changeset 1178:b056c42ea5b4

6837214: Update JDK7 man pages Reviewed-by: darcy, bpatel, tbell Contributed-by: jacob.royal@sun.com
author tbell
date Mon, 04 May 2009 18:28:26 -0700
parents 6c7c0bccab55
children f8b061ea131c b3720710a4ba
files src/linux/doc/man/appletviewer.1 src/linux/doc/man/apt.1 src/linux/doc/man/extcheck.1 src/linux/doc/man/idlj.1 src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1 src/linux/doc/man/ja/apt.1 src/linux/doc/man/ja/extcheck.1 src/linux/doc/man/ja/idlj.1 src/linux/doc/man/ja/jar.1 src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1 src/linux/doc/man/ja/java.1 src/linux/doc/man/ja/javac.1 src/linux/doc/man/ja/javadoc.1 src/linux/doc/man/ja/javah.1 src/linux/doc/man/ja/javap.1 src/linux/doc/man/ja/javaws.1 src/linux/doc/man/ja/jconsole.1 src/linux/doc/man/ja/jdb.1 src/linux/doc/man/ja/jhat.1 src/linux/doc/man/ja/jinfo.1 src/linux/doc/man/ja/jmap.1 src/linux/doc/man/ja/jps.1 src/linux/doc/man/ja/jrunscript.1 src/linux/doc/man/ja/jsadebugd.1 src/linux/doc/man/ja/jstack.1 src/linux/doc/man/ja/jstat.1 src/linux/doc/man/ja/jstatd.1 src/linux/doc/man/ja/keytool.1 src/linux/doc/man/ja/native2ascii.1 src/linux/doc/man/ja/orbd.1 src/linux/doc/man/ja/pack200.1 src/linux/doc/man/ja/policytool.1 src/linux/doc/man/ja/rmic.1 src/linux/doc/man/ja/rmid.1 src/linux/doc/man/ja/rmiregistry.1 src/linux/doc/man/ja/schemagen.1 src/linux/doc/man/ja/serialver.1 src/linux/doc/man/ja/servertool.1 src/linux/doc/man/ja/tnameserv.1 src/linux/doc/man/ja/unpack200.1 src/linux/doc/man/ja/wsgen.1 src/linux/doc/man/ja/wsimport.1 src/linux/doc/man/ja/xjc.1 src/linux/doc/man/jar.1 src/linux/doc/man/jarsigner.1 src/linux/doc/man/java.1 src/linux/doc/man/javac.1 src/linux/doc/man/javadoc.1 src/linux/doc/man/javah.1 src/linux/doc/man/javap.1 src/linux/doc/man/javaws.1 src/linux/doc/man/jconsole.1 src/linux/doc/man/jdb.1 src/linux/doc/man/jhat.1 src/linux/doc/man/jinfo.1 src/linux/doc/man/jmap.1 src/linux/doc/man/jps.1 src/linux/doc/man/jrunscript.1 src/linux/doc/man/jsadebugd.1 src/linux/doc/man/jstack.1 src/linux/doc/man/jstat.1 src/linux/doc/man/jstatd.1 src/linux/doc/man/keytool.1 src/linux/doc/man/native2ascii.1 src/linux/doc/man/orbd.1 src/linux/doc/man/pack200.1 src/linux/doc/man/policytool.1 src/linux/doc/man/rmic.1 src/linux/doc/man/rmid.1 src/linux/doc/man/rmiregistry.1 src/linux/doc/man/schemagen.1 src/linux/doc/man/serialver.1 src/linux/doc/man/servertool.1 src/linux/doc/man/tnameserv.1 src/linux/doc/man/unpack200.1 src/linux/doc/man/wsgen.1 src/linux/doc/man/wsimport.1 src/linux/doc/man/xjc.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/appletviewer.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/apt.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/extcheck.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/idlj.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/appletviewer.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/apt.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/extcheck.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/idlj.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jar.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jarsigner.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/java.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javac.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javah.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javap.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javaws.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jconsole.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jdb.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jhat.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jinfo.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jmap.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jps.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jrunscript.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jsadebugd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstack.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstat.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/jstatd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/keytool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/native2ascii.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/orbd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/pack200.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/policytool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmic.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmid.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/rmiregistry.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/schemagen.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/serialver.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/servertool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/tnameserv.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/unpack200.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsgen.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/wsimport.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/xjc.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jar.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jarsigner.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/java.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/javac.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/javadoc.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/javah.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/javap.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/javaws.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jconsole.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jdb.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jhat.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jinfo.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jmap.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jps.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jrunscript.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jsadebugd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jstack.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jstat.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/jstatd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/keytool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/native2ascii.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/orbd.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/pack200.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/policytool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/rmic.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/rmid.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/rmiregistry.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/schemagen.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/serialver.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/servertool.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/tnameserv.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/unpack200.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/wsgen.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/wsimport.1 src/solaris/doc/sun/man/man1/xjc.1
diffstat 156 files changed, 46954 insertions(+), 36154 deletions(-) [+]
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/appletviewer.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/appletviewer.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,6 +1,4 @@
-.'" t
-."
-." Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -20,20 +18,21 @@
 ." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
-." 
-." `
-.TH appletviewer 1 "05 Aug 2006"
-." Generated by html2roff
+."
+.TH appletviewer 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.SH NAME
+.SH "Name"
 appletviewer \- The Java Applet Viewer
 .LP
+.RS 3
 
 .LP
 .LP
 The \f3appletviewer\fP command allows you to run applets outside of a web browser.
 .LP
+.RE
 .SH "SYNOPSIS"
 .LP
 
@@ -59,15 +58,18 @@
 .LP
 
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 \-debug 
-Starts the applet viewer in the Java debugger, \f3jdb\fP, thus allowing you to debug the applets in the document. 
+Starts the applet viewer in the Java debugger, jdb(1), thus allowing you to debug the applets in the document. 
 .TP 3
 \-encoding \  \ encoding name 
 Specify the input HTML file encoding name. 
 .TP 3
 \-Jjavaoption 
 Passes through the string \f2javaoption\fP as a single argument to the Java interpreter which runs the appletviewer. The argument should not contain spaces. Multiple argument words must all begin with the prefix \f3\-J\fP, which is stripped. This is useful for adjusting the compiler's execution environment or memory usage. 
+.RE
+
 .LP
 .LP
 
--- a/src/linux/doc/man/apt.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/apt.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,5 +1,3 @@
-.'" t
-."
 ." Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
@@ -20,10 +18,9 @@
 ." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
-." 
-." `
-.TH apt 1 "05 Aug 2006"
-." Generated by html2roff
+."
+.TH apt 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
 .SH "NAME"
@@ -41,12 +38,15 @@
 .LP
 Options may be in any order. For a discussion of parameters which apply to a specific option, see OPTIONS below.
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 sourcefiles 
 Zero or more source files to be processed. 
 .TP 3
 @files 
 One or more files that list source files or other options 
+.RE
+
 .LP
 .SH "DESCRIPTION"
 .LP
@@ -60,19 +60,19 @@
 .fi
 http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.html
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 Note: 
-\f2The functionality of \fP\f2apt\fP has been subsumed by the annotation\-processing infrastructure that is now part of the \f2javac\fP tool [
-.na
-\f2Solaris and Linux\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] [Windows] and standardized for use by all Java compilers. This new infrastructure relies on the language model and annotation\-processing APIs that are now part of the Java Platform. It is recommended that new annotation processor development be based on the new APIs and the \f2javac\fP tool. 
+\f2The functionality of \fP\f2apt\fP has been subsumed by the annotation\-processing infrastructure that is now part of the \f2javac(1)\fP tool and standardized for use by all Java compilers. This new infrastructure relies on the language model and annotation\-processing APIs that are now part of the Java Platform. It is recommended that new annotation processor development be based on the new APIs and the \f2javac\fP tool. 
+.RE
+
 .LP
 .SH "OPTIONS"
 .LP
 .SS 
 apt specific options
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 \-s dir 
 Specify the directory root under which processor\-generated source files will be placed; files are placed in subdirectories based on package namespace. 
@@ -91,17 +91,21 @@
 .TP 3
 \-factory classname 
 Name of annotation processor factory to use; bypasses default discovery process 
+.RE
+
 .LP
 .SS 
 Options shared with javac
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 \-d dir 
 Specify where to place processor and javac generated class files 
 .TP 3
-\-cp path or \-classpath
-path 
+\-cp path or \-classpath path 
 Specify where to find user class files and annotation processor factories. If \f2\-factorypath\fP is given, the classpath is not searched for factories. 
+.RE
+
 .LP
 .LP
 Consult the javac(1) man page for information on \f2javac\fP options.
@@ -115,24 +119,11 @@
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
-*
-javac: [
-.na
-\f2Solaris and Linux\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] [Windows] 
-.TP 2
-*
-java: [
-.na
-\f2Solaris\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/java.html] [
-.na
-\f2Linux\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/linux/java.html] [Windows] 
+o
+javac(1), java(1) 
 .RE
 
 .LP
+
+.LP
  
--- a/src/linux/doc/man/extcheck.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/extcheck.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,6 +1,4 @@
-.'" t
-."
-." Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -21,19 +19,20 @@
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
 ."
-." `
-.TH extcheck 1 "05 Aug 2006"
-." Generated by html2roff
+.TH extcheck 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.SH NAME
+.SH "Name"
 extcheck \- A utility to detect jar conflicts
 .LP
+.RS 3
 
 .LP
 .LP
 \f3extcheck\fP detects version conflicts between a target jar file and currently installed extension jar files.
 .LP
+.RE
 .SH "SYNOPSIS"
 .LP
 
@@ -67,19 +66,22 @@
 .LP
 
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 \-verbose 
 Lists Jar files in the extension directory as they are checked. Additionally, manifest attributes of the target jar file and any conflicting jar files are also reported. 
 .TP 3
 \-Joption 
-Pass \f2option\fP to the Java virtual machine, where \f2option\fP is one of the options described on the reference page for the java application launcher. For example, \f3\-J\-Xms48m\fP sets the startup memory to 48 megabytes. 
+Pass \f2option\fP to the Java virtual machine, where \f2option\fP is one of the options described on the reference page for the java(1). For example, \f3\-J\-Xms48m\fP sets the startup memory to 48 megabytes. 
+.RE
+
 .LP
 .SH "SEE ALSO"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-jar
+jar(1)
 .LP
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/idlj.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/idlj.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,5 +1,3 @@
-.'" t
-."
 ." Copyright 2001-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
@@ -21,12 +19,11 @@
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
 ."
-." `
-.TH idlj 1 "07 Aug 2006"
-." Generated by html2man
+.TH idlj 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.SH NAME
+.SH "Name"
 idlj \- The IDL\-to\-Java Compiler
 .LP
 .RS 3
@@ -54,7 +51,11 @@
 .LP
 
 .LP
-The IDL\-to\-Java Compiler generates the Java bindings for a given IDL file.\  For binding details, see the OMG IDL to Java Language Language Mapping Specification. Some previous releases of the IDL\-to\-Java compiler were named \f2idltojava\fP. 
+The IDL\-to\-Java Compiler generates the Java bindings for a given IDL file.\  For binding details, see the 
+.na
+\f2OMG IDL to Java Language Language Mapping Specification\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.html. Some previous releases of the IDL\-to\-Java compiler were named \f2idltojava\fP. 
 .SS 
 Emitting Client and Server Bindings
 .LP
@@ -78,10 +79,18 @@
 The default server\-side model is the \f2Portable Servant Inheritance Model\fP. Given an interface \f2My\fP defined in \f2My.idl\fP, the file \f2MyPOA.java\fP is generated. You must provide the implementation for \f2My\fP and it must inherit from \f2MyPOA\fP.
 .LP
 .LP
-\f2MyPOA.java\fP is a stream\-based skeleton that extends \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP and implements the \f2InvokeHandler\fP interface and the operations interface associated with the IDL interface the skeleton implements.
+\f2MyPOA.java\fP is a stream\-based skeleton that extends 
+.na
+\f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.html and implements the \f2InvokeHandler\fP interface and the operations interface associated with the IDL interface the skeleton implements.
 .LP
 .LP
-The \f2PortableServer\fP module for the Portable Object Adapter (POA) defines the native \f2Servant\fP type. In the Java programming language, the \f2Servant\fP type is mapped to the Java \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP class. It serves as the base class for all POA servant implementations and provides a number of methods that may be invoked by the application programmer, as well as methods which are invoked by the POA itself and may be overridden by the user to control aspects of servant behavior.
+The \f2PortableServer\fP module for the 
+.na
+\f2Portable Object Adapter (POA)\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/POA.html defines the native \f2Servant\fP type. In the Java programming language, the \f2Servant\fP type is mapped to the Java \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP class. It serves as the base class for all POA servant implementations and provides a number of methods that may be invoked by the application programmer, as well as methods which are invoked by the POA itself and may be overridden by the user to control aspects of servant behavior.
 .LP
 .LP
 Another option for the Inheritance Model is to use the \f2\-oldImplBase\fP flag in order to generate server\-side bindings that are compatible with versions of the Java programming language prior to J2SE 1.4. Note that using the \f2\-oldImplBase\fP flag is non\-standard: these APIs are being deprecated. You would use this flag ONLY for compatibility with existing servers written in J2SE 1.3. In that case, you would need to modify an existing MAKEFILE to add the \f2\-oldImplBase\fP flag to the \f2idlj\fP compiler, otherwise POA\-based server\-side mappings will be generated. To generate server\-side bindings that are backwards compatible:
@@ -203,7 +212,11 @@
 .LP
 Since this form of include can become irritatingly long, another means of indicating to the compiler where to search for included files is provided. This technique is similar to the idea of an environment variable. Create a file named \f2idl.config\fP in a directory that is listed in your CLASSPATH. Inside of \f2idl.config\fP, provide a line with the following form:  \f2includes=/includes;/moreIncludes\fP
 .LP
-The compiler will find this file and read in the includes list. Note that in this example the separator character between the two directories is a semicolon (;). This separator character is platform dependent. On the Windows platform, use a semicolon, on the Unix platform, use a colon, etc. For more information on \f2includes\fP, read the CLASSPATH\ (Solaris) or CLASSPATH\ (Windows) documentation.
+The compiler will find this file and read in the includes list. Note that in this example the separator character between the two directories is a semicolon (;). This separator character is platform dependent. On the Windows platform, use a semicolon, on the Unix platform, use a colon, etc. For more information on \f2includes\fP, see the 
+.na
+\f2Setting the Classpath\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#general.
 .RE
 .SS 
 Emitting Bindings for Include Files
--- a/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,6 +1,4 @@
-.'" t
-."
-." Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -20,55 +18,58 @@
 ." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
-." 
-." `
-.TH appletviewer 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-." Generated by html2roff
+."
+.TH appletviewer 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.SH 名前
-appletviewer \- Java アプレットビューア
+.SH ""
+appletviewer \- Java ≪ャ若
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+\f3appletviewer\fP 潟潟 Web 吟紊с≪絎茵障
+.LP
+.RE
+.SH "綵√"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-\f3appletviewer\fP コマンドは Web ブラウザの外でアプレットを実行させます。
+\f4appletviewer\fP \f2[\fP \f2options\fP \f2] \fP\f2urls\fP ...
 .LP
-.SH "形式"
+.SH "茯"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-\f4appletviewer\fP \f2[\fP \f2options\fP \f2] \fP\f2urls\fP ...
+\f3appletviewer\fP 潟潟 \f2urls\fP 絎ャ<潟純若鴻・膓ャ<潟с≪c潟ц;腓冴障羈: \f2urls\fP cсャ<潟\f2OBJECT\fP\f2EMBED\fP障 \f2APPLET\fP 帥違с≪с翫\f3appletviewer\fP 篏茵障\f3appletviewer\fP с泣若 HTML 帥違荅括完ゃ
+.na
+\f2≪ャ若≪帥違\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/appletviewertags.htmlс
 .LP
-.SH "機能説明"
+.LP
+\f3羈:\fP \f3appletviewer\fP RFC2396 ц鎘鴻宴若罘罕緇c膃垸 URL 綽荀障泣若膃垸 URL с<ゃゃRFC2396 絎号х垸茹iゃ鏆荀障
+.LP
+.SH "激с"
 .LP
 
 .LP
-.LP
-\f3appletviewer\fP コマンドは \f2urls\fP に指定されたドキュメントあるいはリソースと接続して、そのドキュメントが参照するそれぞれのアプレットを独自のウィンドウで表示します。注:\f2urls\fP によって参照されたドキュメントが、\f2OBJECT\fP、\f2EMBED\fP、または \f2APPLET\fP タグでどのアプレットも参照していない場合、\f3appletviewer\fP は何も行いません。\f3appletviewer\fP でサポートされる HTML タグの詳細については、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/appletviewertags.html
-の
-.na
-「\f2AppletViewer Tags\fP」を参照してください。
-.LP
-.LP
-\f3注:\fP \f3appletviewer\fP は、RFC2396 で規定されたエスケープ機構に従って符号化された URL を必要とします。サポートされるのは、符号化された URL だけです。ただし、ファイル名については、RFC2396 に指定された方法で符号化を解除しておく必要があります。
-.LP
-.SH "オプション"
-.LP
-
-.LP
+.RS 3
 .TP 3
 \-debug 
-Java デバッガ \f3jdb\fP でアプレットビューアを開始します。 これにより、ドキュメント中のアプレットをデバッグすることができます。 
+Java  jdb(1) с≪ャ若≪紮障 ャ<潟筝≪違с障 
 .TP 3
 \-encoding \  \ encoding name 
-入力 HTML ファイルのエンコーディング名を指定します。 
+ュ HTML <ゃ潟潟若c潟医絎障 
 .TP 3
 \-Jjavaoption 
-文字列 \f2javaoption\fP は、appletviewer を実行する Java インタプリタに 1 つの引数として渡されます。引数に空白文字を含めてはいけません。複数の引数は、各引数のすべてを接頭辞 \f3\-J\fP で始めることにより区分する必要があります。これは、コンパイラの実行環境、またはメモリの利用に有効です。 
+絖 \f2javaoption\fP appletviewer 絎茵 Java ゃ潟帥帥 1 ゃ綣違羝<障綣違鴻若鴻障茲違綣違綣違鴻・莨 \f3\-J\fP у阪綽荀障潟潟ゃ絎茵医障<≪若鴻с 
+.RE
+
 .LP
 .LP
 
--- a/src/linux/doc/man/ja/apt.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/apt.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,179 +1,126 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\" 
-.\"
-.\" 
-.TH apt 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-apt \- 注釈処理ツール
-.\"
-.SH "形式"
-.B apt 
-.BI [\-classpath " classpath"]
-.BI [\-sourcepath " sourcepath"]
-.BI [\-d " directory"]
-.BI [\-s " directory"]
-.BI [\-factorypath " path"]
-.BI [\-factory " class"]
-.B [\-print]
-.B [\-nocompile]
-.B [\-Akey[=val] ...]
-.BI [javac option]
-.BI sourcefiles
-.BI [@files]
-.SH "パラメータ" 
-オプションは任意の順序で使用できます。特定のオプションに適用される
-パラメータについては、後述の「オプション」を参照してください。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.I sourcefiles
-処理される 0 個以上のソースファイル。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.I @files
-ソースファイルまたはその他のオプションをリストする 1 個以上のファイル。
-.SH "機能説明"
-注釈処理ツール
-.B apt 
-には、プログラム注釈を処理するための一連の
-新しいリフレクション API とインフラストラクチャサポートが含まれています。
-.B apt 
-のリフレクション API では、プログラム構造のビューが、
-ビルド時のソースベースの読み取り専用として用意されています。
-これらのリフレクション API は、総称型の追加後に、
-Java(TM) プログラミング言語の型システムを
-わかりやすくモデル化できるように設計されました。
-はじめに、
-.B apt 
-は注釈プロセッサを実行します。この注釈プロセッサでは、
-新規のソースコードおよびその他のファイルを生成します。
-次に、オリジナルのソースファイルと生成したソースファイルの両方をコンパイルし、
-開発を容易にします。ツールと対話するためのリフレクション API と
-その他の API は、
-.B com.sun.mirror 
-のサブパッケージです。
+." Copyright  Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH apt 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
 .LP
-.B apt 
-によるツールの操作方法と開発手順についての詳細は、
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.html
-の「Getting Started with apt」を参照してください。
+.SH "NAME"
 .LP
+.LP
+\f2apt\fP \- 羈若
+.LP
+.SH "綵√"
+.LP
+.LP
+\f2apt [\-classpath \fP\f2classpath\fP] [\-sourcepath \f2sourcepath\fP] [\-d \f2directory\fP] [\-s \f2directory\fP] [\-factorypath \f2path\fP] [\-factory \f2class\fP] [\-print] [\-nocompile] [\-A\f2key\fP[\f2=val\fP] ...][\f2javac option\fP] sourcefiles [@files]
+.LP
+.SH "<若"
+.LP
+.LP
+激с潟筝с劫激с潟<若帥ゃ筝荐激с潟с
+.LP
+.RS 3
 .TP 3
-注: 
-\f2apt\fP\f2 の機能\fPは標準の注釈処理インフラストラクチャに組み込まれました。この標準のインフラストラクチャは、今では \f2javac\fP ツール [
+sourcefiles 
+若1 ゃ障茲違絲乗院純若鴻<ゃ 
+.TP 3
+@files 
+純若鴻<ゃ障篁激с潟筝荀ц;腓冴 1 ゃ障茲違<ゃ 
+.RE
+
+.LP
+.SH "茯"
+.LP
+.LP
+羈若 \f2apt\fP 違 API 泣若ゃ潟鴻c若罕違羈障\f2apt\fP  API  罕膀純若鴻若鴻с違罕≪茯水絨ャ若箴障 API 膩霡違菴遵緇Java(TM) 違潟域茯激鴻罩c≪荐荐障\f2apt\fP 違純若鴻潟若篁<ゃ篏羈祉泣絎茵障罨<\f2apt\fP 純若鴻<ゃ純若鴻<ゃ筝≧鴻潟潟ゃ冴罐純障若ゃ潟帥с若鴻篏睡 API  API \f2com.sun.mirror\fP 泣宴若吾с
+.LP
+.LP
+若罘純≪荅括完\f2apt\fP 篏睡堺号ゃ
 .na
-\f2Solaris と Linux\fP の場合: 
+\f4\fP\f4apt\fP\f3 ラ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] [
-.na
-\f2Windows\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/javac.html] の一部となり、すべての Java コンパイラで使用できるように標準化されています。この新しいインフラストラクチャは、Java プラットフォームの一部となった言語モデルと注釈処理 API に依存しています。新しい注釈プロセッサの開発は、この新しい API と \f2javac\fP ツールに基づいて行うことをお勧めします。
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/apt/GettingStarted.htmlс
 .LP
-.SH "オプション"
-.SS apt 固有のオプション
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-s " dir"
-プロセッサが生成するソースファイルが配置されるディレクトリルートを
-指定します。ファイルはパッケージのネームスペースに従って、
-サブディレクトリに配置されます。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-nocompile
-ソースファイルをクラスファイルにコンパイルしません。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-print
-指定した型のテキスト表現を出力します。
-注釈処理やコンパイルは実行しません。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-A[key[=val]]
-注釈プロセッサに渡されるオプション。
-.B apt 
-は、これらのオプションを直接解釈しませんが、個別のプロセッサ
-によって使用可能になります。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-factorypath " path" 
-注釈プロセッサファクトリを検索する場所を指定します。
-このオプションを使用する場合、ファクトリの検索に
-クラスパスは使用されません。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-factory " classname"
-使用する注釈プロセッサファクトリの名前。
-デフォルトの検出処理はバイパスされます。
-.SS javac と共有されるオプション
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-d " dir"
-プロセッサおよび 
-.B javac 
-が生成したクラスファイルを配置する場所を指定します。
-.if t .TP 20
-.if n .TP 15
-.BI \-cp " path " \fLまたは\fP \fL\-classpath " path"
-ユーザクラスファイルおよび注釈プロセッサファクトリを検索する場所を
-指定します。
-.B \-factorypath 
-を指定した場合、ファクトリの検索にクラスパスは使用されません。
+.RS 3
+.TP 3
+羈: 
+\f2apt\fP 罘純\f2javac(1)\fP 若筝c羈ゃ潟鴻c若腟粋昭障鴻 Java 潟潟ゃт戎с罔羣障違ゃ潟鴻c若荐茯≪ Java 若筝c羈 API 箴絖障羈祉泣冴違 API  \f2javac\fP 若冴ャ茵с障 
+.RE
+
 .LP
-javac のオプションについては、
-.BR javac(1) 
-のマニュアルページを参照してください。
-.SH 注意事項
+.SH "激с"
 .LP
-\f2apt\fP の機能は、\f2javac\fP が提供するようになった標準の注釈処理インフラストラクチャに組み込まれました。\f2apt\fP とその関連 API のサポートは、JDK の将来のリリースで打ち切られる可能性があります。
+.SS 
+apt 堺激с
 .LP
-.SH "関連項目"
+.RS 3
+.TP 3
+\-s dir 
+祉泣純若鴻<ゃ臀c若絎障 <ゃ宴若吾腥咲冴ャ泣c臀障 
+.TP 3
+\-nocompile 
+純若鴻<ゃ鴻<ゃ潟潟ゃ障 
+.TP 3
+\-print 
+絎帥ゃ鴻茵憗阪障 羈障潟潟ゃ茵障 
+.TP 3
+\-A[key[=val]] 
+羈祉泣御検激с潟с 激с潟\f2apt\fP 贋・茹iс祉泣c篏睡с紊障 
+.TP 3
+\-factorypath path 
+羈祉泣<罎膣≪贋絎障 激с潟篏睡翫鴻鴻<罎膣≪障 
+.TP 3
+\-factory classname 
+篏睡羈祉泣<с 罎冴祉鴻ャ障 
+.RE
+
+.LP
+.SS 
+javac 援激с
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-d dir 
+祉泣 javac 鴻<ゃ臀贋絎障 
+.TP 3
+\-cp path or \-classpath path 
+若吟若鴻<ゃ羈祉泣<罎膣≪贋絎障\f2\-factorypath\fP 絎翫鴻鴻<罎膣≪障 
+.RE
+
+.LP
+.LP
+\f2javac\fP 激с潟荅括完ゃjavac(1) ャ≪若吾с
+.LP
+.SH "羈"
+.LP
+.LP
+\f2apt\fP 罘純\f2javac\fP 箴罔羣羈ゃ潟鴻c若腟粋昭障障篁緇 JDK 若鴻с\f2apt\fP 渇∫c API 泣若筝罩≪醇с障
+.LP
+.SH "∫i"
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
-*
-javac: [
-.na
-\f2Solaris と Linux\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/javac.html] 
-[ \f2Windows\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/javac.html] 
-.TP 2
-*
-java: [
-.na
-\f2Solaris\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/java.html] [
-.na
-\f2Linux\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/linux/java.html] 
-[ \f2Windows\fP の場合: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/java.html] 
+o
+javac(1), java(1) 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,109 +1,88 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\"
-.\" `
-'\"macro stdmacro
-.TH extcheck 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-extcheck \- jar の競合検出ユーティリティ
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH extcheck 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
+.LP
+.SH ""
+extcheck \- jar 腴九罎冴若cc
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+\f3extcheck\fP 帥若蚊 jar <ゃ憜ゃ潟鴻若≦宍罘純 jar <ゃ若吾с潟腴九罎冴障
+.LP
+.RE
+.SH "綵√"
 .LP
 
 .LP
+.nf
+\f3
+.fl
+extcheck [ \-verbose ] targetfile.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+
 .LP
-\f3extcheck\fP は、ターゲットの jar ファイルと現在インストールされている拡張機能の jar ファイル間のバージョンの競合を検出します。
+.SH "茯"
 .LP
-.SH "形式"
-.B extcheck 
-[ 
-.B \-verbose 
-] 
-.B targetfile.jar
-.SH "機能説明"
-.IX "jar conflict detection utility" "" "jar conflict detection utility \(em \fLextcheck\fP"
-.IX "extcheck" "" "\fLextcheck\fP \(em jar conflict detection utility"
-.B extcheck 
-ユーティリティは、指定された
-.B jar
-ファイルのタイトルおよびバージョンが Java(TM) SDK 
-ソフトウェアにインストールされている拡張機能と競合していないかを
-検査します。
-拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使って、
-バージョンが同じか、
-より新しい拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べる
-ことができます。
+
 .LP
-.B extcheck
-ユーティリティは、
-.I targetfile.jar
-ファイルのマニフェスト内のヘッダ
-.I Specification-title 
-および 
-.I Specification-version
-を、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべての jar 
-ファイル内の対応するヘッダと比較します。
-デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、
-.I jre/lib/ext
-です。
-.B extcheck 
-ユーティリティは、
-.I java.lang.Package.isCompatibleWith
-メソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。
 .LP
-競合が検出されない場合、リターンコードは
-.I 0 です。
+\f3extcheck\fP 若cc若絎 Jar <ゃ帥ゃ潟若吾с潟 Java(TM) 2 SDK ゃ潟鴻若≦宍罘純腴九с障≦宍罘純ゃ潟鴻若若cc若篏帥c若吾с潟違≦宍罘純сゃ潟鴻若茯帥鴻с障
 .LP
-拡張機能ディレクトリ内の 
-.B jar 
-ファイルのマニフェストに、同一の 
-.I Specification-title、
-および同一またはより新しい 
-.I Specification-version 
-番号がある場合、ゼロでないエラー
-コードが返されます。
-.I targetfile.jar 
-のマニフェストに 
-.I Specification-title 
-または 
-.I Specification-version 
-属性がない場合も、ゼロでないエラーコードが返されます。
-.SH "オプション"
-以下のオプションが指定できます。
-.TP 15
-.B -verbose
-拡張機能ディレクトリ内の
-.B jar
-ファイルを、検査時に一覧表示します。また、ターゲット 
-.B jar
-ファイルのマニフェストの属性、および競合する
-.B jar
-ファイルについても報告します。
-.TP 15
-.BI \-J "option"
-.I option
-を Java 仮想マシンに渡します。ここで、
-.I option
-は、Java アプリケーション起動プログラム java(1) のマニュアルページで
-説明されているオプションの 1 つです。たとえば、-J-Xms48m
-は、起動時に使用するメモリを 48M バイトに設定します。
-.SH "関連項目"
-.BR jar (1)
+.LP
+\f3extcheck\fP 若cc若\f2targetfile.jar\fP <ゃс鴻 \f2Specification\-title\fP  \f2Specification\-version\fP ≦宍罘純c憜ゃ潟鴻若鴻 Jar <ゃ絲上若罸莠障с≦宍罘純c\f2jre/lib/ext\fP с\f3extcheck\fP 若cc若\f2java.lang.Package.isCompatibleWith\fP <純罕号с若吾с括垩罸莠障
+.LP
+.LP
+腴九罎冴翫帥若潟潟若 \f20\fP с
+.LP
+.LP
+≦宍罘純c jar <ゃс鴻筝 \f2Specification\-title\fP喝筝障違 \f2Specification\-version\fP 垩翫若с若潟若菴障\f2targetfile.jar\fP с鴻 \f2Specification\-title\fP 障 \f2Specification\-version\fP 絮с翫若с若潟若菴障
+.LP
+.SH "激с"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-verbose 
+≦宍罘純c Jar <ゃс筝荀ц;腓冴障障帥若蚊 jar <ゃс鴻絮с括九 jar <ゃゃ怨障 
+.TP 3
+\-Joption 
+Java 篁潟激潟 \f2option\fP 羝<障 \f2option\fP java(1)<潟鴻若吾荐莠激с潟 1 ゆ絎障違\f3\-J\-Xms48m\fP 絎鴻帥若≪<≪若 48M ゃ荐絎障 
+.RE
+
+.LP
+.SH "∫i"
+.LP
+
+.LP
+.LP
+jar(1)
+.LP
+
+.LP
+ 
--- a/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,203 +1,112 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2001-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\" 
-.\"
-.\" 
-.TH idlj 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-idlj - IDL-to-Java コンパイラ
-.LP
-.B idlj
-は、指定された IDL ファイルから Java バインディングを生成します。
-.SH "形式"
-.B idlj
-[
-.IB options
-]
-.B idl-file
-.LP
-.BR idl-file
-には、Interface Definition Language (IDL) 定義が格納されている
-ファイルの名前を指定します。
-.BR Options
-は任意の順序で指定できますが、
-.BR idl-file
-よりも前に指定する必要があります。
-.SH "機能説明"
-IDL-to-Java コンパイラは、指定された IDL ファイルに対して Java 
-バインディングを生成します。
-バインディングの詳細は、「\f2OMG IDL to Java Language Language Mapping Specification\fP」
-.fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.html) 
-を参照してください。
-IDL-to-Java コンパイラの旧リリースのなかには、
-.BR idltojava という名前が付けられていたものがあります。
-.SH "クライアントバインディングとサーババインディングの発行"
+." Copyright 2001-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH idlj 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.BR My.idl
-という名前の IDL ファイルに対して Java バインディングを生成
-するには、次のように指定します。
+.SH ""
+idlj \- IDL\-to\-Java 潟潟ゃ
 .LP
-.RS
-.ft 3
+.RS 3
+
+.LP
+\f3idlj\fP 絎 IDL <ゃ Java ゃ潟c潟違障
+.RE
+.SH "綵√"
+.LP
+
+.LP
 .nf
-idlj My.idl
+\f3
+.fl
+idlj [ \fP\f3options\fP\f3 ] \fP\f4idl\-file\fP\f3
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
-.RE
+
 .LP
-クライアント側のバインディングを生成する上記のコマンドは、
-次のようにも指定できます。
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -fclient My.idl
+\f2idl\-file\fP ゃ潟帥с若劫臂荐茯 (IDL) 絎臂ャc<ゃс\f2options\fP 篁紙с\f2idl\-file\fP 絎違障
+.LP
+.SH "茯"
+.LP
+
+.LP
+IDL\-to\-Java 潟潟ゃ絎 IDL <ゃゃ Java ゃ潟c潟違障 ゃ潟c潟違荅括完
+.na
+\f2OMG IDL to Java Language Mapping Specification\fP @
 .fi
-.ft 1
-.RE
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.html сIDL\-to\-Java 潟潟ゃ篁ュ若鴻筝\f2idltojava\fP c障 
+.SS 
+ゃ≪潟ゃ潟c潟違潟泣若若ゃ潟c潟違肴
 .LP
-クライアント側のバインディングには、サーバ側のスケルトンは
-取り込まれていません。インタフェースに対してサーバ側のバインディング
-を生成するには、次のように指定します。
+.RS 3
+
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -fserver My.idl
+My.idl  IDL <ゃ絲障 Java ゃ潟c潟違罨<潟潟絎茵障 \f2idlj My.idl\fP
+.LP
+ゃ≪潟眼ゃ潟c潟違障 潟潟罨<潟潟膈箴<с \f2idlj \fP\f4\-fclient\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+ゃ≪潟眼ゃ潟c潟違泣若弱眼鴻宴潟腟粋昭障障ゃ潟帥с若鴻絲障泣若弱眼ゃ潟c潟違罨<潟潟絎茵障 \f2idlj \fP\f4\-fserver\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+泣若弱眼ゃ潟c潟違ゃ≪潟眼ゃ潟c潟違鴻宴潟腟粋昭障障 鴻 \f2POA\fP (膓帥≪) 鴻сゃ≪潟眼泣若弱眼筝≧鴻ゃ潟c潟違翫罨<潟潟 (膈箴) < 1 ゃ篏睡障 \f2idlj \fP\f4\-fclient \-fserver\fP\f2 My.idl\fP
+.br
+\f2idlj \fP\f4\-fall\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+.LP
+泣若弱眼≪2 ゃ≪純с膓帥≪Tie 紮茘蚊≪с
+.LP
+.LP
+泣若弱眼≪腱紙純泣若潟膓帥≪с\f2My.idl\fP  \f2My\fP ゃ潟帥с若鴻絎臂翫\f2MyPOA.java\fP <ゃ障\f2My\fP 絲障絎茖箴絎茖 \f2_MyPOA\fP 膓帥綽荀障
+.LP
+.LP
+\f2MyPOA.java\fP  
+.na
+\f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @
 .fi
-.ft 1
-.RE
+http://java.sun.com/javase/6/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.html ≦宍鴻若若鴻鴻宴潟с鴻宴潟絎茖 IDL ゃ潟帥с若鴻∫d \f2InvokeHandler\fP ゃ潟帥с若鴻若激с潟ゃ潟帥с若鴻絎茖障
 .LP
-サーバ側のバインディングには、クライアント側のバインディングのほか
-にスケルトンが取り込まれています。これらはすべて、POA (継承モデル) 
-クラスです。クライアント側とサーバ側の両方のバインディングを生成する
-には、以下の等価コマンドのどちらか一方を使用してください。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -fclient -fserver My.idl
-.br
-idlj -fall My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-サーバ側モデルとしては、継承モデルと Tie 委譲モデルの 2 種類を
-利用できます。
-.LP
-デフォルトのサーバ側モデルは、ポータブルサーバント継承モデルです。
-.BR My.idl
-でインタフェース My が定義されていると、ファイル 
-.BR MyPOA.java が生成されます。ユーザは、
-.BR My に対してその実装を提供する必要があります。この実装は、
-.BR MyPOA から継承しなければなりません。
-.LP
-.BR MyPOA.java は、
-.na
-\f2org.omg.PortableServer.Servant\fP 
-.fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.html) 
-を拡張するストリームベースのスケルトンであり、このスケルトンが実装する 
-IDL インタフェースに関連した
-.BR InvokeHandler
-インタフェースとオペレーションインタフェースを実装します。
 .LP
 .na
-\f2Portable Object Adapter (POA)\fP
+\f2Portable Object Adapter (POA)\fP @
 .fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/POA.html) の
-.BR PortableServer 
-モジュールは、ネイティブ Servant 型を定義します。Java プログラミング言語では、
-.BR Servant
-型は、Java 
-.BR org.omg.PortableServer.Servant
-クラスにマップされます。
-これはすべての
-.BR POA
-サーバント実装の基底クラスとして機能し、アプリケーション開発者が呼び出せる
-多数のメソッドを提供します。また、POA 自体が呼び出したり、サーバント動作を
-制御するためにユーザが上書きしたりできるメソッドも提供します。
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/idl/POA.html  \f2PortableServer\fP ≪吾ャ若ゃc \f2Servant\fP 絎臂障Java 違潟域茯с\f2Servant\fP Java  \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP 鴻潟違障 POA 泣若潟絎茖阪鴻紊違<純箴障 <純≪宴若激с潟違若喝冴сPOA 荳若喝冴翫c泣若潟篏九勝若吟若若若ゃ障
 .LP
-継承モデルには、J2SE 1.4 より前のバージョンの Java プログラミング言語
-と互換性のあるサーバ側バインディングを生成するために
-.BR -oldImplBase
-フラグを使用するというオプションもあります。
-\f2\-oldImplBase\fP フラグの使用は非標準であることに注意してください。これらの API はまもなく非推奨となります。このフラグを使用するのは、J2SE 1.3 で記述された既存のサーバとの互換性を確保する必要がある場合だけにしてください。その場合、既存の MAKEFILE を変更し、\f2\-oldImplBase\fP フラグを \f2idlj\fP コンパイラに追加する必要があります。そうしないと、POA ベースのサーバ側マッピングが生成されてしまいます。
-下位互換を維持したサーバ側
-バインディングを生成するには、次のように指定します。
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -fclient -fserver -oldImplBase My.idl
+膓帥≪ 1 ゃ激с潟\f2\-oldImplBase\fP 違篏睡J2SE 1.4 若吾с潟 Java 違潟域茯篋с泣若弱眼ゃ潟c潟違с\f2\-oldImplBase\fP 違篏睡罔羣羈с障 API ィ絅障違篏睡J2SE 1.3 ц菴違√泣若若篋с篆ゅ翫с翫√ MAKEFILE 紊眼 \f2idlj\fP 潟潟ゃ \f2\-oldImplBase\fP 違菴遵綽荀障 違菴遵翫POA 若鴻泣若弱眼潟違障筝篏篋с泣若弱眼ゃ潟c潟違罨<潟潟篏睡障
+.LP
+\f2idlj \fP\f4\-fclient \-fserver\fP\f2 \fP\f4\-oldImplBase\fP\f2 My.idl\fP
 .br
-idlj -fall -oldImplBase My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
+\f2idlj \fP\f4\-fall\fP\f2 \fP\f4\-oldImplBase\fP\f2 My.idl\fP
 .LP
-.BR My.idl
-内でインタフェース My が定義されていると、ファイル 
-.I _MyImpleBase.java
-が生成されます。ユーザは、
-.BR My
-に対してその実装を提供する必要があります。この実証は、
-.I _MyImplBase
- から継承しなければなりません。
+\f2My.idl\fP  \f2My\fP ゃ潟帥с若鴻絎臂翫\f2_MyImplBase.java\fP <ゃ障\f2My\fP 絲障絎茖箴絎茖 \f2_MyImplBase\fP 膓帥違障  
 .LP
-もう一方のサーバ側モデルは、Tie モデルと呼ばれます。これは、
-委譲モデルです。Tie モデルは Tie とスケルトンを同時には生成
-できないため、これらは別々に生成する必要があります。次のコ
-マンドは、Tie モデルに対してバインディングを生成します。
+ 1 ゃ泣若弱眼≪Tie ≪若違с泣若弱眼≪紮茘蚊≪сTie 鴻宴潟сャ違障罨<潟潟cTie ≪ゃ潟c潟違障
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -fall My.idl
+\f2idlj \fP\f4\-fall\fP\f2 My.idl\fP
 .br
-idlj -fallTIE My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
+\f2idlj \fP\f4\-fallTIE\fP\f2 My.idl\fP
 .LP
-インタフェース 
-.BR My
-の場合、2 つめのコマンドは 
-.BR MyPOATie.java
- を生成します。
-.BR MyPOATie
-のコンストラクタは、delegate を受け取ります。
-この例ではデフォルトの POA モデルを使用しているので、コンストラクタは \f2poa\fP も必要とします。
-ユーザは、delegate 
-に対して実装を提供する必要があります。ただし、インタフェース 
-.BR MyOperations
-を継承すればよく、ほかのクラスから継承する必要はありません。
-しかし、この実装を ORB と共に使用するには、
-.BR MyPOATie 
-内に実装をラップする必要があります。例を示します。
+\f2My\fP ゃ潟帥с若鴻翫筝荐 2 潟潟\f2MyPOATie.java\fP 障\f2MyPOATie\fP 潟潟鴻帥\f2delegate\fP 障箴с POA ≪篏睡潟潟鴻帥 \f2poa\fP 綽荀с\f2delegate\fP 絲障絎茖箴違障絎茖 \f2MyOperations\fP ゃ潟帥с若鴻膓帥綽荀с篁鴻膓帥綽荀障絎茖 ORB 筝膩篏睡\f2MyPOATie\fP у茖違障違罨<障  
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -205,7 +114,7 @@
 .fl
 
 .fl
-    // rootpoa への参照を取得し、POAManager を有効にします
+    // Get reference to rootpoa & activate the POAManager
 .fl
     POA rootpoa = (POA)orb.resolve_initial_references("RootPOA");
 .fl
@@ -213,7 +122,7 @@
 .fl
 
 .fl
-    // サーバントを作成し、それを ORB に登録します
+    // create servant and register it with the ORB
 .fl
     MyServant myDelegate = new MyServant();
 .fl
@@ -221,13 +130,13 @@
 .fl
 
 .fl
-    // Tie を作成します。サーバントが delegate になります。
+    // create a tie, with servant being the delegate.
 .fl
     MyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate, rootpoa);
 .fl
 
 .fl
-    // Tie の objectRef を取得します
+    // obtain the objectRef for the tie
 .fl
     My ref = tie._this(orb);
 .fl
@@ -235,45 +144,16 @@
 .fi
 
