changeset 10141:0e0a35b0bf0f jdk8u25-b07

Merge
author asaha
date Mon, 14 Jul 2014 11:15:04 -0700
parents bfb74d8f2afb 35b34d6782b4
children 16aeb088b949
files
diffstat 94 files changed, 10656 insertions(+), 9069 deletions(-) [+]
line wrap: on
line diff
--- a/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/appletviewer.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1995, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: appletviewer
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1995, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: appletviewer
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013年11月21日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "appletviewer" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 appletviewer \- Webブラウザの外側でアプレットを実行します。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIappletviewer\fR [\fIoptions\fR] \fIurl\fR\&.\&.\&.
+\fBappletviewer\fR [\fIoptions\fR] \fIurl\fR\&.\&.\&.
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -64,7 +66,7 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-空白で区切られたコマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+空白で区切られたコマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \fIurl\fR
@@ -73,20 +75,20 @@
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIappletviewer\fRコマンドは\fIurls\fRに指定されたドキュメントあるいはリソースと接続して、そのドキュメントが参照するそれぞれのアプレットを独自のウィンドウで表示します。urlsによって参照されたドキュメントが、\fIOBJECT\fR、\fIEMBED\fRまたは\fIAPPLET\fRタグでどのアプレットも参照していない場合、\fIappletviewer\fRコマンドは何も行いません。\fIappletviewer\fRコマンドでサポートされるHTMLタグの詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/tools/appletviewertags\&.htmlにある
+\fBappletviewer\fRコマンドは\fIurls\fRに指定されたドキュメントあるいはリソースと接続して、そのドキュメントが参照するそれぞれのアプレットを独自のウィンドウで表示します。urlsによって参照されたドキュメントが、\fBOBJECT\fR、\fBEMBED\fRまたは\fBAPPLET\fRタグでどのアプレットも参照していない場合、\fBappletviewer\fRコマンドは何も行いません。\fBappletviewer\fRコマンドでサポートされるHTMLタグの詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/tools/appletviewertags\&.htmlにある
 アプレット・ビューア・タグを参照してください。
 .PP
-\fIappletviewer\fRコマンドは、RFC2396で定義されたエスケープ・メカニズムに従ってエンコードされたURLを必要とします。サポートされるのは、エンコードされたURLのみです。ただし、ファイル名については、RFC2396の仕様に従ってエンコードを解除しておく必要があります。
+\fBappletviewer\fRコマンドは、RFC2396で定義されたエスケープ・メカニズムに従ってエンコードされたURLを必要とします。サポートされるのは、エンコードされたURLのみです。ただし、ファイル名については、RFC2396の仕様に従ってエンコードを解除しておく必要があります。
 .PP
 \fB注意:\fR
 The
-\fIappletviewer\fRコマンドは開発専用です。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/samples/aboutCodeSamples\&.htmlにある
+\fBappletviewer\fRコマンドは開発専用です。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/samples/aboutCodeSamples\&.htmlにある
 サンプル/テスト・アプリケーションおよびコードについてを参照してください。
 .SH "オプション"
 .PP
 \-debug
 .RS 4
-\fIjdb\fRコマンドを使用してJavaデバッガでアプレット・ビューアを開始して、ドキュメント中のアプレットをデバッグします。
+\fBjdb\fRコマンドを使用してJavaデバッガでアプレット・ビューアを開始して、ドキュメント中のアプレットをデバッグします。
 .RE
 .PP
 \-encoding \fIencoding\-name\fR
@@ -96,7 +98,7 @@
 .PP
 \-J\fIjavaoption\fR
 .RS 4
-文字列\fIjavaoption\fRは、アプレット・ビューアを実行するJavaインタプリタに1つの引数として渡されます。引数にスペースを含めないでください。複数の引数は、すべてが接頭辞\fI\-J\fRで始まる必要があります。これは、コンパイラの実行環境またはメモリー使用の調整に有効です。
+文字列\fBjavaoption\fRは、アプレット・ビューアを実行するJavaインタプリタに1つの引数として渡されます。引数にスペースを含めないでください。複数の引数は、すべてが接頭辞\fB\-J\fRで始まる必要があります。これは、コンパイラの実行環境またはメモリー使用の調整に有効です。
 .RE
 .PP
 
--- a/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/extcheck.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1998, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: extcheck
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1998, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: extcheck
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013年11月21日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "extcheck" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 extcheck \- ターゲットのJavaアーカイブ(JAR)ファイルと現在インストールされている拡張機能のJARファイル間のバージョンの競合を検出します。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIextcheck\fR [\fIoptions\fR] \fItargetfile\&.jar\fR
+\fBextcheck\fR [\fIoptions\fR] \fItargetfile\&.jar\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -64,7 +66,7 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+コマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \fItargetfile\&.jar\fR
@@ -73,13 +75,13 @@
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIextcheck\fRコマンドは、指定されたJARファイルのタイトルおよびバージョンがJava SE SDKにインストールされている拡張機能と競合していないかをチェックします。拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使用して、同じバージョンまたはより新しいバージョンの拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べることができます。
+\fBextcheck\fRコマンドは、指定されたJARファイルのタイトルおよびバージョンがJava SE SDKにインストールされている拡張機能と競合していないかをチェックします。拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使用して、同じバージョンまたはより新しいバージョンの拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べることができます。
 .PP
-\fIextcheck\fRコマンドは、\fItargetfile\&.jar\fRファイルのマニフェスト内のヘッダーSpecification\-titleおよびSpecification\-versionを、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべてのJARファイル内の対応するヘッダーと比較します。デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、Oracle Solarisの場合は\fIjre/lib/ext\fR、Windowsの場合は\fI\ejre\elib\eext\fRです。\fIextcheck\fRコマンドは、\fIjava\&.lang\&.Package\&.isCompatibleWith\fRメソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。
+\fBextcheck\fRコマンドは、\fBtargetfile\&.jar\fRファイルのマニフェスト内のヘッダーSpecification\-titleおよびSpecification\-versionを、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべてのJARファイル内の対応するヘッダーと比較します。デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、Oracle Solarisの場合は\fBjre/lib/ext\fR、Windowsの場合は\fB\ejre\elib\eext\fRです。\fBextcheck\fRコマンドは、\fBjava\&.lang\&.Package\&.isCompatibleWith\fRメソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。
 .PP
 競合が検出されない場合、リターン・コードは0です。
 .PP
-拡張機能ディレクトリ内のいずれかのJARファイルのマニフェストに、同一の\fISpecification\-title\fR、および同一またはより新しい\fISpecification\-version\fR番号がある場合は、ゼロでないエラー・コードが返されます。\fItargetfile\&.jar\fRのマニフェスト・ファイルに\fISpecification\-title\fRまたは\fISpecification\-version\fR属性がない場合も、ゼロでないエラー・コードが返されます。
+拡張機能ディレクトリ内のいずれかのJARファイルのマニフェストに、同一の\fBSpecification\-title\fR、および同一またはより新しい\fBSpecification\-version\fR番号がある場合は、ゼロでないエラー・コードが返されます。\fBtargetfile\&.jar\fRのマニフェスト・ファイルに\fBSpecification\-title\fRまたは\fBSpecification\-version\fR属性がない場合も、ゼロでないエラー・コードが返されます。
 .SH "オプション"
 .PP
 \-verbose
@@ -89,7 +91,7 @@
 .PP
 \-J\fIoption\fR
 .RS 4
-Java仮想マシン(JVM)に\fIoption\fRを渡します。optionには、Java起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fI\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
+Java Virtual Machine (JVM)に\fIoption\fRを渡します。optionには、Java起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fB\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
 .RE
 .SH "関連項目"
 .sp
--- a/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/idlj.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 2001, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: idlj
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: Java IDLおよびRMI-IIOPツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 2001, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: idlj
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013年11月21日
+.\" SectDesc: Java IDLおよびRMI-IIOPツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "idlj" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "Java IDLおよびRMI-IIOPツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 idlj \- 指定されたインタフェース定義言語(IDL)ファイルに対してJavaバインディングを生成します。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIidlj\fR [ \fIoptions\fR ] \fIidlfile\fR
+\fBidlj\fR [ \fIoptions\fR ] \fIidlfile\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -64,7 +66,7 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。optionsの順番は任意ですが、\fIidlfile\fRよりも前に指定する必要があります。
+コマンド行オプション。オプションを参照してください。optionsの順番は任意ですが、\fBidlfile\fRよりも前に指定する必要があります。
 .RE
 .PP
 \fIidlfile\fR
@@ -76,16 +78,17 @@
 IDL\-to\-Javaコンパイラは、指定されたIDLファイルに対してJavaバインディングを生成します。バインディングの詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/mapping/jidlMapping\&.htmlにある
 Java IDL: Java言語マッピングへのIDLを参照してください。
 .PP
-IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\fIidltojava\fRという名前だったものがあります。
+IDL\-to\-Javaコンパイラの以前のリリースの中には、\fBidltojava\fRという名前だったものがあります。
 .SS "クライアント・バインディングおよびサーバー・バインディングの発行"
 .PP
-次の\fIidlj\fRコマンドは、クライアント側バインディングを含む\fIMy\&.idl\fRという名前のIDLファイルを生成します。
+次の\fBidlj\fRコマンドは、クライアント側バインディングを含む\fBMy\&.idl\fRという名前のIDLファイルを生成します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj My\&.idl
+\fBidlj My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -97,7 +100,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-fclient My\&.idl
+\fBidlj \-fclient My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -109,7 +113,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlg \-fserver My\&.idl
+\fBidlg \-fserver My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -121,102 +126,78 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-fclient \-fserver My\&.idl
-idlj \-fall My\&.idl
+\fBidlj \-fclient \-fserver My\&.idl\fR
+\fBidlj \-fall My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
 サーバー側で可能なモデルは2つあります。移殖可能サーバント継承モデルとTieモデルです。Tie委譲モデルを参照してください。
-.if n \{\
-.sp
-.\}
-.RS 4
-.it 1 an-trap
-.nr an-no-space-flag 1
-.nr an-break-flag 1
-.br
-.ps +1
-\fB移殖可能サーバント継承モデル\fR
-.ps -1
-.br
 .PP
-デフォルトのサーバー側のモデルは、移殖可能サーバント継承モデルです。\fIMy\&.idl\fR内で\fIMy\fRインタフェースが定義されている場合は、\fIMyPOA\&.java\fRというファイルが生成されます。\fIMy\fRインタフェースの実装を提供する必要があり、\fIMy\fRインタフェースは\fIMyPOA\fRクラスから継承する必要があります。\fIMyPOA\&.java\fRは、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant\&.htmlにある
-\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスを拡張するストリームベースのスケルトンです。
+\fB移殖可能サーバント継承モデル\fR. デフォルトのサーバー側のモデルは、移殖可能サーバント継承モデルです。\fBMy\&.idl\fR内で\fBMy\fRインタフェースが定義されている場合は、\fBMyPOA\&.java\fRというファイルが生成されます。\fBMy\fRインタフェースの実装を提供する必要があり、\fBMy\fRインタフェースは\fBMyPOA\fRクラスから継承する必要があります。\fBMyPOA\&.java\fRは、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/org/omg/PortableServer/Servant\&.htmlにある
+\fBorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスを拡張するストリームベースのスケルトンです。
 .PP
-\fIMy\fRインタフェースは、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\fIcallHandler\fRインタフェースと操作インタフェースを実装します。
+\fBMy\fRインタフェースは、スケルトンが実装するIDLインタフェースに関連付けられている\fBcallHandler\fRインタフェースと操作インタフェースを実装します。
 .PP
-ポータブル・オブジェクト・アダプタ(POA)の\fIPortableServer\fRモジュールは、ネイティブの\fIServant\fR型を定義します。http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/POA\&.htmlにある
+ポータブル・オブジェクト・アダプタ(POA)の\fBPortableServer\fRモジュールは、ネイティブの\fBServant\fR型を定義します。http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/idl/POA\&.htmlにある
 ポータブル・オブジェクト・アダプタ(POA)を参照してください。
 .PP
-Javaプログラミング言語では、\fIServant\fR型はJavaの\fIorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスにマップされます。これは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッド、およびPOAによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドを提供します。
+Javaプログラミング言語では、\fBServant\fR型はJavaの\fBorg\&.omg\&.PortableServer\&.Servant\fRクラスにマップされます。これは、すべてのPOAサーバント実装のベース・クラスとして機能し、アプリケーション・プログラマが呼び出すことのできるいくつかのメソッド、およびPOAによって呼び出され、サーバントの動作を制御するためにユーザーがオーバーライドできるメソッドを提供します。
 .PP
-継承モデルのもう1つのオプションは、\fI\-oldImplBase\fRフラグを使用して、Java SE 1\&.4より前のリリースのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。\-\fIoldImplBase\fRフラグは非標準で、これらのAPIは非推奨です。このフラグを使用するのは、Java SE 1\&.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合、既存のmakeファイルを変更して、\fI\-oldImplBase\fRフラグを\fIidlj\fRコンパイラに追加する必要があります。それ以外の場合、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。下位互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次を実行します。
-.sp .5v
-.RE
+継承モデルのもう1つのオプションは、\fB\-oldImplBase\fRフラグを使用して、Java SE 1\&.4より前のリリースのJavaプログラミング言語と互換性のあるサーバー側バインディングを生成することです。\-\fBoldImplBase\fRフラグは非標準で、これらのAPIは非推奨です。このフラグを使用するのは、Java SE 1\&.3で記述された既存のサーバーとの互換性が必要な場合のみです。その場合、既存のmakeファイルを変更して、\fB\-oldImplBase\fRフラグを\fBidlj\fRコンパイラに追加する必要があります。それ以外の場合、POAベースのサーバー側マッピングが生成されます。後方互換性のあるサーバー側バインディングを生成するには、次を実行します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-fclient \-fserver \-oldImplBase My\&.idl
-idlj \-fall \-oldImplBase My\&.idl
+\fBidlj \-fclient \-fserver \-oldImplBase My\&.idl\fR
+\fBidlj \-fall \-oldImplBase My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIMy\&.idl\fR内で\fIMy\fRインタフェースが定義されている場合は、\fI_MyImplBase\&.java\fRというファイルが生成されます。\fIMy\fRインタフェースの実装を提供する必要があり、\fIMy\fRインタフェースは\fI_MyImplBase\fRクラスから継承する必要があります。
-.if n \{\
-.sp
-.\}
-.RS 4
-.it 1 an-trap
-.nr an-no-space-flag 1
-.nr an-break-flag 1
-.br
-.ps +1
-\fBTie委譲モデル\fR
-.ps -1
-.br
+\fBMy\&.idl\fR内で\fBMy\fRインタフェースが定義されている場合は、\fB_MyImplBase\&.java\fRというファイルが生成されます。\fBMy\fRインタフェースの実装を提供する必要があり、\fBMy\fRインタフェースは\fB_MyImplBase\fRクラスから継承する必要があります。
 .PP
-もう1つのサーバー側モデルは、Tieモデルと呼ばれるものです。このサーバー側モデルは、委譲モデルです。Tieとスケルトンを同時に生成することはできないため、それらは別々に生成する必要があります。次のコマンドによって、Tieモデル用のバインディングが生成されます。
-.sp .5v
-.RE
+\fBTie委譲モデル\fR. もう1つのサーバー側モデルは、Tieモデルと呼ばれるものです。このサーバー側モデルは、委譲モデルです。Tieとスケルトンを同時に生成することはできないため、それらは別々に生成する必要があります。次のコマンドによって、Tieモデル用のバインディングが生成されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-fall My\&.idl
-idlj \-fallTIE My\&.idl
+\fBidlj \-fall My\&.idl\fR
+\fBidlj \-fallTIE My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIMy\fRインタフェースの場合、2番目のコマンドにより、\fIMyPOATie\&.java\fRが生成されます。\fIMyPOATie\fRクラスへのコンストラクタは、delegateを取ります。この例では、デフォルトのPOAモデルを使用しているため、コンストラクタにもPOAが必要です。delegateに対して実装を提供する必要がありますが、この実装は\fIMyOperations\fRインタフェースから継承する必要があるのみで、その他のクラスから継承する必要はありません。これをORBと一緒に使用するには、たとえば次のように\fIMyPOATie\fRクラス内で実装をラップする必要があります。
+\fBMy\fRインタフェースの場合、2番目のコマンドにより、\fBMyPOATie\&.java\fRが生成されます。\fBMyPOATie\fRクラスへのコンストラクタは、delegateを取ります。この例では、デフォルトのPOAモデルを使用しているため、コンストラクタにもPOAが必要です。delegateに対して実装を提供する必要がありますが、この実装は\fBMyOperations\fRインタフェースから継承する必要があるのみで、その他のクラスから継承する必要はありません。これをORBと一緒に使用するには、たとえば次のように\fBMyPOATie\fRクラス内で実装をラップする必要があります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-ORB orb = ORB\&.init(args, System\&.getProperties());
+\fBORB orb = ORB\&.init(args, System\&.getProperties());\fR
+\fB \fR
+\fB// Get reference to rootpoa & activate the POAManager\fR
+\fBPOA rootpoa = (POA)orb\&.resolve_initial_references("RootPOA");\fR
+\fBrootpoa\&.the_POAManager()\&.activate();\fR
+\fB \fR
+\fB// create servant and register it with the ORB\fR
+\fBMyServant myDelegate = new MyServant();\fR
+\fBmyDelegate\&.setORB(orb); \fR
+\fB \fR
+\fB// create a tie, with servant being the delegate\&.\fR
+\fBMyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate, rootpoa);\fR
+\fB \fR
+\fB// obtain the objectRef for the tie\fR
+\fBMy ref = tie\&._this(orb);\fR
  
-// Get reference to rootpoa & activate the POAManager
-POA rootpoa = (POA)orb\&.resolve_initial_references("RootPOA");
-rootpoa\&.the_POAManager()\&.activate();
- 
-// create servant and register it with the ORB
-MyServant myDelegate = new MyServant();
-myDelegate\&.setORB(orb); 
- 
-// create a tie, with servant being the delegate\&.
-MyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate, rootpoa);
- 
-// obtain the objectRef for the tie
-My ref = tie\&._this(orb);
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -230,146 +211,154 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-oldImplBase \-fall My\&.idl
-idlj \-oldImplBase \-fallTIE My\&.idl
+\fBidlj \-oldImplBase \-fall My\&.idl\fR
+\fBidlj \-oldImplBase \-fallTIE My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIMy\fRインタフェースの場合、これにより、\fIMy_Tie\&.java\fRが生成されます。\fIMy_Tie\fRクラスへのコンストラクタは、\fIimpl\fRオブジェクトを取ります。\fIimpl\fRに対して実装を提供する必要がありますが、その実装は\fIHelloOperations\fRインタフェースから継承する必要があるのみで、その他のクラスから継承する必要はありません。しかし、これをORBと一緒に使用するには、たとえば次のように\fIMy_Tie\fR内で実装をラップする必要があります。
+\fBMy\fRインタフェースの場合、これにより、\fBMy_Tie\&.java\fRが生成されます。\fBMy_Tie\fRクラスへのコンストラクタは、\fBimpl\fRオブジェクトを取ります。\fBimpl\fRに対して実装を提供する必要がありますが、その実装は\fBHelloOperations\fRインタフェースから継承する必要があるのみで、その他のクラスから継承する必要はありません。しかし、これをORBと一緒に使用するには、たとえば次のように\fBMy_Tie\fR内で実装をラップする必要があります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-ORB orb = ORB\&.init(args, System\&.getProperties());
-
-// create servant and register it with the ORB
-MyServant myDelegate = new MyServant();
-myDelegate\&.setORB(orb); 
+\fBORB orb = ORB\&.init(args, System\&.getProperties());\fR
  
-// create a tie, with servant being the delegate\&.
-MyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate);
+\fB// create servant and register it with the ORB\fR
+\fBMyServant myDelegate = new MyServant();\fR
+\fBmyDelegate\&.setORB(orb); \fR
+\fB \fR
+\fB// create a tie, with servant being the delegate\&.\fR
+\fBMyPOATie tie = new MyPOATie(myDelegate);\fR
+\fB \fR
+\fB// obtain the objectRef for the tie\fR
+\fBMy ref = tie\&._this(orb);\fR
  
-// obtain the objectRef for the tie
-My ref = tie\&._this(orb);
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SS "発行されたファイルの代替位置の指定"
 .PP
-発行されたファイルを現在のディレクトリ以外のディレクトリに置くには、\fIi\fR\fIdlj \-td /altdir My\&.idl\fRのコマンドでコンパイラを呼び出します。
+発行されたファイルを現在のディレクトリ以外のディレクトリに置くには、\fBi\fR\fBdlj \-td /altdir My\&.idl\fRのコマンドでコンパイラを呼び出します。
 .PP
 
-\fIMy\fRインタフェースの場合、バインディングは、\fI\&./My\&.java\fRではなく、\fI/altdir/My\&.java\fRなどに発行されます。
+\fBMy\fRインタフェースの場合、バインディングは、\fB\&./My\&.java\fRではなく、\fB/altdir/My\&.java\fRなどに発行されます。
 .SS "インクルード・ファイルの代替位置の指定"
 .PP
-\fIMy\&.idl\fRファイルが別の\fIidl\fRファイルである\fIMyOther\&.idl\fRをインクルードする場合、コンパイラでは、\fIMyOther\&.idl\fRファイルがローカル・ディレクトリに存在することを前提としています。たとえば、それが\fI/includes\fRにある場合は、次のようなコマンドでコンパイラを呼び出します。
+\fBMy\&.idl\fRファイルが別の\fBidl\fRファイルである\fBMyOther\&.idl\fRをインクルードする場合、コンパイラでは、\fBMyOther\&.idl\fRファイルがローカル・ディレクトリに存在することを前提としています。たとえば、それが\fB/includes\fRにある場合は、次のようなコマンドでコンパイラを呼び出します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-i /includes My\&.idl
+\fBidlj \-i /includes My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-たとえば、\fI/moreIncludes\fRにある\fIAnother\&.idl\fRも\fIMy\&.idl\fRにインクルードされているのであれば、次のようなコマンドでコンパイラを呼び出します。
+たとえば、\fB/moreIncludes\fRにある\fBAnother\&.idl\fRも\fBMy\&.idl\fRにインクルードされているのであれば、次のようなコマンドでコンパイラを呼び出します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-i /includes \-i /moreIncludes My\&.idl
+\fBidlj \-i /includes \-i /moreIncludes My\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-このような形式の\fIinclude\fRは長くなるため、インクルード・ファイルを検索する場所をコンパイラに指示するための別の方法が用意されています。この方法は、環境変数の考え方と似ています。\fICLASSPATH\fR変数に一覧表示されているディレクトリ内にidl\&.configという名前のファイルを作成します。その\fIidl\&.config\fRの中に、次のような形式の行を入れます。
+このような形式の\fBinclude\fRは長くなるため、インクルード・ファイルを検索する場所をコンパイラに指示するための別の方法が用意されています。この方法は、環境変数の考え方と似ています。\fBCLASSPATH\fR変数に一覧表示されているディレクトリ内にidl\&.configという名前のファイルを作成します。その\fBidl\&.config\fRの中に、次のような形式の行を入れます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-includes=/includes;/moreIncludes
+\fBincludes=/includes;/moreIncludes\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-コンパイラは、このファイルを検索し、インクルード・リストを読み込みます。この例では、ディレクトリの間の区切り文字はセミコロン(;)になっています。この区切り文字は、プラットフォームによって異なります。Windowsプラットフォームではセミコロンを使用し、UNIXプラットフォームではコロンを使用するなどです。
+コンパイラは、このファイルを検索し、インクルード・リストを読み込みます。この例では、ディレクトリの間の区切り文字はセミコロン(;)になっています。この区切り文字は、プラットフォームによって異なります。Windowsプラットフォームではセミコロンを使用し、Solaris、LinuxおよびOS Xプラットフォームではコロンを使用します。
 .SS "インクルード・ファイルに対するバインディングの発行"
 .PP
-デフォルトでは、コマンドラインに指定した\fIidl\fRファイルで定義されているインタフェースや構造体などについてのみ、Javaバインディングが生成されます。インクルードされたファイルで定義されている型については生成されません。たとえば、次の2つの\fIidl\fRファイルについて考えてみます。
+デフォルトでは、コマンド行に指定した\fBidl\fRファイルで定義されているインタフェースや構造体などについてのみ、Javaバインディングが生成されます。インクルードされたファイルで定義されている型については生成されません。たとえば、次の2つの\fBidl\fRファイルについて考えてみます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-My\&.idl file:
+\fBMy\&.idl file:\fR
+\fB \fR
+\fB#include <MyOther\&.idl>\fR
+\fBinterface My\fR
+\fB{\fR
+\fB};\fR
+\fB \fR
+\fBMyOther\&.idl file:\fR
+\fB \fR
+\fBinterface MyOther\fR
+\fB{\fR
+\fB};\fR
  
-#include <MyOther\&.idl>
-interface My
-{
-};
- 
-MyOther\&.idl file:
- 
-interface MyOther
-{
-};
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-デフォルトのルールに関して警告があります。グローバル・スコープに表示される\fI#include\fR文は、前述のとおりに処理されます。これらの\fI#include\fR文は、インポート文と見なすことができます。囲まれたスコープ内に表示される\fI#include\fR文は、本当の意味での\fI#include\fR文として処理されます。つまり、インクルードされたファイルにあるコードが、元のファイルにそのまま表示されているかのように処理され、それに対してJavaバインディングが発行されます。次はその例です。
+デフォルトのルールに関して警告があります。グローバル・スコープに表示される\fB#include\fR文は、前述のとおりに処理されます。これらの\fB#include\fR文は、インポート文と見なすことができます。囲まれたスコープ内に表示される\fB#include\fR文は、本当の意味での\fB#include\fR文として処理されます。つまり、インクルードされたファイルにあるコードが、元のファイルにそのまま表示されているかのように処理され、それに対してJavaバインディングが発行されます。次はその例です。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-My\&.idl file:
+\fBMy\&.idl file:\fR
+\fB \fR
+\fB#include <MyOther\&.idl>\fR
+\fBinterface My\fR
+\fB{\fR
+\fB  #include <Embedded\&.idl>\fR
+\fB};\fR
+\fB \fR
+\fBMyOther\&.idl file:\fR
+\fB \fR
+\fBinterface MyOther\fR
+\fB{\fR
+\fB};\fR
+\fB \fR
+\fBEmbedded\&.idl\fR
+\fB \fR
+\fBenum E {one, two, three};\fR
  
-#include <MyOther\&.idl>
-interface My
-{
-  #include <Embedded\&.idl>
-};
- 
-MyOther\&.idl file:
- 
-interface MyOther
-{
-};
- 
-Embedded\&.idl
- 
-enum E {one, two, three};
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fI idlj My\&.idl \fRを実行して、Javaファイルの次のリストを生成します。インポート文とみなされる\fI#include\fRに定義されていたため、\fIMyOther\&.java\fRは生成されませんでした。ただし、本当の意味での\fI#include\fRで定義されていたため、\fIE\&.java\fRは生成されました。\fIEmbedded\&.idl\fRファイルが\fIMy\fRインタフェースのスコープ内にインクルードされているため、\fIMy\fRのスコープ内(つまり、\fIMyPackage\fR内)に生成されています。\fI\-emitAll\fRフラグを使用した場合、インクルードされたすべてのファイルにあるすべての型が発行されます。
+\fB idlj My\&.idl \fRを実行して、Javaファイルの次のリストを生成します。インポート文とみなされる\fB#include\fRに定義されていたため、\fBMyOther\&.java\fRは生成されませんでした。ただし、本当の意味での\fB#include\fRで定義されていたため、\fBE\&.java\fRは生成されました。\fBEmbedded\&.idl\fRファイルが\fBMy\fRインタフェースのスコープ内にインクルードされているため、\fBMy\fRのスコープ内(つまり、\fBMyPackage\fR内)に生成されています。\fB\-emitAll\fRフラグを使用した場合、インクルードされたすべてのファイルにあるすべての型が発行されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\&./MyHolder\&.java
-\&./MyHelper\&.java
-\&./_MyStub\&.java
-\&./MyPackage
-\&./MyPackage/EHolder\&.java
-\&./MyPackage/EHelper\&.java
-\&./MyPackage/E\&.java
-\&./My\&.java
+\fB\&./MyHolder\&.java\fR
+\fB\&./MyHelper\&.java\fR
+\fB\&./_MyStub\&.java\fR
+\fB\&./MyPackage\fR
+\fB\&./MyPackage/EHolder\&.java\fR
+\fB\&./MyPackage/EHelper\&.java\fR
+\fB\&./MyPackage/E\&.java\fR
+\fB\&./My\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -382,49 +371,51 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Widgets\&.idl file:
+\fBWidgets\&.idl file:\fR
+\fB \fR
+\fBmodule Widgets\fR
+\fB{\fR
+\fB  interface W1 {\&.\&.\&.};\fR
+\fB  interface W2 {\&.\&.\&.};\fR
+\fB};\fR
  
-module Widgets
-{
-  interface W1 {\&.\&.\&.};
-  interface W2 {\&.\&.\&.};
-};
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-IDL\-to\-Javaコンパイラを介してこのファイルを実行した場合、W1およびW2に対するJavaバインディングは、\fIWidgets\fRパッケージ内に格納されます。業界の慣例によると、会社のパッケージは、\fIcom\&.<company name>\fRという名前のパッケージ内に置くことになっています。この慣例に従うには、パッケージ名を\fIcom\&.abc\&.Widgets\fRにする必要があります。このパッケージ接頭辞をWidgetsモジュールに付加するには、次のコマンドを実行します。
+IDL\-to\-Javaコンパイラを介してこのファイルを実行した場合、W1およびW2に対するJavaバインディングは、\fBWidgets\fRパッケージ内に格納されます。業界の慣例によると、会社のパッケージは、\fBcom\&.<company name>\fRという名前のパッケージ内に置くことになっています。この慣例に従うには、パッケージ名を\fBcom\&.abc\&.Widgets\fRにする必要があります。このパッケージ接頭辞をWidgetsモジュールに付加するには、次のコマンドを実行します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-idlj \-pkgPrefix Widgets com\&.abc Widgets\&.idl
+\fBidlj \-pkgPrefix Widgets com\&.abc Widgets\&.idl\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-Widgets\&.idlをインクルードしているIDLファイルがある場合は、そのコマンドにも\fI\-pkgPrefix\fRフラグが必要です。このフラグを指定しないと、そのIDLファイルは、\fIcom\&.abc\&.Widgets\fRパッケージではなく、\fIWidgets\fRパッケージを検索することになります。
+Widgets\&.idlをインクルードしているIDLファイルがある場合は、そのコマンドにも\fB\-pkgPrefix\fRフラグが必要です。このフラグを指定しないと、そのIDLファイルは、\fBcom\&.abc\&.Widgets\fRパッケージではなく、\fBWidgets\fRパッケージを検索することになります。
 .PP
