comparison src/linux/doc/man/ja/orbd.1 @ 7317:bfae8dda86b1

Added tag jdk7u65-b06 for changeset 7d8e5d907895
author katleman
date Tue, 01 Apr 2014 12:01:47 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
comparison
equal deleted inserted replaced
6:305532b03956 7:24f3533f742e
17 ." 17 ."
18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA 18 ." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any 19 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
20 ." questions. 20 ." questions.
21 ." 21 ."
22 .TH orbd 1 "21 Mar 2012" 22 .TH orbd 1 "05 Jul 2012"
23 23
24 .LP 24 .LP
25 .SH "名前" 25 .SH "名前"
26 orbd \- The Object Request Broker Daemon 26 orbd \- The Object Request Broker Daemon
27 .LP 27 .LP
31 .LP 31 .LP
32 \f3関連項目:\fP 32 \f3関連項目:\fP
33 .na 33 .na
34 \f2ネーム・サービス\fP @ 34 \f2ネーム・サービス\fP @
35 .fi 35 .fi
36 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html 36 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
37 .LP 37 .LP
38 .SH "形式" 38 .SH "形式"
39 .LP 39 .LP
40 .nf 40 .nf
41 \f3 41 \f3
67 .LP 67 .LP
68 \f2orbd\fPを起動すると、ネーム・サービスも起動されます。ネーム・サービスの詳細は、 68 \f2orbd\fPを起動すると、ネーム・サービスも起動されます。ネーム・サービスの詳細は、
69 .na 69 .na
70 \f2ネーム・サービス\fP @ 70 \f2ネーム・サービス\fP @
71 .fi 71 .fi
72 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。 72 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
73 .LP 73 .LP
74 .SH "オプション" 74 .SH "オプション"
75 .LP 75 .LP
76 .SS 76 .SS
77 必須オプション 77 必須オプション
131 .LP 131 .LP
132 ネーム・サービスは、 132 ネーム・サービスは、
133 .na 133 .na
134 \f2CORBAオブジェクト\fP @ 134 \f2CORBAオブジェクト\fP @
135 .fi 135 .fi
136 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。 136 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#CORBA%20objectにネーミングを可能にするCORBAサービスです。ネーミングは名前をオブジェクト参照にバインドすることにより可能になります。
137 .na 137 .na
138 \f2ネーム・バインディング\fP @ 138 \f2ネーム・バインディング\fP @
139 .fi 139 .fi
140 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。 140 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlGlossary.html#name%20bindingをネーム・サービスに格納すれば、クライアントが名前を指定して目的のオブジェクト参照を取得できるようになります。
141 .LP 141 .LP
142 .LP 142 .LP
143 ORBDは、クライアントまたはサーバーを実行する前に起動します。ORBDには、永続ネーム・サービスおよび一時ネーム・サービスが組み込まれています。これらはどちらもCOSネーム・サービスの実装です。 143 ORBDは、クライアントまたはサーバーを実行する前に起動します。ORBDには、永続ネーム・サービスおよび一時ネーム・サービスが組み込まれています。これらはどちらもCOSネーム・サービスの実装です。
144 .LP 144 .LP
145 .LP 145 .LP
214 .LP 214 .LP
215 ORBDに含まれるネーム・サービスの詳細は、 215 ORBDに含まれるネーム・サービスの詳細は、
216 .na 216 .na
217 \f2ネーム・サービス\fP @ 217 \f2ネーム・サービス\fP @
218 .fi 218 .fi
219 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。 219 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.htmlを参照してください。
220 .LP 220 .LP
221 .SH "サーバー・マネージャ" 221 .SH "サーバー・マネージャ"
222 .LP 222 .LP
223 .LP 223 .LP
224 ORBDのサーバー・マネージャにアクセスして、永続サーバーを実行するには、servertool(1)を使用してサーバーを起動する必要があります。servertoolは、アプリケーション・プログラマが、永続サーバーの登録、登録解除、起動およびシャットダウンを行うためのコマンドライン・インタフェースです。\f2servertool\fPを使用してサーバーを起動する場合は、\f2orbd\fPが実行されている場所と同じポートとホストで起動する必要があります。サーバーを異なるポートで実行すると、ローカル・コンテキスト用にデータベースに保存されている情報が無効になり、サービスが正しく動作しません。 224 ORBDのサーバー・マネージャにアクセスして、永続サーバーを実行するには、servertool(1)を使用してサーバーを起動する必要があります。servertoolは、アプリケーション・プログラマが、永続サーバーの登録、登録解除、起動およびシャットダウンを行うためのコマンドライン・インタフェースです。\f2servertool\fPを使用してサーバーを起動する場合は、\f2orbd\fPが実行されている場所と同じポートとホストで起動する必要があります。サーバーを異なるポートで実行すると、ローカル・コンテキスト用にデータベースに保存されている情報が無効になり、サービスが正しく動作しません。
229 .LP 229 .LP
230 デモ用の 230 デモ用の
231 .na 231 .na
232 \f2サンプル・チュートリアル\fP @ 232 \f2サンプル・チュートリアル\fP @
233 .fi 233 .fi
234 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。 234 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlExample.htmlを使用し、チュートリアルの手順に従って、\f2idlj\fPコンパイラと\f2javac\fPコンパイラを実行します。サーバー・マネージャを実行するには、次の手順に従ってアプリケーションを実行します。
235 .LP 235 .LP
236 .LP 236 .LP
237 \f2orbd\fPを起動します。 237 \f2orbd\fPを起動します。
238 .LP 238 .LP
239 .LP 239 .LP
352 .TP 2 352 .TP 2
353 o 353 o
354 .na 354 .na
355 \f2ネーム・サービス\fP @ 355 \f2ネーム・サービス\fP @
356 .fi 356 .fi
357 http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html 357 http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/idl/jidlNaming.html
358 .br 358 .br
359 .TP 2 359 .TP 2
360 o 360 o
361 servertool(1) 361 servertool(1)
362 .RE 362 .RE