annotate src/linux/doc/man/ja/jstack.1 @ 5193:28e43b980aee

7182226: NLS: jdk7u6 message drop20 integration Reviewed-by: yhuang
author mfang
date Mon, 09 Jul 2012 22:58:53 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
rev   line source
mfang@4169 1 ." Copyright (c) 2004, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
tbell@1178 2 ." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
tbell@1178 3 ."
tbell@1178 4 ." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
tbell@1178 5 ." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
tbell@1178 6 ." published by the Free Software Foundation.
tbell@1178 7 ."
tbell@1178 8 ." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
tbell@1178 9 ." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
tbell@1178 10 ." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License
tbell@1178 11 ." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
tbell@1178 12 ." accompanied this code).
tbell@1178 13 ."
tbell@1178 14 ." You should have received a copy of the GNU General Public License version
tbell@1178 15 ." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
tbell@1178 16 ." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
tbell@1178 17 ."
ohair@2362 18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
ohair@2362 19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
ohair@2362 20 ." questions.
tbell@1178 21 ."
mfang@5193 22 .TH jstack 1 "05 Jul 2012"
tbell@1178 23
tbell@1178 24 .LP
ogino@4033 25 .SH "名前"
mfang@4943 26 jstack \- スタック・トレース
duke@0 27 .br
tbell@1178 28
tbell@1178 29 .LP
tbell@1178 30 .RS 3
tbell@1178 31 .TP 2
tbell@1178 32 o
ogino@4033 33 形式
tbell@1178 34 .TP 2
tbell@1178 35 o
ogino@4033 36 パラメータ
tbell@1178 37 .br
tbell@1178 38 .TP 2
tbell@1178 39 o
ogino@4033 40 説明
tbell@1178 41 .TP 2
tbell@1178 42 o
ogino@4033 43 オプション
tbell@1178 44 .TP 2
tbell@1178 45 o
ogino@4033 46 関連項目
tbell@1178 47 .TP 2
tbell@1178 48 o
ogino@4033 49 既知のバグ
tbell@1178 50 .br
tbell@1178 51 .RE
tbell@1178 52
tbell@1178 53 .LP
ogino@4033 54 .SH "形式"
tbell@1178 55 .LP
tbell@1178 56 .nf
tbell@1178 57 \f3
tbell@1178 58 .fl
tbell@1178 59 \fP\f3jstack\fP [ option ] pid
tbell@1178 60 .fl
tbell@1178 61 \f3jstack\fP [ option ] executable core
tbell@1178 62 .fl
tbell@1178 63 \f3jstack\fP [ option ] [server\-id@]remote\-hostname\-or\-IP
tbell@1178 64 .fl
tbell@1178 65 .fi
tbell@1178 66
tbell@1178 67 .LP
ogino@4033 68 .SH "パラメータ"
tbell@1178 69 .LP
tbell@1178 70 .LP
ogino@4033 71 各オプションは互いに排他的です。オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述します。オプションを参照してください。
tbell@1178 72 .LP
tbell@1178 73 .RS 3
tbell@1178 74 .TP 3
tbell@1178 75 pid
mfang@4943 76 出力するスタック・トレースのプロセスIDです。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)を使用します。
tbell@1178 77 .RE
tbell@1178 78
tbell@1178 79 .LP
tbell@1178 80 .RS 3
tbell@1178 81 .TP 3
tbell@1178 82 executable
mfang@4943 83 コア・ダンプの作成元のJava実行可能ファイル。