-接頭辞が必要なパッケージがいくつもある場合は、前述のidl\&.configファイルで接頭辞を指定するのが簡単です。パッケージ接頭辞の各行は、\fIPkgPrefix\&.<type>=<prefix>\fRの形式である必要があります。前述の例の行では、\fIPkgPrefix\&.Widgets=com\&.abc\fRになります。このオプションは、リポジトリIDには影響しません。
+接頭辞が必要なパッケージがいくつもある場合は、前述のidl\&.configファイルで接頭辞を指定するのが簡単です。各パッケージの接頭辞行は、\fBPkgPrefix\&.<type>=<prefix>\fRの形式にする必要があります。前述の例の行では、\fBPkgPrefix\&.Widgets=com\&.abc\fRになります。このオプションは、リポジトリIDには影響しません。
 .SS "コンパイル前のシンボルの定義"
 .PP
-コンパイル用のシンボルがIDLファイル内で定義されていない場合は、そのシンボルを定義する必要があります。これは、たとえば、バインディング内にデバッグ・コードを組み入れるときに使用します。コマンド\fIidlj \-d MYDEF My\&.idl \fRは、My\&.idl内に行\fI#define MYDEF\fRを配置した場合と同等になります。
+コンパイル用のシンボルがIDLファイル内で定義されていない場合は、そのシンボルを定義する必要があります。これは、たとえば、バインディング内にデバッグ・コードを組み入れるときに使用します。コマンド\fBidlj \-d MYDEF My\&.idl \fRは、My\&.idl内に行\fB#define MYDEF\fRを配置した場合と同等になります。
 .SS "既存のバインディングの保持"
 .PP
-Javaバインディング・ファイルがすでに存在する場合は、\fI\-keep\fRフラグを指定すると、コンパイラによる上書きを回避できます。デフォルトでは、すでに存在するかどうかにかかわらず、すべてのファイルが生成されます。これらのファイルをカスタマイズした場合(ただし、それらの内容が正確であるとき以外はカスタマイズは避ける)、\fI\-keep\fRオプションは有用です。コマンド\fIidlj \-keep My\&.idl\fRは、すでに存在しないすべてのクライアント側バインディングを発行します。
+Javaバインディング・ファイルがすでに存在する場合は、\fB\-keep\fRフラグを指定すると、コンパイラによる上書きを回避できます。デフォルトでは、すでに存在するかどうかにかかわらず、すべてのファイルが生成されます。これらのファイルをカスタマイズした場合(ただし、それらの内容が正確であるとき以外はカスタマイズは避ける)、\fB\-keep\fRオプションは有用です。コマンド\fBidlj \-keep My\&.idl\fRは、すでに存在しないすべてのクライアント側バインディングを発行します。
 .SS "コンパイルの進捗状況の表示"
 .PP
-IDL\-to\-Javaコンパイラは、実行の各段階で状態メッセージを生成します。\fI\-v\fRオプションを使用して、\fIidlj \-v My\&.idl\fRのような冗長モードをアクティブ化します。
+IDL\-to\-Javaコンパイラは、実行の各段階で状態メッセージを生成します。\fB\-v\fRオプションを使用して、\fBidlj \-v My\&.idl\fRのような冗長モードをアクティブ化します。
 .PP
 デフォルトでは、コンパイラは冗長モードでは実行されません。
 .SS "バージョン情報の表示"
 .PP
-IDL\-to\-Javaコンパイラのビルド・バージョンを表示するには、コマンドライン\fIidlj \-version\fRで\fI\-version\fRオプションを指定します。
+IDL\-to\-Javaコンパイラのビルド・バージョンを表示するには、コマンド行\fBidlj \-version\fRで\fB\-version\fRオプションを指定します。
 .PP
-バージョン情報は、コンパイラによって生成されたバインディング内にも書き込まれています。このオプションをコマンドラインに指定すると、それ以外のオプションを指定しても、すべて無視されます。
+バージョン情報は、コンパイラによって生成されたバインディング内にも書き込まれています。このオプションをコマンド行に指定すると、それ以外のオプションを指定しても、すべて無視されます。
 .SH "オプション"
 .PP
 \-d \fIsymbol\fR
@@ -435,7 +426,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-#define \fIsymbol\fR
+\fB#define \fR\fB\fIsymbol\fR\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -444,12 +436,12 @@
 .PP
 \-demitAll
 .RS 4
-\fI#include\fRファイル内で定義されているものも含めて、すべての型を発行します。
+\fB#include\fRファイル内で定義されているものも含めて、すべての型を発行します。
 .RE
 .PP
 \-fside
 .RS 4
-発行するバインディングを定義します。\fIside\fRパラメータには、\fIclient\fR、\fIserver\fR、\fIserverTIE\fR、\fIall\fRまたは\fIallTIE\fRを指定できます。\fI\-fserverTIE\fRまたは\fI\-fallTIE\fRオプションを指定すると、委譲モデル・スケルトンが発行されます。フラグを指定しない場合、\fI\-fclient\fRにデフォルト設定されます。
+発行するバインディングを定義します。\fBside\fRパラメータには、\fBclient\fR、\fBserver\fR、\fBserverTIE\fR、\fBall\fRまたは\fBallTIE\fRを指定できます。\fB\-fserverTIE\fRまたは\fB\-fallTIE\fRオプションを指定すると、委譲モデル・スケルトンが発行されます。フラグを指定しない場合、\fB\-fclient\fRにデフォルト設定されます。
 .RE
 .PP
 \-i \fIinclude\-path\fR
@@ -469,17 +461,17 @@
 .PP
 \-oldImplBase
 .RS 4
-1\&.4より前のJDK ORBと互換性のあるスケルトンを生成します。デフォルトでは、POA継承モデルのサーバー側バインディングが生成されます。このオプションを指定すると、\fIImplBase\fR継承モデルのクラスであるサーバー側バインディングが生成されるので、以前のリリースのJavaプログラミング言語との下位互換性が得られます。
+1\&.4より前のJDK ORBと互換性のあるスケルトンを生成します。デフォルトでは、POA継承モデルのサーバー側バインディングが生成されます。このオプションを指定すると、\fBImplBase\fR継承モデルのクラスであるサーバー側バインディングが生成されるので、以前のリリースのJavaプログラミング言語との後方互換性が得られます。
 .RE
 .PP
 \-pkgPrefix \fItype\fR \fIprefix\fR
 .RS 4
-\fItype\fRがファイル・スコープで検出された場合は、その型に対して生成されるすべてのファイルについて、生成されるJavaパッケージ名に\fIprefix\fRという接頭辞が付加されます。typeは、トップレベル・モジュールの単純名か、どのモジュールよりも外側で定義されたIDL型の単純名のどちらかです。
+\fBtype\fRがファイル・スコープで検出された場合は、その型に対して生成されるすべてのファイルについて、生成されるJavaパッケージ名に\fBprefix\fRという接頭辞が付加されます。typeは、トップレベル・モジュールの単純名か、どのモジュールよりも外側で定義されたIDL型の単純名のどちらかです。
 .RE
 .PP
 \-pkgTranslate \fItype\fR \fIpackage\fR
 .RS 4
-識別子の中にモジュール名typeが検出されると、生成されるJavaパッケージ内のすべてのファイルについて、識別子の中のその名前がpackageで置き換えられます。最初に\fIpkgPrefix\fRの変更が行われます。typeの値は、トップレベルのモジュールの単純名、またはすべてのモジュールの外部で定義されたIDL型の単純名で、完全なパッケージ名に正確に一致する必要があります。
+識別子の中にモジュール名typeが検出されると、生成されるJavaパッケージ内のすべてのファイルについて、識別子の中のその名前がpackageで置き換えられます。最初に\fBpkgPrefix\fRの変更が行われます。typeの値は、トップレベルのモジュールの単純名、またはすべてのモジュールの外部で定義されたIDL型の単純名で、完全なパッケージ名に正確に一致する必要があります。
 .sp
 複数の変換が識別子に一致する場合、次の例に示すように、最も長い一致が選択されます。
 .sp
@@ -489,7 +481,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-pkgTranslate type pkg \-pkgTranslate type2\&.baz pkg2\&.fizz
+\fBpkgTranslate type pkg \-pkgTranslate type2\&.baz pkg2\&.fizz\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -500,22 +493,23 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-type => pkg
-type\&.ext => pkg\&.ext
-type\&.baz => pkg2\&.fizz
-type2\&.baz\&.pkg => pkg2\&.fizz\&.pkg
+\fBtype => pkg\fR
+\fBtype\&.ext => pkg\&.ext\fR
+\fBtype\&.baz => pkg2\&.fizz\fR
+\fBtype2\&.baz\&.pkg => pkg2\&.fizz\&.pkg\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-パッケージ名\fIorg\fR、\fIorg\fR\&.o\fImg\fR、または\fIorg\&.omg\fRのサブパッケージは、変換できません。これらのパッケージ名を変換しようとすると、互換性のないコードが生成され、\fI\-pkgTranslate\fRの後の最初の引数としてそれらのパッケージを使用すると、エラーとして扱われます。
+パッケージ名\fBorg\fR、\fBorg\fR\&.o\fBmg\fR、または\fBorg\&.omg\fRのサブパッケージは、変換できません。これらのパッケージ名を変換しようとすると、互換性のないコードが生成され、\fB\-pkgTranslate\fRの後の最初の引数としてそれらのパッケージを使用すると、エラーとして扱われます。
 .RE
 .PP
 \-skeletonName \fIxxx%yyy\fR
 .RS 4
-\fIxxx%yyy\fRが、スケルトンに名前を付けるパターンとして使用されます。デフォルトは次のとおりです。\fIPOA\fRベース・クラスの場合は\fI%POA\fR
-(\fI\-fserver\fRまたは\fI\-fall\fR)、\fIoldImplBase\fRクラスの場合は\fI_%ImplBase\fR
-(\-\fIoldImplBase\fR)および(\fI\-fserver\fRまたは\fI\-fall\fR))。
+\fBxxx%yyy\fRが、スケルトンに名前を付けるパターンとして使用されます。デフォルトは次のとおりです。\fBPOA\fRベース・クラスの場合は\fB%POA\fR
+(\fB\-fserver\fRまたは\fB\-fall\fR)、\fBoldImplBase\fRクラスの場合は\fB_%ImplBase\fR
+(\-\fBoldImplBase\fR)および(\fB\-fserver\fRまたは\fB\-fall\fR))。
 .RE
 .PP
 \-td \fIdir\fR
@@ -525,10 +519,10 @@
 .PP
 \-tieName \fIxxx%yyy\fR
 .RS 4
-パターンに従って、\fIxxx%yyy\fRを使用します。デフォルトは次のとおりです。\fIPOA\fRベース・クラスの場合は\fI%POA\fR
-(\fI\-fserverTieまたは\-fallTie\fR)、\fIoldImplBase\fR
-tieクラスの場合は\fI_%Tie\fR
-(\-\fIoldImplBase\fR)および(\fI\-fserverTie\fRまたは\fI\-fallTie\fR))。
+パターンに従って、\fBxxx%yyy\fRを使用します。デフォルトは次のとおりです。\fBPOA\fRベース・クラスの場合は\fB%POA\fR
+(\fB\-fserverTieまたは\-fallTie\fR)、\fBoldImplBase\fR
+tieクラスの場合は\fB_%Tie\fR
+(\-\fBoldImplBase\fR)および(\fB\-fserverTie\fRまたは\fB\-fallTie\fR))。
 .RE
 .PP
 \-nowarn、\-verbose
@@ -542,13 +536,13 @@
 .RE
 .SH "制限事項"
 .PP
-グローバル・スコープ内のエスケープされた識別子は、IDLプリミティブ型の\fIObject\fRまたは\fIValueBase\fRと同じ綴りにしないでください。これは、シンボル表がこれらの識別子でプリロードされているためです。これらの再定義を許可すると、元の定義が上書きされます。これは、おそらく恒久的な制約です。
+グローバル・スコープ内のエスケープされた識別子は、IDLプリミティブ型の\fBObject\fRまたは\fBValueBase\fRと同じ綴りにしないでください。これは、シンボル表がこれらの識別子でプリロードされているためです。これらの再定義を許可すると、元の定義が上書きされます。これは、おそらく恒久的な制約です。
 .PP
-\fIfixed\fRというIDL型はサポートされていません。
+\fBfixed\fRというIDL型はサポートされていません。
 .SH "既知の問題"
 .PP
-グローバル識別子についてインポートが生成されません。予期されないローカル\fIimpl\fRオブジェクトを呼び出すと、例外を受け取ります。しかし、その原因は、\fIServerDelegate\fR
-DSIコード内の\fINullPointerException\fRにあるようです。
+グローバル識別子についてインポートが生成されません。予期されないローカル\fBimpl\fRオブジェクトを呼び出すと、例外を受け取ります。しかし、その原因は、\fBServerDelegate\fR
+DSIコード内の\fBNullPointerException\fRにあるようです。
 .br
 'pl 8.5i
 'bp
--- a/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jar.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1997, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: jar
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1997, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: jar
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013年11月21日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "jar" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,72 +50,77 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 jar \- Java Archive (JAR)ファイルを操作します。
 .SH "概要"
+.PP
 JARファイルの作成
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjar c\fR[\fIefmMnv0\fR] [\fIentrypoint\fR] [\fIjarfile\fR] [\fImanifest\fR] [\fI\-C\fR \fIdir\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
+\fBjar c\fR[\fBefmMnv0\fR] [\fIentrypoint\fR] [\fIjarfile\fR] [\fImanifest\fR] [\fB\-C\fR \fIdir\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+.PP
 JARファイルの更新
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjar u\fR[\fIefmMnv0\fR] [\fIentrypoint\fR] [\fIjarfile\fR] [\fImanifest\fR] [\fI\-C\fR \fIdir\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
+\fBjar u\fR[\fBefmMnv0\fR] [\fIentrypoint\fR] [\fIjarfile\fR] [\fImanifest\fR] [\fB\-C\fR \fIdir\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+.PP
 JARファイルの抽出
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjar\fR \fIx\fR[\fIvf\fR] [\fIjarfile\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
+\fBjar\fR \fBx\fR[\fBvf\fR] [\fIjarfile\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+.PP
 JARファイルのコンテンツのリスト
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjar\fR \fIt\fR[\fIvf\fR] [\fIjarfile\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
+\fBjar\fR \fBt\fR[\fBvf\fR] [\fIjarfile\fR] \fIfile\fR \&.\&.\&. [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+.PP
 JARファイルへの索引の追加
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjar\fR \fIi\fR \fIjarfile\fR [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
+\fBjar\fR \fBi\fR \fIjarfile\fR [\-J\fIoption\fR \&.\&.\&.] [@\fIarg\-file\fR \&.\&.\&.]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SH "説明"
 .PP
-\fIjar\fRコマンドは、ZIPおよびZLIB圧縮形式に基づく汎用のアーカイブおよび圧縮ツールです。ただし、\fIjar\fRコマンドは、主にいくつかのJavaアプレットやアプリケーションを単一のアーカイブにパッケージ化するように設計されました。アプレットやアプリケーションのコンポーネント(ファイル、イメージ、およびサウンド)が1つのアーカイブに結合されていると、Javaエージェント(ブラウザなど)は、それらのコンポーネントを1回のHTTPトランザクションでダウンロードすることができ、コンポーネントごとに新しい接続が不要になります。これにより、ダウンロード時間が大幅に短縮されます。また、\fIjar\fRコマンドはファイルの圧縮も行うため、ダウンロード時間がさらに短縮されます。また、\fIjar\fRコマンドによって、ファイル内の個々のエントリにアプレット作成者による署名を書き込めるため、配布元の認証が可能になります。JARファイルは、圧縮されているかどうかにかかわらず、クラス・パスのエントリとして使用できます。
+\fBjar\fRコマンドは、ZIPおよびZLIB圧縮形式に基づく汎用のアーカイブおよび圧縮ツールです。ただし、\fBjar\fRコマンドは、主にいくつかのJavaアプレットやアプリケーションを単一のアーカイブにパッケージ化するように設計されました。アプレットやアプリケーションのコンポーネント(ファイル、イメージ、およびサウンド)が1つのアーカイブに結合されていると、Javaエージェント(ブラウザなど)は、それらのコンポーネントを1回のHTTPトランザクションでダウンロードすることができ、コンポーネントごとに新しい接続が不要になります。これにより、ダウンロード時間が大幅に短縮されます。また、\fBjar\fRコマンドはファイルの圧縮も行うため、ダウンロード時間がさらに短縮されます。また、\fBjar\fRコマンドによって、ファイル内の個々のエントリにアプレット作成者による署名を書き込めるため、配布元の認証が可能になります。JARファイルは、圧縮されているかどうかにかかわらず、クラス・パスのエントリとして使用できます。
 .PP
-\fIjar\fRコマンドの構文は、\fItar\fRコマンドの構文に似ています。必須の\fI操作の引数\fRの1つで定義された複数の操作モードがあります。他の引数は、操作の動作を変更する\fIオプション\fR、または操作を実行するために必要な\fIオペランド\fRを使用します。
+\fBjar\fRコマンドの構文は、\fBtar\fRコマンドの構文に似ています。必須の\fI操作の引数\fRの1つで定義された複数の操作モードがあります。他の引数は、操作の動作を変更する\fIオプション\fR、または操作を実行するために必要な\fIオペランド\fRを使用します。
 .SH "操作の引数"
 .PP
-\fIjar\fRコマンドを使用する場合は、次の操作の引数のいずれかを指定して実行される操作を選択する必要があります。コマンドラインで他の1文字のオプションと混在させることができますが、通常、操作の引数は指定される最初の引数です。
+\fBjar\fRコマンドを使用する場合は、次の操作の引数のいずれかを指定して実行される操作を選択する必要があります。コマンド行で他の1文字のオプションと混在させることができますが、通常、操作の引数は指定される最初の引数です。
 .PP
 c
 .RS 4
@@ -145,15 +152,16 @@
 .PP
 e
 .RS 4
-\fIentrypoint\fRオペランドで指定されるクラスを、実行可能JARファイルにバンドルされるスタンドアロンJavaアプリケーションのエントリ・ポイントに設定します。このオプションを使用すると、マニフェスト・ファイル内の\fIMain\-Class\fR属性値が作成またはオーバーライドされます。\fIe\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fIc\fR)または更新時(\fIu\fR)に使用できます。
+\fIentrypoint\fRオペランドで指定されるクラスを、実行可能JARファイルにバンドルされるスタンドアロンJavaアプリケーションのエントリ・ポイントに設定します。このオプションを使用すると、マニフェスト・ファイル内の\fBMain\-Class\fR属性値が作成またはオーバーライドされます。\fBe\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fBc\fR)または更新時(\fBu\fR)に使用できます。
 .sp
-たとえば、次のコマンドでは、\fIMain\&.jar\fRアーカイブが\fIMain\&.class\fRファイルとともに作成されますが、その際、マニフェスト内の\fIMain\-Class\fR属性値は\fIMain\fRに設定されます。
+たとえば、次のコマンドでは、\fBMain\&.jar\fRアーカイブが\fBMain\&.class\fRファイルとともに作成されますが、その際、マニフェスト内の\fBMain\-Class\fR属性値は\fBMain\fRに設定されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar cfe Main\&.jar Main Main\&.class
+\fBjar cfe Main\&.jar Main Main\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -164,19 +172,21 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-jar Main\&.jar
+\fBjava \-jar Main\&.jar\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-あるパッケージ内にエントリ・ポイントのクラス名が含まれている場合、ドット(\&.)またはスラッシュ(/)のいずれかを区切り文字として使用できます。たとえば、\fIMain\&.class\fRが\fImydir\fRという名前のパッケージに含まれている場合、エントリ・ポイントは次のいずれかの方法で指定できます。
+あるパッケージ内にエントリ・ポイントのクラス名が含まれている場合、ドット(\&.)またはスラッシュ(/)のいずれかを区切り文字として使用できます。たとえば、\fBMain\&.class\fRが\fBmydir\fRという名前のパッケージに含まれている場合、エントリ・ポイントは次のいずれかの方法で指定できます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar \-cfe Main\&.jar mydir/Main mydir/Main\&.class
-jar \-cfe Main\&.jar mydir\&.Main mydir/Main\&.class
+\fBjar \-cfe Main\&.jar mydir/Main mydir/Main\&.class\fR
+\fBjar \-cfe Main\&.jar mydir\&.Main mydir/Main\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -190,7 +200,7 @@
 .nr an-break-flag 1
 .br
 .ps +1
-\fBNote\fR
+\fB注記\fR
 .ps -1
 .br
 .TS
@@ -198,7 +208,7 @@
 l.
 T{
 注意
-特定のマニフェストにも\fIMain\-Class\fR属性が含まれている場合に\fIm\fRオプションと\fIe\fRオプションの両方を同時に指定すると、\fIMain\-Class\fRの指定があいまいになります。このあいまいさによってエラーが発生し、\fIjar\fRコマンドの作成や更新の操作が終了します。
+特定のマニフェストにも\fBMain\-Class\fR属性が含まれている場合に\fBm\fRオプションと\fBe\fRオプションの両方を同時に指定すると、\fBMain\-Class\fRの指定があいまいになります。このあいまいさによってエラーが発生し、\fBjar\fRコマンドの作成や更新の操作が終了します。
 T}
 .TE
 .sp 1
@@ -208,26 +218,26 @@
 .PP
 f
 .RS 4
-\fIjarfile\fRオペランドで指定されたファイルを、作成(\fIc\fR)、更新(\fIu\fR)、抽出(\fIx\fR)または表示(\fIt\fR)されるJARファイルの名前に設定します。\fIf\fRオプションおよび\fIjarfile\fRオペランドを省略すると、\fIjar\fRコマンドに、\fIstdin\fRからのJARファイル名を受け入れるか(\fIx\fRおよび\fIt\fRの場合)、JARファイルを\fIstdout\fRに送信すること(\fIc\fRおよび\fIu\fRの場合)が指示されます。
+\fIjarfile\fRオペランドで指定されたファイルを、作成(\fBc\fR)、更新(\fBu\fR)、抽出(\fBx\fR)または表示(\fBt\fR)されるJARファイルの名前に設定します。\fBf\fRオプションおよび\fIjarfile\fRオペランドを省略すると、\fBjar\fRコマンドに、\fBstdin\fRからのJARファイル名を受け入れるか(\fBx\fRおよび\fBt\fRの場合)、JARファイルを\fBstdout\fRに送信すること(\fBc\fRおよび\fBu\fRの場合)が指示されます。
 .RE
 .PP
 m
 .RS 4
-(\fIMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRのアーカイブにある)
-\fIjar\fRコマンドのマニフェスト・ファイルの\fImanifest\fRオペランドで指定されたファイルから、属性の名前と値のペアを含めます。\fIjar\fRコマンドは、同じ名前のエントリがすでに存在する場合を除き、属性の名前と値をJARファイルに追加します。同じ名前のエントリがすでに存在する場合、\fIjar\fRコマンドは属性の値を更新します。\fIm\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fIc\fR)または更新時(\fIu\fR)に使用できます。
+(\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRのアーカイブにある)
+\fBjar\fRコマンドのマニフェスト・ファイルの\fBmanifest\fRオペランドで指定されたファイルから、属性の名前と値のペアを含めます。\fBjar\fRコマンドは、同じ名前のエントリがすでに存在する場合を除き、属性の名前と値をJARファイルに追加します。同じ名前のエントリがすでに存在する場合、\fBjar\fRコマンドは属性の値を更新します。\fBm\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fBc\fR)または更新時(\fBu\fR)に使用できます。
 .sp
-デフォルトのマニフェスト・ファイルには含まれないマニフェストに、特別な目的の名前\-値の属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、リリース情報、パッケージ・シーリングを指定する属性、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。\fIm\fRオプションの使用例は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/tutorial/deployment/jar/index\&.htmlにある
+デフォルトのマニフェスト・ファイルには含まれないマニフェストに、特別な目的の名前\-値の属性ペアを追加できます。たとえば、ベンダー情報、リリース情報、パッケージ・シーリングを指定する属性、またはJARにバンドルされたアプリケーションを実行可能にするための属性を追加できます。\fBm\fRオプションの使用例は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/tutorial/deployment/jar/index\&.htmlにある
 プログラムのパッケージ化に関する項を参照してください。
 .RE
 .PP
 M
 .RS 4
-マニフェスト・ファイル・エントリを作成しない(\fIc\fRおよび\fIu\fRの場合)か、またはマニフェスト・ファイル・エントリが存在する場合は削除します(\fIu\fRの場合)。\fIM\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fIc\fR)または更新時(\fIu\fR)に使用できます。
+マニフェスト・ファイル・エントリを作成しない(\fBc\fRおよび\fBu\fRの場合)か、またはマニフェスト・ファイル・エントリが存在する場合は削除します(\fBu\fRの場合)。\fBM\fRオプションは、JARファイルの作成時(\fBc\fR)または更新時(\fBu\fR)に使用できます。
 .RE
 .PP
 n
 .RS 4
-JARファイルの作成(\fIc\fR)時に、このオプションは、コンテンツがpack200(1)コマンドのパックおよびアンパック操作の影響を受けないようにアーカイブを正規化します。この正規化を使用しない場合、署名付きJARの署名は無効になります。
+JARファイルの作成(\fBc\fR)時に、このオプションは、コンテンツがpack200(1)コマンドのパックおよびアンパック操作の影響を受けないようにアーカイブを正規化します。この正規化を使用しない場合、署名付きJARの署名は無効になります。
 .RE
 .PP
 v
@@ -237,46 +247,48 @@
 .PP
 0
 .RS 4
-(ゼロ) ZIP圧縮を使用しないでJARファイルを作成(\fIc\fR)または更新(\fIu\fR)します。
+(ゼロ) ZIP圧縮を使用しないでJARファイルを作成(\fBc\fR)または更新(\fBu\fR)します。
 .RE
 .PP
 \-C \fIdir\fR
 .RS 4
-JARファイルの作成(\fIc\fR)または更新(\fIu\fR)時に、このオプションは\fIfile\fRオペランドで指定されたファイルの処理中にディレクトリを一時的に変更します。この操作は、UNIX
-\fItar\fRユーティリティの\fI\-C\fRオプションと同様になることを目的としています。たとえば、次のコマンドによって、\fIclasses\fRディレクトリに変更され、そのディレクトリから\fImy\&.jar\fRに\fIBar\&.class\fRファイルが追加されます。
+JARファイルの作成(\fBc\fR)または更新(\fBu\fR)時に、このオプションは\fIfile\fRオペランドで指定されたファイルの処理中にディレクトリを一時的に変更します。この操作は、\fBtar\fRユーティリティの\fB\-C\fRオプションと同様になることを目的としています。たとえば、次のコマンドによって、\fBclasses\fRディレクトリに変更され、そのディレクトリから\fBmy\&.jar\fRに\fBBar\&.class\fRファイルが追加されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar uf my\&.jar \-C classes Bar\&.class
+\fBjar uf my\&.jar \-C classes Bar\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-次のコマンドでは、\fIclasses\fRディレクトリに移動し、classesディレクトリ内のすべてのファイルを\fImy\&.jar\fRに追加します(JARファイルには\fIclasses\fRディレクトリを作成しません)。次に元のディレクトリに戻ってから、\fIbin\fRディレクトリに移動し、\fIXyz\&.class\fRを\fImy\&.jar\fRに追加します。
+次のコマンドでは、\fBclasses\fRディレクトリに移動し、classesディレクトリ内のすべてのファイルを\fBmy\&.jar\fRに追加します(JARファイルには\fBclasses\fRディレクトリを作成しません)。次に元のディレクトリに戻ってから、\fBbin\fRディレクトリに移動し、\fBXyz\&.class\fRを\fBmy\&.jar\fRに追加します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar uf my\&.jar \-C classes \&. \-C bin Xyz\&.class
+\fBjar uf my\&.jar \-C classes \&. \-C bin Xyz\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIclasses\fRに\fIbar1\fRファイルと\fIbar2\fRファイルが含まれている場合、前述のコマンドを実行した後、JARファイルには次のものが含まれます。
+\fBclasses\fRに\fBbar1\fRファイルと\fBbar2\fRファイルが含まれている場合、前述のコマンドを実行した後、JARファイルには次のものが含まれます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-% \fIjar tf my\&.jar\fR
-META\-INF/
-META\-INF/MANIFEST\&.MF
-bar1
-bar2
-Xyz\&.class
+\fB% \fR\fB\fBjar tf my\&.jar\fR\fR
+\fBMETA\-INF/\fR
+\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fR
+\fBbar1\fR
+\fBbar2\fR
+\fBXyz\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -285,69 +297,72 @@
 .PP
 \-J\fIoption\fR
 .RS 4
-指定したJVMオプションを、JREがJARファイルを実行する際に使用するように設定します。JVMオプションは、java(1)コマンドのリファレンス・ページで説明されています。たとえば、\fI\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。
+指定したJVMオプションを、JREがJARファイルを実行する際に使用するように設定します。JVMオプションは、java(1)コマンドのリファレンス・ページで説明されています。たとえば、\fB\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。
 .RE
 .SH "オペランド"
 .PP
-次のオペランドは、\fIjar\fRコマンドで認識されます。
+次のオペランドは、\fBjar\fRコマンドで認識されます。
 .PP
 \fIfile\fR
 .RS 4
-JARファイルの作成(\fIc\fR)または更新(\fIu\fR)時に、\fIfile\fRオペランドは、アーカイブに追加する必要のあるファイルまたはディレクトリのパスと名前を定義します。JARファイルの抽出(\fIx\fR)またはコンテンツのリスト(\fIt\fR)時に、\fIfile\fRオペランドは抽出またはリストするファイルのパスと名前を定義します。少なくとも1つの有効なファイルまたはディレクトリを指定する必要があります。複数の\fIfile\fRオペランドを空白で区切ります。\fIentrypoint\fR、\fIjarfile\fRまたは\fImanifest\fRオペランドが使用される場合は、その後に\fIfile\fRオペランドを指定する必要があります。
+JARファイルの作成(\fBc\fR)または更新(\fBu\fR)時に、\fIfile\fRオペランドは、アーカイブに追加する必要のあるファイルまたはディレクトリのパスと名前を定義します。JARファイルの抽出(\fBx\fR)またはコンテンツのリスト(\fBt\fR)時に、\fIfile\fRオペランドは抽出またはリストするファイルのパスと名前を定義します。少なくとも1つの有効なファイルまたはディレクトリを指定する必要があります。複数の\fIfile\fRオペランドを空白で区切ります。\fIentrypoint\fR、\fIjarfile\fRまたは\fImanifest\fRオペランドが使用される場合は、その後に\fIfile\fRオペランドを指定する必要があります。
 .RE
 .PP
 \fIentrypoint\fR
 .RS 4
-JARファイルの作成(\fIc\fR)または更新(\fIu\fR)時に、\fIentrypoint\fRオペランドは、実行可能JARファイルにバンドルされているスタンドアロンJavaアプリケーションのエントリ・ポイントとなるクラスの名前を定義します。\fIe\fRオプションが存在する場合は\fIentrypoint\fRオペランドを指定する必要があります。
+JARファイルの作成(\fBc\fR)または更新(\fBu\fR)時に、\fIentrypoint\fRオペランドは、実行可能JARファイルにバンドルされているスタンドアロンJavaアプリケーションのエントリ・ポイントとなるクラスの名前を定義します。\fBe\fRオプションが存在する場合は\fIentrypoint\fRオペランドを指定する必要があります。
 .RE
 .PP
 \fIjarfile\fR
 .RS 4
-作成(\fIc\fR)、更新(\fIu\fR)、抽出(\fIx\fR)または表示(\fIt\fR)するファイルの名前を定義します。\fIf\fRオプションが存在する場合は\fIjarfile\fRオペランドを指定する必要があります。\fIf\fRオプションおよび\fIjarfile\fRオペランドを省略すると、\fIjar\fRコマンドに、\fIstdin\fRからのJARファイル名を受け入れるか(\fIx\fRおよび\fIt\fRの場合)、JARファイルを\fIstdout\fRに送信すること(\fIc\fRおよび\fIu\fRの場合)が指示されます。
+作成(\fBc\fR)、更新(\fBu\fR)、抽出(\fBx\fR)または表示(\fBt\fR)するファイルの名前を定義します。\fBf\fRオプションが存在する場合は\fIjarfile\fRオペランドを指定する必要があります。\fBf\fRオプションおよび\fIjarfile\fRオペランドを省略すると、\fBjar\fRコマンドに、\fBstdin\fRからのJARファイル名を受け入れるか(\fBx\fRおよび\fBt\fRの場合)、JARファイルを\fBstdout\fRに送信すること(\fBc\fRおよび\fBu\fRの場合)が指示されます。
 .sp
-JARファイルを索引付け(\fIi\fR)する場合は、\fIf\fRオプションを指定しないで\fIjarfile\fRオペランドを指定します。
+JARファイルを索引付け(\fBi\fR)する場合は、\fBf\fRオプションを指定しないで\fIjarfile\fRオペランドを指定します。
 .RE
 .PP
 \fImanifest\fR
 .RS 4
-JARファイルの作成(\fIc\fR)または更新(\fIu\fR)時に、\fImanifest\fRオペランドはJARファイルの\fIMANIFEST\&.MF\fRに含める属性の名前と値を持つ既存のマニフェスト・ファイルを定義します。\fIf\fRオプションが存在する場合は\fImanifest\fRオペランドを指定する必要があります。
+JARファイルの作成(\fBc\fR)または更新(\fBu\fR)時に、\fImanifest\fRオペランドはJARファイルの\fBMANIFEST\&.MF\fRに含める属性の名前と値を持つ既存のマニフェスト・ファイルを定義します。\fBf\fRオプションが存在する場合は\fImanifest\fRオペランドを指定する必要があります。
 .RE
 .PP
 \fI@arg\-file\fR
 .RS 4
-\fIjar\fRコマンドを短縮または簡素化するには、別のテキスト・ファイル内の引数を指定し、接頭辞としてアットマーク(@)を付けて\fIjar\fRコマンドに渡すことができます。\fIjar\fRコマンドは、アットマーク文字で始まる引数を見つけると、そのファイルの内容を展開して引数リストに挿入します。
+\fBjar\fRコマンドを短縮または簡素化するには、別のテキスト・ファイル内の引数を指定し、接頭辞としてアットマーク(@)を付けて\fBjar\fRコマンドに渡すことができます。\fBjar\fRコマンドは、アットマーク文字で始まる引数を見つけると、そのファイルの内容を展開して引数リストに挿入します。
 .sp
-引数ファイルには、\fIjar\fRコマンドのオプションと引数(引数ファイルをサポートしない起動ツールに渡される\fI\-J\fRオプションを除く)を含めることができます。ファイル内の引数は、空白または改行文字で区切ることができます。引数ファイル内のファイル名は、\fIjar\fRコマンドを実行できる現在のディレクトリに対して相対的であり、引数ファイルの場所に対しては相対的ではありません。通常はオペレーティング・システム・シェルによって展開されるアスタリスク(*)などのワイルドカードは展開されません。
+引数ファイルには、\fBjar\fRコマンドのオプションと引数(引数ファイルをサポートしない起動ツールに渡される\fB\-J\fRオプションを除く)を含めることができます。ファイル内の引数は、空白または改行文字で区切ることができます。引数ファイル内のファイル名は、\fBjar\fRコマンドを実行できる現在のディレクトリに対して相対的であり、引数ファイルの場所に対しては相対的ではありません。通常はオペレーティング・システム・シェルによって展開されるアスタリスク(*)などのワイルドカードは展開されません。
 .sp
-次の例は、\fIfind\fRコマンドによる現在のディレクトリ出力からのファイル名で\fIclasses\&.list\fRファイルを作成する方法を示します。
+次の例は、\fBfind\fRコマンドによる現在のディレクトリ出力からのファイル名で\fBclasses\&.list\fRファイルを作成する方法を示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-find \&. \-name \*(Aq*\&.class\*(Aq \-print > classes\&.list
+\fBfind \&. \-name \*(Aq*\&.class\*(Aq \-print > classes\&.list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIjar\fRコマンドを実行し、\fI@arg\-file\fR構文を使用して\fIclasses\&.list\fRファイルを渡すことができます。
+\fBjar\fRコマンドを実行し、\fI@arg\-file\fR構文を使用して\fBclasses\&.list\fRファイルを渡すことができます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar cf my\&.jar @classes\&.list
+\fBjar cf my\&.jar @classes\&.list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-引数ファイルはパスを指定できますが、相対パスが記述された引数ファイル内のすべてのファイル名は、渡されたパスに対して相対的ではなく、\fIjar\fRコマンドの現在の作業ディレクトリに相対的となります。たとえば、次のようになります。
+引数ファイルはパスを指定できますが、相対パスが記述された引数ファイル内のすべてのファイル名は、渡されたパスに対して相対的ではなく、\fBjar\fRコマンドの現在の作業ディレクトリに相対的となります。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar @dir/classes\&.list
+\fBjar @dir/classes\&.list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -355,86 +370,95 @@
 .RE
 .SH "注意"
 .PP
-\fIe\fR、\fIf\fRおよび\fIm\fRオプションは、\fIentrypoint\fR、\fIjarfile\fRおよび\fImanifest\fRオペランドと同じ順序でコマンドラインに出現する必要があります。
+\fBe\fR、\fBf\fRおよび\fBm\fRオプションは、\fIentrypoint\fR、\fIjarfile\fRおよび\fImanifest\fRオペランドと同じ順序でコマンド行に出現する必要があります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jar cmef myManifestFile MyMainClass myFile\&.jar *\&.class
+\fBjar cmef myManifestFile MyMainClass myFile\&.jar *\&.class\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SH "例"
 .PP
-\fBExample 1\fR, 冗長な出力による現在のディレクトリからのすべてのファイルの追加
+\fB例 1\fR
+.br
+冗長な出力による現在のディレクトリからのすべてのファイルの追加
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-% ls
-1\&.au          Animator\&.class    monkey\&.jpg
-2\&.au          Wave\&.class        spacemusic\&.au
-3\&.au          at_work\&.gif
-
-% jar cvf bundle\&.jar *
-added manifest
-adding: 1\&.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)
-adding: 2\&.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)
-adding: 3\&.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)
-adding: Animator\&.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)
-adding: Wave\&.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)
-adding: at_work\&.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)
-adding: monkey\&.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)
-adding: spacemusic\&.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)
+\fB% ls\fR
+\fB1\&.au          Animator\&.class    monkey\&.jpg\fR
+\fB2\&.au          Wave\&.class        spacemusic\&.au\fR