 .LP
-実装をほかの実装から継承しなければならない場合は、標準の継承モデル
-の代わりに Tie モデルを使用することもできます。Java は任意の数の
-インタフェース継承を認めていますが、クラスの継承に使用できる
-スロットは 1 つだけです。継承モデルを使用すると、このスロットが占
-有されます。Tie モデルを使用すると、スロットをユーザ自身の使用の
-ために解放できます。ただし、一定レベルの間接参照を引き起こすと
-いう欠点があります。つまり、メソッドを呼び出すと、余分なメソッド呼
-び出しが 1 つ発生します。
+篁絎茖膓帥違翫罔羣膓帥≪с Tie ≪篏睡障Java 翫ゃ潟帥с若鴻膓帥違狗障鴻膓帥篏睡с鴻 1 ゃс膓帥≪篏睡翫鴻障Tie ≪篏睡翫鴻篏睡若吟若т戎с障・с 1 ゅャ罨鴻障ゃ障<純若喝冴篏<純若喝冴榊障 
 .LP
-1.4 よりも前の J2SE バージョンで IDL-to-Java 言語
-マッピングのバージョンと互換性があるサーバ側の Tie モデルバインディングを生成
-するには、次のように指定します。
+IDL 若吾с潟 J2SE 1.4 若吾с潟 Java 荐茯吾潟違篋с泣若弱眼 Tie ≪ゃ潟c潟違罨<潟潟篏睡障
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -oldImplBase -fall My.idl
+\f2idlj \fP\f4\-oldImplBase\fP\f2 \fP\f4\-fall\fP\f2 My.idl\fP
 .br
-idlj -oldImplBase -fallTIE My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
+\f2idlj \fP\f4\-oldImplBase\fP\f2 \fP\f4\-fallTIE\fP\f2 My.idl\fP
 .LP
-インタフェース
-.BR My
-の場合、このコマンドは
-.I My_Tie.java
-を生成します。
-.I My_Tie
-のコンストラクタは、
-.BR impl
-を受け取ります。ユーザは、
-.BR impl
-に対して実装を提供する必要があります。ただし、インタフェース 
-.BR HelloOperations
-を継承すればよく、ほかのクラスから継承する必要はありません。
-しかし、この実装を ORB と共に使用するには、
-.BR My_Tie
- 内に実装をラップする必要があります。例を示します。
+.LP
+\f2My\fP ゃ潟帥с若鴻翫 \f2My_Tie.java\fP 障\f2My_Tie\fP 潟潟鴻帥\f2impl\fP 障\f2impl\fP 絲障絎茖箴違障絎茖 \f2HelloOperations\fP ゃ潟帥с若鴻膓帥綽荀с篁鴻膓帥綽荀障絎茖 ORB 筝膩篏睡\f2My_Tie\fP у茖違障違罨<障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -282,7 +162,7 @@
 .fl
 
 .fl
-    // サーバントを作成し、それを ORB に登録します
+    // create servant and register it with the ORB
 .fl
     MyServant myDelegate = new MyServant();
 .fl
@@ -290,13 +170,13 @@
 .fl
 
 .fl
-    // Tie を作成します。サーバントが delegate になります。
+    // create a tie, with servant being the delegate.
 .fl
     MyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate);
 .fl
 
 .fl
-    // Tie の objectRef を取得します
+    // obtain the objectRef for the tie
 .fl
     My ref = tie._this(orb);
 .fl
@@ -304,451 +184,235 @@
 .fi
 
 .LP
-.SH "発行されたファイルの代替場所の指定"
-.br
-発行されたファイルを現在のディレクトリ以外のディレクトリに保存したい場合は、
-次のようにコンパイラを呼び出してください。
+.RE
+.SS 
+肴<ゃ篁f推臀絎
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -td /altdir My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-インタフェース 
-.BR My
-の場合、バインディングは
-.BR ./My.java
- ではなく 
-.BR /altdir/My.java
-などに対して発行されます。
-.SH "インクルードファイルの代替場所の指定"
-.BR My.idl
-にほかの idl ファイル、
-.BR MyOther.idl 
-が取り込まれている場合、コンパイラは 
-.BR MyOther.idl 
-がローカルディレクトリに存在すると見なします。たとえば、
-.BR MyOther.idl 
-が 
-.BR /includes
-に存在する場合は、次のコマンドでコンパイラを呼び出します。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -i /includes My.idl
-.fi
-.ft 1 
-.RE
-.LP
-.BR たとえば、My.idl が
-.BR /moreIncludes
-に存在する
-.BR Another.idl 
-も取り込んでいる場合は、次のコマンドでコンパイラを呼び出します。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -i /includes -i /moreIncludes My.idl
-.fi
-.ft 1 
-.RE
-.LP
-この形式でファイルを取り込むと、コマンドが非常に長くなることがあります。
-このため、インクルードファイルの検索場所をコンパイラに知らせる方法が
-別に用意されています。この方法は、環境変数の概念に似ています。まず、
-CLASSPATH にリストされているディレクトリ内に、
-.BR idl.config
-という名前のファイルを作成します。そして、
-.BR idl.config
-内に次の形式の行を 1 つ作成します。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-includes=/includes;/moreIncludes
-.fi
-.ft 1 
-.RE
-.LP
-コンパイラはこのファイルを見つけ、インクルードリストに読み込みます。
-この例では 2 つのディレクトリ間の区切り文字はセミコロン (;) であること
-に注意してください。
-この区切り文字はプラットフォームによって異なります。Windows プラットフォームではセミコロンを使用し、UNIX プラットフォームではコロンを使用する、などのようになります。
-インクルードの詳
-細は、
-.na
-\f2CLASSPATH\ のドキュメント (Solaris: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/classpath.html) 
-(Windows: 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/windows/classpath.html) 
-を参照してください。
-.SH "インクルードファイルに対するバインディングの発行"
-デフォルトでは、コマンド行 idl ファイルに定義されているインタフェース、
-構造体などに対してのみ、Java バインディングが生成されます。インクルード
-ファイルに定義されているタイプの Java バインディングは生成されません。
-例として、次の 2 つの idl ファイルを考えてみましょう。
-.TP
-.B My.idl
-.LP
-.RS
-#include <MyOther.idl> 
-.br
-interface My 
-.br
-{ 
-.br
-}; 
-.RE
-.TP
-.B MyOther.idl
-.LP
-.RS
-interface MyOther 
-.br
-{ 
-.br
-};
-.RE
-.LP
-次のコマンドは、
-.BR My
-に対する Java バインディングしか生成しません。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-.BR My.idl
-内に定義されているすべてのタイプ、および 
-.BR My.idl
-に取り込まれているファイル (この例では 
-.BR MyOther.idl
-) 内に定義されているすべてのタイプを生成するには、
-次のコマンドを使用してください。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -emitAll My.idl 
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-このデフォルトの規則については、次の点に注意する必要があります。
-グローバルスコープに出現する 
-.BR #include
-文は、記述どおりに処理されます。これらの 
-.BR #include
-文は、インポート文と見なすことができます。一部の囲みスコープ内に
-出現する #include 文は、通常の 
-.BR #include
-文として扱われます。つまり、インクルードファイル内のコードは
-オリジナルファイル内に出現しているかのように扱われ、これに
-対して Java バインディングが発行されます。例を示します。
-.TP
-.B My.idl
-.LP
-.RS
-#include <MyOther.idl> 
-.br
-interface My 
-.br
-{ 
-.br
-  #include <Embedded.idl> 
-.br
-}; 
-.RE
-.TP
-.B MyOther.idl
-.LP
-.RS
-interface MyOther 
-.br
-{ 
-.br
-}; 
-.RE
-.TP
-.B Embedded.idl
-.LP
-.RS
-enum E {one, two, three};
-.RE
-.LP
-次のコマンドを実行すると、
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-以下の Java ファイルのリストが生成されます。
-.LP
-.B ./MyHolder.java\fP
-.br
-.B ./MyHelper.java\fP
-.br
-.B ./_MyStub.java\fP
-.br
-.B ./MyPackage\fP
-.br
-.B ./MyPackage/EHolder.java\fP
-.br
-.B ./MyPackage/EHelper.java\fP
-.br
-.B ./MyPackage/E.java\fP
-.br
-.B ./My.java\fP
-.LP
-.BR MyOther.java
-は生成されないことに注意してください。これは、インポートに類似した
-.BR #include
-で定義されているためです。しかし、通常の
-.BR #include
-に定義された 
-.BR E.java
-は生成されます。
-.BR Embedded.idl
-はインタフェース My のスコープ内に取り込まれているため、
-.BR My
-のスコープ内 (つまり 
-.BR MyPackage
-) に生成されます。
-.LP
-上記の例で 
-.BI -emitAll
-フラグが使用されていた場合は、すべてのインクルードファイル内に
-定義されているすべてのタイプが発行されます。
-.SH "パッケージ接頭辞の挿入"
-あなたが次の IDL ファイルを作成した ABC という名の企業に勤務していると
-仮定してください。
-.TP
-.B Widgets. idl
-module Widgets 
-.br
-{ 
-.br
-  interface W1 {...}; 
-.br
-  interface W2 {...}; 
-.br
-}; 
-.LP
-このファイルに対して IDL-to-Java コンパイラを実行すると、パッケージ
-Widgets 内の W1 と W2 に対して Java バインディングが生成されます。
-しかし、業界規約では、企業のパッケージは 
-.BR com.<company name>
-という名前のパッケージ内に配置しなければならないと規定されています。
-そのため、この 
-.BR Widgets
-パッケージのままでは不十分です。規定に従うには、
-.BR com.abc.Widgets
-でなければなりません。
-.BR Widgets
-モジュールにこのパッケージ接頭辞を配置するには、次のコマンドを
-実行してください。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -pkgPrefix Widgets com.abc Widgets.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-.BR Widgets.idl 
-を取り込んでいる IDL ファイルが存在する場合は、そのコマンド内にも 
-.BI \-pkgPrefix 
-フラグを指定する必要があります。このフラグを指定しないと、IDL ファイルは
-.BR com.abc.Widgets
-パッケージではなく 
-.BR Widgets
-パッケージを検索します。
-.LP
-接頭辞を必要とするこれらのパッケージが多数存在する場合は、前述した 
-.BR idl.config
-ファイルに配置する方が簡単でしょう。各パッケージ接頭辞行は、次の書式で記述します。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-PkgPrefix.<type>=<prefix>
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-この書式に従うと、上記例の行は次のようになります。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-PkgPrefix.Widgets=com.abc
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-このオプションを使用しても、リポジトリ ID には影響を与えません。
-.SH "コンパイル前のシンボルの定義"
-バインディング内にデバッグコードを取り込む場合などに IDL ファイル内
-にコンパイル用のシンボルが定義されていないときは、それらのシンボル
-を定義する必要があることがあります。次のコマンド
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -d MYDEF My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-は、My.idl 内に 
-.BR #define
-.BR MYDEF
-という行を含めるのと同じです。
-.SH "既存のバインディングの保持"
-Java バインディングファイルが既に存在する場合は、
-.BI \-keep 
-フラグを使用してコンパイラによる上書きを防止できます。デフォルトでは、
-既に存在するかどうかにかかわらずすべてのファイルが生成されます。
-ファイルをカスタマイズ (カスタマイズはその内容がよほど適切でない限り推奨
-されません) してある場合は、
-.BI \-keep 
-オプションが非常に役立ちます。次のコマンド
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -keep My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-は、まだ存在していないすべてのクライアント側バインディングを発行します。
-.SH "コンパイルの進捗の表示"
-IDL-to-Java コンパイラは、その実行段階でステータスメッセージを
-生成します。この生成を詳細 (verbose) モードにするには、
-.BR -v
-オプションを使用してください。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -v My.idl
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-デフォルトでは、コンパイラは詳細モードで動作しません。
-.SH "バージョン情報の表示"
-IDL-to-Java コンパイラのビルドバージョンを表示するには、コマンド行で
-.BI \-version
-オプションを指定してください。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-idlj -version 
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-コンパイラが生成したバインディング内に、バージョン情報も表示されます。
-コマンド行に指定されるその他のオプションは無視されます。
-.SH "オプション"
-.TP
-.BI \-d " symbol"
-これは、IDL ファイルに次の行を指定するのと同じです。
-.LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-#define symbol
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.TP
-.BI \-emitAll
-.BR #include
-ファイル内に指定されているものも含め、すべてのタイプを発行します。
-.TP
-.BI \-fside
-発行するバインディングを定義します。
-.BI side
-には、
-.BR client
-、
-.BR server
-、
-.BR serverTIE
-、
-.BR all
-、
-.BR allTIE
-のうちいずれか 1 つを指定します。
-.BR -fserverTIE
-と 
-.BR -fallTIE
-オプションを指定すると、委譲モデルスケルトンが発行されます。
-フラグを指定しない場合は、
-.BR -fclient
-と見なされます。
-.TP
-.BI \-i " include-path"
-デフォルトでは、現在のディレクトリでインクルードファイルが
-検索されます。このオプションを使用すると、ほかのディレクトリを
-追加できます。 
-.TP
-.BI \-keep
-生成されるファイルが既に存在する場合、既存ファイルを上書きしません。
-デフォルトでは、既存ファイルが上書きされます。
-.TP
-.BI \-noWarn
-警告メッセージを表示しないようにします。
-.TP
-.BI \-oldImplBase
-1.4 より前の JDK ORB と互換性のあるスケルトンを生成します。
-デフォルトでは、POA 継承モデルのサーバ側バインディングが生成されます。
-このオプションは、
-.BR ImplBase
-継承モデルクラスであるサーバ側バインディングを生成することによって、
-旧バージョンの Java プログラミング言語との下位互換性を提供します。
-.TP
-.BI \-pkgPrefix " type prefix"
-ファイルスコープで 
-.BI type 
-が検出された場合、そのタイプに対して生成されるすべてのファイルについて、
-生成される Java パッケージ名に
-.BI prefix 
-という接頭辞を付けます。
-.BI type 
-は、トップレベルモジュールの単純名か、モジュールの外部で定義された 
-IDL タイプの単純名です。
-.TP
-.BI \-pkgTranslate " type package"
-特定の識別子内でモジュール名 \f2type\fP が見つかった場合、生成された Java パッケージ内のすべてのファイルに対して、その識別子内のモジュール名を \f2package\fP で置き換えます。
-.BR pkgPrefix 
-変更が初めに行われることに注意してください。
-.BI type 
-はトップレベルモジュールの単純名か、モジュールの外部で定義された IDL タイプの
-単純名のいずれかであり、パッケージのフルネームと正確に一致する必要があります。
+.RS 3
 
 .LP
-特定の識別子に一致する変換が 2 つ以上見つかった場合、もっとも長い一致が選択されます。たとえば、引数を次のように指定したとします。
+肴<ゃ潟c篁ュc臀罨<潟潟с潟潟ゃ若喝冴障 
+.RS 3
+
+.LP
+\f2idlj \fP\f4\-td /altdir\fP\f2 My.idl\fP
+.RE
+\f2My\fP ゃ潟帥с若鴻翫ゃ潟c潟違\f2./My.java\fP с\f2/altdir/My.java\fP 肴障
+.RE
+.SS 
+ゃ潟若<ゃ篁f推臀絎
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+\f2My.idl\fP  1 ゃ IDL <ゃ \f2MyOther.idl\fP ゃ潟若翫潟潟ゃ若c \f2MyOther.idl\fP 喝障<ゃ \f2/includes\fP 翫罨<潟潟с潟潟ゃ若喝冴障 \f2idlj \fP\f4\-i /includes\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+障 \f2My.idl\fP  \f2/moreIncludes\fP  \f2Another.idl\fP ゃ潟若с違罨<潟潟с潟潟ゃ若喝冴障 \f2idlj \fP\f4\-i /includes \-i /moreIncludes\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+綵√сゃ潟若絎潟潟激茲障 сゃ潟若<ゃ罎膣≪贋潟潟ゃ腓冴ャ号障号医紊違鴻篌若障CLASSPATH 鴻c \f2idl.config\fP <ゃ篏障 \f2idl.config\fP 筝罨<綵√茵ャ障  \f2includes=/includes;/moreIncludes\fP
+.LP
+潟潟ゃ<ゃ罎膣≪ゃ潟若鴻茯粋昭帥障箴сc阪絖祉潟 (;) c障阪絖若c違障違Windows 若с祉潟潟сUnix 若с潟潟с \f2ゃ潟若\fP荅括完ゃ
+.na
+\f2CLASSPATH 荐絎\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#general с
+.RE
+.SS 
+ゃ潟若<ゃ絲障ゃ潟c潟違肴
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+с潟潟茵絎 IDL <ゃу臂ゃ潟帥с若鴻罕篏ゃ帥Java ゃ潟c潟違障ゃ潟若<ゃу臂ゃJava ゃ潟c潟違障違罨< 2 ゃ IDL <ゃゃ帥障   \f4My.idl\fP
+.LP
+\f2#include <MyOther.idl>\fP
+.br
+\f2interface My\fP
+.br
+\f2{\fP
+.br
+\f2};\fP
+.br
+\f4MyOther.idl\fP 
+.LP
+\f2interface MyOther\fP
+.br
+\f2{\fP
+.br
+\f2};\fP\  
+.LP
+罨<潟潟с\f2My\fP 絲障 Java ゃ潟c潟違障 \f2idlj My.idl\fP
+.LP
+\f2My.idl\fP у臂\f2My.idl\fP ゃ潟若<ゃ (箴с \f2MyOther.idl\fP) у臂鴻ゃ Java ゃ潟c潟違罨<潟潟篏睡障 \f2idlj \fP\f4\-emitAll\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+荀≪羈違障違若鴻潟若絎 \f2#include\fP 菴違障 \f2#include\fP ゃ潟若荀с障絲障篁絎臂蚊障鴻潟若絎 \f2#include\fP 綵潟с \f2#include\fP 障 ゃ障ゃ潟若<ゃ潟若<ゃ障丈絎絲障 Java ゃ潟c潟違肴障罨<箴腓冴障   \f4My.idl\fP
+.LP
+\f2#include <MyOther.idl>\fP
+.br
+\f2interface My\fP
+.br
+\f2{\fP
+.br
+\f2\  #include <Embedded.idl>\fP
+.br
+\f2};\ \fP  \f4MyOther.idl\fP
+.LP
+\f2interface MyOther\fP
+.br
+\f2{\fP
+.br
+\f2};\ \fP  \f4Embedded.idl\fP
+.LP
+\f2enum E {one, two, three};\fP\  
+.LP
+罨<潟潟絎茵 \f2idlj My.idl\fP
+.LP
+罨<筝c Java <ゃ障 \f2./MyHolder.java\fP
+.br
+\f2./MyHelper.java\fP
+.br
+\f2./_MyStub.java\fP
+.br
+\f2./MyPackage\fP
+.br
+\f2./MyPackage/EHolder.java\fP
+.br
+\f2./MyPackage/EHelper.java\fP
+.br
+\f2./MyPackage/E.java\fP
+.br
+\f2./My.java\fP
+.LP
+ゃ潟若荀 \f2#include\fP 絎臂\f2MyOther.java\fP 障綵潟с \f2#include\fP у臂\f2E.java\fP 障\f2Embedded.idl\fP  \f2My\fP ゃ潟帥с若鴻鴻潟若ゃ潟若\f2My\fP 鴻潟若 (ゃ障\f2MyPackage\fP ) 障 
+.LP
+筝荐箴 \f2\-emitAll\fP 違篏睡違ゃ潟若鴻<ゃ鴻肴障
+.LP
+.RE
+.SS 
+宴若吾・莨水
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+ABC 篌腓障篏罐罨< IDL <ゃ罕膀障   
+.br
+\f4Widgets.idl\fP 
+.LP
+\f2module Widgets\fP
+.br
+\f2{\fP
+.br
+\f2\  interface W1 {...};\fP
+.br
+\f2\  interface W2 {...};\fP
+.br
+\f2};\fP\  
+.LP
+<ゃ絲障 IDL\-to\-Java 潟潟ゃ絎茵\f2W1\fP  \f2W2\fP 絲障 Java ゃ潟c潟違 \f2Widgets\fP 宴若後障罐d篌腓障宴若吾\f2com.<篌腓上>\fP 宴若後臀c障\f2Widgets\fP 宴若吾с筝сd緇宴若吾 \f2com.abc.Widgets\fP 綽荀障宴若御・莨 \f2Widgets\fP ≪吾ャ若篁罨<潟潟絎茵障 \f2idlj \fP\f4\-pkgPrefix Widgets com.abc\fP\f2 Widgets.idl\fP
+.LP
+\f2Widgets.idl\fP ゃ潟若 IDL <ゃ翫潟潟 \f2\-pkgPrefix\fP 違綽荀с違絎 IDL <ゃ\f2com.abc.Widgets\fP 宴若吾с\f2Widgets\fP 宴若吾罎膣≪障 
+.LP
+・莨綽荀宴若吾ゃ翫菴違 \f2idl.config\fP <ゃф・莨絎膂≦с宴若吾・莨絎茵罨<綵√ц菴違障
+.LP
+\f2PkgPrefix.<type>=<prefix>\fP
+.LP
+c筝荐箴翫罨<荐菴違障  \f2PkgPrefix.Widgets=com.abc\fP
+.LP
+.LP
+激с潟篏睡吾 ID 綵演帥障
+.LP
+.RE
+.SS 
+潟潟ゃ激潟絎臂
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+潟潟ゃ激潟 IDL <ゃу臂翫激潟絎臂綽荀障 違ゃ潟c潟医違潟若腟水ャ篏睡障罨<潟潟 \f2idlj \fP\f4\-d\fP\f2 MYDEF My.idl\fP
+.LP
+\f2My.idl\fP  \f2#define MYDEF\fP 茵絎翫膈箴<с
+.RE
+.SS 
+√ゃ潟c潟違篆
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+Java ゃ潟c潟違<ゃс絖翫\f2\-keep\fP 違絎潟潟ゃ筝吾帥с障сс絖鴻<ゃ障<ゃ鴻帥ゃ冴翫 (絎鴻罩g∈с篁ュ鴻帥ゃ冴帥)\f2\-keep\fP 激с潟с罨<潟潟 \f2idlj \fP\f4\-keep\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+ゃ≪潟眼ゃ潟c潟違с障絖鴻肴障
+.RE
+.SS 
+潟潟ゃ我倶茵腓
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+IDL\-to\-Java 潟潟ゃ絎茵罧級х倶<祉若吾障激≪若 (<祉若吾紊≪若) \f2\-v\fP 激с潟篏睡障 \f2idlj \fP\f4\-v\fP\f2 My.idl\fP
+.LP
+с潟潟ゃ激≪若с絎茵障
+.RE
+.SS 
+若吾с恰宴茵腓
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+IDL\-to\-Java 潟潟ゃ若吾с潟茵腓冴潟潟茵 \f2\-version\fP 激с潟絎障
+.LP
+.LP
+\f2idlj \-version\fP
+.LP
+.LP
+若吾с恰宴潟潟ゃcゃ潟c潟医吾莨若障障激с潟潟潟茵絎篁ュ激с潟絎鴻∴障
+.LP
+.RE
+.SH "激с"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-d symbol 
+激с潟IDL <ゃ罨<茵菴遵翫膈箴<с 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+#define \fP\f4symbol\fP\f3
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+.TP 3
+\-emitAll 
+\f2#include\fP <ゃу臂鴻肴障 
+.TP 3
+\-fside 
+肴ゃ潟c潟違絎臂障 \f2side\fP \f2client\fP\f2server\fP\f2serverTIE\fP\f2all\fP\f2allTIE\fP <с\f2\-fserverTIE\fP 障 \f2\-fallTIE\fP 激с潟絎紮茘蚊≪鴻宴潟肴障違絎c翫\f2\-fclient\fP 絎荀障 
+.TP 3
+\-i include\-path 
+сゃ潟若<ゃ潟c罎膣≪障激с潟絎祉c菴遵с障 
+.TP 3
+\-keep 
+<ゃс絖翫<ゃ筝吾障с筝吾障 
+.TP 3
+\-noWarn 
+茘<祉若吾茵腓冴障 
+.TP 3
+\-oldImplBase 
+v1.4  JDK ORB 篋с鴻宴潟障сPOA 膓帥≪泣若弱眼ゃ潟c潟違障激с潟絎\f2ImplBase\fP 膓帥≪鴻с泣若弱眼ゃ潟c潟違сゃ若吾с潟 Java 違潟域茯筝篏篋с緇障 
+.TP 3
+\-pkgPrefix type prefix 
+\f2type\fP <ゃ鴻潟若ф冴翫絲障鴻<ゃゃ Java 宴若後 \f2prefix\fP ・莨篁障\f2type\fP ≪吾ャ若膣≪吾ャ若紊眼у臂 IDL 膣<с 
+.TP 3
+\-pkgTranslate type package 
+茘ュ筝≪吾ャ若 \f2type\fP 罎冴 Java 宴若後鴻<ゃゃ茘ュ筝 \f2package\fP х舟障 \f2pkgPrefix\fP 紊眼障\f2type\fP ≪吾ャ若障鴻≪吾ャ若紊у臂 IDL 膣с 絎宴若後罩g∈筝眼違障 
+.LP
+1 ゃ茘ュ筝ц違紊翫c激吾違障違罨<綣違絎翫 
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -757,7 +421,7 @@
 \fP
 .fi
 .LP
-このとき、次の変換が実行されます。
+罨<紊絎純障 
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -772,102 +436,74 @@
 \fP
 .fi
 .LP
-次のパッケージ名は変換できません。
+罨<宴若後紊с障 
 .RS 3
 .TP 2
-*
+o
 \f2org\fP 
 .TP 2
-*
-\f2org.omg\fP または \f2org.omg\fP のサブパッケージ
+o
+\f2org.omg\fP障 \f2org.omg\fP 泣宴若 
 .RE
 .LP
-これらのパッケージの変換を試みると、コンパイル不可能なコードが生成されます。
-これらのパッケージを 
-.BR \-pkgTranslate
-の後の最初の引数として使用すると、エラーとして扱われます。
+宴若後紊篋с潟若障 \f2\-pkgTranslate\fP 綣違宴若吾篏睡若宴障  
+.TP 3
+\-skeletonName xxx%yyy 
+\f2xxx%yyy\fP 鴻宴潟篁帥若潟篏睡障罨<с 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+\f2POA\fP 阪鴻翫%POA(\f2\-fserver\fP 障 \f2\-fall\fP) 
+.TP 2
+o
+\f2oldImplBase\fP 鴻翫_%ImplBase(\f2\-oldImplBase\fP  (\f2\-fserver\fP 障 \f2\-fall\fP)) 
 .RE
-.TP
-.BI \-skeletonName " xxx%yyy"
-.BI xxx%yyy
-をスケルトンの名前付けのパターンとして使用します。デフォルトは次のとおりです。
+.TP 3
+\-td dir 
+阪c潟cс\f2dir\fP 篏睡障 
+.TP 3
+\-tieName xxx%yyy 
+帥若潟緇c Tie 篁障罨<с 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+\f2POA\fP Tie 阪鴻翫%POATie(\f2\-fserverTie\fP 障 \f2\-fallTie\fP) 
+.TP 2
+o
+\f2oldImplBase\fP Tie 鴻翫%_Tie(\f2\-oldImplBase\fP  (\f2\-fserverTie\fP 障 \f2\-fallTie\fP)) 
+.RE
+.TP 3
+\-verbose 
+激≪若障 
+.TP 3
+\-version 
+若吾с恰宴茵腓冴腟篋障 
+.RE
+
 .LP
-.RS
-.TP 2
-\(bu POA 基底クラス 
-(
-.BR \-fserver
-または
-.BR \-fall
-) の場合、%POA
-.TP 2
-\(bu 
-.BR \-oldImplBase
-クラス (
-.BR \-oldImplBase
-および、
-.BR \-fserver
-または
-.BR \-fall
-) の場合、_%ImplBase
-.RE
-.TP
-.BI \-td " dir"
-出力ディレクトリとして、現在のディレクトリではなく
-.BI dir
-を使用します。
-.TP
-.BI \-tieName " xxx%yyy"
-パターンに応じて Tie に名前を付けます。デフォルトは次のとおりです。
-.LP
-.RS
-.TP 2
-\(bu POA Tie 基底クラス (
-.BR \-fserverTie
-または 
-.BR \-fallTie
-) の場合、%POATie
-.TP 2
-\(bu 
-.BR oldImplBase Tie
-クラス (
-.BR \-oldImplBase
-および、
-.BR \-fserverTie
-または
-.BR \-fallTie
-のいずれか) の場合、%_Tie
-.RE
-.TP
-.BI \-nowarn, \-verbose
-詳細モードにします。
-.TP
-.BI \-version
-バージョン情報を表示して終了します。
-.LP
-オプションの詳細は、「機能説明」の節を参照してください。
-.SH "制限事項"
-.LP
-.TP 2
-\(bu グローバルスコープ内でエスケープされた識別子は、
-IDL プリミティブ型 (
-.BR Object 
-または 
-.BR ValueBase
-) と同じスペルであってはなりません。これは、シンボルテーブルがこれらの
-識別子を使用してすでにロードされているためです。これらを定義し直すと、
-それらの本来の定義を上書きすることになります (この制限は永続的に
-適用される見込み)。
-.TP 2
-\(bu IDL の fixed 型はサポートされていません。
-.SH "既知の問題"
+激с潟荅括完ゃ茯祉激с潟с 
+.SH "句"
 .LP
 
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
-*
-グローバル識別子のインポートは生成されません。エクスポートされていないローカル実装を呼び出すと例外が発生しますが、その原因はおそらく \f2ServerDelegate\fP DSI コード内の \f2NullPointerException\fP です。
+o
+違若鴻潟若鴻宴若茘ュIDL c \f2Object\fP 障 \f2ValueBase\fP 膓眼сc障茘ュゃ激潟若篋若茘ュ絎臂荐怨絎臂筝吾障障箙句с 
+.TP 2
+o
+\f2fixed\fP  IDL 泣若障 
+.RE
+
+.LP
+.SH "∝ャ馹"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+違若茘ュゃゃ潟若障篋若 impl 若喝冴箴紊障 \f2ServerDelegate\fP DSI 潟若 \f2NullPointerException\fP с 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,234 +1,141 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\"
-.\" `
-.TH jar 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-jar \- Java アーカイブツール
+." Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH jar 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
 .LP
-\f3jar\fP は複数のファイルを 1 つの Java Archive (JAR) ファイルに結合します。
-.\" 
-.\"  This document was created by saving an HTML file as text
-.\"  from the JavaSoft web site:
-.\" 
-.\" http://java.sun.com/j2se/1.5/docs/tooldocs/tools.html
-.\" 
-.\"  and adding appropriate troff macros.  Because the JavaSoft web site 
-.\"  man pages can change without notice, it may be helpful to diff
-.\"  files to identify changes other than new functionality. 
-.\" 
-.SH "形式"
+.SH ""
+jar \- Java ARchive 若
+.LP
+\f3jar\fP 茲違<ゃ 1 ゃ JAR ≪若ゃ<ゃ腟障 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+綵√ 
+.TP 2
+o
+茯 
+.TP 2
+o
+激с 
+.TP 2
+o
+潟潟茵綣違<ゃ 
+.TP 2
+o
+箴 
+.TP 2
+o
+∫i 
+.RE
+
+.LP
+.SH "綵√"
 .LP
 
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
-jar ファイルの作成 
+JAR <ゃ篏 
 \f4jar c\fP\f2[v0Mmfe] [\fP\f2manifest\fP\f2] [\fP\f2jarfile\fP\f2] [\fP\f2entrypoint\fP\f2] [\-C\fP \f2dir\fP\f2]\fP \f2inputfiles\fP \f2[\-J\fP\f2option\fP\f2]\fP 
 .TP 3
-jar ファイルの更新 
+JAR <ゃ贋 
 \f4jar u\fP\f2[v0Mmfe] [\fP\f2manifest\fP\f2] [\fP\f2jarfile\fP\f2] [\fP\f2entrypoint\fP\f2] [\-C\fP \f2dir\fP\f2]\fP \f2inputfiles\fP \f2[\-J\fP\f2option\fP\f2]\fP 
 .TP 3
-jar ファイルの抽出 
+JAR <ゃ遵 
 \f4jar x\fP\f2[vf] [\fP\f2jarfile\fP\f2] [\fP\f2inputfiles\fP\f2] [\-J\fP\f2option\fP\f2]\fP 
 .TP 3
-jar ファイルの内容の一覧を作成
+JAR <ゃ絎鴻茵綵√筝荀ц;腓 
 \f4jar t\fP\f2[vf] [\fP\f2jarfile\fP\f2] [\fP\f2inputfiles\fP\f2] [\-J\fP\f2option\fP\f2]\fP 
 .TP 3
-jar ファイルにインデックスを追加
+JAR <ゃ吾ゃ潟鴻菴遵 
 \f4jar i\fP \f2jarfile\fP \f2[\-J\fP\f2option\fP\f2]\fP 
+.RE
+
 .LP
 .LP
-パラメータ
+茯
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
+.RS 3
 .TP 3
 cuxtiv0Mmfe 
-.I jar 
-コマンドを制御するオプション。
+\f2jar\fP 潟潟九勝激с 
 .TP 3
- jarfile 
-作成 (c)、更新 (u)、抽出 (x)、または閲覧される内容の一覧を作成 (t) する
-jar ファイルです。
-.I \-f 
-オプションとファイル名
-.I jarfile 
-は対になっています。
-使用する場合は、両方を一緒に使用します。
-.I f 
-および 
-.I jarfile 
-を省略すると、標準入力から「jar ファイル」が
-使用されたり (x および t の場合)、標準出力にこの「jar ファイル」が
-送信されたりします (c および u の場合)。
+jarfile 
+篏 (\f2c\fP)贋 (\f2u\fP)遵 (\f2x\fP)障絎鴻筝荀ц;腓 (\f2t\fP) 絲乗院 JAR <ゃ\f2f\fP 激с潟<ゃ \f2jarfile\fP ≪障 ゃ障鴻荐菴違違筝鴻荐菴違綽荀障\f2f\fP  \f2jarfile\fP ャ罔羣ュJAR <ゃ緇 (x  t 翫)罔羣阪吾JAR <ゃ篆<障(c  u 翫) 
 .TP 3
-
 inputfiles 
-.I jar ファイル
-に結合 (c および u の場合)、または 
-.I jar ファイル
-から抽出 (x の場合) または一覧表示 (t の場合) されるファイル
-またはディレクトリ。空白文字で区切ります。
-すべてのディレクトリは再帰的に処理されます。
-オプション 0 (ゼロ) が使用されない場合は、ファイルが圧縮されます。
+\f2jarfile\fP 腟 (c  u 翫)\f2jarfile\fP 遵 (x 翫) 障筝荀ц;腓 (t 翫) 腥榊純у阪<ゃ障c鴻c絽亥障<ゃ激с \f2O\fP (若) 篏睡х軒障 
 .TP 3
- manifest 
-jar ファイルの MANIFEST.MF に含めようとする名前:値ペアが含まれている
-既存の manifest ファイルです。
-.I \-m 
-オプションと
-.I manifest 
-のファイル名は対になっています。
-使用する場合は、両方を一緒に使用します。
-文字 
-.B m 
-、 
-.B f 
-、および 
-.B e 
-の出現順序は、
-.I manifest 
-、 
-.I jarfile 
-、および 
-.I entrypoint 
-の出現順序と一致する必要があります。
+manifest 
+\f2name\fP\f2:\fP\f2value\fP ≪JAR <ゃ MANIFEST.MF 障√с鴻<ゃ\f2\-m\fP 激с潟<ゃ \f2manifest\fP ≪障 ゃ障鴻荐菴違違筝鴻荐菴違綽荀障\f3m\fP\f3f\fP \f3e\fP 榊憥綺\f2manifest\fP\f2jarfile\fP\f2entrypoint\fP 榊憥綺筝眼綽荀障 
 .TP 3
-
 entrypoint 
-実行可能 JAR ファイル内にバンドルされたスタンドアロンアプリケーションのアプリケーションエントリポイントとして設定するクラスの名前。
-.I \-e
-オプションと entrypoint は対になっています。どちらかを指定する場合は両方とも指定する必要があります。文字 
-.I m
-、
-.I f
-、
-.I e
-の出現順序は 
-.I manifest
-、
-.I jarfile
-、
-.I entrypoint
-の出現順序と一致する必要があります。 
+絎茵 JAR <ゃ潟鴻帥潟≪潟≪宴若激с潟≪宴若激с潟潟ゃ潟荐絎鴻\f2\-e\fP 激с潟 entrypoint 絲障c障 <絎翫筝≧鴻絎綽荀障\f3m\fP\f3f\fP \f3e\fP 榊憥綺\f2manifest\fP\f2jarfile\fP\f2entrypoint\fP 榊憥綺筝眼綽荀障 
 .TP 3
 \-C\ dir 
-後続の入力ファイル引数の処理中、
-ディレクトリを 
-.I dir 
-に一時的に変更します。
-複数の 
-.I \-C " dir" 
-入力ファイルのセットを使用できます。
+膓 \f2inputfiles\fP 綣違c \f2dir\fP 娯紊眼障\f2\-C\ \fP\f2dir\fP \f2inputfiles\fP 祉茲遺戎с障 
 .TP 3
 \-Joption 
-Java Runtime Environment に渡されるオプション
-(
-.I \-J 
-と
-.I option 
-の間には空白文字を入れないでください)。
-.SH "機能説明"
-.IX "Java archive tool" "" "Java archive tool \(em \fLjar\fP"
-.IX "jar" "" "\fLjar\fP \(em Java archive tool"
-.B jar
-ツールは
-Java 
-アプリケーションの
-1
-つで、複数個のファイルを
-1
-個の
-JAR
-アーカイブファイルに統合します。また、
-jar は汎用的なアーカイブ作成用
-および圧縮用のツールでもあり、圧縮は
-.SM ZIP
-または
-.I ZLIB
+Java 絎茵医御検激с潟\f2\-J\fP  \f2option\fP 腥榊純ャс 
+.RE
+
+.LP
+.RE
+.SH "茯"
+.LP
+
+.LP
+\f3jar\fP 若茲違<ゃ 1 ゃ JAR ≪若ゃ<ゃ腟障 \f3jar\fP ZIP  
+.na
+\f2ZLIB\fP @
 .fi
- (http://www.gzip.org/zlib/) 
-形式で行います。
-ただし
-.B jar
-ツールの主な目的は、いくつかの
-Java
-アプレットやアプリケーションを
-1
-個のアーカイブに統合することです。
-アプレットやアプリケーションのコンポーネント、たとえば
-クラスファイル、イメージ、サウンドなどを単一のアーカイブに
-まとめると、ブラウザのような
-Java
-エージェントにダウンロードするときに、一度の
-HTTP
-トランザクションで済みます。コンポーネントごとに
-新たに接続する必要がありません。
-これによりダウンロード時間が大幅に短縮できます。
-また
-.B jar
-はファイルの圧縮も行うので、ダウンロードがより高速になります。
-さらに、ファイル中の個々のエントリに対してアプレットの作成者が
-署名できるので、作成元を明確化できます。
-.B jar
-ツールの構文は、
-.I tar
-コマンドの構文とほぼ同一です。
-.B jar
-アーカイブは、圧縮されているかどうかにかかわらず、
-クラスパス
+http://www.gzip.org/zlib/ х軒綵√若鴻羆≪若ゃ喝х軒若с \f3jar\fP 若筝祉ゃ Java ≪≪宴若激с潟 1 ≪若ゃ腟怨с≪≪宴若激с潟潟潟若潟 (<ゃゃ<若吾潟泣潟)  1 ゃ≪若ゃ腟Java 若吾с潟 (吟) 潟潟若潟 1  HTTP 潟吟激с潟с潟若с潟潟若潟違・膓綽荀障c潟若違紊у羝障 障\f3jar\fP <ゃх軒с潟若障障<ゃ潟≪篏臀峨吾莨若с絽茯荐若純障jar 若罕\f2tar\fP 潟潟罕祉弱с\f3JAR\fP ≪若ゃх軒鴻鴻潟篏睡с障 
+.LP
+茲違<ゃ JAR <ゃ悟筝篏睡羈罨<с
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar cf myFile.jar *.class
+.fl
+\fP
 .fi
- (http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/classpath.html) 
-エントリとして使用できます。
+.RE
+
 .LP
-複数のファイルを jar ファイルに統合する標準的な使い方は次のとおりです。
+箴с憜c (.class) <ゃ鴻\f2myFile.jar\fP <ゃ主障jar 若\f2META\-INF/MANIFEST.MF\fP с鴻<ゃ潟障絽吾JAR <ゃ潟障с鴻<ゃ≪若ゃ≪<炊宴絎h若帥 \f2name\ :\ value\fP ≪主障jar 若с鴻<ゃ<炊宴主号荅括完ゃ
+.na
+\f2JAR file specification\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifestс 
 .LP
-.RS
-.ft 3
-.nf
-% jar cf myFile.jar *.class
-.fi
-.ft 1
-.RE
-.LP
-この例では、現在のディレクトリ中のすべてのクラスファイルが
-.I myFile.jar
-という名前のファイルに置かれます。
-jar ツールは自動的に、
-.I META\-INF/MANIFEST.MF
-という名前のマニフェストファイルエントリを生成します。これは常に、JAR ファイルの最初のエントリになります。マニフェストファイルは、アーカイブに関するメタ情報を宣言し、そのデータを
-.I name : value
-ペアとして格納します。jar ツールがマニフェストファイル内にメタ情報を格納する方法の詳細については、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Manifest
-の
-.na
-「JAR file specification」を参照してください。 
-.LP
-既存のマニフェストファイル内に格納された 
-.I name : value
-ペアを JAR ファイルに含める必要がある場合には、そのファイルを次のように \f2\-m\fP オプションを使って指定します。
+√с鴻<ゃ主 \f2name\ :\ value\fP ≪ JAR <ゃ綽荀翫<ゃ罨< \f2\-m\fP 激с潟篏帥c絎障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -243,295 +150,206 @@
 .RE
 
 .LP
-既存のマニフェストファイルは改行文字で終わっている必要があります。\  マニフェストファイルが改行文字で終わっていない場合、\f3jar\fP はその最後の行を解析しません。
+√с鴻<ゃ壕絖хc綽荀障 с鴻<ゃ壕絖хc翫\f3jar\fP 緇茵茹f障
 .br
 
