view src/solaris/doc/sun/man/man1/ja/native2ascii.1 @ 4106:d5a7ed4e72a4

6546713: link the word (optional) in exception specifications to the text which provides explanation and context. Reviewed-by: dholmes, dl
author mduigou
date Wed, 20 Apr 2011 17:20:00 -0700
parents 00cd9dc3c2b5
children 02473ee63688
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2000, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH native2ascii 1 "02 Jun 2010"

.LP
.SH "名前"
native2ascii \- ネイティブ \- ASCII コンバータ
.LP
.RS 3

.LP
.LP
ネイティブコード (Latin 1 および Unicode 以外) のファイルを Unicode コードに変換します。
.LP
.RE
.SH "形式"
.LP

.LP
.nf
\f3
.fl
\fP\f4native2ascii\fP\f2 [options] [inputfile [outputfile]]\fP
.fl
.fi

.LP
.SH "説明"
.LP

.LP
.LP
Java コンパイラおよびその他の Java ツールは、Latin\-1 または Unicode コード (\\udddd 表記) 文字を含んだファイルだけを処理することができます。 \f2native2ascii\fP は、これら以外の文字コードのファイルを Latin\-1 または Unicode コードのファイルに変換します。
.LP
.LP
\f2outputfile\fP を省略した場合、標準出力に出力されます。さらに、\f2inputfile\fP を省略した場合、標準入力から入力されます。
.LP
.SH "オプション"
.LP

.LP
.RS 3
.TP 3
\-reverse 
逆の処理を行います。つまり、Latin\-1 または Unicode コードのファイルをネイティブコードに変換します。
.br
.br
.TP 3
\-encoding encoding_name 
変換処理で使用するコードの名前を指定します。デフォルトのコードは、システムプロパティーの \f2file.encoding\fP から取得されます。\f2encoding_name\fP 文字列は、
.na
\f4「サポートされているエンコーディング」\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/intl/encoding.doc.htmlドキュメントに示されている、サポートされるエンコーディングの表の最初の列から取得される必要があります。 
.TP 3
\-Joption 
Java 仮想マシンに \f2option\fP を渡します。 \f2option\fP には、java(1)のリファレンスページに記載されているオプションを 1 つ指定します。たとえば、\f3\-J\-Xms48m\fP と指定すると、スタートアップメモリーは 48M バイトに設定されます。 
.RE

.LP