+\fB3\&.au          at_work\&.gif\fR
+ 
+\fB% jar cvf bundle\&.jar *\fR
+\fBadded manifest\fR
+\fBadding: 1\&.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: 2\&.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)\fR
+\fBadding: 3\&.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)\fR
+\fBadding: Animator\&.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: Wave\&.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: at_work\&.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)\fR
+\fBadding: monkey\&.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)\fR
+\fBadding: spacemusic\&.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 2\fR, サブディレクトリからのファイルの追加
+\fB例 2\fR
+.br
+サブディレクトリからのファイルの追加
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-% ls \-F
-audio/ classes/ images/
-% jar cvf bundle\&.jar audio classes images
-added manifest
-adding: audio/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
-adding: audio/1\&.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)
-adding: audio/2\&.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)
-adding: audio/3\&.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)
-adding: audio/spacemusic\&.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)
-adding: classes/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
-adding: classes/Animator\&.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)
-adding: classes/Wave\&.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)
-adding: images/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)
-adding: images/monkey\&.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)
-adding: images/at_work\&.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)
-
-% ls \-F
-audio/ bundle\&.jar classes/ images/
+\fB% ls \-F\fR
+\fBaudio/ classes/ images/\fR
+\fB% jar cvf bundle\&.jar audio classes images\fR
+\fBadded manifest\fR
+\fBadding: audio/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)\fR
+\fBadding: audio/1\&.au(in = 2324) (out= 67)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: audio/2\&.au(in = 6970) (out= 90)(deflated 98%)\fR
+\fBadding: audio/3\&.au(in = 11616) (out= 108)(deflated 99%)\fR
+\fBadding: audio/spacemusic\&.au(in = 3079) (out= 73)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: classes/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)\fR
+\fBadding: classes/Animator\&.class(in = 2266) (out= 66)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: classes/Wave\&.class(in = 3778) (out= 81)(deflated 97%)\fR
+\fBadding: images/(in = 0) (out= 0)(stored 0%)\fR
+\fBadding: images/monkey\&.jpg(in = 7667) (out= 91)(deflated 98%)\fR
+\fBadding: images/at_work\&.gif(in = 6621) (out= 89)(deflated 98%)\fR
+ 
+\fB% ls \-F\fR
+\fBaudio/ bundle\&.jar classes/ images/\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 3\fR, JARのコンテンツのリスト
+\fB例 3\fR
+.br
+JARのコンテンツのリスト
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-% jar tf bundle\&.jar
+\fB% jar tf bundle\&.jar\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -444,45 +468,50 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-META\-INF/
-META\-INF/MANIFEST\&.MF
-audio/1\&.au
-audio/2\&.au
-audio/3\&.au
-audio/spacemusic\&.au
-classes/Animator\&.class
-classes/Wave\&.class
-images/monkey\&.jpg
-images/at_work\&.gif
+\fBMETA\-INF/\fR
+\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fR
+\fBaudio/1\&.au\fR
+\fBaudio/2\&.au\fR
+\fBaudio/3\&.au\fR
+\fBaudio/spacemusic\&.au\fR
+\fBclasses/Animator\&.class\fR
+\fBclasses/Wave\&.class\fR
+\fBimages/monkey\&.jpg\fR
+\fBimages/at_work\&.gif\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 4\fR, 索引の追加
+\fB例 4\fR
+.br
+索引の追加
 .RS 4
-株式取引のアプリケーションの相互依存クラスを、\fImain\&.jar\fR、\fIbuy\&.jar\fRおよび\fIsell\&.jar\fRの3つのJARファイルに分割する場合、\fIi\fRオプションを使用します。\fImain\&.jar\fRマニフェスト内の\fIClass\-Path\fR属性を指定する場合、\fIi\fRオプションを使用して、アプリケーションのクラス・ロードの速度を向上できます。
+株式取引のアプリケーションの相互依存クラスを、\fBmain\&.jar\fR、\fBbuy\&.jar\fRおよび\fBsell\&.jar\fRの3つのJARファイルに分割する場合、\fBi\fRオプションを使用します。\fBmain\&.jar\fRマニフェスト内の\fBClass\-Path\fR属性を指定する場合、\fBi\fRオプションを使用して、アプリケーションのクラス・ロードの速度を向上できます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Class\-Path: buy\&.jar sell\&.jar
-jar i main\&.jar
+\fBClass\-Path: buy\&.jar sell\&.jar\fR
+\fBjar i main\&.jar\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIINDEX\&.LIST\fRファイルが\fIMETA\-INF\fRディレクトリに挿入されます。これにより、アプリケーションのクラス・ローダーによってクラスまたはリソースの検索が行われるときに、指定したJARファイルがダウンロードされるようになります。
+\fBINDEX\&.LIST\fRファイルが\fBMETA\-INF\fRディレクトリに挿入されます。これにより、アプリケーションのクラス・ローダーによってクラスまたはリソースの検索が行われるときに、指定したJARファイルがダウンロードされるようになります。
 .sp
-アプリケーションのクラス・ローダーは、このファイルに格納されている情報を使用して、効率的にクラスをロードします。ディレクトリをコピーするには、最初に\fIdir1\fR内のファイルを\fIstdout\fRに圧縮してから、\fIstdin\fRから\fIdir2\fRにパイプラインを作成して抽出します(\fI\-f\fRオプションは両方の\fIjar\fRコマンドで省略します)。
+アプリケーションのクラス・ローダーは、このファイルに格納されている情報を使用して、効率的にクラスをロードします。ディレクトリをコピーするには、最初に\fBdir1\fR内のファイルを\fBstdout\fRに圧縮してから、\fBstdin\fRから\fBdir2\fRにパイプラインを作成して抽出します(\fB\-f\fRオプションは両方の\fBjar\fRコマンドで省略します)。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-(cd dir1; jar c \&.) | (cd dir2; jar x)
+\fB(cd dir1; jar c \&.) | (cd dir2; jar x)\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
--- a/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/jarsigner.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1998, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: jarsigner
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: セキュリティ・ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1998, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: jarsigner
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2013年11月21日
+.\" SectDesc: セキュリティ・ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "jarsigner" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "セキュリティ・ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 jarsigner \- Javaアーカイブ(JAR)ファイルに対して署名および検証を行います。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjarsigner\fR [ \fIoptions\fR ] \fIjar\-file\fR \fIalias\fR
+\fBjarsigner\fR [ \fIoptions\fR ] \fIjar\-file\fR \fIalias\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -66,7 +68,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjarsigner\fR \fI\-verify\fR [ \fIoptions\fR ] \fIjar\-file\fR [\fIalias \&.\&.\&.\fR]
+\fBjarsigner\fR \fB\-verify\fR [ \fIoptions\fR ] \fIjar\-file\fR [\fIalias \&.\&.\&.\fR]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -74,30 +76,30 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+コマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \-verify
 .RS 4
-\fI\-verify\fRオプションでは、JARファイル名の後に0個以上のキーストア別名を指定できます。\fI\-verify\fRオプションが指定された場合、\fIjarsigner\fRコマンドでは、JARファイル内の各署名付きエンティティの検証に使用される証明書が、いずれかのキーストア別名に一致することをチェックします。別名は、\fI\-keystore\fRで指定されたキーストア内またはデフォルトのキーストア内に定義されます。
+\fB\-verify\fRオプションでは、JARファイル名の後に0個以上のキーストア別名を指定できます。\fB\-verify\fRオプションが指定された場合、\fBjarsigner\fRコマンドでは、JARファイル内の各署名付きエンティティの検証に使用される証明書が、いずれかのキーストア別名に一致することをチェックします。別名は、\fB\-keystore\fRで指定されたキーストア内またはデフォルトのキーストア内に定義されます。
 .sp
-\fI\-strict\fRオプションも指定した場合、\fIjarsigner\fRコマンドにより重大な警告が検出されると、メッセージ「jarが検証されました。署名者エラー」が表示されます。
+\fB\-strict\fRオプションも指定した場合、\fBjarsigner\fRコマンドにより重大な警告が検出されると、メッセージ「jarが検証されました。署名者エラー」が表示されます。
 .RE
 .PP
 \fIjar\-file\fR
 .RS 4
 署名されるJARファイル。
 .sp
-\fI\-strict\fRオプションも指定した場合、\fIjarsigner\fRコマンドにより重大な警告が検出されると、メッセージ「jarは署名されました \- 署名者エラーがあります。」というメッセージが表示されます。
+\fB\-strict\fRオプションも指定した場合、\fBjarsigner\fRコマンドにより重大な警告が検出されると、メッセージ「jarは署名されました \- 署名者エラーがあります。」というメッセージが表示されます。
 .RE
 .PP
 \fIalias\fR
 .RS 4
-別名は、\fI\-keystore\fRで指定されたキーストア内またはデフォルトのキーストア内に定義されます。
+別名は、\fB\-keystore\fRで指定されたキーストア内またはデフォルトのキーストア内に定義されます。
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIjarsigner\fRツールには、次の2つの目的があります。
+\fBjarsigner\fRツールには、次の2つの目的があります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -121,7 +123,7 @@
 署名付きJARファイルの署名と整合性を検証する目的。
 .RE
 .PP
-JAR機能を使用すると、クラス・ファイル、イメージ、サウンドおよびその他のデジタル・データを単一のファイルにパッケージ化できるので、ファイルを迅速かつ容易に配布できます。\fIjar\fRという名前のツールを使用して、開発者はJARファイルを作成できます。(技術的な観点から言えば、すべてのZIPファイルもJARファイルとみなすことができます。ただし、\fIjar\fRコマンドによって作成されたJARファイル、または\fIjarsigner\fRコマンドによって処理されたJARファイルには、\fIMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルも含まれています。)
+JAR機能を使用すると、クラス・ファイル、イメージ、サウンドおよびその他のデジタル・データを単一のファイルにパッケージ化できるので、ファイルを迅速かつ容易に配布できます。\fBjar\fRという名前のツールを使用して、開発者はJARファイルを作成できます。(技術的な観点から言えば、すべてのZIPファイルもJARファイルとみなすことができます。ただし、\fBjar\fRコマンドによって作成されたJARファイル、または\fBjarsigner\fRコマンドによって処理されたJARファイルには、\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルも含まれています。)
 .PP
 デジタル署名は、なんらかのデータ(署名の対象となるデータ)、およびエンティティ(人、会社など)の秘密鍵から計算されるビットの文字列です。手書きの署名同様、デジタル署名には多くの利点があります。
 .sp
@@ -171,97 +173,101 @@
 .PP
 ファイルに対してエンティティの署名を生成するには、まず、エンティティは、そのエンティティに関連する公開鍵/秘密鍵のペアと、公開鍵を認証する1つ以上の証明書を持つ必要があります。証明書とは、あるエンティティからのデジタル署名付きの文書で、別のエンティティの公開鍵が特定の値を持つことを示しています。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドは、キーストアからの鍵と証明書情報を使用して、JARファイルのデジタル署名を生成します。キーストアは、秘密鍵、および対応する公開鍵を認証する、秘密鍵に関連したX\&.509証明書チェーンのデータベースです。\fIkeytool\fRコマンドを使用して、キーストアを作成および管理します。
+\fBjarsigner\fRコマンドは、キーストアからの鍵と証明書情報を使用して、JARファイルのデジタル署名を生成します。キーストアは、秘密鍵、および対応する公開鍵を認証する、秘密鍵に関連したX\&.509証明書チェーンのデータベースです。\fBkeytool\fRコマンドを使用して、キーストアを作成および管理します。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドでは、エンティティの秘密鍵を使用して署名を生成します。署名付きJARファイルには、特に、ファイルへの署名に使用する秘密鍵に対応する公開鍵のキーストアからの証明書のコピーが含まれます。\fIjarsigner\fRコマンドでは、内部(署名ブロック・ファイル内)の証明書を使用して、署名付きJARファイルのデジタル署名を検証できます。
+\fBjarsigner\fRコマンドでは、エンティティの秘密鍵を使用して署名を生成します。署名付きJARファイルには、特に、ファイルへの署名に使用する秘密鍵に対応する公開鍵のキーストアからの証明書のコピーが含まれます。\fBjarsigner\fRコマンドでは、内部(署名ブロック・ファイル内)の証明書を使用して、署名付きJARファイルのデジタル署名を検証できます。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドでは、署名証明書の有効期間中にJARファイルが署名されたされたかどうかをシステムやデプロイヤ(Java Plug\-inを含む)がチェックできる、タイムスタンプを含む署名を生成できます。さらに、APIを使用すると、アプリケーションでタイムスタンプ情報を取得できます。
+\fBjarsigner\fRコマンドでは、署名証明書の有効期間中にJARファイルが署名されたされたかどうかをシステムやデプロイヤ(Java Plug\-inを含む)がチェックできる、タイムスタンプを含む署名を生成できます。さらに、APIを使用すると、アプリケーションでタイムスタンプ情報を取得できます。
 .PP
-現時点では、\fIjarsigner\fRコマンドでは、\fIjar\fRコマンドまたはZIPファイルによって作成されたJARファイルのみに署名できます。JARファイルはZIPファイルと同じですが、JARファイルには\fIMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルも含まれている点が異なります。\fIMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルは、\fIjarsigner\fRコマンドによってZIPファイルに署名する際に作成されます。
+現時点では、\fBjarsigner\fRコマンドでは、\fBjar\fRコマンドまたはZIPファイルによって作成されたJARファイルのみに署名できます。JARファイルはZIPファイルと同じですが、JARファイルには\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルも含まれている点が異なります。\fBMETA\-INF/MANIFEST\&.MF\fRファイルは、\fBjarsigner\fRコマンドによってZIPファイルに署名する際に作成されます。
 .PP
-デフォルトの\fIjarsigner\fRコマンドの動作では、JARまたはZIPファイルに署名します。\fI\-verify\fRオプションを使用して、署名付きJARファイルを検証します。
+デフォルトの\fBjarsigner\fRコマンドの動作では、JARまたはZIPファイルに署名します。\fB\-verify\fRオプションを使用して、署名付きJARファイルを検証します。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドは、署名または検証の後に署名者の証明書の検証も試行します。検証エラーまたはその他の問題が発生すると、コマンドにより警告メッセージが生成されます。\fI\-strict\fRオプションを指定した場合、コマンドにより重大な警告がエラーとして処理されます。エラーと警告を参照してください。
+\fBjarsigner\fRコマンドは、署名または検証の後に署名者の証明書の検証も試行します。検証エラーまたはその他の問題が発生すると、コマンドにより警告メッセージが生成されます。\fB\-strict\fRオプションを指定した場合、コマンドにより重大な警告がエラーとして処理されます。エラーと警告を参照してください。
 .SS "キーストアの別名"
 .PP
 キーストアのすべてのエンティティは、一意の別名を使用してアクセスされます。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドを使用してJARファイルに署名するときは、署名の生成に必要な秘密鍵を含むキーストア・エントリの別名を指定する必要があります。たとえば、次のコマンドでは、\fIworking\fRディレクトリの\fImystore\fRという名前のキーストアに含まれる別名\fIduke\fRに関連付けられた秘密鍵を使用して、\fIMyJARFile\&.jar\fRという名前のJARファイルに署名します。出力ファイルは指定されていないため、\fIMyJARFile\&.jar\fRは署名付きのJARファイルによって上書きされます。
+\fBjarsigner\fRコマンドを使用してJARファイルに署名するときは、署名の生成に必要な秘密鍵を含むキーストア・エントリの別名を指定する必要があります。たとえば、次のコマンドでは、\fBworking\fRディレクトリの\fBmystore\fRという名前のキーストアに含まれる別名\fBduke\fRに関連付けられた秘密鍵を使用して、\fBMyJARFile\&.jar\fRという名前のJARファイルに署名します。出力ファイルは指定されていないため、\fBMyJARFile\&.jar\fRは署名付きのJARファイルによって上書きされます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore \-storepass <keystore password>
-      \-keypass <private key password> MyJARFile\&.jar duke
+\fBjarsigner \-keystore /working/mystore \-storepass <keystore password>\fR
+\fB      \-keypass <private key password> MyJARFile\&.jar duke\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-キーストアはパスワードで保護されているので、ストアのパスワードを指定する必要があります。コマンドラインで指定しないと、入力を求められます。同様に、秘密鍵もキーストア内でパスワードによって保護されているため、秘密鍵のパスワードを指定する必要があります。コマンドラインでパスワードを指定していない場合、または指定したパスワートが保存されているパスワードと同じではない場合は、パスワードの入力を求められます。
+キーストアはパスワードで保護されているので、ストアのパスワードを指定する必要があります。コマンド行で指定しないと、入力を求められます。同様に、秘密鍵もキーストア内でパスワードによって保護されているため、秘密鍵のパスワードを指定する必要があります。コマンド行でパスワードを指定していない場合、または指定したパスワートが保存されているパスワードと同じではない場合は、パスワードの入力を求められます。
 .SS "キーストアの場所"
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドには、使用するキーストアのURLを指定する\fI\-keystore\fRオプションがあります。キーストアはデフォルトで、\fIuser\&.home\fRシステム・プロパティで決まるユーザーのホーム・ディレクトリの\fI\&.keystore\fRという名前のファイル内に格納されます。
+\fBjarsigner\fRコマンドには、使用するキーストアのURLを指定する\fB\-keystore\fRオプションがあります。キーストアはデフォルトで、\fBuser\&.home\fRシステム・プロパティで決まるユーザーのホーム・ディレクトリの\fB\&.keystore\fRという名前のファイル内に格納されます。
 .PP
-Oracle Solarisシステムの場合、\fIuser\&.home\fRは、ユーザーのホーム・ディレクトリにデフォルト設定されます。
+Oracle Solarisシステムの場合、\fBuser\&.home\fRは、ユーザーのホーム・ディレクトリにデフォルト設定されます。
 .PP
-\fI\-keystore\fRオプションからの入力ストリームは、\fIKeyStore\&.load\fRメソッドに渡されます。URLとして\fINONE\fRが指定されている場合は、nullのストリームが\fIKeyStore\&.load\fRメソッドに渡されます。\fINONE\fRは、\fIKeyStore\fRクラスがファイルベースではない場合、たとえば、ハードウェア・トークン・デバイスに置かれている場合に指定します。
+\fB\-keystore\fRオプションからの入力ストリームは、\fBKeyStore\&.load\fRメソッドに渡されます。URLとして\fBNONE\fRが指定されている場合は、nullのストリームが\fBKeyStore\&.load\fRメソッドに渡されます。\fBNONE\fRは、\fBKeyStore\fRクラスがファイルベースではない場合、たとえば、ハードウェア・トークン・デバイスに置かれている場合に指定します。
 .SS "キーストアの実装"
 .PP
-\fIjava\&.security package\fRで提供されている\fIKeyStore\fRクラスは、キーストア内の情報へのアクセスおよび情報の変更を行うための、明確に定義された多くのインタフェースを提供します。複数の異なる固定実装を指定することができ、各実装は特定のタイプのキーストアを対象とします。
+\fBjava\&.security package\fRで提供されている\fBKeyStore\fRクラスは、キーストア内の情報へのアクセスおよび情報の変更を行うための、明確に定義された多くのインタフェースを提供します。複数の異なる固定実装を指定することができ、各実装は特定のタイプのキーストアを対象とします。
 .PP
-現在、キーストアの実装を使用する2つのコマンドライン・ツール(\fIkeytool\fRと\fIjarsigner\fR)、およびポリシー・ツールという名前の1つのGUIベースのツールがあります。\fIKeyStore\fRクラスは公開されているため、JDKユーザーは、それを使用する他のセキュリティ・アプリケーションを書き込むことができます。
+現在、キーストアの実装を使用する2つのコマンド行ツール(\fBkeytool\fRと\fBjarsigner\fR)、およびポリシー・ツールという名前の1つのGUIベースのツールがあります。\fBKeyStore\fRクラスは公開されているため、JDKユーザーは、それを使用する他のセキュリティ・アプリケーションを書き込むことができます。
 .PP
 Oracleが提供する組込みのデフォルトの実装があります。これは、JKSという名前の独自のキーストア・タイプ(形式)を使用するもので、キーストアをファイルとして実装しています。組込みの実装では、各秘密鍵は個別のパスワードによって保護され、キーストア全体の整合性は(秘密鍵とは別の)パスワードによって保護されます。
 .PP
-キーストアの実装はプロバイダベースで、つまり、\fIKeyStore\fRクラスにより提供されるアプリケーション・インタフェースは、サービス・プロバイダ・インタフェース(SPI)に関して実装されます。対応する\fIKeystoreSpi\fR抽象クラスがあり、これも\fIjava\&.security package\fRに含まれています。このクラスが、プロバイダが実装する必要のあるサービス・プロバイダ・インタフェースのメソッドを定義しています。ここで、プロバイダとは、Java Security APIによってアクセス可能なサービスのサブセットに対し、その固定実装を提供するパッケージまたはパッケージの集合のことです。キーストアの実装を提供するには、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider\&.htmlにある
-Java暗号化アーキテクチャのプロバイダの実装方法で説明しているように、クライアントはプロバイダを実装し、\fIKeystoreSpi\fRサブクラスの実装を提供する必要があります。
+キーストアの実装はプロバイダベースで、つまり、\fBKeyStore\fRクラスにより提供されるアプリケーション・インタフェースは、サービス・プロバイダ・インタフェース(SPI)に関して実装されます。対応する\fBKeystoreSpi\fR抽象クラスがあり、これも\fBjava\&.security package\fRに含まれています。このクラスが、プロバイダが実装する必要のあるサービス・プロバイダ・インタフェースのメソッドを定義しています。ここで、プロバイダとは、Java Security APIによってアクセス可能なサービスのサブセットに対し、その固定実装を提供するパッケージまたはパッケージの集合のことです。キーストアの実装を提供するには、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/security/crypto/HowToImplAProvider\&.htmlにある
+Java暗号化アーキテクチャのプロバイダの実装方法で説明しているように、クライアントはプロバイダを実装し、\fBKeystoreSpi\fRサブクラスの実装を提供する必要があります。
 .PP
-アプリケーションでは、\fIKeyStore\fRクラスの\fIgetInstance\fRファクトリ・メソッドを使用して、様々なプロバイダから異なるタイプのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。
+アプリケーションでは、\fBKeyStore\fRクラスの\fBgetInstance\fRファクトリ・メソッドを使用して、様々なプロバイダから異なるタイプのキーストアの実装を選択できます。キーストアのタイプは、キーストア情報の格納形式とデータ形式を定義するとともに、キーストア内の秘密鍵とキーストア自体の整合性を保護するために使用されるアルゴリズムを定義します。異なるタイプのキーストアの実装には、互換性はありません。
 .PP
-\fIjarsigner\fRおよび\fIpolicytool\fRコマンドは、URLを使用して指定できる任意の場所からファイルベースのキーストアを読み取ることができます。また、これらのコマンドは、Windows上のMSCAPIおよびすべてのプラットフォーム上のPKCS11で提供されるような非ファイルベースのキーストアを読み取ることができます。
+\fBjarsigner\fRおよび\fBpolicytool\fRコマンドは、URLを使用して指定できる任意の場所からファイルベースのキーストアを読み取ることができます。また、これらのコマンドは、Windows上のMSCAPIおよびすべてのプラットフォーム上のPKCS11で提供されるような非ファイルベースのキーストアを読み取ることができます。
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドおよび\fIkeytool\fRコマンドの場合、\fI\-storetype\fRオプションを使用して、コマンドラインでキーストアのタイプを指定できます。ポリシー・ツールの場合、\fB「キーストア」\fRメニューの\fB「編集」\fRコマンドを使用して、キーストアのタイプを指定できます。
+\fBjarsigner\fRコマンドおよび\fBkeytool\fRコマンドの場合、\fB\-storetype\fRオプションを使用して、コマンド行でキーストアのタイプを指定できます。ポリシー・ツールの場合、\fB「キーストア」\fRメニューの\fB「編集」\fRコマンドを使用して、キーストアのタイプを指定できます。
 .PP
-ユーザーがキーストアのタイプを明示的に指定しなかった場合、セキュリティ・プロパティ・ファイルで指定された\fIkeystore\&.type\fRプロパティの値に基づいて、ツールによってキーストアの実装が選択されます。このセキュリティ・プロパティ・ファイルは\fIjava\&.security\fRと呼ばれ、JDKセキュリティ・プロパティ・ディレクトリ\fIjava\&.home/lib/security\fR内に存在しています。ここで、\fIjava\&.home\fRは実行時環境のディレクトリです。\fIjre\fRディレクトリは、JDKまたはJava Runtime Environment (JRE)の最上位のディレクトリにあります。
+ユーザーがキーストアのタイプを明示的に指定しなかった場合、セキュリティ・プロパティ・ファイルで指定された\fBkeystore\&.type\fRプロパティの値に基づいて、ツールによってキーストアの実装が選択されます。このセキュリティ・プロパティ・ファイルは\fBjava\&.security\fRと呼ばれ、JDKセキュリティ・プロパティ・ディレクトリ\fBjava\&.home/lib/security\fR内に存在しています。ここで、\fBjava\&.home\fRは実行時環境のディレクトリです。\fBjre\fRディレクトリは、JDKまたはJava Runtime Environment (JRE)の最上位のディレクトリにあります。
 .PP
-各ツールは、\fIkeystore\&.type\fRの値を取得し、そのタイプのキーストアを実装しているプロバイダが見つかるまで、インストールされているすべてのプロバイダを調べます。目的のプロバイダが見つかると、そのプロバイダからのキーストアの実装を使用します。
+各ツールは、\fBkeystore\&.type\fRの値を取得し、そのタイプのキーストアを実装しているプロバイダが見つかるまで、インストールされているすべてのプロバイダを調べます。目的のプロバイダが見つかると、そのプロバイダからのキーストアの実装を使用します。
 .PP
-\fIKeyStore\fRクラスに定義されているstaticメソッド\fIgetDefaultType\fRを使用すると、アプリケーションやアプレットから\fIkeystore\&.type\fRプロパティの値を取得できます。次のコードの行では、\fIkeystore\&.type property\fRで指定された、デフォルトのキーストア・タイプのインスタンスを作成します。
+\fBKeyStore\fRクラスに定義されているstaticメソッド\fBgetDefaultType\fRを使用すると、アプリケーションやアプレットから\fBkeystore\&.type\fRプロパティの値を取得できます。次のコードの行では、\fBkeystore\&.type property\fRで指定された、デフォルトのキーストア・タイプのインスタンスを作成します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-KeyStore keyStore = KeyStore\&.getInstance(KeyStore\&.getDefaultType());
+\fBKeyStore keyStore = KeyStore\&.getInstance(KeyStore\&.getDefaultType());\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-デフォルトのキーストア・タイプは、\fIjks\fR
+デフォルトのキーストア・タイプは、\fBjks\fR
 (Oracleが提供する独自のタイプのキーストアの実装)です。これは、セキュリティ・プロパティ・ファイル内の次の行によって指定されています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-keystore\&.type=jks
+\fBkeystore\&.type=jks\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-キーストアのタイプの指定では、大文字と小文字は区別されません。たとえば、\fIJKS\fRは\fIjks\fRと同じになります。
+キーストアのタイプの指定では、大文字と小文字は区別されません。たとえば、\fBJKS\fRは\fBjks\fRと同じになります。
 .PP
-ツールでデフォルト以外のキーストアの実装を使用するには、その行を変更して別のキーストアのタイプを指定します。たとえば、\fIpkcs12\fRと呼ばれるキーストアのタイプのキーストアの実装を提供するプロバイダ・パッケージがある場合、行を次のように変更します。
+ツールでデフォルト以外のキーストアの実装を使用するには、その行を変更して別のキーストアのタイプを指定します。たとえば、\fBpkcs12\fRと呼ばれるキーストアのタイプのキーストアの実装を提供するプロバイダ・パッケージがある場合、行を次のように変更します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-keystore\&.type=pkcs12
+\fBkeystore\&.type=pkcs12\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -272,7 +278,7 @@
 Java PKCS #11リファレンス・ガイドの「KeyTool」および「JarSigner」を参照してください。
 .SS "サポートされるアルゴリズム"
 .PP
-デフォルトで、\fIjarsigner\fRコマンドでは次のいずれかのアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。
+デフォルトで、\fBjarsigner\fRコマンドでは次のいずれかのアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -307,12 +313,12 @@
 SHA256と楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)を使用した楕円曲線(EC)暗号方式アルゴリズム
 .RE
 .PP
-署名者の公開鍵と秘密鍵がDSA鍵である場合、\fIjarsigner\fRは\fISHA1withDSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。署名者の鍵がRSA鍵である場合、\fIjarsigner\fRは\fISHA256withRSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名しようとします。署名者の鍵がEC鍵である場合、\fIjarsigner\fRは\fISHA256withECDSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。
+署名者の公開鍵と秘密鍵がDSA鍵である場合、\fBjarsigner\fRは\fBSHA1withDSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。署名者の鍵がRSA鍵である場合、\fBjarsigner\fRは\fBSHA256withRSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名しようとします。署名者の鍵がEC鍵である場合、\fBjarsigner\fRは\fBSHA256withECDSA\fRアルゴリズムを使用してJARファイルに署名します。
 .PP
-これらのデフォルトの署名アルゴリズムは、\fI\-sigalg\fRオプションを使用してオーバーライドできます。
+これらのデフォルトの署名アルゴリズムは、\fB\-sigalg\fRオプションを使用してオーバーライドできます。
 .SS "署名付きJARファイル"
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドを使用してJARファイルに署名する場合、出力される署名付きJARファイルは入力JARファイルと同じですが、次の2つの追加ファイルがMETA\-INFディレクトリに置かれる点が異なります。
+\fBjarsigner\fRコマンドを使用してJARファイルに署名する場合、出力される署名付きJARファイルは入力JARファイルと同じですが、次の2つの追加ファイルがMETA\-INFディレクトリに置かれる点が異なります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -322,7 +328,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\&.SF\fR拡張子の付いた署名ファイル
+\fB\&.SF\fR拡張子の付いた署名ファイル
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -333,14 +339,16 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\&.DSA\fR、\fI\&.RSA\fRまたは\fI\&.EC\fR拡張子の付いた署名ブロック・ファイル
+\fB\&.DSA\fR、\fB\&.RSA\fRまたは\fB\&.EC\fR拡張子の付いた署名ブロック・ファイル
 .RE
 .PP
-これら2つのファイルのベース・ファイル名は、\fI\-sigFile\fRオプションの値から作成されます。たとえば、オプションが\fI\-sigFile MKSIGN\fRの場合、ファイルは\fIMKSIGN\&.SF\fRおよび\fIMKSIGN\&.DSA\fRという名前になります。
+これら2つのファイルのベース・ファイル名は、\fB\-sigFile\fRオプションの値から作成されます。たとえば、オプションが\fB\-sigFile MKSIGN\fRの場合、ファイルは\fBMKSIGN\&.SF\fRおよび\fBMKSIGN\&.DSA\fRという名前になります。
 .PP
-コマンドラインで\fI\-sigfile\fRオプションを指定しなかった場合、\fI\&.SF\fRファイルと\fI\&.DSA\fRファイルのベース・ファイル名は、コマンドラインで指定された別名の先頭の8文字をすべて大文字に変換したものになります。別名が8文字未満の場合は、別名がそのまま使用されます。別名に、署名ファイル名で使用できない文字が含まれている場合、ファイル名の作成時に、該当する文字が下線(_)文字に変換されます。有効な文字は、アルファベット、数字、下線およびハイフンです。
-署名ファイル.PP
-署名ファイル(\fI\&.SF\fRファイル)は、\fIjarsigner\fRコマンドを使用してファイルに署名する際にJARファイルに常に含まれるマニフェスト・ファイルと似ています。JARファイルに含まれているソース・ファイルごとに、\fI\&.SF\fRファイルには、マニフェスト・ファイルにあるような、次に示す3つの行があります。
+コマンド行で\fB\-sigfile\fRオプションを指定しなかった場合、\fB\&.SF\fRファイルと\fB\&.DSA\fRファイルのベース・ファイル名は、コマンド行で指定された別名の先頭の8文字をすべて大文字に変換したものになります。別名が8文字未満の場合は、別名がそのまま使用されます。別名に、署名ファイル名で使用できない文字が含まれている場合、ファイル名の作成時に、該当する文字が下線(_)文字に変換されます。有効な文字は、アルファベット、数字、下線およびハイフンです。
+.PP
+署名ファイル
+.PP
+署名ファイル(\fB\&.SF\fRファイル)は、\fBjarsigner\fRコマンドを使用してファイルに署名する際にJARファイルに常に含まれるマニフェスト・ファイルと似ています。JARファイルに含まれているソース・ファイルごとに、\fB\&.SF\fRファイルには、マニフェスト・ファイルにあるような、次に示す3つの行があります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -375,24 +383,27 @@
 SHAダイジェストの値
 .RE
 .PP
-マニフェスト・ファイルでは、各ソース・ファイルのSHAダイジェストの値は、ソース・ファイルのバイナリ・データのダイジェスト(ハッシュ)になります。\fI\&.SF\fRファイルでは、指定されたソース・ファイルのダイジェストの値は、ソース・ファイルのマニフェスト・ファイル内のその3行のハッシュになります。
+マニフェスト・ファイルでは、各ソース・ファイルのSHAダイジェストの値は、ソース・ファイルのバイナリ・データのダイジェスト(ハッシュ)になります。\fB\&.SF\fRファイルでは、指定されたソース・ファイルのダイジェストの値は、ソース・ファイルのマニフェスト・ファイル内のその3行のハッシュになります。
 .PP
 署名ファイルには、デフォルトで、マニフェスト・ファイル全体のハッシュが格納されたヘッダーが含まれています。ヘッダーにはマニフェスト・ヘッダーのハッシュも含まれています。ヘッダーが存在すると、検証の最適化が有効になります。JARファイルの検証を参照してください。
-署名ブロック・ファイル.PP
-\fI\&.SF\fRファイルには署名が付けられ、署名は署名ブロック・ファイルに置かれます。このファイルには、署名に使用された秘密鍵に対応する公開鍵を認証するキーストアからの証明書または証明書チェーンも、内部でエンコードされて含まれています。ファイルの拡張子は、使用されるダイジェスト・アルゴリズムに応じて、\fI\&.DSA\fR、\fI\&.RSA\fRまたは\fI\&.EC\fRになります。
+.PP
+署名ブロック・ファイル
+.PP
+\fB\&.SF\fRファイルには署名が付けられ、署名は署名ブロック・ファイルに置かれます。このファイルには、署名に使用された秘密鍵に対応する公開鍵を認証するキーストアからの証明書または証明書チェーンも、内部でエンコードされて含まれています。ファイルの拡張子は、使用されるダイジェスト・アルゴリズムに応じて、\fB\&.DSA\fR、\fB\&.RSA\fRまたは\fB\&.EC\fRになります。
 .SS "署名タイムスタンプ"
 .PP
-\fIjarsigner\fRコマンドでは、JARファイルの署名時に署名タイムスタンプを生成および保存できます。さらに、\fIjarsigner\fRは代替署名機構をサポートします。この動作は省略可能で、署名時に次の各オプションによって制御されます。オプションを参照してください。
+\fBjarsigner\fRコマンドでは、JARファイルの署名時に署名タイムスタンプを生成および保存できます。さらに、\fBjarsigner\fRは代替署名機構をサポートします。この動作は省略可能で、署名時に次の各オプションによって制御されます。オプションを参照してください。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-tsa \fIurl\fR
-\-tsacert \fIalias\fR
-\-altsigner \fIclass\fR
-\-altsignerpath \fIclasspathlist\fR
-\-tsapolicyid \fIpolicyid\fR
+\fB\-tsa \fR\fB\fIurl\fR\fR
