view src/linux/doc/man/ja/jstatd.1 @ 1178:b056c42ea5b4

6837214: Update JDK7 man pages Reviewed-by: darcy, bpatel, tbell Contributed-by: jacob.royal@sun.com
author tbell
date Mon, 04 May 2009 18:28:26 -0700
parents 37a05a11f281
children 00cd9dc3c2b5
line wrap: on
line source
." Copyright 2003 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
." CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
." have any questions.
."
.TH jstatd 1 "04 May 2009"
." Generated from HTML by html2man (author: Eric Armstrong)

.LP
.SH "名前"
jstatd \- 仮想マシン jstat デーモン
.LP
.RS 3
.TP 2
o
形式 
.TP 2
o
パラメータ 
.TP 2
o
説明 
.TP 2
o
オプション 
.TP 2
o
セキュリティー 
.TP 2
o
リモートインタフェース 
.TP 2
o

.TP 2
o
関連項目 
.RE

.LP
.SH "形式"
.LP

.LP
.nf
\f3
.fl
jstatd [ \fP\f4options\fP\f3 ]\fP
.br
\f3
.fl
\fP
.fi

.LP
.SH "パラメータ"
.LP

.LP
.RS 3
.TP 3
options 
コマンド行オプション。オプションは任意の順序で指定できます。重複または矛盾するオプションがある場合、最後に指定したオプションが優先されます。 
.RE

.LP
.SH " 説明"
.LP

.LP
.LP
\f3jstatd\fP ツールは、計測された HotSpot Java 仮想マシン (JVM) の作成と終了を監視し、ローカルシステム上で実行している Java 仮想マシンに、リモート監視ツールが接続できるようにするためのインタフェースを提供する RMI サーバーアプリケーションです。
.LP
.LP
\f3jstatd\fP サーバーでは、ローカルホストに RMI レジストリが存在することが必要になります。\f3jstatd\fP サーバーは、デフォルトポートまたは \f2\-p port\fP オプションで指定されたポート上の RMI レジストリに接続しようとします。RMI レジストリが見つからない場合、\f2\-p port\fP オプションで指定されたポート、または \f2\-p port\fP が省略されている場合は、デフォルト RMI レジストリにバインドされた \f3jstatd\fP アプリケーション内に、1 つの RMI レジストリが作成されます。内部 RMI レジストリの作成は、\f2\-nr\fP オプションを指定することによって禁止することができます。
.LP
.LP
\f3注:\fP このユーティリティーはサポート対象外であり、将来の JDK のバージョンでは利用できなくなる可能性があります。現在、Windows 98 および Windows Me プラットフォームでは使用できません。
.LP
.SH "オプション"
.LP

.LP
.LP
\f3jstatd\fP コマンドは次のオプションをサポートしています。
.LP
.RS 3
.TP 3
\-nr 
既存の RMI レジストリが見つからない場合、\f2jstatd\fP プロセス内に内部 RMI レジストリを作成しないようにします。 
.TP 3
\-p\  port 
RMI レジストリがあると予想されるポート番号です。 見つからない場合は、\f2\-nr\fP が指定されていなければ作成されます。 
.TP 3
\-n\  rminame 
RMI レジストリにおいて、リモート RMI オブジェクトがバインドされる名前です。デフォルト名は \f2JStatRemoteHost\fP です。複数の \f3jstatd\fP サーバーが同じホスト上で起動している場合、各サーバーのエクスポートした RMI オブジェクトの名前は、このオプションを指定することによって、一意の名前にすることができます。ただし、このオプションを使用する場合、監視クライアントの \f2hostid\fP および \f2vmid\fP 文字列に、その一意のサーバー名を含める必要があります。 
.TP 3
\-Joption 
\f3javac\fP が呼び出す \f3java\fP 起動ツールに、\f2option\fP を渡します。たとえば、\f3\-J\-Xms48m\fP と指定すると、スタートアップメモリーは 48M バイトに設定されます。\f3\-J\fP を使って、Java で記述されたアプリケーションを実行する背後の VM にオプション渡すことは、よく行われています。 
.RE