 .LP
 .br
 
 .LP
-\f3注:\ \fP コマンド行に 
-.I cmf
-ではなく 
-.I cfm
-が指定された jar コマンド (m と \-f オプションの順番を逆にする) の場合、\f3jar\fP コマンド行にまず jar アーカイブの名前を指定し、続いてマニフェストファイルの名前を指定する必要があります。次に例を示します。 
+\f3羈:\ \fP潟潟茵 \f2cmf\fP с \f2cfm\fP 絎 jar 潟潟 (m  \-f 激с潟) 翫\f3jar\fP 潟潟茵障 JAR ≪若ゃ絎膓с鴻<ゃ絎綽荀障 罨<箴腓冴障 
+.RS 3
+
 .LP
-.RS 5
-.B % jar cfm myFile.jar myManifestFile *.class
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar cfm myFile.jar myManifestFile *.class
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+с鴻RFC822 ASCII 綵√ц鎘鴻綵√сс鴻<ゃ絎鴻膂≦茵腓冴括隈с障 
+.LP
+JAR <ゃ<ゃ遵冴翫\f2x\fP 篏睡障
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar xf myFile.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+.LP
+jar <ゃャ<ゃ遵冴翫<ゃ絎障
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar xf myFile.jar foo bar
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+.LP
+Java 2 SDK 若吾с 1.3 篁ラ\f2jar\fP 若cc若 
+.na
+\f2JarIndex\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JARIndex 泣若障 JarIndex 篏睡≪宴若激с潟鴻若若 JAR <ゃ鴻若合筝障≪宴若激с潟障≪茲違 JAR <ゃ潟翫鴻若綽荀 JAR <ゃ篁ュ潟若潟若潟茵障若潟鴻違 \f2\-i\fP 激с潟絎 \f2jar\fP 絎茵鴻障激с潟篏帥絎 JAR <ゃ潟<ゃ<ゃ潟<ゃ箴絖鴻 JAR <ゃゃ宴若娯臀宴障 <ゃ潟<ゃ箴絖 JAR <ゃJAR <ゃ潟<ゃс鴻 \f2Class\-Path\fP 絮с絎鏆荀障
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar i main.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+.LP
+箴с\f2INDEX.LIST\fP <ゃ \f2main.jar\fP  \f2META\-INF\fP c水ャ障
+.br
+.br
+<ゃ主宴篏睡≪宴若激с潟鴻若若合鴻若障 ゃ潟鴻<ゃ篏臀宴主号荅括完 \f2JarIndex\fP 篁罕с
+.br
+.br
+c潟若障 \f2dir1\fP <ゃх軒罔羣阪阪膓罔羣ュ \f2dir2\fP 遵冴障 (筝≧鴻 \f2jar\fP 潟潟 \f2\-f\fP 激с潟) 罨<箴腓冴障
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% (cd dir1; jar c .) | (cd dir2; jar x)
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+.LP
+\f2jar\fP 篏帥c JAR <ゃ JAR <ゃс鴻篏潟潟泣潟腆肴箴с障
+.na
+\f2Java Tutorial\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar JAR 潟若鴻с
+.LP
+.SH "激с"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+c 
+\f2jarfile\fP ф違≪若ゃ<ゃ篏 (\f2f\fP 絎翫)罔羣阪т障 (\f2f\fP  \f2jarfile\fP ャ翫)\f2inputfiles\fP ф絎<ゃc≪若ゃ菴遵障 
+.TP 3
+u 
+\f2inputfiles\fP ф絎<ゃc菴遵√<ゃ \f2jarfile\fP 贋違障 (\f2f\fP 絎翫) 箴腓冴障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+jar uf foo.jar foo.class
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+筝潟潟<ゃ \f2foo.class\fP √ JAR <ゃ \f2foo.jar\fP 菴遵障罨<箴腓冴\f2\-u\fP 激с潟с鴻潟贋違с障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+jar umf manifest foo.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+\f2foo.jar\fP с鴻с鴻 \f2name:value\fP ≪ф贋違障 
+.TP 3
+x 
+\f2jarfile\fP  (\f2f\fP 絎翫)障罔羣ュ (\f2f\fP  \f2jarfile\fP ャ翫)<ゃc遵冴障\f2inputfiles\fP 絎翫絎<ゃc遵冴障絎違鴻<ゃc遵冴障遵冴<ゃユ≪若ゃц┃絎с 
+.TP 3
+t 
+\f2jarfile\fP  (\f2f\fP 絎翫)障罔羣ュ (\f2f\fP  \f2jarfile\fP ャ翫)絎鴻茵綵√т荀ц;腓冴障\f2inputfiles\fP 絎翫絎<ゃc筝荀ц;腓冴障絎違鴻<ゃc筝荀ц;腓冴障 
+.TP 3
+i 
+絎 \f2jarfile\fP 箴絖 JAR <ゃゃゃ潟号宴障箴腓冴障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+jar i foo.jar
+.fl
+\fP
+.fi
 .RE
 .LP
-manifest は RFC822 
-.SM ASCII 
-形式に基づいたテキスト形式を使用するため、manifest ファイルの内容は
-簡単に表示および処理できます。
+筝潟潟\f2foo.jar\fP  \f2INDEX.LIST\fP <ゃ障 <ゃ\f2foo.jar\fP \f2foo.jar\fP  \f2Class\-Path\fP 絮с絎鴻 JAR <ゃャc宴若吾篏臀宴吾莨若障障 ゃ潟鴻箴с   
+.TP 3
+f 
+篏 (\f2c\fP)贋 (\f2u\fP)遵 (\f2x\fP)ゃ潟壕申 (\f2i\fP)障茵腓 (\f2t\fP) 絲乗院<ゃ \f2jarfile\fP 絎障\f2f\fP 激с潟<ゃ \f2jarfile\fP ≪障 ゃ障鴻荐菴違違筝鴻荐菴違綽荀障\f2f\fP  \f2jarfile\fP ャ罔羣ュ JAR <ゃ篏睡 (x  t 翫)罔羣阪 jar <ゃ 篆<障 (c  u 翫) 
+.TP 3
+v 
+荅括完阪罔羣阪障т腓冴障 
+.TP 3
+0 
+(若) ZIP х軒篏睡篆絖障 
+.TP 3
+M 
+с鴻<ゃ潟篏障 (c  u 翫) 障с鴻<ゃ潟絖翫ゃ障 (u 翫) 
+.TP 3
+m 
+\f2META\-INF/MANIFEST.MF\fP <ゃф絎с鴻<ゃ \f2manifest\fP  \f2name :value\fP 絮с≪腟粋昭帥障су \f2jar\fP  \f2name\ :\ value\fP ≪菴遵障у翫\f2jar\fP ゃ贋違障 
 .LP
-jar ファイルからファイルを抽出する場合は、
-.I x 
-を使用します。次に例を示します。
+潟潟茵с\f3m\fP  \f3f\fP 絖\f2manifest\fP  \f2jarfile\fP ュ綺綺ц菴違綽荀障違罨<篏帥障 
+.RS 3
+
 .LP
-.RS 5
-% jar xf myFile.jar
+.nf
+\f3
+.fl
+jar cmf myManifestFile myFile.jar *.class
+.fl
+\fP
+.fi
 .RE
+с鴻障с鴻劫ャ \f2name\ :\ value\fP 絮с≪菴遵с障違潟惹宴若吾с恰宴宴若吾激若潟違障 JAR 潟≪宴若激с潟絎茵絮с菴遵с障\f4\-m\fP 激с潟篏睡箴ゃJava Tutorial 
+.na
+\f2JAR Files\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar/潟若鴻с 
 .LP
-jar ファイルから個別のファイルを抽出する場合は、
-そのファイル名を指定します。
-.LP
-.RS 5
-% jar xf myFile.jar foo bar
-.RE
-.LP
-JDK のバージョン 1.3 から、jar ユーティリティで 
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Index
-の「
-.I JarIndex
-」をサポートするようになりました。
-これにより、
-アプリケーションのクラスローダは、jar ファイルから
-クラスをより高速に読み込めるようになりました。
-アプリケーションまたはアプレットが複数の jar ファイルに
-バンドルされている場合、必要な jar ファイルだけがダウン
-ロードされて開かれ、クラスが読み込まれます。
-このパフォーマンスの最適化は、
-.I jar
-を 
-.I \-i
-オプションを使用して実行すると有効になります。
-指定した
-メインの jar ファイルおよびそのファイルが依存している
-すべての jar ファイルのパッケージ位置情報が生成されます。
-これらの情報は、メイン jar ファイルの manifest の 
-.I Class-Path 
-属性で
-指定する必要があります。
-.LP
-.RS 5
-% jar i main.jar
-.RE
-.LP
-この例では、
-.I INDEX.LIST 
-ファイルが 
-.I main.jar 
-の
-.I META-INF ディレクトリに追加されます。
-アプリケーションのクラスローダでは、このファイルに格納された情報を
-使用して、クラスのロードを高速化します。
-インデックスファイルに位置情報を格納する方法の詳細は、
-「JarIndex 仕様」を参照してください。
-.br
-.br
-ディレクトリをコピーするには、まず 
-.I dir1
-内のファイルを圧縮して標準出力に出力し、続いて標準入力から 
-.I dir2
-に抽出します (両方の 
-.I jar
-コマンドから
-.I \-f
-オプションを省く)。次に例を示します。
-.LP
-.RS 5
-% (cd dir1; jar c .) | (cd dir2; jar x)
-.RE
-.LP
-.I jar
-を使って JAR ファイルや JAR ファイルマニフェストを操作するコマンドサンプルを確認するには、「例」を参照してください。また、
-.fi
-http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar
-の
-.na
-「Java Tutorial」の JAR コースも参照してください。
-.SH "オプション"
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B c
-新規のアーカイブファイルを 
-.I jarfile 
-という名前 (
-.I f 
-を指定した場合)、または標準出力上に (
-.I f 
-と 
-.I jarfile 
-を省略した場合) 作成します。
-アーカイブには入力ファイルで指定したファイルおよびディレクトリが追加されます。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B u
-既存の 
-.I jarfile 
-(
-.I f 
-を指定した場合) を更新します。
-このとき、この 
-.I jarfile 
-には入力ファイルで指定されたファイルおよびディレクトリが追加されます。以下に例を示します。
-.LP
-.RS 5
-% jar uf foo.jar foo.class
-.RE
-.LP
-この例では、ファイル 
-.I foo.class 
-が既存の jar ファイル 
-.I foo.jar 
-に追加されます。
-.I u 
-オプションでは、マニフェストのエントリを更新することもできます。以下に例を示します。
-.LP
-.RS 5
-% jar umf manifest foo.jar
-.RE
-.LP
-.I foo.jar 
-マニフェストをマニフェスト内の名前:値ペアで更新します。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B x
-ファイルおよびディレクトリを 
-.I jarfile 
-(
-.I f 
-を指定した場合)、
-または標準入力 (
-.I f 
-と 
-.I jarfile 
-を省略した場合) から抽出します。
-入力ファイルを指定した場合、その入力ファイルで指定されたファイルおよびディレクトリだけが
-抽出されます。指定しない場合は、すべてのファイルおよびディレクトリが抽出されます。
-抽出されたファイルの日時は、アーカイブ内で設定されたものです。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B t
-.I jarfile 
-(
-.I f 
-を指定した場合)、または標準入力 (
-.I f 
-と 
-.I jarfile 
-を省略した場合) から内容をリストします。入力ファイルを指定した場合、
-その入力ファイルで指定されたファイルおよびディレクトリだけが
-リストされます。指定しない場合は、すべてのファイルおよびディレクトリがリストされます。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B i
-指定された 
-.I jarfile 
-および関連づけられている jar ファイルの
-インデックス情報を生成します。次に例を示します。 
-.LP
-.RS 5
-% jar i foo.jar
-.RE
-.LP
-.I foo.jar
-に 
-.I INDEX.LIST 
-ファイルが生成されます。
-このファイルには、
-.I foo.jar 
-の各パッケージおよび 
-.I foo.jar 
-の 
-.I Class-Path 
-属性に指定されているすべての jar ファイルの
-位置情報が書き込まれています。
-インデックスの例を参照してください。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B f
-作成 (c)、更新 (u)、抽出 (x)、インデックス作成(i)、
-または表示 (t) する 
-.I jarfile 
-を指定します。
-.I \-f 
-オプションと 
-.I jarfile 
-のファイル名は対になっています。
-使用する場合は、両方を一緒に使用します。
-.I f 
-と 
-.I jarfile 
-を省略すると、標準入力から jar ファイル名が
-使用されたり (x および t の場合)、標準出力に jar ファイルが
-送信されたりします (c および u の場合)。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B v
-標準出力に詳細な出力を生成します。次に例を示します。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B 0
-ゼロ。ZIP 圧縮を使用せずに格納します。
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B M
-manifest ファイルエントリを作成しません (c および u の場合)。または
-すでに存在する manifest ファイルエントリを削除します (u の場合)。 
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B m
-指定したマニフェストファイル 
-.I manifest 
-から
-名前:値属性をファイル
-.I META-INF/MANIFEST.MF 
-に取り込みます。
-すでに同じ名前で存在しない限り、
-.I jar
-はその名前:値ペアを追加します。同じ名前で存在する場合は、
-jar
-はその値を更新します。
-.LP
-コマンド行では、文字 
-.B m 
-と 
-.B f 
-は、
-.I manifest 
-と 
-.I jarfile
-が出現するのと
-同じ順序で使用します。次に例を示します。
-.LP
-.RS 5
-% jar cmf myManifestFile myFile.jar *.class
-.RE
-.LP
-manifest ファイルには、デフォルトのマニフェストに含まれていない、
-専用の名前:値属性ペアを追加できます。
-たとえば、
-ベンダー情報、バージョン情報、パッケージシーリング、
-または JAR にバンドルされたアプリケーションを実行するための属性を
-追加できます。
-.B -m 
-オプションの使用例については、「Java Tutorial」
-.fi
-http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar/
-にある
-.na
-「
-.I JAR Files
-」コースを参照してください。
 .TP 3
 e 
-実行可能 JAR ファイル内にバンドルされたスタンドアロンアプリケーションのアプリケーションエントリポイントとして、
-.I entrypoint
-を設定します。このオプションを使用すると、マニフェストファイル内の 
-.I Main\-Class
-属性値が作成または上書きされます。このオプションは、JAR ファイルの作成中または更新中に使用できます。このオプションを使えば、マニフェストファイルを編集または作成することなしに、アプリケーションのエントリポイントを指定できます。
+絎茵 JAR <ゃ潟鴻帥潟≪潟≪宴若激с潟≪宴若激с潟潟ゃ潟\f2entrypoint\fP 荐絎障激с潟篏睡с鴻<ゃ \f2Main\-Class\fP 絮уゃ篏障筝吾障 激с潟JAR <ゃ篏筝障贋遺賢篏睡с障 激с潟篏帥違с鴻<ゃ膩障篏≪宴若激с潟潟ゃ潟絎с障
 .br
 .br
-たとえば、次のコマンドは 
-.I Main.jar
-を作成しますが、その際、マニフェストファイル内の 
-.I Main\-Class
-属性値は 
-.I Main
-に設定されます。 
+違罨<潟潟 \f2Main.jar\fP 篏障с鴻<ゃ \f2Main\-Class\fP 絮уゃ \f2Main\fP 荐絎障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -544,7 +362,7 @@
 .fi
 .RE
 .LP
-次のコマンドを実行すると java ランタイムから直接このアプリケーションを起動できます。 
+罨<潟潟絎茵 java 潟帥ゃ贋・≪宴若激с潟莎桁с障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -556,11 +374,7 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-エントリポイントのクラス名が特定のパッケージ内に存在している場合、エントリポイントの区切り文字としてドット (「.」) またはスラッシュ (「/」) を使用できます。たとえば、
-.I Main.class
-が 
-.I foo
-という名前のパッケージ内に存在している場合、次のようにしてエントリポイントを指定できます。 
+潟ゃ潟劫劫宴若後絖翫潟ゃ潟阪絖 (.) 障鴻激 (/) 篏睡с障違\f2Main.class\fP  \f2foo\fP 宴若後絖翫罨<潟ゃ潟絎с障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -572,7 +386,7 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-または 
+障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -584,36 +398,14 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-\f3注:\ \fP 
-.I \-m
-オプションと 
-.I \-e
-オプションの両方を同時に指定する場合、指定されたマニフェストにも 
-.I Main\-Class
-属性が含まれていると、
-.I Main.class
-の指定があいまいになってエラーが発生し、JAR の作成または更新処理が異常終了します。 
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B \-C \ dir 
-.B jar 
-コマンドの実行中に一時的にディレクトリを変更します (
-.I cd " dir"
-)。
-このとき、後続の入力ファイル引数が処理されます。
-この動作は、UNIX の 
-.I tar 
-ユーティリティの 
-.I \-C 
-オプションと
-同様の動作になります。
-たとえば、次のコマンドは、
-.I classes 
-ディレクトリに移動し、そのディレクトリから 
-.I bar.classes 
-を
-.I foo.jar 
-に追加します。
+\f3羈:\ \fP \f2\-m\fP 激с潟 \f2\-e\fP 激с潟筝≧鴻絎翫絎с鴻 \f2Main\-Class\fP 絮с障\f2Main.class\fP 絎障c若榊JAR 篏障贋医医幻腟篋障 
+.LP
+.TP 3
+\-C \ dir 
+\f2jar\fP 潟潟絎茵筝緇膓 \f2inputfiles\fP 綣違筝c紊眼障 (\f2cd\fP\ \f2dir\fP)UNIX  \f2tar\fP 若cc若 \f2\-C\fP 激с潟罘純蕁篌若障
+.br
+.br
+違罨<潟潟\f2classes\fP c腱糸c \f2bar.class\fP  \f2foo.jar\fP 菴遵障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -625,20 +417,7 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-次のコマンドでは、
-.I classes 
-ディレクトリに移動し、
-.I classes 
-ディレクトリ内のすべてのファイルを
-.I foo.jar 
-に追加します (jar ファイルには classes ディレクトリを作成しません)。
-次に元のディレクトリに戻ってから、
-.I bin 
-ディレクトリに移動し、
-.I xyz.class 
-を 
-.I foo.jar 
-に追加します。
+罨<潟潟с\f2classes\fP c腱糸\f2classes\fP c鴻<ゃ \f2foo.jar\fP 菴遵障 (jar <ゃ classes c篏障) 罨<c祉c\f2bin\fP c腱糸\f2xyz.class\fP  \f2foo.jar\fP 菴遵障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -650,276 +429,294 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-.I classes
-にファイル 
-.I bar1
-および 
-.I bar2
-がある場合、
-.I jar tf foo.jar
-を実行すると、jar ファイルの内容が次のように表示されます。
+\f2classes\fP  \f2bar1\fP  \f2bar2\fP 篆翫\f2jar tf foo.jar\fP 篏睡JAR <ゃ罨<荀膣障 
+.RS 3
+
 .LP
-.if t .RS 15
-.if n .RS 8
-.ft 3
 .nf
-META-INF/
-META-INF/MANIFEST.MF
+\f3
+.fl
+META\-INF/
+.fl
+META\-INF/MANIFEST.MF
+.fl
 bar1
+.fl
 bar2
+.fl
 xyz.class
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
-.RE
-.if t .TP 10
-.if n .TP 5
-.B \-Joption
-.I option
-を Java Runtime Environment に渡します。
-ここで、
-.I option
-は、Java アプリケーション起動プログラムのマニュアルページ
-.fi
- (http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/solaris/java.html#options) 
-で説明されているオプションの 1 つです。
-たとえば
-.B \-J-Xms48m
-は、最大メモリを 48M バイトに設定します。
-.I \-J
-が基本にする仮想マシンにオプションを渡すことは、共通の規約です。
-.SH "コマンド行引数ファイル"
-.B jar 
-コマンド行を短くまたは簡単にするために、
-.I jar 
-コマンドの引数 (
-.I \-J 
-オプションを除く) を含むファイルを 1 つ以上指定できます。
-これにより、任意の長さの 
-.B jar 
-コマンドを作成でき、
-オペレーティングシステムによるコマンド行の制限を
-回避できます。
-.LP
-引数ファイルには、オプションとファイル名を含めることができます。
-引数ファイル内の引数は空白文字区切りまたは改行区切りにします。
-引数ファイル内のファイル名は、引数ファイルの位置に対してではなく、
-現在のディレクトリに対して相対的に指定します。
-通常はオペレーティングシステムシェルによって展開されるワイルドカード (*) は
-展開されません。ファイルを再帰的に解釈するための @ 文字は使用できません。
-.I \-J 
-オプションは、起動プログラムに渡されるため、サポートされていません。
-起動プログラムでは引数ファイルを使用できないためです。
-.LP
-.I jar 
-の実行時、各引数ファイルのパスおよび名前の先頭に @ 文字を付けて渡します。
-.I jar 
-で先頭に文字 @ の付いた引数が出現するたびに、
-そのファイルの内容が引数リストに展開されます。
-.br
-.br
-次の例では、
-.I find
-コマンドから出力されたファイル名を 
-.I classes.list
-内に格納しています。 
-.LP
-.RS 5
-% find . -name '*.class' -print > classes.list
 .RE
 .LP
-その後、引数ファイル構文を使って
-.I jar
-にリストを渡すと、
-.I Classes.list
-で 
-.I jar
-コマンドを実行できます。
+.TP 3
+\-Joption 
+Java 絎茵医 \f2option\fP 羝<障 \f2option\fP Java ≪宴若激с活儀若<潟鴻若吾荐莠激с潟 1 ゆ絎障違\f4\-J\-Xmx48M\fP 絎紊с<≪若 48M ゃ荐絎障\f2\-J\fP 篏帥c緇絎茵医激с潟羝<頫障 
+.RE
+
 .LP
-.RS 5
-% jar cf my.jar @classes.list
-.RE
+.SH "潟潟茵綣違<ゃ"
 .LP
-引数ファイルはパスを指定できますが、相対パスが記述された引数ファイル内の
-すべてのファイル名は、渡されたパスに対して相対的ではなく、
-現在の作業ディレクトリに相対的となります。次に例を示します。
+
 .LP
-.RS 5
-% jar @path1/classes.list
-.RE
-.SH "使用例"
-あるディレクトリ中のファイルをすべてアーカイブに追加する例を示します 
-(アーカイブがすでに存在する場合は、内容が上書きされます)。
-詳細を列挙すると (
-.I \-v
-オプションを使用)、
-サイズや最終更新日など、
-アーカイブ内のファイルに関して詳しい情報が得られます。
-.RS 
+jar 潟潟茵膂≧\f2jar\fP 潟潟絲障綣 (\f2\-J\fP 激с潟ゃ)  1 や札筝<ゃ絎с障篁紙激 jar 潟潟篏с若c潟違激鴻潟潟茵狗茹f障障 
+.LP
+綣違<ゃ激с潟<ゃс障<ゃ綣違鴻若鴻障壕у阪障綣違<ゃ<ゃ憜c荀後障鴻障 綣違<ゃ篏臀荀後障鴻с障ゃ若 (*) 絽吾違若c潟違激鴻激сc絖茹i障翫茹i障綣違<ゃ綣違 \f2@\fP 絖篏睡茲違<ゃ絽亥茹i泣若障障\f2\-J\fP 激с潟泣若障 激с潟莎桁若羝<障莎桁若с綣違<ゃ泣若с
+.LP
+.LP
+\f2jar\fP 絎茵綣違<ゃ鴻<ゃ \f2@\fP 絖篁羝<障\f2jar\fP \f2@\fP 絖у障綣違荀ゃ<ゃ絎鴻絮綣違鴻水ャ障
+.br
+.br
+罨<箴с\f2find\fP 潟潟阪<ゃ \f2classes.list\fP 主障 
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
 \f3
-.nf
-% ls
-1.au          Animator.class    monkey.jpg
-2.au          Wave.class        spacemusic.au
-3.au          at_work.gif
-.LP
-% jar cvf bundle.jar *
-added manifest
-adding: 1.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)
-adding: 2.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)
-adding: 3.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)
-adding: Animator.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)
-adding: Wave.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)
-adding: at_work.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)
-adding: monkey.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)
-adding: spacemusic.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)
-\f1
+.fl
+% find \fP\f3.\fP \-name '*.class' \-print > classes.list
+.fl
 .fi
 .RE
-イメージ、オーディオファイル、およびクラス用のサブディレクトリが
-すでに存在する場合、単一の 
-.B jar 
-ファイルに結合できます。
-.RS 
+
+.LP
+.LP
+緇綣違<ゃ罕篏帥c \f2jar\fP 鴻羝<\f2Classes.list\fP  \f2jar\fP 潟潟絎茵с障
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
 \f3
+.fl
+% jar cf my.jar @classes.list
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+綣違<ゃ鴻絎с障後障鴻荐菴違綣違<ゃ鴻<ゃ羝<鴻絲障後丞с憜篏罐c後丞障 罨<箴腓冴障 
+.RS 3
+
+.LP
 .nf
-% ls -F
+\f3
+.fl
+% jar @path1/classes.list
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+.LP
+
+.LP
+.SH "箴"
+.LP
+
+.LP
+劫c鴻<ゃ≪若ゃ菴遵 (≪若ゃс絖翫絎鴻筝吾) 罨<障\f2\-v\fP 激с潟篏睡宴荅括完絎泣ゃ冴違贋井ャ≪若ゃ<ゃゃ荅括完宴茵腓冴障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% ls
+.fl
+1.au          Animator.class    monkey.jpg
+.fl
+2.au          Wave.class        spacemusic.au
+.fl
+3.au          at_work.gif
+.fl
+
+.fl
+% jar cvf bundle.jar *
+.fl
+added manifest
+.fl
+adding: 1.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)
+.fl
+adding: 2.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)
+.fl
+adding: 3.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)
+.fl
+adding: Animator.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)
+.fl
+adding: Wave.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)
+.fl
+adding: at_work.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)
+.fl
+adding: monkey.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)
+.fl
+adding: spacemusic.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)
+.fl
+\fP
+.fi
+.RE
+
+.LP
+с糸若c<ゃ潟合泣c翫筝 JAR <ゃ腟с障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+% ls \-F
+.fl
 audio/ classes/ images/
+.fl
 
+.fl
 % jar cvf bundle.jar audio classes images
+.fl
 added manifest
+.fl
 adding: audio/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
+.fl
 adding: audio/1.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)
+.fl
 adding: audio/2.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)
+.fl
 adding: audio/3.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)
+.fl
 adding: audio/spacemusic.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)
+.fl
 adding: classes/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
+.fl
 adding: classes/Animator.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)
+.fl
 adding: classes/Wave.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)
+.fl
 adding: images/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
+.fl
 adding: images/monkey.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)
+.fl
 adding: images/at_work.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)
+.fl
 
-% ls -F
+.fl
+% ls \-F
+.fl
 audio/ bundle.jar classes/ images/
+.fl
+\fP
 .fi
-\f1
 .RE
-次の例では、
-.I t 
-オプションを指定して、jar ファイル中のエントリ名を表示します。
-.RS 
+
+.LP
+JAR <ゃ潟茵腓冴\f2t\fP激с潟篏睡障 
+.RS 3
+
+.LP
+.nf
 \f3
-.nf
+.fl
 % jar tf bundle.jar
-META-INF/
-META-INF/MANIFEST.MF
+.fl
+META\-INF/
+.fl
+META\-INF/MANIFEST.MF
+.fl
 audio/1.au
+.fl
 audio/2.au
+.fl
 audio/3.au
+.fl
 audio/spacemusic.au
+.fl
 classes/Animator.class
+.fl
 classes/Wave.class
+.fl
 images/monkey.jpg
+.fl
 images/at_work.gif
+.fl
+\fP
 .fi
-\f1
 .RE
-クラスの読み込みを高速化するために jar ファイルにインデックスファイルを
-追加する場合は、
-.I i
-オプションを使用してください。
+
+.LP
+.LP
+鴻若蕭ゃ潟鴻<ゃ JAR <ゃ菴遵\f2i\fP激с潟篏睡障
 .br
 .br
-例:
+箴:
 .br
 
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
-たとえば株取引アプリケーションの内部依存しているクラスを 
-.I main.jar
-、
-.I buy.jar
-、
-および 
-.I sell.jar 
-という 3 つの jar ファイル
-に分割したとします。
-.I main.jar 
-のマニフェストの 
-.I Class-Path
-属性に次のように指定した場合、 
+違綣≪宴若激с括娯箴絖鴻\f2main.jar\fP\f2buy.jar\fP \f2sell.jar\fP  3 ゃ JAR <ゃ蚊障
+.br
+
 .LP
-.RS 5
-Class-Path: buy.jar sell.jar
+.br
+
+.LP
+\f2main.jar\fP с鴻 \f2Class\-path\fP 絮с罨<絎翫 
+.nf
+\f3
+.fl
+Class\-Path: buy.jar sell.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+\f2\-i\fP 激с潟篏睡違≪宴若激с潟鴻 茯粋昭帥蕭с障 
+.nf
+\f3
+.fl
+% jar i main.jar
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+\f2INDEX.LIST\fP <ゃ \f2META\-INF\fP c水ャ障腟≪宴若激с潟鴻若若c鴻障 純若鴻罎膣≪茵 jar <ゃ潟若障
 .RE
-.LP
-.I -i 
-オプションを使用すれば、アプリケーションのクラスの
-読み込みを高速化できます。
-.LP
-.RS 5
-% jar i main.jar
-.RE
-.LP
-.I INDEX.LIST 
-ファイルが 
-.I META-INF 
-ディレクトリに追加されます。
-この結果、アプリケーションのクラスローダによってクラスまたは
-リソースの検索が行われるときに、適切な jar ファイルがダウンロードされます。 
-.SH "関連項目"
+.SH "∫i"
 .LP
 
 .LP
+.na
+\f2JAR <ゃ网荀\fP @
 .fi
 http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jarGuide.html
-の
-.na
-「
-.I The Jar Overview
-」
 .br
 
 .LP
+.na
+\f2JAR <ゃ篁罕\fP @
 .fi
 http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html
-の
-.na
-「
-.I The Jar File Specification
-」
 .br
 
 .LP
+.na
+\f2Jar ゃ潟鴻\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JAR%20Index
-の
-.na
-「
-.I The JarIndex Spec
-」
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/jar.html#JARIndex
 .br
 
 .LP
+.na
+\f2Jar ャ若≪\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar
-の
-.na
-「
-.I Jar Tutorial
-」
-(Java ソフトウェアの Web サイト内) 
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar (Java Software  Web 泣ゃ)
 .br
 
 .LP
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/share/pack200.html
-の
-.na
-「
-.I pack200 Reference Page
-」
+pack200(1) 
 .LP
  
--- a/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,431 +1,827 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\" 
-.\"
-.TH jarsigner 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-jarsigner \- JAR 署名および検証ツール
+." Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH jarsigner 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
+.LP
+.SH ""
+jarsigner \- JAR 臀峨恰荐若若
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-Java ARchive (JAR) ファイルの署名を生成し、署名付き JAR ファイルの署名を検証します。
+Java ARchive (JAR) <ゃ臀峨臀峨篁 JAR <ゃ臀峨罎荐若障
 .LP
 .RE
-.SH "形式"
-.B jarsigner 
-[ 
-.BI options
-]  
-jar-file alias
-.br
-.B jarsigner
-.BI \-verify
-[
-.BI options 
-]
-jar-file 
-.SH "説明"
-.IX "JAR signing and verification tool " "" "JAR signing and verification tool  \(em \fLjarsigner\fP"
-.IX "jarsigner" "" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
-.B jarsigner 
-ツールは、次の 2 つの目的で使用します。
-.TP 5
-1. 
-Java ARchive (JAR) ファイルに署名を付ける
-.TP 5
-2. 
-署名付き JAR ファイルの署名と完全性を検証する
+.SH "綵√"
 .LP
-JAR 機能を使うと、クラスファイル、イメージ、サウンド、およびその他のデジタルデータ
-を単一のファイルにパッケージ化できるので、ファイルを迅速かつ容易に配布できます。
-開発者は、
-.B jar 
-という名前のツールを使って JAR ファイルを作成できます。技術的な観点から言えば、
-すべての ZIP ファイルも JAR ファイルとみなすことができます。
-.LP
-「デジタル署名」は、なんらかのデータ (「署名」の対象となるデータ) と、エンティティ
-(人、会社など) の非公開鍵とに基づいて計算されるビット列です。手書きの署名同様、
-デジタル署名には多くの利点があります。
-.TP 2
-\(bu
-署名の生成に使われた非公開鍵と対になる公開鍵を使って計算を行うことで、
-デジタル署名が本物かどうかを検証できる
-.TP 2
-\(bu
-非公開鍵が他人に知られない限り、デジタル署名の偽造は不可能である
-.TP 2
-\(bu
-デジタル署名は、その署名が付いたデータだけを対象とするものであり、ほかのデータの
-署名として機能することはない
-.TP 2
-\(bu
-署名付きのデータは変更できない。データが変更された場合は、その署名によってデータ
-が本物ではないことが検証される
-.LP
-ファイルに対してエンティティの署名を生成するには、まず、そのエンティティが公開鍵と
-非公開鍵のペアを持つ必要があります。また、公開鍵を認証する 1 つ以上の証明書も
-必要です。「証明書」とは、あるエンティティからのデジタル署名付きの文書のことです。
-証明書には、ほかのあるエンティティの公開鍵が特別な値を持っていることが書かれて
-います。
-.LP
-.B jarsigner 
-は、「キーストア」に含まれる鍵と証明書情報を使って、JAR ファイルのデジタル署名を
-生成します。キーストアは、非公開鍵と、非公開鍵に関連付けられた X.509 証明連鎖が
-収められたデータベースです。証明連鎖は、非公開鍵に対応する公開鍵を認証します。
-キーストアの作成と管理には、
-.B keytool
-ユーティリティを使います。
-.LP
-.B jarsigner 
-は、エンティティの非公開鍵を使って署名を生成します。署名付き JAR ファイルには、
-キーストアからの証明書のコピーが含まれています。これは、JAR ファイルの署名に使わ
-れた非公開鍵に対応する公開鍵の証明書のコピーです。
-.B jarsigner 
-は、署名付き JAR ファイルのデジタル署名を、ファイル内 (の署名ブロックファイル) に含
-まれている証明書を使って検証することができます。
-.LP
-J2SE 5.0 以降の \f3jarsigner\fP は、タイムスタンプを含む署名を生成できるようになりました。このため、システム/デプロイヤ (Java Plug\-in など) は、署名付きの証明書がまだ有効である期間中に JAR ファイルの署名が行われたかどうかを確認できます。さらに、そのタイムスタンプ情報をアプリケーションが取得するための API が、J2SE 5.0 で追加されました。
-.LP
-現時点では、
-.B jarsigner 
-で署名できるのは、JDK の 
-.B jar
-ツールで作成された JAR ファイル、または ZIP ファイルだけです。JAR ファイルは ZIP ファイルと同じですが、JAR ファイルには
-.B META-INF/MANIFEST.MF 
-ファイルが含まれている点が異なります。
-.B META-INF/MANIFEST.MF
-ファイルは、
-.B jarsigner 
-が ZIP ファイルに署名を付けるときに自動的に作成されます。
-.LP
-デフォルトでは、
-.B jarsigner
-は JAR ファイルに「署名」を付けます。
-署名付き JAR ファイルを「検証」する場合は、
-.I -verify 
-オプションを指定します。
-.SS 
-JDK 1.1 との互換性
-.LP
-.IX "jarsigner" "Compatibility with JDK 1.1" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
-.B keytool
-ツールと 
-.B jarsigner 
-ツールは、JDK 1.1 で提供されていた
-.B javakey
-ツールを完全に置き換えるものです。これらの新しいツールは
-.B javakey
-よりも多くの機能を備えており、キーストアと非公開鍵をパスワードで保護する機能や、
-署名の生成だけでなく署名を検証する機能を持っています。
-.LP
-新しいキーストアアーキテクチャは、
-.B javakey 
-が作成して管理していたアイデンティティデータベースに代わるものです。キーストア形式と、JDK 1.1 の 
-.B javakey 
-が使っていたデータベース形式との間には下位互換性はありません。ただし、次のような
-ことは可能です。
-.TP 2
-\(bu
-.B keytool
-の
-.I -identitydb 
-コマンドを使うと、アイデンティティデータベースの情報をキーストアにインポートできます。
-.TP 2
-\(bu
 
-.B jarsigner
-は、以前に 
-.B javakey
-を使って署名された JAR ファイルに署名を付けることができます。
-.TP 2
-\(bu
-.B jarsigner 
-は、
-.B javakey
-を使って署名された JAR ファイルを検証できます。したがって、
-.B jarsigner
-は、JDK 1.2 のキーストアではなく JDK 1.1 のアイデンティティデータベースからの署名者別
-名を認識し、これらを対象に処理を行うことができます。
-.LP 
-次の表は、JDK 1.1.x で署名された JAR ファイルが、Java 2 プラットフォームでどのように扱われるかを
-示しています。
 .LP
 .nf
-.ft 3
-                      1.1 データ
-         1.1 データ   ベースから   ポリシー
-JAR      ベース内の   1.2 キース   ファイル      
-ファイル   アイデン   トアにイン   がアイデン   与えられる
-のタイプ   ティティ   ポートされ   ティティ/    特権 
-                      る信頼でき   別名に特権  
-                      るアイデン   を与える
-                      ティティ(4)
+\f3
+.fl
+\fP\f3jarsigner\fP [ options ] jar\-file alias
+.fl
+\f3jarsigner\fP \-verify [ options ] jar\-file 
+.fl
+.fi
 
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          x         x          x           与えられる
-                                                 デフォルトの
-                                                 特権
-												   
-署名のない                                       すべてのコードに
-JAR          x         x          x           与えられる
-                                                 デフォルトの
-                                                 特権
+.LP
+.SH "茯"
+.LP
 
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          x         ○          x           与えられる
-                                                 デフォルトの
-                                                 特権
+.LP
+.LP
+\f3jarsigner\fP 若罨< 2 ゃт戎障
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+1.
+Java ARchive (JAR) <ゃ臀峨篁 
+.TP 3
+2.
+臀峨篁 JAR <ゃ臀峨翫с罎荐若 
+.RE
 
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          ○/信頼で  x          x           与えられる
-              きない                             デフォルトの
-                                                 特権 (3)
+.LP
+.LP
+JAR 罘純篏帥鴻<ゃゃ<若吾泣潟潟篁吾帥若帥筝<ゃ宴若後сс<ゃ菴ゅ号絽с障肴jar(1) 若篏帥c JAR <ゃ篏с障茵荀括鴻荐違鴻 ZIP <ゃ JAR <ゃ帥с障 \f3jar\fP c篏 JAR <ゃ障 \f3jarsigner\fP c JAR <ゃMETA\-INF/MANIFEST.MF <ゃ障障
+.LP
+.LP
+吾帥臀峨若 (臀峨絲乗院若) 潟cc (篋冴篌腓障) 泣冴ャ荐膊с吾臀峨罕吾帥臀峨紊鴻障
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+臀峨篏帥泣絲障泣篏帥c荐膊茵с吾帥臀峨罎荐若с 
+.TP 2
+o
+泣篁篋冴ャ吾帥臀峨初筝純с 
+.TP 2
+o
+吾帥臀峨臀峨篁若帥絲乗院с祉若帥臀峨罘純 
+.TP 2
+o
+臀峨篁若帥紊眼с 若帥紊眼翫臀峨c若帥с罎荐若 
+.RE
 
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          ○/信頼で  x          ○           与えられる
-              きない                             デフォルトの
-                                                 特権 (1,3)
-
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          x         ○          ○           与えられる
-                                                 デフォルトの
-                                                 特権とポリシー
-                                                 ファイル内
-                                                 で与えられる
-                                                 特権
-												   
-署名付き                                         すべてのコードに
-JAR          ○/信頼    ○          ○           与えられる
-              できる                             デフォルトの
-                                                 特権とポリシー
-                                                 ファイル内
-                                                 で与えられる
-                                                 特権 (2)
-
-署名付き                                         すべての
-JAR          ○/信頼    x          x           特権
-              できる 
-署名付き                                         すべての
-JAR          ○/信頼    ○          x           特権 (1)
-              できる
-署名付き                                         すべての
-JAR          ○/信頼    x          ○           特権 (1)
-              できる
-.fi
-.ft 1
 .LP
-注:
-.TP 5
-1. 
-ポリシーファイル内にアイデンティティ/別名についての言及がある場合、
-それをキーストアにインポートして、ポリシーファイルの設定が与えられた
-特権に反映されるようにする必要があります。
-.TP 5
-2. 
-ポリシーファイル/キーストアの組み合わせは、アイデンティティデータベース
-内の信頼できるアイデンティティよりも優先されます。
-.TP 5
-3. 
-Java 2 プラットフォームでは、信頼できないアイデンティティは無視されます。
-.TP 5
-4. 
-JDK キーストアにインポートできるのは、信頼できるアイデンティティだけです。
-.SS 
-キーストアの別名
 .LP
-.IX "jarsigner" "Keystore Aliases" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+<ゃ絲障潟cc若臀峨障潟cc若潟cc若∫c泣泣≪ゅ荀障 障泣茯荐若 1 ゃ障茲違荐惹吾綽荀с荐惹吾潟cc若肴吾帥臀峨篁吾сャ潟cc若泣劫ゃс荐惹障
 .LP
-キーストアのすべてのエントリは、一意の「別名」を介してアクセスされます。
 .LP
-.B jarsigner 
-を使って JAR ファイルに署名を付けるときは、署名の生成に必要な非公開鍵を
-含むキーストアエントリの別名を指定する必要があります。たとえば、次の例は、
-working ディレクトリの
-.B mystore
-という名前のキーストアに含まれる別名 
-.B duke 
-に関連付けられた非公開鍵を使って、
-.BR MyJARFile.jar
-という名前の JAR ファイルに署名を付けます。出力ファイルは指定されていない
-ので、
-.BR MyJARFile.jar 
-は署名付きの JAR ファイルによって上書きされます。
+\f3jarsigner\fP 若鴻≪障泣荐惹御宴篏帥cJAR <ゃ吾帥臀峨障若鴻≪泣泣∫d X.509 荐惹吾с若潟若帥若鴻с若鴻≪篏膊∞keytool(1) 若cc若篏帥障
 .LP
-.ft 3
-.nf
-jarsigner -keystore /working/mystore -storepass 
-   myspass -keypass dukekeypasswd MyJARFile.jar duke
-.fi
-.ft 1
 .LP
-キーストアはパスワードで保護されているので、ストアのパスワード (上の例では 
-.BR myspass
-) を指定する必要があります。コマンド行でストアのパスワードを指定しなかった場合は、パスワードの入力を求められます。同様に、非公開鍵もキーストア内でパスワードによって保護されているので、非公開鍵のパスワード (上の例では 
-.BR dukekeypasswd 
-) を指定する必要があります。コマンド行で非公開鍵のパスワードを指定しておらず、非公開鍵のパスワートがストアのパスワードと違っている場合は、非公開鍵のパスワードの入力を求められます。
+\f3jarsigner\fP 潟cc若泣篏帥c臀峨障臀峨篁 JAR <ゃ<ゃ臀峨篏睡泣絲上泣篆絖若鴻≪c荐惹吾潟若障障 \f3jarsigner\fP 臀峨篁 JAR <ゃ吾帥臀峨<ゃ (臀峨<ゃ) 障荐惹吾篏帥c罎荐若с障
+.LP
+.LP
+5.0 篁ラс\f3jarsigner\fP 帥ゃ鴻帥潟臀峨с激鴻ゃ (Java Plug\-in ) JAR <ゃ臀峨荐惹吾号筝臀峨сс障5.0 ц申 API 篏睡≪宴若激с潟帥ゃ鴻帥潟宴緇с障
+.LP
+.LP
+憝鴻с\f3jarsigner\fP х讐сJDK  jar(1) 若т JAR <ゃ障 ZIP <ゃсJAR <ゃ ZIP <ゃсJAR <ゃ META\-INF/MANIFEST.MF <ゃ障鴻違障META\-INF/MANIFEST.MF <ゃ\f3jarsigner\fP  ZIP <ゃ臀峨篁篏障
+.LP
+.LP
+с\f3jarsigner\fP  JAR (障 ZIP) <ゃ臀峨篁障臀峨篁 JAR <ゃ罎荐若翫\f2\-verify\fP 激с潟絎障
 .LP
 .SS 
-キーストアの場所
+JDK 1.1 篋
 .LP
-.IX "jarsigner" "Keystore Location" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-.B jarsigner 
-には、使用するキーストアの名前と場所を指定する 
-.I -keystore
-オプションがあります。キーストアは、デフォルトではユーザのホームディレクトリの 
-.I .keystore 
-という名前のファイルに格納されます。ユーザのホームディレクトリは、
-.I user.home
-システムプロパティによって決まります。
 .LP
-.I \-keystore 
-オプションからの入力ストリームは
-.I KeyStore.load 
-メソッドに渡されます。
-URL として NONE  が指定された場合は、NULL ストリームが
-.I KeyStore.load 
-メソッドに渡されます。キーストアがハードウェアトークンデバイス上にあるなど、
-ファイルベースでない場合は、
-.I NONE 
-を指定してください。
+\f3keytool\fP 若 \f3jarsigner\fP 若JDK 1.1 ф箴 \f3javakey\fP 若絎臀с違若 \f3javakey\fP 紊罘純若鴻≪泣鴻若т茘激罘純臀峨臀峨罎荐若罘純c障
+.LP
+.LP
+違若鴻≪≪若c若\f3javakey\fP 篏膊∞≪ゃ潟cc若若帥若鴻篁cс若鴻√就綣JDK 1.1  \f3javakey\fP 篏帥c若帥若劫就綣筝篏篋с障罨<純с
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+\f3keytool\fP  \f2\-identitydb\fP 潟潟篏帥≪ゃ潟cc若若帥若鴻宴若鴻≪ゃ潟若с障 
+.TP 2
+o
+\f3jarsigner\fP 篁ュ \f3javakey\fP 篏帥c臀峨 JAR <ゃ臀峨篁с障 
+.TP 2
+o
+\f3jarsigner\fP \f3javakey\fP篏帥c臀峨 JAR <ゃ罎荐若с障cjarsigner Java 2 SDK 若鴻≪с JDK 1.1 ≪ゃ潟cc若若帥若鴻臀峨ュ茯茘絲乗院茵с障 
+.RE
+
+.LP
+.LP
+罨<茵JDK 1.1.x х讐 JAR <ゃJava 2 若с宴腓冴障
+.LP
+.LP
+.TS
+.if \n+(b.=1 .nr d. \n(.c-\n(c.-1
+.de 35
+.ps \n(.s
+.vs \n(.vu
+.in \n(.iu
+.if \n(.u .fi
+.if \n(.j .ad
+.if \n(.j=0 .na
+..
+.nf
+.nr #~ 0
+.if n .nr #~ 0.6n
+.ds #d .d
+.if \(ts\n(.z\(ts\(ts .ds #d nl
+.fc
+.nr 33 \n(.s
+.rm 80 81 82 83 84
+.nr 34 \n(.lu
+.eo
+.am 80
+.br
+.di a+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(80 .ll \n(80u
+.in 0
+\f3JAR <ゃ帥ゃ\fP
+.br
+.di
+.nr a| \n(dn
+.nr a- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 81
+.br
+.di b+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(81 .ll \n(81u
+.in 0
+\f31.1 若帥若劫≪ゃ潟cc\fP
+.br
+.di
+.nr b| \n(dn
+.nr b- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 82
+.br
+.di c+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(82 .ll \n(82u
+.in 0
+\f31.1 若帥若鴻 Java 2 Platform 若鴻≪ゃ潟若篆♂若с≪ゃ潟cc (4)\fP
+.br
+.di
+.nr c| \n(dn
+.nr c- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 83
+.br
+.di d+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(83 .ll \n(83u
+.in 0
+\f3激若<ゃ≪ゃ潟cc/ュ号┤筝\fP
+.br
+.di
+.nr d| \n(dn
+.nr d- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di e+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤
+.br
+.di
+.nr e| \n(dn
+.nr e- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di f+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤
+.br
+.di
+.nr f| \n(dn
+.nr f- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di g+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤
+.br
+.di
+.nr g| \n(dn
+.nr g- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 81
+.br
+.di h+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(81 .ll \n(81u
+.in 0
+/篆♂若с
+.br
+.di
+.nr h| \n(dn
+.nr h- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di i+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤ (3)
+.br
+.di
+.nr i| \n(dn
+.nr i- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 81
+.br
+.di j+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(81 .ll \n(81u
+.in 0
+/篆♂若с
+.br
+.di
+.nr j| \n(dn
+.nr j- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di k+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤ (1,3)
+.br
+.di
+.nr k| \n(dn
+.nr k- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di l+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤激若<ゃт号┤
+.br
+.di
+.nr l| \n(dn
+.nr l- \n(dl
+..
+.ec \
+.eo
+.am 84
+.br
+.di m+
+.35
+.ft \n(.f
+.ll \n(34u*1u/6u
+.if \n(.l<\n(84 .ll \n(84u
+.in 0
+鴻潟若筝号┤激若<ゃт号┤ (2)
+.br
+.di
+.nr m| \n(dn
+.nr m- \n(dl
+..
+.ec \
+.35
+.nf
+.ll \n(34u
+.nr 80 0
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 38 \w臀峨篁 JAR
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.80
+.rm 80
+.nr 38 \n(a-
+.if \n(80<\n(38 .nr 80 \n(38
+.nr 81 0
+.nr 38 \w
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w/篆♂若с
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w/篆♂若с
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w/篆♂若с
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \w/篆♂若с
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.81
+.rm 81
+.nr 38 \n(b-
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \n(h-
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 38 \n(j-
+.if \n(81<\n(38 .nr 81 \n(38
+.nr 82 0
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.82
+.rm 82
+.nr 38 \n(c-
+.if \n(82<\n(38 .nr 82 \n(38
+.nr 83 0
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 38 \w
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.83
+.rm 83
+.nr 38 \n(d-
+.if \n(83<\n(38 .nr 83 \n(38
+.nr 84 0
+.nr 38 \w\f3筝号┤\fP
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \w鴻号┤
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \w鴻号┤ (1)
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \w鴻号┤ (1)
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.84
+.rm 84
+.nr 38 \n(e-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(f-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(g-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(i-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(k-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(l-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.nr 38 \n(m-
+.if \n(84<\n(38 .nr 84 \n(38
+.35
+.nf
+.ll \n(34u
+.nr 38 1n
+.nr 79 0
+.nr 40 \n(79+(0*\n(38)
+.nr 80 +\n(40
+.nr 41 \n(80+(3*\n(38)
+.nr 81 +\n(41
+.nr 42 \n(81+(3*\n(38)
+.nr 82 +\n(42
+.nr 43 \n(82+(3*\n(38)
+.nr 83 +\n(43
+.nr 44 \n(83+(3*\n(38)
+.nr 84 +\n(44
+.nr TW \n(84
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 186 file Input is too wide - \n(TW units
+.fc  
+.nr #T 0-1
+.nr #a 0-1
+.eo
+.de T#
+.ds #d .d
+.if \(ts\n(.z\(ts\(ts .ds #d nl
+.mk ##
+.nr ## -1v
+.ls 1
+.ls
+..
+.ec
+.ne \n(a|u+\n(.Vu
+.ne \n(b|u+\n(.Vu
+.ne \n(c|u+\n(.Vu
+.ne \n(d|u+\n(.Vu
+.if (\n(a|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(a|+\n(#^-\n(#--1v)
+.if (\n(b|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(b|+\n(#^-\n(#--1v)
+.if (\n(c|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(c|+\n(#^-\n(#--1v)
+.if (\n(d|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(d|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'\f3筝号┤\fP
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(40u
+.in +\n(37u
+.a+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(41u
+.in +\n(37u
+.b+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(42u
+.in +\n(37u
+.c+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(43u
+.in +\n(37u
+.d+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(e|u+\n(.Vu
+.if (\n(e|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(e|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.e+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(f|u+\n(.Vu
+.if (\n(f|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(f|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.f+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(g|u+\n(.Vu
+.if (\n(g|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(g|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.g+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(h|u+\n(.Vu
+.ne \n(i|u+\n(.Vu
+.if (\n(h|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(h|+\n(#^-\n(#--1v)
+.if (\n(i|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(i|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(41u
+.in +\n(37u
+.h+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.i+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(j|u+\n(.Vu
+.ne \n(k|u+\n(.Vu
+.if (\n(j|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(j|+\n(#^-\n(#--1v)
+.if (\n(k|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(k|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(41u
+.in +\n(37u
+.j+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.k+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(l|u+\n(.Vu
+.if (\n(l|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(l|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.l+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ne \n(m|u+\n(.Vu
+.if (\n(m|+\n(#^-1v)>\n(#- .nr #- +(\n(m|+\n(#^-\n(#--1v)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'/篆♂若с\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'
+.mk ##
+.nr 31 \n(##
+.sp |\n(##u-1v
+.nr 37 \n(44u
+.in +\n(37u
+.m+
+.in -\n(37u
+.mk 32
+.if \n(32>\n(31 .nr 31 \n(32
+.sp |\n(31u
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'/篆♂若с\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'鴻号┤
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'/篆♂若с\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'鴻号┤ (1)
+.ta \n(80u \n(81u \n(82u \n(83u \n(84u 
+.nr 31 \n(.f
+.nr 35 1m
+\&\h'|\n(40u'臀峨篁 JAR\h'|\n(41u'/篆♂若с\h'|\n(42u'\h'|\n(43u'\h'|\n(44u'鴻号┤ (1)
+.fc
+.nr T. 1
+.T# 1
+.35
+.rm a+
+.rm b+
+.rm c+
+.rm d+
+.rm e+
+.rm f+
+.rm g+
+.rm h+
+.rm i+
+.rm j+
+.rm k+
+.rm l+
+.rm m+
+.TE
+.if \n-(b.=0 .nr c. \n(.c-\n(d.-50
+
+.LP
+.LP
+羈 \-
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+1.
+激若<ゃ≪ゃ潟cc/ュゃ荐翫若鴻≪ゃ潟若激若<ゃ荐絎筝号┤綽荀障 
+.TP 3
+2.
+激若<ゃ/若鴻≪腟水≪ゃ潟cc若若帥若劫篆♂若с≪ゃ潟cc若障 
+.TP 3
+3.
+Java 2 若с篆♂若с≪ゃ潟cc若∴障 
+.TP 3
+4.
+Java 2 SDK 若鴻≪ゃ潟若с篆♂若с≪ゃ潟cc若с 
+.RE
+
+.LP
 .SS 
-キーストアの実装
+若鴻≪ュ
 .LP
-.IX "jarsigner" "Keystore Implementation" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-.I java.security 
-パッケージ内にある 
-.I KeyStore 
-クラス
-では、キーストア内の情報にアクセスし、変更できるように
-適切に定義されたインタフェースが提供されています。
-このクラスは複数のさまざまな固定実装が可能で、
-それぞれの実装は、特定の種類のキーストア用の固定実装です。
 .LP
-現在、キーストアの実装を使用するものとして、keytool と 
-.BR  jarsigner
-の 2 つのコマンド行ツールと、
-.BR policytool 
-という名前の 1 つの GUI ベースのツールがあります。
-.I KeyStore 
-クラスは public として使用可能なので、JDK ユーザは 
-.B KeyStore
-を使ってほかのセキュリティアプリケーションも作成できます。
+若鴻≪鴻潟筝ュ篁≪祉鴻障
 .LP
-キーストアには、Sun が提供する組み込みのデフォルトの実装があります。これは、
-JKS という名前の独自のキーストアタイプ (形式) を利用するもので、キーストアを
-ファイルとして実装しています。この実装では、個々の非公開鍵は個別のパスワード
-によって保護され、キーストア全体の完全性も (非公開鍵とは別の) パスワードに
-よって保護されます。
 .LP
+\f3jarsigner\fP 篏帥c JAR <ゃ臀峨篁臀峨綽荀泣若鴻≪潟ュ絎綽荀障違罨<箴working c mystore 若鴻≪障ュ duke ∫d泣篏帥cMyJARFile.jar  JAR <ゃ臀峨篁障阪<ゃ絎сMyJARFile.jar 臀峨篁 JAR <ゃc筝吾障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-keystore /working/mystore \-storepass myspass
+.fl
+      \-keypass dukekeypasswd MyJARFile.jar duke 
+.fl
+\fP
+.fi
 