+\fB\-tsacert \fR\fB\fIalias\fR\fR
+\fB\-altsigner \fR\fB\fIclass\fR\fR
+\fB\-altsignerpath \fR\fB\fIclasspathlist\fR\fR
+\fB\-tsapolicyid \fR\fB\fIpolicyid\fR\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -409,9 +420,9 @@
 .sp -1
 .IP "  1." 4.2
 .\}
-\fI\&.SF\fRファイルの署名を検証します。
+\fB\&.SF\fRファイルの署名を検証します。
 .sp
-検証では、各署名ブロック(\fI\&.DSA\fR)ファイルに格納された署名が、証明書(または証明書チェーン)も\fI\&.DSA\fRファイルに示される公開鍵に対応する秘密鍵を使用して生成されたことを確認します。また、署名が対応する署名(\fI\&.SF\fR)ファイルの有効な署名であることが確認され、それにより、\fI\&.SF\fRファイルが改ざんされていないことも確認されます。
+検証では、各署名ブロック(\fB\&.DSA\fR)ファイルに格納された署名が、証明書(または証明書チェーン)も\fB\&.DSA\fRファイルに示される公開鍵に対応する秘密鍵を使用して生成されたことを確認します。また、署名が対応する署名(\fB\&.SF\fR)ファイルの有効な署名であることが確認され、それにより、\fB\&.SF\fRファイルが改ざんされていないことも確認されます。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -422,13 +433,13 @@
 .sp -1
 .IP "  2." 4.2
 .\}
-\fI\&.SF\fRファイル内の各エントリに示されるダイジェストを、マニフェスト内の対応する各セクションと突きあわせて検証します。
+\fB\&.SF\fRファイル内の各エントリに示されるダイジェストを、マニフェスト内の対応する各セクションと突きあわせて検証します。
 .sp
-\fI\&.SF\fRファイルには、マニフェスト・ファイル全体のハッシュが格納されたヘッダーがデフォルトで含まれています。ヘッダーが存在する場合、検証では、ヘッダー内のハッシュがマニフェスト・ファイルのハッシュと一致するかどうかを確認するためにチェックできます。一致する場合、検証は次の手順に進みます。
+\fB\&.SF\fRファイルには、マニフェスト・ファイル全体のハッシュが格納されたヘッダーがデフォルトで含まれています。ヘッダーが存在する場合、検証では、ヘッダー内のハッシュがマニフェスト・ファイルのハッシュと一致するかどうかを確認するためにチェックできます。一致する場合、検証は次の手順に進みます。
 .sp
-一致しない場合、\fI\&.SF\fRファイル内の各ソース・ファイル情報セクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致することを確認するために、あまり最適化されていない検証が必要になります。署名ファイルを参照してください。
+一致しない場合、\fB\&.SF\fRファイル内の各ソース・ファイル情報セクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致することを確認するために、あまり最適化されていない検証が必要になります。署名ファイルを参照してください。
 .sp
-\fI\&.SF\fRファイルのヘッダーに格納されたマニフェスト・ファイルのハッシュが、現在のマニフェスト・ファイルのハッシュに一致しない理由の1つは、署名および\fI\&.SF\fRファイルの生成後に、(\fIjar\fRツールを使用して)1つ以上のファイルがJARファイルに追加されたことです。\fIjar\fRツールを使用してファイルを追加した場合、新しいファイル用のセクションが追加されることにより、マニフェスト・ファイルは変更されますが、\fI\&.SF\fRファイルは変更されません。検証がまだ成功しているとみなされるのは、署名の生成以降にJARファイル内のどのファイルも変更されていない場合です。これが発生するのは、\fI\&.SF\fRファイルのヘッダー以外のセクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致する場合です。
+\fB\&.SF\fRファイルのヘッダーに格納されたマニフェスト・ファイルのハッシュが、現在のマニフェスト・ファイルのハッシュに一致しない理由の1つは、署名および\fB\&.SF\fRファイルの生成後に、(\fBjar\fRツールを使用して)1つ以上のファイルがJARファイルに追加されたことです。\fBjar\fRツールを使用してファイルを追加した場合、新しいファイル用のセクションが追加されることにより、マニフェスト・ファイルは変更されますが、\fB\&.SF\fRファイルは変更されません。検証がまだ成功しているとみなされるのは、署名の生成以降にJARファイル内のどのファイルも変更されていない場合です。これが発生するのは、\fB\&.SF\fRファイルのヘッダー以外のセクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致する場合です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -439,45 +450,46 @@
 .sp -1
 .IP "  3." 4.2
 .\}
-\fI\&.SF\fRファイル内にエントリを持つJARファイル内の各ファイルを読み取ります。読取り中にファイルのダイジェストを計算し、結果をマニフェスト・セクション内のこのファイルのダイジェストと比較します。ダイジェストは同じである必要があり、そうでない場合は検証が失敗します。
+\fB\&.SF\fRファイル内にエントリを持つJARファイル内の各ファイルを読み取ります。読取り中にファイルのダイジェストを計算し、結果をマニフェスト・セクション内のこのファイルのダイジェストと比較します。ダイジェストは同じである必要があり、そうでない場合は検証が失敗します。
 .sp
-検証プロセス中になんらかの重大な検証エラーが発生した場合、そのプロセスは停止され、セキュリティ例外がスローされます。\fIjarsigner\fRコマンドでは、例外を捕捉および表示します。
+検証プロセス中になんらかの重大な検証エラーが発生した場合、そのプロセスは停止され、セキュリティ例外がスローされます。\fBjarsigner\fRコマンドでは、例外を捕捉および表示します。
 .RE
 .PP
 \fB注意:\fR
-追加の警告(または、\fI\-strict\fRオプションを指定した場合はエラー)はすべて読む必要があります。同様に、証明が信頼できるかを決定するために、(\fI\-verbose\fRおよび\fI\-certs\fRオプションを指定して)証明書の内容も読む必要があります。
+追加の警告(または、\fB\-strict\fRオプションを指定した場合はエラー)はすべて読む必要があります。同様に、証明が信頼できるかを決定するために、(\fB\-verbose\fRおよび\fB\-certs\fRオプションを指定して)証明書の内容も読む必要があります。
 .SS "1つのJARファイルを対象とする複数の署名"
 .PP
-次のように、\fIjarsigner\fRコマンドをファイルで複数回実行し、実行のたびに異なるユーザーの別名を指定することによって、1つのJARファイルに複数のユーザーの署名を付けることができます。
+次のように、\fBjarsigner\fRコマンドをファイルで複数回実行し、実行のたびに異なるユーザーの別名を指定することによって、1つのJARファイルに複数のユーザーの署名を付けることができます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner myBundle\&.jar susan
-jarsigner myBundle\&.jar kevin
+\fBjarsigner myBundle\&.jar susan\fR
+\fBjarsigner myBundle\&.jar kevin\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-JARファイルが複数回署名されている場合、そのJARファイルには、複数の\fI\&.SF\fRファイルと\fI\&.DSA\fRファイルが含まれており、1回の署名に対して1つのペアとなります。前述の例では、出力JARファイルには、次の名前のファイルが含まれています。
+JARファイルが複数回署名されている場合、そのJARファイルには、複数の\fB\&.SF\fRファイルと\fB\&.DSA\fRファイルが含まれており、1回の署名に対して1つのペアとなります。前述の例では、出力JARファイルには、次の名前のファイルが含まれています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-SUSAN\&.SF
-SUSAN\&.DSA
-KEVIN\&.SF
-KEVIN\&.DSA
+\fBSUSAN\&.SF\fR
+\fBSUSAN\&.DSA\fR
+\fBKEVIN\&.SF\fR
+\fBKEVIN\&.DSA\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SH "オプション"
 .PP
-次の各項では、様々な\fIjarsigner\fRオプションについて説明します。次の標準に注意してください。
+次の各項では、様々な\fBjarsigner\fRオプションについて説明します。次の標準に注意してください。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -520,38 +532,40 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-storepass\fR、\fI\-keypass\fR、\fI\-sigfile\fR、\fI\-sigalg\fR、\fI\-digestalg\fR、\fI\-signedjar\fRおよびTSA関連のオプションを使用できるのは、JARファイルに署名する場合のみです。署名付きJARファイルを検証する場合ではありません。\fI\-keystore \fRオプションは、JARファイルの署名および検証に関連します。また、別名は、JARファイルの署名および検証時に指定します。
+\fB\-storepass\fR、\fB\-keypass\fR、\fB\-sigfile\fR、\fB\-sigalg\fR、\fB\-digestalg\fR、\fB\-signedjar\fRおよびTSA関連のオプションを使用できるのは、JARファイルに署名する場合のみです。署名付きJARファイルを検証する場合ではありません。\fB\-keystore \fRオプションは、JARファイルの署名および検証に関連します。また、別名は、JARファイルの署名および検証時に指定します。
 .RE
 .PP
 \-keystore \fIurl\fR
 .RS 4
-キーストアの場所を示すURLを指定します。これにより、\fIuser\&.home\fRシステム・プロパティで決定されたユーザーのホーム・ディレクトリ内のファイル\fI\&.keystore\fRにデフォルト設定されます。
+キーストアの場所を示すURLを指定します。これにより、\fBuser\&.home\fRシステム・プロパティで決定されたユーザーのホーム・ディレクトリ内のファイル\fB\&.keystore\fRにデフォルト設定されます。
 .sp
 キーストアは署名時には必要です。デフォルトのキーストアが存在しない場合、またはデフォルト以外のキーストアを使用する場合は、キーストアを明示的に指定する必要があります。
 .sp
-検証するときはキーストアは必要ありません。ただし、キーストアが指定されているか、あるいはデフォルトのキーストアが存在していて、さらに\fI\-verbose\fRオプションも指定されていた場合、JARファイルの検証に使用される証明書がそのキーストアに1つでも含まれているかどうかに関する追加情報が出力されます。
+検証するときはキーストアは必要ありません。ただし、キーストアが指定されているか、あるいはデフォルトのキーストアが存在していて、さらに\fB\-verbose\fRオプションも指定されていた場合、JARファイルの検証に使用される証明書がそのキーストアに1つでも含まれているかどうかに関する追加情報が出力されます。
 .sp
-\fI\-keystore\fR引数には、URLではなくファイル名とパスを指定でき、この場合、ファイル: URLと同じように処理されます。たとえば、次にように指定すると同等になります。
+\fB\-keystore\fR引数には、URLではなくファイル名とパスを指定でき、この場合、ファイル: URLと同じように処理されます。たとえば、次にように指定すると同等になります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-keystore \fIfilePathAndName\fR
-\-keystore file:\fIfilePathAndName\fR
+\fB\-keystore \fR\fB\fIfilePathAndName\fR\fR
+\fB\-keystore file:\fR\fB\fIfilePathAndName\fR\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-(JREの\fI$JAVA_HOME/lib/security directory\fRにある)
-\fIjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイル内でSun PKCS #11プロバイダが構成された場合、\fIkeytool\fRおよび\fIjarsigner\fRツールはPKCS#11トークンに基づいて動作できます。次のオプションを指定します。
+(JREの\fB$JAVA_HOME/lib/security directory\fRにある)
+\fBjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイル内でSun PKCS #11プロバイダが構成された場合、\fBkeytool\fRおよび\fBjarsigner\fRツールはPKCS#11トークンに基づいて動作できます。次のオプションを指定します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-keystore NONE
-\-storetype PKCS11
+\fB\-keystore NONE\fR
+\fB\-storetype PKCS11\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -562,7 +576,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-keytool \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \-list
+\fBkeytool \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \-list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -571,17 +586,17 @@
 .PP
 \-storetype \fIstoretype\fR
 .RS 4
-インスタンスを生成するキーストアのタイプを指定します。デフォルトのキーストア・タイプは、セキュリティ・プロパティ・ファイル内の\fIkeystore\&.type\fRプロパティの値で指定されたタイプです。この値は、\fIjava\&.security\&.KeyStore\fRのstatic
-\fIgetDefaultType\fRメソッドによって返されます。
+インスタンスを生成するキーストアのタイプを指定します。デフォルトのキーストア・タイプは、セキュリティ・プロパティ・ファイル内の\fBkeystore\&.type\fRプロパティの値で指定されたタイプです。この値は、\fBjava\&.security\&.KeyStore\fRのstatic
+\fBgetDefaultType\fRメソッドによって返されます。
 .sp
-\fI\-storepass\fRオプションを使用して、PCKS #11トークンのPINを指定することもできます。何も指定しない場合、\fIkeytool\fRおよび\fIjarsigner\fRコマンドによって、トークンPINの指定を求められます。トークンに保護された認証パス(専用のPINパッドや生体読取り機など)がある場合、\fI\-protected\fRオプションを指定する必要がありますが、パスワード・オプションは指定できません。
+\fB\-storepass\fRオプションを使用して、PCKS #11トークンのPINを指定することもできます。何も指定しない場合、\fBkeytool\fRおよび\fBjarsigner\fRコマンドによって、トークンPINの指定を求められます。トークンに保護された認証パス(専用のPINパッドや生体読取り機など)がある場合、\fB\-protected\fRオプションを指定する必要がありますが、パスワード・オプションは指定できません。
 .RE
 .PP
 \-storepass[:env | :file] \fIargument\fR
 .RS 4
-キーストアにアクセスするのに必要なパスワードを指定します。これが必要なのは、JARファイルに署名を付けるときのみです(検証するときには不要です)。その場合、\fI\-storepass\fRオプションをコマンドラインで指定しないと、パスワードの入力を求められます。
+キーストアにアクセスするのに必要なパスワードを指定します。これが必要なのは、JARファイルに署名を付けるときのみです(検証するときには不要です)。その場合、\fB\-storepass\fRオプションをコマンド行で指定しないと、パスワードの入力を求められます。
 .sp
-修飾子\fIenv\fRまたは\fIfile\fRが指定されていない場合、パスワードの値は\fIargument\fRになります。それ以外の場合、パスワードは次のようにして取得されます。
+修飾子\fBenv\fRまたは\fBfile\fRが指定されていない場合、パスワードの値は\fIargument\fRになります。それ以外の場合、パスワードは次のようにして取得されます。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -591,8 +606,8 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIenv\fR:
-\fIargument\fRという名前の環境変数からパスワードを取得します。
+\fBenv\fR:
+\fBargument\fRという名前の環境変数からパスワードを取得します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -603,19 +618,19 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIfile\fR:
-\fIargument\fRという名前のファイルからパスワードを取得します。
+\fBfile\fR:
+\fBargument\fRという名前のファイルからパスワードを取得します。
 .RE
 .sp
 \fB注意:\fR
-テストを目的とする場合またはセキュリティ保護されたシステムを使用している場合以外は、コマンドラインやスクリプトでパスワードを指定しないでください。
+テストを目的とする場合またはセキュアなシステムを使用している場合以外は、コマンド行やスクリプトでパスワードを指定しないでください。
 .RE
 .PP
 \-keypass [:env | :file] \fIargument\fR
 .RS 4
-コマンドラインで指定された別名に対応するキーストア・エントリの秘密鍵を保護するのに使用するパスワードを指定します。\fIjarsigner\fRを使用してJARファイルに署名を付けるときは、パスワードが必要です。コマンドラインでパスワードが指定されておらず、必要なパスワードがストアのパスワードと異なる場合は、パスワードの入力を求められます。
+コマンド行で指定された別名に対応するキーストア・エントリの秘密鍵を保護するのに使用するパスワードを指定します。\fBjarsigner\fRを使用してJARファイルに署名を付けるときは、パスワードが必要です。コマンド行でパスワードが指定されておらず、必要なパスワードがストアのパスワードと異なる場合は、パスワードの入力を求められます。
 .sp
-修飾子\fIenv\fRまたは\fIfile\fRが指定されていない場合、パスワードの値は\fIargument\fRになります。それ以外の場合、パスワードは次のようにして取得されます。
+修飾子\fBenv\fRまたは\fBfile\fRが指定されていない場合、パスワードの値は\fBargument\fRになります。それ以外の場合、パスワードは次のようにして取得されます。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -625,8 +640,8 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIenv\fR:
-\fIargument\fRという名前の環境変数からパスワードを取得します。
+\fBenv\fR:
+\fBargument\fRという名前の環境変数からパスワードを取得します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -637,21 +652,21 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIfile\fR:
-\fIargument\fRという名前のファイルからパスワードを取得します。
+\fBfile\fR:
+\fBargument\fRという名前のファイルからパスワードを取得します。
 .RE
 .sp
 \fB注意:\fR
-テストを目的とする場合またはセキュリティ保護されたシステムを使用している場合以外は、コマンドラインやスクリプトでパスワードを指定しないでください。
+テストを目的とする場合またはセキュアなシステムを使用している場合以外は、コマンド行やスクリプトでパスワードを指定しないでください。
 .RE
 .PP
 \-sigfile \fIfile\fR
 .RS 4
-生成された\fI\&.SF\fRファイルおよび\fI\&.DSA\fRファイルに使用するベース・ファイル名を指定します。たとえば、ファイルが\fIDUKESIGN\fRの場合、生成される\fI\&.SF\fRおよび\fI\&.DSA\fRファイルは、\fIDUKESIGN\&.SF\fRおよび\fIDUKESIGN\&.DSA\fRという名前で、署名付きJARファイルの\fIMETA\-INF\fRディレクトリに格納されます。
+生成された\fB\&.SF\fRファイルおよび\fB\&.DSA\fRファイルに使用するベース・ファイル名を指定します。たとえば、ファイルが\fBDUKESIGN\fRの場合、生成される\fB\&.SF\fRおよび\fB\&.DSA\fRファイルは、\fBDUKESIGN\&.SF\fRおよび\fBDUKESIGN\&.DSA\fRという名前で、署名付きJARファイルの\fBMETA\-INF\fRディレクトリに格納されます。
 .sp
-ファイル内の文字は、セット\fIa\-zA\-Z0\-9_\-\fRから指定される必要があります。アルファベット、数字、下線およびハイフン文字のみを使用できます。\fI\&.SF\fRおよび\fI\&.DSA\fRのファイル名では、小文字はすべて大文字に変換されます。
+ファイル内の文字は、セット\fBa\-zA\-Z0\-9_\-\fRから指定される必要があります。アルファベット、数字、下線およびハイフン文字のみを使用できます。\fB\&.SF\fRおよび\fB\&.DSA\fRのファイル名では、小文字はすべて大文字に変換されます。
 .sp
-コマンドラインで\fI\-sigfile\fRオプションを指定しなかった場合、\fI\&.SF\fRファイルと\fI\&.DSA\fRファイルのベース・ファイル名は、コマンドラインで指定された別名の先頭の8文字をすべて大文字に変換したものになります。別名が8文字未満の場合は、別名がそのまま使用されます。別名に、署名ファイル名で無効な文字が含まれている場合、ファイル名を作成するために、該当する文字が下線(_)文字に変換されます。
+コマンド行で\fB\-sigfile\fRオプションを指定しなかった場合、\fB\&.SF\fRファイルと\fB\&.DSA\fRファイルのベース・ファイル名は、コマンド行で指定された別名の先頭の8文字をすべて大文字に変換したものになります。別名が8文字未満の場合は、別名がそのまま使用されます。別名に、署名ファイル名で無効な文字が含まれている場合、ファイル名を作成するために、該当する文字が下線(_)文字に変換されます。
 .RE
 .PP
 \-sigalg \fIalgorithm\fR
@@ -661,7 +676,7 @@
 標準的な署名アルゴリズム名のリストは、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec\&.html#AppAにある
 Java Cryptography Architecture (JCA)リファレンス・ガイドの「付録A: 標準名」を参照してください。
 .sp
-このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しない場合、秘密鍵のタイプに応じて、\fISHA1withDSA\fR、\fISHA256withRSA\fRまたは\fISHA256withECDSA\fRが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\fI\-providerClass\fRオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドは失敗します。
+このアルゴリズムには、JARファイルの署名に使用する秘密鍵との互換性が必要です。このオプションを指定しない場合、秘密鍵のタイプに応じて、\fBSHA1withDSA\fR、\fBSHA256withRSA\fRまたは\fBSHA256withECDSA\fRが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\fB\-providerClass\fRオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドは失敗します。
 .RE
 .PP
 \-digestalg \fIalgorithm\fR
@@ -671,60 +686,61 @@
 標準的なメッセージ・ダイジェスト・アルゴリズム名のリストは、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/security/crypto/CryptoSpec\&.html#AppAにある
 Java Cryptography Architecture (JCA)リファレンス・ガイドの「付録A: 標準名」を参照してください。
 .sp
-このオプションを指定しない場合、\fISHA256\fRが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\fI\-providerClass\fRオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドは失敗します。
+このオプションを指定しない場合、\fBSHA256\fRが使用されます。指定されたアルゴリズムの実装を提供するプロバイダが静的にインストールされているか、\fB\-providerClass\fRオプションを使用してそのようなプロバイダをユーザーが指定する必要があります。そうでない場合、コマンドは失敗します。
 .RE
 .PP
 \-certs
 .RS 4
-コマンドラインで、\fI\-certs\fRオプションを\fI\-verify\fRおよび\fI\-verbose\fRオプションとともに指定した場合、JARファイルの各署名者の証明書情報が出力に含まれます。この情報には、署名者の公開鍵を証明する証明書(\fI\&.DSA\fRファイルに格納)のタイプの名前が含まれ、証明書がX\&.509証明書(\fIjava\&.security\&.cert\&.X509Certificate\fRのインスタンス)の場合、署名者の識別名が含まれます。
+コマンド行で、\fB\-certs\fRオプションを\fB\-verify\fRおよび\fB\-verbose\fRオプションとともに指定した場合、JARファイルの各署名者の証明書情報が出力に含まれます。この情報には、署名者の公開鍵を証明する証明書(\fB\&.DSA\fRファイルに格納)のタイプの名前が含まれ、証明書がX\&.509証明書(\fBjava\&.security\&.cert\&.X509Certificate\fRのインスタンス)の場合、署名者の識別名が含まれます。
 .sp
-キーストアの確認も行われます。コマンドラインでキーストアの値が指定されていない場合、デフォルトのキーストア・ファイル(ある場合)がチェックされます。署名者の公開鍵の証明書がキーストア内のエントリと一致する場合、その署名者のキーストアのエントリの別名が丸カッコ内に表示されます。
+キーストアの確認も行われます。コマンド行でキーストアの値が指定されていない場合、デフォルトのキーストア・ファイル(ある場合)がチェックされます。署名者の公開鍵の証明書がキーストア内のエントリと一致する場合、その署名者のキーストアのエントリの別名が丸カッコ内に表示されます。
 .RE
 .PP
 \-certchain \fIfile\fR
 .RS 4
-コマンドラインで指定した別名によって表されるキーストア・エントリの秘密鍵に関連付けられた証明書チェーンが完全ではない場合に、使用する証明書チェーンを指定します。これは、証明書チェーン全体を保持するのに十分な領域がないハードウェア・トークン上にキーストアが格納されている場合に発生します。このファイルは一連の連結されたX\&.509証明書、PKCS#7形式の単一データ・ブロックのいずれかとなり、そのエンコーディング形式はバイナリ・エンコーディング形式、Internet RFC 1421標準で規定される印刷可能エンコーディング形式(Base64エンコーディングとも呼ばれる)のいずれかになります。インターネットRFC 1421証明書符号化規格およびhttp://tools\&.ietf\&.org/html/rfc1421を参照してください。
+コマンド行で指定した別名によって表されるキーストア・エントリの秘密鍵に関連付けられた証明書チェーンが完全ではない場合に、使用する証明書チェーンを指定します。これは、証明書チェーン全体を保持するのに十分な領域がないハードウェア・トークン上にキーストアが格納されている場合に発生します。このファイルは一連の連結されたX\&.509証明書、PKCS#7形式の単一データ・ブロックのいずれかとなり、そのエンコーディング形式はバイナリ・エンコーディング形式、Internet RFC 1421標準で規定される印刷可能エンコーディング形式(Base64エンコーディングとも呼ばれる)のいずれかになります。インターネットRFC 1421証明書符号化規格およびhttp://tools\&.ietf\&.org/html/rfc1421を参照してください。
 .RE
 .PP
 \-verbose
 .RS 4
-コマンドラインで\fI\-verbose\fRオプションを指定した場合、冗長モードで動作し、このモードでは、\fIjarsigner\fRは、JARの署名または検証の進行状況に関する追加情報を出力します。
+コマンド行で\fB\-verbose\fRオプションを指定した場合、冗長モードで動作し、このモードでは、\fBjarsigner\fRは、JARの署名または検証の進行状況に関する追加情報を出力します。
 .RE
 .PP
 \-internalsf
 .RS 4
-以前は、JARファイルの署名時に生成された\fI\&.DSA\fR
-(署名ブロック)ファイルに、生成された\fI\&.SF\fRファイル(署名ファイル)のエンコードされた完全なコピーが含まれていました。 この動作は変更されました。出力JARファイル全体のサイズを小さくするために、デフォルトでは\fI\&.DSA\fRファイルには\fI\&.SF\fRファイルのコピーが含まれないようになっています。コマンドラインで\fI\-internalsf\fRを指定した場合、以前と同じように動作します。このオプションは、テストを行う場合に便利です。実際には、\fI\-internalsf\fRオプションは、オーバーヘッドが大きくなるため、使用しないでください。
+以前は、JARファイルの署名時に生成された\fB\&.DSA\fR
+(署名ブロック)ファイルに、生成された\fB\&.SF\fRファイル(署名ファイル)のエンコードされた完全なコピーが含まれていました。 この動作は変更されました。出力JARファイル全体のサイズを小さくするために、デフォルトでは\fB\&.DSA\fRファイルには\fB\&.SF\fRファイルのコピーが含まれないようになっています。コマンド行で\fB\-internalsf\fRを指定した場合、以前と同じように動作します。このオプションは、テストを行う場合に便利です。実際には、\fB\-internalsf\fRオプションは、オーバーヘッドが大きくなるため、使用しないでください。
 .RE
 .PP
 \-sectionsonly
 .RS 4
-コマンドラインで\fI\-sectionsonly\fRオプションを指定した場合、JARファイルの署名時に生成される\fI\&.SF\fRファイル(署名ファイル)には、マニフェスト・ファイル全体のハッシュを含むヘッダーは含まれません。これに含まれるのは、JARファイル内の各ソース・ファイルに関連する情報およびハッシュのみです。署名ファイルを参照してください。
+コマンド行で\fB\-sectionsonly\fRオプションを指定した場合、JARファイルの署名時に生成される\fB\&.SF\fRファイル(署名ファイル)には、マニフェスト・ファイル全体のハッシュを含むヘッダーは含まれません。これに含まれるのは、JARファイル内の各ソース・ファイルに関連する情報およびハッシュのみです。署名ファイルを参照してください。
 .sp
-デフォルトでは、最適化のために、このヘッダーが追加されます。ヘッダーが存在する場合、JARファイルを検証するたびに、検証では、まずヘッダー内のハッシュがマニフェスト・ファイル全体のハッシュと一致するかどうかを確認するためにチェックできます。一致する場合、検証は次の手順に進みます。一致しない場合、\fI\&.SF\fRファイル内の各ソース・ファイル情報セクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致するという、あまり最適化されていない検証を実行する必要があります。JARファイルの検証を参照してください。
+デフォルトでは、最適化のために、このヘッダーが追加されます。ヘッダーが存在する場合、JARファイルを検証するたびに、検証では、まずヘッダー内のハッシュがマニフェスト・ファイル全体のハッシュと一致するかどうかを確認するためにチェックできます。一致する場合、検証は次の手順に進みます。一致しない場合、\fB\&.SF\fRファイル内の各ソース・ファイル情報セクションのハッシュが、マニフェスト・ファイル内の対応するセクションのハッシュと一致するという、あまり最適化されていない検証を実行する必要があります。JARファイルの検証を参照してください。
 .sp
-\fI\-sectionsonly\fRオプションは、主にテスト用に使用されます。これを使用するとオーバーヘッドが大きくなるため、テスト用以外では使用しないでください。
+\fB\-sectionsonly\fRオプションは、主にテスト用に使用されます。これを使用するとオーバーヘッドが大きくなるため、テスト用以外では使用しないでください。
 .RE
 .PP
 \-protected
 .RS 4
-\fItrue\fRまたは\fIfalse\fRのいずれかの値を指定できます。専用PINリーダーなどの保護された認証パスによってパスワードを指定する必要がある場合、\fItrue\fRを指定します。
+\fBtrue\fRまたは\fBfalse\fRのいずれかの値を指定できます。専用PINリーダーなどの保護された認証パスによってパスワードを指定する必要がある場合、\fBtrue\fRを指定します。
 .RE
 .PP
 \-providerClass \fIprovider\-class\-name\fR
 .RS 4
-暗号化サービス・プロバイダが\fIjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイルに指定されていないときは、そのマスター・クラス・ファイルの名前を指定するときに使用されます。
+暗号化サービス・プロバイダが\fBjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイルに指定されていないときは、そのマスター・クラス・ファイルの名前を指定するときに使用されます。
 .sp
-\fI\-providerArg ConfigFilePath\fRオプションとともに使用し、\fIkeytool\fRおよび\fIjarsigner\fRツールは、プロバイダを動的にインストールし、トークン構成ファイルへのパスに\fIConfigFilePath\fRを使用します。次の例は、Oracle PKCS #11プロバイダがセキュリティ・プロパティ・ファイルに構成されていなかった場合に\fIPKCS #11\fRキーストアを一覧表示するコマンドを示しています。
+\fB\-providerArg ConfigFilePath\fRオプションとともに使用し、\fBkeytool\fRおよび\fBjarsigner\fRツールは、プロバイダを動的にインストールし、トークン構成ファイルへのパスに\fIConfigFilePath\fRを使用します。次の例は、Oracle PKCS #11プロバイダがセキュリティ・プロパティ・ファイルに構成されていなかった場合に\fBPKCS #11\fRキーストアを一覧表示するコマンドを示しています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \e
-          \-providerClass sun\&.security\&.pkcs11\&.SunPKCS11 \e
-          \-providerArg /mydir1/mydir2/token\&.config \e
-          \-list
+\fBjarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \e\fR
+\fB          \-providerClass sun\&.security\&.pkcs11\&.SunPKCS11 \e\fR
+\fB          \-providerArg /mydir1/mydir2/token\&.config \e\fR
+\fB          \-list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -733,17 +749,18 @@
 .PP
 \-providerName \fIproviderName\fR
 .RS 4
-\fIjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイル内で2つ以上のプロバイダが構成された場合、\fI\-providerName\fRオプションを使用して、特定のプロバイダ・インスタンスを対象にすることができます。このオプションの引数は、プロバイダの名前です。
+\fBjava\&.security\fRセキュリティ・プロパティ・ファイル内で2つ以上のプロバイダが構成された場合、\fB\-providerName\fRオプションを使用して、特定のプロバイダ・インスタンスを対象にすることができます。このオプションの引数は、プロバイダの名前です。
 .sp
-Oracle PKCS #11プロバイダの場合、\fIproviderName\fRは\fISunPKCS11\-\fR\fITokenName\fRという形式になります。ここで、構成属性の表で詳細に説明されているように、\fITokenName\fRは、プロバイダ・インスタンスが構成された名前の接尾辞です。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\fISmartCard\fRの\fIPKCS #11\fRキーストア・プロバイダ・インスタンスの内容を一覧表示します。
+Oracle PKCS #11プロバイダの場合、\fIproviderName\fRは\fBSunPKCS11\-\fR\fITokenName\fRという形式になります。ここで、構成属性の表で詳細に説明されているように、\fITokenName\fRは、プロバイダ・インスタンスが構成された名前の接尾辞です。たとえば、次のコマンドは、名前接尾辞\fBSmartCard\fRの\fBPKCS #11\fRキーストア・プロバイダ・インスタンスの内容を一覧表示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \e
-        \-providerName SunPKCS11\-SmartCard \e
-        \-list
+\fBjarsigner \-keystore NONE \-storetype PKCS11 \e\fR
+\fB        \-providerName SunPKCS11\-SmartCard \e\fR
+\fB        \-list\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -752,41 +769,41 @@
 .PP
 \-J\fIjavaoption\fR
 .RS 4
-指定された\fIjavaoption\fR文字列をJavaインタプリタに直接渡します。\fIjarsigner\fRコマンドは、インタプリタに対するラッパーです。このオプションには、空白を含めることはできません。このオプションは、実行環境またはメモリー使用を調整する場合に便利です。指定できるインタプリタ・オプションを一覧表示するには、コマンドラインで\fIjava \-h\fRまたは\fIjava \-X\fRと入力してください。
+指定された\fIjavaoption\fR文字列をJavaインタプリタに直接渡します。\fBjarsigner\fRコマンドは、インタプリタに対するラッパーです。このオプションには、空白を含めることはできません。このオプションは、実行環境またはメモリー使用を調整する場合に便利です。指定できるインタプリタ・オプションを一覧表示するには、コマンド行で\fBjava \-h\fRまたは\fBjava \-X\fRと入力してください。
 .RE
 .PP
 \-tsa \fIurl\fR
 .RS 4
-\fI\-tsa http://example\&.tsa\&.url\fRがJARファイルの署名時にコマンドラインにある場合、署名のタイムスタンプが生成されます。URL
-\fIhttp://example\&.tsa\&.url\fRは、Time Stamping Authority (TSA)の場所を特定し、\fI\-tsacert\fRオプションを指定して検出されたURLをオーバーライドします。\fI\-tsa\fRオプションでは、TSAの公開鍵証明書をキーストアに配置する必要はありません。
+\fB\-tsa http://example\&.tsa\&.url\fRがJARファイルの署名時にコマンド行にある場合、署名のタイムスタンプが生成されます。URL
+\fBhttp://example\&.tsa\&.url\fRは、Time Stamping Authority (TSA)の場所を特定し、\fB\-tsacert\fRオプションを指定して検出されたURLをオーバーライドします。\fB\-tsa\fRオプションでは、TSAの公開鍵証明書をキーストアに配置する必要はありません。
 .sp
-タイムスタンプを生成するために、\fIjarsigner\fRは、RFC 3161で定義されているタイムスタンプ・プロトコル(TSP)を使用してTSAと通信します。成功すると、TSAによって返されたタイムスタンプ・トークンは、署名ブロック・ファイルの署名とともに保存されます。
+タイムスタンプを生成するために、\fBjarsigner\fRは、RFC 3161で定義されているタイムスタンプ・プロトコル(TSP)を使用してTSAと通信します。成功すると、TSAによって返されたタイムスタンプ・トークンは、署名ブロック・ファイルの署名とともに保存されます。
 .RE
 .PP
 \-tsacert \fIalias\fR
 .RS 4
-\fI\-tsacert alias\fRがJARファイルの署名時にコマンドラインにある場合、署名のタイムスタンプが生成されます。別名は、キーストア内の有効なTSAの公開鍵証明書を特定します。エントリの証明書で、TSAの場所を特定するURLを含むSubject Information Access拡張機能が確認されます。
+\fB\-tsacert alias\fRがJARファイルの署名時にコマンド行にある場合、署名のタイムスタンプが生成されます。別名は、キーストア内の有効なTSAの公開鍵証明書を特定します。エントリの証明書で、TSAの場所を特定するURLを含むSubject Information Access拡張機能が確認されます。
 .sp
-\fI\-tsacert\fRオプションを使用する場合は、TSAの公開鍵証明書がキーストアに配置されている必要があります。
+\fB\-tsacert\fRオプションを使用する場合は、TSAの公開鍵証明書がキーストアに配置されている必要があります。
 .RE
 .PP
 \-tsapolicyid \fIpolicyid\fR
 .RS 4
 TSAサーバーに送信するポリシーIDを識別するオブジェクト識別子(OID)を指定します。このオプションを指定しない場合、ポリシーIDは送信されず、TSAサーバーはデフォルトのポリシーIDを選択します。
 .sp
-オブジェクト識別子は、ITU Telecommunication Standardization Sector (ITU\-T)標準であるX\&.696によって定義されます。これらの識別子は、通常、\fI1\&.2\&.3\&.4\fRなどの、負ではない数字のピリオド区切りのセットです。
+オブジェクト識別子は、ITU Telecommunication Standardization Sector (ITU\-T)標準であるX\&.696によって定義されます。これらの識別子は、通常、\fB1\&.2\&.3\&.4\fRなどの、負ではない数字のピリオド区切りのセットです。
 .RE
 .PP
 \-altsigner \fIclass\fR
 .RS 4
-このオプションは、代替署名メカニズムを指定します。完全修飾クラス名は、\fIcom\&.sun\&.jarsigner\&.ContentSigner\fR抽象クラスを拡張するクラス・ファイルを識別します。このクラス・ファイルへのパスは、\fI\-altsignerpath\fRオプションによって定義されます。\fI\-altsigner\fRオプションを使用した場合、\fIjarsigner\fRコマンドでは、指定されたクラスによって提供される署名メカニズムを使用します。それ以外の場合、\fIjarsigner\fRコマンドはデフォルトの署名メカニズムを使用します。
+このオプションは、代替署名メカニズムを指定します。完全修飾クラス名は、\fBcom\&.sun\&.jarsigner\&.ContentSigner\fR抽象クラスを拡張するクラス・ファイルを識別します。このクラス・ファイルへのパスは、\fB\-altsignerpath\fRオプションによって定義されます。\fB\-altsigner\fRオプションを使用した場合、\fBjarsigner\fRコマンドでは、指定されたクラスによって提供される署名メカニズムを使用します。それ以外の場合、\fBjarsigner\fRコマンドはデフォルトの署名メカニズムを使用します。
 .sp
-たとえば、\fIcom\&.sun\&.sun\&.jarsigner\&.AuthSigner\fRという名前のクラスが提供する署名メカニズムを使用するには、jarsignerのオプション\fI\-altsigner com\&.sun\&.jarsigner\&.AuthSigner\fRを使用します。
+たとえば、\fBcom\&.sun\&.sun\&.jarsigner\&.AuthSigner\fRという名前のクラスが提供する署名メカニズムを使用するには、jarsignerのオプション\fB\-altsigner com\&.sun\&.jarsigner\&.AuthSigner\fRを使用します。
 .RE
 .PP
 \-altsignerpath \fIclasspathlist\fR
 .RS 4
-クラス・ファイルおよびそれが依存するJARファイルへのパスを指定します。\fI\-altsigner\fRオプションを使用して、クラス・ファイル名を指定します。クラス・ファイルがJARファイル内にある場合、このオプションでは、そのJARファイルへのパスを指定します。
+クラス・ファイルおよびそれが依存するJARファイルへのパスを指定します。\fB\-altsigner\fRオプションを使用して、クラス・ファイル名を指定します。クラス・ファイルがJARファイル内にある場合、このオプションでは、そのJARファイルへのパスを指定します。
 .sp
 絶対パスまたは現在のディレクトリへの相対パスを指定できます。\fIclasspathlist\fRに複数のパスやJARファイルが含まれる場合、それらを、Oracle Solarisの場合はコロン(:)で、Windowsの場合はセミコロン(;)で、それぞれ区切ります。目的のクラスがすでに検索パス内にある場合は、このオプションは不要です。
 .sp
@@ -796,7 +813,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-altsignerpath /home/user/lib/authsigner\&.jar
+\fB\-altsignerpath /home/user/lib/authsigner\&.jar\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -807,7 +825,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-altsignerpath /home/user/classes/com/sun/tools/jarsigner/
+\fB\-altsignerpath /home/user/classes/com/sun/tools/jarsigner/\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -821,23 +840,23 @@
