view src/linux/doc/man/ja/extcheck.1 @ 5193:28e43b980aee

7182226: NLS: jdk7u6 message drop20 integration Reviewed-by: yhuang
author mfang
date Mon, 09 Jul 2012 22:58:53 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 1998, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH extcheck 1 "05 Jul 2012"

.LP
.SH "名前"
extcheck \- jarの競合検出ユーティリティ
.LP
.LP
\f3extcheck\fPは、ターゲットのjarファイルと現在インストールされている拡張機能のjarファイル間のバージョンの競合を検出します。
.LP
.SH "形式"
.LP
.nf
\f3
.fl
extcheck [ \-verbose ] targetfile.jar
.fl
\fP
.fi

.LP
.SH "説明"
.LP
.LP
\f3extcheck\fPユーティリティは、指定されたJarファイルのタイトルおよびバージョンがJava(tm) SDKにインストールされている拡張機能と競合していないかをチェックします。拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使用して、同じバージョンまたはより新しいバージョンの拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べることができます。
.LP
.LP
\f3extcheck\fPユーティリティは、\f2targetfile.jar\fPファイルのマニフェスト内のヘッダー\f2Specification\-title\fPおよび\f2Specification\-version\fPを、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべてのJarファイル内の対応するヘッダーと比較します。(デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、\f2jre/lib/ext\fPです。)\f3extcheck\fPユーティリティは、\f2java.lang.Package.isCompatibleWith\fPメソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。
.LP
.LP
競合が検出されない場合のリターン・コードは\f20\fPです。
.LP
.LP
拡張機能ディレクトリ内のいずれかのjarファイルのマニフェストに、同一の\f2Specification\-title\fP、および同一またはより新しい\f2Specification\-version\fP番号がある場合は、ゼロでないエラー・コードが返されます。\f2targetfile.jar\fPのマニフェストに\f2Specification\-title\fPまたは\f2Specification\-version\fP属性がない場合も、ゼロでないエラー・コードが返されます。
.LP
.SH "オプション"
.LP
.RS 3
.TP 3
\-verbose 
拡張機能ディレクトリ内のJarファイルを、チェック時に一覧表示します。また、ターゲットjarファイルのマニフェストの属性、および競合するjarファイルについても報告します。 
.TP 3
\-Joption 
Java仮想マシンに\f2option\fPを渡します。\f2option\fPには、java(1)のリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\f3\-J\-Xms48m\fPと指定すると、スタートアップ・メモリーは48Mバイトに設定されます。 
.RE

.LP
.SH "関連項目"
.LP
.LP
jar(1)
.LP