-キーストアの実装は、プロバイダベースです。具体的には、
-.I KeyStore
-クラスが提供するアプリケーションインタフェースは、Service Provider Interface (SPI) 
-という形で実装されています。つまり、対応する 
-.I KeystoreSpi
-抽象クラス (これも 
-.I java.security
-パッケージに含まれている) があり、このクラスが Service Provider Interface の
-メソッドを定義しています。これらのメソッドは、「プロバイダ」が実装しなければなりま
-せん。ここで、「プロバイダ」とは、Java Security API によってアクセス可能なサービス
-のサブセットに対し、その固定実装を提供するパッケージまたはパッケージの集合の
-ことです。したがって、キーストアの実装を提供するには、「Java 暗号化アーキテク
-チャ用プロバイダの実装方法」(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/HowToImplAProvider.html) のページで説明しているように、クライアントがプロバイダを実装し、
-.I KeystoreSpi 
-サブクラスの実装を提供する必要があります。
 .LP
-アプリケーションでは、
-.I KeyStore
-クラスが提供する 
-.B getInstance
-ファクトリメソッドを使うことで、さまざまなプロバイダから異なる「タイプ」のキーストアの
-実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式、
-およびキーストア内の非公開鍵とキーストア自体の完全性を保護するために使われる
-アルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互いに互換性は
-ありません。keytool、jarsigner、および policytool の各ツールは、
-.B KeyStore
-が提供する共通のアプリケーションインタフェースだけを使っているので、任意の
-タイプのキーストアで使用できます。
 .LP
-.B keytool 
-は、ファイルベースのキーストア実装に対して機能します。
-.B keytool 
-は、コマンド行で渡されたキーストアの位置をファイル名として扱い、
-.BR FileInputStream
-に変換して、そこからキーストア情報をロードします。一方、
-.B jarsigner
-ツールおよび 
-.B policytool
-ツールは、URL を使って指定することが可能な任意の位置にあるキーストアを
-読み取ることができます。
+若鴻≪鴻若т茘激с鴻≪鴻若 (筝箴с mypass) 絎綽荀障潟潟茵с鴻≪鴻若絎鴻若ュ羆障罕泣若鴻√с鴻若c篆茘激泣鴻若 (筝箴с dukekeypasswd) 絎綽荀障 潟潟茵ч泣鴻若絎障絎鴻若篆絖鴻若c翫泣鴻若ュ羆障
 .LP
-.B jarsigner 
-と 
-.BR keytool
-の場合、
-.I -storetype
-オプションを使ってコマンド行でキーストアのタイプを指定できます。
-.BR policytool 
-の場合は、[Edit] メニューの [Change Keystore] コマンドを使ってキーストアの
-タイプを指定できます。
+.RE
+.SS 
+若鴻≪贋
 .LP
-キーストアのタイプを明示的に指定しない場合、
-.B keytool
-、
-.B jarsigner
-、および 
-.B policytool 
-の各ツールは、セキュリティプロパティファイル内で指定
-された
-.I keystore.type
-プロパティの値に基づいてキーストアの実装を選択します。セキュリティプロパティファ
-イルは、
-.I java.security
-という名前でセキュリティプロパティディレクトリ 
-.I java.home/lib/security
-に置かれています。
-.I java.home
-は、JDK の実行環境ディレクトリです。(SDK 内の jre ディレクトリ
-または Java Runtime Environment のトップレベルのディレクトリ)。
+.RS 3
+
 .LP
-各ツールは、
-.I keystore.type
-の値を取得し、この値で指定されたタイプのキーストアを実装しているプロバイダが
-見つかるまで、現在インストールされているすべてのプロバイダを調べます。目的の
-プロバイダが見つかると、そのプロバイダからのキーストアの実装を使います。
 .LP
-.I KeyStore 
-クラスでは 
-.I getDefaultType
-という名前の static メソッドが定義されており、アプリケーションとアプレットはこの
-メソッドを使うことで 
-.I keystore.type
-プロパティの値を取得できます。次のコードは、デフォルトのキーストアタイプ (
-.I keystore.type
-プロパティで指定されたタイプ) のインスタンスを生成します。
+\f3jarsigner\fP 篏睡若鴻≪ URL 絎 \f2\-keystore\fP 激с潟障若鴻≪с若吟若若c \f2.keystore\fP <ゃ主障 若吟若若c\f2user.home\fP 激鴻c若c羆冴障障Solaris 激鴻翫\f2user.home\fP с若吟若若cc障
+.LP
+.LP
+\f2\-keystore\fP 激с潟ュ鴻若\f2KeyStore.load\fP <純羝<障URL  \f2NONE\fP 絎翫null 鴻若 \f2KeyStore.load\fP <純羝<障\f2NONE\fP \f2KeyStore\fP <ゃ若鴻с違若с≪若潟ゃ鴻臀翫絎障
+.LP
+.RE
+.SS 
+若鴻≪絎茖
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+\f2java.security\fP 宴若吾ф箴 \f2KeyStore\fP 鴻若鴻√宴絲障≪祉鴻紊眼茵腆冴絎臂ゃ潟帥с若鴻障若鴻≪阪絎茖劫帥ゃ若鴻≪絲乗院茲違違絎茖絖純с
+.LP
+.LP
+憜若鴻≪絎茖篏睡\f3keytool\fP  \f3jarsigner\fP  2 ゃ潟潟茵若\f3Policy Tool\fP  1 ゃ GUI 若鴻若障\f2KeyStore\fP  public 篏睡純сJava 2 SDK 若吟若 KeyStore 篏帥c祉祉ャc若≪宴若激с潟篏с障
+.LP
+.LP
+若鴻≪Sun 箴腟粋昭帥絎茖障JKS 若鴻≪帥ゃ (綵√) с若鴻≪<ゃ絎茖障絎茖с泣ャ鴻若c篆茘激若鴻√篏翫с (泣ャ) 鴻若c篆茘激障
+.LP
+.LP
+若鴻≪絎茖ゃ若鴻с隙\f2KeyStore\fP 箴≪宴若激с潟ゃ潟帥с若鴻Service Provider Interface (SPI) 綵≪у茖障ゃ障絲上 \f2KeystoreSpi\fP 処院 ( \f2java.security\fP 宴若吾障) 鴻 Service Provider Interface <純絎臂障 <純ゃ絎茖違障сゃJava Security API c≪祉劫純泣若鴻泣祉絲障阪絎茖箴宴若吾障宴若吾сc若鴻≪絎茖箴
+.na
+\f2Java 垸≪若c主ゃ絎茖号\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider.htmlцゃ≪潟ゃ絎茖KeystoreSpi 泣鴻絎茖箴綽荀障
+.LP
+.LP
+≪宴若激с潟с\f2KeyStore\fP 鴻箴 getInstance <<純篏帥с障障ゃ違帥ゃ若鴻≪絎茖御с障若鴻≪帥ゃ若鴻∽宴主綵√若水就綣絎臂若鴻√泣若鴻∵篏翫с篆茘激篏帥≪眼冴絎臂障違帥ゃ若鴻≪絎茖篋с障
+.LP
+.LP
+\f3keytool\fP 篁紙<ゃ若鴻若鴻√茖у篏障keytool 潟潟茵羝<若鴻≪贋<ゃ宴 FileInputStream 紊FileInputStream 若鴻≪宴若障筝鴻\f3jarsigner\fP 若 \f3policytool\fP 若URL ф絎純篁紙贋若鴻≪茯粋昭с障
+.LP
+.LP
+\f3jarsigner\fP  \f3keytool\fP 翫\f2\-storetype\fP 激с潟篏帥c潟潟茵с若鴻≪帥ゃ絎с障\f3Policy Tool\fP 翫[Edit] <ャ若 [Change Keystore] 潟潟篏帥c若鴻≪帥ゃ絎с障
+.LP
+.LP
+若鴻≪帥ゃ腓榊絎翫keytooljarsigner policytool 若祉ャc若c若<ゃф絎 \f2keystore.type\fP c若ゃ冴ャ若鴻≪絎茖御障祉ャc若c若<ゃ\f2java.security\fP  SDK 祉ャc若c若c \f2java.home\fP/lib/security 臀障 \f2java.home\fP 絎茵医c (SDK  \f2jre\fP c障 Java 2 Runtime Environment 筝篏c) с
+.LP
+.LP
+若\f2keystore.type\fP ゃ緇ゃф絎帥ゃ若鴻≪絎茖ゃ荀ゃ障с憜ゃ潟鴻若鴻ゃ茯帥鴻障ゃ荀ゃゃ若鴻≪絎茖篏帥障
+.LP
+.LP
+\f2KeyStore\fP 鴻с \f2getDefaultType\fP  static <純絎臂≪宴若激с潟≪<純篏帥 \f2keystore.type\fP c若ゃ緇с障罨<潟若若鴻≪帥ゃ (\f2keystore.type\fP c若ф絎帥ゃ) ゃ潟鴻帥潟鴻障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -437,144 +833,150 @@
 
 .LP
 .LP
-デフォルトのキーストアタイプは jks (Sun が提供する独自のタイプのキーストアの
-実装) です。これは、セキュリティプロパティファイル内の次の行によって指定されて
-います。
+若鴻≪帥ゃ JKS (Sun 箴帥ゃ若鴻≪絎茖) с祉ャc若c若<ゃ罨<茵c絎障
 .LP
-.RS 5
-.B keystore.type=jks
+.nf
+\f3
+.fl
+    keystore.type=jks
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.LP
+羈:若鴻≪帥ゃ絎с紊ф絖絨絖阪ャ障違JKS  jks 宴障
+.LP
+.LP
+若с篁ュ若鴻≪絎茖篏睡筝茵紊眼ャ若鴻≪帥ゃ絎障違pkcs12 若違帥ゃ若鴻≪絎茖箴ゃ宴若吾篏睡筝茵罨<紊眼障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+    keystore.type=pkcs12
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.LP
+PKCS#11 ゃ宴若吾篏睡翫荅括完ゃJava PKCS#11 Reference Guide
+.na
+\f2KeyTool and JarSigner\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSigner膀с
+.LP
 .RE
+.RE
+.SS 
+泣若≪眼冴
 .LP
-注: キーストアタイプの指定では、大文字と小文字は区別されません。たとえば、「JKS」と「jks」は同じものとみなされます。
+.RS 3
+
 .LP
-各ツールでデフォルト以外のキーストアの実装を使用するには、上の行を変更して
-別のキーストアのタイプを指定します。
-たとえば、pkcs12 と呼ばれるタイプのキーストアの実装を提供している
-プロバイダパッケージを使用するには、上の行を次のように変更します。
 .LP
-.B keystore.type=pkcs12
+с\f3jarsigner\fP 罨<<≪眼冴篏帥c JAR <ゃ臀峨障
 .LP
-PKCS#11 プロバイダパッケージを使用する場合、その詳細については、「Java PKCS#11 Reference Guide」(
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#keytooljarsigner)
-にある
-「\f2KeyTool and JarSigner\fP」節を参照してください。
+.RS 3
+.TP 2
+o
+SHA\-1 ゃ吾с鴻≪眼冴篏帥c DSA (吾帥臀峨≪眼冴) 
+.TP 2
+o
+MD5 ゃ吾с鴻≪眼冴篏帥c RSA ≪眼冴 
+.RE
+
 .LP
+.LP
+隙臀峨泣泣 DSA 泣с翫\f3jarsigner\fP  SHA1withDSA ≪眼冴篏帥c JAR <ゃ臀峨篁障臀峨泣 RSA 泣с翫\f3jarsigner\fP  MD5withRSA ≪眼冴篏帥c JAR <ゃ臀峨篁障
+.LP
+.LP
+臀峨≪眼冴\f2\-sigalg\fP 激с潟篏帥c若若ゃс障
+.LP
+.RE
 .SS 
-サポートされるアルゴリズム
+臀峨篁 JAR <ゃ
 .LP
-.IX "jarsigner" "Supported Algorithms and Key Sizes" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-デフォルトでは、
-.B jarsigner
-は次のどちらかのアルゴリズムを使って JAR ファイルに署名します。
+.LP
+\f3jarsigner\fP 篏帥c JAR <ゃ臀峨篁翫阪臀峨篁 JAR <ゃュ JAR <ゃс罨< 2 ゃ菴遵<ゃ META\-INF c臀鴻違障
+.LP
+.RS 3
 .TP 2
-\(bu
-SHA-1 ダイジェストアルゴリズムを使った DSA (デジタル署名アルゴリズム)
+o
+.SF ≦宍絖篁臀峨<ゃ 
 .TP 2
-\(bu
-MD5 ダイジェストアルゴリズムを使った RSA アルゴリズム
+o
+.DSA ≦宍絖篁臀峨<ゃ 
+.RE
+
 .LP
-具体的には、署名者の公開鍵と非公開鍵が DSA 鍵である場合、
-.B jarsigner
-は「SHA1withDSA」アルゴリズムを使って JAR ファイルに署名を付けようとします。署名者の
-鍵が RSA 鍵である場合、
-.B jarsigner
-は「MD5withRSA」アルゴリズムを使って JAR ファイルに署名を付けます。
 .LP
-これらのデフォルトの署名アルゴリズムは、\f2\-sigalg\fP オプションを使ってオーバーライドできます。
+ 2 ゃ<ゃ若鴻<ゃ\f2\-sigFile\fP 激с潟ゃ篏障違罨<激с潟絎障
 .LP
+.nf
+\f3
+.fl
+  \-sigFile MKSIGN
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.LP
+翫<ゃ MKSIGN.SF  MKSIGN.DSA 障
+.LP
+.LP
+潟潟茵 \f2\-sigfile\fP 激с潟絎c翫.SF <ゃ .DSA <ゃ若鴻<ゃ潟潟茵ф絎ュ 8 絖鴻紊ф絖紊障ュ 8 絖羣翫ュ障鞘戎障ュ筝臀峨<ゃ篏睡с絖障翫荅峨絖筝膩 (_) 臀<ゃ篏障篏睡с絖≪<医筝膩 (_)ゃ潟с
+.LP
+\f3臀峨 (.SF) <ゃ\fP
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+臀峨<ゃ (.SF <ゃ) \f3jarsigner\fP х讐篁 JAR <ゃ絽吾障с鴻<ゃ篌若障ゃ障с鴻<ゃ罕.SF <ゃJAR <ゃ障純若鴻<ゃ罨< 3 ゃ茵障
+.LP
+.RS 3
+.TP 2
+o
+<ゃ 
+.TP 2
+o
+篏帥ゃ吾с鴻≪眼冴 (SHA)  
+.TP 2
+o
+SHA ゃ吾с鴻 
+.RE
+
+.LP
+.LP
+с鴻<ゃсSHA ゃ吾с鴻ゃ純若鴻<ゃゃ若帥ゃ吾с鴻 (激) с筝鴻.SF <ゃс純若鴻<ゃゃ吾с鴻ゃс鴻<ゃ筝荅峨純若鴻<ゃ絲上 3 茵激ャс
+.LP
+.LP
+臀峨<ゃсс鴻<ゃ篏激ャ障障緇菴違JAR <ゃ罎荐若ц若絖c罎荐若純c障
+.LP
+.RE
+\f3臀峨 (.DSA) <ゃ\fP
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+.SF <ゃ臀峨篁臀峨 .DSA <ゃ臀障.DSA <ゃ若鴻≪荐惹吾障荐惹吾с若潟膃垸綵≪у障障 荐惹吾障荐惹吾с若潟臀峨篏帥泣絲上泣茯荐若障
+.LP
+.RE
+.RE
 .SS 
-署名付き JAR ファイル
+臀峨帥ゃ鴻帥潟
 .LP
-.IX "jarsigner" "The Signed JAR File" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-.B jarsigner
-を使って JAR ファイルに署名を付けた場合、出力される署名付き JAR ファイルは
-入力 JAR ファイルと同じですが、次の 2 つの追加ファイルが
-.B META-INF
-ディレクトリに置かれる点が異なります。
-.TP 2
-\(bu
-.B .SF
-拡張子の付いた署名ファイル
-.TP 2
-\(bu
-.B .DSA
-拡張子の付いた署名ブロックファイル
 .LP
-これら 2 つのファイルのベースファイル名は、
-.I -sigFile 
-オプションの値から作成されます。たとえば、次のようにオプションを指定したとします。
-.LP
-.B -sigFile MKSIGN
-.LP
-この場合、ファイル名はそれぞれ 
-.B MKSIGN.SF
-と
-.BR MKSIGN.DSA
-になります。
-.LP
-コマンド行に 
-.I -sigfile 
-オプションの指定がない場合、
-.B .SF
-ファイルと 
-.B .DSA
-ファイルのベースファイル名は、コマンド行で指定された別名の先頭の 8 文字を
-すべて大文字に変換したものになります。別名が 8 文字未満の場合は、別名が
-そのまま使われます。別名の中に、署名ファイル名に使用できない文字が含まれ
-ている場合は、該当する文字を下線 (_) に置き換えてファイル名が作成されます。
-使用できる文字は、アルファベット、数字、下線 (_)、ハイフンです。
-.LP
-署名 (\f3.SF\f1) ファイル
-.LP
-署名ファイル (
-.B .SF
-ファイル) は、
-.B jar
-ツールで生成された JAR ファイルに常に含まれるマニフェストファイルと似ています。つまり、マニフェストファイル同様、
-.B .SF
-ファイルには、JAR ファイルに含まれているソースファイルごとに、次の 3 つの行があります。
-.TP 2
-\(bu
-ファイル名
-.TP 2
-\(bu
-使われているダイジェストアルゴリズム (SHA) の名前
-.TP 2
-\(bu
-SHA ダイジェストの値
-.LP
-マニフェストファイルでは、SHA ダイジェストの値は、ソースファイルのバイナリデータ
-のダイジェスト (ハッシュ) です。一方、
-.B .SF
-ファイルでは、ソースファイルのダイジェストの値は、マニフェストファイル中の該当する
-ソースファイルに対応する 3 行のハッシュです。
-.LP
-署名ファイルには、デフォルトでマニフェストファイル全体のハッシュも含まれています。
-後述の「JAR ファイルの検証」で説明するように、このヘッダの存在によって検証の
-最適化が可能になっています。
-.LP
-署名ブロック (\f3.DSA\f1) ファイル
-.LP
-.B .SF
-ファイルには署名が付けられ、署名は 
-.B .DSA 
-ファイルに置かれます。
-.B .DSA
-ファイルには、キーストアからの証明書または証明連鎖も符号化された形で含まれて
-います。証明書または証明連鎖は、署名に使われた非公開鍵に対応する公開鍵を
-認証します。
-.LP
-.SS 
-署名タイムスタンプ
-.LP
-.LP
-J2SE 5.0 リリースの 
-.I jarsigner
-ツールは、JAR ファイルの署名時に署名タイムスタンプを生成および格納できるようになりました。さらに、
-.I jarsigner
-は代替の署名機構もサポートします。この動作は省略可能で、署名時に次の各オプションによって制御されます。
+J2SE 5.0 若鴻 \f2jarsigner\fP 若JAR <ゃ臀峨臀峨帥ゃ鴻帥潟恰主с障\f2jarsigner\fP 篁f睡讐罘罕泣若障篏ュ純с臀峨罨<激с潟c九勝障
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
@@ -593,204 +995,143 @@
 
 .LP
 .LP
-これらの各オプションの詳細については、後述の「オプション」節を参照してください。
+激с潟荅括完ゃ緇菴違激с潟膀с
 .LP
+.RE
 .SS 
-JAR ファイルの検証
+JAR <ゃ罎荐
 .LP
-.IX "jarsigner" "JAR File Verification" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-JAR ファイルの検証が成功するのは、署名が有効であり、かつ署名の生成以後に 
-JAR ファイル内のどのファイルも変更されていない場合です。JAR ファイルの検証は、次の手順で行われます。
-.TP 5
-1. 
-.B .SF 
-ファイルそれ自体の署名を検証します。
-.RS
 .LP
-この手順では、各署名ブロック (
-.B .DSA
-) ファイルに格納されている署名が、実際に、公開鍵に対応する非公開鍵を使って
-生成されたものであることを確認します。
-.B .DSA
-ファイルには、公開鍵の証明書も含まれています。また、この手順
-では、目的の署名が、対応する署名 (
-.B .SF
-) ファイル内の有効な署名であるかどうかを調べ、
-.B .SF 
-ファイルが改変されていないことも確認します。
-.RE
-.TP 5
-2. 
-.B .SF
-ファイル内の各エントリのダイジェストをマニフェスト内の対応する各セクションと突き
-合わせて検証します。
-.RS 
-.LP
-.B .SF
-ファイルには、マニフェストファイル全体のハッシュが格納されたヘッダがデフォルトで
-含まれています。このヘッダが存在する場合は、ヘッダ内のハッシュが実際にマニフェ
-ストファイルのハッシュと一致するかどうかを検証することができます。ハッシュが一致す
-る場合は、次の手順に進みます。
-.LP
-ハッシュが一致しない場合は、効率的には劣る方法を使って検証を行います。具体的
-には、
-.B .SF
-ファイル内の各ソースファイル情報セクションのハッシュが、マニフェストファイル内の
-対応するセクションのハッシュと一致するかどうかを確認します (「署名 (\f3.SF\f1) 
-ファイル」を参照)。
-.LP
-.B .SF
-ファイルのヘッダに格納されたマニフェストファイルのハッシュと、実際のマニフェスト
-ファイルのハッシュとが一致しない場合は、署名 (および 
-.B .SF
-ファイル) の生成後に、ファイルに 1 つ以上のファイルが追加 (
-.I jar
-ツールを使用) された可能性があります。
-.I jar
-ツールを使ってファイルを追加した場合、マニフェストファイルは変更されますが 
-(新しいファイル用のセクションが追加される)、
-.B .SF
-ファイルは変更されません。この場合、
-.B .SF
-ファイルのヘッダ以外のセクションに格納されたハッシュが、マニフェストファイル内の
-対応するセクションのハッシュと一致するときは、署名の生成時に JAR ファイル内に
-存在していたファイルのうち、どのファイルも変更されていないことになり、検証は成功
-したものとして扱われます。
-.RE
-.TP 5
-3. 
-JAR ファイル内のファイルのうち、
-.B .SF
-ファイル内にエントリを持つ各ファイルを読み込みます。読み込み中にファイルの
-ダイジェストを計算し、結果をマニフェストセクション内の該当するファイルの
-ダイジェストと比較します。2 つのダイジェストは同じでなければならず、そうでない
-場合は検証が失敗します。
-.LP
-検証プロセスの途中でなんらかの重大な検証エラーが発生した場合、検証プロセス
-は中止され、セキュリティ例外がスローされます。スローされたセキュリティ例外は、
-.BR jarsigner
-がキャッチして表示します。
-.LP
-.SS 
-1 つの JAR ファイルを対象とする複数の署名
-.LP
-.IX "jarsigner" "Multiple Signatures for a JAR File" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
-.LP
-1 つの JAR ファイルに対して 
-.B jarsigner 
-ツールを複数回実行し、実行のたびに、異なるユーザの別名を指定すれば、JAR 
-ファイルに複数のユーザの署名を付けることができます。たとえば、次のようにします。
-.LP
-.ft 3
-.nf
-jarsigner myBundle.jar susan
-jarsigner myBundle.jar kevin
-.fi
-.ft 1
-.LP
-JAR ファイルが複数回署名されている場合、その JAR ファイルには
-.B .SF
-ファイルと
-.B .DSA
-ファイルの対が複数含まれることになります。
-.B .SF 
-ファイルと
-.B .DSA
-ファイルの対は、1 回の署名に対して 1 つ作成されます。したがって、上の例で出力
-される JAR ファイルには、次の名前を持つファイルが含まれます。
-.LP
-.ft 3
-.nf
-SUSAN.SF
-SUSAN.DSA
-KEVIN.SF
-KEVIN.DSA
-.fi
-.ft 1
-.LP
-注: JDK 1.1 の 
-.B javakey 
-ツールで生成した署名と、
-.B jarsigner 
-で生成した署名というように、
-1 つの JAR ファイルに署名を混在させることができます。
-つまり 
-.B javakey 
-ですでに以前署名した JAR ファイルに署名するために、
-.B jarsigner 
-を使用できます。
-.SH "オプション"
-.LP
-以下では、
-.B jarsigner 
-のオプションについて説明します。オプションを指定するときは、次の点に注意
-してください。
-.TP 2
-\(bu
-どのオプション名にも先頭にマイナス記号 (-) が付く
-.TP 2
-\(bu
-オプションは任意の順序で指定できる
-.TP 2
-\(bu
-イタリック体の項目の実際の値 (オプションの値) は、ユーザが指定する必要がある
-.TP 2
-\(bu
-.I -keystore、
-.I -storepass、
-.I -keypass、
-.I -sigfile、
-.I -sigalg、
-.I -digestalg、
-および 
-.I -signedjar 
-の各オプションを使用できるのは、JAR ファイルに署名を付ける場合だけである。
-これらのオプションは、JAR ファイルを検証する場合には使用できない。同様に、
-別名をコマンド行で指定するのは、JAR ファイルに署名を付ける場合だけである
+JAR <ゃ罎荐若臀峨鴻сょ讐篁ュ JAR <ゃ<ゃ紊眼翫сJAR <ゃ罎荐若罨<ц障
 .LP
 .RS 3
 .TP 3
-.B -keystore  url
-キーストアの場所を示す URL を指定します。デフォルトは、ユーザのホームディレクト
-リ内のファイル 
-.I .keystore 
-です。ユーザのホームディレクトリは、
-.I user.home 
-システムプロパティによって決まります。
+1.
+.SF <ゃ篏臀峨罎荐若障 
 .LP
-署名するときはキーストアが必要です。このため、デフォルトのキーストアが存在
-しない場合、あるいはデフォルト以外のほかのキーストアを使用する場合は、
-キーストアを明示的に指定する必要があります。
+с臀峨 (.DSA) <ゃ主臀峨絎泣絲上泣篏帥cс腆肴障 .DSA <ゃ泣荐惹 (障荐惹吾с若) 障障障с臀峨絲上臀峨 (.SF) <ゃ鴻臀峨с茯帥鴻.SF <ゃ劫腆肴障  
+.TP 3
+2.
+.SF <ゃ潟ゃ吾с鴻с鴻絲上祉激с潟腦罎荐若障 
 .LP
-検証するときはキーストアは必要ありません。ただし、キーストアが指定されているか、
-あるいはデフォルトのキーストアが存在していて、さらに 
-.I -verbose
-オプションも指定されている場合は、JAR ファイルの検証に使われる証明書が
-キーストアに存在するかどうかについての追加情報が出力されます。
+.SF <ゃс鴻<ゃ篏激ャ主若у障障若絖翫弱激ャ絎с鴻<ゃ激ャ筝眼罎荐若с障激ャ筝眼翫罨<蚊帥障 
 .LP
-注: 
-.I -keystore 
-の引数には、URL の代わりにファイル名 (とパス) を指定できます。ファイル名 
-(とパス) を指定した場合は、「file:」URL として扱われます。たとえば、次のように
-指定できます。
+激ャ筝眼翫合c号篏帥c罎荐若茵障 隙.SF <ゃ純若鴻<ゃ宴祉激с潟激ャс鴻<ゃ絲上祉激с潟激ャ筝眼腆肴障 (臀峨 (.SF) <ゃ) 
 .LP
-.B -keystore filePathAndName
+.SF <ゃ若主с鴻<ゃ激ャ絎с鴻<ゃ激ャ筝眼翫臀峨 ( .SF <ゃ) 緇JAR <ゃ 1 や札筝<ゃ菴遵 (\f2jar\fP 若篏睡) 醇с障\f2jar\fP 若篏帥c<ゃ菴遵翫с鴻<ゃ紊眼障 (違<ゃ祉激с潟菴遵).SF <ゃ紊眼障翫.SF <ゃ寂札紊祉激с潟主激ャс鴻<ゃ絲上祉激с潟激ャ筝眼臀峨 JAR <ゃ絖<ゃ<<ゃ紊眼罎荐若宴障  
+.TP 3
+3.
+JAR <ゃ<ゃ<.SF <ゃ潟ゅ<ゃ茯粋昭帥障茯粋昭推賢<ゃゃ吾с鴻荐膊腟с鴻祉激с喝荅峨<ゃゃ吾с鴻罸莠障2 ゃゃ吾с鴻с違с翫罎荐若紊掩障 
+.RE
+
 .LP
-これは、次の指定と同じものとして扱われます。
 .LP
-.B -keystore file:filePathAndName
+罎荐若祉鴻筝с紊с罎荐若若榊翫罎荐若祉鴻筝罩≪祉ャc寂紊鴻若障鴻若祉ャc寂紊\f3jarsigner\fP c茵腓冴障
 .LP
+.RE
+.SS 
+1 ゃ JAR <ゃ絲乗院茲違臀峨
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.LP
+1 ゃ JAR <ゃ絲障 \f3jarsigner\fP 若茲医絎茵絎茵潟違若吟若ュ絎違JAR <ゃ茲違若吟若臀峨篁с障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+  jarsigner myBundle.jar susan
+.fl
+  jarsigner myBundle.jar kevin
+.fl
 \fP
 .fi
-JRE の \f2$JAVA_HOME/lib/security\fP ディレクトリに格納された \f2java.security\fP セキュリティプロパティファイル内で Sun PKCS#11 プロバイダが設定されている場合、keytool と jarsigner は PKCS#11 トークンに基づいて動作できます。次のオプションを指定します。 
+
+.LP
+.LP
+JAR <ゃ茲医臀峨翫 JAR <ゃ .SF <ゃ .DSA <ゃ絲障茲医障障 .SF <ゃ .DSA <ゃ絲障1 臀峨絲障 1 や障c筝箴у阪 JAR <ゃ罨<ゃ<ゃ障障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+  SUSAN.SF
+.fl
+  SUSAN.DSA
+.fl
+  KEVIN.SF
+.fl
+  KEVIN.DSA
+.fl
+\fP
+.fi
+
+.LP
+.LP
+羈:JAR <ゃсJDK 1.1  \f3javakey\fP 若х臀峨 \f3jarsigner\fP х臀峨羞桁с障ゃ障с \f3javakey\fP 篏帥c臀峨篁 JAR <ゃ\f3jarsigner\fP 篏帥c臀峨篁с障
+.LP
+.RE
+.SH "激с"
+.LP
+
+.LP
+.LP
+篁ヤс\f3jarsigner\fP 激с潟ゃ茯障羈:
+.LP
 .RS 3
 .TP 2
-o \f2\-keystore NONE\fP 
+o
+激с喝ゃ壕 (\-) 篁 
 .TP 2
-o \f2\-storetype PKCS11\fP 
+o
+激с潟篁紙綺ф絎с 
+.TP 2
+o
+ゃ帥篏絎 (激с潟) 若吟若絎綽荀 
+.TP 2
+o
+\f2\-keystore\fP\f2\-storepass\fP\f2\-keypass\fP\f2\-sigfile\fP\f2\-sigalg\fP\f2\-digestalg\fP  \f2\-signedjar\fP 激с潟篏睡сJAR <ゃ臀峨篁翫с 激с潟JAR <ゃ罎荐若翫篏睡с罕ュ潟潟茵ф絎JAR <ゃ臀峨篁翫с 
 .RE
-たとえば、次のコマンドは、設定された PKCS#11 トークンの内容を一覧表示します。 
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-keystore url 
+若鴻≪贋腓冴 URL 絎障若吟若若c<ゃ \f2.keystore\fP с 若吟若若cuser.home 激鴻c若c羆冴障障 
+.LP
+臀峨若鴻≪綽荀с 若鴻≪絖翫篁ュ祉若鴻≪篏睡翫若鴻≪腓榊絎綽荀障 
+.LP
+罎荐若若鴻≪綽荀障 若鴻≪絎若鴻≪絖 \f2\-verbose\fP 激с潟絎翫JAR <ゃ罎荐若篏帥荐惹吾若鴻≪絖ゃ菴遵宴阪障 
+.LP
+羈:\f2\-keystore\fP 綣違URL 篁c<ゃ () 絎с障 <ゃ () 絎翫file:URL 宴障違罨<絎с障 
+.nf
+\f3
+.fl
+  \-keystore \fP\f4filePathAndName\fP\f3
+.fl
+\fP
+.fi
+罨<絎宴障 
+.nf
+\f3
+.fl
+  \-keystore file:\fP\f4filePathAndName\fP\f3
+.fl
+\fP
+.fi
+JRE  \f2$JAVA_HOME/lib/security\fP c主 \f2java.security\fP 祉ャc若c若<ゃ Sun PKCS#11 ゃ荐絎翫keytool  jarsigner  PKCS#11 若潟冴ャ篏с障 罨<激с潟絎障 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+\f2\-keystore NONE\fP 
+.TP 2
+o
+\f2\-storetype PKCS11\fP 
+.RE
+違罨<潟潟荐絎 PKCS#11 若潟絎鴻筝荀ц;腓冴障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -805,228 +1146,119 @@
 .fi
 .RE
 .TP 3
-.B -storetype  storetype
-インスタンスを生成するキーストアのタイプを指定します。デフォルトのキーストアの
-タイプは、セキュリティプロパティファイルで keystore.type プロパティの値として
-指定されたタイプで、
-.I java.security.KeyStore
-の static 
-.I getDefaultType 
-メソッドによって返されます。
+\-storetype storetype 
+ゃ潟鴻帥潟鴻若鴻≪帥ゃ絎障若鴻≪帥ゃ祉ャc若c若<ゃ keystore.type c若ゃф絎帥ゃс ゃ\f2java.security.KeyStore\fP  static \f2getDefaultType\fP <純у緇с障 
 .LP
-\f2\-storepass\fP オプションを使って PCKS#11 トークンの PIN を指定することも
-できます。何も指定しなかった場合、keytool と jarsigner はユーザにトークン PIN の
-入力を求めます。トークンの認証パスが、専用の PIN パッドやバイオメトリックリーダの
-ような保護されたパスである場合、\f2\-protected\fP オプションを指定する必要があります。
-この場合、パスワードオプションは指定できません。  
-.TP
-.B -storepass  password
-キーストアにアクセスするのに必要なパスワードを指定します。このオプションが必要
-なのは、JAR ファイルに署名を付けるときだけです (JAR ファイルを検証するときは
-不要)。署名を付けるときに、コマンド行で 
-.I -storepass
-オプションを指定しなかった場合は、パスワードの入力を求められます。
-.RS 
+\f2\-storepass\fP 激с潟篏帥c PCKS#11 若潟 PIN 絎с障篏絎c翫keytool  jarsigner 若吟若若 PIN  ュ羆障若潟篆茘激茯荐若 (絨 PIN 篏茯水罘) 翫\f2\-protected\fP 激с潟絎綽荀障鴻若激с潟絎綽荀障  
+.TP 3
+\-storepass password 
+若鴻≪≪祉鴻綽荀鴻若絎障激с潟綽荀JAR <ゃ臀峨篁с (JAR <ゃ罎荐若筝荀)臀峨篁潟潟茵 \f2\-storepass\fP 激с潟絎c翫鴻若ュ羆障 
 .LP
-注: テストを目的とする場合、または安全が保障されたシステムで実行する場合
-以外は、コマンド行やスクリプトでパスワードを指定しないでください。また、
-password プロンプトでパスワードを入力すると、入力したパスワードがエコーされ、
-そのまま画面に表示されます。このため、周囲にほかのユーザがいる場合は、
-パスワードを見られないように注意してください。
-.RE
-.TP
-.B -keypass  password
-コマンド行で指定された別名に対応するキーストアエントリの非公開鍵を保護するの
-に使うパスワードを指定します。
-.B jarsigner
-を使って JAR ファイルに署名を付けるときは、パスワードが必要です。コマンド行で
-パスワードが指定されておらず、必要なパスワードがストアのパスワードと異なる
-場合は、パスワードの入力を求められます。
-.RS 
+羈:鴻翫障祉ャc寂茘激激鴻篏睡翫篁ュ潟潟茵鴻с鴻若絎с障password 潟с鴻若ュュ鴻若潟若障丞脂≪茵腓冴障 蚊祉若吟若翫鴻若荀羈  
+.TP 3
+\-keypass password 
+潟潟茵ф絎ュ絲上若鴻≪潟泣篆茘激篏帥鴻若絎障\f3jarsigner\fP 篏帥c JAR <ゃ臀峨篁鴻若綽荀с潟潟茵с鴻若絎綽荀鴻若鴻≪鴻若違翫鴻若ュ羆障 
 .LP
-注: テストを目的とする場合、または安全であることがわかっているシステムで
-実行する場合以外は、コマンド行やスクリプトでパスワードを指定しないでください。
-また、password プロンプトでパスワードを入力すると、入力したパスワードがエコー
-され、そのまま画面に表示されます。このため、周囲にほかのユーザがいる場合は、
-パスワードを見られないように注意してください。
-.RE
-.TP
-.B -sigfile  file
-SF ファイルと .DSA ファイルの生成に使うベースファイル名を指定します。
-たとえば、file に DUKESIGN を指定すると、生成される .SF ファイルと 
-.DSA ファイルの名前は、それぞれ DUKESIGN.SF と DUKESIGN.DSA になります。
-これらのファイルは、署名付き JAR ファイルの META-INF ディレクトリに置かれます。
-.RS 
+羈:鴻翫障祉ャc寂茘激激鴻篏睡翫篁ュ潟潟茵鴻с鴻若絎с障password 潟с鴻若ュュ鴻若潟若障丞脂≪茵腓冴障 蚊祉若吟若翫鴻若荀羈  
+.TP 3
+\-sigfile file 
+.SF <ゃ .DSA <ゃ篏帥若鴻<ゃ絎障違\f2file\fP  DUKESIGN 絎 .SF <ゃ .DSA <ゃ DUKESIGN.SF  DUKESIGN.DSA 障 <ゃ臀峨篁 JAR <ゃ META\-INF c臀障 
 .LP
-.I file
-に使用できる文字は「a-zA-Z0-9_-」です。つまり、文字、数字、下線、
-およびハイフンだけを使用できます。注: 
-.B .SF
-および 
-.B .DSA
-のファイル名では、小文字はすべて大文字に変換されます。
+\f2file\fP 篏睡с絖a\-zA\-Z0\-9_\-сゃ障絖医筝膩潟ゃ潟篏睡с障羈:.SF  .DSA <ゃс絨絖鴻紊ф絖紊障 
 .LP
-コマンド行で 
-.I -sigfile 
-オプションを指定しなかった場合、
-.B .SF 
-ファイルと 
-.B .DSA
-ファイルのベースファイル名は、コマンド行で指定された別名の先頭の 8 文字を
-すべて大文字に変換したものになります。別名が 8 文字未満の場合は、別名が
-そのまま使われます。別名の中に、署名ファイル名に使用できない文字が含まれている
-場合は、該当する文字を下線 (_) に置き換えてファイル名が作成されます。
+潟潟茵 \f2\-sigfile\fP 激с潟絎c翫.SF <ゃ .DSA <ゃ若鴻<ゃ潟潟茵ф絎ュ 8 絖鴻紊ф絖紊障ュ 8 絖羣翫ュ障鞘戎障ュ筝臀峨<ゃ篏睡с絖障翫荅峨絖筝膩 (_) 臀<ゃ篏障  
 .TP 3
-\-sigalg  algorithm 
+\-sigalg algorithm 
 .RS 3
 