 .PP
 \-verbose \fIsuboptions\fR
 .RS 4
-検証処理の場合、\fI\-verbose\fRオプションには、表示する情報の量を決定するサブオプションを指定します。\fI\-certs\fRオプションも指定した場合、デフォルト・モード(またはサブオプション\fIall\fR)では、エントリが処理されるたびに各エントリが表示され、その後にJARファイルの各署名者の証明書情報も表示されます。\fI\-certs\fRおよび\fI\-verbose:grouped\fRサブオプションを指定した場合、同じ署名者情報を持つエントリが、その証明書情報とともに、グループ化されて表示されます。\fI\-certs\fRおよび\fI\-verbose:summary\fRサブオプションを指定した場合、同じ署名者情報を持つエントリが、その証明書情報とともに、グループ化されて表示されます。各エントリの詳細は、\fI1つのエントリ(以上)\fRにまとめられて表示されます。例を参照してください。
+検証処理の場合、\fB\-verbose\fRオプションには、表示する情報の量を決定するサブオプションを指定します。\fB\-certs\fRオプションも指定した場合、デフォルト・モード(またはサブオプション\fBall\fR)では、エントリが処理されるたびに各エントリが表示され、その後にJARファイルの各署名者の証明書情報も表示されます。\fB\-certs\fRおよび\fB\-verbose:grouped\fRサブオプションを指定した場合、同じ署名者情報を持つエントリが、その証明書情報とともに、グループ化されて表示されます。\fB\-certs\fRおよび\fB\-verbose:summary\fRサブオプションを指定した場合、同じ署名者情報を持つエントリが、その証明書情報とともに、グループ化されて表示されます。各エントリの詳細は、\fI1つのエントリ(以上)\fRにまとめられて表示されます。例を参照してください。
 .RE
 .SH "エラーと警告"
 .PP
-署名または検証プロセス中に、\fIjarsigner\fRコマンドで、様々なエラーまたは警告が発行される可能性があります。
+署名または検証プロセス中に、\fBjarsigner\fRコマンドで、様々なエラーまたは警告が発行される可能性があります。
 .PP
-障害がある場合、\fIjarsigner\fRコマンドはコード1で終了します。障害はないが、1つ以上の重大な警告がある場合、\fI\-strict\fRオプションが指定されて\fBいない\fR場合は、\fIjarsigner\fRコマンドはコード0で終了し、\fI\-strict\fRが指定されている場合は警告コードのOR値で終了します。情報警告のみがある、または警告がまったくない場合、コマンドは常にコード0で終了します。
+障害がある場合、\fBjarsigner\fRコマンドはコード1で終了します。障害はないが、1つ以上の重大な警告がある場合、\fB\-strict\fRオプションが指定されて\fBいない\fR場合は、\fBjarsigner\fRコマンドはコード0で終了し、\fB\-strict\fRが指定されている場合は警告コードのOR値で終了します。情報警告のみがある、または警告がまったくない場合、コマンドは常にコード0で終了します。
 .PP
-たとえば、エントリの署名に使用される証明書が期限切れで、ファイルの署名を許可しないKeyUsage拡張機能を使用している場合、\fI\-strict\fRオプションが指定されていると、\fIjarsigner\fRコマンドはコード12 (=4+8)で終了します。
+たとえば、エントリの署名に使用される証明書が期限切れで、ファイルの署名を許可しないKeyUsage拡張機能を使用している場合、\fB\-strict\fRオプションが指定されていると、\fBjarsigner\fRコマンドはコード12 (=4+8)で終了します。
 .PP
 \fB注意:\fR
-UNIXベースのオペレーティング・システムでは0から255までの値のみが有効のため、終了コードは再利用されます。
+Solaris、LinuxおよびOS Xでは0から255までの値のみが有効のため、終了コードは再利用されます。
 .PP
-次のセクションでは、\fIjarsigner\fRコマンドにより発行できるエラーおよび警告の名前、コード、説明を記述します。
+次のセクションでは、\fBjarsigner\fRコマンドにより発行できるエラーおよび警告の名前、コード、説明を記述します。
 .SS "障害"
 .PP
-コマンドライン解析エラー、JARファイルに署名する鍵ペアを検索できない、または署名付きJARファイルの検証失敗など(限定されません)、\fIjarsigner\fRコマンドの失敗理由。
+コマンド行解析エラー、JARファイルに署名する鍵ペアを検索できない、または署名付きJARファイルの検証失敗など(限定されません)、\fBjarsigner\fRコマンドの失敗理由。
 .PP
 failure
 .RS 4
@@ -846,9 +865,9 @@
 .SS "重大な警告"
 .PP
 \fB注意:\fR
-\fI\-strict\fRオプションを指定した場合、重大な警告はエラーとして報告されます。
+\fB\-strict\fRオプションを指定した場合、重大な警告はエラーとして報告されます。
 .PP
-JARファイルの署名に使用する証明書にエラーがある、または署名付きJARファイルに他の問題があるなど、\fIjarsigner\fRコマンドが重大な警告を発行する理由。
+JARファイルの署名に使用する証明書にエラーがある、または署名付きJARファイルに他の問題があるなど、\fBjarsigner\fRコマンドが重大な警告を発行する理由。
 .PP
 hasExpiredCert
 .RS 4
@@ -862,7 +881,7 @@
 .PP
 chainNotValidated
 .RS 4
-コード4。このjarには、証明書チェーンが正しく検証できないエントリが含まれています。
+コード4。このjarには、証明書チェーンが検証されていないエントリが含まれています。
 .RE
 .PP
 badKeyUsage
@@ -905,27 +924,28 @@
 .PP
 noTimestamp
 .RS 4
-このjarには、タイムスタンプを含まない署名が含まれています。タイムスタンプなしでは、署名者証明書の有効期限(\fIYYYY\-MM\-DD\fR)後または将来の取消日後、ユーザーはこのJARファイルを検証できない場合があります。
+このjarには、タイムスタンプを含まない署名が含まれています。タイムスタンプなしでは、署名者証明書の有効期限(\fBYYYY\-MM\-DD\fR)後または将来の取消日後、ユーザーはこのJARファイルを検証できない場合があります。
 .RE
 .SH "例"
 .SS "JARファイルの署名"
 .PP
-次のコマンドを使用して、キーストア別名が\fIworking\fRディレクトリの\fImystore\fRという名前のキーストアにある\fIjane\fRであるユーザーの秘密鍵でbundle\&.jarに署名し、署名付きJARファイルに\fIsbundle\&.jar\fRという名前を付けます。
+次のコマンドを使用して、キーストア別名が\fBworking\fRディレクトリの\fBmystore\fRという名前のキーストアにある\fBjane\fRであるユーザーの秘密鍵でbundle\&.jarに署名し、署名付きJARファイルに\fBsbundle\&.jar\fRという名前を付けます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore
-    \-storepass <keystore password>
-    \-keypass <private key password>
-    \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane
+\fBjarsigner \-keystore /working/mystore\fR
+\fB    \-storepass <keystore password>\fR
+\fB    \-keypass <private key password>\fR
+\fB    \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-前述のコマンドでは\fI\-sigfile\fRが指定されていないため、署名付きJARファイルに格納される生成された\fI\&.SF\fRファイルおよび\fI\&.DSA\fRファイルの名前は、別名に基づいたデフォルトの名前になります。これらは、名前付きの\fIJANE\&.SF\fRおよび\fIJANE\&.DSA\fRです。
+前述のコマンドでは\fB\-sigfile\fRが指定されていないため、署名付きJARファイルに格納される生成された\fB\&.SF\fRファイルおよび\fB\&.DSA\fRファイルの名前は、別名に基づいたデフォルトの名前になります。これらは、名前付きの\fBJANE\&.SF\fRおよび\fBJANE\&.DSA\fRです。
 .PP
 ストアのパスワードおよび秘密鍵のパスワードを求められる場合、前述のコマンドを短縮して、次のことを実行できます。
 .sp
@@ -933,8 +953,9 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore
-    \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane
+\fBjarsigner \-keystore /working/mystore\fR
+\fB    \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -946,19 +967,21 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane
+\fBjarsigner \-signedjar sbundle\&.jar bundle\&.jar jane\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-入力JARファイル(bundle\&.jar)を署名付きJARファイルで上書きする場合、次のように\fI\-signedjar\fRオプションを指定する必要はありません。
+入力JARファイル(bundle\&.jar)を署名付きJARファイルで上書きする場合、次のように\fB\-signedjar\fRオプションを指定する必要はありません。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner bundle\&.jar jane
+\fBjarsigner bundle\&.jar jane\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -971,66 +994,69 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-verify sbundle\&.jar
+\fBjarsigner \-verify sbundle\&.jar\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-検証が成功すると、\fIjar verified\fRが表示されます。そうでない場合は、エラー・メッセージが表示されます。\fI\-verbose\fRオプションを使用すると、詳細情報を取得できます。\fIjarsigner\fRを\fI\-verbose\fRオプションとともに使用するサンプルを、次に示します。
+検証が成功すると、\fBjar verified\fRが表示されます。そうでない場合は、エラー・メッセージが表示されます。\fB\-verbose\fRオプションを使用すると、詳細情報を取得できます。\fBjarsigner\fRを\fB\-verbose\fRオプションとともに使用するサンプルを、次に示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-verify \-verbose sbundle\&.jar
+\fBjarsigner \-verify \-verbose sbundle\&.jar\fR
+\fB \fR
+\fB           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST\&.MF\fR
+\fB           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.SF\fR
+\fB          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.DSA\fR
+\fB    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 AclEx\&.class\fR
+\fB    smk    849 Fri Sep 26 16:12:46 PDT 1997 test\&.class\fR
+\fB \fR
+\fB      s = signature was verified\fR
+\fB      m = entry is listed in manifest\fR
+\fB      k = at least one certificate was found in keystore\fR
+\fB \fR
+\fB    jar verified\&.\fR
  
-           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST\&.MF
-           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.SF
-          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.DSA
-    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 AclEx\&.class
-    smk    849 Fri Sep 26 16:12:46 PDT 1997 test\&.class
- 
-      s = signature was verified
-      m = entry is listed in manifest
-      k = at least one certificate was found in keystore
- 
-    jar verified\&.
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SS "証明書情報を使用した検証"
 .PP
-\fI\-certs\fRオプションを\fI\-verify\fRおよび\fI\-verbose\fRオプションとともに指定した場合、JARファイルの各署名者の証明書情報が出力に含まれます。この情報には、証明書タイプ、署名者の識別名情報(X\&.509証明書の場合)が含まれ、丸カッコ内には、JARファイルの公開鍵証明書がキーストア・エントリの公開鍵証明書に一致する場合の署名者のキーストア別名が含まれます。たとえば、次のようになります。
+\fB\-certs\fRオプションを\fB\-verify\fRおよび\fB\-verbose\fRオプションとともに指定した場合、JARファイルの各署名者の証明書情報が出力に含まれます。この情報には、証明書タイプ、署名者の識別名情報(X\&.509証明書の場合)が含まれ、丸カッコ内には、JARファイルの公開鍵証明書がキーストア・エントリの公開鍵証明書に一致する場合の署名者のキーストア別名が含まれます。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-jarsigner \-keystore /working/mystore \-verify \-verbose \-certs myTest\&.jar
+\fBjarsigner \-keystore /working/mystore \-verify \-verbose \-certs myTest\&.jar\fR
+\fB \fR
+\fB           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST\&.MF\fR
+\fB           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.SF\fR
+\fB          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.DSA\fR
+\fB           208 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST\&.SF\fR
+\fB          1087 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST\&.DSA\fR
+\fB    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 Tst\&.class\fR
+\fB \fR
+\fB      X\&.509, CN=Test Group, OU=Java Software, O=Oracle, L=CUP, S=CA, C=US (javatest)\fR
+\fB      X\&.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Oracle, L=cup, S=ca, C=us (jane)\fR
+\fB \fR
+\fB      s = signature was verified\fR
+\fB      m = entry is listed in manifest\fR
+\fB      k = at least one certificate was found in keystore\fR
+\fB \fR
+\fB    jar verified\&.\fR
  
-           198 Fri Sep 26 16:14:06 PDT 1997 META\-INF/MANIFEST\&.MF
-           199 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.SF
-          1013 Fri Sep 26 16:22:10 PDT 1997 META\-INF/JANE\&.DSA
-           208 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST\&.SF
-          1087 Fri Sep 26 16:23:30 PDT 1997 META\-INF/JAVATEST\&.DSA
-    smk   2752 Fri Sep 26 16:12:30 PDT 1997 Tst\&.class
- 
-      X\&.509, CN=Test Group, OU=Java Software, O=Oracle, L=CUP, S=CA, C=US (javatest)
-      X\&.509, CN=Jane Smith, OU=Java Software, O=Oracle, L=cup, S=ca, C=us (jane)
- 
-      s = signature was verified
-      m = entry is listed in manifest
-      k = at least one certificate was found in keystore
- 
-    jar verified\&.
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-署名者の証明書がX\&.509証明書ではない場合、識別名情報は表示されません。その場合には、証明書のタイプと別名のみが表示されます。たとえば、証明書がPGP証明書で、別名が\fIbob\fRである場合、\fIPGP, (bob)\fRを取得します。
+署名者の証明書がX\&.509証明書ではない場合、識別名情報は表示されません。その場合には、証明書のタイプと別名のみが表示されます。たとえば、証明書がPGP証明書で、別名が\fBbob\fRである場合、\fBPGP, (bob)\fRを取得します。
 .SH "関連項目"
 .sp
 .RS 4
--- a/src/linux/doc/man/ja/java.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/java.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: java
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1994, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,8 +21,16 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
-.TH "java" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
+.\" Title: java
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2014年8月8日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
+.TH "java" "1" "2014年8月8日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
 .\" -----------------------------------------------------------------
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 java \- Javaアプリケーションを起動します。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjava\fR [\fIoptions\fR] \fIclassname\fR [\fIargs\fR]
+\fBjava\fR [\fIoptions\fR] \fIclassname\fR [\fIargs\fR]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -66,7 +68,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjava\fR [\fIoptions\fR] \fI\-jar\fR \fIfilename\fR [\fIargs\fR]
+\fBjava\fR [\fIoptions\fR] \fB\-jar\fR \fIfilename\fR [\fIargs\fR]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -74,7 +76,7 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-空白で区切られたコマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+空白で区切られたコマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \fIclassname\fR
@@ -84,37 +86,38 @@
 .PP
 \fIfilename\fR
 .RS 4
-呼び出されるJavaアーカイブ(JAR)ファイルの名前。\fI\-jar\fRオプションと一緒にのみ使用します。
+呼び出されるJavaアーカイブ(JAR)ファイルの名前。\fB\-jar\fRオプションと一緒にのみ使用します。
 .RE
 .PP
 \fIargs\fR
 .RS 4
-空白で区切られた\fImain()\fRメソッドに渡される引数。
+空白で区切られた\fBmain()\fRメソッドに渡される引数。
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIjava\fRコマンドはJavaアプリケーションを開始します。Java Runtime Environment (JRE)を起動した後、指定したクラスをロードし、そのクラスの\fImain()\fRメソッドを呼び出すことにより、これを行います。このメソッドは、\fIpublic\fRおよび\fIstatic\fRとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、\fIString\fR配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッド宣言は次の形式を含みます。
+\fBjava\fRコマンドはJavaアプリケーションを開始します。Java Runtime Environment (JRE)を起動した後、指定したクラスをロードし、そのクラスの\fBmain()\fRメソッドを呼び出すことにより、これを行います。このメソッドは、\fIpublic\fRおよび\fIstatic\fRとして宣言する必要があります。また、値は返せません。さらに、\fBString\fR配列をパラメータとして指定できる必要があります。メソッド宣言は次の形式を含みます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public static void main(String[] args)
+\fBpublic static void main(String[] args)\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIjava\fRコマンドを使用して、\fImain()\fRメソッドがあるか\fIjavafx\&.application\&.Application\fRを拡張するクラスをロードすることで、JavaFXアプリケーションを起動できます。後者の場合、起動ツールは\fIApplication\fRクラスのインスタンスを構成し、その\fIinit()\fRメソッドをコールし、\fIstart(javafx\&.stage\&.Stage)\fRメソッドをコールします。
+\fBjava\fRコマンドを使用して、\fBmain()\fRメソッドがあるか\fBjavafx\&.application\&.Application\fRを拡張するクラスをロードすることで、JavaFXアプリケーションを起動できます。後者の場合、起動ツールは\fBApplication\fRクラスのインスタンスを構成し、その\fBinit()\fRメソッドをコールし、\fBstart(javafx\&.stage\&.Stage)\fRメソッドをコールします。
 .PP
-デフォルトでは、\fIjava\fRコマンドのオプションではない最初の引数は、呼び出されるクラスの完全修飾名です。\fI\-jar\fRオプションを指定した場合、その引数は、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含むJARファイルの名前になります。起動クラスは、ソース・コードの\fIMain\-Class\fRマニフェスト・ヘッダーによって指定される必要があります。
+デフォルトでは、\fBjava\fRコマンドのオプションではない最初の引数は、呼び出されるクラスの完全修飾名です。\fB\-jar\fRオプションを指定した場合、その引数は、アプリケーションのクラス・ファイルとリソース・ファイルを含むJARファイルの名前になります。起動クラスは、ソース・コードの\fBMain\-Class\fRマニフェスト・ヘッダーによって指定される必要があります。
 .PP
 JREは、ブートストラップ・クラス・パス、インストール済拡張機能およびユーザーのクラス・パスの3箇所から、起動クラス(およびアプリケーションで使用されている他のクラス)を検索します。
 .PP
-クラス・ファイル名またはJARファイル名の後の引数は、\fImain()\fRメソッドに渡されます。
+クラス・ファイル名またはJARファイル名の後の引数は、\fBmain()\fRメソッドに渡されます。
 .SH "オプション"
 .PP
-\fIjava\fRコマンドは、次のカテゴリに分類できる広範なオプションをサポートしています。
+\fBjava\fRコマンドは、次のカテゴリに分類できる広範なオプションをサポートしています。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -184,15 +187,15 @@
 .PP
 標準のオプションは、Java Virtual Machine (JVM)のすべての実装でサポートすることが保証されます。これらは、JREのバージョンの確認、クラス・パスの設定、冗長な出力の有効化などの一般的なアクションに使用されます。
 .PP
-標準以外のオプションは、Java HotSpot仮想マシンに固有の汎用オプションであるため、すべてのJVM実装でサポートされることは保証されず、変更される可能性があります。これらのオプションは\fI\-X\fRで開始します。
+標準以外のオプションは、Java HotSpot仮想マシンに固有の汎用オプションであるため、すべてのJVM実装でサポートされることは保証されず、変更される可能性があります。これらのオプションは\fB\-X\fRで開始します。
 .PP
-拡張オプションは、不用意に使用しないことをお薦めします。これらは、特定のシステム要件を持つことが多く、システム構成パラメータへの特権アクセスが必要な場合があるJava HotSpot仮想マシン操作の特定の領域を調整するために使用される開発者オプションです。これらは、すべてのJVM実装でサポートされることは保証されず、変更される可能性があります。拡張オプションは\fI\-XX\fRで始まります。
+拡張オプションは、不用意に使用しないことをお薦めします。これらは、特定のシステム要件を持つことが多く、システム構成パラメータへの特権アクセスが必要な場合があるJava HotSpot仮想マシン操作の特定の領域を調整するために使用される開発者オプションです。これらは、すべてのJVM実装でサポートされることは保証されず、変更される可能性があります。拡張オプションは\fB\-XX\fRで始まります。
 .PP
 最新リリースで非推奨または削除されるオプションを追跡するために、ドキュメントの最後に非推奨で削除されたオプションという名前のセクションがあります。
 .PP
-ブール・オプションは、デフォルトで無効になっている機能を有効にしたり、デフォルトで有効になっている機能を無効にするために使用されます。このようなオプションは、パラメータを必要としません。ブール値\fI\-XX\fRオプションは、プラス記号(\fI\-XX:+\fR\fIOptionName\fR)を使用して有効にし、マイナス記号(\fI\-XX:\-\fR\fIOptionName\fR)を使用して無効にします。
+ブール・オプションは、デフォルトで無効になっている機能を有効にしたり、デフォルトで有効になっている機能を無効にするために使用されます。このようなオプションは、パラメータを必要としません。ブール値\fB\-XX\fRオプションは、プラス記号(\fB\-XX:+\fR\fIOptionName\fR)を使用して有効にし、マイナス記号(\fB\-XX:\-\fR\fIOptionName\fR)を使用して無効にします。
 .PP
-引数が必要なオプションの場合、引数は、オプション名を空白、コロン(:)または等号(=)で区切ったものになるか、あるいは引数がオプションの後に直接続く場合もあります(正確な構文は各オプションによって異なります)。サイズをバイト単位で指定するよう求められている場合、接尾辞を使用しないか、あるいはキロバイト(KB)には接尾辞\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイト(MB)には接尾辞\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイト(GB)には接尾辞\fIg\fRまたは\fIG\fRを使用します。たとえば、サイズを8GBに設定するには、\fI8g\fR、\fI8192m\fR、\fI8388608k\fRまたは\fI8589934592\fRのいずれかを引数として指定できます。パーセントの指定が必要な場合は、0から1の数値を使用します(たとえば、25%の場合は\fI0\&.25\fRを指定します)。
+引数が必要なオプションの場合、引数は、オプション名を空白、コロン(:)または等号(=)で区切ったものになるか、あるいは引数がオプションの後に直接続く場合もあります(正確な構文は各オプションによって異なります)。サイズをバイト単位で指定するよう求められている場合、接尾辞を使用しないか、あるいはキロバイト(KB)には接尾辞\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイト(MB)には接尾辞\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイト(GB)には接尾辞\fBg\fRまたは\fBG\fRを使用します。たとえば、サイズを8GBに設定するには、\fB8g\fR、\fB8192m\fR、\fB8388608k\fRまたは\fB8589934592\fRのいずれかを引数として指定できます。パーセントの指定が必要な場合は、0から1の数値を使用します(たとえば、25%の場合は\fB0\&.25\fRを指定します)。
 .SS "標準オプション"
 .PP
 これらは、JVMのすべての実装でサポートされる最も一般的に使用されるオプションです。
@@ -201,7 +204,7 @@
 .RS 4
 指定したネイティブ・エージェント・ライブラリをロードします。ライブラリ名の後に、ライブラリに固有のオプションのカンマ区切りリストを使用できます。
 .sp
-オプション\fI\-agentlib:foo\fRを指定した場合、JVMは、\fILD_LIBRARY_PATH\fRシステム変数(OS Xでは、この変数は\fIDYLD_LIBRARY_PATH\fRになります)で指定された場所に\fIlibfoo\&.so\fRという名前のライブラリをロードしようとします。
+オプション\fB\-agentlib:foo\fRを指定した場合、JVMは、\fBLD_LIBRARY_PATH\fRシステム変数(OS Xでは、この変数は\fBDYLD_LIBRARY_PATH\fRになります)で指定された場所に\fBlibfoo\&.so\fRという名前のライブラリをロードしようとします。
 .sp
 次の例では、スタックの深さ3で、20ミリ秒ごとにヒープ・プロファイリング・ツール(HPROF)ライブラリをロードして、サンプルのCPU情報を取得する方法を示します。
 .sp
@@ -209,7 +212,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-agentlib:hprof=cpu=samples,interval=20,depth=3
+\fB\-agentlib:hprof=cpu=samples,interval=20,depth=3\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -220,7 +224,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,address=8000
+\fB\-agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,address=8000\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -235,7 +240,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary\&.htmlにある\fIjava\&.lang\&.instrument\fRパッケージの説明
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary\&.htmlにある\fBjava\&.lang\&.instrument\fRパッケージの説明
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -246,13 +251,13 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#startingにあるJVMツール・インタフェース・ガイドのエージェントのコマンドライン・オプションに関する項
+http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/platform/jvmti/jvmti\&.html#startingにあるJVMツール・インタフェース・ガイドのエージェントのコマンド行オプションに関する項
 .RE
 .RE
 .PP
 \-agentpath:\fIpathname\fR[=\fIoptions\fR]
 .RS 4
-絶対パス名で指定されたネイティブ・エージェント・ライブラリをロードします。このオプションは\fI\-agentlib\fRと同等ですが、ライブラリのフル・パスおよびファイル名を使用します。
+絶対パス名で指定されたネイティブ・エージェント・ライブラリをロードします。このオプションは\fB\-agentlib\fRと同等ですが、ライブラリのフル・パスおよびファイル名を使用します。
 .RE
 .PP
 \-client
@@ -266,7 +271,7 @@
 \-D\fIproperty\fR=\fIvalue\fR
 .RS 4
 システム・プロパティの値を設定します。\fIproperty\fR変数は、プロパティの名前を表す、空白のない文字列です。\fIvalue\fR変数は、プロパティの値を表す文字列です。\fIvalue\fRが空白を含む文字列の場合、それを引用符で囲みます(例:
-\fI\-Dfoo="foo bar"\fR)。
+\fB\-Dfoo="foo bar"\fR)。
 .RE
 .PP
 \-d32
@@ -278,79 +283,91 @@
 .RS 4
 アプリケーションを64ビット環境で実行します。64ビット環境がインストールされていないかサポートされていない場合は、エラーが報告されます。デフォルトでは、64ビット・システムが使用されている場合を除き、アプリケーションは32ビット環境で実行されます。
 .sp
-現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\fI\-d64\fR使用時には\fI\-server\fRオプションが暗黙的に使用されます。\fI\-d64\fR使用時には、\fI\-client\fRオプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
+現在のところ、Java HotSpot Server VMのみが64ビットの操作をサポートしているため、\fB\-d64\fR使用時には\fB\-server\fRオプションが暗黙的に使用されます。\fB\-d64\fR使用時には、\fB\-client\fRオプションは無視されます。この仕様は、将来のリリースでは変更になる可能性があります。
 .RE
 .PP
-\-disableassertions[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR], \-da[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
+\-disableassertions[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
+.br
+\-da[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
 .RS 4
 アサーションを無効にします。デフォルトでは、アサーションはすべてのパッケージおよびクラスで無効になっています。
 .sp
-引数なしの\fI\-disableassertions\fR
-(\fI\-da\fR)を指定すると、すべてのパッケージおよびクラスでアサーションが無効になります。\fI\&.\&.\&.\fRで終わる\fIpackagename\fR引数を指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として\fI\&.\&.\&.\fRのみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。\fIclassname\fR引数を指定すると、切替えによって、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
+引数なしの\fB\-disableassertions\fR
+(\fB\-da\fR)を指定すると、すべてのパッケージおよびクラスでアサーションが無効になります。\fB\&.\&.\&.\fRで終わる\fIpackagename\fR引数を指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが無効になります。引数として\fB\&.\&.\&.\fRのみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが無効になります。\fIclassname\fR引数を指定すると、切替えによって、指定したクラス内でアサーションが無効になります。
 .sp
-\fI\-disableassertions\fR
-(\fI\-da\fR)オプションは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます(システム・クラスにはクラス・ローダーはありません)。このルールには1つ例外があります。オプションの引数が指定されていない場合は、システム・クラスに適用されません。これにより、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に無効にすることができます。\fI\-disablesystemassertions\fRオプションを使用すると、すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にすることができます。
+\fB\-disableassertions\fR
+(\fB\-da\fR)オプションは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます(システム・クラスにはクラス・ローダーはありません)。このルールには1つ例外があります。オプションの引数が指定されていない場合は、システム・クラスに適用されません。これにより、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に無効にすることができます。\fB\-disablesystemassertions\fRオプションを使用すると、すべてのシステム・クラスでアサーションを無効にすることができます。
 .sp
-特定のパッケージやクラスでアサーションを明示的に有効にするには、\fI\-enableassertions\fR
-(\fI\-ea\fR)オプションを使用します。両方のオプションを同時に使用できます。たとえば、パッケージ\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\fR
-(およびそのサブパッケージ)ではアサーションを有効にして、クラス\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fRではアサーションを無効にして、\fIMyClass\fRアプリケーションを実行するには、次のコマンドを使用します。
+特定のパッケージやクラスでアサーションを明示的に有効にするには、\fB\-enableassertions\fR
+(\fB\-ea\fR)オプションを使用します。両方のオプションを同時に使用できます。たとえば、パッケージ\fBcom\&.wombat\&.fruitbat\fR
+(およびそのサブパッケージ)ではアサーションを有効にして、クラス\fBcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fRではアサーションを無効にして、\fBMyClass\fRアプリケーションを実行するには、次のコマンドを使用します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat MyClass
+\fBjava \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat MyClass\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\-disablesystemassertions, \-dsa
+\-disablesystemassertions
+.br
+\-dsa
 .RS 4
 すべてのシステム・クラス内でアサーションを無効にします。
 .RE
 .PP
-\-enableassertions[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR], \-ea[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
+\-enableassertions[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
+.br
+\-ea[:[\fIpackagename\fR]\&.\&.\&.|:\fIclassname\fR]
 .RS 4
 アサーションを有効にします。デフォルトでは、アサーションはすべてのパッケージおよびクラスで無効になっています。
 .sp
-引数なしの\fI\-enableassertions\fR
-(\fI\-ea\fR)を指定すると、すべてのパッケージおよびクラスでアサーションが有効になります。\fI\&.\&.\&.\fRで終わる\fIpackagename\fR引数を指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として\fI\&.\&.\&.\fRのみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。\fIclassname\fR引数を指定すると、切替えによって、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
+引数なしの\fB\-enableassertions\fR
+(\fB\-ea\fR)を指定すると、すべてのパッケージおよびクラスでアサーションが有効になります。\fB\&.\&.\&.\fRで終わる\fIpackagename\fR引数を指定すると、指定したパッケージとそのサブパッケージ内でアサーションが有効になります。引数として\fB\&.\&.\&.\fRのみを指定すると、現在の作業ディレクトリにある名前のないパッケージ内でアサーションが有効になります。\fIclassname\fR引数を指定すると、切替えによって、指定したクラス内でアサーションが有効になります。
 .sp
-\fI\-enableassertions\fR
-(\fI\-ea\fR)オプションは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます(システム・クラスにはクラス・ローダーはありません)。このルールには1つ例外があります。オプションの引数が指定されていない場合は、システム・クラスに適用されません。これにより、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fI\-enablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
+\fB\-enableassertions\fR
+(\fB\-ea\fR)オプションは、すべてのクラス・ローダーおよびシステム・クラスに適用されます(システム・クラスにはクラス・ローダーはありません)。このルールには1つ例外があります。オプションの引数が指定されていない場合は、システム・クラスに適用されません。これにより、システム・クラスを除くすべてのクラスでアサーションを簡単に有効にすることができます。\fB\-enablesystemassertions\fRオプションは、すべてのシステム・クラスでアサーションを有効にする別のスイッチを提供します。
 .sp
-特定のパッケージやクラスでアサーションを明示的に無効にするには、\fI\-disableassertions\fR
-(\fI\-da\fR)オプションを使用します。単一コマンドにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。たとえば、パッケージ\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\fR
-(およびそのサブパッケージ)でのみアサーションを有効にして、クラス\fIcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fRではアサーションを無効にして、\fIMyClass\fRアプリケーションを実行するには、次のコマンドを使用します。
+特定のパッケージやクラスでアサーションを明示的に無効にするには、\fB\-disableassertions\fR
+(\fB\-da\fR)オプションを使用します。単一コマンドにこれらのスイッチのインスタンスを複数指定した場合は、指定したスイッチが順番に処理されてからクラスがロードされます。たとえば、パッケージ\fBcom\&.wombat\&.fruitbat\fR
+(およびそのサブパッケージ)でのみアサーションを有効にして、クラス\fBcom\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat\fRではアサーションを無効にして、\fBMyClass\fRアプリケーションを実行するには、次のコマンドを使用します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat MyClass
+\fBjava \-ea:com\&.wombat\&.fruitbat\&.\&.\&. \-da:com\&.wombat\&.fruitbat\&.Brickbat MyClass\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\-enablesystemassertions, \-esa
+\-enablesystemassertions
+.br
+\-esa
 .RS 4
 すべてのシステム・クラス内でアサーションを有効にします。
 .RE
 .PP
-\-help, \-?
