diff src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1 @ 5193:28e43b980aee

7182226: NLS: jdk7u6 message drop20 integration Reviewed-by: yhuang
author mfang
date Mon, 09 Jul 2012 22:58:53 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
line wrap: on
line diff
--- a/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1	Thu Jun 28 14:11:05 2012 -0700
+++ b/src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/javadoc.1	Mon Jul 09 22:58:53 2012 -0700
@@ -19,7 +19,7 @@
 ." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 ." questions.
 ."
-.TH javadoc 1 "21 Mar 2012"
+.TH javadoc 1 "05 Jul 2012"
 .SH "名前"
 javadoc \- Java APIドキュメント・ジェネレータ
 .LP
@@ -111,7 +111,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。通常、作成するクラスは、拡張機能としてロードするか、Javadocツールのクラス・パス内に置く必要があります。
 .SS 
 Javadocのドックレット
 .LP
@@ -122,7 +122,7 @@
 .na
 \f2Javadocのドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html 
 .TP 2
 o
 \f2\-doclet\fPコマンドライン・オプション 
@@ -137,13 +137,13 @@
 .na
 \f2Javadocに施された拡張機能\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/index.html \- Javadocで追加された改良点の詳細。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2Javadoc FAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html \- 頻繁に寄せられる質問に対する回答、Javadoc関連のツールについての情報、およびバグの回避方法。 
 .TP 2
 o
 .na
@@ -155,25 +155,19 @@
 .na
 \f2API仕様を記述するための要件\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/index.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-142372.html \- Java SEプラットフォーム仕様を記述する際に使用された標準要件。この情報は、ソース・ファイルのドキュメンテーション・コメント形式でAPI仕様を記述する場合にも、その他の形式で記述する場合にも役立ちます。検証可能なアサーションを満たすパッケージ、クラス、インタフェース、フィールド、およびメソッドについての要件を定めています。 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2ドキュメンテーション・コメントの仕様\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/docs/books/jls/first_edition/html/18.doc.html \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
+http://docs.oracle.com/javase/specs/ \- ドキュメンテーション・コメントのオリジナル仕様については、\f2Java Language Specification\fP (James Gosling、Bill Joy、Guy Steele共著)の初版の第18章、Documentation Commentsを参照してください。(この章は、第2版では削除されました。) 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2DocCheckドックレット\fP @
 .fi
 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-141437.html \- ソース・ファイル内のドキュメンテーション・コメントをチェックし、検出されたエラーや不正のレポートを生成します。Doc Checkユーティリティの一部です。 
-.TP 2
-o
-.na
-\f2MIFドックレット\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/ \- MIF、FrameMaker、PDFの形式でAPIドキュメントを自動生成します。MIFはAdobe FrameMakerの交換形式です。 
 .RE
 .SS 
 用語
@@ -338,14 +332,14 @@
 .na
 \f2パッケージの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/applet/package\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 パッケージの概要ページの先頭に、パッケージ・コメントの最初の文をコピーします。さらに、概要ページのパッケージ・リストに、パッケージ名とパッケージ・コメントの最初の文を追加します(
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。 
 .RE
 .SS 
 概要コメント・ファイル
@@ -372,7 +366,7 @@
 .na
 \f2概要の要約\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/overview\-summary.htmlを参照)。 
 .TP 2
 o
 概要ページの先頭に、概要コメントの最初の文をコピーします。 
@@ -820,12 +814,6 @@
 \f3インライン・タグ\fP \- 主説明内、またはブロック・タグのコメント内に記述可能。インライン・タグは、\f2{@tag}\fPのように中括弧で囲みます。 
 .RE
 .LP
-今後のリリースで導入されるタグについては、
-.na
-\f2提案されているタグ\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/proposed\-tags.htmlを参照してください。
-.LP
 現時点で有効なタグは、次のとおりです。
 .LP
 .TS
@@ -939,7 +927,7 @@
 .nr 41 \n(80+(3*\n(38)
 .nr 81 +\n(41
 .nr TW \n(81
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 873 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 861 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1093,7 +1081,7 @@
 .na
 \f2@deprecatedタグ\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/index.htmlのドキュメントを参照してください。