 .LP
-JAR ファイルの署名に使用する署名アルゴリズムの名前を指定します。 
+JAR <ゃ臀峨篏睡臀峨≪眼冴絎障 
 .LP
-標準署名アルゴリズム名の一覧については、「Java Cryptography Architecture」( 
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#appa)
-にある
-「
-.I Appendix A
-」を参照してください。このアルゴリズムは、JAR ファイルの署名に使用する秘密鍵と互換性のあるものでなければなりません。このオプションを指定しなかった場合、秘密鍵のタイプに応じて SHA1withDSA、MD5withRSA のいずれかが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、あるいはユーザがそのようなプロバイダを 
-.I \-providerClass
-オプションを使って指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。
+罔羣臀峨≪眼冴筝荀сゃJava Cryptography Architecture 
+.na
+\f2Appendix A \fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAс≪眼冴JAR <ゃ臀峨篏睡腱絲泣篋сс違障激с潟絎c翫腱絲泣帥ゃ綽 SHA1withDSAMD5withRSA 篏睡障絎≪眼冴絎茖箴ゃゃ潟鴻若若吟若ゃ \f2\-providerClass\fP 激с潟篏帥c絎綽荀障 с翫潟潟絎茵紊掩障
 .LP
 .RE
 .TP 3
-\-digestalg  algorithm 
+\-digestalg algorithm 
 .RS 3
-JAR ファイルのエントリをダイジェストする際に使用するメッセージダイジェストアルゴリズムの名前を指定します。 
+JAR <ゃ潟ゃ吾с鴻篏睡<祉若吾ゃ吾с鴻≪眼冴絎障 
 .LP
-標準メッセージダイジェストアルゴリズム名の一覧については、「Java Cryptography Architecture」(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#appa)の
-「
-.I Appendix A
-」を参照してください。このオプションを指定しなかった場合、SHA\-1 が使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、あるいはユーザがそのようなプロバイダを 
-.I \-providerClass
-オプションを使って指定する必要があります。そうでない場合、コマンドの実行が失敗します。
+罔羣<祉若吾ゃ吾с鴻≪眼冴筝荀сゃJava Cryptography Architecture 
+.na
+\f2Appendix A \fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec.html#AppAс激с潟絎c翫SHA\-1 篏睡障絎≪眼冴絎茖箴ゃゃ潟鴻若若吟若ゃ \f2\-providerClass\fP 激с潟篏帥c絎綽荀障 с翫潟潟絎茵紊掩障
+.LP
 .RE
-.TP
-.B -signedjar  file
-署名付き JAR ファイルの名前を指定します。
-.RS 
+.TP 3
+\-signedjar file 
+臀峨篁 JAR <ゃ絎障 
 .LP
-コマンド行で名前を指定しなかった場合は、入力 JAR ファイル (署名の対象となる
-JAR ファイル) の名前と同じ名前が使われます。この場合、入力 JAR ファイルは署名
-付き JAR ファイルによって上書きされます。
+潟潟茵у絎c翫ュ JAR <ゃ (臀峨絲乗院 JAR <ゃ) 篏帥障 翫ュ JAR <ゃ臀峨篁 JAR <ゃc筝吾障  
+.TP 3
+\-verify 
+潟潟茵с激с潟絎翫絎 JAR <ゃ罎荐若障JAR <ゃ吾臀峨茵障 罎荐若jar 罎荐若障 <祉若吾茵腓冴障臀峨 JAR <ゃ障泣若≪眼冴 (RSA ゃゃ潟鴻若腟篋翫 RSA ) 篏帥c臀峨 JAR <ゃ罎荐若jar 臀峨障(臀峨荀ゃ罕茹fс障)<祉若吾茵腓冴障 
+.LP
+臀峨篁 JAR <ゃ\f3jarsigner\fP 障 JDK 1.1  \f3javakey\fP 若筝≧鴻篏帥c罎荐若с障 
+.LP
+罎荐若ゃ荅括完JAR <ゃ罎荐若с  
+.TP 3
+\-certs 
+潟潟茵с\f2\-verify\fP  \f2\-verbose\fP 激с潟激с潟絎翫JAR <ゃ臀峨荐惹御宴阪障荐惹御宴罨<障障 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+臀峨泣荐惹 (.DSA <ゃ主) 荐惹吾腮蕁 
+.TP 2
+o
+荐惹吾 X.509 荐惹 (ゃ障\f2java.security.cert.X509Certificate\fP ゃ潟鴻帥潟) с翫臀峨茘ュ 
 .RE
-.TP
-.B -verify
-コマンド行でこのオプションが指定されている場合は、指定された JAR ファイルが
-検証されます。JAR ファイルへの署名は行われません。検証が成功すると、
-「jar verified」というメッセージが表示されます。署名されていない JAR ファイル、
-またはサポートされていないアルゴリズム (RSA プロバイダがインストールされていない
-場合の RSA など) を使って署名された JAR ファイルを検証しようとすると、
-「jar is unsigned. (signatures missing or not parsable)」というメッセージが表示されます。
-.RS 
 .LP
-署名付き JAR ファイルは、
-.B jarsigner 
-または JDK 1.1 の 
-.B javakey 
-ツール、あるいはその両方を使って検証できます。
+若鴻≪腆肴茵障潟潟茵с若鴻≪ゃ絎翫若鴻≪<ゃ違罎祉障臀峨泣荐惹吾若鴻√潟筝眼翫罨<宴茵腓冴障 
+.RS 3
+.TP 2
+o
+臀峨荅峨若鴻≪潟ュ ュ綣су蚊障障若鴻≪с JDK 1.1 ≪ゃ潟cc若若帥若鴻掩ャ臀峨翫綣сс鎀ф綣су蚊障障 
+.RE
+.TP 3
+\-verbose 
+潟潟茵с激с潟絎翫\f3jarsigner\fP 激≪若у篏JAR 臀峨障罎荐若画倶≪菴遵宴阪障 
+.TP 3
+\-internalsf 
+篁ュJAR <ゃ臀峨 .DSA (臀峨) <ゃ筝 .SF <ゃ (臀峨<ゃ) 絎潟若膃垸綵≪у障障篏紊眼障篏紊眼憜с阪 JAR <ゃ篏泣ゃ冴絨с .SF <ゃ .DSA <ゃ障c障潟潟茵 \f2\-internalsf\fP 激с潟絎篁ュ篏障\f3激с潟鴻茵翫箴水с篁ュ篏睡с 激с潟篏睡茵障\fP 
+.TP 3
+\-sectionsonly 
+潟潟茵с激с潟絎翫JAR <ゃ臀峨 .SF <ゃ (臀峨<ゃ) с鴻<ゃ篏激ャ若菴遵障翫.SF <ゃ障JAR <ゃ純若鴻<ゃ≪宴潟激ャс 荅括完臀峨 (.SF) <ゃс 
 .LP
-検証についての詳細は、「JAR ファイルの検証」を参照してください。
+с茵с鴻<ゃ篏激ャ若菴遵障若絖翫JAR <ゃ罎荐惹障弱激ャс鴻<ゃ篏激ャ絎筝眼腆肴障激ャ筝眼翫罎荐若罨<蚊帥障激ャ筝眼翫合c号篏帥c罎荐若茵障 隙.SF <ゃ純若鴻<ゃ宴祉激с潟激ャс鴻<ゃ絲上祉激с潟激ャ筝眼腆肴障 
+.LP
+荅括完JAR <ゃ罎荐若с 
+.LP
+\f3激с潟鴻茵翫箴水с篁ュ篏睡с 激с潟篏睡茵障\fP   
+.TP 3
+\-protected 
+\f2true\fP 障 \f2false\fP 絨 PIN 若若篆茘激茯荐若鴻篁鴻若絎綽荀翫ゃ \f2true\fP 絎 
 .RE
-.TP
-.B -certs
-コマンド行で、
-.I -verify
-および
-.I -verbose 
-オプションとともにこのオプションが指定されている場合は、JAR ファイルの各署名者
-の証明書情報も出力されます。証明書情報には次のものが含まれます。
-.RS
-.TP 2
-\(bu
-署名者の公開鍵を証明する (
-.B .DSA
-ファイルに格納された) 証明書の種類の名前
-.TP 2
-\(bu
-証明書が X.509 証明書 (具体的には 
-.I java.security.cert.X509Certificate 
-のインスタンス) である場合は、署名者の識別名
+.RS 3
+.TP 3
+\-provider provider\-class\-name 
+泣若鴻ゃ祉ャc若c若<ゃ (\f2java.security\fP) 鴻ャc垸泣若鴻ゃ鴻帥若鴻<ゃ絎障 
 .LP
-キーストアの確認も行われます。コマンド行でキーストアの値が指定されていない
-場合、デフォルトのキーストアファイルがあれば、それが確認されます。署名者の
-公開鍵の証明書がキーストア内のエントリと一致した場合は、次の情報も表示
-されます。
-.TP 2
-\(bu
-署名者に該当するキーストアエントリの別名。この別名は括弧で囲まれます。
-ただし、キーストアではなく JDK 1.1 のアイデンティティデータベースに由来する
-署名者の場合は、括弧ではなく角括弧で囲まれます。
-.RE
-.TP
-.B -verbose
-コマンド行でこのオプションが指定されている場合、
-.B jarsigner
-は「冗長」モードで動作し、JAR の署名または検証の進行状況に関する追加情報を出
-力します。
-.TP
-.B -internalsf
-以前は、JAR ファイルの署名時に生成された 
-.B .DSA
-(署名ブロック) ファイルの中に、生成された 
-.B .SF
-ファイル (署名ファイル) の完全なコピーが符号化された形で含まれていました。この
-動作は変更になり、現在では、出力 JAR ファイル全体のサイズを小さくするために、
-デフォルトでは
-.B .SF 
-ファイルが 
-.B .DSA
-ファイルに含まれないようになっています。ただし、コマンド行で 
-.B -internalsf
-オプションを指定すると、以前と同じように動作します。このオプションは、テストを行う
-場合には便利ですが、それ以外には使用しないでください。このオプションを使用する
-と、有益な最適化が行われなくなります。
-.TP
-.B -sectionsonly
-コマンド行でこのオプションが指定されている場合、JAR ファイルの署名時に生成される 
-.B .SF
-ファイル (署名ファイル) には、マニフェストファイル全体のハッシュを含むヘッダは追加されません。この場合、.SF ファイルに含まれるのは、JAR ファイル内の各ソースファイルに関する情報およびハッシュだけです。詳細は、「署名 (\f3.SF\f1) ファイル」を参照してください。
-.RS 
-.LP
-デフォルトでは、最適化を行うために、マニフェストファイル全体のハッシュを含むヘッダ
-が追加されます。ヘッダが存在する場合は、JAR ファイルの検証時に、まずヘッダ内
-のハッシュが、マニフェストファイル全体のハッシュと実際に一致するかどうかが確認
-されます。ハッシュが一致する場合、検証は次の手順に進みます。ハッシュが一致
-しない場合は、効率的には劣る方法を使って検証を行います。具体的には、
-.B .SF 
-ファイル内の各ソースファイル情報セクションのハッシュが、マニフェストファイル内の
-対応するセクションのハッシュと一致するかどうかを確認します。
-.LP
-詳細は、「JAR ファイルの検証」を参照してください。
-.LP
-このオプションは、テストを行う場合には便利ですが、それ以外には使用しないで
-ください。このオプションを使用すると、有益な最適化が行われなくなります。
-.TP
-.B -protected
-\f2true\fP、\f2false\fP のいずれか。専用 PIN リーダなどの保護された認証パスを介してパスワードを指定する必要がある場合には、この値に \f2true\fP を指定してください。
-.RE
-.TP
-.B \-provider  provider_class_name
-サービスプロバイダがセキュリティプロパティファイル (\f2java.security\fP) のリストに
-入っていないときに、暗号化サービスプロバイダのマスタークラスファイルの
-名前を指定します。
-.LP
-\f2\-providerArg\fP \f2ConfigFilePath\fP オプションと組み合わせて使用します。keytool と jarsigner はプロバイダを動的にインストールします (ここで、\f2ConfigFilePath\fP はトークン設定ファイルへのパスです)。セキュリティプロパティファイル内で Sun PKCS#11 プロバイダが設定されていない場合に PKCS#11 キーストアを一覧表示するコマンドの例を次に示します。 
+\f2\-providerArg\fP \f2ConfigFilePath\fP 激с潟腟水篏睡障 keytool  jarsigner ゃゃ潟鴻若障 (с\f2ConfigFilePath\fP 若活┃絎<ゃ吾鴻с)祉ャc若c若<ゃ Sun PKCS#11 ゃ荐絎翫 PKCS#11 若鴻≪筝荀ц;腓冴潟潟箴罨<腓冴障 
 .RS 3
 
 .LP
 .nf
 \f3
 .fl
-jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \\
+jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \\ 
 .fl
-          \-providerClass sun.security.pkcs11.SunPKCS11 \\
+          \-providerClass sun.security.pkcs11.SunPKCS11 \\ 
 .fl
-          \-providerArg /foo/bar/token.config \\
+          \-providerArg /foo/bar/token.config \\ 
 .fl
           \-list
 .fl
@@ -1034,81 +1266,62 @@
 .fi
 .RE
 .TP 3
-.B \-providerName providerName 
-\f2java.security\fP セキュリティプロパティファイル内で 2 つ以上のプロバイダが設定されている場合、\f2\-providerName\fP オプションを使って特定のプロバイダインスタンスを選択できます。このオプションの引数は、プロバイダの名前になります。 
+\-providerName providerName 
+\f2java.security\fP 祉ャc若c若<ゃ 2 や札筝ゃ荐絎翫\f2\-providerName\fP 激с潟篏帥c劫ゃゃ潟鴻帥潟鴻御с障激с潟綣違ゃс 
 .LP
-Sun PKCS#11 プロバイダの場合、\f2providerName\fP は \f2SunPKCS11\-\fP\f2TokenName\fP の形式になります。ここで、\f2TokenName\fP は、プロバイダインスタンスの設定時に使用した名前のサフィックスです。詳細については、
+Sun PKCS#11 ゃ翫\f2providerName\fP  \f2SunPKCS11\-\fP\f2TokenName\fP 綵√障 с\f2TokenName\fPゃゃ潟鴻帥潟鴻罕・絨乗с 荅括完
+.na
+\f2罕絮с茵\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#KeyToolJarSigner#ATTRS
-の
-.na
-「\f2configuration attributes table\fP」を参照してください。たとえば、次のコマンドは、名前サフィックス \f2SmartCard\fP を持つ PKCS#11 キーストアプロバイダインスタンスの内容を一覧表示します。 
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/p11guide.html#ATTRSс違篁ヤ潟潟с・絨乗 \f2SmartCard\fP  PKCS#11 若鴻≪ゃゃ潟鴻帥潟鴻絎鴻鴻障 
 .RS 3
 
 .LP
 .nf
 \f3
 .fl
-jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \\
+jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \\ 
 .fl
-        \-providerName SunPKCS11\-SmartCard \\
+        \-providerName SunPKCS11\-SmartCard \\ 
 .fl
         \-list
 .fl
 \fP
 .fi
 .RE
-.TP
-.B \-Jjavaoption
-指定した 
-.I javaoption 
-文字列を直接実行時システムに渡します。
-\f3jarsigner\f1 は、実際には Java インタプリタに対する「ラッパー」です。このオプションには、空白を含めることはできません。このオプションは、実行環境またはメモリ使用を調整する場合に便利です。指定できるフラグを一覧表示するには、コマンド行で 
-.I java -h
-または 
-.I java -X 
-と入力してください。
+.TP 3
+\-Jjavaoption 
+絎 \f2javaoption\fP 絖 Java ゃ潟帥帥贋・羝<障(\f3jarsigner\fP 絎 Java ゃ潟帥帥絲障若с激с潟腥榊純с障激с潟絎茵医障<≪寂戎茯炊眼翫箴水с絎сゃ潟帥帥激с潟筝荀ц;腓冴潟潟茵 \f2java \-h\fP 障 \f2java \-X\fP ュ 
 .LP
 .TP 3
 \-tsa url 
-JAR ファイル署名時にコマンド行に\f2「-tsa http://example.tsa.url」\fPと入力した場合、署名のタイムスタンプが生成されます。\f2http://example.tsa.url\fP という URL が、TSA (Time Stamping Authority) の場所を特定します。これは、\f2\-tsacert\fP オプション経由で見つかったどの URL よりも優先されます。\f2\-tsa\fP オプションを使用する場合、TSA の公開鍵証明書がキーストア内に存在している必要はありません。 
+JAR <ゃ臀峨潟潟茵\f2\-tsa http://example.tsa.url\fP茵腓冴翫臀峨帥ゃ鴻帥潟障URL \f2http://example.tsa.url\fP TSA (Time Stamping Authority) 贋劫障\f2\-tsacert\fP 激с潟ф冴 URL 若若ゃ障\f2\-tsa\fP 激с潟сTSA 笈┝吾若鴻≪臀綽荀障 
 .LP
-タイムスタンプを生成するために、\f2jarsigner\fP は、
+帥ゃ鴻帥潟\f2jarsigner\fP  
+.na
+\f2RFC 3161\fP @
 .fi
-http://www.ietf.org/rfc/rfc3161.txt
-の
-.na
-「\f2RFC 3161\fP」で規定された TSP (Time\-Stamp Protocol) を使って TSA と通信します。成功すると、TSA から返されたタイムスタンプトークンが、署名とともに署名ブロックファイル内に格納されます。 
+http://www.ietf.org/rfc/rfc3161.txt у臂 TSP (Time\-Stamp Protocol) 篏睡 TSA 篆<障TSA 菴帥ゃ鴻帥潟若潟臀峨<ゃ臀峨篆絖障 
 .LP
 .TP 3
 \-tsacert alias 
-JAR ファイル署名時にコマンド行に\f2「-tsacert alias」\fPと表示された場合、署名のタイムスタンプが生成されます。\f2alias\fP は、キーストア内で現在有効になっている TSA の公開鍵証明書を特定します。そのエントリの証明書内で、TSA の場所を特定する URL を含む Subject Information Access 拡張が検索されます。 
+JAR <ゃ臀峨潟潟茵\f2\-tsacert alias\fP茵腓冴翫臀峨帥ゃ鴻帥潟障\f2alias\fP 若鴻√憜鴻 TSA 笈┝吾劫障潟荐惹吾сTSA 贋劫 URL  Subject Information Access ≦宍罘純腆肴障 
 .LP
-\f2\-tsacert\fP を使用する場合、TSA の公開鍵証明書がキーストア内に存在している必要があります。 
+TSA 笈┝吾\f2\-tsacert\fP 篏帥c翫若鴻≪臀綽荀障 
 .LP
 .TP 3
 \-altsigner class 
-使用する代替署名機構を指定します。この完全修飾クラス名は、
-.I com.sun.jarsigner.ContentSigner
-抽象クラスを拡張するクラスファイルを特定します。このクラスファイルへのパスは、
-.I \-altsignerpath
-オプションを使って定義します。
-.I \-altsigner
-オプションが指定された場合、
-.I jarsigner
-はその指定されたクラスが提供する署名機構を使用します。それ以外の場合、
-.I jarsigner
-はデフォルトの署名機構を使用します。 
+篁f睡讐罘罕篏睡絎障絎篆蕋障劫\f2com.sun.jarsigner.ContentSigner\fP  abstract 鴻≦宍鴻<ゃ劫障鴻<ゃ吾鴻\f2\-altsignerpath\fP 激с潟c絎臂障\f2\-altsigner\fP 激с潟篏睡翫\f2jarsigner\fP 絎鴻箴臀峨罘罕篏睡障障\f2jarsigner\fP 臀峨罘罕篏睡障 
 .LP
-たとえば、\f2com.sun.sun.jarsigner.AuthSigner\fP という名前のクラスが提供する署名機構を使用するには、\f2jarsigner\fP オプション\f2「-altsigner com.sun.jarsigner.AuthSigner」\fPを使用します。
+違\f2com.sun.sun.jarsigner.AuthSigner\fP 鴻箴臀峨罘罕篏睡\f2jarsigner\fP 激с潟\f2\-altsigner com.sun.jarsigner.AuthSigner\fP篏睡障 
 .LP
 .TP 3
 \-altsignerpath classpathlist 
-クラスファイル (このクラスファイル名は前述の \f2\-altsigner\fP オプションを使って指定) へのパスと、そのクラスが依存するすべての JAR ファイルへのパスを指定します。そのクラスファイルが JAR ファイル内に存在している場合には、次の例で示すように、その JAR ファイルへのパスを指定します。 
+鴻<ゃ (鴻<ゃ筝荐 \f2\-altsigner\fP 激с潟ф絎) 潟箴絖 JAR <ゃ吾鴻絎障鴻<ゃ JAR <ゃ翫篁ヤ箴 JAR <ゃ吾鴻絎障 
 .LP
-絶対パス、現在のディレクトリに対する相対パスのいずれかを指定できます。複数のパスまたは JAR ファイルを \f2classpathlist\fP に含める場合には、Solaris 上ではコロン (\f2:\fP)、Windows 上ではセミコロン (\f2;\fP) をそれぞれ使ってエントリを区切ってください。このクラスがすでに検索パスに含まれている場合、このオプションを指定する必要はありません。 
+腟九障鴻障憜c後障鴻絎с障\f2classpathlist\fP 茲違鴻障 JAR <ゃс障 翫鴻障 JAR <ゃSolaris 翫潟 (\f2:\fP)Windows 翫祉潟 (\f2;\fP) у阪障鴻с罎膣≪劫翫激с潟筝荀с 
 .LP
-クラスファイルを含む JAR ファイルへのパスを指定する例: 
+鴻<ゃJAR <ゃ吾鴻絎箴腓冴障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -1117,239 +1330,289 @@
 .LP
 .RE
 .LP
-JAR ファイル名が含まれている点に注意してください。 
+JAR <ゃ障羈 
 .LP
-クラスファイルを含む JAR ファイルへのパスを指定する例: 
+鴻<ゃ JAR <ゃ吾鴻絎箴腓冴障 
 .RS 3
 .LP
 \f2\-altsignerpath /home/user/classes/com/sun/tools/jarsigner/\fP
 .LP
 .RE
 .LP
-JAR ファイル名が含まれていない点に注意してください。  
+JAR <ゃ障  
 .RE
+.SH "箴"
 .LP
-.SH "例"
+
 .LP
 .SS 
-JAR ファイルの署名
+JAR <ゃ臀峨
 .LP
-.IX "jarsigner" "Signing a JAR File" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-.B bundle.jar 
-という名前の JAR ファイルがあり、このファイルに、キーストアの別名が jane であるユーザの非公開鍵を使って、署名を付けるとします。キーストアは、mystore という名前で working ディレクトリにあり、キーストアのパスワードは mypass、
-.I jane 
-の非公開鍵のパスワードは j638klm とします。この場合、次のコマンドを実行すると、JAR ファイルに署名を付けて sbundle.jar という署名付き JAR ファイルを作成できます。
 .LP
-.ft 3
+bundle.jar  JAR <ゃ障 <ゃ若鴻≪ュ jane с若吟若泣篏帥c臀峨篁障若鴻≪mystore сC ゃ working c若鴻≪鴻若 mypass\f2jane\fP 泣鴻若 j638klm 障翫罨<潟潟絎茵JAR <ゃ臀峨篁 sbundle.jar 臀峨篁 JAR <ゃ篏с障
+.LP
 .nf
-jarsigner \-keystore "/working/mystore" \-storepass myspass
-   -keypass j638klm -signedjar sbundle.jar bundle.jar jane
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-keystore /working/mystore \-storepass myspass
+.fl
+      \-keypass j638klm \-signedjar sbundle.jar bundle.jar jane 
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-上のコマンドでは 
-.I \-sigfile
-オプションが指定されていないので、署名付き JAR ファイルに格納される 
-.B .SF
-ファイルと 
-.B .DSA
-ファイルの名前は、別名に基づくデフォルトの名前になり、それぞれ 
-.I JANE.SF
-と 
-.I JANE.DSA
-になります。
 .LP
-ストアのパスワードと非公開鍵のパスワードをあとで入力する場合は、
-上のコマンドを短縮して次のように入力できます。
+筝潟潟с \f2\-sigfile\fP 激с潟絎臀峨篁 JAR <ゃ主 .SF <ゃ .DSA <ゃュゃ障ゃ障\f2JANE.SF\fP  \f2JANE.DSA\fP 障
 .LP
-.ft 3
+.LP
+鴻≪鴻若泣鴻若уュ翫筝潟潟膰罨<ュс障
+.LP
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore
-   -signedjar sbundle.jar bundle.jar jane
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-keystore /working/mystore
+.fl
+      \-signedjar sbundle.jar bundle.jar jane 
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-デフォルトのキーストア (ホームディレクトリ内の
-.B .keystore
-という名前のキーストア) を使用する場合は、次に示すように、キーストアの指定を
-省略できます。
 .LP
-.ft 3
+若鴻 (若c .keystore 若鴻) 篏睡翫罨<腓冴若鴻≪絎ャс障
+.LP
 .nf
-jarsigner \-signedjar sbundle.jar bundle.jar jane
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-signedjar sbundle.jar bundle.jar jane 
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-また、署名付き JAR ファイルで入力 JAR ファイル (
-.I bundle.jar
-) を上書きする場合は、
-.I -signedjar
-オプションの指定も省略できます。
 .LP
-.ft 3
+障臀峨篁 JAR <ゃуュ JAR <ゃ (\f2bundle.jar\fP) 筝吾翫\f2\-signedjar\fP 激с潟絎ャс障
+.LP
 .nf
-jarsigner bundle.jar jane
+\f3
+.fl
+    jarsigner bundle.jar jane 
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+.RE
+
 .LP
 .SS 
-署名付き JAR ファイルの検証
+臀峨篁 JAR <ゃ罎荐
 .LP
-.IX "jarsigner" "Verifying a Signed JAR File" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.RS 3
+
 .LP
-次に示すのは、署名付き JAR ファイルを検証し、署名が有効で JAR ファイルが
-改変されていないことを確認するためのコマンド例です。
 .LP
-.ft 3
+罨<腓冴臀峨篁 JAR <ゃ罎荐若臀峨鴻 JAR <ゃ劫腆肴潟潟箴с
+.LP
 .nf
-jarsigner \-verify sbundle.jar
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-verify sbundle.jar 
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-検証が成功すると、次のようなメッセージが表示されます。
 .LP
-.ft 3
+罎荐若罨<<祉若吾茵腓冴障
+.LP
 .nf
-jar verified.
+\f3
+.fl
+    jar 罎荐若障
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-検証が成功しなかった場合は、エラーメッセージが表示されます。
 .LP
-.I -verbose
-オプションを使うと、より多くの情報が表示されます。次に示すのは、
-.I -verbose 
-オプションを指定した 
-.B jarsigner 
-の実行例とその出力結果です。
+<祉若吾茵腓冴障罎荐若c翫若<祉若吾茵腓冴障
 .LP
-.ft 3
+.LP
+\f2\-verbose\fP 激с潟篏帥紊宴茵腓冴障罨<腓冴\f2\-verbose\fP 激с潟絎 \f3jarsigner\fP 絎茵箴阪腟с
+.LP
 .nf
-jarsigner -verify -verbose sbundle.jar
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-verify \-verbose sbundle.jar
+.fl
 
-             198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META-INF/MANIFEST.MF
-             199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.SF
-            1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.DSA
-      smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 AclEx.class
-      smk    849 Fri Sep 26 16:12:46 PDT 1997 test.class
+.fl
+           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST.MF
+.fl
+           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.SF
+.fl
+          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.DSA
+.fl
+    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 AclEx.class
+.fl
+    smk    849 Fri Sep 26 16:12:46 PDT 1997 test.class
+.fl
 
-        s = signature was verified
-        m = entry is listed in manifest
-        k = at least one certificate was found in keystore
+.fl
+      s = 臀峨罎荐若障
+.fl
+      m = 潟с鴻鴻障
+.fl
+      k = 1 や札筝荐惹吾若鴻≪ф冴障
+.fl
 
-      jar verified.
+.fl
+    jar 罎荐若障
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
 .SS 
-証明書情報を使った検証
+荐惹御宴篏帥c罎荐
 .LP
-.IX "jarsigner" "Verification with Certificate Information" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
+.LP
+罎荐惹\f2\-verify\fP  \f2\-verbose\fP 激с潟 \f2\-certs\fP 激с潟絎翫JAR <ゃ臀峨荐惹御宴阪障 荐惹吾帥ゃ臀峨茘ュ (X.509 荐惹吾翫) JAR <ゃ泣荐惹吾若鴻≪潟泣荐惹吾筝眼翫綣су蚊障臀峨若鴻√ュ障障罨<箴腓冴障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-keystore /working/mystore \-verify \-verbose \-certs myTest.jar
+.fl
 
-検証時に、
-.I -verify 
-と 
-.I -verbose 
-オプションに加えて 
-.I -certs
-オプションを指定した場合は、JAR ファイル内の各署名者の証明書情報も出力されま
-す。これには、証明書のタイプ、署名者の識別名情報 (X.509 証明書の場合)、および、
-JAR ファイルの公開鍵の証明書がキーストアエントリの公開鍵の証明書と一致する場合
-には、括弧で囲まれた署名者のキーストア別名が含まれます。たとえば、次のように
-出力されます。
+.fl
+           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST.MF
+.fl
+           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.SF
+.fl
+          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.DSA
+.fl
+           208 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST.SF
+.fl
+          1087 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST.DSA
+.fl
+    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 Tst.class
+.fl
+
+.fl
+      X.509, CN=Test Group, OU=Java Software, O=Sun Microsystems, L=CUP, S=CA, C=US (javatest)
+.fl
+      X.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us (jane)
+.fl
+
+.fl
+      s = 臀峨罎荐若障
+.fl
+      m = 潟с鴻鴻障
+.fl
+      k = 1 や札筝荐惹吾若鴻≪ф冴障
+.fl
+
+.fl
+    jar 罎荐若障 
+.fl
+\fP
+.fi
+
 .LP
-.ft 3
+.LP
+臀峨荐惹吾 X.509 荐惹吾с翫茘ュ宴茵腓冴障翫荐惹吾帥ゃュ茵腓冴障違荐惹吾 PGP 荐惹吾сュ bob 翫罨<茵腓冴障
+.LP
 .nf
- jarsigner -keystore /working/mystore -verify -verbose -certs myTest.jar
+\f3
+.fl
+      PGP, (bob)
+.fl
+\fP
+.fi
 
-      198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META-INF/MANIFEST.MF
-      199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.SF
-     1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.DSA
-      208 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META-INF/JAVATEST.SF
-     1087 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META-INF/JAVATEST.DSA
-smk  2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 Tst.class
-
- X.509, CN=Test Group, OU=Java Software, O=Sun Microsystems, L=CUP, S=CA, C=US (javatest)
- X.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us (jane)
-
- s = signature was verified
- m = entry is listed in manifest
- k = at least one certificate was found in keystore
-
-jar verified.
-.fi
-.ft 1
-.LP
-署名者の証明書が X.509 証明書でない場合は、識別名情報は表示されず、証明書の
-タイプと別名だけが表示されます。たとえば、証明書が PGP 証明書で、別名が bob の
-場合は、次のように表示されます。
-.LP
-.ft 3
-.nf
-PGP, (bob)
-.fi
-.ft 1
 .LP
 .SS 
-アイデンティティデータベース署名者を含む JAR ファイルの検証
+≪ゃ潟cc若若帥若鴻臀峨 JAR <ゃ罎荐
 .LP
-.IX "jarsigner" "Verification of a JAR File" "\fLjarsigner\fP \(em JAR signing and verification tool "
-JAR ファイルが、JDK 1.1 の
-.B javakey
-ツールを使って署名されている場合、署名者はアイデンティティデータベース内の
-別名です。この場合、検証の出力には i という記号が含まれます。JAR ファイルが、
-アイデンティティデータベース内の別名とキーストア内の別名の両方によって署名
-されている場合は、k と i の両方が表示されます。
 .LP
-.I -certs
-オプションを指定した場合、キーストアの別名は括弧で囲まれるのに対し、アイデンティ
-ティデータベース内の別名は角括弧で囲まれて表示されます。たとえば、次のように
-表示されます。
+JAR <ゃJDK 1.1  \f3javakey\fP 若篏帥c臀峨翫臀峨≪ゃ潟cc若若帥若劫ュс 翫罎荐若阪 i 荐垩障障JAR <ゃ≪ゃ潟cc若若帥若劫ュ若鴻√ュ筝≧鴻c臀峨翫k  i 筝≧鴻茵腓冴障
 .LP
-.ft 3
+.LP
+\f2\-certs\fP 激с潟絎翫若鴻≪ュ綣су蚊障絲障≪ゃ潟cc若若帥若劫ュ茹綣су蚊障茵腓冴障箴腓冴障
+.LP
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore \-verify \-verbose \-certs writeFile.jar
+\f3
+.fl
+    jarsigner \-keystore /working/mystore \-verify \-verbose \-certs writeFile.jar
+.fl
 
-      198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META-INF/MANIFEST.MF
-      199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.SF
-     1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META-INF/JANE.DSA
-      199 Fri Sep 27 12:22:30 PDT 1997 META-INF/DUKE.SF
-     1013 Fri Sep 27 12:22:30 PDT 1997 META-INF/DUKE.DSA
-smki 2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 writeFile.html
+.fl
+           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST.MF
+.fl
+           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.SF
+.fl
+          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE.DSA
+.fl
+           199 Fri Sep 27 12:22:30 PDT 1997 META\-INF/DUKE.SF
+.fl
+          1013 Fri Sep 27 12:22:30 PDT 1997 META\-INF/DUKE.DSA
+.fl
+   smki   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 writeFile.html
+.fl
 
- X.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us (jane)
- X.509, CN=Duke, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us [duke]
+.fl
+      X.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us (jane)
+.fl
+      X.509, CN=Duke, OU=Java Software, O=Sun, L=cup, S=ca, C=us [duke]
+.fl
 
- s = signature was verified
- m = entry is listed in manifest
- k = at least one certificate was found in keystore
- i = at least one certificate was found in identity scope
+.fl
+      s = 臀峨罎荐若障
+.fl
+      m = 潟с鴻鴻障
+.fl
+      k = 1 や札筝荐惹吾若鴻≪ф冴障
+.fl
+      i = 1 や札筝荐惹吾≪ゃ潟cc若鴻潟若ф冴障
+.fl
 
-jar verified.
+.fl
+    jar 罎荐若障
+.fl
+\fP
 .fi
-.ft 1
+
 .LP
-別名 duke は角括弧で囲まれているので、この別名はキーストアの別名ではなく、
-アイデンティティデータベースの別名です。
-.SH "関連項目"
+.LP
+ュ duke 茹綣су蚊障сュ若鴻≪ュс≪ゃ潟cc若若帥若鴻ュс
+.LP
+.RE
+.SH "∫i"
 .LP
 