+\-help
+.br
+\-?
 .RS 4
-実際にJVMを実行せずに、\fIjava\fRコマンドの使用状況情報を表示します。
+実際にJVMを実行せずに、\fBjava\fRコマンドの使用状況情報を表示します。
 .RE
 .PP
 \-jar \fIfilename\fR
 .RS 4
-JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。\fIfilename\fR引数は、使用するアプリケーションの開始点として機能する\fIpublic static void main(String[] args)\fRメソッドを定義する、\fIMain\-Class:\fR\fIclassname\fRという形式の1行を含むマニフェストを持つJARファイルの名前です。
+JARファイルにカプセル化されたプログラムを実行します。\fIfilename\fR引数は、使用するアプリケーションの開始点として機能する\fBpublic static void main(String[] args)\fRメソッドを定義する、\fBMain\-Class:\fR\fIclassname\fRという形式の1行を含むマニフェストを持つJARファイルの名前です。
 .sp
-\fI\-jar\fRオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、クラス・パスの他の設定は無視されます。
+\fB\-jar\fRオプションを使用すると、指定したJARファイルがすべてのユーザー・クラスのソースになり、クラス・パスの他の設定は無視されます。
 .sp
 JARファイルの詳細は、次のリソースを参照してください。
 .sp
@@ -391,7 +408,7 @@
 .PP
 \-javaagent:\fIjarpath\fR[=\fIoptions\fR]
 .RS 4
-指定したJavaプログラミング言語エージェントをロードします。Javaアプリケーションのインストゥルメントの詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary\&.htmlにあるJava APIドキュメントの\fIjava\&.lang\&.instrument\fRパッケージの説明を参照してください。
+指定したJavaプログラミング言語エージェントをロードします。Javaアプリケーションのインストゥルメントの詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/java/lang/instrument/package\-summary\&.htmlにあるJava APIドキュメントの\fBjava\&.lang\&.instrument\fRパッケージの説明を参照してください。
 .RE
 .PP
 \-jre\-restrict\-search
@@ -414,18 +431,19 @@
 .PP
 \-showversion
 .RS 4
-バージョン情報を表示し、アプリケーションの実行を続行します。このオプションは\fI\-version\fRオプションと同等ですが、\-versionはバージョン情報の表示後にJVMに終了を指示する点が異なります。
+バージョン情報を表示し、アプリケーションの実行を続行します。このオプションは\fB\-version\fRオプションと同等ですが、\-versionはバージョン情報の表示後にJVMに終了を指示する点が異なります。
 .RE
 .PP
 \-splash:\fIimgname\fR
 .RS 4
-\fIimgname\fRで指定されたイメージを含むスプラッシュ画面を表示します。たとえば、アプリケーションの起動時に\fIimages\fRディレクトリの\fIsplash\&.gif\fRファイルを表示するには、次のオプションを使用します。
+\fIimgname\fRで指定されたイメージを含むスプラッシュ画面を表示します。たとえば、アプリケーションの起動時に\fBimages\fRディレクトリの\fBsplash\&.gif\fRファイルを表示するには、次のオプションを使用します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-splash:images/splash\&.gif
+\fB\-splash:images/splash\&.gif\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -449,29 +467,30 @@
 .PP
 \-version
 .RS 4
-バージョン情報を表示してから終了します。このオプションは\fI\-showversion\fRオプションと同等ですが、\-showversionはバージョン情報の表示後にJVMに終了を指示しない点が異なります。
+バージョン情報を表示してから終了します。このオプションは\fB\-showversion\fRオプションと同等ですが、\-showversionはバージョン情報の表示後にJVMに終了を指示しない点が異なります。
 .RE
 .PP
 \-version:\fIrelease\fR
 .RS 4
-アプリケーションの実行に使用するリリース・バージョンを指定します。コールされた\fIjava\fRコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
+アプリケーションの実行に使用するリリース・バージョンを指定します。コールされた\fBjava\fRコマンドのバージョンがこの指定内容を満たさず、かつ適切な実装がシステム上で見つかった場合には、その適切な実装が使用されます。
 .sp
 \fIrelease\fR引数は、正確なバージョン文字列、または空白で区切られたバージョン文字列とバージョン範囲のリストを指定します。\fIバージョン文字列\fRは、次の形式で、開発者のバージョン番号を指定します:
-\fI1\&.\fR\fIx\fR\fI\&.0_\fR\fIu\fR
-(\fIx\fRはメジャー・バージョン番号、\fIu\fRは更新バージョン番号です)。\fIバージョン範囲\fRは、このバージョン以降を指定するにはバージョン文字列の後にプラス記号(\fI+\fR)を続けたもの、または一致する接頭辞を含む任意のバージョン文字列を指定するには一部のバージョン文字列の後にアスタリスク(\fI*\fR)を続けたもので構成されます。論理\fIOR\fRの組合せには空白、2つのバージョンの文字列/範囲の論理\fIAND\fRの組合せにはアンパサンド(\fI&\fR)を使用して、バージョン文字列とバージョン範囲を組み合せることができます。たとえば、クラスまたはJARファイルの実行にJRE 6u13 (1\&.6\&.0_13)または6u10 (1\&.6\&.0_10)以降の任意のJRE 6のいずれかを必要とする場合、次を指定します。
+\fB1\&.\fR\fIx\fR\fB\&.0_\fR\fIu\fR
+(\fIx\fRはメジャー・バージョン番号、\fIu\fRは更新バージョン番号です)。\fIバージョン範囲\fRは、このバージョン以降を指定するにはバージョン文字列の後にプラス記号(\fB+\fR)を続けたもの、または一致する接頭辞を含む任意のバージョン文字列を指定するには一部のバージョン文字列の後にアスタリスク(\fB*\fR)を続けたもので構成されます。論理\fIOR\fRの組合せには空白、2つのバージョンの文字列/範囲の論理\fIAND\fRの組合せにはアンパサンド(\fB&\fR)を使用して、バージョン文字列とバージョン範囲を組み合せることができます。たとえば、クラスまたはJARファイルの実行にJRE 6u13 (1\&.6\&.0_13)または6u10 (1\&.6\&.0_10)以降の任意のJRE 6のいずれかを必要とする場合、次を指定します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-version:"1\&.6\&.0_13 1\&.6* & 1\&.6\&.0_10+"
+\fB\-version:"1\&.6\&.0_13 1\&.6* & 1\&.6\&.0_10+"\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 引用符が必要なのは、\fIrelease\fRパラメータに空白がある場合のみです。
 .sp
-JARファイルの場合は、バージョン要件をコマンドラインに指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
+JARファイルの場合は、バージョン要件をコマンド行に指定するよりも、JARファイルのマニフェスト内に指定することが推奨されています。
 .RE
 .SS "非標準オプション"
 .PP
@@ -479,40 +498,35 @@
 .PP
 \-X
 .RS 4
-使用可能なすべての\fI\-X\fRオプションのヘルプを表示します。
+使用可能なすべての\fB\-X\fRオプションのヘルプを表示します。
 .RE
 .PP
 \-Xbatch
 .RS 4
-バックグラウンド・コンパイルを無効にします。デフォルトでは、JVMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\fI\-Xbatch\fRフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。
+バックグラウンド・コンパイルを無効にします。デフォルトでは、JVMでは、バックグラウンド・コンパイルが終了するまで、メソッドをバックグラウンド・タスクとしてコンパイルし、インタプリタ・モードでメソッドを実行します。\fB\-Xbatch\fRフラグを指定すると、バックグラウンド・コンパイルが無効になり、すべてのメソッドのコンパイルが完了するまでフォアグラウンド・タスクとして処理されます。
 .sp
-このオプションは\fI\-XX:\-BackgroundCompilation\fRと同等です。
+このオプションは\fB\-XX:\-BackgroundCompilation\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-Xbootclasspath:\fIpath\fR
 .RS 4
 ブート・クラス・ファイルを検索するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブの、コロン(:)で区切られたリストを指定します。これらは、JDKに含まれるブート・クラス・ファイルのかわりに使用されます。
 .sp
-JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fIrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
+JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fBrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
 .RE
 .PP
 \-Xbootclasspath/a:\fIpath\fR
 .RS 4
 デフォルトのブートストラップ・クラス・パスの最後に追加するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブの、コロン(:)で区切られたリストを指定します。
 .sp
-JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fIrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
+JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fBrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
 .RE
 .PP
 \-Xbootclasspath/p:\fIpath\fR
 .RS 4
 デフォルトのブートストラップ・クラス・パスの先頭に追加するディレクトリ、JARファイルおよびZIPアーカイブの、コロン(:)で区切られたリストを指定します。
 .sp
-JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fIrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
-.RE
-.PP
-\-Xboundthreads
-.RS 4
-ユーザー・レベルのスレッドをカーネル・スレッドにバインドします。
+JREバイナリ・コード・ライセンスに違反するため、\fBrt\&.jar\fRでクラスをオーバーライドする目的で、このオプションを使用するアプリケーションをデプロイしないでください。
 .RE
 .PP
 \-Xcheck:jni
@@ -522,14 +536,14 @@
 .PP
 \-Xcomp
 .RS 4
-最初の呼出しでJavaコードおよびコンパイル・メソッドの解釈を無効にします。デフォルトでは、JITコンパイラは、10,000の解釈されたメソッド呼出しを実行して、効率的なコンパイルのための情報を収集します。効率を犠牲にしてコンパイルのパフォーマンスを向上させるには、\fI\-Xcomp\fRフラグを使用して、解釈されたメソッド呼出しを無効にします。
+最初の呼出しでメソッドのコンパイルを強制的に実行します。デフォルトでは、クライアントVM(\fB\-client\fR)は1,000の解釈されたメソッド呼出しを実行し、サーバーVM(\fB\-server\fR)は10,000の解釈されたメソッド呼出しを実行して、効率的なコンパイルのための情報を収集します。\fB\-Xcomp\fRオプションを指定すると、解釈されたメソッド呼出しが無効になり、効率を犠牲にしてコンパイルのパフォーマンスが向上します。
 .sp
-\fI\-XX:CompileThreshold\fRオプションを使用して、コンパイルの前に、解釈されたメソッド呼出しの数を変更することもできます。
+\fB\-XX:CompileThreshold\fRオプションを使用して、コンパイルの前に、解釈されたメソッド呼出しの数を変更することもできます。
 .RE
 .PP
 \-Xdebug
 .RS 4
-何も行いません。下位互換性のために用意されています。
+何も行いません。後方互換性のために用意されています。
 .RE
 .PP
 \-Xdiag
@@ -542,11 +556,6 @@
 クラス・ファイル形式の仕様への準拠を強化する、厳密なクラス・ファイル形式のチェックが有効になります。将来のリリースでは、より厳密なチェックがデフォルトになるため、新しいコードを開発するときには、開発者はこのフラグを使用することをお薦めします。
 .RE
 .PP
-\-Xincgc
-.RS 4
-増分GCを有効にします。
-.RE
-.PP
 \-Xint
 .RS 4
 インタプリタ専用モードでアプリケーションを実行します。ネイティブ・コードへのコンパイルは無効になり、すべてのバイトコードがインタプリタによって実行されます。ジャスト・イン・タイム(JIT)コンパイラが提供するパフォーマンス上の利点は、このモードでは実現されません。
@@ -554,12 +563,12 @@
 .PP
 \-Xinternalversion
 .RS 4
-\fI\-version\fRオプションより詳細なJVMバージョン情報を表示してから終了します。
+\fB\-version\fRオプションより詳細なJVMバージョン情報を表示してから終了します。
 .RE
 .PP
 \-Xloggc:\fIfilename\fR
 .RS 4
-詳細なGCイベント情報をロギング用にリダイレクトするファイルを設定します。このファイルに書き込まれる情報は、記録された各イベントの前に行われる最初のGCイベント以降に経過した時間を指定した\fI\-verbose:gc\fRの出力と類似しています。\fI\-Xloggc\fRオプションは\fI\-verbose:gc\fRをオーバーライドします(これらの両方が同じ\fIjava\fRコマンドで指定された場合)。
+詳細なGCイベント情報をロギング用にリダイレクトするファイルを設定します。このファイルに書き込まれる情報は、記録された各イベントの前に行われる最初のGCイベント以降に経過した時間を指定した\fB\-verbose:gc\fRの出力と類似しています。\fB\-Xloggc\fRオプションは\fB\-verbose:gc\fRをオーバーライドします(これらの両方が同じ\fBjava\fRコマンドで指定された場合)。
 .sp
 例:
 .sp
@@ -567,7 +576,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xloggc:garbage\-collection\&.log
+\fB\-Xloggc:garbage\-collection\&.log\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -576,18 +586,19 @@
 .PP
 \-Xmaxjitcodesize=\fIsize\fR
 .RS 4
-JITコンパイルされたコードの最大コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を指定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、この値は48MBに設定されています。
+JITコンパイルされたコードの最大コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を指定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、この値は48MBに設定されています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xmaxjitcodesize=48m
+\fB\-Xmaxjitcodesize=48m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションは\fI\-XX:ReservedCodeCacheSize\fRと同等です。
+このオプションは\fB\-XX:ReservedCodeCacheSize\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-Xmixed
@@ -597,7 +608,7 @@
 .PP
 \-Xmn\fIsize\fR
 .RS 4
-若い世代(ナーサリ)のヒープの初期サイズおよび最大サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。
+若い世代(ナーサリ)のヒープの初期サイズおよび最大サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。
 .sp
 ヒープの若い世代リージョンは新しいオブジェクトに使用されます。GCは、他のリージョンよりこのリージョンで、より頻繁に実行されます。若い世代のサイズが小さすぎる場合、多数のマイナー・ガベージ・コレクションが実行されます。サイズが大きすぎる場合、フル・ガベージ・コレクションのみが実行されますが、完了までに時間がかかることがあります。若い世代のサイズは、全体のヒープ・サイズの半分から4分の1の間にしておくことをお薦めします。
 .sp
@@ -607,19 +618,20 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xmn256m
-\-Xmn262144k
-\-Xmn268435456
+\fB\-Xmn256m\fR
+\fB\-Xmn262144k\fR
+\fB\-Xmn268435456\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-若い世代のヒープの初期サイズと最大サイズの両方を設定する\fI\-Xmn\fRオプションのかわりに、初期サイズの設定には\fI\-XX:NewSize\fRを、最大サイズの設定には\fI\-XX:MaxNewSize\fRを使用できます。
+若い世代のヒープの初期サイズと最大サイズの両方を設定する\fB\-Xmn\fRオプションのかわりに、初期サイズの設定には\fB\-XX:NewSize\fRを、最大サイズの設定には\fB\-XX:MaxNewSize\fRを使用できます。
 .RE
 .PP
 \-Xms\fIsize\fR
 .RS 4
-ヒープの初期サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。
+ヒープの初期サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、1MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。
 .sp
 次の例では、割り当てられたメモリーのサイズを様々な単位を使用して6MBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -627,19 +639,20 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xms6291456
-\-Xms6144k
-\-Xms6m
+\fB\-Xms6291456\fR
+\fB\-Xms6144k\fR
+\fB\-Xms6m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションを設定しない場合、初期サイズは、古い世代と若い世代に割り当てられたサイズの合計として設定されます。若い世代のヒープの初期サイズは、\fI\-Xmn\fRオプションまたは\fI\-XX:NewSize\fRオプションを使用して設定できます。
+このオプションを設定しない場合、初期サイズは、古い世代と若い世代に割り当てられたサイズの合計として設定されます。若い世代のヒープの初期サイズは、\fB\-Xmn\fRオプションまたは\fB\-XX:NewSize\fRオプションを使用して設定できます。
 .RE
 .PP
 \-Xmx\fIsize\fR
 .RS 4
-メモリー割当てプールの最大サイズ(バイト単位)を指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。サーバー・デプロイメントでは、\fI\-Xms\fRおよび\fI\-Xmx\fRは通常同じ値に設定されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
+メモリー割当てプールの最大サイズ(バイト単位)を指定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。サーバー・デプロイメントでは、\fB\-Xms\fRおよび\fB\-Xmx\fRは通常同じ値に設定されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
 .sp
 次の例では、割り当てられたメモリーの許可される最大サイズを様々な単位を使用して80MBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -647,26 +660,27 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xmx83886080
-\-Xmx81920k
-\-Xmx80m
+\fB\-Xmx83886080\fR
+\fB\-Xmx81920k\fR
+\fB\-Xmx80m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fI\-Xmx\fRオプションは\fI\-XX:MaxHeapSize\fRと同等です。
+\fB\-Xmx\fRオプションは\fB\-XX:MaxHeapSize\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-Xnoclassgc
 .RS 4
 クラスのガベージ・コレクション(GC)を無効にします。これにより、GC時間を節約でき、アプリケーション実行中の中断が短縮されます。
 .sp
-起動時に\fI\-Xnoclassgc\fRを指定すると、アプリケーション内のクラス・オブジェクトは、GCの間はそのまま残り、常にライブであるとみなされます。これにより、より多くのメモリーが永久に占有されることになり、注意して使用しないと、メモリー不足の例外がスローされます。
+起動時に\fB\-Xnoclassgc\fRを指定すると、アプリケーション内のクラス・オブジェクトは、GCの間はそのまま残り、常にライブであるとみなされます。これにより、より多くのメモリーが永久に占有されることになり、注意して使用しないと、メモリー不足の例外がスローされます。
 .RE
 .PP
 \-Xprof
 .RS 4
-実行中のプログラムのプロファイルを生成し、プロファイル・データを標準出力に送信します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。
+実行中のプログラムをプロファイルし、プロファイリング・データを標準出力に送信します。このオプションは、プログラム開発用のユーティリティとして提供されています。本番稼働システムでの使用を目的としたものではありません。
 .RE
 .PP
 \-Xrs
@@ -675,13 +689,13 @@
 .sp
 シャットダウン・フックは、JVMが突然終了した場合でも、シャットダウン時にユーザー・クリーンアップ・コード(データベース接続のクローズなど)を実行することによって、Javaアプリケーションのシャットダウンを順番に有効にします。
 .sp
-JVMは、予期しない終了のシャットダウン・フックを実装するためにシグナルをキャッチします。JVMは、\fISIGHUP\fR、\fISIGINT\fRおよび\fISIGTERM\fRを使用して、シャットダウン・フックの実行を開始します。
+JVMは、予期しない終了のシャットダウン・フックを実装するためにシグナルをキャッチします。JVMは、\fBSIGHUP\fR、\fBSIGINT\fRおよび\fBSIGTERM\fRを使用して、シャットダウン・フックの実行を開始します。
 .sp
-JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという機能を実現するために、同様のメカニズムを使用します。JVMは、スレッド・ダンプを実行するために\fISIGQUIT\fRを使用します。
+JVMは、デバッグの目的でスレッド・スタックをダンプするという機能を実現するために、同様のメカニズムを使用します。JVMは、スレッド・ダンプを実行するために\fBSIGQUIT\fRを使用します。
 .sp
-JVMを埋め込んでいるアプリケーションは、\fISIGINT\fRや\fISIGTERM\fRなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があり、その結果、JVMのシグナル・ハンドラと衝突する可能性があります。\fI\-Xrs\fRオプションは、この問題に対処するために使用できます。\fI\-Xrs\fRが使用されている場合、\fISIGINT\fR、\fISIGTERM\fR、\fISIGHUP\fRおよび\fISIGQUIT\fRのシグナル・マスクはJVMによって変更されず、これらのシグナルのシグナル・ハンドラはインストールされません。
+JVMを埋め込んでいるアプリケーションは、\fBSIGINT\fRや\fBSIGTERM\fRなどのシグナルを頻繁にトラップする必要があり、その結果、JVMのシグナル・ハンドラと衝突する可能性があります。\fB\-Xrs\fRオプションは、この問題に対処するために使用できます。\fB\-Xrs\fRが使用されている場合、\fBSIGINT\fR、\fBSIGTERM\fR、\fBSIGHUP\fRおよび\fBSIGQUIT\fRのシグナル・マスクはJVMによって変更されず、これらのシグナルのシグナル・ハンドラはインストールされません。
 .sp
-\fI\-Xrs\fRを指定すると、次の2つの結果が生じます:
+\fB\-Xrs\fRを指定すると、次の2つの結果が生じます:
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -691,7 +705,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fISIGQUIT\fRによるスレッド・ダンプは使用できません。
+\fBSIGQUIT\fRによるスレッド・ダンプは使用できません。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -702,7 +716,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-シャットダウン・フック処理の実行は、JVMが終了しようとしている時点で\fISystem\&.exit()\fRを呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。
+シャットダウン・フック処理の実行は、JVMが終了しようとしている時点で\fBSystem\&.exit()\fRを呼び出すなどして、ユーザー・コード側で行う必要があります。
 .RE
 .RE
 .PP
@@ -758,7 +772,7 @@
 .PP
 \-Xss\fIsize\fR
 .RS 4
-スレッドのスタック・サイズ(バイト単位)を設定します。KBを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、MBを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、GBを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値はプラットフォームによって異なります。
+スレッドのスタック・サイズ(バイト単位)を設定します。KBを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、MBを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、GBを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値はプラットフォームによって異なります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -843,19 +857,20 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xss1m
-\-Xss1024k
-\-Xss1048576
+\fB\-Xss1m\fR
+\fB\-Xss1024k\fR
+\fB\-Xss1048576\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションは\fI\-XX:ThreadStackSize\fRと同等です。
+このオプションは\fB\-XX:ThreadStackSize\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-Xusealtsigs
 .RS 4
-JVM内部シグナルの\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRのかわりに、代替シグナルを使用します。このオプションは\fI\-XX:+UseAltSigs\fRと同等です。
+JVM内部シグナルの\fBSIGUSR1\fRおよび\fBSIGUSR2\fRのかわりに、代替シグナルを使用します。このオプションは\fB\-XX:+UseAltSigs\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-Xverify:\fImode\fR
@@ -869,7 +884,7 @@
 .PP
 remote
 .RS 4
-ネットワークを介してリモートでロードされるクラスのみを検証します。これは、\fI\-Xverify\fRオプションを指定しない場合のデフォルトの動作です。
+ネットワークを介してリモートでロードされるクラスのみを検証します。これは、\fB\-Xverify\fRオプションを指定しない場合のデフォルトの動作です。
 .RE
 .PP
 all
@@ -883,40 +898,47 @@
 .PP
 \-XX:+DisableAttachMechanism
 .RS 4
-JVMにツールをアタッチするメカニズムを無効にするオプションを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、これは、アタッチ・メカニズムを有効にすると、\fIjcmd\fR、\fIjstack\fR、\fIjmap\fR、\fIjinfo\fRなどのツールを使用できることを意味します。
+JVMにツールをアタッチするメカニズムを無効にするオプションを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、これは、アタッチ・メカニズムを有効にすると、\fBjcmd\fR、\fBjstack\fR、\fBjmap\fR、\fBjinfo\fRなどのツールを使用できることを意味します。
 .RE
 .PP
 \-XX:ErrorFile=\fIfilename\fR
 .RS 4
-リカバリ不能なエラーが発生した場合にエラー・データが書き込まれるパスおよびファイル名を指定します。デフォルトでは、このファイルは、現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fIhs_err_pid\fR\fIpid\fR\fI\&.log\fR
-(\fIpid\fRはエラーの原因となったプロセスの識別子)になります。次の例では、デフォルトのログ・ファイルを設定する方法を示します(プロセスの識別子は\fI%p\fRとして指定されます)。
+リカバリ不能なエラーが発生した場合にエラー・データが書き込まれるパスおよびファイル名を指定します。デフォルトでは、このファイルは、現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fBhs_err_pid\fR\fIpid\fR\fB\&.log\fR
+(\fIpid\fRはエラーの原因となったプロセスの識別子)になります。次の例では、デフォルトのログ・ファイルを設定する方法を示します(プロセスの識別子は\fB%p\fRとして指定されます)。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:ErrorFile=\&./hs_err_pid%p\&.log
+\fB\-XX:ErrorFile=\&./hs_err_pid%p\&.log\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-次の例では、エラー・ログを\fI/var/log/java/java_error\&.log\fRに設定する方法を示します。
+次の例では、エラー・ログを\fB/var/log/java/java_error\&.log\fRに設定する方法を示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:ErrorFile=/var/log/java/java_error\&.log
+\fB\-XX:ErrorFile=/var/log/java/java_error\&.log\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-(領域不足、権限の問題または別の問題により)指定したディレクトリにファイルを作成できない場合、ファイルはオペレーティング・システムの一時ディレクトリに作成されます。一時ディレクトリは\fI/tmp\fRです。
+(領域不足、権限の問題または別の問題により)指定したディレクトリにファイルを作成できない場合、ファイルはオペレーティング・システムの一時ディレクトリに作成されます。一時ディレクトリは\fB/tmp\fRです。
+.RE
+.PP
+\-XX:+FailOverToOldVerifier
+.RS 4
+新しいタイプ・チェッカが失敗した場合の、古いベリファイアへの自動フェイルオーバーを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、最近のバイトコード・バージョンを使用したクラスには、これは無視されます(つまり、無効として処理されます)。古いバージョンのバイトコードを使用したクラスには、これを有効化できます。
 .RE
 .PP
 \-XX:LargePageSizeInBytes=\fIsize\fR
 .RS 4
-Javaヒープに使用される大きいページの最大サイズ(バイト単位)を設定します。\fIsize\fR引数は、2の累乗(2、4、8、16、\&.\&.\&.)である必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、サイズは0に設定され、これは、JVMでは大きいページのサイズが自動的に選択されていることを意味します。
+Javaヒープに使用される大きいページの最大サイズ(バイト単位)を設定します。\fIsize\fR引数は、2の累乗(2、4、8、16、\&.\&.\&.)である必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、サイズは0に設定され、これは、JVMでは大きいページのサイズが自動的に選択されていることを意味します。
 .sp
 次の例では、大きいページのサイズを4メガバイト(MB)に設定する方法を示します。
 .sp
@@ -924,7 +946,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:LargePageSizeInBytes=4m
+\fB\-XX:LargePageSizeInBytes=4m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -933,7 +956,7 @@
 .PP
 \-XX:MaxDirectMemorySize=\fIsize\fR
 .RS 4
-新規I/O (\fIjava\&.nio\fRパッケージ)の直接バッファ割当ての最大合計サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、サイズは0に設定され、これは、JVMではNIOの直接バッファ割当てのサイズが自動的に選択されていることを意味します。
+新規I/O (\fBjava\&.nio\fRパッケージ)の直接バッファ割当ての最大合計サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、サイズは0に設定され、これは、JVMではNIOの直接バッファ割当てのサイズが自動的に選択されていることを意味します。
 .sp
 次の例では、NIOサイズを異なる単位で1024KBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -941,9 +964,10 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxDirectMemorySize=1m
-\-XX:MaxDirectMemorySize=1024k
-\-XX:MaxDirectMemorySize=1048576
+\fB\-XX:MaxDirectMemorySize=1m\fR
+\fB\-XX:MaxDirectMemorySize=1024k\fR
+\fB\-XX:MaxDirectMemorySize=1048576\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -956,7 +980,7 @@
 .PP
 off
 .RS 4
-JVMのネイティブ・メモリー使用状況を追跡しません。これは、\fI\-XX:NativeMemoryTracking\fRオプションを指定しない場合のデフォルトの動作です。
+JVMのネイティブ・メモリー使用状況を追跡しません。これは、\fB\-XX:NativeMemoryTracking\fRオプションを指定しない場合のデフォルトの動作です。
 .RE
 .PP
 summary
@@ -966,7 +990,7 @@
 .PP
 detail
 .RS 4
-JVMサブシステムによるメモリー使用状況のトラッキングに加えて、個々の\fICallSite\fR
+JVMサブシステムによるメモリー使用状況のトラッキングに加えて、個々の\fBCallSite\fR
 (個々の仮想メモリー・リージョンおよびそのコミット済リージョン)によるメモリー使用状況を追跡します。
 .RE
 .RE
@@ -975,13 +999,14 @@
 .RS 4
 リカバリ不能なエラーが発生したときに実行する、カスタム・コマンドまたは一連のセミコロン区切りのコマンドを設定します。文字列に空白が含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。
 .sp
-次の例では、\fI\-XX:OnError\fRオプションを使用してコア・イメージを作成するために\fIgcore\fRコマンドを実行する方法、およびリカバリ不能なエラーの場合にデバッガを起動してプロセスに接続する方法を示します(\fI%p\fRは現在のプロセスを指定します)。
+次の例では、\fB\-XX:OnError\fRオプションを使用してコア・イメージを作成するために\fBgcore\fRコマンドを実行する方法、およびリカバリ不能なエラーの場合にデバッガを起動してプロセスに接続する方法を示します(\fB%p\fRは現在のプロセスを指定します)。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:OnError="gcore %p;dbx \- %p"
+\fB\-XX:OnError="gcore %p;dbx \- %p"\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -990,17 +1015,22 @@
 .PP
 \-XX:OnOutOfMemoryError=\fIstring\fR
 .RS 4
-\fIOutOfMemoryError\fR例外が最初にスローされたときに実行する、カスタム・コマンドまたは一連のセミコロン区切りのコマンドを設定します。文字列に空白が含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。コマンド文字列の例は、\fI\-XX:OnError\fRオプションの説明を参照してください。
+\fBOutOfMemoryError\fR例外が最初にスローされたときに実行する、カスタム・コマンドまたは一連のセミコロン区切りのコマンドを設定します。文字列に空白が含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。コマンド文字列の例は、\fB\-XX:OnError\fRオプションの説明を参照してください。
 .RE
 .PP
 \-XX:+PrintCommandLineFlags
 .RS 4
-コマンドラインに表示された、人間工学的に選択したJVMフラグの印刷を有効にします。これは、ヒープ領域サイズや選択されたガベージ・コレクタなど、JVMによって設定されたエルゴノミック値を確認する場合に役立ちます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、フラグは印刷されません。
+コマンド行に表示された、人間工学的に選択したJVMフラグの印刷を有効にします。これは、ヒープ領域サイズや選択されたガベージ・コレクタなど、JVMによって設定されたエルゴノミック値を確認する場合に役立ちます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、フラグは印刷されません。
 .RE
 .PP
 \-XX:+PrintNMTStatistics
 .RS 4
-ネイティブ・メモリーのトラッキングが有効な場合に、JVMの終了時に収集されたネイティブ・メモリーのトラッキング・データの印刷を有効にします(\fI\-XX:NativeMemoryTracking\fRを参照してください)。デフォルトでは、このオプションは無効であり、ネイティブ・メモリーのトラッキング・データは印刷されません。
+ネイティブ・メモリーのトラッキングが有効な場合に、JVMの終了時に収集されたネイティブ・メモリーのトラッキング・データの印刷を有効にします(\fB\-XX:NativeMemoryTracking\fRを参照してください)。デフォルトでは、このオプションは無効であり、ネイティブ・メモリーのトラッキング・データは印刷されません。
+.RE
+.PP
+\-XX:+RelaxAccessControlCheck
+.RS 4
+ベリファイア内のアクセス制御チェックの量を減らします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、最近のバイトコード・バージョンを使用したクラスには、これは無視されます(つまり、無効として処理されます)。古いバージョンのバイトコードを使用したクラスには、これを有効化できます。
 .RE
 .PP
 \-XX:+ShowMessageBoxOnError
@@ -1010,7 +1040,7 @@
 .PP
 \-XX:ThreadStackSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-スレッドのスタック・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値はプラットフォームによって異なります。
+スレッドのスタック・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値はプラットフォームによって異なります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1095,14 +1125,15 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:ThreadStackSize=1m
-\-XX:ThreadStackSize=1024k
-\-XX:ThreadStackSize=1048576
+\fB\-XX:ThreadStackSize=1m\fR
+\fB\-XX:ThreadStackSize=1024k\fR
+\fB\-XX:ThreadStackSize=1048576\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションは\fI\-Xss\fRと同等です。
+このオプションは\fB\-Xss\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-XX:+TraceClassLoading
@@ -1132,14 +1163,14 @@
 .PP
 \-XX:+UseAltSigs
 .RS 4
-JVM内部シグナルの\fISIGUSR1\fRおよび\fISIGUSR2\fRのかわりに、代替シグナルの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効であり、代替シグナルは使用されません。このオプションは\fI\-Xusealtsigs\fRと同等です。
+JVM内部シグナルの\fBSIGUSR1\fRおよび\fBSIGUSR2\fRのかわりに、代替シグナルの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効であり、代替シグナルは使用されません。このオプションは\fB\-Xusealtsigs\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseBiasedLocking
 .RS 4
 バイアス・ロックの使用を有効にします。かなりの量の非競合の同期化がある一部のアプリケーションは、このフラグを有効にすると大幅な高速化が実現しますが、特定のパターンのロックがあるアプリケーションは、速度が低下することがあります。バイアス・ロックの方法の詳細は、http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/tuning\-139912\&.html#section4\&.2\&.5にあるJavaチューニングのホワイト・ペーパーの例を参照してください。
 .sp
-デフォルトでは、このオプションは無効であり、バイアス・ロックは使用されません。
+デフォルトでは、このオプションは有効になっています。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseCompressedOops
@@ -1151,19 +1182,19 @@
 .PP
 \-XX:+UseLargePages
 .RS 4
-大きいページのメモリーの使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。大きいページのメモリーの使用を無効にするには、\fI\-XX:\-UseLargePages\fRを指定します。
+大きいページのメモリーの使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。大きいページのメモリーの使用を無効にするには、\fB\-XX:\-UseLargePages\fRを指定します。
 .sp
 詳細は、http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/tech/largememory\-jsp\-137182\&.htmlにある大きいメモリー・ページ用のJavaサポートを参照してください。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseMembar
 .RS 4
-スレッドの状態の遷移でメンバーの発行を有効にします。このオプションは、有効になっているPower PCおよびARMサーバーを除くすべてのプラットフォーム上で、デフォルトでは無効になっています。Power PCとARMのスレッド状態遷移に対するメンバーの発行を無効にするには、\fI\-XX:\-UseMembar\fRを指定します。
+スレッドの状態の遷移でメンバーの発行を有効にします。このオプションは、有効になっているARMサーバーを除くすべてのプラットフォーム上で、デフォルトでは無効になっています。(ARMサーバーでこのオプションを無効にしないことをお薦めします。)
 .RE
 .PP
 \-XX:+UsePerfData
 .RS 4
-\fIperfdata\fR機能を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっており、JVMのモニタリングおよびパフォーマンス・テストが可能になります。これを無効にすると、\fIhsperfdata_userid\fRディレクトリの作成を抑制します。\fIperfdata\fR機能を無効にするには、\fI\-XX:\-UsePerfData\fRを指定します。
+\fBperfdata\fR機能を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっており、JVMのモニタリングおよびパフォーマンス・テストが可能になります。これを無効にすると、\fBhsperfdata_userid\fRディレクトリの作成を抑制します。\fBperfdata\fR機能を無効にするには、\fB\-XX:\-UsePerfData\fRを指定します。
