.\" SectDesc: 基本ツール
.\" Software: JDK 8
.\" Arch: 汎用
.\" Part Number: E58103-01
.\" Doc ID: JSSON
.\"
.if n .pl 99999
.TH "jjs" "1" "2015年3月3日" "JDK 8" "基本ツール"
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * Define some portability stuff
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.\" http://bugs.debian.org/507673
.\" http://lists.gnu.org/archive/html/groff/2009-02/msg00013.html
.\" ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
.ie \n(.g .ds Aq \(aq
.el       .ds Aq '
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * set default formatting
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" disable hyphenation
.nh
.\" disable justification (adjust text to left margin only)
.ad l
.\" -----------------------------------------------------------------
.\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
.\" -----------------------------------------------------------------
.SH "名前"
jjs \- Nashornエンジンを呼び出します。
.SH "概要"
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB\fBjjs\fR\fR\fB [\fR\fB\fIoptions\fR\fR\fB] [\fR\fB\fIscript\-files\fR\fR\fB] [\-\- \fR\fB\fIarguments\fR\fR\fB]\fR
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.PP
\fIoptions\fR
.RS 4
空白文字で区切られた、\fBjjs\fRコマンドの1つ以上のオプション。詳細は、オプションを参照してください。
.RE
.PP
\fIscript\-files\fR
.RS 4
空白文字で区切られた、Nashornを使用して解釈する1つ以上のスクリプト・ファイル。ファイルが指定されない場合は、対話型シェルが起動されます。
.RE
.PP
\fIarguments\fR
.RS 4
二重ハイフン・マーカー(\fB\-\-\fR)の後のすべての値が、引数としてスクリプトまたは対話型シェルに渡されます。これらの値には\fBarguments\fRプロパティを使用してアクセスできます(Example 3を参照してください)。
.RE
.SH "説明"
.PP
\fBjjs\fRコマンド行ツールを使用してNashornエンジンを呼び出します。これを使用して、1つまたは複数のスクリプト・ファイルを解釈したり、対話型シェルを実行することができます。
.SH "オプション"
.PP
\fBjjs\fRコマンドのオプションはスクリプトがNashornによって解釈される条件を制御します。
.PP
\-ccs=\fIsize\fR
.br
\-\-class\-cache\-size=\fIsize\fR
.RS 4
クラス・キャッシュ・サイズをバイト単位で設定します。キロバイト(KB)を示すために\fBk\fRまたは\fBK\fRの文字を追加し、メガバイト(MB)を示すために\fBm\fRまたは\fBM\fRの文字を追加し、ギガバイト(GB)を示すために\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、クラス・キャッシュ・サイズは50バイトに設定されます。次の例は、1024バイト(1 KB)に設定する方法を示します。
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB\-css=100\fR
\fB\-css=1k\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.RE
.PP
\-co
.br
\-\-compile\-only
.RS 4
スクリプトを実行せずにコンパイルします。
.RE
.PP
\-cp \fIpath\fR
.br
\-classpath \fIpath\fR
.RS 4
サポートするクラスへのパスを指定します。複数のパスを設定するには、このオプションを繰り返すか、または各パスをコロン(:)で区切ります。
.RE
.PP
\-D\fIname\fR=\fIvalue\fR
.RS 4
プロパティ名に値を割り当てることで、スクリプトに渡すシステム・プロパティを設定します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、\fBmyValue\fRを\fBmyKey\fRという名前のプロパティに割り当てる方法を示します。
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB>> \fR\fB\fBjjs \-DmyKey=myValue\fR\fR
\fBjjs> \fR\fB\fBjava\&.lang\&.System\&.getProperty("myKey")\fR\fR
\fBmyValue\fR
\fBjjs>\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
このオプションを繰り返し使用すると、複数のプロパティを設定できます。
.RE
.PP
\-d=\fIpath\fR
.br
\-\-dump\-debug\-dir=\fIpath\fR
.RS 4
クラス・ファイルをダンプするディレクトリへのパスを指定します。
.RE
.PP
\-\-debug\-lines
.RS 4
クラス・ファイル内の行番号表を生成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fB\-\-debug\-lines=false\fRを指定します。
.RE
.PP
\-\-debug\-locals
.RS 4
クラス・ファイル内のローカル変数を生成します。
.RE
.PP
\-doe
.br
\-\-dump\-on\-error
.RS 4
エラーが発生したときに、フル・スタック・トレースを提供します。デフォルトでは、簡単なエラー・メッセージのみが出力されます。
.RE
.PP
\-\-early\-lvalue\-error
.RS 4
無効な左辺値式が早期エラーとして(つまり、コードが解析されるときに)報告されます。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fB\-\-early\-lvalue\-error=false\fRを指定します。無効な場合、無効な左辺値式はコードが実行されるまで報告されません。
.RE
.PP
\-\-empty\-statements
.RS 4
空の文をJavaの抽象構文ツリーに保存します。
.RE
.PP
\-fv
.br
\-\-fullversion
.RS 4
完全なNashornバージョン文字列を出力します。
.RE
.PP
\-\-function\-statement\-error
.RS 4
関数の宣言が文として使用されるとエラー・メッセージが出力されます。
.RE
.PP
\-\-function\-statement\-warning
.RS 4
関数の宣言が文として使用されると警告メッセージが出力されます。
.RE
.PP
\-fx
.RS 4
