view src/linux/doc/man/ja/jvisualvm.1 @ 7317:bfae8dda86b1

Added tag jdk7u65-b06 for changeset 7d8e5d907895
author katleman
date Tue, 01 Apr 2014 12:01:47 -0700
parents 94ba195ce8a1
children
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2008, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH jvisualvm 1 "05 Jul 2012"

.LP
.SH "名前"
\f2jvisualvm\fP \- Java仮想マシンの監視、トラブルシューティングおよびプロファイリング・ツール
.LP
.RS 3
.TP 2
o
形式 
.TP 2
o
パラメータ 
.TP 2
o
説明 
.TP 2
o
オプション 
.TP 2
o
使用方法 
.TP 2
o
関連項目 
.RE

.LP
.SH "形式"
.LP
.nf
\f3
.fl
        \fP\f3jvisualvm\fP [ \f2options\fP ]
.fl
.fi

.LP
.SH "パラメータ"
.LP
.LP
オプションを使用する場合、コマンド名の直後に記述してください。オプションの指定順序に決まりはありません。特定のオプションに適用されるパラメータについては、次のオプションを参照してください。
.LP
.SH "説明"
.LP
.LP
Java VisualVMは、指定されたJava仮想マシン(JVM(*))でJavaテクノロジ・ベースのアプリケーション(Javaアプリケーション)が実行されているときに、そのJavaアプリケーションに関する詳細な情報を提供する直感的なグラフィカル・ユーザー・インタフェースです。Java VisualVMという名前は、Java VisualVMがJVMソフトウェアに関する情報を\f2視覚的に\fP提供するという事実に由来しています。
.LP
.LP
Java VisualVMは、いくつかの監視、トラブルシューティングおよびプロファイリング・ユーティリティを1つのツールに統合します。たとえば、スタンドアロン・ツール\f2jmap\fP、\f2jinfo\fP、\f2jstat\fPおよび\f2jstack\fPで提供されている機能のほとんどが、Java VisualVMに組み込まれています。JConsoleツールによって提供される一部の機能など、他の機能はオプションのプラグインとして追加できます。
.LP
.SH "オプション"
.LP
.LP
次のオプションは、Java VisualVMを起動したときに実行可能になります。
.LP
.RS 3
.TP 3
\-J<jvm_option>\  
この\f2<jvm_option>\fPをJVMソフトウェアに渡します。 
.RE

.LP
.SH "使用方法"
.LP
.LP
Java VisualVMは、Javaアプリケーションの開発者がアプリケーションのトラブルシューティングを行ったり、アプリケーションのパフォーマンスを監視および改善したりするのに役立ちます。Java VisualVMを使用すると、開発者はヒープ・ダンプの生成および解析、メモリー・リークの特定、ガベージ・コレクションの実行および監視、およびメモリーとCPUの簡易プロファイリングの実行が可能になります。Java VisualVMの機能を拡張するプラグインもいくつかあります。たとえば、JConsoleツールのほとんどの機能は、「MBeans」タブおよびJConsole Plug\-in Wrapperプラグインを介して使用できます。標準のJava VisualVMプラグインのカタログから選択するには、Java VisualVMメニューの「ツール」→「プラグイン」を選択します。
.LP
.LP
Java VisualVMを起動するには、次のコマンドを実行します。
.LP
.nf
\f3
.fl
%  jvisualvm \fP\f4<options>\fP\f3
.fl
\fP
.fi

.LP
.SH "関連項目"
.LP
.LP
Java VisualVMの詳細は、次のページを参照してください。
.LP
.RS 3
.TP 2
o
.na
\f2Java VisualVM開発者のサイト\fP @
.fi
http://visualvm.java.net 
.TP 2
o
.na
\f2Java SEプラットフォームでのJava VisualVMのドキュメント\fP @
.fi
http://docs.oracle.com/javase/7/docs/technotes/guides/visualvm/index.html 
.RE

.LP
.LP
\f2(*「Java仮想マシン」と「JVM」という用語は、Javaプラットフォームの仮想マシンを意味しています。)\fP
.LP