view src/linux/doc/man/ja/jsadebugd.1 @ 7317:bfae8dda86b1

Added tag jdk7u65-b06 for changeset 7d8e5d907895
author katleman
date Tue, 01 Apr 2014 12:01:47 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2004, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH jsadebugd 1 "05 Jul 2012"

.LP
.SH "名前"
jsadebugd \- サービスアビリティ・エージェント・デバッグ・デーモン
.LP
.RS 3
.TP 2
o
形式 
.TP 2
o
パラメータ 
.TP 2
o
説明 
.TP 2
o
関連項目 
.RE

.LP
.SH "形式"
.LP
.nf
\f3
.fl
\fP\f3jsadebugd\fP pid [ server\-id ]
.fl
\f3jsadebugd\fP executable core [ server\-id ]
.fl
.fi

.LP
.SH "パラメータ"
.LP
.RS 3
.TP 3
pid 
デバッグ・サーバーが接続するプロセスのプロセスIDです。プロセスはJavaプロセスである必要があります。マシン上で実行しているJavaプロセスの一覧を取得するには、jps(1)を使用します。単一のプロセスに接続できるデバッグ・サーバーのインスタンスは、1つに制限されます。 
.TP 3
executable 
コア・ダンプの作成元のJava実行可能ファイル。 
.TP 3
core 
デバッグ・サーバーを接続するコア・ファイルです。 
.TP 3
server\-id 
複数のデバッグ・サーバーが同一のマシン上で実行されている場合に必要になる、オプションの一意のIDです。このIDは、リモート・クライアントが、接続先のデバッグ・サーバーを特定するために使用する必要があります。このIDは、単一のマシン内で一意にする必要があります。 
.RE

.LP
.SH "説明"
.LP
.LP
\f3jsadebugd\fPは、Javaプロセスまたはコア・ファイルに接続し、デバッグ・サーバーとして機能します。jstack(1)、jmap(1)およびjinfo(1)などのリモート・クライアントは、Java Remote Method Invocation(RMI)を使用しているサーバーに接続できます。\f2jsadebugd\fPを起動する前に、次のようにして
.na
\f2rmiregistry\fP @
.fi
http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmiを起動する必要があります。
.LP
.nf
\f3
.fl
\fP\f4rmiregistry \-J\-Xbootclasspath/p:$JAVA_HOME/lib/sajdi.jar\fP\f3
.fl
\fP
.fi

.LP
.LP
ここで、\f2$JAVA_HOME\fPはJDKインストール・ディレクトリです。rmiregistryが起動していない場合、jsadebugdは標準(1099)ポートのrmiregistryを内部で起動します。デバッグ・サーバーは、SIGINTを送信する([Ctrl]+[C]を押す)ことにより停止できます。
.LP
.LP
\f3注意\fP \- このユーティリティはサポート対象外であり、将来のJDKのバージョンでは利用できなくなる可能性があります。dbgeng.dllが存在していないWindowsシステムでは、「Debugging Tools For Windows」をインストールしないとこれらのツールが正常に動作しません。また、\f2PATH\fP環境変数には、ターゲット・プロセスによって使用される\f2jvm.dll\fPの場所、またはクラッシュ・ダンプ・ファイルが生成された場所が含まれるようにしてください。
.LP
.LP
次に例を示します。\f2set PATH=<jdk>\\jre\\bin\\client;%PATH%\fP
.LP
.SH "関連項目"
.LP
.RS 3
.TP 2
o
jinfo(1) 
.TP 2
o
jmap(1) 
.TP 2
o
jps(1) 
.TP 2
o
jstack(1) 
.TP 2
o
.na
\f2rmiregistry\fP @
.fi
http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/tools/index.html#rmi 
.RE

.LP