スクリプトをJavaFXアプリケーションとして起動します。
.RE
.PP
\-h
.br
\-help
.RS 4
オプションのリストとその説明を出力します。
.RE
.PP
\-J\fIoption\fR
.RS 4
指定した\fBjava\fR起動オプションをJVMに渡します。次の例で、対話型モードでNashornを呼び出して、JVMによって使用される最大メモリーを4 GBに設定する方法を示します。
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB>> \fR\fB\fBjjs \-J\-Xmx4g\fR\fR
\fBjjs> \fR\fB\fBjava\&.lang\&.Runtime\&.getRuntime()\&.maxMemory()\fR\fR
\fB3817799680\fR
\fBjjs>\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
このオプションを繰り返し使用すると、複数の\fBjava\fRコマンド・オプションを渡すことができます。
.RE
.PP
\-\-language=[es5]
.RS 4
ECMAScript言語バージョンを指定します。デフォルトのバージョンはES5です。
.RE
.PP
\-\-lazy\-compilation
.RS 4
レイジー・コード生成戦略(つまり、スクリプト全体が一度にコンパイルされない)を有効にします。このオプションは試験的なものです。
.RE
.PP
\-\-loader\-per\-compile
.RS 4
コンパイルごとに新しいクラス・ローダーを作成します。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。無効にするには\fB\-\-loader\-per\-compile=false\fRを指定します。
.RE
.PP
\-\-log=\fIsubsystem\fR:\fIlevel\fR
.RS 4
指定されたサブシステムに対して、特定のレベルでロギングを実行します。カンマで区切って複数のサブシステムのロギング・レベルを指定できます。次に例を示します。
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB\-\-log=fields:finest,codegen:info\fR
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.RE
.PP
\-\-optimistic\-types=[true|false]
.RS 4
再コンパイルの最適化を解除してオプティミスティック・タイプ仮定を有効または無効にします。オプティミスティック・タイプを使用した実行によって最終的な速度が向上しますが、ウォームアップ時間が増える場合があります。
.RE
.PP
\-\-package=\fIname\fR
.RS 4
生成されたクラス・ファイルを追加するパッケージを指定します。
.RE
.PP
\-\-parse\-only
.RS 4
コンパイルせずにコードを解析します。
.RE
.PP
\-\-print\-ast
.RS 4
抽象構文ツリーを出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-code
.RS 4
バイトコードを出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-lower\-ast
.RS 4
掘り下げた抽象構文ツリーを出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-lower\-parse
.RS 4
掘り下げた解析ツリーを出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-no\-newline
.RS 4
その他の\fB\-\-print*\fRオプションで強制的に1行で出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-parse
.RS 4
解析ツリーを出力します。
.RE
.PP
\-\-print\-symbols
.RS 4
記号表を出力します。
.RE
.PP
\-pcs
.br
\-\-profile\-callsites
.RS 4
呼び出しサイトのプロファイル・データをダンプします。
.RE
.PP
\-scripting
.RS 4
シェルのスクリプト機能を有効にします。
.RE
.PP
\-\-stderr=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
.RS 4
標準エラー・ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fBstdout\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
.RE
.PP
\-\-stdout=\fIfilename\fR|\fIstream\fR|\fItty\fR
.RS 4
標準出力ストリームを指定したファイル、ストリーム(たとえば\fBstderr\fR)に、またはテキスト端末にリダイレクトします。
.RE
.PP
\-strict
.RS 4
標準(ECMAScript Edition 5\&.1)への準拠を強化するstrictモードを有効にし、これにより共通のコーディング・エラーを簡単に検出できるようになります。
.RE
.PP
\-t=\fIzone\fR
.br
\-timezone=\fIzone\fR
.RS 4
スクリプトの実行に対し指定したタイムゾーンを設定します。OSで設定されたタイムゾーンをオーバーライドし、\fBDate\fRオブジェクトで使用されます。
.RE
.PP
\-tcs=\fIparameter\fR
.br
\-\-trace\-callsites=\fIparameter\fR
.RS 4
呼出しサイトのトレースのモードを有効にします。使用可能なパラメータは、次のとおりです。
.PP
miss
.RS 4
呼出しサイトのミスをトレースします。
.RE
.PP
enterexit
.RS 4
呼出しサイトへの出入りをトレースします。
.RE
.PP
objects
.RS 4
オブジェクトのプロパティを出力します。
.RE
.RE
.PP
\-\-verify\-code
.RS 4
バイトコードを実行する前に検証します。
.RE
.PP
\-v
.br
\-version
.RS 4
Nashornバージョン文字列を出力します。
.RE
.PP
\-xhelp
.RS 4
コマンド行オプションの拡張ヘルプを出力します。
.RE
.SH "例"
.PP
\fB例 1 \fRNashornを使用したスクリプトの実行
.RS 4
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fBjjs script\&.js\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.RE
.PP
\fB例 2 \fR対話型モードでのNashornの実行
.RS 4
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB>> \fR\fB\fBjjs\fR\fR
\fBjjs> \fR\fB\fBprintln("Hello, World!")\fR\fR
\fBHello, World!\fR
\fBjjs> \fR\fB\fBquit()\fR\fR
\fB>>\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.RE
.PP
\fB例 3 \fRNashornへの引数の渡し
.RS 4
.sp
.if n \{\
.RS 4
.\}
.nf
\fB>> \fR\fB\fBjjs \-\- a b c\fR\fR
\fBjjs> \fR\fB\fBarguments\&.join(", ")\fR\fR
\fBa, b, c\fR
\fBjjs>\fR
 
.fi
.if n \{\
.RE
.\}
.RE
.SH "関連項目"
.PP
\fBjrunscript\fR
.br
'pl 8.5i
'bp