.LP
.SH "セキュリティー"
.LP

.LP
.LP
\f3jstatd\fP サーバーは、有効なネイティブアクセス権を持つ JVM だけを監視できます。したがって、\f3jstatd\fP プロセスは、ターゲット JVM と同じユーザー資格で実行している必要があります。一部のユーザー資格は、Unix(TM) ベースのシステムにおける \f2root\fP ユーザーのように、システム上の任意の JVM によってエクスポートされたインストゥルメンテーションへのアクセス権を持っています。このような資格で実行している \f3jstatd\fP プロセスは、システム上のすべての JVM を監視できますが、セキュリティー上の別の問題が起こります。
.LP
.LP
\f3jstatd\fP サーバーは、リモートクライアントの認証を一切与えません。そのため、\f3jstatd\fP サーバープロセスを実行すると、\f3jstatd\fP プロセスがアクセス権を持つすべての JVM によるインストゥルメンテーションのエクスポートを、ネットワーク上のすべてのユーザーに公開することになります。この無防備な状態は、環境的に望ましくない場合があります。 特に実稼働環境または安全でないネットワークでは、\f3jstatd\fP プロセスを起動する前に、ローカルセキュリティーポリシーを検討する必要があります。
.LP
.LP
\f3jstatd\fP サーバーは、他のセキュリティーマネージャーがインストールされていない場合には、RMISecurityPolicy のインスタンスをインストールします。 そのため、セキュリティーポリシーファイルを指定する必要があります。ポリシーファイルは、デフォルトポリシー実装の
.na
\f2ポリシーファイルの構文\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/security/PolicyFiles.htmlに準拠する必要があります。
.LP
.LP
次のポリシーファイルの場合、\f3jstatd\fP サーバーは一切のセキュリティー例外を使用せずに実行できます。このポリシーは、すべてのコードベースへのあらゆるアクセス権を認めるポリシーよりも自由度は低いですが、\f3jstatd\fP サーバーを実行するために最低限必要なアクセス権しか認めないポリシーよりも自由度は高くなっています。
.LP
.nf
\f3
.fl
grant codebase "file:${java.home}/../lib/tools.jar" {\fP
.br
\f3
.fl
   permission java.security.AllPermission;\fP
.br
\f3
.fl
};\fP
.br
\f3
.fl
\fP
.fi

.LP
.LP
このポリシーを使用するには、このテキストを \f2jstatd.all.policy\fP というファイルにコピーし、次のように \f3jstatd\fP サーバーを実行します。
.LP
.nf
\f3
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=jstatd.all.policy\fP
.br
\f3
.fl
\fP
.fi

.LP
.LP
より厳しいセキュリティーを実施するサイトの場合、カスタムポリシーファイルを使用して、特定の信頼できるホストまたはネットワークにアクセスを制限することができます。 ただし、このような方法は、IP アドレスの盗聴攻撃を受けやすくなります。セキュリティーの問題について、カスタマイズしたポリシーファイルでも対処できない場合は、\f3jstatd\fP サーバーを実行せずに、\f3jstat\fP と \f3jps\fP ツールをローカルで使用することがもっとも安全な方法になります。
.LP
.SH "リモートインタフェース"
.LP

.LP
.LP
\f3jstatd\fP プロセスがエクスポートするインタフェースは、独自に開発したものであり変更される予定です。ユーザーおよび開発者は、このインタフェースへの書き込みを行わないでください。
.LP
.SH "例"
.LP

.LP
.LP
次に \f3jstatd\fP を起動する例を紹介します。\f3jstatd\fP スクリプトによって、サーバーはバックグラウンドで自動的に起動します。
.LP
.SS 
内部 RMI レジストリの使用
.LP
.LP
この例は、内部 RMI レジストリを使用した \f3jstatd\fP の起動を表しています。この例では、デフォルトの RMI レジストリポート (ポート 1099) には、他のサーバーはバインドされていないと想定しています。
.LP
.nf
\f3
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy
.fl
\fP
.fi

.LP
.SS 
外部 RMI レジストリの使用
.LP
.LP
この例は、外部 RMI レジストリを使用した \f3jstatd\fP の起動を表しています。
.LP
.nf
\f3
.fl
rmiregistry&
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy
.fl
\fP
.fi

.LP
.LP
この例は、ポート 2020 の外部 RMI レジストリを使用した \f3jstatd\fP の起動を表しています。
.LP
.nf
\f3
.fl
rmiregistry 2020&
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy \-p 2020
.fl
\fP
.fi

.LP
.LP
この例は、AlternateJstatdServerName の名前にバインドされた、ポート 2020 の外部 RMI レジストリを使用した \f3jstatd\fP の起動を表しています。
.LP
.nf
\f3
.fl
rmiregistry 2020&
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy \-p 2020 \-n AlternateJstatdServerName
.fl
\fP
.fi

.LP
.SS 
インプロセス RMI レジストリの作成の禁止
.LP
.LP
この例は、RMI レジストリが見つからない場合に RMI レジストリを作成しない \f3jstatd\fP の起動を表しています。この例では、RMI レジストリがすでに実行していると想定しています。実行していない場合は、該当するエラーメッセージが表示されます。
.LP
.nf
\f3
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy \-nr
.fl
\fP
.fi

.LP
.SS 
RMI ログ機能の有効化
.LP
.LP
この例は、RMI ログ機能を有効にした \f3jstatd\fP の起動を表しています。この方法は、トラブルシューティングまたはサーバー活動の監視に役立ちます。
.LP
.nf
\f3
.fl
jstatd \-J\-Djava.security.policy=all.policy \-J\-Djava.rmi.server.logCalls=true
.fl
\fP
.fi

.LP
.SH "関連項目"
.LP
.RS 3
.TP 2
o
「java(1) \- Java アプリケーション起動ツール」 
.TP 2
o
「jps(1) \- Java 仮想マシンプロセスステータスツール」 
.TP 2
o
「jstat(1) \- Java 仮想マシン統計データ監視ツール」 
.TP 2
o

.na
\f2rmiregistry\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/tools/index.html#rmi \- Java リモートオブジェクトレジストリ」 
.RE

.LP

.LP