 .RE
 .PP
 \-XX:+AllowUserSignalHandlers
@@ -1187,530 +1218,20 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:AllocateInstancePrefetchLines=1
+\fB\-XX:AllocateInstancePrefetchLines=1\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-.RE
-.PP
-\-XX:AllocatePrefetchInstr=\fIinstruction\fR
-.RS 4
-割当てポインタの前にプリフェッチするプリフェッチ命令を設定します。使用可能な値は0から3までです。値の背後にある実際の命令は、プラットフォームによって異なります。デフォルトでは、プリフェッチ命令は0に設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:AllocatePrefetchInstr=0
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:AllocatePrefetchStepSize=\fIsize\fR
-.RS 4
-順次プリフェッチ命令のステップ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、ステップ・サイズは16バイトに設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:AllocatePrefetchStepSize=16
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+BackgroundCompilation
-.RS 4
-バックグラウンド・コンパイルを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。バックグラウンド・コンパイルを無効にするには、\fI\-XX:\-BackgroundCompilation\fRを指定します(これは\fI\-Xbatch\fRを指定するのと同等です)。
-.RE
-.PP
-\-XX:CICompilerCount=\fIthreads\fR
-.RS 4
-コンパイルに使用するコンパイラ・スレッドの数を設定します。デフォルトでは、スレッド数は、サーバーJVMの場合は2、クライアントJVMの場合は1に設定されており、層コンパイルが使用されている場合、コア数に合せて増減します。次の例では、スレッドの数を2に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CICompilerCount=2
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:CodeCacheMinimumFreeSpace=\fIsize\fR
-.RS 4
-コンパイルに必要な最小空き領域(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。最小空き領域より少ない領域しか残っていない場合、コンパイルは停止します。デフォルトでは、このオプションは500KBに設定されています。次の例では、最小空き領域を1024MBに設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CodeCacheMinimumFreeSpace=1024m
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:CompileCommand=\fIcommand\fR,\fImethod\fR[,\fIoption\fR]
-.RS 4
-メソッドで実行するコマンドを指定します。たとえば、コンパイル元から\fIString\fRクラスの\fIindexOf()\fRメソッドを実行するには、次を使用します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand=exclude,java/lang/String\&.indexOf
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-スラッシュ(\fI/\fR)で区切られたすべてのパッケージおよびサブパッケージを含む、完全クラス名を指定します。切取りと貼付けの操作を容易にするために、\fI\-XX:+PrintCompilation\fRオプションおよび\fI\-XX:+LogCompilation\fRオプションによって生成されるメソッド名の形式を使用することもできます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand=exclude,java\&.lang\&.String::indexOf
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-署名なしでメソッドを指定すると、コマンドは指定した名前を持つすべてのメソッドに適用されます。ただし、クラス・ファイル形式でメソッドの署名を指定することもできます。たとえば、コンパイル元から\fIString\fRクラスの\fIindexOf(String)\fRメソッドのみ除外するには、次を使用します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand=exclude,java/lang/String\&.indexOf(Ljava/lang/String;)I
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-また、クラス名およびメソッド名にワイルドカードとしてアスタリスク(*)を使用できます。たとえば、コンパイル元からすべてのクラスのすべての\fIindexOf()\fRメソッドを除外するには、次を使用します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand=exclude,*\&.indexOf
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-カンマとピリオドは空白の別名で、これにより、シェルを介してコンパイラ・コマンドを渡すことが容易になります。引数を引用符で囲むことで、空白をセパレータとして使用して\fI\-XX:CompileCommand\fRに引数を渡すことができます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand="exclude java/lang/String indexOf"
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションを使用してコマンドラインで渡されたコマンドを解析した後に、JITコンパイラは\fI\&.hotspot_compiler\fRファイルからコマンドを読み取ります。このファイルにコマンドを追加するか、または\fI\-XX:CompileCommandFile\fRオプションを使用して別のファイルを指定することができます。
-.sp
-複数のコマンドを追加するには、\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションを複数回指定するか、または改行セパレータ(\fI\en\fR)を使用して各引数を区切ります。次のコマンドを使用できます。
-.PP
-break
-.RS 4
-指定したメソッドのコンパイルの最初に停止するために、JVMのデバッグ時のブレークポイントを設定します。
-.RE
-.PP
-compileonly
-.RS 4
-指定したメソッドを除いたすべてのメソッドを、コンパイルから除外します。別の方法として、\fI\-XX:CompileOnly\fRオプションを使用して複数のメソッドを指定できます。
-.RE
-.PP
-dontinline
-.RS 4
-指定したメソッドをインライン化しないようにします。
-.RE
-.PP
-exclude
-.RS 4
-指定したメソッドをコンパイルから除外します。
-.RE
-.PP
-help
-.RS 4
-\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションのヘルプ・メッセージを印刷します。
-.RE
-.PP
-inline
-.RS 4
-指定したメソッドをインライン化しようとします。
-.RE
-.PP
-log
-.RS 4
-指定したメソッドを除くすべてのメソッドに対して、(\fI\-XX:+LogCompilation\fRオプションを使用して)コンパイル・ロギングを除外します。デフォルトでは、コンパイルされたすべてのメソッドにロギングが実行されます。
-.RE
-.PP
-option
-.RS 4
-このコマンドは、最後の引数(\fIoption\fR)のかわりに、指定したメソッドにJITコンパイル・オプションを渡すために使用できます。コンパイル・オプションは、メソッド名の後の末尾に設定されます。たとえば、\fIStringBuffer\fRクラスの\fIappend()\fRメソッドに対して\fIBlockLayoutByFrequency\fRオプションを有効にするには、次を使用します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileCommand=option,java/lang/StringBuffer\&.append,BlockLayoutByFrequency
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-カンマまたは空白で区切って、複数のコンパイル・オプションを指定できます。
-.RE
-.PP
-print
-.RS 4
-指定したメソッドのコンパイル後に生成されたアセンブラ・コードを出力します。
-.RE
-.PP
-quiet
-.RS 4
-コンパイル・コマンドを出力しません。デフォルトでは、\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションを使用して指定したコマンドが出力されます。たとえば、\fIString\fRクラスの\fIindexOf()\fRメソッドのコンパイルから除外する場合、次が標準出力に出力されます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-CompilerOracle: exclude java/lang/String\&.indexOf
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-他の\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションの前に\fI\-XX:CompileCommand=quiet\fRオプションを指定することによって、これを抑制できます。
-.RE
-.RE
-.PP
-\-XX:CompileCommandFile=\fIfilename\fR
-.RS 4
-JITコンパイラ・コマンドの読取り元のファイルを設定します。デフォルトでは、JITコンパイラによって実行されるコマンドを格納するために、\fI\&.hotspot_compiler\fRファイルが使用されます。
-.sp
-コマンド・ファイルの各行は、コマンドが使用されるコマンド、クラス名およびメソッド名を表します。たとえば、次の行は、\fIString\fRクラスの\fItoString()\fRメソッドに対してアセンブリ・コードを出力します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-print java/lang/String toString
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-メソッドで実行するJITコンパイラのコマンドの指定の詳細は、\fI\-XX:CompileCommand\fRオプションを参照してください。
-.RE
-.PP
-\-XX:CompileOnly=\fImethods\fR
-.RS 4
-コンパイルを制限する(カンマで区切られた)メソッドのリストを設定します。指定したメソッドのみがコンパイルされます。完全クラス名(パッケージおよびサブパッケージを含む)で各メソッドを指定します。たとえば、\fIString\fRクラスの\fIlength()\fRメソッドおよび\fIList\fRクラスの\fIsize()\fRメソッドのみをコンパイルするには、次を使用します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileOnly=java/lang/String\&.length,java/util/List\&.size
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-スラッシュ(\fI/\fR)で区切られたすべてのパッケージおよびサブパッケージを含む、完全クラス名を指定します。切取りと貼付けの操作を容易にするために、\fI\-XX:+PrintCompilation\fRオプションおよび\fI\-XX:+LogCompilation\fRオプションによって生成されるメソッド名の形式を使用することもできます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileOnly=java\&.lang\&.String::length,java\&.util\&.List::size
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-ワイルドカードはサポートされていませんが、クラス名またはパッケージ名だけを指定してクラスまたはパッケージのすべてのメソッドをコンパイルすることも、メソッドだけを指定して任意のクラスのこの名前を持つメソッドをコンパイルすることもできます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileOnly=java/lang/String
-\-XX:CompileOnly=java/lang
-\-XX:CompileOnly=\&.length
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:CompileThreshold=\fIinvocations\fR
-.RS 4
-コンパイル前に解釈されたメソッド呼出しの数を設定します。デフォルトでは、サーバーJVMでは、JITコンパイラは、10,000の解釈されたメソッド呼出しを実行して、効率的なコンパイルのための情報を収集します。クライアントJVMの場合、デフォルト設定は1,500呼出しです。次の例では、解釈されたメソッド呼出しの数を5,000に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CompileThreshold=5000
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-\fI\-Xcomp\fRオプションを指定して、コンパイルの前に、Javaメソッドの解釈を完全に無効にすることができます。
-.RE
-.PP
-\-XX:+DoEscapeAnalysis
-.RS 4
-エスケープ分析の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。エスケープ分析の使用を無効にするには、\fI\-XX:\-DoEscapeAnalysis\fRを指定します。
-.RE
-.PP
-\-XX:+FailOverToOldVerifier
-.RS 4
-新しいタイプ・チェッカが失敗した場合の、古いベリファイアへの自動フェイルオーバーを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、最近のバイトコード・バージョンを使用したクラスには、これは無視されます(つまり、無効として処理されます)。古いバージョンのバイトコードを使用したクラスには、これを有効化できます。
-.RE
-.PP
-\-XX:InitialCodeCacheSize=\fIsize\fR
-.RS 4
-初期コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値は500KBに設定されています。次の例では、初期コード・キャッシュ・サイズを32KBに設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:InitialCodeCacheSize=32k
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+Inline
-.RS 4
-メソッドのインライン化を有効にします。このオプションは、パフォーマンスを向上させるためにデフォルトで有効になっています。メソッドのインライン化を無効にするには、\fI\-XX:\-Inline\fRを指定します。
-.RE
-.PP
-\-XX:InlineSmallCode=\fIsize\fR
-.RS 4
-インライン化が必要なコンパイルされたメソッドの最大コード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。指定したサイズより小さいサイズのコンパイルされたメソッドのみが、インライン化されます。デフォルトでは、最大コード・サイズは1000バイトに設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:InlineSmallCode=1000
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+LogCompilation
-.RS 4
-現在の作業ディレクトリにある\fIhotspot\&.log\fRという名前のファイルへのコンパイル・アクティビティのロギングを有効にします。\fI\-XX:LogFile\fRオプションを使用して、異なるログ・ファイル・パスと名前を指定できます。
-.sp
-デフォルトでは、このオプションは無効であり、コンパイル・アクティビティは記録されません。\fI\-XX:+LogCompilation\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fI\-XX:UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
-.sp
-\fI\-XX:+PrintCompilation\fRオプションを使用して、メソッドをコンパイルするたびに、コンソールに出力されたメッセージを含む詳細な診断出力を有効化できます。
-.RE
-.PP
-\-XX:MaxInlineSize=\fIsize\fR
-.RS 4
-インライン化するメソッドの最大バイトコード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、最大バイトコード・サイズは35バイトに設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:MaxInlineSize=35
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:MaxNodeLimit=\fInodes\fR
-.RS 4
-単一のメソッドのコンパイル時に使用されるノードの最大数を設定します。デフォルトでは、ノードの最大数は65,000に設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:MaxNodeLimit=65000
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:MaxTrivialSize=\fIsize\fR
-.RS 4
-インライン化する単純メソッドの最大バイトコード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルトでは、単純メソッドの最大バイトコード・サイズは6バイトに設定されています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:MaxTrivialSize=6
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+OptimizeStringConcat
-.RS 4
-\fIString\fR連結操作の最適化を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。\fIString\fR連結操作の最適化を無効にするには、\fI\-XX:\-OptimizeStringConcat\fRを指定します。
-.RE
-.PP
-\-XX:+PrintAssembly
-.RS 4
-外部の\fIdisassembler\&.so\fRライブラリを使用して、バイトコード化されたネイティブのメソッドのアセンブリ・コードの出力を有効にします。これにより、生成されたコードを表示することができ、パフォーマンスの問題の診断に役立ちます。
-.sp
-デフォルトでは、このオプションは無効であり、アセンブリ・コードは印刷されません。\fI\-XX:+PrintAssembly\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fI\-XX:UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
-.RE
-.PP
-\-XX:+PrintCompilation
-.RS 4
-メソッドをコンパイルするたびに、コンソールにメッセージを出力することによって、JVMからの詳細な診断出力を有効にします。これにより、実際にコンパイルされるメソッドを確認できます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、診断出力は印刷されません。
-.sp
-\fI\-XX:+LogCompilation\fRオプションを使用して、コンパイル・アクティビティをファイルに記録することもできます。
-.RE
-.PP
-\-XX:+PrintInlining
-.RS 4
-インライン化の決定内容の出力を有効にします。これにより、インライン化されるメソッドを確認できます。
-.sp
-デフォルトでは、このオプションは無効であり、インライン化情報は出力されません。\fI\-XX:+PrintInlining\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fI\-XX:+UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
-.RE
-.PP
-\-XX:+RelaxAccessControlCheck
-.RS 4
-ベリファイア内のアクセス制御チェックの量を減らします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、最近のバイトコード・バージョンを使用したクラスには、これは無視されます(つまり、無効として処理されます)。古いバージョンのバイトコードを使用したクラスには、これを有効化できます。
-.RE
-.PP
-\-XX:ReservedCodeCacheSize=\fIsize\fR
-.RS 4
-JITコンパイルされたコードの最大コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。このオプションは\fI\-Xmaxjitcodesize\fRと同等です。
-.RE
-.PP
-\-XX:+TieredCompilation
-.RS 4
-層コンパイルの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効であり、層コンパイルは使用されません。
-.RE
-.PP
-\-XX:+UseCodeCacheFlushing
-.RS 4
-コンパイラをシャットダウンする前に、コード・キャッシュのフラッシュを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。コンパイラをシャットダウンする前にコード・キャッシュのフラッシュを無効にするには\fI\-XX:\-UseCodeCacheFlushing\fRを指定します。
-.RE
-.PP
-\-XX:+UseCondCardMark
-.RS 4
-カード表の更新前に、カードがすでにマークされているかどうかのチェックを有効にします。このオプションは、デフォルトでは無効になっており、複数のソケットを持つマシン上でのみ使用する必要があります。これにより、同時操作にかなり依存しているJavaアプリケーションのパフォーマンスが向上します。
-.RE
-.PP
-\-XX:+UseSuperWord
-.RS 4
-スカラー演算のスーパーワード演算への変換を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。スカラー演算のスーパーワード演算への変換を無効にするには、\fI\-XX:\-UseSuperWord\fRを指定します。
-.RE
-.SS "高度なサービスアビリティ・オプション"
-.PP
-これらのオプションは、システム情報を収集し、詳細なデバッグを実行する機能を提供します。
-.PP
-\-XX:+ExtendedDTraceProbes
-.RS 4
-パフォーマンスに影響を与える追加の\fIdtrace\fRツール・プローブを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、\fIdtrace\fRは標準プローブのみを実行します。
-.RE
-.PP
-\-XX:+HeapDumpOnOutOfMemory
-.RS 4
-\fIjava\&.lang\&.OutOfMemoryError\fR例外がスローされた場合に、ヒープ・プロファイラ(HPROF)を使用して、現在のディレクトリ内のファイルへのJavaヒープのダンプを有効にします。\fI\-XX:HeapDumpPath\fRオプションを使用して、ヒープ・ダンプ・ファイルのパスおよび名前を明示的に設定できます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、\fIOutOfMemoryError\fR例外がスローされた場合にヒープはダンプされません。
-.RE
-.PP
-\-XX:HeapDumpPath=\fIpath\fR
-.RS 4
-\fI\-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError\fRオプションが設定されている場合、ヒープ・プロファイラ(HPROF)が提供するヒープ・ダンプを書き込むパスおよびファイル名を設定します。デフォルトでは、このファイルは、現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fIjava_pid\fR\fIpid\fR\fI\&.hprof\fR
-(\fIpid\fRはエラーの原因となったプロセスの識別子)になります。次の例では、デフォルトのファイルを明示的に設定する方法を示します(\fI%p\fRは現在のプロセスの識別子を表します)。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:HeapDumpPath=\&./java_pid%p\&.hprof
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-次の例では、ヒープ・ダンプ・ファイルを\fI/var/log/java/java_heapdump\&.hprof\fRに設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:HeapDumpPath=/var/log/java/java_heapdump\&.hprof
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:LogFile=\fIpath\fR
-.RS 4
-ログ・データが書き込まれるパスおよびファイル名を設定します。デフォルトでは、ファイルは現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fIhotspot\&.log\fRです。
-.sp
-次の例では、ログ・ファイルを\fI/var/log/java/hotspot\&.log\fRに設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:LogFile=/var/log/java/hotspot\&.log
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+PrintClassHistogram
-.RS 4
-\fI[Control]+[C]\fRイベント(\fISIGTERM\fR)後にクラス・インスタンスのヒストグラムの印刷を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
-.sp
-このオプションを設定すると、\fIjmap \-histo\fRコマンド、または\fIjcmd \fR\fIpid\fR\fI GC\&.class_histogram\fRコマンド(\fIpid\fRは現在のJavaプロセスの識別子)を実行する場合と同じになります。
-.RE
-.PP
-\-XX:+PrintConcurrentLocks
-.RS 4
-.sp
-\fI[Control]+[C]\fRイベント(\fISIGTERM\fR)後に\fIjava\&.util\&.concurrent\fRロックの印刷を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
-.sp
-このオプションを設定すると、\fIjstack \-l\fRコマンド、または\fIjcmd \fR\fIpid\fR\fI Thread\&.print \-l\fRコマンド(\fIpid\fRは現在のJavaプロセスの識別子)を実行する場合と同じになります。
-.RE
-.PP
-\-XX:+UnlockDiagnosticVMOptions
-.RS 4
-JVMの診断を目的としたオプションをアンロックします。デフォルトでは、このオプションは無効であり、診断オプションは使用できません。
-.RE
-.SS "高度なガベージ・コレクション・オプション"
-.PP
-これらのオプションは、ガベージ・コレクション(GC)がJava HotSpot VMによってどのように実行されるかを制御します。
-.PP
-\-XX:+AggressiveHeap
-.RS 4
-Javaヒープの最適化を有効にします。これにより、コンピュータの構成(RAMおよびCPU)に基づいて、様々なパラメータが、メモリー割当てが集中した長時間実行ジョブに最適になるように設定されます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、ヒープは最適化されません。
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
 .RE
 .PP
 \-XX:AllocatePrefetchDistance=\fIsize\fR
 .RS 4
 オブジェクト割当てのプリフェッチ距離のサイズ(バイト単位)を設定します。新規オブジェクトの値で書き込もうとするメモリーは、最後に割り当てられたオブジェクトのアドレスから、この距離までプリフェッチされます。各Javaスレッドには独自の割当てポイントがあります。
 .sp
-負の値は、プリフェッチ距離はプラットフォームに基づいて選択されることを示します。正の値は、プリフェッチするバイト数です。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値は\-1に設定されています。
+負の値は、プリフェッチ距離はプラットフォームに基づいて選択されることを示します。正の値は、プリフェッチするバイト数です。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値は\-1に設定されています。
 .sp
 次の例では、プリフェッチ距離を1024バイトに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -1718,11 +1239,30 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:AllocatePrefetchDistance=1024
+\fB\-XX:AllocatePrefetchDistance=1024\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:AllocatePrefetchInstr=\fIinstruction\fR
+.RS 4
+割当てポインタの前にプリフェッチするプリフェッチ命令を設定します。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。使用可能な値は0から3までです。値の背後にある実際の命令は、プラットフォームによって異なります。デフォルトでは、プリフェッチ命令は0に設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:AllocatePrefetchInstr=0\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
 .RE
 .PP
 \-XX:AllocatePrefetchLines=\fIlines\fR
@@ -1735,11 +1275,30 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:AllocatePrefetchLines=5
+\fB\-XX:AllocatePrefetchLines=5\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:AllocatePrefetchStepSize=\fIsize\fR
+.RS 4
+順次プリフェッチ命令のステップ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、ステップ・サイズは16バイトに設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:AllocatePrefetchStepSize=16\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
 .RE
 .PP
 \-XX:AllocatePrefetchStyle=\fIstyle\fR
@@ -1765,16 +1324,565 @@
 .RS 4
 割当てプリフェッチ用のSPARCでBIS命令を使用します。
 .RE
+.sp
+Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+BackgroundCompilation
+.RS 4
+バックグラウンド・コンパイルを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。バックグラウンド・コンパイルを無効にするには、\fB\-XX:\-BackgroundCompilation\fRを指定します(これは\fB\-Xbatch\fRを指定するのと同等です)。
+.RE
+.PP
+\-XX:CICompilerCount=\fIthreads\fR
+.RS 4
+コンパイルに使用するコンパイラ・スレッドの数を設定します。デフォルトでは、スレッド数は、サーバーJVMの場合は2、クライアントJVMの場合は1に設定されており、層コンパイルが使用されている場合、コア数に合せて増減します。次の例では、スレッドの数を2に設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CICompilerCount=2\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:CodeCacheMinimumFreeSpace=\fIsize\fR
+.RS 4
+コンパイルに必要な最小空き領域(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。最小空き領域より少ない領域しか残っていない場合、コンパイルは停止します。デフォルトでは、このオプションは500KBに設定されています。次の例では、最小空き領域を1024MBに設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CodeCacheMinimumFreeSpace=1024m\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:CompileCommand=\fIcommand\fR,\fImethod\fR[,\fIoption\fR]
+.RS 4
+メソッドで実行するコマンドを指定します。たとえば、コンパイル元から\fBString\fRクラスの\fBindexOf()\fRメソッドを実行するには、次を使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand=exclude,java/lang/String\&.indexOf\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+スラッシュ(\fB/\fR)で区切られたすべてのパッケージおよびサブパッケージを含む、完全クラス名を指定します。切取りと貼付けの操作を容易にするために、\fB\-XX:+PrintCompilation\fRオプションおよび\fB\-XX:+LogCompilation\fRオプションによって生成されるメソッド名の形式を使用することもできます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand=exclude,java\&.lang\&.String::indexOf\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+署名なしでメソッドを指定すると、コマンドは指定した名前を持つすべてのメソッドに適用されます。ただし、クラス・ファイル形式でメソッドの署名を指定することもできます。この場合、引数を引用符で囲む必要があり、囲まないと、シェルによりセミコロンがコマンドの終了として扱われます。たとえば、コンパイル元から\fBString\fRクラスの\fBindexOf(String)\fRメソッドのみ除外するには、次を使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand="exclude,java/lang/String\&.indexOf,(Ljava/lang/String;)I"\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+また、クラス名およびメソッド名にワイルドカードとしてアスタリスク(*)を使用できます。たとえば、コンパイル元からすべてのクラスのすべての\fBindexOf()\fRメソッドを除外するには、次を使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand=exclude,*\&.indexOf\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+カンマとピリオドは空白の別名で、これにより、シェルを介してコンパイラ・コマンドを渡すことが容易になります。引数を引用符で囲むことで、空白をセパレータとして使用して\fB\-XX:CompileCommand\fRに引数を渡すことができます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand="exclude java/lang/String indexOf"\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションを使用してコマンド行で渡されたコマンドを解析した後に、JITコンパイラは\fB\&.hotspot_compiler\fRファイルからコマンドを読み取ります。このファイルにコマンドを追加するか、または\fB\-XX:CompileCommandFile\fRオプションを使用して別のファイルを指定することができます。
+.sp
+複数のコマンドを追加するには、\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションを複数回指定するか、または改行セパレータ(\fB\en\fR)を使用して各引数を区切ります。次のコマンドを使用できます。
+.PP
+break
+.RS 4
+指定したメソッドのコンパイルの最初に停止するために、JVMのデバッグ時のブレークポイントを設定します。
+.RE
+.PP
+compileonly
+.RS 4
+指定したメソッドを除いたすべてのメソッドを、コンパイルから除外します。別の方法として、\fB\-XX:CompileOnly\fRオプションを使用して複数のメソッドを指定できます。
+.RE
+.PP
+dontinline
+.RS 4
+指定したメソッドをインライン化しないようにします。
+.RE
+.PP
+exclude
+.RS 4
+指定したメソッドをコンパイルから除外します。
+.RE
+.PP
+help
+.RS 4
+\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションのヘルプ・メッセージを印刷します。
+.RE
+.PP
+inline
+.RS 4
+指定したメソッドをインライン化しようとします。
+.RE
+.PP
+log
+.RS 4
+指定したメソッドを除くすべてのメソッドに対して、(\fB\-XX:+LogCompilation\fRオプションを使用して)コンパイル・ロギングを除外します。デフォルトでは、コンパイルされたすべてのメソッドにロギングが実行されます。
+.RE
+.PP
+option
+.RS 4
+このコマンドは、最後の引数(\fIoption\fR)のかわりに、指定したメソッドにJITコンパイル・オプションを渡すために使用できます。コンパイル・オプションは、メソッド名の後の末尾に設定されます。たとえば、\fBStringBuffer\fRクラスの\fBappend()\fRメソッドに対して\fBBlockLayoutByFrequency\fRオプションを有効にするには、次を使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileCommand=option,java/lang/StringBuffer\&.append,BlockLayoutByFrequency\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+カンマまたは空白で区切って、複数のコンパイル・オプションを指定できます。
+.RE
+.PP
+print
+.RS 4
+指定したメソッドのコンパイル後に生成されたアセンブラ・コードを出力します。
+.RE
+.PP
+quiet
+.RS 4
+コンパイル・コマンドを出力しません。デフォルトでは、\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションを使用して指定したコマンドが出力されます。たとえば、\fBString\fRクラスの\fBindexOf()\fRメソッドのコンパイルから除外する場合、次が標準出力に出力されます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fBCompilerOracle: exclude java/lang/String\&.indexOf\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+他の\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションの前に\fB\-XX:CompileCommand=quiet\fRオプションを指定することによって、これを抑制できます。
+.RE
+.RE
+.PP
+\-XX:CompileCommandFile=\fIfilename\fR
+.RS 4
+JITコンパイラ・コマンドの読取り元のファイルを設定します。デフォルトでは、JITコンパイラによって実行されるコマンドを格納するために、\fB\&.hotspot_compiler\fRファイルが使用されます。
+.sp
+コマンド・ファイルの各行は、コマンドが使用されるコマンド、クラス名およびメソッド名を表します。たとえば、次の行は、\fBString\fRクラスの\fBtoString()\fRメソッドに対してアセンブリ・コードを出力します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fBprint java/lang/String toString\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+メソッドで実行するJITコンパイラのコマンドの指定の詳細は、\fB\-XX:CompileCommand\fRオプションを参照してください。
+.RE
+.PP
+\-XX:CompileOnly=\fImethods\fR
+.RS 4
+コンパイルを制限する(カンマで区切られた)メソッドのリストを設定します。指定したメソッドのみがコンパイルされます。完全クラス名(パッケージおよびサブパッケージを含む)で各メソッドを指定します。たとえば、\fBString\fRクラスの\fBlength()\fRメソッドおよび\fBList\fRクラスの\fBsize()\fRメソッドのみをコンパイルするには、次を使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileOnly=java/lang/String\&.length,java/util/List\&.size\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+スラッシュ(\fB/\fR)で区切られたすべてのパッケージおよびサブパッケージを含む、完全クラス名を指定します。切取りと貼付けの操作を容易にするために、\fB\-XX:+PrintCompilation\fRオプションおよび\fB\-XX:+LogCompilation\fRオプションによって生成されるメソッド名の形式を使用することもできます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileOnly=java\&.lang\&.String::length,java\&.util\&.List::size\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+ワイルドカードはサポートされていませんが、クラス名またはパッケージ名だけを指定してクラスまたはパッケージのすべてのメソッドをコンパイルすることも、メソッドだけを指定して任意のクラスのこの名前を持つメソッドをコンパイルすることもできます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileOnly=java/lang/String\fR
+\fB\-XX:CompileOnly=java/lang\fR
+\fB\-XX:CompileOnly=\&.length\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:CompileThreshold=\fIinvocations\fR
+.RS 4
+コンパイル前に解釈されたメソッド呼出しの数を設定します。デフォルトでは、サーバーJVMでは、JITコンパイラは、10,000の解釈されたメソッド呼出しを実行して、効率的なコンパイルのための情報を収集します。クライアントJVMの場合、デフォルト設定は1,500呼出しです。次の例では、解釈されたメソッド呼出しの数を5,000に設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:CompileThreshold=5000\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+\fB\-Xcomp\fRオプションを指定して、コンパイルの前に、Javaメソッドの解釈を完全に無効にすることができます。
+.RE
+.PP
+\-XX:+DoEscapeAnalysis
+.RS 4
+エスケープ分析の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。エスケープ分析の使用を無効にするには、\fB\-XX:\-DoEscapeAnalysis\fRを指定します。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:InitialCodeCacheSize=\fIsize\fR
+.RS 4
+初期コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値は500KBに設定されています。次の例では、初期コード・キャッシュ・サイズを32KBに設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:InitialCodeCacheSize=32k\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+Inline
+.RS 4
+メソッドのインライン化を有効にします。このオプションは、パフォーマンスを向上させるためにデフォルトで有効になっています。メソッドのインライン化を無効にするには、\fB\-XX:\-Inline\fRを指定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:InlineSmallCode=\fIsize\fR
+.RS 4
+インライン化が必要なコンパイルされたメソッドの最大コード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。指定したサイズより小さいサイズのコンパイルされたメソッドのみが、インライン化されます。デフォルトでは、最大コード・サイズは1000バイトに設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:InlineSmallCode=1000\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+LogCompilation
+.RS 4
+現在の作業ディレクトリにある\fBhotspot\&.log\fRという名前のファイルへのコンパイル・アクティビティのロギングを有効にします。\fB\-XX:LogFile\fRオプションを使用して、異なるログ・ファイル・パスと名前を指定できます。
+.sp