tbell@1178 84 .br
tbell@1178 85 .TP 3
tbell@1178 86 core
mfang@4943 87 出力するスタック・トレースのコア・ファイルです。
tbell@1178 88 .br
tbell@1178 89 .TP 3
tbell@1178 90 remote\-hostname\-or\-IP
mfang@4943 91 リモート・デバッグ・サーバー(jsadebugd(1)を参照)のホスト名またはIPアドレス。
tbell@1178 92 .br
tbell@1178 93 .TP 3
tbell@1178 94 server\-id
mfang@4943 95 複数のデバッグ・サーバーが同一のリモート・ホストで実行している場合の、オプション固有のID。
tbell@1178 96 .RE
tbell@1178 97
tbell@1178 98 .LP
ogino@4033 99 .SH "説明"
tbell@1178 100 .LP
tbell@1178 101 .LP
mfang@4943 102 \f3jstack\fPは、指定されたJavaプロセスやコア・ファイルまたはリモート・デバッグ・サーバーに対するJavaスレッドのJavaスタック・トレースを出力します。Javaフレームごとに、フルクラス名、メソッド名、「bci」(バイトコード・インデックス)、および行番号(利用可能な場合)が出力されます。\-mオプションを使用すると、jstackは、すべてのスレッドのJavaフレームとネイティブ・フレームの両方を、「pc」(プログラム・カウンタ)とともに出力します。ネイティブ・フレームごとに、「pc」に最も近いネイティブ・シンボル(利用可能な場合)が出力されます。C++分解名は分解解除されません。C++名を分解解除するには、このコマンドの出力を\f3c++filt\fPにパイプします。指定されたプロセスが64ビットVM上で実行されている場合、\f2\-J\-d64\fPオプションを指定する必要がある場合があります。次に例を示します。
duke@0 103 .br
duke@0 104
duke@0 105 .LP
duke@0 106 .nf
duke@0 107 \f3
duke@0 108 .fl
duke@0 109 jstack \-J\-d64 \-m pid
duke@0 110 .fl
duke@0 111 \fP
duke@0 112 .fi
duke@0 113
duke@0 114 .LP
tbell@1178 115 .LP
mfang@4943 116 \f3注意\fP \- このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKのバージョンでは利用できなくなる可能性があります。dbgeng.dllが存在していないWindowsシステムでは、「Debugging Tools For Windows」をインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。また、\f2PATH\fP環境変数には、ターゲット・プロセスによって使用される\f2jvm.dll\fPの場所、またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所が含まれるようにしてください。
duke@0 117 .LP
duke@0 118 .LP
mfang@4943 119 次に例を示します。\f2set PATH=<jdk>\\jre\\bin\\client;%PATH%\fP
duke@0 120 .LP
ogino@4033 121 .SH "オプション"
duke@0 122 .LP
tbell@1178 123 .RS 3
duke@0 124 .TP 3
duke@0 125 \-F
mfang@4943 126 「jstack [\-l] pid」が応答しない場合にスタック・ダンプを強制します。
tbell@1178 127 .TP 3
tbell@1178 128 \-l
mfang@4943 129 長形式のリスト。所有java.util.concurrentの
tbell@1178 130 .na
ogino@4033 131 \f2所有できるシンクロナイザ\fP @
tbell@1178 132 .fi
mfang@5193 133 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/util/concurrent/locks/AbstractOwnableSynchronizer.htmlの一覧など、ロックについての追加情報を印刷します。
duke@0 134 .TP 3
duke@0 135 \-m
mfang@4943 136 混合モード(JavaおよびネイティブC/C++フレームの両方)のスタック・トレースを出力します。
duke@0 137 .TP 3
tbell@1178 138 \-h
mfang@4943 139 ヘルプ・メッセージを出力します。
duke@0 140 .br
duke@0 141 .br
duke@0 142 .TP 3
tbell@1178 143 \-help
mfang@4943 144 ヘルプ・メッセージを出力します。
duke@0 145 .br
tbell@1178 146 .RE
duke@0 147
duke@0 148 .LP
ogino@4033 149 .SH "関連項目"
duke@0 150 .LP
duke@0 151 .RS 3
duke@0 152 .TP 2
tbell@1178 153 o
duke@0 154 pstack(1)
duke@0 155 .TP 2
tbell@1178 156 o
duke@0 157 c++filt(1)
duke@0 158 .TP 2
tbell@1178 159 o
tbell@1178 160 jps(1)
duke@0 161 .TP 2
tbell@1178 162 o
tbell@1178 163 jsadebugd(1)
duke@0 164 .RE
duke@0 165
duke@0 166 .LP
ogino@4033 167 .SH "既知のバグ"
tbell@1178 168 .LP
tbell@1178 169 .LP
mfang@4943 170 混合モードのスタック・トレース(\-mオプション使用)は、リモート・デバッグ・サーバーでは機能しません。
tbell@1178 171 .LP
tbell@1178 172