 .LP
 .RS 3
 .TP 3
@@ -1615,7 +1603,7 @@
 .nr 40 \n(79+(0*\n(38)
 .nr 80 +\n(40
 .nr TW \n(80
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1364 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1352 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -1961,7 +1949,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1440 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 1428 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2165,15 +2153,15 @@
 .na
 \f2クラスの直列化可能なフィールドおよびデータの文書化\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/platform/serialization/spec/serial\-arch.htmlを参照してください。また、
 .na
 \f2直列化のFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/javase/technologies/core/basic/serializationFAQ.jsp#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/serializationfaq\-jsp\-136699.html#javadoc_warn_missingも参照してください。このFAQには、「\-privateスイッチを指定しないでjavadocを実行しているのにprivateフィールドの@serialタグが見つからないというjavadocの警告が表示される」などの一般的な質問への回答が記載されています。直列化された形式の仕様にクラスを含める場合には、
 .na
-\f2Sunの基準\fP @
+\f2Oracleの基準\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/writingapispecs/serialized\-criteria.htmlも参照してください。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/serialized\-criteria\-137781.htmlも参照してください。 
 .LP
 .TP 3
 @serialField\  field\-name\  field\-type\  field\-description 
@@ -2258,7 +2246,7 @@
 .na
 \f2定数フィールド値\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/constant\-values.htmlページにも表示されます。 
 .LP
 .TP 3
 @version\  version\-text 
@@ -2760,7 +2748,7 @@
 .nr 42 \n(81+(3*\n(38)
 .nr 82 +\n(42
 .nr TW \n(82
-.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2015 file Input is too wide - \n(TW units
+.if t .if \n(TW>\n(.li .tm Table at line 2003 file Input is too wide - \n(TW units
 .fc  
 .nr #T 0-1
 .nr #a 0-1
@@ -2857,45 +2845,21 @@
 ドキュメントの生成に使用するドックレットを起動するためのクラス・ファイルを指定します。完全修飾名を指定してください。このドックレットにより、出力の内容と形式が定義されます。\f4\-doclet\fPオプションが使用されていない場合、Javadocは、標準ドックレットを使用してデフォルトのHTML形式を生成します。このクラスには\f2start(Root)\fPメソッドが含まれている必要があります。この起動クラスへのパスは\f2\-docletpath\fPオプションによって定義されます。
 .br
 .br
-たとえば、MIFドックレットを呼び出すには、次のように指定します。 
-.nf
-\f3
-.fl
-    \-doclet com.sun.tools.doclets.mif.MIFDoclet
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-docletpath\  classpathlist 
 \f2\-doclet\fPオプションで指定されたドックレット開始クラス・ファイル、およびそのクラスが依存するすべてのJARファイルへのパスを指定します。開始クラス・ファイルがjarファイル内にある場合、次の例のようにjarファイルのパスが指定されます。絶対パスまたは現在のディレクトリからの相対パスを指定できます。\f2classpathlist\fPに複数のパスやJARファイルが含まれる場合には、それらをSolarisの場合はコロン(:)で、Windowsの場合はセミコロン(;)でそれぞれ区切ります。目的のドックレット開始クラスがすでに検索パス内にある場合は、このオプションは不要です。
 .br
 .br
-jarファイルへのパスの例には、ドックレット開始クラス・ファイルが含まれています。jarファイル名が含まれている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/lib/mifdoclet.jar
-.fl
-\fP
+詳細は、
+.na
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-ドックレット開始クラス・ファイルのパスの例。クラス・ファイル名が省略されている点に注目してください。 
-.nf
-\f3
-.fl
-   \-docletpath /home/user/mifdoclet/classes/com/sun/tools/doclets/mif/
-.fl
-\fP
-.fi
-特定のドックレットを実行した完全な例については、
-.na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
-.fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。 
 .TP 3
 \-1.1 
 \f2この機能はJavadoc 1.4から削除されました。代替機能はありません。このオプションは、Javadoc 1.1によって生成されるのと同じ外見と機能を持つドキュメントを作成するためのものでした(ネストされたクラスはサポートされていません)。このオプションが必要な場合は、Javadoc 1.2または1.3をかわりに使用してください。\fP  
@@ -2953,7 +2917,7 @@
 .na
 \f2クラス・パス\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#generalのドキュメントにある指示に従ってください。
 .br
 .br
 \f2\-sourcepath\fPが省略された場合、Javadocツールはクラス・ファイルを検索するときのみでなく、ソース・ファイルを検索するときにも\f2\-classpath\fPを使用します(下位互換性のため)。したがって、ソース・ファイルとクラス・ファイルを別々のパスから検索する必要がある場合は、\f2\-sourcepath\fPと\f2\-classpath\fPの両方を使用します。
