view src/linux/doc/man/ja/jhat.1 @ 7317:bfae8dda86b1

Added tag jdk7u65-b06 for changeset 7d8e5d907895
author katleman
date Tue, 01 Apr 2014 12:01:47 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2006, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH jhat 1 "05 Jul 2012"

.LP
.SH "名前"
jhat \- Javaヒープ解析ツール
.LP
.RS 3
.TP 2
o
形式 
.TP 2
o
パラメータ 
.TP 2
o
説明 
.TP 2
o
オプション 
.TP 2
o
関連項目 
.RE

.LP
.SH "形式"
.LP
.nf
\f3
.fl
\fP\f3jhat\fP [ \f2options\fP ] <heap\-dump\-file>
.fl

.fl
.fi

.LP
.SH "パラメータ"
.LP
.RS 3
.TP 3
options 
オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。 
.TP 3
heap\-dump\-file 
ブラウズ対象となるJavaバイナリ・ヒープ・ダンプ・ファイル。複数のヒープ・ダンプを含むダンプ・ファイルの場合、「foo.hprof#3」のようにファイル名の後に「#<number>」を付加することで、ファイル内の特定のダンプを指定できます。 
.RE

.LP
.SH "説明"
.LP
.LP
\f3jhat\fPコマンドは、javaヒープ・ダンプ・ファイルを解析し、Webサーバーを起動します。jhatを使用すれば、使い慣れたWebブラウザを使用してヒープ・ダンプをブラウズできます。jhatは、「既知のクラス「Foo」のすべてのインスタンスを表示する」といった、事前に設計されたクエリーの他、ヒープ・ダンプをクエリーするSQLに似たクエリー言語である\f3OQL\fP(\f3O\fPbject\f3Q\fPuery\f3L\fPanguage)もサポートします。OQLのヘルプには、jhatによって表示されるOQLヘルプ・ページからアクセスできます。デフォルト・ポートを使用する場合、OQLのヘルプはhttp://localhost:7000/oqlhelp/で利用可能です。
.LP
.LP
Javaのヒープ・ダンプを生成するには、次のいくつかの方法があります。
.LP
.RS 3
.TP 2
o
jmap(1)の\-dumpオプションを使用して実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
.TP 2
o
jconsole(1)のオプションを使用して
.na
\f2HotSpotDiagnosticMXBean\fP @
.fi
http://docs.oracle.com/javase/7/docs/jre/api/management/extension/com/sun/management/HotSpotDiagnosticMXBean.html経由で実行時にヒープ・ダンプを取得する方法 
.TP 2
o
\-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError VMオプションを指定して、OutOfMemoryErrorのスロー時にヒープ・ダンプを生成する方法 
.TP 2
o
hprofを使用する方法 
.RE

.LP
.LP
\f3注意:\fP このツールは\f3試験的なもの\fPであり、将来のJDKのバージョンでは利用\f3できなくなる\fP可能性があります。
.LP
.SH "オプション"
.LP
.RS 3
.TP 3
\-stack false/true 
オブジェクト割当呼出しスタックの追跡を無効にします。ヒープ・ダンプ内で割当サイト情報が使用できない場合、このフラグをfalseに設定する必要があります。デフォルトはtrueです。 
.TP 3
\-refs false/true 
オブジェクトへの参照の追跡を無効にします。デフォルトはtrueです。デフォルトでは、ヒープ内のすべてのオブジェクトについて、バックポインタ(指定されたオブジェクトをポイントしているオブジェクト。参照者または受信参照とも呼ばれる)が計算されます。 
.TP 3
\-port port\-number 
jhatのHTTPサーバーのポートを設定します。デフォルトは7000です。 
.TP 3
\-exclude exclude\-file 
「到達可能なオブジェクト」のクエリーから除外する必要があるデータ・メンバーの一覧を含むファイルを指定します。たとえば、このファイルに\f2java.lang.String.value\fPが含まれていた場合、特定のオブジェクト「o」から到達可能なオブジェクトのリストを計算する際に、\f2java.lang.String.value\fPフィールドに関連する参照パスが考慮されなくなります。 
.TP 3
\-baseline baseline\-dump\-file 
ベースラインとなるヒープ・ダンプを指定します。両方のヒープ・ダンプ内で同じオブジェクトIDを持つオブジェクトは「新規ではない」としてマークされます。その他のオブジェクトは「新規」としてマークされます。これは、異なる2つのヒープ・ダンプを比較する際に役立ちます。 
.TP 3
\-debug int 
このツールのデバッグ・レベルを設定します。0は「デバッグ出力なし」を意味します。より大きな値を設定すると、より冗長なモードになります。 
.TP 3
\-version 
バージョン番号を報告したあと、終了します。 
.TP 3
\-h 
ヘルプ・メッセージを出力して終了します。 
.TP 3
\-help 
ヘルプ・メッセージを出力して終了します。 
.TP 3
\-J<flag> 
jhatが実行されているJava仮想マシンに<flag>を渡します。たとえば、512Mバイトの最大ヒープ・サイズを使用するには、\-J\-Xmx512mとします。 
.RE

.LP
.SH "関連項目"
.LP
.RS 3
.TP 2
o
jmap(1) 
.TP 2
o
jconsole(1) 
.TP 2
o
hprof \- ヒープおよびCPUプロファイリング・ツール 
.RE

.LP