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
-jar ツールのドキュメント 
+jar(1) 若ャ<潟 
 .TP 2
 o
-keytool ツールのドキュメント 
+keytool(1) 若ャ<潟 
 .TP 2
 o
-\f3jarsigner\fP ツールの使用例については、「Java Tutorial」
-(http://java.sun.com/docs/books/tutorial/trailmap.html)
-の「Security」( http://java.sun.com/docs/books/tutorial/security1.2/index.html) 
-を参照
+\f3jarsigner\fP 若篏睡箴ゃ
 .na
+\f4Java Tutorial\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/index.html
+.na
+\f4Security\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/security/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/java.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/java.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,645 +1,437 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\"
-.\" 
-.TH java 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.SH "名前"
-java \- Java アプリケーション起動プログラム
-.SH "形式"
-.B java 
-[ 
-.B options 
-] 
-.B class 
-[ 
-.B argument ... 
-]
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH java 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+
 .LP
-.B java 
-[ 
-.B options 
-] 
-.B \-jar " file.jar"
-.if n .ti +5n
-[ 
-.B argument ... 
-]
+.SH ""
+java \- Java ≪宴若激с活儀若
 .LP
-.TP 15
-.B options
-コマンド行オプション。
-.TP
-.B class
-呼び出されるクラスの名前。
-.TP
-.B file.jar
-呼び出されるファイルの名前。必ず
-.I \-jar
-と同時に使用される。
-.TP
-.B argument
-.B main
-関数に渡される引数。
-.SH "機能説明"
-.IX "Java interpreter" "" "Java interpreter \(em \fLjava\fP"
-.IX "java" "" "\fLjava\fP \(em Java interpreter"
+.RS 3
+.TP 2
+o
+綵√ 
+.TP 2
+o
+茯 
+.TP 2
+o
+激с 
+.TP 2
+o
+∫i 
+.RE
+
 .LP
-.B java
-ツールは、Java アプリケーションを起動します。
-.B java
-ツールは、Java Runtime Environment を起動したあと、指定されたクラスをロードし、このクラスの
-.B main 
-メソッドを呼び出して Java アプリケーションを起動します。
+.SH "綵√"
 .LP
-このメソッドは
-.B public
-および
-.B static
-で宣言され、値を返さず、パラメータとして
-.I String
-配列を使用できなければなりません。
-メソッド宣言は次のようにする必要があります。
-.LP
-.ft 3
-.nf
-   public static void main(String args[])
-.fi
-.ft 1
-.LP
-デフォルトでは、オプションではない最初の引数が、呼び出すクラスの名前に
-なります。この名前には、完全指定のクラス名を使用する必要があります。
-.B \-jar
-オプションを指定した場合、オプションではない最初の引数は、アプリケーションの
-クラスファイルとリソースファイルを含む JAR アーカイブの名前になります。
-この場合、Main-Class マニフェストヘッダで指定されたクラスがスタート
-アップクラスになります。 
-.LP
-Java Runtime は、ブートストラップクラスパス、インストール型拡張機能、
-およびユーザクラスパスの 3 つの場所から、起動クラスとその他の
-使用するクラスを探します。 
-.LP
-クラス名または JAR ファイル名のあとにあるオプションではない引数は、
-main 関数に渡されます。 
-.LP
-.SH "オプション"
-起動コマンドには、現在の実行環境および将来のリリースでサポートされる
-標準オプションがあります。
-また、仮想マシンの現在の実装では、非標準オプションをサポートしています。
-この仕様は将来変更される可能性があります。
-.SS "標準オプション"
-.IX "java" "Standard Options" "\fLjava\fP \(em Java interpreter"
-.TP 3
-.LP
-.B \-client
-Java HotSpot Client
-.SM VM\s0
-を選択します。
-64 ビット対応 JDK は現時点では、このオプションを無視し、代わりに Java Hotspot Server VM を使用します。
-デフォルトの VM の選択については、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/vm/server\-class.html
-の
-.na
-「\f2Server\-Class Machine Detection\fP」を参照してください。
-.TP
-.B \-server
-Java HotSpot Server 
-VM 
-を選択します。
-64 ビット対応 JDK 上では、サポートされるのは Java Hotspot Server VM だけであるため、\-server オプションが暗黙的に選択されます。 
-デフォルトの VM の選択については、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/vm/server\-class.html
-の
-.na
-「\f2Server\-Class Machine Detection\fP」を参照してください。
-.TP
-.B \-agentlib:libname[=options]
-ネイティブのエージェントライブラリ
-.I libname
-を読み込みします。次に例を示します。
-.LP
-.RS 5
-.nf
-\-agentlib:hprof 
-\-agentlib:jdwp=help 
-\-agentlib:hprof=help 
-.fi
-.RE
-.LP
-詳細は、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/platform/jvmti/jvmti.html#starting
-の
-.na
-「\f2JVMTI Agent Command Line Options\fP」を参照してください。
-.TP
-.B \-agentpath:pathname[=options]
-ネイティブのエージェントライブラリをフルパス名を使用して読み込みします。
-詳細は、
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/platform/jvmti/jvmti.html#starting
-の
-.na
-「\f2JVMTI Agent Command Line Options\fP」を参照してください。
-.TP
-.B \-classpath " classpath"
-.TP
-.B \-cp " classpath"
-クラスファイルを探すディレクトリ、JAR アーカイブ、および ZIP アーカイブのリストを指定します。クラスパスの各エントリはコロン (:) で区切ります。
-.B \-classpath 
-または 
-.B \-cp
-を指定すると、これらのオプションの値によって 
-.SB CLASSPATH
-環境変数の設定は上書きされます。 
-.LP
-.B \-classpath
-と
-.B \-cp 
-を使用せず、
-.SB CLASSPATH
-も設定されていない場合、ユーザクラスパスは現在のディレクトリ (.) になります。 
-.LP
-便宜上、\f2*\fP のベース名を含むクラスパス要素は、ディレクトリ内の拡張子 \f2.jar\fP または \f2.JAR\fP を持つすべてのファイルのリストを指定するのと同じとみなされます (Java プログラムはこの 2 つの呼び出しを区別できない)。
-.br
-.br
-たとえば、ディレクトリ 
-.I foo
-に 
-.I a.jar
-と 
-.I b.JAR
-が含まれている場合、クラスパス要素 
-.I foo/*
-は 
-.I A.jar:b.JAR
-に展開されます。ただし、JAR ファイルの順番は指定されません。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべての JAR ファイルが含まれます。
-* だけから成るクラスパスエントリは、カレントディレクトリ内のすべての JAR ファイルのリストに展開されます。
-.I CLASSPATH
-環境変数も、定義時には同様に展開されます。クラスパスのワイルドカード展開は必ず、Java 仮想マシンの起動前に実行されます。したがって、
-.I System.getenv
-("
-.I CLASSPATH
-")
-呼び出しのように環境に問い合わせを行わない限り、Java プログラムが展開されていないワイルドカードを認識することはありません。   
-.LP
-クラスパスの詳細については、「クラスパスの設定」を参照してください。  
-.TP
-.B \-Dproperty=value
-システムプロパティの値を設定します。 
-.TP
-.B \-d32
-.TP
-.B \-d64
-それぞれ 32 ビット環境、64 ビット環境でプログラムを実行することを要求します。要求された環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。
-.LP
-現時点では、64 ビット操作をサポートしているのは Java HotSpot Server VM 
-だけであり、
-.B \-server
-オプションでは、
-.B \-d64 
-が暗黙的に使用されます。
-したがって、\-d64 使用時には「-client」オプションは無視されます。
-この仕様は将来変更される場合があります。
-.LP
-.B \-d32
-と
-.B \-d64
-のどちらも指定しなかった場合、
-64 ビット専用システムを除いて、
-デフォルトでは 32 ビット環境で実行されます。
-この仕様は将来変更される場合があります。
-.TP 3
-\-enableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ]
-.TP 3
-\-ea[:<package name>"..." | :<class name> ]
-.LP
-表明を有効にします。デフォルトで、表明は無効です。
-.sp 1n
-引数を指定しなくても、
-.BR enableassertions
-または
-.BR \-ea 
-で表明が有効になります。
-「...」で終わる引数を 1 つ指定すると、
-スイッチにより、指定したパッケージおよびすべての
-サブパッケージ内の表明が有効になります。
-「...」という引数を指定すると、スイッチにより、
-現在の作業用ディレクトリ内にある名前のないパッケージ内の
-表明が有効になります。
-「...」で終わらない引数を 1 つ指定すると、
-スイッチにより、指定したクラス内の表明が有効になります。
-.LP
-1 行のコマンドに、これらのスイッチの複数のインスタンスが
-含まれている場合、クラスを読み込む前に、正しく処理されます。
-たとえば、パッケージ
-.I com.wombat.fruitbat 
- (およびすべてのサブパッケージ) 内だけの有効な表明を
-含んだプログラムを実行する場合、次のコマンドを使用できます。
-.TP
-.BR java -ea:com.wombat.fruitbat... <Main Class>
-.LP
-.BR \-enableassertions 
-および
-.BR \-ea 
-スイッチは、すべての
-クラスローダおよびシステムクラス (クラスローダを持たない) に適用されます。
-この規則には 1 つ例外があります。引数がない形式の場合、
-スイッチはシステムに適用されません。これを利用して、簡単に、
-システムクラスを除くすべてのクラスの表明を有効にすることができます。
-すべてのシステムクラスの表明を有効にする個別のスイッチも
-用意されています。
-.BR \-enablesystemassertions 
-を参照してください。
-.TP 3
-\-disableassertions[:<package name>"..." | :<class name> ]
-.TP 3
-\-da[:<package name>"..." | :<class name> ]
-.LP
-表明を無効にします。これはデフォルトです。
-.sp 1n
-引数を指定せずに、
-.BR disableassertions 
-または
-.BR \-da 
-で表明を無効にします。
-「...」で終わる引数を 1 つ指定すると、
-スイッチにより、指定したパッケージおよびすべての
-サブパッケージ内の表明が無効になります。
-「...」という引数を指定すると、スイッチにより、現在の作業用
-ディレクトリ内にある名前のないパッケージ内の表明が無効に
-なります。「...」で終わらない引数を 1 つ指定すると、スイッチにより、
-指定したクラス内の表明が無効になります。
-.LP
-パッケージ
-.I com.wombat.fruitbat 
-の表明は有効に、クラス
-.I com.wombat.fruitbat.Brickbat
-の表明は無効にしてプログラムを実行するには、
-次のコマンドを使用します。
-
-java -ea:com.wombat.fruitbat... -da:com.wombat.fruitbat.Brickbat <Main Class>
-
-.BR \-disableassertions 
-および
-.BR \-da 
-スイッチは、すべての
-クラスローダおよびシステムクラス (クラスローダを持たない) に適用されます。
-この規則には 1 つ例外があります。
-引数を持たない形式の場合、スイッチはシステムに適用されません。
-これを利用して、簡単に、
-システムクラスを除くすべてのクラス内の表明を有効にすることができます。
-すべてのシステムクラス内内の表明を有効にする個別のスイッチも
-用意されています。
-.BR \-disablesystemassertions 
-を参照してください。
-.TP
-.BR \-enablesystemassertions
-.TP 3
-\-esa
-すべてのシステムクラスの表明を有効にします (システムクラスの
-デフォルトの表明ステータスを true に設定します)。
-.TP
-.BR \-disablesystemassertions
-.TP 3
-\-dsa
-すべてのシステムクラスの表明を無効にします。
-.TP 3
-\-jar
-JAR の中にカプセル化されたプログラムを実行します。最初の引数は、起動クラスの名前ではなく、JAR アーカイブファイルの名前になります。
-このオプションが動作するためには、JAR ファイルのマニフェストに形式 \f3Main-Class:\f1\f2classname\f1 の行が入っていなければなりません。
-.I classname
-は、ユーザのアプリケーションの開始点となる 
-.I public static void main(String[] args) 
-メソッドを持つクラスを識別します。
-Jar ファイルと Jar ファイルのマニフェストを扱う方法については、Jar ツールのリファレンスページと、
-.na
-\f2Java Tutorial\fP
-.fi
-(http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jar) 
-の Jar トレールを参照してください。
-.LP
-このオプションを使用するときは、JAR ファイルがすべてのユーザクラスのソースとなるため、他のユーザクラスパスの設定は無視されます。
-.LP
-.B "java \-jar" 
-オプションで実行できる JAR ファイルでは、
-.B "java \-jar" 
-なしでも実行できるように、実行権限を設定できます。
-.fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/index.html
-の
-.na
-「\f2Java Archive (JAR) Files\f」を参照してください。
-.TP
-.B \-javaagent:jarpath[=options]
-Java プログラミング言語エージェントを読み込みます。
-http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.html
-の
-「\f2java.lang.instrument\fP」を参照してください。
-.LP
-.B \-verbose
-.LP
-.TP 3
-\-verbose: class
-クラスが読み込まれるたびにクラスに関する情報を表示します。 
-.PD
-.LP
-.TP 3
-\-verbose:gc
-ガベージコレクションイベントが発生するたびに報告します。 
-.TP 3
-.B \-verbose:jni
-ネイティブメソッドおよびその他の Java Native Interface (JNI) の使用に関する
-情報を報告します。 
-.TP 3
-.B \-version
-バージョン情報を表示して終了します。 
-.TP 3
-.B \-version:release
-コマンド行に指定されたクラスまたは JAR ファイルが、\f2release\fP で指定されたバージョンを必要としていることを示します。起動された java コマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
-.LP
-\f2release\fP では、特定のバージョンを指定できるだけでなく、バージョン文字列と呼ばれるバージョンのリストを指定することもできます。バージョン文字列は、いくつかのバージョン範囲を空白で区切った形式の順序付きリストです。バージョン範囲は、バージョン ID、バージョン ID の後にアスタリスク (*) を付加したもの、バージョン ID の後にプラス記号 (+) を付加したもの、2 つのバージョン範囲をアンパサンド (&) で結合したもの、のいずれかになります。アスタリスクはプレフィックス一致を、プラス記号は指定されたバージョン以上を、アンパサンドは 2 つのバージョン範囲の論理積を、それぞれ意味します。次に例を示します。 
 .nf
 \f3
 .fl
--version:"1.5.0_04 1.5*&1.5.1_02+"
+    \fP\f3java\fP [ options ] class [ argument ... ]
+.fl
+    \f3java\fP [ options ] \f3\-jar\fP file.jar [ argument ... ]
+.fl
+.fi
+
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+options 
+潟潟茵激с潟 
+.TP 3
+class 
+若喝冴鴻 
+.TP 3
+file.jar 
+若喝冴 JAR <ゃ綽 \f2\-jar\fP 篏睡 
+.TP 3
+argument 
+\f3main\fP ∽違羝<綣 
+.RE
+
+.LP
+.RE
+.SH " 茯"
+.LP
+
+.LP
+.LP
+\f3java\fP 若Java ≪宴若激с潟莎桁障java 若Java Runtime Environment 莎桁絎鴻若鴻 \f3main\fP <純若喝冴Java ≪宴若激с潟莎桁障
+.LP
+.LP
+<純public  static 絎h綽荀障 障ゃ菴障 \f2String\fP <若帥絎с違障<純絎h罨<c違障
+.LP
+.nf
+\f3
+.fl
+    public static void main(String args[])
 .fl
 \fP
 .fi
-上記の意味は、バージョン 1.5.0_04、または 1.5.1_02 以上で 1.5 をバージョン ID プレフィックスとして持つバージョン、のいずれかをクラスまたは JAR ファイルが必要とする、ということです。バージョン文字列の厳密な構文や定義については、「Java Network Launching Protocol & API Specification (JSR\-56)」の「Appendix A」を参照してください。
+
 .LP
-JAR ファイルの場合は通常、バージョン要件をコマンド行に指定するよりも、JAR ファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。 
 .LP
-このオプションの使用に関する重要なポリシー情報については、後述の「注」節を参照してください。
-.TP
-.B \-showversion
-バージョン情報を表示して、実行を継続します。
-.TP
-.B \-?
-.PD 0
-.TP
-.B \-help
-使用法を表示して終了します。 
-.PD
-.TP
-.B \-X
-非標準オプションに関する情報を表示して終了します。 
+с潟潟茵激с割札紊綣違若喝冴鴻障絎絎劫篏睡綽荀障\f3\-jar\fP 激с潟絎翫潟潟茵激с割札紊綣違≪宴若激с潟鴻<ゃ純若鴻<ゃ \f3JAR\fP ≪若ゃ障 翫с鴻 \f3Main\-Class\fP 若ф絎鴻莎桁鴻障
 .LP
-.SS "非標準オプション"
 .LP
-.IX "java" "Non-Standard Options" "\fLjava\fP \(em Java interpreter"
+Java Runtime 若鴻鴻鴻ゃ潟鴻若≦宍罘純潟若吟若鴻鴻 3 膊莎桁鴻篁篏睡鴻罎膣≪障
+.LP
+.LP
+劫障 JAR <ゃ潟潟茵激с割札紊綣違\f3main\fP ∽違羝<障
+.LP
+.SH "激с"
+.LP
+
+.LP
+.LP
+莎桁若憜絎茵医喝ャ若鴻с泣若罔羣激с潟障障篁潟激潟憜絎茖с罔羣激с潟祉泣若障 絨ャ若鴻у眼醇с障
+.LP
+.SH "罔羣激с"
+.LP
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-client 
+.LP
+Java HotSpot Client VM 御障64 絲上 JDK 憝鴻с激с潟∴篁c Java Hotspot Server VM 篏睡障 
+.LP
+ VM 御ゃ
+.na
+\f2泣若 \- 鴻激潟罎冴\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlс  
+.TP 3
+\-server 
+.LP
+Java HotSpot Server VM 御障64 絲上 JDK 筝с泣若 Java Hotspot Server VM с\-server 激с潟藥御障 
+.LP
+ VM 御ゃ
+.na
+\f2泣若 \- 鴻激潟罎冴\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/vm/server\-class.htmlс  
+.TP 3
+\-agentlib:libname[=options] 
+ゃc若吾с潟ゃ \f2libname\fP 若障 井<絎障 
+.LP
+\-agentlib:hprof 
+.LP
+\-agentlib:jdwp=help 
+.LP
+\-agentlib:hprof=help 
+.LP
+荅括完ゃ
+.na
+\f2JVMTI 若吾с潟潟潟茵激с潟\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingс  
+.TP 3
+\-agentpath:pathname[=options] 
+劫篏睡若c若吾с潟ゃ若障荅括完ゃ
+.na
+\f2JVMTI 若吾с潟潟潟茵激с潟\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/platform/jvmti/jvmti.html#startingс 
+.TP 3
+\-classpath classpath 
+.TP 3
+\-cp classpath 
+鴻<ゃ罎膣≪cJAR ≪若ゃ ZIP ≪若ゃ鴻絎障鴻鴻潟潟 (\f3:\fP) у阪障\f3\-classpath\fP 障 \f3\-cp\fP 絎激с潟ゃc \f3CLASSPATH\fP 医紊違荐絎若若ゃ障 
+.LP
+\f3\-classpath\fP  \f3\-cp\fP 篏睡\f3CLASSPATH\fP 荐絎翫若吟若鴻鴻憜c (\f4.\fP) 障  
+.LP
+箴水筝\f2*\fP 若劫鴻壕膣c≦宍絖 \f2.jar\fP 障 \f2.JAR\fP ゃ鴻<ゃ鴻絎帥障 (Java 違 2 ゃ若喝冴阪ャс)
+.br
+.br
+違c \f2foo\fP  \f2a.jar\fP  \f2b.JAR\fP 障翫鴻壕膣 \f2foo/*\fP  \f2A.jar:b.JAR\fP 絮障 JAR <ゃ絎障鴻<ゃ絎c鴻 JAR <ゃ障障\f2*\fP 鴻鴻潟潟c鴻 JAR <ゃ鴻絮障\f2CLASSPATH\fP 医紊違絎臂罕絮障鴻鴻ゃ若絮綽Java 篁潟激潟莎桁絎茵障c\f2System.getenv("CLASSPATH")\fP 若喝冴医茵Java 違絮ゃ若茯茘障  
+.LP
+鴻鴻荅括完
+.na
+\f2鴻鴻荐絎\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#classpathс  
+.TP 3
+\-Dproperty=value 
+激鴻c若ゃ荐絎障 
+.TP 3
+\-d32 
+.TP 3
+\-d64 
+ 32 医64 医с違絎茵荀羆障荀羆医ゃ潟鴻若泣若翫若怨障 
+.LP
+憜Java HotSpot Server VM  64 篏泣若\-d64 篏睡 \-server 激с潟藥鴻障c\-d64 篏睡\-client激с潟∴障篁罕絨ャ若鴻с紊眼醇с障 
+.LP
+\f3\-d32\fP  \f3\-d64\fP <絎翫32 医у茵障篁罕絨ャ若鴻с紊眼醇с障  
+.TP 3
+\-enableassertions[:<package name>"..."| :<class name> ] 
+.TP 3
+\-ea[:<package name>"..."| :<class name> ] 
+≪泣若激с潟鴻障≪泣若激с潟с≦鴻c障 
+.LP
+綣違 \f3enableassertions\fP 障 \f3\-ea\fP 絎≪泣若激с潟鴻障\f2...\fPх綣違 1 ゆ絎絎宴若吾泣宴若後с≪泣若激с潟鴻障綣違\f2...\fP絎憜篏罐c宴若後с≪泣若激с潟鴻障\f2...\fPх綣違 1 ゆ絎絎劫с≪泣若激с潟鴻障 
+.LP
+筝潟潟茵鴻ゃゃ潟鴻帥潟鴻茲井絎翫絎鴻ゃ鴻若障c違宴若 \f2com.wombat.fruitbat\fP (泣宴若吾) с帥≪泣若激с潟鴻違絎茵罨<潟潟篏睡障 
+.nf
+\f3
+.fl
+java \-ea:com.wombat.fruitbat... <Main Class>
+.fl
+\fP
+.fi
+.LP
+\f3\-enableassertions\fP  \f3\-ea\fP 鴻ゃ鴻鴻若潟激鴻鴻障 激鴻鴻鴻若障荀箴紊 1 ゃ障綣違с鴻ゃ絎絎激鴻鴻с箴紊違激鴻鴻ゃ鴻鴻с≪泣若激с潟膂≦鴻с障鴻激鴻鴻с≪泣若激с潟鴻ャ鴻ゃ障  \f3\-enablesystemassertions\fP с  
+.TP 3
+\-disableassertions[:<package name>"..."| :<class name> ] 
+.TP 3
+\-da[:<package name>"..."| :<class name> ] 
+≪泣若激с潟≦鴻障荐絎с 
+.LP
+綣違 \f3disableassertions\fP 障 \f3\-da\fP 絎≪泣若激с潟≦鴻障\f2...\fPх綣違 1 ゆ絎絎宴若吾泣宴若後с≪泣若激с潟≦鴻障綣違\f2...\fP絎憜篏罐c宴若後с≪泣若激с潟≦鴻障\f2...\fPх綣違 1 ゆ絎絎劫с≪泣若激с潟≦鴻障 
+.LP
+宴若 \f2com.wombat.fruitbat\fP с≪泣若激с潟鴻 \f2com.wombat.fruitbat.Brickbat\fP с≪泣若激с潟≦鴻с違絎茵罨<潟潟篏睡障 
+.nf
+\f3
+.fl
+java \-ea:com.wombat.fruitbat... \-da:com.wombat.fruitbat.Brickbat <Main Class>
+.fl
+\fP
+.fi
+.LP
+\f3\-disableassertions\fP  \f3\-da\fP 鴻ゃ鴻鴻若潟激鴻鴻障 激鴻鴻鴻若障荀箴紊 1 ゃ障綣違с鴻ゃ絎絎激鴻鴻с箴紊違激鴻鴻ゃ鴻鴻с≪泣若激с潟膂≦鴻с障鴻激鴻鴻с≪泣若激с潟≦鴻ャ鴻ゃ障  \f3\-disablesystemassertions\fP с  
+.TP 3
+\-enablesystemassertions 
+.TP 3
+\-esa 
+鴻激鴻劫с≪泣若激с潟鴻障 ゃ障激鴻鴻ゃ≪泣若激с潟鴻若帥鴻 \f2true\fP 荐絎障 
+.TP 3
+\-disablesystemassertions 
+.TP 3
+\-dsa 
+鴻激鴻劫с≪泣若激с潟≦鴻障 
 .LP
 .TP 3
-.B \-Xint
-インタプリタ専用モードで動作します。ネイティブコードへのコンパイルは
-無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。
-Java HotSpot VM 適応型コンパイラによって得られるパフォーマンス上の
-利点は、このモードでは実現されません。 
+\-jar 
+JAR <ゃ祉違絎茵障綣違莎桁鴻сJAR <ゃ障激с潟罘純JAR <ゃс鴻\f3Main\-Class:\fP\f4classname\fP\f3\fP綵√茵絎綽荀障\f2classname\fP ≪宴若激с潟紮篏臀罘純 \f2public\ static\ void\ main(String[]\ args)\fP <純鴻絎障JAR <ゃс鴻ゃjar(1)
+.na
+\f2Java ャ若≪\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/tutorial/jarTrail: Jar Filesс 
+.LP
+激с潟篏睡絎 JAR <ゃ鴻若吟若鴻純若鴻若吟若鴻鴻祉荐絎∴障 
+.LP
+Solaris 8 сjava \-jar激с潟у茵с JAR <ゃ絎茵罔祉篆障 java \-jar篏睡у茵純с
+.na
+\f2Java Archive (JAR) <ゃ\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/jar/index.htmlс  
 .TP 3
-.B \-Xbatch
-バックグラウンドコンパイルを無効にします。
-通常、VM ではメソッドをバックグラウンドタスクとしてコンパイルします。
-このとき、バックグラウンドコンパイルが終了するまでは、
-インタプリタモードでメソッドが実行されます。
-.B \-Xbatch 
-フラグを使用すると、バックグラウンドコンパイルが
-無効になるため、すべてのメソッドのコンパイルは完了するまで
-フォアグラウンドのタスクとして処理されます。
+\-javaagent:jarpath[=options] 
+Java 違潟域茯若吾с潟若障
+.na
+\f2java.lang.instrument\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary.html с 
 .TP 3
-.B \-Xbootclasspath: bootclasspath
-ブートクラスファイルを探すため、ディレクトリ、JAR アーカイブ、および ZIP 
-アーカイブをコロンで区切ったリストを指定します。指定されたパスに
-存在するブートクラスファイルは、JDK に含まれる
-ブートクラスファイルの代わりに使われます。
-注: rt.jar 内のクラスを上書きする目的でこのオプションを
-使用するアプリケーションは配備しないでください。
-配備すると、Java Runtime Environment 
-バイナリコードライセンス違反になることがあります。
+\-verbose 
 .TP 3
-.B \-Xbootclasspath/a:path
-デフォルトのブートストラップクラスパスに追加するディレクトリ、
-.SM JAR
-アーカイブ、および
-.SM ZIP
-アーカイブのパスをコロンで区切って指定します。 
+\-verbose:class 
+鴻若潟鴻≪宴茵腓冴障 
 .TP 3
-.B \-Xbootclasspath/p:path
-デフォルトのブートストラップクラスパスの前に追加する
-ディレクトリ、
-.SM JAR
-アーカイブ、および
-.SM ZIP
-アーカイブのパスをコロンで区切って指定します。
-注: このオプションを、
-.B rt.jar
-内のクラスをオーバーライド
-する目的で使用するアプリケーションは指定しないでください。
-指定すると、Java Runtime Environment 
-バイナリコードライセンス違反になることがあります。 
+\-verbose:gc 
+若吾潟激с潟ゃ潟榊潟怨障 
 .TP 3
-.B \-Xcheck:jni
-Java Native Interface (JNI) 機能に対して
-追加チェックを実行します。特に、Java 仮想マシン (JVM) は 
-JNI 要求を処理する前に、JNI 機能に渡される
-パラメータおよび実行環境データを検証します。
-無効なデータを検出した場合、ネイティブコードに
-問題があると判断し、Java 仮想マシンは
-致命的なエラーで終了します。
-このオプションを使用すると、
-パフォーマンスが低下します。
+\-verbose:jni 
+ゃc<純篏睡潟篁 Java Native Interface (JNI) ≪cc若≪宴怨障 
 .TP 3
-.B \-Xfuture
-厳密なクラスファイル形式の検査を実行します。下位互換性を維持
-するため、JDK の Virtual Machine で実行されるデフォルトの
-形式検査は、JDK ソフトウェアの 1.1.x バージョンで実行される検査よりも
-厳密ではありません。
-.B \-Xfuture
-フラグを使用すると、クラスファイル形式を
-より仕様に準拠したものにするための、さらに厳密なクラスファイル形式検査が
-有効になります。開発者が新しいコードを開発する際には、このフラグの
-使用を推奨します。Java アプリケーション起動ツールの
-将来のリリースでは、より厳密な検査がデフォルトになるからです。 
+\-version 
+若吾с恰宴茵腓冴腟篋障 
 .TP 3
-.B \-Xnoclassgc
-クラスのガベージコレクションを無効にします。
-このオプションを使用すると、ロード済みクラスからメモリが回復されることがなくなるため、全体的なメモリ使用量が増大します。この場合、アプリケーションによっては OutOfMemoryError がスローされる可能性があります。
+\-version:release 
+潟潟茵絎鴻障 JAR <ゃ\f2release\fP ф絎若吾с潟綽荀腓冴障莎桁 java 潟潟若吾с潟絎絎鴻羣ら絎茖激鴻筝цゃc翫絎茖篏睡障 
+.LP
+\f2release\fP с劫若吾с潟絎сс若吾с恰絖若違若吾с潟鴻絎с障若吾с恰絖ゃ若吾с括蚊腥榊純у阪c綵√綺鋌鴻с若吾с括蚊若吾с ID若吾с ID 緇≪鴻帥鴻 (*) 篁若吾с ID 緇壕 (+) 篁2 ゃ若吾с括蚊≪潟泣潟 (&) х障≪鴻帥鴻c剛眼壕垩絎若吾с割札筝≪潟泣潟 2 ゃ若吾с括蚊茫腥潟障箴腓冴障 
+.nf
+\f3
+.fl
+\-version:"1.5.0_04 1.5*&1.5.1_02+"
+.fl
+\fP
+.fi
+筝荐潟若吾с 1.5.0_04障 1.5.1_02 篁ヤ 1.5 若吾с ID c鴻ゃ若吾с潟鴻障 JAR <ゃ綽荀с 若吾с恰絖ウ絲罕絎臂ゃJava Network Launching Protocol & API Specification (JSR\-56)Appendix Aс 
+.LP
+JAR <ゃ翫絽吾若吾с活篁吟潟潟茵絎JAR <ゃс鴻絎ィ絅障 
+.LP
+激с潟篏睡≪荀激惹宴ゃ緇菴違羈膀с  
 .TP 3
-.BI \-Xincgc
-インクリメンタルガベージコレクタを有効にします。
-インクリメンタルガベージコレクタは、デフォルトでは
-無効に設定されていますが、有効にするとプログラムの実行中の
-ガベージコレクションによる停止を防ぎます。
-インクリメンタルガベージコレクタは、場合によってはプログラムと同時に
-実行されます。同時に実行されている間は、プログラムで利用可能な
-プロセッサ能力が減少します。
+\-showversion 
+若吾с恰宴茵腓冴膓茵障 
 .TP 3
-.B \-Xloggc:file
-.BR \-verbose:gc 
-と同様、各ガベージコレクションイベントで
-レポートを作成し、このデータを
-.I file 
-に記録します。
-.I \-verbose:gc 
-により入手できる情報に加えて、レポートされるイベントには
-最初のガベージコレクションイベントからの経過時間 (秒数) が付けられます。
-.sp 1
-ネットワークの遅延による JVM の停止を避けるために、このファイルの
-記憶域として常にローカルファイルシステムを使用します。
-このファイルは、フルファイルシステムおよびロギングが不完全なファイル
-に追加される場合、切り詰められることがあります。
-コマンド行で
-.I \-verbose:gc 
-といっしょに指定された場合、このオプションが優先されます。
+\-? 
 .TP 3
-.B \-Xmsn
-メモリ割り当てプールの初期サイズを指定します。
-指定する値は、1M バイトよりも大きな 1024 の倍数でなければなりません。
-文字
-.B k 
-または
-.B K
-を付けると K バイト、文字
-.B m 
-または
-.B M
-を付けると M バイトを表します。
-デフォルト値は、実行時にシステムの設定に基づいて選択されます。詳細については、「HotSpot Ergonomics」を参照してください
+\-help 
+篏睡羈茵腓冴腟篋障 
+.TP 3
+\-X 
+罔羣激с潟≪宴茵腓冴腟篋障 
+.RE
+
+.LP
+.SS 
+罔羣激с
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+\-Xint 
+ゃ潟帥水≪若у篏障ゃc潟若吾潟潟ゃ≦鴻鴻ゃ潟若ゃ潟帥帥c絎茵障Java HotSpot VM 絲上潟潟ゃ箴若潟剛鴻≪若с絎憗障 
+.TP 3
+\-Xbatch 
+違潟潟潟ゃ≦鴻障絽吾VM с違潟潟潟ゃ腟篋障с<純違潟帥鴻潟潟ゃゃ潟帥帥≪若с<純絎茵障\f2\-Xbatch\fP 違絎違潟潟潟ゃ≦鴻鴻<純潟潟ゃ絎篋障с≪違潟帥鴻障 
+.TP 3
+\-Xbootclasspath:bootclasspath 
+若鴻<ゃ「cJAR ≪若ゃ ZIP ≪若ゃ潟潟у阪c鴻ф絎障絎鴻絖若鴻<ゃJava 2 SDK 障若鴻<ゃ篁c篏睡障\f2羈: rt.jar 鴻若若ゃс激с潟篏睡≪宴若激с潟激鴻臀сJava 2 Runtime Environment ゃ潟若ゃ祉潟拷障\fP 
+.TP 3
+\-Xbootclasspath/a:path 
+cJAR ≪若ゃ ZIP ≪若ゃ鴻潟潟у阪c絎障 鴻若鴻鴻鴻菴遵障 
+.TP 3
+\-Xbootclasspath/p:path 
+cJAR ≪若ゃ ZIP ≪若ゃ鴻潟潟у阪c絎障 鴻若鴻鴻鴻菴遵障\f2羈 rt.jar 鴻若若ゃс激с潟篏睡≪宴若激с潟激鴻臀сJava 2 Runtime Environment ゃ潟若ゃ祉潟拷障\fP 
+.TP 3
+\-Xcheck:jni 
+Java Native Interface (JNI) 罘純絲障菴遵с茵障隙Java 篁潟激潟 JNI 荀羆JNI ∽違羝<<若帥絎茵医若帥罎荐若障≦鴻若帥荀ゃc翫ゃc潟若馹腓冴Java 篁潟激潟翫順若榊腟篋障激с潟篏睡若潟剛筝篋潟障 
+.TP 3
+\-Xfuture 
+鴻<ゃ綵√ウ絲с障筝篏篋с篆ゃJava 2 SDK 篁潟激潟絎茵綵√сJDK 純с≪若吾с 1.1.x 絎茵с腮綺ウ絲c障\f3\-Xfuture\fP 違絎鴻<ゃ綵√篁罕吾羣綣桁ウ絲с鴻障Java ≪宴若激с活儀若絨ャ若鴻сウ絲с違潟若冴違篏睡с障 
+.TP 3
+\-Xnoclassgc 
+鴻若吾潟激с潟≦鴻障激с潟篏睡若羝帥鴻<≪若緇篏<≪寂戎紜紊с障翫≪宴若激с潟c OutOfMemoryError 鴻若醇с障 
+.TP 3
+\-Xincgc 
+ゃ潟<潟帥若吾潟帥鴻障ゃ潟<潟帥若吾潟帥с≦鴻c障 鴻違絎茵筝若吾潟激с潟筝罩≪榊障ゃ潟<潟帥若吾潟帥違絎茵翫違с祉笈遵篏筝障 
+.TP 3
+\-Xloggc:file 
+\-verbose:gc 罕若吾潟激с潟ゃ潟榊潟怨障若帥 \f2file\fP 荐蚊障\f2\-verbose:gc\fP 絎怨宴祉怨ゃ潟若吾潟激с潟ゃ潟腟 (腱篏) 篁障 
+.LP
+若綽膈c JVM 絎茵綺篏筝帥<ゃ主絽吾若<ゃ激鴻<ゃ激鴻羣<ゃ荅違<ゃ若帥綣膓荐蚊障激с潟 \f2\-verbose:gc\fP 筝≧鴻潟潟茵絎翫激с潟障  
+.LP
+.TP 3
+\-Xmsn 
+<≪弱蚊綵若泣ゃ冴ゃ違ф絎障絎ゃ1M ゃ紊с 1024 違違障ゃ絎絖 \f2k\fP 障 \f2K\fP 篁障 <ゃ絎絖 \f2m\fP 障 \f2M\fP 篁障ゃ絎茵激鴻荐絎冴ャ御障荅括完ゃHotSpot Ergonomicsс
 .br
-例:
+箴: 
+.RS 3
+
 .LP
-.RS 5
 .nf
-\-Xms6291456
-\-Xms6144k
-\-Xms6m
+\f3
+.fl
+       \-Xms6291456
+.fl
+       \-Xms6144k
+.fl
+       \-Xms6m
+.fl
+       
+.fl
+\fP
 .fi
 .RE
 .TP 3
-.B \-Xmxn
-メモリ割り当てプールの最大サイズをバイト単位で指定します。
-指定する値は、2M バイトよりも大きな 1024 の倍数でなければなりません。
-文字
-.B k 
-または
-.B K
-を付けると K バイト、文字
-.B m 
-または
-.B M
-を付けると M バイトを表します。
-デフォルト値は、実行時にシステムの設定に基づいて選択されます。詳細については、「HotSpot Ergonomics」を参照してください
+\-Xmxn 
+<≪弱蚊綵若紊с泣ゃ冴ゃ違ф絎障絎ゃ2M ゃ紊с 1024 違違障ゃ絎絖 \f2k\fP 障 \f2K\fP 篁障 <ゃ絎絖 \f2m\fP 障 \f2M\fP 篁障ゃ絎茵激鴻荐絎冴ャ御障荅括完ゃHotSpot Ergonomicsс
 .br
-例:
+箴: 
+.RS 3
+
 .LP
-.RS 5
 .nf
-\-Xmx83886080
-\-Xmx81920k
-\-Xmx80m
+\f3
+.fl
+       \-Xmx83886080
+.fl
+       \-Xmx81920k
+.fl
+       \-Xmx80m
+.fl
+       
+.fl
+\fP
 .fi
 .RE
+Solaris 7  Solaris 8 SPARC 若翫ゃ筝 4000m 若若綣сSolaris 2.6  x86 若翫 2000m 若若綣сLinux 若翫筝 2000m 若若綣с 
+.TP 3
+\-Xprof 
+絎茵筝違<ゃ<ゃ潟違若帥罔羣阪阪障激с潟違榊若cc若箴障 腮弱激鴻с篏睡с障  
 .LP
-Solaris 7 および Solaris 8 SPARC プラットフォームの場合、この値の上限はおよそ 4000m からオーバーヘッドの量を引いたものであり、Solaris 2.6 および x86 プラットフォームの場合は 2000m からオーバーヘッドの量を引いたものです。
-Linux プラットフォームの場合の上限は、およそ
-2000m からオーバーヘッドの量を引いたものです。
 .TP 3
-.BI \-Xprof
-実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイリングデータを
-標準出力に送ります。このオプションは、プログラム開発に役立つ
-ユーティリティとして提供されているもので、本番稼動システムでの使用を
-目的としたものではありません。 
-.TP 3
-\-Xrs
-Java 仮想マシン (JVM) によるオペレーティングシステムシグナルの利用
-を減らします。
+\-Xrs 
+Java 篁潟激 (JVM) 若c潟違激鴻激違篏睡羝障 
 .LP
-前回のリリースではシャットダウンフック機能が追加され、
-Java アプリケーションを順番にシャットダウンできるようになりました。
-この機能により、JVM が異常終了した場合でも、シャットダウン時に
-クリーンアップコード (データベース接続を閉じる、など) を
-実行できるようになりました。
+篁ュ若鴻сJava ≪宴若激с潟腱綺閫c激c潟激c潟罘純菴遵障罘純JVM 腦句篋翫с激c恰若吟若若潟≪潟若 (若帥若号・膓若冴) 絎茵с障 
 .LP
-Sun の JVM は、シグナルをキャッチして異常な JVM 終了
-に対するシャットダウンフックを実装します。JVM は、SIGHUP、SIGINT、SIGTERM を
-使用してシャットダウンフックの実行を開始します。
+Sun  JVM 激違ccJVM 医幻腟篋激c潟絎茖障JVM SIGHUPSIGINT SIGTERM 篏睡激c潟絎茵紮障 
 .LP
-JVM  では、同様の機構を使用して、1.2 以前のデバッグ用の
-スレッドスタックダンプ機能を実装しています。Sun の JVM は、
-SIGQUIT を使用してスレッドダンプを実行します。
+JVM 違с鴻鴻帥潟1.2 罘純絎憗罕罘罕篏睡障Sun  JVM 鴻潟絎茵 SIGQUIT 篏睡障 
 .LP
-JVM を組み込んだアプリケーションは、SIGINT や SIGTERM のような
-シグナルを頻繁にトラップする必要があります。このような場合、JVM の
-シグナルハンドラとの間に干渉が発生する可能性があります。
-このような干渉を避けるために、\-Xrs コマンド行オプションを
-使用できます。
-Sun の JVM で \-Xrs が使用されると、SIGINT、SIGTERM、SIGHUP、
-および SIGQUIT のシグナルマスクは JVM によって変更されず、
-これらのシグナルのシグナルハンドラはインストールされません。
+JVM 莨若с≪宴若激с潟 SIGINT  SIGTERM 激違紫綽荀JVM 激違潟冴醇с障\f3\-Xrs\fP 潟潟茵激с潟篏睡馹絲上с障Sun  JVM 絲障 \f3\-Xrs\fP 篏睡SIGINTSIGTERMSIGHUP SIGQUIT 絲障激違鴻 JVM c紊眼激違絲障激違潟ゃ潟鴻若障 
 .LP
-\-Xrs を指定することによって、影響が 2 つあります。
+\f3\-Xrs\fP 絎翫罨< 2 ゃ綵演帥障 
 .RS 3
 .TP 2
-*
-SIGQUIT スレッドダンプは使用できません。
+o
+SIGQUIT 鴻潟с 
 .TP 2
-*
-シャットダウンフックの実行は、ユーザコードが受け持ちます。
-たとえば JVM が終了するときに System.exit() を呼び出します。
-.TP
-.B \-Xssn
-スレッドスタックサイズを設定します。
-.TP
-.BI \-XX:+UseAltSigs
-VM ではデフォルトで 
-.I SIGUSR1 
-および 
-.I SIGUSR2 
-を使用しますが、
-.I SIGUSR1 
-および 
-.I SIGUSR2 
-をシグナル連鎖するアプリケーションと
-競合する場合があります。
-.I \-XX:+UseAltSigs 
-オプションは、VM にデフォルトとして
-.I SIGUSR1 
-と 
-.I SIGUSR2 
-以外のシグナルを使用させます。
+o
+激c潟絎茵JVM 腟篋鴻 System.exit() 若喝冴若吟若潟若眼ц綽荀 
+.RE
+.TP 3
+\-Xssn 
+鴻鴻帥泣ゃ冴荐絎障 
+.TP 3
+\-XX:+UseAltSigs 
+VM с \f2SIGUSR1\fP  \f2SIGUSR2\fP 篏睡障\f2SIGUSR1\fP  \f2SIGUSR2\fP 激違i≪宴若激с潟 腴九翫障\f2\-XX:+UseAltSigs\fP 激с潟VM  \f2SIGUSR1\fP  \f2SIGUSR2\fP 篁ュ激違篏睡障 
+.RE
+
 .LP
-.SH "注"
+.RE
+.SH "羈"
 .LP
 
 .LP
-\f3\-version:\fP\f2release\fP コマンド行オプションでは、どんなに複雑にリリースを指定してもかまいません。ただし、現実的なリリース指定の限られたサブセットを使用するだけでも適切なポリシーを表現できるため、それらのサブセットのみが完全にサポートされます。それらのポリシーを次に示します。 
+\f3\-version:\fP\f2release\fP 潟潟茵激с潟с茲若鴻絎障障憜若号絎泣祉篏睡с激若茵憗с泣祉帥絎泣若障激若罨<腓冴障 
 .RS 3
 .TP 3
 1.
-任意のバージョン。これは、このオプションを使用しないことで表現できます。 
+篁紙若吾с潟 激с潟篏睡ц;憗с障 
 .TP 3
 2.
-ある特定のバージョン ID よりも大きい任意のバージョン。次に例を示します。 
+劫若吾с ID 紊с篁紙若吾с潟 罨<箴腓冴障 
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -648,15 +440,20 @@
 \fP
 .fi
 .LP
-この場合、1.5.0_03 よりも大きい任意のバージョンが使用されます。これは、指定されたバージョンで特定のインタフェースが導入された (あるいはそのバグが修正された) 場合に便利です。  
+翫1.5.0_03 紊с篁紙若吾с潟篏睡障 絎若吾с潟х劫ゃ潟帥с若鴻絨ャ (違篆罩c) 翫箴水с  
 .TP 3
 3.
-ある特定のバージョン ID よりも大きいバージョン。ただし、そのリリースファミリの上限によって制限するもの。次に例を示します。 
-.TP
+劫若吾с ID 紊с若吾с潟 若鴻<筝c狗箴腓冴障 
+.nf
+\f3
+.fl
 "1.5.0_03+&1.5*"
+.fl
+\fP
+.fi
 .TP 3
 4.
-上の項目 2 または 3 の「OR」表現。次に例を示します。 
+筝 2 障 3 OR茵憗箴腓冴障 
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -664,48 +461,45 @@
 .fl
 \fP
 .fi
-これは項目 2 に似ていますが、ある変更が特定のリリース (1.5) で導入されたが、その同じ変更が以前のリリースのアップデートでも利用可能になった、という場合に便利です。 
+ 2 篌若障紊眼劫若 (1.5) уャ紊眼篁ュ若鴻≪若с純c翫箴水с 
 .RE
 
 .LP
-.SH "関連項目"
+.SH "∫i"
 .LP
 
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
-*
-javac \- Java プログラム言語コンパイラ
+o
+javac(1) 
 .TP 2
-*
-jdb \- Java アプリケーションデバッガ
+o
+jdb(1) 
 .TP 2
-*
-javah \- C ヘッダとスタブファイルジェネレータ
+o
+javah(1) 
 .TP 2
-*
-jar \- JAR アーカイブツール
+o
+jar(1) 
 .TP 2
-*
+o
+.na
+\f2Java ≦宍罘純若若\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/extensions/index.html
-の
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
+.TP 2
+o
 .na
-「\f2The Java Extensions Framework\fP」
+\f2祉ャc若\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/index.html 
 .TP 2
-*
+o
+.na
+\f2HotSpot VM Specific Options\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/index.html
-の
-.na
-「\f2Security Features\fP」
-.TP 2
-*
-.fi
-http://java.sun.com/docs/hotspot/VMOptions.html
-の
-.na
-「\f2HotSpot VM Specific Options\fP」
+http://java.sun.com/docs/hotspot/VMOptions.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,6 +1,4 @@
-.'" t
-."
-." Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 ."
 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
@@ -21,15 +19,45 @@
 ." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
 ." have any questions.
 ."
-." `
-.TH javac 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-." Generated by html2man
+.TH javac 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
 
 .LP
-.SH 名前
-javac \- Java プログラミング言語コンパイラ
+.SH ""
+javac \- Java 違潟域茯潟潟ゃ
 .LP
-.SH "形式"
+.RS 3
+.TP 2
+o
+綵√ 
+.TP 2
+o
+茯 
+.TP 2
+o
+激с 
+.TP 2
+o
+潟潟茵綣違<ゃ 
+.TP 2
+o
+羈 
+.TP 2
+o
+罎膣 
+.TP 2
+o
+違cゃ潟帥с若 
+.TP 2
+o
+箴 
+.TP 2
+o
+∫i 
+.RE
+
+.LP
+.SH "綵√"
 .LP
 
 .LP
@@ -44,7 +72,7 @@
 
 .LP
 .LP
-引数は順不同です。
+綣違筝с
 .LP
 .RS 3
 
@@ -52,61 +80,61 @@
 .RS 3
 .TP 3
 options 
-コマンド行オプション
+潟潟茵激с潟 
 .TP 3
 sourcefiles 
-コンパイルされる 1 つ以上のソースファイル (MyClass.java など)
+潟潟ゃ 1 や札筝純若鴻<ゃ (MyClass.java ) 
 .TP 3
 classes 
-注釈の処理対象となる 1 つ以上のクラス (MyPackage.MyClass など)。
+羈絲乗院 1 や札筝 (MyPackage.MyClass ) 
 .TP 3
 @argfiles 
-オプションとソースファイルを列挙した 1 つ以上のファイル。このファイルの中では、\f2\-J\fP オプションは指定できません。
+激с潟純若鴻<ゃ 1 や札筝<ゃ<ゃ筝с\f2\-J\fP 激с潟絎с障 
 .RE
 
 .LP
 .RE
-.SH "機能説明"
+.SH "茯"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-\f3javac\fP ツールは、Java プログラミング言語で記述されたクラスとインタフェースの定義を読み取り、バイトコードのクラスファイルにコンパイルします。また、Java ソースファイルおよびクラス内の注釈の処理も行います。
+\f3javac\fP 若Java 違潟域茯ц菴違鴻ゃ潟帥с若鴻絎臂茯水ゃ潟若鴻<ゃ潟潟ゃ障障Java 純若鴻<ゃ潟劫羈茵障
 .LP
 .LP
-ソースコードのファイル名を \f3javac\fP に渡すには、次の 2 つの方法があります。
+純若鴻潟若<ゃ \f3javac\fP 羝<罨< 2 ゃ号障
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
-ソースファイルの数が少ない場合は、ファイル名をコマンド行で直接指定します。
+純若鴻<ゃ違絨翫<ゃ潟潟茵х贋・絎障 
 .TP 2
 o
-ソースファイルの数が多い場合は、ファイル名を空白または改行で区切って、1 つのファイルに列挙します。次に、このリストファイル名の先頭に \f3@\fP を付けて、\f3javac\fP のコマンド行で指定します。
+純若鴻<ゃ違紊翫<ゃ腥榊純障壕у阪c1 ゃ<ゃ障罨<鴻<ゃ \f3@\fP 篁\f3javac\fP 潟潟茵ф絎障 
 .RE
 
 .LP
 .LP
-ソースコードのファイル名は \f2.java\fP 拡張子を、クラスのファイル名は \f2.class\fP 拡張子を持っていなければなりません。また、ソースファイルとクラスファイルのどちらも、該当するクラスに対応するルート名を持っていなければなりません。たとえば、\f2MyClass\fP という名前のクラスは、\f2MyClass.class\fP という名前のソースファイルに記述します。このソースファイルは、MyClass.class という名前のバイトコードクラスファイルにコンパイルされます。
+純若鴻潟若<ゃ \f2.java\fP ≦宍絖鴻<ゃ \f2.class\fP ≦宍絖c違障 障純若鴻<ゃ鴻<ゃ<荅峨鴻絲上若c違障違\f2MyClass\fP 鴻\f2MyClass.java\fP 純若鴻<ゃ荐菴違障 純若鴻<ゃ\f2MyClass.class\fP ゃ潟若鴻<ゃ潟潟ゃ障
 .LP
 .LP
-内部クラスが定義されていると、追加のクラスファイルが生成されます。これらのクラスファイルの名前は、\f2MyClass$MyInnerClass.class\fP のように、外部クラス名と内部クラス名を組み合わせたものになります。
+鴻絎臂菴遵鴻<ゃ障鴻<ゃ\f2MyClass$MyInnerClass.class\fP 紊劫劫腟水障
 .LP
 .LP
-ソースファイルは、パッケージツリーを反映したディレクトリツリーに配置する必要があります。たとえば、すべてのソースファイルを \f3/workspace\fP に置いている場合、\f2com.mysoft.mypack.MyClass\fP のソースコードは \f3/workspace/com/mysoft/mypack/MyClass.java\fP にある必要があります。
+純若鴻<ゃ宴若吾若c若臀綽荀障違鴻純若鴻<ゃ \f3/workspace\fP 臀翫\f2com.mysoft.mypack.MyClass\fP 純若鴻潟若 \f3/workspace/com/mysoft/mypack/MyClass.java\fP 綽荀障
 .LP
 .LP
-デフォルトでは、コンパイラは、各クラスファイルを対応するソースファイルと同じディレクトリに置きます。別の出力先ディレクトリを指定するには、\f3\-d\fP を使用します (このあとの「オプション」を参照)。
+с潟潟ゃ鴻<ゃ絲上純若鴻<ゃc臀障ャ阪c絎\f3\-d\fP 篏睡障 (激с潟)
 .LP
-.SH "オプション"
+.SH "激с"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-コンパイラには、現在の開発環境でサポートされており、将来のリリースでもサポートされる標準オプションのセットがあります。これ以外の非標準オプションは、現在の仮想マシンおよびコンパイラの実装に固有のオプションで、将来に変更される可能性があります。非標準オプションは、\f3\-X\fP で始まります。
+潟潟ゃ憜榊医с泣若絨ャ若鴻с泣若罔羣激с潟祉障篁ュ罔羣激с潟憜篁潟激潟潟潟潟ゃ絎茖堺激с潟с絨ャ紊眼醇с障罔羣激с潟\f3\-X\fP у障障
 .LP
 .SS 
-標準オプション
+罔羣激с
 .LP
 .RS 3
 