@@ -2973,7 +2937,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.htmlを参照してください。  
 .br
 .br
 便宜上、\f2*\fPのベース名を含むクラス・パス要素は、\f2.jar\fPまたは\f2.JAR\fPを拡張子に持つディレクトリ内のすべてのファイルのリストを指定するのと同等とみなされます(Javaプログラムはこの2つの呼出しを区別できません)。
@@ -3012,7 +2976,7 @@
 .na
 \f2クラスの検索方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfilesを参照してください。\f2classpathlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
 .TP 3
 \-extdirs\  dirlist 
 拡張機能クラスが存在するディレクトリを指定します。拡張機能クラスとは、Java拡張機能機構を使用するすべてのクラスです。extdirsは、Javadocツールがソース・ファイルとクラス・ファイルを探すときに使用する検索パスの一部です。詳細は、前述の\f2\-classpath\fPを参照してください。\f2dirlist\fP内の複数のディレクトリは、コロン(:)で区切ります。  
@@ -3028,7 +2992,7 @@
 .na
 \f2java.text.BreakIterator\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/java/text/BreakIterator.htmlの国際化された文境界を使用します(他のすべてのロケールはすでに\f2BreakIterator\fPを使用)。\f2最初の文\fPとは、パッケージ、クラス、またはメンバーの主説明での最初の文のことです。この文は、パッケージ、クラス、またはメンバーの要約にコピーされ、アルファベット順の索引にコピーされます。
 .br
 .br
 JDK 1.2以降、BreakIteratorクラスは、英語を除くすべての言語の文の終わりを判断するために、すでに使用されています。したがって、\f2\-breakiterator\fPオプションは、1.2以降では英文以外には効果がありません。英文には、次のような独自のデフォルトのアルゴリズムがあります。 
@@ -3229,7 +3193,7 @@
 \f2\-link\fPの引数は、宛先ディレクトリ(\f2docs/spi\fP)からの相対パスです。
 .br
 .br
-\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://java.sun.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
+\f3詳細\fP \- \f2\-link\fPオプションを使用すると、コードからは参照されていても、今回のJavadocの実行ではドキュメント化\f2されない\fPというクラスにリンクできるようになります。リンクから有効なページに移動できるようにするには、それらのHTMLページがある場所を調べ、その場所を\f2extdocURL\fPに指定する必要があります。これにより、たとえば、サード・パーティのドキュメントから\f2http://docs.oracle.com\fP上の\f2java.*\fPのドキュメントにリンクすることができます。
 .br
 .br
 今回の実行でJavadocによって生成されるドキュメント内のAPIのみを対象にリンクを作成する場合は、\f2\-link\fPオプションを省略します。(\f2\-link\fPオプションが指定されていないと、Javadocツールは、外部参照のドキュメントへのリンクを作成しません。これは、そのドキュメントが存在するかどうか、および存在する場合はその場所がわからないからです。)
@@ -3694,7 +3658,7 @@
 .na
 \f2タグレットの概要\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/taglet/overview.html 
 .RE
 タグレットは、ブロックタグまたはインライン・タグで便利です。タグレットは任意の数の引数をとることができます。また、テキストを太字にする、箇条書きを作成する、テキストをファイルに書き出す、その他のプロセスを開始するなどのカスタム動作を実装できます。
 .br
@@ -3907,13 +3871,13 @@
 .na
 \f2標準ドックレット\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/standard\-doclet.html#runningprogrammaticallyを参照してください。
 .LP
-\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。特定のドックレットを実行した完全な例については、
+\f3ドックレットの実行\fP \- 下の説明は、標準HTMLドックレットを呼び出すためのものです。カスタム・ドックレットを呼び出すには、\-docletおよび\-docletpathオプションを使用します。詳細は、
 .na
-\f2MIFドックレットのドキュメント\fP @
+\f2ドックレットの概要\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/mifdoclet/docs/mifdoclet.htmlを参照してください。
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/javadoc/doclet/overview.htmlを参照してください。
 .SH "簡単な例"
 .LP
 Javadocは、パッケージ全体に対して実行することも、個々のソース・ファイルに対して実行することもできます。各パッケージ名は、それぞれのパッケージ名に対応するディレクトリ名を持ちます。次の例では、ソース・ファイルは\f2/home/src/java/awt/*.java\fPにあります。生成先ディレクトリは\f2/home/html\fPです。
@@ -4076,7 +4040,7 @@
 .na
 \f2WindowsのMakefileの作成方法\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#makefilesを参照してください。
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.html#makefilesを参照してください。
 .nf
 \f3
 .fl
@@ -4161,7 +4125,7 @@
 .na
 \f2JavadocのFAQ\fP @
 .fi
-http://java.sun.com/j2se/javadoc/faq/index.html#Bで参照できます。 
+http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137483.htmlで参照できます。 
 .TP 2
 o
 \f3バグおよび制限事項\fP \- バグの一部は、バグ修正および変更のインポートでも参照できます。 
@@ -4222,12 +4186,12 @@
 .na
 \f2クラス・パスの設定\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#general 
 .TP 2
 o
 .na
 \f2javacとjavadocがクラスを検索する方法\fP @
 .fi
-http://download.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
+http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/findingclasses.html#srcfiles(tools.jar) 
 .RE