comparison src/linux/doc/man/ja/idlj.1 @ 5193:28e43b980aee

7182226: NLS: jdk7u6 message drop20 integration Reviewed-by: yhuang
author mfang
date Mon, 09 Jul 2012 22:58:53 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
comparison
equal deleted inserted replaced
6:8bba0c0ce230 7:ae7e54f3c9e2
17 ." 17 ."
18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA 18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any 19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
20 ." questions. 20 ." questions.
21 ." 21 ."
22 .TH idlj 1 "21 Mar 2012" 22 .TH idlj 1 "05 Jul 2012"
23 23
24 .LP 24 .LP
25 .SH "名前" 25 .SH "名前"
26 idlj \- IDL\-to\-Javaコンパイラ 26 idlj \- IDL\-to\-Javaコンパイラ
27 .LP 27 .LP
45 .LP 45 .LP
46 IDL\-to\-Javaコンパイラは、指定されたIDLファイルに対してJavaバインディングを生成します。バインディングの詳細は、 46 IDL\-to\-Javaコンパイラは、指定されたIDLファイルに対してJavaバインディングを生成します。バインディングの詳細は、
47 .na 47 .na
48 \f2OMG IDL to Java Language Mapping Specification\fP @ 48 \f2OMG IDL to Java Language Mapping Specification\fP @
49 .fi 49 .fi
50 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。 50 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping.htmlを参照してください。IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\f2idltojava\fPという名前だったものがあります。
51 .LP 51 .LP
52 .SS 52 .SS
53 クライアント・バインディングおよびサーバー・バインディングの発行 53 クライアント・バインディングおよびサーバー・バインディングの発行
54 .LP 54 .LP
55 .LP 55 .LP
108 .LP 108 .LP
109 \f2MyPOA.java\fPは 109 \f2MyPOA.java\fPは
110 .na 110 .na
111 \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @ 111 \f2org.omg.PortableServer.Servant\fP @
112 .fi 112 .fi
113 http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。 113 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant.htmlを拡張するストリームベースのスケルトンで、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\f2InvokeHandler\fPインタフェースと操作インタフェースを実装します。
114 .LP 114 .LP
115 .LP 115 .LP
116 .na 116 .na
117 \f2Portable Object Adapter(POA)\fP @ 117 \f2Portable Object Adapter(POA)\fP @
118 .fi 118 .fi
119 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。 119 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/POA.htmlの\f2PortableServer\fPモジュールは、ネイティブの\f2Servant\fP型を定義します。Javaプログラミング言語では、\f2Servant\fP型はJavaの\f2org.omg.PortableServer.Servant\fPクラスにマップされます。このクラスは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッドの他に、POAそのものによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドも提供します。
120 .LP 120 .LP
121 .LP 121 .LP
122 継承モデルのもう1つのオプションは、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用することで、J2SE 1.4より前のバージョンのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。ただし、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用するのは、標準的な手法ではありません。これらのAPIは今後非推奨になる予定です。このフラグを使用するのは、J2SE 1.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合には既存のMAKEFILEを変更し、\f2idlj\fPコンパイラに\f2\-oldImplBase\fPフラグを追加する必要があります。そうしないと、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。下位互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次のコマンドを使用します。 122 継承モデルのもう1つのオプションは、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用することで、J2SE 1.4より前のバージョンのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。ただし、\f2\-oldImplBase\fPフラグを使用するのは、標準的な手法ではありません。これらのAPIは今後非推奨になる予定です。このフラグを使用するのは、J2SE 1.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合には既存のMAKEFILEを変更し、\f2idlj\fPコンパイラに\f2\-oldImplBase\fPフラグを追加する必要があります。そうしないと、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。下位互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次のコマンドを使用します。
123 .LP 123 .LP
124 .nf 124 .nf
292 .LP 292 .LP
293 コンパイラは、このファイルを検索し、インクルード・リストを読み込みます。この例では、ディレクトリの間の区切り文字はセミコロン(;)になっています。この区切り文字は、プラットフォームによって異なります。たとえば、Windowsプラットフォームではセミコロンですが、Unixプラットフォームではコロンです。\f2includes\fPの詳細は、 293 コンパイラは、このファイルを検索し、インクルード・リストを読み込みます。この例では、ディレクトリの間の区切り文字はセミコロン(;)になっています。この区切り文字は、プラットフォームによって異なります。たとえば、Windowsプラットフォームではセミコロンですが、Unixプラットフォームではコロンです。\f2includes\fPの詳細は、
294 .na 294 .na
295 \f2クラス・パスの設定\fP @ 295 \f2クラス・パスの設定\fP @
296 .fi 296 .fi
297 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。 297 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalを参照してください。
298 .LP 298 .LP
299 .SS 299 .SS
300 インクルード・ファイルに対するバインディングの発行 300 インクルード・ファイルに対するバインディングの発行
301 .LP 301 .LP
302 .LP 302 .LP