@@ -114,162 +142,162 @@
 .RS 3
 .TP 3
 \-Akey[=value] 
-注釈プロセッサに渡されるオプション。これらは、javac によって直接解釈されず、個々のプロセッサによって使用されます。\f2key\fP には、1 つまたは複数の識別子を「.」で区切ったものを指定してください。
+羈祉泣羝<激с潟javac c贋・茹i祉泣c篏睡障 \f2key\fP 1 ゃ障茲違茘ュ.у阪c絎 
 .TP 3
-\-cp path または \-classpath path 
-ユーザーのクラスファイルおよび (場合によっては) 注釈プロセッサやソースファイルの検索場所を指定します。このクラスパスは \f3CLASSPATH\fP 環境変数のユーザークラスパスをオーバーライドします。\f3CLASSPATH\fP、\f3\-cp\fP、\f3\-classpath\fP のいずれも指定されていない場合、ユーザークラスパスは、現在のディレクトリになります。詳細は、
+\-cp path 障 \-classpath path 
+若吟若鴻<ゃ (翫c) 羈祉泣純若鴻<ゃ罎膣√贋絎障鴻鴻 \f3CLASSPATH\fP 医紊違若吟若鴻鴻若若ゃ障\f3CLASSPATH\fP\f3\-cp\fP\f3\-classpath\fP 絎翫若吟若鴻鴻憜c障荅括完
 .na
-「\f2Setting the Class Path\fP」
+\f2鴻鴻荐絎\fP @
 .fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#classpath) を参照してください。
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#classpathс 
 .LP
-\f3\-sourcepath\fP オプションが指定されていない場合は、ソースファイルもユーザークラスパスから検索されます。
+\f3\-sourcepath\fP 激с潟絎翫純若鴻<ゃ若吟若鴻鴻罎膣≪障 
 .LP
-\f3\-processorpath\fP オプションが指定されていない場合は、注釈プロセッサもクラスパス内で検索されます。
+\f3\-processorpath\fP 激с潟絎翫羈祉泣若吟若鴻鴻罎膣≪障  
 .LP
-便宜上、\f2*\fP のベース名を含むクラスパス要素は、ディレクトリ内の拡張子 \f2.jar\fP または \f2.JAR\fP を持つすべてのファイルのリストを指定するのと同じであるとみなされます。
+箴水筝\f2*\fP 若劫鴻壕膣c≦宍絖 \f2.jar\fP 障 \f2.JAR\fP ゃ鴻<ゃ鴻絎帥障
 .br
 .br
-たとえば、ディレクトリ \f2foo\fP に \f2a.jar\fP と \f2b.JAR\fP が含まれている場合、クラスパス要素 \f2foo/*\fP は \f2A.jar:b.JAR\fP に展開されます。ただし、JAR ファイルの順番は未定義となります。このリストには、隠しファイルも含め、指定されたディレクトリ内のすべての JAR ファイルが含まれます。\f2*\fP だけから成るクラスパスエントリは、カレントディレクトリ内のすべての JAR ファイルのリストに展開されます。\f2CLASSPATH\fP 環境変数も、定義時には同様に展開されます。\f3注:\fP \ コマンド行環境の構成によっては、\f2javac \-cp "*.jar" MyClass.java\fP などのように、ワイルドカード文字を引用符で囲まなければならない場合があります。
+違c \f2foo\fP  \f2a.jar\fP  \f2b.JAR\fP 障翫鴻壕膣 \f2foo/*\fP  \f2A.jar:b.JAR\fP 絮障 JAR <ゃ絎障鴻<ゃ絎c鴻 JAR <ゃ障障\f2*\fP 鴻鴻潟潟c鴻 JAR <ゃ鴻絮障\f2CLASSPATH\fP 医紊違絎臂罕絮障\f3羈:\fP潟潟茵医罕c\f2javac \-cp "*.jar" MyClass.java\fP ゃ若絖綣膃у蚊障違翫障  
 .TP 3
 \-Djava.ext.dirs=directories 
-インストール型拡張機能の位置をオーバーライドします。
+ゃ潟鴻若≦宍罘純篏臀若若ゃ障 
 .TP 3
 \-Djava.endorsed.dirs=directories 
-承認された標準パスの位置をオーバーライドします。
+粋罔羣鴻篏臀若若ゃ障 
 .TP 3
 \-d directory 
-クラスファイルの出力先ディレクトリを設定します。このディレクトリはあらかじめ用意されている必要があります。\f3javac\fP はディレクトリの作成を行いません。クラスがパッケージの一部である場合、\f3javac\fP は、必要に応じてディレクトリを作成し、パッケージ名を反映したサブディレクトリにクラスファイルを置きます。たとえば、\f3\-d /home/myclasses\fP と指定し、クラスの名前が \f2com.mypackage.MyClass\fP である場合、クラスファイルは \f2/home/myclasses/com/mypackage/MyClass.class\fP になります。
+鴻<ゃ阪c荐絎障cс絖綽荀障 \f3javac\fP c篏障鴻宴若吾筝с翫\f3javac\fP 綽荀綽c篏宴若後泣c鴻<ゃ臀障違\f3\-d /home/myclasses\fP 絎鴻 \f2com.mypackage.MyClass\fP с翫鴻<ゃ \f2/home/myclasses/com/mypackage/MyClass.class\fP 障 
 .LP
-\f3\-d\fP が指定されなかった場合、\f3javac\fP は各クラスファイルを、その生成元となるソースファイルと同じディレクトリ内に格納します。
+\f3\-d\fP 絎c翫\f3javac\fP 鴻<ゃ純若鴻<ゃc主障 
 .LP
-\f3注:\fP \  \f3\-d\fP で指定したディレクトリはユーザークラスパスに自動的には追加されません。
+\f3羈:\fP\f3\-d\fP ф絎c若吟若鴻鴻菴遵障  
 .TP 3
 \-deprecation 
-推奨されないメンバやクラスが、使用またはオーバーライドされるたびに説明を表示します。\f3\-deprecation\fP が指定されていない場合、\f3javac\fP は、推奨されないメンバやクラスを使用またはオーバーライドしているソースファイルの要約を表示します。\f3\-deprecation\fP は \f3\-Xlint:deprecation\fP の省略表記です。
+ィ絅<潟若鴻篏睡障若若ゃ潟茯茵腓冴障\f3\-deprecation\fP 絎翫\f3javac\fP ィ絅<潟若鴻篏睡障若若ゃ純若鴻<ゃ荀膣茵腓冴障\f3\-deprecation\fP  \f3\-Xlint:deprecation\fP ヨ;荐с 
 .TP 3
 \-encoding encoding 
-ソースファイルのエンコーディング名 (\f2EUC\-JP や UTF\-8\fP など) を指定します。\f3\-encoding\fP が指定されていない場合は、プラットフォームのデフォルトコンバータが使われます。
+純若鴻<ゃ潟潟若c潟医 (\f2EUC\-JP\fP  \f2UTF\-8\fP ) 絎障\f3\-encoding\fP 絎翫若潟潟若帥篏帥障 
 .TP 3
 \-g 
-局所変数を含むすべてのデバッグ情報を生成します。デフォルトでは、行番号およびソースファイル情報だけが生成されます。
+絮紊違鴻井宴障с茵垩潟純若鴻<ゃ宴障 
 .TP 3
 \-g:none 
-デバッグ情報を生成しません。
+井宴障 
 .TP 3
 \-g:{keyword list} 
-コンマで区切られたキーワードリストにより指定された、特定の種類のデバッグ情報だけを生成します。次のキーワードが有効です。
+潟潟у阪若若鴻絎劫腮蕁井宴障罨<若若鴻с 
 .RS 3
 .TP 3
 source 
-ソースファイルのデバッグ情報
+純若鴻<ゃ井 
 .TP 3
 lines 
-行番号のデバッグ情報
+茵垩井 
 .TP 3
 vars 
-局所変数のデバッグ情報
+絮紊違井 
 .RE
 .TP 3
 \-help 
-標準オプションの形式を表示します。
+罔羣激с潟綵√茵腓冴障 
 .TP 3
 \-implicit:{class,none} 
-暗黙的にロードされたソースファイルに対するクラスファイルの生成を制御します。クラスファイルを自動生成するには、\f3\-implicit:class\fP を使用します。クラスファイルの生成を抑制するには、\f3\-implicit:none\fP を使用します。このオプションが指定されなかった場合のデフォルト動作は、クラスファイルの自動生成になります。その場合、そのようなクラスファイルが生成された時に注釈処理も実行されると、コンパイラから警告が発行されます。このオプションが明示的に設定された場合には、警告は発行されません。「型の検索」を参照してください。
+藥若純若鴻<ゃ絲障鴻<ゃ九勝障鴻<ゃ\f3\-implicit:class\fP 篏睡障鴻<ゃ吟\f3\-implicit:none\fP 篏睡障 激с潟絎c翫篏鴻<ゃ障翫鴻<ゃ羈絎茵潟潟ゃ茘肴障 激с潟腓榊荐絎翫茘肴障 罎膣≪с 
 .TP 3
 \-nowarn 
-警告メッセージを無効にします。これは \f3\-Xlint:none\fP と同じ意味です。
+茘<祉若吾≦鴻障 \f3\-Xlint:none\fP 潟с 
 .TP 3
 \-proc: {none,only} 
-注釈処理、コンパイル、その両方、のいずれを実行するかを制御します。\f3\-proc:none\fP は、注釈処理なしでコンパイルが実行されることを意味します。\f3\-proc:only\fP は、注釈処理だけが実行され、後続のコンパイルはまったく実行されないことを意味します。
+羈潟潟ゃ筝≧鴻絎茵九勝障\f3\-proc:none\fP 羈с潟潟ゃ絎茵潟障\f3\-proc:only\fP 羈絎茵緇膓潟潟ゃ障c鎘茵潟障 
 .TP 3
 \-processor class1[,class2,class3...] 
-実行する注釈プロセッサの名前。これを指定した場合、デフォルトの検索処理は省略されます。
+絎茵羈祉泣絎翫罎膣√ャ障 
 .TP 3
 \-processorpath path 
-注釈プロセッサの検索場所を指定します。このオプションを使用しなかった場合、クラスパス内でプロセッサの検索が行われます。
+羈祉泣罎膣√贋絎障 激с潟篏睡c翫鴻劫с祉泣罎膣≪茵障 
 .TP 3
 \-s dir 
-生成されたソースファイルの格納先となるディレクトリを指定します。そのディレクトリはすでに存在している必要があります。\f3javac\fP は作成しません。クラスがパッケージの一部になっていた場合、コンパイラはそのソースファイルを、パッケージ名を反映したサブディレクトリ内に格納します。その際、必要に応じてディレクトリを作成します。たとえば、ユーザーが \f3\-s /home/mysrc\fP と指定し、クラスの名前が \f2com.mypackage.MyClass\fP であった場合、そのソースファイルは \f2/home/mysrc/com/mypackage/MyClass.java\fP 内に格納されます。
+純若鴻<ゃ主c絎障cс絖綽荀障 \f3javac\fP 篏障鴻宴若吾筝c翫潟潟ゃ純若鴻<ゃ宴若後泣c主障 綽荀綽c篏障違若吟若 \f3\-s /home/mysrc\fP 絎鴻 \f2com.mypackage.MyClass\fP сc翫純若鴻<ゃ \f2/home/mysrc/com/mypackage/MyClass.java\fP 主障 
 .TP 3
 \-source release 
-受け付けるソースコードのバージョンを指定します。\f2release\fP には次の値を指定できます。
+篁純若鴻潟若若吾с潟絎障\f2release\fP 罨<ゃ絎с障 
 .RS 3
 .TP 3
 1.3 
-このコンパイラでは、JDK 1.3 以降に導入されたアサーション、汎用機能、または他の言語機能をサポート\f2しません\fP。
+潟潟ゃсJDK 1.3 篁ラ絨ャ≪泣若激с潟膩霡違障篁荐茯罘純泣若障 
 .TP 3
 1.4 
-JDK 1.4 で導入された、アサーションを含むコードを受け付けます。
+JDK 1.4 уャ≪泣若激с潟潟若篁障 
 .TP 3
 1.5 
-JDK 5 で導入された汎用機能および他の言語機能を含んだコードを受け付けます。
+JDK 5 уャ膩霡違割荐茯罘純潟若篁障 
 .TP 3
 5 
-1.5 と同義です。
+1.5 臂с 
 .TP 3
 1.6 
-これがデフォルト値です。Java SE 6 では言語に対する変更は導入されませんでしたが、ソースファイル内のエンコーディングエラーが、以前のような「警告」ではなく、「エラー」として報告されるようになりました。
+ゃсJava SE 6 с荐茯絲障紊眼絨ャ障с純若鴻<ゃ潟潟若c潟違若篁ュ茘с若怨障 
 .TP 3
 6 
-1.6 と同義です。
+1.6 臂с 
 .RE
 .TP 3
 \-sourcepath sourcepath 
-クラスまたはインタフェースの定義を検索するソースコードパスを指定します。ユーザークラスパスと同様に、ソースパスの複数のエントリはコロン (\f3:\fP) で区切ります。 ソースパスのエントリには、ディレクトリ、JAR アーカイブ、または ZIP アーカイブを指定できます。パッケージを使っている場合は、ディレクトリまたはアーカイブ内のローカルパス名がパッケージ名を反映していなければなりません。
+鴻障ゃ潟帥с若鴻絎臂罎膣≪純若鴻潟若鴻絎障若吟若鴻鴻罕純若鴻鴻茲違潟潟 (\f3:\fP) у阪障 純若鴻鴻潟cJAR ≪若ゃ障 ZIP ≪若ゃ絎с障宴若吾篏帥c翫c障≪若ゃ若劫宴若後違障 
 .LP
-\f3注:\fP \  クラスパスからクラスだけでなくそのソースも見つかった場合、そのクラスは自動再コンパイルの対象になることがあります。「型の検索」を参照してください。
+\f3羈:\fP\ 鴻鴻鴻с純若鴻荀ゃc翫鴻潟潟ゃ絲乗院障罎膣≪с  
 .TP 3
 \-verbose 
-詳細な出力を表示します。ロードされるクラスおよびコンパイルされるソースファイルごとの情報が出力されます。
+荅括完阪茵腓冴障若鴻潟潟潟ゃ純若鴻<ゃ宴阪障 
 .TP 3
 \-X 
-非標準オプションに関する情報を表示して終了します。
+罔羣激с潟≪宴茵腓冴腟篋障 
 .RE
 
 .LP
 .RE
 .SS 
-クロスコンパイルオプション
+鴻潟潟ゃ激с
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-デフォルトでは、クラスのコンパイルは、\f3javac\fP が添付されているプラットフォームのブートストラップクラスおよび拡張機能クラスに対して行われます。ただし、\f3javac\fP は、異なる Java プラットフォームに実装されたブートストラップクラスおよび拡張機能クラスに対してコンパイルを行う「\f2クロスコンパイル\fP」もサポートしています。クロスコンパイルを行う場合は、\f3\-bootclasspath\fP および \f3\-extdirs\fP を使うことが重要です。このあとの「クロスコンパイルの例」を参照してください。
+с鴻潟潟ゃ\f3javac\fP 羞私若若鴻鴻恰≦宍罘純鴻絲障茵障\f3javac\fP 違 Java 若絎茖若鴻鴻恰≦宍罘純鴻絲障潟潟ゃ茵鴻潟潟ゃ泣若障鴻潟潟ゃ茵翫\f3\-bootclasspath\fP  \f3\-extdirs\fP 篏帥荀с 鴻潟潟ゃ箴с
 .LP
 .RS 3
 .TP 3
 \-target version 
-指定されたバージョンの VM をターゲットにしたクラスファイルを生成します。このクラスファイルは、指定されたターゲット以降のバージョンでは動作しますが、それより前のバージョンの VM では動作しません。有効なターゲットは、\f31.1\fP、\f31.2\fP、\f31.3\fP、\f31.4\fP、\f31.5\fP (\f35\fP も可)、および \f31.6\fP (\f36\fP も可) です。
+絎若吾с潟 VM 帥若蚊鴻<ゃ障鴻<ゃ絎帥若蚊篁ラ若吾с潟с篏障若吾с潟 VM с篏障鴻帥若蚊\f31.1\fP\f31.2\fP\f31.3\fP\f31.4\fP\f31.5\fP (\f35\fP ) \f31.6\fP (\f36\fP ) с 
 .LP
-\f3\-target\fP のデフォルトは、次のように \f3\-source\fP の値によって決まります。
+\f3\-target\fP 罨< \f3\-source\fP ゃc羆冴障障 
 .RS 3
 .TP 2
 o
-\-source が\f3指定されなかった\fP場合、\-target の値は \f31.6\fP になります。
+\-source \f3絎c\fP翫\-target ゃ \f31.6\fP 障 
 .TP 2
 o
-\-source が \f31.2\fP の場合、\-target の値は \f31.4\fP になります。
+\-source \f31.2\fP 翫\-target ゃ \f31.4\fP 障 
 .TP 2
 o
-\-source が \f31.3\fP の場合、\-target の値は \f31.4\fP になります。
+\-source \f31.3\fP 翫\-target ゃ \f31.4\fP 障 
 .TP 2
 o
-\-source が\f3それ以外の値の場合はすべて\fP、\-target の値は \f3\-source\fP の値になります。
+\-source \f3篁ュゃ翫鴻\fP\\\-target ゃ \f3\-source\fP ゃ障 
 .RE
 .TP 3
 \-bootclasspath bootclasspath 
-指定された一連のブートクラスに対してクロスコンパイルを行います。ユーザークラスパスと同様に、ブートクラスパスの複数のエントリはコロン (\f3:\fP) で区切ります。ブートクラスパスのエントリには、ディレクトリ、JAR アーカイブ、または ZIP アーカイブを指定できます。
+絎筝c若鴻絲障鴻潟潟ゃ茵障若吟若鴻鴻罕若鴻鴻茲違潟潟 (\f3:\fP) у阪障 若鴻鴻潟cJAR ≪若ゃ障 ZIP ≪若ゃ絎с障 
 .TP 3
 \-extdirs directories 
-指定された拡張機能ディレクトリに対してクロスコンパイルを行います。\f2directories\fP には、コロンで区切ったディレクトリのリストを指定します。指定したディレクトリ内の各 JAR アーカイブから、クラスファイルが検索されます。
+絎≦宍罘純c絲障鴻潟潟ゃ茵障\f2directories\fP 潟潟у阪cc鴻絎障絎c JAR ≪若ゃ鴻<ゃ罎膣≪障 
 .RE
 
 .LP
 .RE
 .SS 
-非標準オプション
+罔羣激с
 .LP
 .RS 3
 
@@ -277,37 +305,37 @@
 .RS 3
 .TP 3
 \-Xbootclasspath/p:path 
-ブートストラップクラスパスの前に追加します。
+若鴻鴻鴻菴遵障 
 .TP 3
 \-Xbootclasspath/a:path 
-ブートストラップクラスパスの後ろに追加します。
+若鴻鴻鴻緇菴遵障 
 .TP 3
 \-Xbootclasspath/:path 
-ブートストラップクラスファイルの位置をオーバーライドします。
+若鴻鴻<ゃ篏臀若若ゃ障 
 .TP 3
 \-Xlint 
-推奨されるすべての警告を有効にします。このリリースでは、利用可能なすべての警告が推奨されています。
+ィ絅鴻茘鴻障若鴻с純鴻茘ィ絅障 
 .TP 3
 \-Xlint:none 
-Java 言語仕様では指定されていないすべての警告を無効にします。
+Java 荐茯篁罕с絎鴻茘≦鴻障 
 .TP 3
 \-Xlint:\-name 
-警告 \f2name\fP を無効にします。ただし、\f2name\fP は、\f3\-Xlint:\fP\f2name\fP に使用できる警告名のいずれかになります。この警告名は次のとおりです。
+茘 \f2name\fP ≦鴻障 \f2name\fP \f3\-Xlint:\fP\f2name\fP 篏睡с茘障 茘罨<с 
 .TP 3
 \-Xlint:unchecked 
-Java 言語仕様で指定されている未検査変換警告の詳細を示します。
+Java 荐茯篁罕ф絎罎糸茘荅括完腓冴障 
 .TP 3
 \-Xlint:path 
-存在しないパス (classpath、sourcepath など) ディレクトリについて警告します。
+絖 (classpathsourcepath ) cゃ茘障 
 .TP 3
 \-Xlint:serial 
-\f2serialVersionUID\fP 定義が直列化可能クラスにないことを警告します。
+\f2serialVersionUID\fP 絎臂翫純鴻茘障 
 .TP 3
 \-Xlint:finally 
-正常に完了できない \f2finally\fP 節について警告します。
+罩e幻絎篋с \f2finally\fP 膀ゃ茘障 
 .TP 3
 \-Xlint:fallthrough 
-fall\-through ケースの \f2switch\fP ブロックをチェックし、検出されたものに対して警告メッセージを表示します。fall\-through ケースは、\f2switch\fP ブロック内の最後のケースを除くケースです。このコードには \f2break\fP 文は含まれません。コードの実行をそのケースから次のケースへ移動します。たとえば、この \f2switch\fP ブロック内の \f2case 1\fP ラベルに続くコードは、\f2break\fP 文で終わっていません。
+fall\-through 宴若鴻 \f2switch\fP с罎冴絲障茘<祉若吾茵腓冴障Fall\-through 宴若鴻\f2switch\fP 緇宴若鴻ゃ宴若鴻с 潟若 \f2break\fP 障障 潟若絎茵宴若鴻罨<宴若鴻悟Щ障違 \f2switch\fP  \f2case 1\fP 膓潟若\f2break\fP хc障 
 .RS 3
 
 .LP
@@ -333,34 +361,34 @@
 \fP
 .fi
 .RE
-このコードのコンパイル時に \f2\-Xlint:fallthrough\fP フラグが使用されていた場合、コンパイラは 当該ケースの行番号とともに、fall\-through ケースの可能性があることを示す警告を発行します。
+潟若潟潟ゃ \f2\-Xlint:fallthrough\fP 違篏睡翫潟潟ゃ 綵荅蚊宴若鴻茵垩fall\-through 宴若鴻醇с腓冴茘肴障 
 .TP 3
-\-Xmaxerrors number 
-印刷するエラーの最大数を設定します。
+\-Xmaxerrs number 
+医激若紊ф違荐絎障 
 .TP 3
 \-Xmaxwarns number 
-印刷する警告の最大数を設定します。
+医激茘紊ф違荐絎障 
 .TP 3
 \-Xstdout filename 
-コンパイラのメッセージを、指定されたファイルに送ります。デフォルトでは、コンパイラのメッセージは \f2System.err\fP に送られます。
+潟潟ゃ<祉若吾絎<ゃ障с潟潟ゃ<祉若吾 \f2System.err\fP 障 
 .TP 3
 \-Xprefer:{newer,source} 
-ある型に対してソースファイルとクラスファイルの両方が見つかった場合、そのどちらのファイルを読み取るべきかを指定します (「型の検索」を参照)。\f2\-Xprefer:newer\fP を使用した場合、ある型に対するソースファイルとクラスファイルの新しい方が読み取られます (デフォルト)。\f2\-Xprefer:source\fP オプションを使用した場合、ソースファイルが読み取られます。\f2SOURCE\fP の保存ポリシーを使って宣言された注釈に任意の注釈プロセッサがアクセスできるようにしたい場合は、\f2\-Xprefer:source\fP を使用してください。
+絲障純若鴻<ゃ鴻<ゃ筝≧鴻荀ゃc翫<<ゃ茯水鴻絎障 (罎膣≪)\f2\-Xprefer:newer\fP 篏睡翫絲障純若鴻<ゃ鴻<ゃ違鴻茯水障 ()\f2\-Xprefer:source\fP激с潟篏睡翫純若鴻<ゃ茯水障\f2SOURCE\fP 篆絖激若篏帥c絎h羈篁紙羈祉泣≪祉鴻с翫\f2\-Xprefer:source\fP篏睡 
 .TP 3
 \-Xprint 
-指定された型のテキスト表現をデバッグ目的で出力します。注釈処理、コンパイルのどちらも実行しません。出力形式は変更される可能性があります。
+絎鴻茵憗亥у阪障 羈潟潟ゃ<絎茵障阪綵√紊眼醇с障 
 .TP 3
 \-XprintProcessorInfo 
-ある特定のプロセッサが処理を依頼されている注釈に関する情報を出力します。
+劫祉泣箴若羈≪宴阪障 
 .TP 3
 \-XprintRounds 
-初回および後続の注釈処理ラウンドに関する情報を出力します。
+喝膓羈潟≪宴阪障 
 .RE
 
 .LP
 .RE
 .SS 
-\-J オプション
+\-J 激с
 .LP
 .RS 3
 
@@ -368,34 +396,34 @@
 .RS 3
 .TP 3
 \-Joption 
-\f3javac\fP が呼び出す \f3java\fP 起動ツールに、\f2option\fP を渡します。たとえば、\f3\-J\-Xms48m\fP と指定すると、スタートアップメモリは 48M バイトに設定されます。このオプションは \f3\-X\fP で始まっていませんが、\f3javac\fP の「標準オプション」ではありません。\f3\-J\fP を使って、Java で記述されたアプリケーションを実行する背後の VM にオプション渡すことは、よく行われています。
+\f3javac\fP 若喝冴 \f3java\fP 莎桁若\f2option\fP 羝<障違\f3\-J\-Xms48m\fP 絎鴻帥若≪<≪若 48M ゃ荐絎障激с潟 \f3\-X\fP у障c障\f3javac\fP 罔羣激с潟с障\f3\-J\fP 篏帥cJava ц菴違≪宴若激с潟絎茵緇 VM 激с恰検頫障 
 .LP
-\f3注:\fP \  \f3CLASSPATH\fP、\f3\-classpath\fP、\f3\-bootclasspath\fP、および \f3\-extdirs\fP は、\f3javac\fP を実行するために使うクラスを指定するものでは\f2ありません\fP。このような方法でコンパイラの実装を操作することは、通常は無意味であり、常に危険を伴います。このような方法を使う必要がある場合は、\f3\-J\fP オプションを使って、必要なオプションを背後の \f3java\fP 起動ツールに渡してください。
+\f3羈:\fP \  \f3CLASSPATH\fP\f3\-classpath\fP\f3\-bootclasspath\fP \f3\-extdirs\fP \f3javac\fP 絎茵篏帥鴻絎с障号с潟潟ゃ絎茖篏絽吾≧潟с絽吾演冴篌眼障号篏帥綽荀翫\f3\-J\fP 激с潟篏帥c綽荀激с潟緇 \f3java\fP 莎桁若羝<  
 .RE
 
 .LP
 .RE
-.SH "コマンド行引数ファイル"
+.SH "潟潟茵綣違<ゃ"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-javac のコマンド行を短くしたり簡潔にしたりするために、\f2javac\fP コマンドに対する引数 (\f2\-J\fP オプションを除く) を含む 1 つ以上のファイルを指定することができます。この方法を使うと、どのオペレーティングシステム上でも、任意の長さの javac コマンドを作成できます。
+\f2javac\fP 潟潟茵膂≧\f2javac\fP 潟潟絲障綣 (\f2\-J\fP 激с潟ゃ)  1 や札筝<ゃ絎с障号篏帥若c潟違激鴻筝с篁紙激 javac 潟潟篏с障
 .LP
 .LP
-引数ファイルには、javac のオプションとソースファイル名を自由に組み合わせて記述できます。ファイル内の各引数は、スペースまたは改行で区切ります。ファイル名に空白が含まれている場合は、そのファイル名全体を二重引用符で囲みます。
+綣違<ゃjavac 激с潟純若鴻<ゃ宴腟水荐菴違с障<ゃ綣違鴻若鴻障壕у阪障<ゃ腥榊純障翫<ゃ篏篋綣膃у蚊帥障
 .LP
 .LP
-引数ファイル内のファイル名は、現在のディレクトリから見た相対パスになります。引数ファイルの位置から見た相対パスではありません。引数ファイル内のファイル名リストでは、ワイルドカード (*) は使用できません。たとえば、\f2*.java\fP とは指定できません。引数ファイル内の引数で \f2@\fP 文字を使用して、複数のファイルを再帰的に解釈することはサポートされていません。また、\f2\-J\fP オプションもサポートされていません。このオプションは起動ツールに渡されますが、起動ツールでは引数ファイルをサポートしていないからです。
+綣違<ゃ<ゃ憜c荀後障鴻障綣違<ゃ篏臀荀後障鴻с障綣違<ゃ<ゃ鴻сゃ若 (*) 篏睡с障違\f2*.java\fP 絎с障綣違<ゃ綣違 \f2@\fP 絖篏睡茲違<ゃ絽亥茹i泣若障障\f2\-J\fP 激с潟泣若障 激с潟莎桁若羝<障莎桁若с綣違<ゃ泣若с
 .LP
 .LP
-javac を実行するときに、各引数ファイルのパスとファイル名の先頭に \f2@\fP 文字を付けて渡します。javac は、\f2@\fP 文字で始まる引数を見つけると、そのファイルの内容を展開して引数リストに挿入します。
+javac 絎茵綣違<ゃ鴻<ゃ \f2@\fP 絖篁羝<障javac \f2@\fP 絖у障綣違荀ゃ<ゃ絎鴻絮綣違鴻水ャ障
 .LP
 .SS 
-例 \- 引数ファイルを 1 つ指定
+綣違<ゃ 1 ゆ絎箴
 .LP
 .LP
-\f2argfile\fP という名前の引数ファイルにすべての javac 引数を格納する場合は、次のように指定します。
+\f2argfile\fP 綣違<ゃ鴻 javac 綣違主翫罨<絎障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -408,16 +436,16 @@
 
 .LP
 .LP
-この引数ファイルには、次の例で示されている 2 つのファイルの内容を両方とも入れることができます。
+綣違<ゃ罨<箴хず 2 ゃ<ゃ絎鴻筝≧鴻ャс障
 .LP
 .SS 
-例 \- 引数ファイルを 2 つ指定
+綣違<ゃ 2 ゆ絎箴
 .LP
 .LP
-たとえば、javac オプション用に 1 ファイル、ソースファイル名用に 1 ファイルというように、2 つの引数ファイルを作成することもできます。なお、このあとのリストでは、行の継続文字を使用していません。
+違javac 激с括 1 <ゃ純若鴻<ゃ 1 <ゃ2 ゃ綣違<ゃ篏с障鴻с茵膓膓絖篏睡障
 .LP
 .LP
-以下の内容を含む \f2options\fP という名前のファイルを作成します。
+篁ヤ絎鴻 \f2options\fP <ゃ篏障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -435,7 +463,7 @@
 
 .LP
 .LP
-以下の内容を含む \f2classes\fP という名前のファイルを作成します。
+篁ヤ絎鴻 \f2classes\fP <ゃ篏障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -453,7 +481,7 @@
 
 .LP
 .LP
-次のコマンドを使用して \f3javac\fP を実行します。
+罨<潟潟篏睡 \f3javac\fP 絎茵障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -466,10 +494,10 @@
 
 .LP
 .SS 
-例 \- パス付きの引数ファイル
+剛綣違<ゃ箴
 .LP
 .LP
-引数ファイルには、パスを指定できます。ただし、そのファイル内に指定されたファイル名は、現在の作業ディレクトリから見た相対パスになります。つまり、下の例の場合は、\f2path1\fP や \f2path2\fP から見た相対パスではありません。
+綣違<ゃ鴻絎с障 <ゃ絎<ゃ憜篏罐c荀後障鴻障 ゃ障筝箴翫\f2path1\fP  \f2path2\fP 荀後障鴻с障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -481,81 +509,85 @@
 .fi
 
 .LP
-.SH "注釈処理"
+.SH "羈"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-\f3javac\fP が注釈処理を直接サポートしているため、独立した注釈処理ツールである \f3apt\fP を使用する必要がなくなりました。
+\f3javac\fP 羈贋・泣若腴羈若с \f3apt\fP 篏睡綽荀障
 .LP
 .LP
-注釈処理の API は、\f2javax.annotation.processing\fP および \f2javax.lang.model\fP パッケージとそのサブパッケージ内に定義されています。
+羈 API \f2javax.annotation.processing\fP  \f2javax.lang.model\fP 宴若吾泣宴若後絎臂障
 .LP
 .SS 
-注釈処理の概要
+羈网荀
 .LP
 .LP
-\f3\-proc:none\fP オプションによって注釈処理が無効化されないかぎり、コンパイラは使用可能なすべての注釈プロセッサを検索します。検索パスは \f3\-processorpath\fP オプションを使って指定できます。検索パスを指定しなかった場合は、ユーザークラスパスが使用されます。プロセッサの検索は、検索パス上の \f2META_INF/services/javax.annotation.processing.Processor\fP という名前のサービスプロバイダ構成ファイルに基づいて行われます。このようなファイルには、使用するすべての注釈プロセッサの名前を、1 行に 1 つずつ含めてください。また、別の方法として、\f3\-processor\fP オプションを使ってプロセッサを明示的に指定することもできます。
+\f3\-proc:none\fP 激с潟c羈≦劫潟潟ゃ篏睡純鴻羈祉泣罎膣≪障罎膣≪鴻 \f3\-processorpath\fP 激с潟篏帥c絎с障 罎膣≪鴻絎c翫若吟若鴻鴻篏睡障祉泣罎膣≪罎膣≪剛
+.br
+\f2\  META\-INF/services/javax.annotation.processing.Processor\fP
+.br
+泣若鴻ゃ罕<ゃ冴ャ茵障<ゃ篏睡鴻羈祉泣1 茵 1 ゃゅ障ャ号\f3\-processor\fP 激с潟篏帥c祉泣腓榊絎с障
 .LP
 .LP
-コンパイラは、コマンド行のソースファイルやクラスを走査することで、どのような注釈が存在しているかを確認し終わると、プロセッサに対して問い合わせを行い、それらのプロセッサがどの注釈を処理できるのかを確認します。一致するものが見つかった場合、そのプロセッサが呼び出されます。各プロセッサは、自身が処理する注釈を「要求」できます。 その場合、それらの注釈に対する別のプロセッサを見つける試みは行われません。すべての注釈が要求されてしまうと、コンパイラはそれ以上プロセッサの検索を行いません。
+潟潟ゃ潟潟茵純若鴻<ゃ鴻莎井祉с羈絖腆肴腟祉泣絲障茵祉泣羈с腆肴障筝眼荀ゃc翫祉泣若喝冴障祉泣荳羈荀羆с障 翫羈絲障ャ祉泣荀ゃ荅帥茵障鴻羈荀羆障潟潟ゃ篁ヤ祉泣罎膣≪茵障
 .LP
 .LP
-いずれかのプロセッサによって新しいソースファイルが生成されると、注釈処理の 2 回目のラウンドが開始されます。新しく生成されたすべてのソースファイルが走査され、前回と同様に注釈が処理されます。以前のラウンドで呼び出されたプロセッサはすべて、後続のどのラウンドでも呼び出されます。これが、新しいソースファイルが生成されなくなるまで続きます。
+祉泣c違純若鴻<ゃ羈 2 潟紮障違鴻純若鴻<ゃ莎井祉罕羈障篁ュ潟у若喝冴祉泣鴻緇膓潟с若喝冴障違純若鴻<ゃ障х障
 .LP
 .LP
-あるラウンドで新しいソースファイルが生成されなかった場合、注釈プロセッサがあと 1 回だけ呼び出され、必要な処理を実行する機会が与えられます。最後に、\f3\-proc:only\fP オプションが使用されないかぎり、コンパイラは、元のソースファイルと生成されたすべてのソースファイルをコンパイルします。
+潟ф違純若鴻<ゃc翫羈祉泣 1 若喝冴綽荀絎茵罘篌筝障 緇\f3\-proc:only\fP 激с潟篏睡潟潟ゃ純若鴻<ゃ鴻純若鴻<ゃ潟潟ゃ障
 .LP
 .SS 
-暗黙的にロードされたソースファイル
+藥若純若鴻<ゃ
 .LP
 .LP
-コンパイラは、一連のソースファイルをコンパイルする際に、別のソースファイルを暗黙的にロードしなければならない場合があります (「型の検索」を参照)。そのようなファイルは、現時点では注釈処理の対象になりません。デフォルトでは、注釈処理が実行され、かつ暗黙的にロードされたソースファイルが 1 つでもコンパイルされた場合にコンパイラは警告を発行します。この警告を抑制する方法については、\-implicit オプションを参照してください。
+潟潟ゃ筝c純若鴻<ゃ潟潟ゃャ純若鴻<ゃ藥若違翫障 (罎膣≪)<ゃ憝鴻с羈絲乗院障с羈絎茵ゆ藥若純若鴻<ゃ 1 ゃс潟潟ゃ翫潟潟ゃ茘肴障茘吟号ゃ\-implicit 激с潟с
 .LP
-.SH "型の検索"
+.SH "罎膣"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-ソースファイルをコンパイルする場合、コマンド行で指定したソースファイルに型の定義が見つからないとき、コンパイラは通常、その型に関する情報を必要とします。コンパイラは、ソースファイルで使われているクラスまたはインタフェース、拡張されているクラスまたはインタフェース、あるいは実装されているクラスまたはインタフェースすべてについて、型の情報を必要とします。これには、ソースファイルで明示的には言及されていなくても、継承を通じて情報を提供するクラスとインタフェースも含まれます。
+純若鴻<ゃ潟潟ゃ翫潟潟茵ф絎純若鴻<ゃ絎臂荀ゃ潟潟ゃ絽吾≪宴綽荀障潟潟ゃ純若鴻<ゃт戎鴻障ゃ潟帥с若鴻≦宍鴻障ゃ潟帥с若鴻絎茖鴻障ゃ潟帥с若鴻鴻ゃ宴綽荀障純若鴻<ゃф腓榊荐膓帥宴箴鴻ゃ潟帥с若鴻障障
 .LP
 .LP
-たとえば、\f3java.applet.Applet\fP をサブクラスにした場合、アプレットの祖先のクラス (\f3java.awt.Panel\fP、\f3java.awt.Container\fP、\f3java.awt.Component\fP、\f3java.lang.Object\fP) を使用していることになります。
+違\f3java.applet.Applet\fP 泣鴻翫\f3≪\fP腑刻\f3java.awt.Panel\fP\f3java.awt.Container\fP\f3java.awt.Component\fP\f3java.lang.Object\fP鐚篏睡障
 .LP
 .LP
-コンパイラは、型の情報が必要になると、その型を定義しているソースファイルまたはクラスファイルを探します。まず、ブートストラップクラスと拡張機能クラスを検索し、続いてユーザークラスパス (デフォルトではカレントディレクトリ) を検索します。ユーザークラスパスは、\f3CLASSPATH\fP 環境変数を設定して定義するか、または \f3\-classpath\fP コマンド行オプションを使って設定します。詳細は、
+潟潟ゃ宴綽荀絎臂純若鴻<ゃ障鴻<ゃ「障障若鴻鴻≦宍罘純鴻罎膣≪膓若吟若鴻 (с潟c) 罎膣≪障若吟若鴻鴻\f3CLASSPATH\fP 医紊違荐絎絎臂障 \f3\-classpath\fP 潟潟茵激с潟篏帥c荐絎障荅括完
 .na
-「\f2Setting the Class Path\fP」
+\f2鴻鴻荐絎\fP @
 .fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#classpath) を参照してください。
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#classpathс
 .LP
 .LP
-\-sourcepath オプションが指定されている場合、コンパイラは、指定されたパスからソースファイルを検索します。それ以外の場合は、ユーザークラスパスからクラスファイルとソースファイルの両方を検索します。
+\-sourcepath 激с潟絎翫潟潟ゃ絎鴻純若鴻<ゃ罎膣≪障 篁ュ翫若吟若鴻鴻鴻<ゃ純若鴻<ゃ筝≧鴻罎膣≪障
 .LP
 .LP
-\f3\-bootclasspath\fP オプションと \f3\-extdirs\fP オプションを使うと、別のブートストラップクラスや拡張機能クラスを指定できます。このあとの「クロスコンパイルオプション」を参照してください。
+\f3\-bootclasspath\fP 激с潟 \f3\-extdirs\fP 激с潟篏帥ャ若鴻鴻≦宍罘純鴻絎с障 鴻潟潟ゃ激с潟с
 .LP
 .LP
-型の検索に成功した場合の結果は、クラスファイル、ソースファイル、またはその両方である場合があります。両方が見つかった場合、そのどちらを使用すべきかを \-Xprefer オプションでコンパイラに指示できます。\f3newer\fP が指定された場合、コンパイラは 2 つのファイルの新しい方を使用します。\f3source\fP が指定された場合、コンパイラはソースファイルを使用します。デフォルトは \f3newer\fP です。
+罎膣≪緇腟鴻<ゃ純若鴻<ゃ障筝≧鴻с翫障筝≧鴻荀ゃc翫<篏睡鴻 \-Xprefer 激с潟с潟潟ゃ腓冴с障\f3newer\fP 絎翫潟潟ゃ 2 ゃ<ゃ違鴻篏睡障\f3source\fP 絎翫潟潟ゃ純若鴻<ゃ篏睡障 \f3newer\fP с
 .LP
 .LP
-型の検索自体によって、または \f3\-Xprefer\fP が設定された結果として必要な型のソースファイルが見つかった場合、コンパイラはそのソースファイルを読み取り、必要な情報を取得します。さらに、コンパイラはデフォルトで、そのソースファイルのコンパイルも行います。\-implicit オプションを使えばその動作を指定できます。\f3none\fP を指定した場合、そのソースファイルのクラスファイルは生成されません。\f3class\fP を指定した場合、そのソースファイルのクラスファイルが生成されます。
+罎膣∵篏c障 \f3\-Xprefer\fP 荐絎腟綽荀純若鴻<ゃ荀ゃc翫潟潟ゃ純若鴻<ゃ茯水綽荀宴緇障潟潟ゃс純若鴻<ゃ潟潟ゃ茵障\-implicit 激с潟篏帥違篏絎с障\f3none\fP 絎翫純若鴻<ゃ鴻<ゃ障\f3class\fP 絎翫純若鴻<ゃ鴻<ゃ障
 .LP
 .LP
-コンパイラは、注釈処理の完了後に、ある型情報の必要性を認識する場合があります。その型情報があるソースファイル内に見つかり、かつ \f3\-implicit\fP オプションが指定されていない場合は、そのファイルが注釈処理の対象とならずにコンパイルされることを、コンパイラがユーザーに警告します。この警告を無効にするには、(そのファイルが注釈処理の対象となるように) そのファイルをコマンド行に指定するか、あるいはそのようなソースファイルに対してクラスファイルを生成すべきかどうかを \f3\-implicit\fP オプションを使って指定します。
+潟潟ゃ羈絎篋緇宴綽荀с茯茘翫障宴純若鴻<ゃ荀ゃ \f3\-implicit\fP 激с潟絎翫<ゃ羈絲乗院潟潟ゃ潟潟ゃ若吟若茘障茘≦鴻(<ゃ羈絲乗院) <ゃ潟潟茵絎純若鴻<ゃ絲障鴻<ゃ鴻 \f3\-implicit\fP 激с潟篏帥c絎障
 .LP
-.SH "プログラマティックインタフェース"
+.SH "違cゃ潟帥с若"
 .LP
 
 .LP
 .LP
-\f3javac\fP は、\f2javax.tools\fP パッケージ内のクラスとインタフェースによって定義される新しい Java Compiler API をサポートします。
+\f3javac\fP \f2javax.tools\fP 宴若後鴻ゃ潟帥с若鴻c絎臂違 Java Compiler API 泣若障
 .LP
 .SS 
-例
+箴
 .LP
 .LP
-コマンド行から指定された引数を使ってコンパイルを実行するには、次のようなコードを使用します。
+潟潟茵絎綣違篏帥c潟潟ゃ絎茵罨<潟若篏睡障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -571,22 +603,22 @@
 
 .LP
 .LP
-この場合、標準出力ストリームにすべての診断メッセージが書き出され、コマンド行から呼び出された \f3javac\fP が返すのと同じ終了コードが返されます。
+翫罔羣阪鴻若鴻荐堺<祉若吾吾冴潟潟茵若喝冴 \f3javac\fP 菴腟篋潟若菴障
 .LP
 .LP
-\f2javax.tools.JavaCompiler\fP インタフェース上のほかのメソッドを使えば、診断メッセージの処理やファイルの読み取り元/書き込み先の制御などを行えます。
+\f2javax.tools.JavaCompiler\fP ゃ潟帥с若剛祉<純篏帥違荐堺<祉若吾<ゃ茯水/吾莨若水九勝茵障
 .LP
 .SS 
-旧式のインタフェース
+уゃ潟帥с若
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-\f3注:\fP \  この API は、下位互換性を確保するためだけに残されています。新しいコードでは、必ず前述の Java Compiler API を使用してください。
+\f3羈:\fP \  API 筝篏篋с腆坂罧障 違潟若с綽菴違 Java Compiler API 篏睡
 .LP
 .LP
-\f2com.sun.tools.javac.Main\fP クラスには、プログラム内からコンパイラを呼び出すための static メソッドが 2 つ用意されています。それらを次に示します。
+\f2com.sun.tools.javac.Main\fP 鴻違潟潟ゃ若喝冴 static <純 2 ょ障 罨<腓冴障
 .LP
 .nf
 \f3
@@ -602,28 +634,28 @@
 
 .LP
 .LP
-\f2args\fP パラメータは、javac プログラムに通常渡される任意のコマンド行引数を表しています。その概要については、前出の「形式」節を参照してください。
+\f2args\fP <若帥javac 違絽御検篁紙潟潟茵綣違茵障 网荀ゃ冴綵√膀с
 .LP
 .LP
-\f2out\fP パラメータは、コンパイラの診断メッセージの出力先を示します。
+\f2out\fP <若帥潟潟ゃ荐堺<祉若吾阪腓冴障
 .LP
 .LP
-戻り値は、\f3javac\fP の終了値と同じです。
+祉ゃ\f3javac\fP 腟篋ゃс
 .LP
 .LP
-名前が \f2com.sun.tools.javac\fP で始まるパッケージ (非公式には \f2com.sun.tools.javac\fP のサブパッケージとして知られる) に含まれる\f3その他の\fPクラスやメソッドは、どれも完全に内部用であり、いつでも変更される可能性があります。
+ \f2com.sun.tools.javac\fP у障宴若 (綣 \f2com.sun.tools.javac\fP 泣宴若吾ャ) 障\f3篁\fP鴻<純絎сゃс紊眼醇с障
 .LP
 .RE
-.SH "例"
+.SH "箴"
 .LP
 .SS 
-簡単なプログラムのコンパイル
+膂≦違潟潟ゃ
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-\f2Hello.java\fP というソースファイルで、\f3greetings.Hello\fP という名前のクラスを定義しているとします。\f2greetings\fP ディレクトリは、ソースファイルとクラスファイルの両方があるパッケージディレクトリで、現在のディレクトリのすぐ下にあります。このため、この例では、デフォルトのユーザークラスパスを使用できます。また、\f3\-d\fP を使って別の出力先ディレクトリを指定する必要もありません。
+\f2Hello.java\fP 純若鴻<ゃс\f3greetings.Hello\fP 鴻絎臂障\f2greetings\fP c純若鴻<ゃ鴻<ゃ筝≧鴻宴若吾cс憜c筝障箴с若吟若鴻鴻篏睡с障障\f3\-d\fP 篏帥cャ阪c絎綽荀障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -681,13 +713,13 @@
 .LP
 .RE
 .SS 
-複数のソースファイルのコンパイル
+茲違純若鴻<ゃ潟潟ゃ
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-次の例では、パッケージ \f2greetings\fP 内のすべてのソースファイルをコンパイルします。
+罨<箴с宴若 \f2greetings\fP 鴻純若鴻<ゃ潟潟ゃ障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -721,13 +753,13 @@
 .LP
 .RE
 .SS 
-ユーザークラスパスの指定
+若吟若鴻鴻絎
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-上の例のソースファイルのうち 1 つを変更し、変更後のファイルを再コンパイルするとします。
+筝箴純若鴻<ゃ 1 ゃ紊眼紊翫<ゃ潟潟ゃ障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -748,7 +780,7 @@
 
 .LP
 .LP
-\f2greetings.Hi\fP は、\f2greetings\fP パッケージ内のほかのクラスを参照しているため、コンパイラはこれらのクラスを探す必要があります。上の例では、デフォルトのユーザークラスパスが、パッケージディレクトリを含むディレクトリと同じであるため、コンパイルは正常に実行されます。ただし、現在どのディレクトリにいるかに関係なく、このファイルを再コンパイルする場合は、ユーザークラスパスに \f2/examples\fP を追加する必要があります。ユーザークラスパスにエントリを追加するには、\f3CLASSPATH\fP を設定する方法もありますが、ここでは \f3\-classpath\fP オプションを使うことにします。
+\f2greetings.Hi\fP \f2greetings\fP 宴若後祉鴻с潟潟ゃ鴻「綽荀障筝箴с若吟若鴻鴻宴若吾ccс潟潟ゃ罩e幻絎茵障憜c≫<ゃ潟潟ゃ翫若吟若鴻鴻 \f2/examples\fP 菴遵綽荀障若吟若鴻鴻潟菴遵\f3CLASSPATH\fP 荐絎号障с \f3\-classpath\fP 激с潟篏帥障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -765,7 +797,7 @@
 
 .LP
 .LP
-再度 \f2greetings.Hi\fp を変更してバナーユーティリティを使うようにした場合は、このバナーユーティリティもユーザークラスパスを通じてアクセスできるようになっている必要があります。
+綺 \f2greetings.Hi\fP 紊眼若若cc若篏帥翫若若cc若若吟若鴻鴻≪祉鴻сc綽荀障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -784,7 +816,7 @@
 
 .LP
 .LP
-\f2greetings\fP 内のクラスを実行するには、\f2greetings\fP と、\f2greetings\fP が使うクラスの両方にアクセスできる必要があります。
+\f2greetings\fP 鴻絎茵\f2greetings\fP \f2greetings\fP 篏帥鴻筝≧鴻≪祉鴻с綽荀障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -802,13 +834,13 @@
 .LP
 .RE
 .SS 
-ソースファイルとクラスファイルの分離
+純若鴻<ゃ鴻<ゃ
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-特に大規模プロジェクトの場合は、ソースファイルとクラスファイルを別々のディレクトリに置くと便利なことがあります。クラスファイルの出力先を別に指定するには、\f3\-d\fP を使います。ソースファイルはユーザークラスパスにはないので、\f3\-sourcepath\fP を使って、コンパイラがソースファイルを見つけることができるようにします。
+鴻紊ц閞<吾с翫純若鴻<ゃ鴻<ゃャc臀箴水障鴻<ゃ阪ャ絎\f3\-d\fP 篏帥障純若鴻<ゃ若吟若鴻鴻с\f3\-sourcepath\fP 篏帥c潟潟ゃ純若鴻<ゃ荀ゃс障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -855,17 +887,17 @@
 
 .LP
 .LP
-\f3注:\fP \  コマンド行では \f2src/farewells/Base.java\fP を指定していませんが、このファイルもコンパイラによってコンパイルされています。自動コンパイルを監視するには、\f3\-verbose\fP オプションを使います。
+\f3羈:\fP \ 潟潟茵с \f2src/farewells/Base.java\fP 絎障<ゃ潟潟ゃc潟潟ゃ障潟潟ゃh\f3\-verbose\fP 激с潟篏帥障
 .LP
 .RE
 .SS 
-クロスコンパイルの例
+鴻潟潟ゃ箴
 .LP
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-ここでは、javac を使って、1.5 VM 上で実行するコードをコンパイルします。
+с\f3javac\fP 篏帥c1.5 VM 筝у茵潟若潟潟ゃ障
 .LP
 .RS 3
 
@@ -884,13 +916,13 @@
 
 .LP
 .LP
-\f3\-target 1.5\fP オプションにより、1.5 VM と互換性のあるクラスファイルが生成されます。デフォルトでは、\f3javac\fP は JDK 6 用にコンパイルします。
+\f3\-target 1.5\fP 激с潟1.5 VM 篋с鴻<ゃ障с\f3javac\fP  JDK 6 潟潟ゃ障
 .LP
 .LP
-Java プラットフォーム JDK の \f3javac\fP は、デフォルトではそれ自身のブートストラップクラスに対してコンパイルを行うので、代わりに JDK 1.5 のブートストラップクラスに対してコンパイルを行うように \f3javac\fP を設定する必要があります。これは、\f3\-bootclasspath\fP および \f3\-extdirs\fP を使って指定します。この指定を行わないと、1.5 VM には存在しない Java プラットフォーム API に対応したコンパイルが行われるため、プログラムの実行時に失敗するでしょう。
+Java 若 JDK  \f3javac\fP сJava 2 SDK 若鴻鴻絲障潟潟ゃ茵сJava 2 SDK с JDK 1.5 若鴻鴻絲障潟潟ゃ茵絎綽荀障\f3\-bootclasspath\fP  \f3\-extdirs\fP 篏帥c絎障絎茵1.5 VM 絖 Java 2 若 API 絲上潟潟ゃ茵違絎茵絎潟榊障
 .LP
 .RE
-.SH "関連項目"
+.SH "∫i"
 .LP
 
 .LP
@@ -898,33 +930,33 @@
 .TP 2
 o
 .na
-「\f2The javac Guide\fP」
+\f2The javac Guide\fP @
 .fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/javac/index.html)
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/javac/index.html 
 .TP 2
 o
-java(1) \- Java アプリケーション起動プログラム
+java(1) \- Java ≪宴若激с活儀若 
 .TP 2
 o
-jdb(1) \- Java デバッガ
+jdb(1) \- Java  
 .TP 2
 o
-javah(1) \- C 言語のヘッダとスタブファイルのジェネレータ
+javah(1) \- C 若鴻帥<ゃ吾с若帥 
 .TP 2
 o
-javap(1) \- Java クラスファイル逆アセンブラ
+javap(1) \- 鴻<ゃ≪祉潟 
 .TP 2
 o
-javadoc(1) \- Java API ドキュメントジェネレータ
+javadoc(1) \- Java API ャ<潟吾с若帥 
 .TP 2
 o
-jar(1) \- JAR アーカイブツール
+jar(1) \- JAR ≪若ゃ若 
 .TP 2
 o
 .na
-「\f2The Java Extensions Framework\fP」
+\f2Java ≦宍罘純若若\fP @
 .fi
-(http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/extensions/index.html)
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/extensions/index.html 
 .RE
 
 .LP
--- a/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Thu Apr 30 15:04:39 2009 -0700
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Mon May 04 18:28:26 2009 -0700
@@ -1,932 +1,844 @@
-'\" t
-.\"
-.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
-.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
-.\"
-.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
-.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
-.\" published by the Free Software Foundation.
-.\"
-.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
-.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
-.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
-.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
-.\" accompanied this code).
-.\"
-.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
-.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
-.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
-.\"
-.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
-.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
-.\" have any questions.
-.\"
-.\" 
-.TH javadoc 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
-.hw javadoc
-.SH "名前"
-javadoc \- Java API ドキュメントジェネレータ
+." Copyright 2002-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
+." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
+."
+." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
+." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
+." published by the Free Software Foundation.
+."
+." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
+." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
+." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
+." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
+." accompanied this code).
+."
+." You should have received a copy of the GNU General Public License version
+." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
+." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
+."
+." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
+." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
+." have any questions.
+."
+.TH javadoc 1 "04 May 2009"
+." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)
+.SH ""
+javadoc \- Java API ャ<潟吾с若
 .RS 3
 
 .LP
 .LP
-Java ソースファイルから、API ドキュメントの HTML ページを生成します。このドキュメントで紹介されている Javadoc の例は、Sun Solaris を使用した場合のものです。
-.LP
-.SH "形式"
-.B javadoc 
-[
-.I options
-] [
-.I packagenames
-] [
-.I sourcefilenames
-] [
-.I \-subpackages pkg1:pkg2:...
-] [
-.I @argfiles
-]
-.LP
-.LP
-引数を指定する順序は任意です。Javadoc ツールでの、処理対象の \f2.java\fP ファイルを決定する方法の詳細については、「ソースファイルの処理」を参照してください。
-.TP 15
-.I options
-このドキュメントで指定されているコマンド行オプションです。
-.B javadoc 
-のオプションの一般的な使用法については、「使用例」を参照してください。 
-.TP
-.I packagenames
-.BR "java.lang java.lang.reflect java.awt" 
-などの、スペースで区切られた
-一連のパッケージ名です。ドキュメント化するパッケージごとに別個に
-指定する必要があります。
-.B javadoc
-ツールはこれらのパッケージ名を探すとき、
-.B \-sourcepath 
-を使用します。
-.B javadoc
-ツールは、サブパッケージを再帰的に処理することはありません。
-アスタリスク (\f3*\f1) などのワイルドカードは使うことができません。
-「1 つ以上のパッケージのドキュメント化」の
-例を参照してください。 
-.TP
-.I sourcefilenames
-スペースで区切られた一連のファイル名です。パス、および
-アスタリスク (\f3*\f1) などのワイルドカードを含めることができます。
-.B javadoc 
-ツールが処理するのは、ファイル名が「.java」という拡張子で終わり、
-その拡張子を除いた名前が実際に有効なクラス名
+Java 純若鴻<ゃAPI ャ<潟 HTML 若吾障ャ<潟х換篁 Javadoc 箴Sun Solaris 篏睡翫с
+.LP
+.RE
+.SH "綵√"
+.LP
+.LP
+\f4javadoc\fP\f2\ [\ \fP\f2options\fP\f2\ ]\ [\ packagenames\ ]\ [\ sourcefilenames\ ]\ [\ \-subpackages\fP\ \f2pkg1:pkg2:...\fP\f2\ ]\ [\ \fP\f2@argfiles\fP\f2\ ]\fP
+.LP
+.LP
+綣違絎綺篁紙сJavadoc 若с絲乗院 \f2.java\fP <ゃ羆阪号荅括完ゃ純若鴻<ゃс
+.LP
+.RS 3
+
+.LP
+.RS 3
+.TP 3
+options 
+ャ<潟ц潟潟茵激с潟сJavadoc 激с潟罔羣篏睡羈ゃ篏睡箴с 
+.TP 3
+packagenames 
+鴻若鴻у阪筝c宴若後с 違\f2java.lang\ java.lang.reflect\ java.awt\fP 絎障ャ<潟宴若吾ャ絎綽荀障ゃ若篏睡筝с 絽亥\-subpackages 篏睡障Javadoc 若\f2\-sourcepath\fP 篏帥c宴若後罎膣≪障1 や札筝宴若吾ャ<潟箴с 
+.TP 3
+sourcefilenames 
+鴻若鴻у阪筝c純若鴻<ゃс<ゃ鴻у障障≪鴻帥鴻 (*) ゃ若с障 Javadoc 若<ゃ.java≦宍絖х≦宍絖ゃ絎鴻劫с鴻<ゃс (
+.na
+\f2Identifiers\fP @
 .fi
- (http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/lexical.doc.html#40625
-の
-.na
-「\f2Identifiers\fP」を参照) であるすべてのファイルです。
-したがって、ハイフンを含む名前 (X-Buffer など) や、
-その他の無効な文字を含む名前を付けることによって、
-それらのファイルをドキュメント化の対象から除外できます。 
-これは、テスト用のファイルや、テンプレートから生成されたファイルの場合に便利です。 
-.B javadoc 
-ツールは、ソースファイル名の前に指定されたパスを使用して、
-ソースファイル名を探します。この場合、
-.B -sourcepath
-は使用しません。たとえば、
-.B Button.java
-を渡すことは 
-.BR ./Button.java 
-と指定することと同じです。完全パスを付けたソースファイル名の
-例は「
-.BR /home/src/java/awt/Graphics*.java
-」のようになります。「1 つ以上のクラスのドキュメント化」の例を
-参照してください。また、「パッケージとクラスのドキュメント化」の
-例のように、パッケージ名とソースファイル名を組み合わせることもできます。 
-.TP
-.I \-subpackages pkg1:pkg2:...
-指定されたパッケージ内のソースファイルからドキュメントを生成し、
-再帰的にサブパッケージを処理します。 パッケージ名または
-ソールファイル名を指定するための代替手段です。 
-.TP
-.I @argfiles
-Javadoc オプション、パッケージ名、およびソースファイル名を
-任意の順序で並べたリストが含まれる 1 つ以上のファイルです。 
-このファイルの中では、ワイルドカード (*) および 
-.B \-J
-オプションは指定できません。
-.SH "機能説明"
-.B javadoc
-ツールは、一連の Java ソースファイルの宣言およびドキュメント
-コメントを解析し、デフォルトでは public クラスと protected クラス、
-入れ子クラス(匿名の内部クラスを除く)、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、および
-フィールドについて説明した一連の HTML ページを生成します。また、API (アプリケーションプログラミングインタフェース) ドキュメントの生成や、一連のソースファイルの実装ドキュメントの生成に使用できます。 
-.LP
-.B javadoc
-ツールは、パッケージ全体、個々のソースファイル、またはその両方に対して
-実行できます。
-.B javadoc
-ツールをパッケージ全体に対して実行する場合は、最上位ディレクトリから再帰的にたどるために -subpackages を使用するか、パッケージ名の明示的なリストを渡します。
-個々のクラスに対して javadoc を実行する場合は、一連の
-ソース (\f3.java\f1) ファイル名を渡します。具体的な例は、
-このページの最後で示します。
-次に、Javadoc によるソースファイルの処理について説明します。
+http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/lexical.doc.html#40625)cゃ潟 (\f2X\-Buffer\fP ) 篁≦鴻絖篁c<ゃャ<潟絲乗院ゅс障鴻<ゃ潟若<ゃ翫箴水с 純若鴻<ゃ絎鴻cjavadoc <ゃ罎膣≪贋羆冴障障Javadoc 若純若鴻<ゃ罎膣≪ \f2\-sourcepath\fP 篏帥障後障鴻憜c後障鴻с \f2Button.java\fP 羝<\f2./Button.java\fP 羝<с純若鴻<ゃ鴻ф絎\f2/home/src/java/awt/Graphics*.java\fP 障1 や札筝鴻ャ<潟箴с障宴若吾鴻ャ<潟箴宴若後純若鴻<ゃ羞桁с障 
+.TP 3
+\-subpackages pkg1:pkg2:... 
+純若鴻<ゃ絎宴若吾潟泣宴若後絽亥ャ<潟障宴若後障純若鴻<ゃ絎綽荀障 
+.TP 3
+@argfiles 
+Javadoc 激с潟宴若後潟純若鴻<ゃ篁紙綺т研鴻鴻障 1 や札筝<ゃс<ゃ筝сゃ若 (*)  \f2\-J\fP 激с潟絎с障  
+.RE
+
+.LP
+.RE
+.SH " 茯"
+.LP
+.LP
+\f3Javadoc\fP 若筝c Java 純若鴻<ゃ絎h潟ャ<潟若激с潟潟<潟茹fс public 鴻protected 鴻ャ絖 (水鴻ゃ)ゃ潟帥с若鴻潟潟鴻帥<純潟c若ゃ茯筝c HTML 若吾障障API (≪宴若激с潟違潟違ゃ潟帥с若) ャ<潟筝c純若鴻<ゃ絎茖ャ<潟篏睡с障
+.LP
+.LP
+Javadoc 若宴若後篏純若鴻<ゃ障筝≧鴻絲障絎茵с障javadoc 若宴若後篏絲障絎茵翫筝篏c絽亥 \f2\-subpackages\fP 篏睡宴若後腓榊鴻羝<障純若鴻<ゃ絲障 javadoc 絎茵翫筝c純若 (\f2.java\fP) <ゃ羝<障隙箴ャ<潟緇膣剛障罨<Javadoc 純若鴻<ゃゃ茯障
 .LP
 .SS 
-ソースファイルの処理
-.LP
-.LP
-Javadoc ツールは、末尾に \f2.java\fP の付いたファイル以外に、ソースファイルで説明する他のファイルも処理します。個々のソースファイル名を明示的に渡すことによって Javadoc ツールを実行する場合、\f2.java\fP ファイルを処理するかを正確に指定できます。ただし、多くの開発者はこの方法では作業しません。パッケージ名を渡すほうが簡単だからです。ソースファイル名を明示的に指定しなくても、Javadoc ツールは 3 つの方法で実行できます。この方法は、(1) パッケージ名を渡す、(2) \f2\-subpackages\fP を使用する、(3) ソースファイル名にワイルドカードを使用する (\f2*.java\fP) という方法です。これらの方法を使用する場合、Javadoc ツールは、\f2*.java\fP ファイルが次のすべての要件を満たしている場合にかぎり、このファイルを処理します。
+純若鴻<ゃ
+.LP
+.LP
+Javadoc 若絨障 \f2.java\fP 篁<ゃ篁ュ純若鴻<ゃц篁<ゃ障純若鴻<ゃ腓榊羝<c Javadoc 若絎茵翫 \f2.java\fP <ゃ罩g∈絎с障紊肴号с篏罐障 宴若後羝<祉膂≦с純若鴻<ゃ腓榊絎Javadoc 若 3 ゃ号у茵с障号(1) 宴若後羝<(2) \f2\-subpackages\fP 篏睡(3) 純若鴻<ゃゃ若篏睡 (\f2*.java\fP) 号с号篏睡翫Javadoc 若\f2.java\fP <ゃ罨<鴻荀篁吟羣翫<ゃ障
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
-名前から \f2.java\fP の接尾辞を取り除くと、実際に有効なクラス名になっている (有効な文字については、
+ \f2.java\fP ・絨乗ゃ絎鴻劫c (鴻絖ゃ
+.na
+\f2Identifiers\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/lexical.doc.html#40625
-の
-.na
-「\f2Identifiers\fP」を参照)
+http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/lexical.doc.html#40625) 
 .TP 2
 o
-ソースツリーのルートから相対的なディレクトリパスが、区切り文字をドットに変換すると、実際に有効なパッケージ名になっている
+純若鴻若若後丞c鴻阪絖紊絎鴻宴若後c 
 .TP 2
 o
-パッケージ文には有効なパッケージ名が含まれる (前項目で指定)
+宴若御鴻宴若後障 (ф絎) 
 .RE
 
 .LP
 .LP
-\f3リンクの処理\fP \- 
-実行時に、
-.B javadoc 
-ツールはその実行の一部として記述されているパッケージ、クラス、
-およびメンバの名称にクロスリファレンスリンクを自動的に
-追加します。リンクは、次の箇所に現われます。
-.LP
-.TP 2
-\(bu
-宣言 (戻り値の型、引数の型、フィールドの型)
-.TP 2
-\(bu
-@see タグから生成される [関連項目] のセクション
-.TP 2
-\(bu
-{@link} タグから生成されるインラインテキスト
-.TP 2
-\(bu
-@throws タグから生成される例外の名称
-.TP 2
-\(bu
-インタフェースのメンバに対する [定義] リンクと、クラスのメンバに対する [オーバーライド] リンク
-.TP 2
-\(bu
-パッケージ、クラス、およびメンバを記述した一覧表
-.TP 2
-\(bu
-パッケージとクラスの継承ツリー
-.TP 2
-\(bu
-索引
-.LP
-\-link と \-linkoffline オプションを使用して、
-コマンド行に含まれていない、個別に生成されるクラスの既存のテキストに
-ハイパーリンクを追加できます。
-.LP
-\f3その他の処理についての詳細\fP \- 
-javadoc ツールは、実行のたびにひとつの完全なドキュメントを生成します。javadoc は、
-追加生成を行えません。つまり、以前に実行した javadoc の結果を変更したり、
-それらを直接取り込むことはできません。しかし、前述のようにほかの
-実行の結果にリンクすることは可能です。
-.LP
-実装上の理由から、
-.B javadoc
-ツールは実行に java コンパイラを必要とし、java コンパイラに依存しています。
-.B javadoc
-ツールは 
-.B javac 
-の一部を呼び出して、宣言をコンパイルし、メンバの実装は無視します。
-.B javadoc 
-ツールは、クラス階層を含むクラスの豊富な内部表現、および「使用」関係を
-構築し、そこから HTML を生成します。
-.B javadoc 
-ツールは、ソースコードのドキュメンテーションコメントから、ユーザの
-提供するドキュメントも取得します。 
-.LP
-.B javadoc
-ツールは、メソッド本体のない純粋なスタブファイルである 
-.B .java
-ソースファイル上で実行されます。つまり、API の作成時には、コードを
-記述する前の設計の早い段階でドキュメンテーションコメントを記述し、
-.B javadoc
-を実行できます。 
-.LP
-コンパイラに依存することによって、HTML 出力が、実際の実装に正確に対応
-することが保証されます。実際の実装は、明示的でなく暗黙的に
-ソースコードに依存している場合があります。たとえば、
-.B javadoc
-ツールは、
-.B .class
-ファイル内には存在するが、ソースコード内には存在しない
-デフォルトコンストラクタ (「Java Language Specification」のセクション 8.6.7: http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/names.doc.html#36154) 
-をドキュメント化します。 
-.LP 
-多くの場合、
-.B javadoc 
-ツールでは、ソースファイルのコードが不完全またはエラーを
-含んでいる場合でもドキュメントを生成できます。 
-このため、デバッグやトラブルシューティングが完了する前に
-ドキュメントを生成できます。 たとえば、Java 言語仕様によると、
-抽象メソッドを含むクラスはそれ自体を抽象と宣言しなければなりません。
-このエラーを検出すると、javac コンパイラの場合は、このエラーで
-停止しますが、javadoc ツールは警告を出さずに処理を進めます。
-javadoc ツールはドキュメンテーションコメントの基本的なチェックを行います。
-ドキュメンテーションコメントをより詳しくチェックする必要がある場合は、
-DocCheck ドックレットを使用してください。 
-.LP 
-.B javadoc
-ツールがドキュメント用の内部構造を構築するときは、参照する
-クラスをすべてロードします。このため、ブートストラップクラス、
-拡張機能、またはユーザクラスにかかわらず、
-.B javadoc
-ツールは、参照するクラスをすべて検出できなければなりません。
-一般的に、作成する
-クラスは、拡張機能としてロードされるか、
-.BR javadoc
-ツールのクラスパス内にある必要があります。 
-.SS "Javadoc ドックレット"
-.B  javadoc
-ツールの出力の内容と形式は、ドックレットを使ってカスタマイズできます。
-.B  javadoc
-ツールには、標準ドックレットと呼ばれるデフォルトの「組み込み型」
-ドックレットがあり、これによって HTML 形式の API
-ドキュメントを生成します。標準ドックレット
-の修正やサブクラス化を行なったり、HTML、XML、MIF、RTF などの好みの
-出力形式を生成する独自のドックレットを記述することも可能です。
-ドックレットとその使用法については、次を参照してください。 
-.LP
-.TP 2
-\(bu
-.B Javadoc 
-ドックレット 
-.TP 2
-\(bu
-.B -doclet 
-コマンド行オプション 
-.LP
-.B -doclet
-コマンド行オプションでカスタムドックレットが指定されていない場合、
-.B javadoc
-ツールは、デフォルトの標準ドックレットを使用します。
-.B javadoc
-ツールには、どのドックレットが使われているかには関係なく使用できる
-コマンド行オプションがあります。標準ドックレットでは、これらの
-ほかに、いくつかのコマンド行オプションが追加されます。どちらの
-オプションについても、後述の「オプション」で説明します。 
-.SS 関連ドキュメントおよびドックレット
-.TP 2
-\(bu
-Javadoc に施された機能強化 - Javadoc に追加された改良点の詳細 
-.TP 2
-\(bu
-Javadoc FAQ - 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc 関連のツールについての情報、およびバグの回避方法 
-.TP 2
-\(bu
-Javadoc のドキュメンテーションを作成するには - Sun で
-一般的なドキュメンテーションコメントの記述方法の詳細 
-.TP 2
-\(bu
-API 仕様を記述するための要件 - Java 2 プラットフォーム仕様を記述する際に
-使用された標準要件。 この情報は、ソースファイルのドキュメンテーションコメント
-形式で API 仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも
-役立ちます。 検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、
-インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。
-.TP 2
-\(bu
-ドキュメンテーションコメントの仕様 - ドキュメンテーションコメントの
-オリジナル仕様については、『Java Language Specification』 
-(James Gosling、Bill Joy、Guy Steele 共著) の初版の
-第 18 章「Documentation Comments」を参照してください。 
-この章は、第 2 版では削除されました。 
-.TP 2
-\(bu
-DocCheck ドックレット - ソースファイル内のドキュメンテーションコメントを検査し、
-見つかったエラーや不規則な箇所を一覧にしたレポートを生成します。
-これは Sun Doc チェックユーティリティの一部です。 
-.TP 2
-\(bu
-MIF ドックレット - MIF、FrameMaker、および PDF 形式での API ドキュメントの
-生成を自動化します。 MIF は Adobe FrameMaker の互換形式です。 
-.SS "用語"
-.LP
-.LP
-「\f2ドキュメンテーションコメント\fP」、「\f2doc コメント\fP」、「\f2主説明\fP」、「\f2タグ\fP」、「\f2ブロックタグ\fP」、および「\f2インラインタグ\fP」の用語については、「ドキュメンテーションコメント」で説明します。以下のその他の用語は、Javadoc ツールのコンテキストで特定の意味を持ちます。
-.RS 3
-.TP 3
-生成されるドキュメント 
-.B javadoc 
-ツールが Java ソースコード内の doc コメントから生成したドキュメント
-のことです。デフォルトの生成ドキュメントは HTML 形式で、標準
-ドックレットによって作成されます。 
-.LP
-.TP 3
-名前
-Java 言語での名前、つまりパッケージ、クラス、インタフェース、
-フィールド、コンストラクタ、またはメソッドの名前のことです。名前は、
-.BR java.lang.String.equals(java.lang.Object) 
-のように完全修飾することも、
-.BR equals(Object) 
-のように部分修飾することもできます。 
-.LP
-.TP 3
-ドキュメント化されるクラス 
-.B javadoc 
-の実行によって完全なドキュメントが生成されるクラスと
-インタフェースです。ドキュメント化するには、ソースファイルが
-使用可能でなければならず、ソースファイル名またはパッケージ名の
-どちらかを 
-.B javadoc 
-コマンドに渡さなければなりません。ドキュメント化されるクラスは、
-.B javadoc 
-の実行で組み込まれるクラス、つまり「組み込みクラス」とも呼ばれます。 
-.LP
-.TP 3
-含まれるクラス 
-対応するソースファイル名またはパッケージ名が javadoc コマンドに
-渡されるクラスおよびインタフェースのことです。 
-.LP
-.TP 3
-除外されるクラス
-javadoc コマンドにソースファイル名またはパッケージ名が
-渡されないクラスとインタフェースです。
-.LP
-.TP 3
-参照クラス 
-ドキュメント化されるクラスとインタフェースの定義 
-(実装) またはドキュメンテーションコメント内で明示的に参照される
-クラスとインタフェースです。参照の例としては、
-戻り値の型、パラメータの型、キャストの型、
-拡張されるクラス、実装されるインタフェース、
-インポートされるクラス、メソッド本体で使用される
-クラス、@see、{@link}、{@linkplain}、
-および {@inheritDoc} タグなどがあります 
-(この定義は 1.3 
-.fi
-(http://java.sun.com/j2se/1.3/docs/tooldocs/solaris/javadoc.html#referencedclasses)
-から
-変更されていることに注意)。
-javadoc ツールは動作中、
-.B javadoc 
-のブートクラスパスと
-クラスパス内にある参照されているクラスを
-すべてメモリにロードするためです。
-参照されているクラスが見つからなかった
-場合は、[クラスが見つかりません] という警告が表示されます。
-.B javadoc
-ツールは、クラスの存在とそのメンバの完全修飾名を決定するのに十分な情報を、
-.B .class
-ファイルから引き出すことができます。 
-.LP
-.TP 3
-外部参照クラス 
-参照されるクラスのうち、
-.B javadoc
-を実行してもドキュメントが生成されないクラスです。
-つまり、これらのクラスは、コマンド行で 
-.B javadoc 
-ツールに渡されていません。 
-生成ドキュメント内でこれらのクラスにリンクしている箇所は、
-「外部参照」または「外部リンク」と呼ばれます。 たとえば、
-.B java.awt 
-パッケージに対してだけ 
-.B javadoc
-を実行した場合、Object などの 
-.BR java.lang 
-内のすべてのクラスは、外部参照クラスになります。外部参照クラスには、
-.B \-link 
-および
-.B \-linkoffline 
-オプションを使ってリンクすることができます。 
-外部参照クラスには、通常そのソースコメントを 
-.B \javadoc 
-ツールの実行で利用できないという重要な特徴があります。 
-この場合、それらのコメントを継承することはできません。 
-.SH  "ソースファイル"
-.B javadoc
-ツールは、クラスの Java 言語ソースファイル (\f3.java\f1)、パッケージコメントファイル、
-概要コメントファイル、およびその他の処理されないファイルの 4 種類の
-「ソース」ファイルを基にして、出力を生成します。また、ドキュメント化しないがソースツリーに存在する場合があるテストファイルやテンプレートについても説明します。
-.SS "クラスソースコードファイル"
-各クラスまたはインタフェース、およびそのメンバは、
-.B .java
-ファイルの中にそれ自身のドキュメンテーションコメントを
-持つことができます。ドキュメンテーションコメントの詳細については、
-「ドキュメンテーションコメント」の節を参照してください。
-.SS "パッケージコメントファイル"
-各パッケージは、独自のドキュメンテーションコメントを
-持つことができ、「ソース」ファイルに保持します。
-.B javadoc
-ツールは、生成するパッケージの要約ページにこのコメントをマージします。
-通常、このコメントには、パッケージ全体に適用される
-ドキュメントを含めます。 
-.LP
-パッケージコメントファイルを作成する場合、コメントの格納先として、次の 2 つのファイルのいずれかを選択できます。
+\f3潟\fP \- Javadoc 若絎茵筝絎茵сャ<潟宴若吾鴻潟<潟若絲障娯с潟菴遵障潟罨<贋菴遵障
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
-\f2package\-info.java\fP \- パッケージ宣言、パッケージ注釈、パッケージコメント、および Javadoc タグを格納できます。このファイルは JDK 5.0 で導入されたものであり、package.html よりも推奨されています。
+絎h (祉ゃ綣違c若) 
 .TP 2
 o
-\f2package.html\fP \- 格納できるのはパッケージコメントと Javadoc タグだけです。パッケージ注釈は格納できません。
+\f2@see\fP 帥違 [∫i] 祉激с 
+.TP 2
+o
+\f2{@link}\fP 帥違ゃ潟ゃ潟鴻 
+.TP 2
+o
+\f2@throws\fP 帥違箴紊 
+.TP 2
+o
+"ゃ潟帥с若鴻<潟若絲障 [絎臂] 潟鴻<潟若絲障 [若若ゃ] 潟 
+.TP 2
+o
+宴若吾鴻潟<潟若网荀若 
+.TP 2
+o
+宴若吾潟鴻膓帥 
+.TP 2
+o
+膣√ 
 .RE
 
 .LP
 .LP
-各パッケージは、単一の \f2package.html\fP ファイル、単一の \f2package\-info.java\fP ファイルのいずれかを持つことができますが、両方を持つことはできません。このどちらかのファイルを \f2.java\fP ファイルとともに、ソースツリー内のそのパッケージのディレクトリ内に配置してください。
-.LP
-.LP
-\f4package\-info.java\fP このファイルには、次の構造のパッケージコメントを格納できます。コメントはパッケージ宣言の前に配置します。
-.LP
-.LP
-File: \f2java/applet/package\-info.java\fP
-.LP
-.ft 3
-.nf
-/**
- * Provides the classes necessary to create an  
- * applet and the classes an applet uses 
- * to communicate with its applet context.
- * <p>
- * The applet framework involves two entities:
- * the applet and the applet context.
- * An applet is an embeddable window (see the
- * {@link java.awt.Panel} class) with a few extra
- * methods that the applet context can use to 
- * initialize, start, and stop the applet.
- *
- * @since 1.0
- * @see java.awt
- */
-package java.lang.applet;
+潟潟茵ф絎c鴻ゃ√鴻 (ャ鴻) 絲障ゃ若潟菴遵\f2\-link\fP  \f2\-linkoffline\fP 激с潟с障
+.LP
+.LP
+\f3篁ゃ荅括完\fP \- Javadoc 若絎茵潟 1 ゃ絎ャ<潟篏障 ャ<潟菴遵с障 ゃ障Javadoc 若篁ュ絎茵腟篆罩c絎鴻贋・腟水ャс障菴違篁ュ絎茵腟絲障潟菴遵с障
+.LP
+.LP
+絎茖筝宴Javadoc 若絎茵 java 潟潟ゃ綽荀java 潟潟ゃ箴絖障Javadoc 若 \f2javac\fP 筝若喝冴絎h潟潟ゃ<潟若絎茖∴障Javadoc 若拷絮ゃ鴻莟絲茵憗鴻篏睡≫罕膀宴 HTML 障Javadoc 若純若鴻潟若ャ<潟若激с潟潟<潟若吟若箴ャ<潟緇障
+.LP
+.LP
+Javadoc 若<純篏膣膕鴻帥<ゃс \f2.java\fP 純若鴻<ゃ絲障絎茵с障cAPI 篏絎茖荐菴違荐荐罧級сャ<潟若激с潟潟<潟荐菴違 javadoc 若絎茵с障
+.LP
+.LP
+潟潟ゃ箴絖cHTML 阪絎絎茖罩g∈絲上障 絎絎茖腓榊純若鴻潟若с藥純若鴻潟若箴絖翫障違Javadoc 若\f2.class\fP <ゃ絖純若鴻潟若絖
+.na
+\f2潟潟鴻\fP @
 .fi
-.ft 1
-.LP
-コメント区切り文字の \f2/**\fP と \f2*/\fP は記述する必要がありますが、中間行の行頭のアスタリスクは省略してもかまいません。
-.LP
-.LP
-\f4package.html\fP \- このファイルには、次の構造のパッケージコメントを格納できます。コメントは \f2<body>\fP 要素内に配置します。
-.LP
-.LP
-File: \f2java/applet/package.html\fP
-.LP
-.LP
-.ft 3
-.nf
-<HTML>
-<BODY>
-Provides the classes necessary to create an applet and the 
-classes an applet uses to communicate with its applet context.
-<p>
-The applet framework involves two entities: the applet
-and the applet context. An applet is an embeddable
-window (see the {@link java.awt.Panel} class) with a
-few extra methods that the applet context can use to
-initialize, start, and stop the applet. 
-
-@since 1.0 
-@see java.awt
-</BODY>
-</HTML>
+http://java.sun.com/docs/books/jls/second_edition/html/names.doc.html#36154 (Java 荐茯篁罕祉激с 8.6.7) ャ<潟障
+.LP
+.LP
+絽吾Javadoc 若с純若鴻<ゃ潟若筝絎障若с翫сャ<潟с障違激ャ若c潟違絎篋ャ<潟с障違Java 荐茯篁罕処院<純鴻篏処院絎h違障若罎冴javac 潟潟ゃ罩≪障Javadoc 若茘冴膓茵障Javadoc 若ャ<潟若激с潟潟<潟堺с茵障ャ<潟若激с潟潟<潟荅潟с綽荀翫DocCheck 篏睡
+.LP
+.LP
+Javadoc 若ャ<潟罕罕膀с鴻鴻若障Javadoc 若若鴻鴻≦宍罘純障若吟若鴻鴻с鴻罎膣≪с違障荅括完
+.na
+\f2鴻罎膣∽号\fP @
 .fi
-.ft 1
-.LP
-.LP
-これは単なる通常の HTML ファイルであり、パッケージ宣言を含んでいない点に注意してください。パッケージコメントファイルの内容は、ほかのすべてのコメントと同様に HTML で記述されています。ただし、ほかのコメントと異なる点が 1 つだけあります。それは、このドキュメンテーションコメントには、コメント区切り文字である \f2/**\fP と \f2*/\fP、および行頭のアスタリスクを含めてはならない、ということです。コメントを書く場合は、最初の文をパッケージの概要とし、\f2<body>\fP と最初の文の間にタイトルやその他のテキストを含めないようにします。パッケージタグを含めることはできますが、ほかのドキュメンテーションコメントと同様、全てのブロックタグは説明のあとに置かなければなりません。パッケージコメントファイルに \f2@see\fP タグを追加する場合は、完全指定の名前を使用する必要があります。詳細は、
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingdoccomments/index.html#packagecomments
-の
-.na
-「\f2example of \fP\f2package.html\fP」を参照してください。
-.LP
-.LP
-\f3パッケージコメントファイルの処理\fP \- Javadoc ツールは、実行時にパッケージコメントファイルを自動的に検索し、このファイルを見つけると次の処理を行います。
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlс絽吾篏鴻≦宍罘純若Javadoc 若鴻劫臀鏆荀障
+.LP
+.SS 
+Javadoc 
+.LP
+.LP
+Javadoc 若阪絎鴻綵√篏帥c鴻帥ゃ冴с障Javadoc 若罔羣若違腟粋昭帥障 罔羣HTML 綵√ API ャ<潟障罔羣篆罩c障泣劫HTMLXMLMIFRTF 絅純帥阪綵√荐菴違純с篏睡羈ゃ罨<с
 .LP
 .RS 3
 .TP 2
 o
-処理できるようにコメントをコピーする (\f2package.html\fP の場合であれば、\f2<body>\fP と \f2</body>\fP HTML タグの間にある内容をすべてコピーする。\f2<head>\fP を含め、そこに \f2<title>\fP やソースファイルの著作権記述などの情報を配置することもできるが、生成後のドキュメンテーションにはそれらは一切表示されない) 
+.na
+\f2Javadoc \fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
 .TP 2
 o
-パッケージタグがあれば、すべて処理する
+\f2\-doclet\fP 潟潟茵激с 
+.RE
+
+.LP
+.LP
+\f2\-doclet\fP 潟潟茵激с潟с鴻帥絎翫Javadoc 若罔羣篏睡障javadoc 若篏睡≫鋎睡с潟潟茵激с潟障罔羣с祉ゃ潟潟茵激с潟菴遵障<激с潟ゃ激с潟ц障
+.LP
+.SS 
+∫cャ<潟潟
+.LP
+.RS 3
 .TP 2
 o
-生成したパッケージの概要ページの最後に、処理したテキストを挿入する (例: パッケージの概要)
+.na
+\f2Javadoc 純罘遵七\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadoc ц申壕鴻荅括完 
 .TP 2
 o
-パッケージの概要ページの先頭に、パッケージコメントの最初の文をコピーする。さらに、概要ページのパッケージリストに、パッケージ名とパッケージコメントの最初の文を追加する (例: 概要の要約)。文の末尾は、クラスやメンバの主説明の最初の文の末尾と同じ規則によって判断される
+.na
+\f2Javadoc FAQ\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html \- 紫絲莖絲障膈Javadoc ∫c若ゃ宴潟違炊号 
+.TP 2
+o
+.na
+\f2How to Write Doc Comments for Javadoc\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingdoccomments/index.html \- ャ<潟若激с潟潟<潟荐菴井号≪ Sun 荀靘 
+.TP 2
+o
+.na
+\f2Requirements for Writing API Specifications\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/index.html \- Java 2 若篁罕荐菴違篏睡罔羣荀篁吟宴純若鴻<ゃャ<潟若激с潟潟<潟綵√ API 篁罕荐菴違翫篁綵√ц菴違翫綵合<障罎荐弱純≪泣若激с潟羣宴若吾鴻ゃ潟帥с若鴻c若潟<純ゃ荀篁吟絎障 
+.TP 2
+o
+.na
+\f2ャ<潟若激с潟潟<潟篁罕\fP @
+.fi
+http://java.sun.com/docs/books/jls/first_edition/html/18.doc.html \- ャ<潟若激с潟潟<潟吾篁罕ゃJava Language Specification (James GoslingBill JoyGuy Steele 沿) 膃 18 腴Documentation Commentsс腴膃 2 сゃ障  
+.TP 2
+o
+.na
+\f2DocCheck \fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javadoc/doccheck \- 純若鴻<ゃャ<潟若激с潟潟<潟с罎冴若筝罩c若障Sun Doc Check 若cc若筝сSun Doc Check 若cc若筝с 
+.TP 2
+o
+.na
+\f2MIF \fP @
+.fi
+http://java.sun.com/javadoc/mifdoclet \- MIFFrameMakerPDF 後 API ャ<潟障MIF  Adobe FrameMaker 篋ゆ後с 
 .RE
 
 .LP
-.SS "概要コメントファイル"
-ドキュメント化する各アプリケーションまたはパッケージのセットは、
-独自の概要ドキュメンテーションコメントを持つことができ、それは
-「ソース」ファイルに保持されます。
-.B javadoc
-ツールは、生成する概要ページにこのコメントをマージします。通常、この
-コメントには、アプリケーションまたはパッケージのセット全体に
-当てはまるドキュメントを含めます。 
-.LP
-概要コメントファイルを作成する場合、ファイルに好きな名前を付けて、
-好きな場所に置くことができますが、通常はファイル名を 
-.B overview.html
-にして、ソースツリーの一番上の階層に置き