+デフォルトでは、このオプションは無効であり、コンパイル・アクティビティは記録されません。\fB\-XX:+LogCompilation\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fB\-XX:UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
+.sp
+\fB\-XX:+PrintCompilation\fRオプションを使用して、メソッドをコンパイルするたびに、コンソールに出力されたメッセージを含む詳細な診断出力を有効化できます。
+.RE
+.PP
+\-XX:MaxInlineSize=\fIsize\fR
+.RS 4
+インライン化するメソッドの最大バイトコード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、最大バイトコード・サイズは35バイトに設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:MaxInlineSize=35\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:MaxNodeLimit=\fInodes\fR
+.RS 4
+単一のメソッドのコンパイル時に使用されるノードの最大数を設定します。デフォルトでは、ノードの最大数は65,000に設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:MaxNodeLimit=65000\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:MaxTrivialSize=\fIsize\fR
+.RS 4
+インライン化する単純メソッドの最大バイトコード・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルトでは、単純メソッドの最大バイトコード・サイズは6バイトに設定されています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:MaxTrivialSize=6\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+OptimizeStringConcat
+.RS 4
+\fBString\fR連結操作の最適化を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。\fBString\fR連結操作の最適化を無効にするには、\fB\-XX:\-OptimizeStringConcat\fRを指定します。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintAssembly
+.RS 4
+外部の\fBdisassembler\&.so\fRライブラリを使用して、バイトコード化されたネイティブのメソッドのアセンブリ・コードの出力を有効にします。これにより、生成されたコードを表示することができ、パフォーマンスの問題の診断に役立ちます。
+.sp
+デフォルトでは、このオプションは無効であり、アセンブリ・コードは印刷されません。\fB\-XX:+PrintAssembly\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fB\-XX:UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintCompilation
+.RS 4
+メソッドをコンパイルするたびに、コンソールにメッセージを出力することによって、JVMからの詳細な診断出力を有効にします。これにより、実際にコンパイルされるメソッドを確認できます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、診断出力は印刷されません。
+.sp
+\fB\-XX:+LogCompilation\fRオプションを使用して、コンパイル・アクティビティをファイルに記録することもできます。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintInlining
+.RS 4
+インライン化の決定内容の出力を有効にします。これにより、インライン化されるメソッドを確認できます。
+.sp
+デフォルトでは、このオプションは無効であり、インライン化情報は出力されません。\fB\-XX:+PrintInlining\fRオプションは、診断JVMオプションのロックを解除する\fB\-XX:+UnlockDiagnosticVMOptions\fRオプションとともに使用する必要があります。
+.RE
+.PP
+\-XX:ReservedCodeCacheSize=\fIsize\fR
+.RS 4
+JITコンパイルされたコードの最大コード・キャッシュ・サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。このオプションは\fB\-Xmaxjitcodesize\fRと同等です。
+.RE
+.PP
+\-XX:+TieredCompilation
+.RS 4
+層コンパイルの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは有効になっています。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseAES
+.RS 4
+Intel、AMDおよびSPARCハードウェアに対して、ハードウェアベースのAES組込みを有効化します。Intel Westmere (2010以降)、AMD Bulldozer (2011以降)およびSPARC (T4以降)が、サポートされているハードウェアです。UseAESは、UseAESIntrinsicsとともに使用します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseAESIntrinsics
+.RS 4
+UseAESとUseAESIntrinsicsフラグはデフォルトで有効化されており、Java HotSpot Server VM 32ビットおよび64ビットに対してのみサポートされています。ハードウェアベースのAES組込みを無効化するには、\fB\-XX:\-UseAES \-XX:\-UseAESIntrinsics\fRを指定します。たとえば、ハードウェアAESを有効化するには、次のフラグを使用します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:+UseAES \-XX:+UseAESIntrinsics\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+32ビットおよび64ビットに対してUseAESおよびUseAESIntrinsicsフラグをサポートするには、\fB\-server\fRオプションを使用してJava HotSpot Server VMを選択します。これらのフラグは、クライアントVMではサポートされていません。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseCodeCacheFlushing
+.RS 4
+コンパイラをシャットダウンする前に、コード・キャッシュのフラッシュを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。コンパイラをシャットダウンする前にコード・キャッシュのフラッシュを無効にするには\fB\-XX:\-UseCodeCacheFlushing\fRを指定します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseCondCardMark
+.RS 4
+カード表の更新前に、カードがすでにマークされているかどうかのチェックを有効にします。このオプションは、デフォルトでは無効になっており、複数のソケットを持つマシン上でのみ使用する必要があります。これにより、同時操作にかなり依存しているJavaアプリケーションのパフォーマンスが向上します。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseSuperWord
+.RS 4
+スカラー演算のスーパーワード演算への変換を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。スカラー演算のスーパーワード演算への変換を無効にするには、\fB\-XX:\-UseSuperWord\fRを指定します。Java HotSpot Server VMのみが、このオプションをサポートしています。
+.RE
+.SS "試験的なJITコンパイラ・オプション"
+.PP
+この項のRestricted Transactional Memory (RTM)のロック機能に関連するオプションは試験的なもので、Java SE 8u20で正式にサポートされていません。これらを使用するには、\fB\-XX:+UnlockExperimentalVMOptions\fRオプションを有効化する必要があります。これらのオプションは、Transactional Synchronization Extensions (TSX)をサポートするx86 CPU上のJava HotSpot Server VMに対してのみ使用可能です。
+.PP
+\-XX:RTMAbortRatio=\fIabort_ratio\fR
+.RS 4
+RTM中止率は、すべての実行済RTMトランザクションに対するパーセンテージ(%)として指定されます。中止されたトランザクション数がこの率を超えた場合、コンパイルされたコードが非最適化されます。この率は、\fB\-XX:+UseRTMDeopt\fRオプションが有効な場合に使用されます。このオプションのデフォルト値は50です。つまり、すべてのトランザクションの50%が中止された場合、コンパイルされたコードが非最適化されます。
+.RE
+.PP
+\-XX:RTMRetryCount=\fInumber_of_retries\fR
+.RS 4
+中止またはビジーの場合、RTMロック・コードは、標準のロック・メカニズムにフォールバックする前にこのオプションによって指定された回数再試行されます。このオプションのデフォルト値は5です。\fB\-XX:UseRTMLocking\fRオプションを有効化する必要があります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseRTMDeopt
+.RS 4
+中止率に応じて、RTMロックを自動調整します。この率は、\fB\-XX:RTMAbortRatio\fRオプションによって指定されます。中止されたトランザクション数が中止率を超えた場合、ロックを含むメソッドがすべてのロックで標準のロックとして非最適化および再コンパイルされます。このオプションは、デフォルトでは無効になっています。\fB\-XX:UseRTMLocking\fRオプションを有効化する必要があります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UseRTMLocking
+.RS 4
+フォールバック・ハンドラとして標準のロック・メカニズムを使用して、展開されたすべてのロックに対してRestricted Transactional Memory (RTM)ロック・コードを生成します。このオプションは、デフォルトでは無効になっています。
+.sp
+RTMは、x86命令セット拡張でマルチスレッド・アプリケーションの作成を容易にするIntelのTransactional Synchronization Extensions (TSX)の一部です。RTMでは、新しい命令
+\fBXBEGIN\fR、\fBXABORT\fR、\fBXEND\fRおよび\fBXTEST\fRが導入されています。\fBXBEGIN\fRおよび\fBXEND\fR命令は、トランザクションとして実行するための命令セットを囲みます。トランザクションの実行時に競合が見つからなかった場合、メモリーとレジスタの変更が、\fBXEND\fR命令で同時にコミットされます。\fBXABORT\fR命令ではトランザクションを明示的に中止でき、\fBXEND\fR命令では命令セットがトランザクション内で実行中かどうかを確認できます。
+.sp
+トランザクションのロックは、別のスレッドが同じトランザクションにアクセスしようとしたときに展開されます。したがって、そのトランザクションへのアクセスを最初にリクエストしなかったスレッドはブロックされます。RTMでは、トランザクションが中止または失敗した場合のために、フォールバックの操作セットを指定する必要があります。RTMロックとは、TSXのシステムに委譲されているロックです。
+.sp
+RTMにより、重要なリージョンにおいて衝突が少なく競合度の高いロックのパフォーマンスが向上されます(これは、複数のスレッドによって同時にアクセスできないコードです)。また、RTMにより、粗粒度ロックのパフォーマンスも向上されますが、一般的にマルチスレッド・アプリケーションでのパフォーマンスはよくありません。(粗粒度ロックとは、ロックの取得および解放のオーバーヘッドを最小化するために長い期間ロックを保持する戦略であり、一方、細粒度ロックとは必要な場合のみロックし可能なかぎり早期にロック解除することで最大限の並行処理の達成を試みる戦略です。)さらに、異なるスレッドによって使用されている軽度な競合ロックの場合、RTMにより、誤ったキャッシュ・ライン共有(キャッシュ・ライン・ピンポンとも呼ばれる)を削減できます。これは、異なるプロセッサからの複数のスレッドが異なるリソースにアクセスしている場合に発生しますが、リソースは同じキャッシュ・ラインを共有します。結果として、プロセッサは他のプロセッサのキャッシュ・ラインを繰り返し無効にし、これにより、キャッシュではなくメイン・メモリーからの読取りが強制されます。
+.RE
+.SS "高度なサービスアビリティ・オプション"
+.PP
+これらのオプションは、システム情報を収集し、詳細なデバッグを実行する機能を提供します。
+.PP
+\-XX:+ExtendedDTraceProbes
+.RS 4
+パフォーマンスに影響を与える追加の\fBdtrace\fRツール・プローブを有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、\fBdtrace\fRは標準プローブのみを実行します。
+.RE
+.PP
+\-XX:+HeapDumpOnOutOfMemory
+.RS 4
+\fBjava\&.lang\&.OutOfMemoryError\fR例外がスローされた場合に、ヒープ・プロファイラ(HPROF)を使用して、現在のディレクトリ内のファイルへのJavaヒープのダンプを有効にします。\fB\-XX:HeapDumpPath\fRオプションを使用して、ヒープ・ダンプ・ファイルのパスおよび名前を明示的に設定できます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、\fBOutOfMemoryError\fR例外がスローされた場合にヒープはダンプされません。
+.RE
+.PP
+\-XX:HeapDumpPath=\fIpath\fR
+.RS 4
+\fB\-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError\fRオプションが設定されている場合、ヒープ・プロファイラ(HPROF)が提供するヒープ・ダンプを書き込むパスおよびファイル名を設定します。デフォルトでは、このファイルは、現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fBjava_pid\fR\fIpid\fR\fB\&.hprof\fR
+(\fIpid\fRはエラーの原因となったプロセスの識別子)になります。次の例では、デフォルトのファイルを明示的に設定する方法を示します(\fB%p\fRは現在のプロセスの識別子を表します)。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:HeapDumpPath=\&./java_pid%p\&.hprof\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+次の例では、ヒープ・ダンプ・ファイルを\fB/var/log/java/java_heapdump\&.hprof\fRに設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:HeapDumpPath=/var/log/java/java_heapdump\&.hprof\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:LogFile=\fIpath\fR
+.RS 4
+ログ・データが書き込まれるパスおよびファイル名を設定します。デフォルトでは、ファイルは現在の作業ディレクトリに作成され、名前は\fBhotspot\&.log\fRです。
+.sp
+次の例では、ログ・ファイルを\fB/var/log/java/hotspot\&.log\fRに設定する方法を示します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-XX:LogFile=/var/log/java/hotspot\&.log\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintClassHistogram
+.RS 4
+\fB[Control]+[C]\fRイベント(\fBSIGTERM\fR)後にクラス・インスタンスのヒストグラムの印刷を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
+.sp
+このオプションを設定すると、\fBjmap \-histo\fRコマンド、または\fBjcmd \fR\fIpid\fR\fB GC\&.class_histogram\fRコマンド(\fIpid\fRは現在のJavaプロセスの識別子)を実行する場合と同じになります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+PrintConcurrentLocks
+.RS 4
+次の印刷を有効化します: j ロック(次の後) \- イベント。デフォルトでは、このオプションは無効です。
+.sp
+\fB[Control]+[C]\fRイベント(\fBSIGTERM\fR)後に\fBjava\&.util\&.concurrent\fRロックの印刷を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
+.sp
+このオプションを設定すると、\fBjstack \-l\fRコマンド、または\fBjcmd \fR\fIpid\fR\fB Thread\&.print \-l\fRコマンド(\fIpid\fRは現在のJavaプロセスの識別子)を実行する場合と同じになります。
+.RE
+.PP
+\-XX:+UnlockDiagnosticVMOptions
+.RS 4
+JVMの診断を目的としたオプションをアンロックします。デフォルトでは、このオプションは無効であり、診断オプションは使用できません。
+.RE
+.SS "高度なガベージ・コレクション・オプション"
+.PP
+これらのオプションは、ガベージ・コレクション(GC)がJava HotSpot VMによってどのように実行されるかを制御します。
+.PP
+\-XX:+AggressiveHeap
+.RS 4
+Javaヒープの最適化を有効にします。これにより、コンピュータの構成(RAMおよびCPU)に基づいて、様々なパラメータが、メモリー割当てが集中した長時間実行ジョブに最適になるように設定されます。デフォルトでは、このオプションは無効であり、ヒープは最適化されません。
 .RE
 .PP
 \-XX:+AlwaysPreTouch
 .RS 4
-JVMの初期化中にJavaヒープ上のすべてのページのタッチを有効にします。これにより、\fImain()\fRメソッドの入力前に、すべてのページがメモリーに取得されます。このオプションは、物理メモリーにマップされたすべての仮想メモリーを含む長時間実行のシステムをシミュレートするテストで使用できます。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、JVMヒープ領域がいっぱいになると、すべてのページがコミットされます。
+JVMの初期化中にJavaヒープ上のすべてのページのタッチを有効にします。これにより、\fBmain()\fRメソッドの入力前に、すべてのページがメモリーに取得されます。このオプションは、物理メモリーにマップされたすべての仮想メモリーを含む長時間実行のシステムをシミュレートするテストで使用できます。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、JVMヒープ領域がいっぱいになると、すべてのページがコミットされます。
 .RE
 .PP
 \-XX:+CMSClassUnloadingEnabled
 .RS 4
-並行マークスイープ(CMS)ガベージ・コレクタを使用する場合に、アンロードするクラスを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。CMSガベージ・コレクタのクラス・アンロードを無効にするには、\fI\-XX:\-CMSClassUnloadingEnabled\fRを指定します。
+並行マークスイープ(CMS)ガベージ・コレクタを使用する場合に、アンロードするクラスを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。CMSガベージ・コレクタのクラス・アンロードを無効にするには、\fB\-XX:\-CMSClassUnloadingEnabled\fRを指定します。
 .RE
 .PP
 \-XX:CMSExpAvgFactor=\fIpercent\fR
@@ -1785,79 +1893,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:CMSExpAvgFactor=15
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:CMSIncrementalDutyCycle=\fIpercent\fR
-.RS 4
-並行コレクタの実行が許可されているマイナー・コレクション間の時間の割合(0から100まで)を設定します。\fI\-XX:+CMSIncrementalPacing\fRが有効な場合、デューティ・サイクルが自動的に設定され、このオプションは初期値のみを設定します。
-.sp
-デフォルトでは、デューティ・サイクルは10%に設定されています。次の例では、デューティ・サイクルを20%に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CMSIncrementalDutyCycle=20
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:CMSIncrementalDutyCycleMin=\fIpercent\fR
-.RS 4
-\fI\-XX:+CMSIncrementalPacing\fRが有効な場合にデューティ・サイクルの下限であるマイナー・コレクション間の時間の割合(0から100まで)を設定します。デフォルトでは、デューティ・サイクルの下限は0%に設定されています。次の例では、下限を10%に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CMSIncrementalDutyCycleMin=10
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+CMSIncrementalMode
-.RS 4
-CMSコレクタの増分モードを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、2つ以下のGCスレッドを持つ構成にのみ有効にする必要があります。\fICMSIncremental\fRで始まるすべてのオプションは、このオプションが有効な場合のみ、適用されます。
-.RE
-.PP
-\-XX:CMSIncrementalOffset=\fIpercent\fR
-.RS 4
-増分モードのデューティ・サイクルをマイナー・コレクション間で期間内に右に移動する時間の割合(0から100まで)を設定します。デフォルトでは、オフセットは0%に設定されています。次の例では、デューティ・サイクルのオフセットを25%に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CMSIncrementalOffset=25
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.RE
-.PP
-\-XX:+CMSIncrementalPacing
-.RS 4
-JVMの実行中に収集された統計に基づいて、増分モードのデューティ・サイクルの自動調整を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。増分モード・デューティ・サイクルの自動調整を無効にするには、\fI\-XX:\-CMSIncrementalPacing\fRを指定します。
-.RE
-.PP
-\-XX:CMSIncrementalSafetyFactor=\fIpercent\fR
-.RS 4
-デューティ・サイクルを計算する際に、保守を追加するために使用される時間の割合(0から100まで)を設定します。デフォルトでは、安全係数は10%に設定されています。次の例では、安全係数を5%に設定する方法を示します。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-\-XX:CMSIncrementalSafetyFactor=5
+\fB\-XX:CMSExpAvgFactor=15\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1866,7 +1903,7 @@
 .PP
 \-XX:CMSInitiatingOccupancyFraction=\fIpercent\fR
 .RS 4
-CMS収集サイクルを開始する古い世代の占有率(0から100まで)を設定します。デフォルト値は\-1に設定されています。負の値(デフォルトを含む)は、\fI\-XX:CMSTriggerRatio\fRが開始占有率の値を定義するために使用されることを意味します。
+CMS収集サイクルを開始する古い世代の占有率(0から100まで)を設定します。デフォルト値は\-1に設定されています。負の値(デフォルトを含む)は、\fB\-XX:CMSTriggerRatio\fRが開始占有率の値を定義するために使用されることを意味します。
 .sp
 次の例では、占有率を20%に設定する方法を示します。
 .sp
@@ -1874,7 +1911,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:CMSInitiatingOccupancyFraction=20
+\fB\-XX:CMSInitiatingOccupancyFraction=20\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1888,7 +1926,7 @@
 .PP
 \-XX:CMSTriggerRatio=\fIpercent\fR
 .RS 4
-CMS収集サイクルが開始する前に割り当てられる\fI\-XX:MinHeapFreeRatio\fRによって指定される値の割合(0から100まで)を設定します。デフォルト値は80%に設定されています。
+CMS収集サイクルが開始する前に割り当てられる\fB\-XX:MinHeapFreeRatio\fRによって指定される値の割合(0から100まで)を設定します。デフォルト値は80%に設定されています。
 .sp
 次の例では、占有率を75%に設定する方法を示します。
 .sp
@@ -1896,7 +1934,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:CMSTriggerRatio=75
+\fB\-XX:CMSTriggerRatio=75\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1913,7 +1952,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:ConcGCThreads=2
+\fB\-XX:ConcGCThreads=2\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1922,17 +1962,17 @@
 .PP
 \-XX:+DisableExplicitGC
 .RS 4
-\fISystem\&.gc()\fRの呼出しの処理を無効にするオプションを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、これは\fISystem\&.gc()\fRへの呼出しが処理されることを意味します。\fISystem\&.gc()\fRの呼出しの処理が無効になっている場合、JVMは必要に応じてGCを実行します。
+\fBSystem\&.gc()\fRの呼出しの処理を無効にするオプションを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、これは\fBSystem\&.gc()\fRへの呼出しが処理されることを意味します。\fBSystem\&.gc()\fRの呼出しの処理が無効になっている場合、JVMは必要に応じてGCを実行します。
 .RE
 .PP
 \-XX:+ExplicitGCInvokesConcurrent
 .RS 4
-\fISystem\&.gc()\fRリクエストを使用することによって、並行GCの呼出しを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、\fI\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションとともに使用する場合のみ、有効にすることができます。
+\fBSystem\&.gc()\fRリクエストを使用することによって、並行GCの呼出しを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、\fB\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションとともに使用する場合のみ、有効にすることができます。
 .RE
 .PP
 \-XX:+ExplicitGCInvokesConcurrentAndUnloadsClasses
 .RS 4
-\fISystem\&.gc()\fRリクエストを使用し、並行GCサイクル中にクラスをアンロードすることによって、並行GCの呼出しを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、\fI\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションとともに使用する場合のみ、有効にすることができます。
+\fBSystem\&.gc()\fRリクエストを使用し、並行GCサイクル中にクラスをアンロードすることによって、並行GCの呼出しを有効にします。このオプションはデフォルトで無効になっており、\fB\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションとともに使用する場合のみ、有効にすることができます。
 .RE
 .PP
 \-XX:G1HeapRegionSize=\fIsize\fR
@@ -1945,7 +1985,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:G1HeapRegionSize=16m
+\fB\-XX:G1HeapRegionSize=16m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1967,7 +2008,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:G1ReservePercent=20
+\fB\-XX:G1ReservePercent=20\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1976,7 +2018,7 @@
 .PP
 \-XX:InitialHeapSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-メモリー割当てプールの初期サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、0、または1MBより大きい1024の倍数のいずれかにする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
+メモリー割当てプールの初期サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、0、または1MBより大きい1024の倍数のいずれかにする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
 .sp
 次の例では、割り当てられたメモリーのサイズを様々な単位を使用して6MBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -1984,19 +2026,20 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:InitialHeapSize=6291456
-\-XX:InitialHeapSize=6144k
-\-XX:InitialHeapSize=6m
+\fB\-XX:InitialHeapSize=6291456\fR
+\fB\-XX:InitialHeapSize=6144k\fR
+\fB\-XX:InitialHeapSize=6m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このオプションを0に設定した場合、初期サイズは、古い世代と若い世代に割り当てられたサイズの合計として設定されます。若い世代のヒープのサイズは、\fI\-XX:NewSize\fRオプションを使用して設定できます。
+このオプションを0に設定した場合、初期サイズは、古い世代と若い世代に割り当てられたサイズの合計として設定されます。若い世代のヒープのサイズは、\fB\-XX:NewSize\fRオプションを使用して設定できます。
 .RE
 .PP
 \-XX:InitialSurvivorRatio=\fIratio\fR
 .RS 4
-スループット・ガベージ・コレクタが使用するサバイバ領域の初期比を設定します(\fI\-XX:+UseParallelGC\fRおよび/または\fI\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションによって有効になります)。\fI\-XX:+UseParallelGC\fRオプションおよび\fI\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションを使用することによって、スループット・ガベージ・コレクタで適応サイズ指定をデフォルトで有効にします。初期値から始めて、アプリケーションの動作に従って、サバイバ領域がサイズ変更されます。(\fI\-XX:\-UseAdaptiveSizePolicy\fRオプションを使用して)適応サイズ指定を無効にした場合、\fI\-XX:SurvivorRatio\fRオプションを使用して、アプリケーションの実行全体のサバイバ領域のサイズを設定する必要があります。
+スループット・ガベージ・コレクタが使用するサバイバ領域の初期比を設定します(\fB\-XX:+UseParallelGC\fRおよび/または\fB\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションによって有効になります)。\fB\-XX:+UseParallelGC\fRオプションおよび\fB\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションを使用することによって、スループット・ガベージ・コレクタで適応サイズ指定をデフォルトで有効にします。初期値から始めて、アプリケーションの動作に従って、サバイバ領域がサイズ変更されます。(\fB\-XX:\-UseAdaptiveSizePolicy\fRオプションを使用して)適応サイズ指定を無効にした場合、\fB\-XX:SurvivorRatio\fRオプションを使用して、アプリケーションの実行全体のサバイバ領域のサイズを設定する必要があります。
 .sp
 次の式を使用して、若い世代のサイズ(Y)およびサバイバ領域の初期比(R)に基づいて、サバイバ領域の初期サイズ(S)を計算できます。
 .sp
@@ -2004,7 +2047,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-S=Y/(R+2)
+\fBS=Y/(R+2)\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2019,7 +2063,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:InitialSurvivorRatio=4
+\fB\-XX:InitialSurvivorRatio=4\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2036,7 +2081,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:InitiatingHeapOccupancyPercent=75
+\fB\-XX:InitiatingHeapOccupancyPercent=75\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2053,7 +2099,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxGCPauseMillis=500
+\fB\-XX:MaxGCPauseMillis=500\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2062,7 +2109,7 @@
 .PP
 \-XX:MaxHeapSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-メモリー割当てプールの最大サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。サーバー・デプロイメントでは、\fI\-XX:InitialHeapSize\fRおよび\fI\-XX:MaxHeapSize\fRは通常同じ値に設定されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
+メモリー割当てプールの最大サイズ(バイト単位)を設定します。指定する値は、2MBより大きい1024の倍数にする必要があります。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。デフォルト値は、実行時にシステム構成に基づいて選択されます。サーバー・デプロイメントでは、\fB\-XX:InitialHeapSize\fRおよび\fB\-XX:MaxHeapSize\fRは通常同じ値に設定されます。詳細は、http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/vm/gc\-ergonomics\&.htmlにあるガベージ・コレクタ・エルゴノミックを参照してください。
 .sp
 次の例では、割り当てられたメモリーの許可される最大サイズを様々な単位を使用して80MBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -2070,16 +2117,17 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxHeapSize=83886080
-\-XX:MaxHeapSize=81920k
-\-XX:MaxHeapSize=80m
+\fB\-XX:MaxHeapSize=83886080\fR
+\fB\-XX:MaxHeapSize=81920k\fR
+\fB\-XX:MaxHeapSize=80m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 Oracle Solaris 7およびOracle Solaris 8 SPARCプラットフォームの場合のこの値の上限は、およそ4,000MBからオーバーヘッドの量を引いたものです。Oracle Solaris 2\&.6およびx86プラットフォームの場合の上限は、およそ2,000MBからオーバーヘッドの量を引いたものです。Linuxプラットフォームの場合の上限は、およそ2,000MBからオーバーヘッドの量を引いたものです。
 .sp
-\fI\-XX:MaxHeapSize\fRオプションは\fI\-Xmx\fRと同等です。
+\fB\-XX:MaxHeapSize\fRオプションは\fB\-Xmx\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-XX:MaxHeapFreeRatio=\fIpercent\fR
@@ -2092,7 +2140,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxHeapFreeRatio=75
+\fB\-XX:MaxHeapFreeRatio=75\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2109,7 +2158,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxMetaspaceSize=256m
+\fB\-XX:MaxMetaspaceSize=256m\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2131,7 +2181,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MaxTenuringThreshold=10
+\fB\-XX:MaxTenuringThreshold=10\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2153,7 +2204,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:MinHeapFreeRatio=25
+\fB\-XX:MinHeapFreeRatio=25\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2168,7 +2220,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:NewRatio=1
+\fB\-XX:NewRatio=1\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2177,7 +2230,7 @@
 .PP
 \-XX:NewSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-若い世代(ナーサリ)のヒープの初期サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。
+若い世代(ナーサリ)のヒープの初期サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。
 .sp
 ヒープの若い世代リージョンは新しいオブジェクトに使用されます。GCは、他のリージョンよりこのリージョンで、より頻繁に実行されます。若い世代のサイズが小さすぎる場合、多数のマイナーGCが実行されます。サイズが大きすぎる場合、フルGCのみが実行されますが、完了までに時間がかかることがあります。若い世代のサイズは、全体のヒープ・サイズの半分から4分の1の間にしておくことをお薦めします。
 .sp
@@ -2187,14 +2240,15 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:NewSize=256m
-\-XX:NewSize=262144k
-\-XX:NewSize=268435456
+\fB\-XX:NewSize=256m\fR
+\fB\-XX:NewSize=262144k\fR
+\fB\-XX:NewSize=268435456\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fI\-XX:NewSize\fRオプションは\fI\-Xmn\fRと同等です。
+\fB\-XX:NewSize\fRオプションは\fB\-Xmn\fRと同等です。
 .RE
 .PP
 \-XX:ParallelGCThreads=\fIthreads\fR
@@ -2207,7 +2261,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:ParallelGCThreads=2
+\fB\-XX:ParallelGCThreads=2\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2239,7 +2294,7 @@
 休止(たとえばGC休止など)が継続した時間の出力を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
 .RE
 .PP
-\-XX+PrintGCDateStamp
+\-XX:+PrintGCDateStamps
 .RS 4
 GCごとの日付スタンプの出力を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
 .RE
@@ -2254,11 +2309,16 @@
 個々のGCワーカー・スレッド・タスクごとのタイムスタンプの出力を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
 .RE
 .PP
-\-XX:+PrintGCTimeStamp
+\-XX:+PrintGCTimeStamps
 .RS 4
 GCごとのタイムスタンプの出力を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。
 .RE
 .PP
+\-XX:+PrintStringDeduplicationStatistics
+.RS 4
+詳細な重複除外統計を印刷します。デフォルトでは、このオプションは無効です。\fB\-XX:+UseStringDeduplication\fRオプションを参照してください。
+.RE
+.PP
 \-XX:+PrintTenuringDistribution
 .RS 4
 殿堂入り期間情報の出力を有効にします。次に、出力の例を示します。
@@ -2267,11 +2327,12 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Desired survivor size 48286924 bytes, new threshold 10 (max 10)
-\- age 1: 28992024 bytes, 28992024 total
-\- age 2: 1366864 bytes, 30358888 total
-\- age 3: 1425912 bytes, 31784800 total
-\&.\&.\&.
+\fBDesired survivor size 48286924 bytes, new threshold 10 (max 10)\fR
+\fB\- age 1: 28992024 bytes, 28992024 total\fR
+\fB\- age 2: 1366864 bytes, 30358888 total\fR
+\fB\- age 3: 1425912 bytes, 31784800 total\fR
+\fB\&.\&.\&.\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2285,12 +2346,12 @@
 .PP
 \-XX:+ScavengeBeforeFullGC
 .RS 4
-それぞれのフルGCの前に若い世代のGCを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。フルGCの前に若い世代のスカベンジを行うと、古い世代領域から若い世代領域へのアクセスが可能なオブジェクトの数を減らすことができるため、これを無効に\fIしない\fRことをお薦めします。各フルGCの前に若い世代のGCを無効にするには、\fI\-XX:\-ScavengeBeforeFullGC\fRを指定します。
+それぞれのフルGCの前に若い世代のGCを有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。フルGCの前に若い世代のスカベンジを行うと、古い世代領域から若い世代領域へのアクセスが可能なオブジェクトの数を減らすことができるため、これを無効に\fIしない\fRことをお薦めします。各フルGCの前に若い世代のGCを無効にするには、\fB\-XX:\-ScavengeBeforeFullGC\fRを指定します。
 .RE
 .PP
 \-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=\fItime\fR
 .RS 4
-ソフト・アクセスが可能なオブジェクトが最後に参照されてからヒープ上でアクティブなままになっている時間(ミリ秒単位)を設定します。デフォルト値は、ヒープ内の空きメガバイト当たりで1秒の存続期間です。\fI\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB\fRオプションは、現在のヒープ・サイズ(Java HotSpot Client VM用)または最大可能ヒープ・サイズ(Java HotSpot Server VM用)の1メガバイト当たりのミリ秒を表す整数値を受け入れます。この違いは、Client VMは、ヒープを大きくするのではなく、ソフト参照をフラッシュする傾向があるのに対し、Server VMは、ソフト参照をフラッシュするのではなく、ヒープを大きくする傾向があることを意味します。後者の場合、\fI\-Xmx\fRオプションの値は、ソフト参照がどのくらい迅速にガベージ・コレクションされるかに重要な影響を及ぼします。
+ソフト・アクセスが可能なオブジェクトが最後に参照されてからヒープ上でアクティブなままになっている時間(ミリ秒単位)を設定します。デフォルト値は、ヒープ内の空きメガバイト当たりで1秒の存続期間です。\fB\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB\fRオプションは、現在のヒープ・サイズ(Java HotSpot Client VM用)または最大可能ヒープ・サイズ(Java HotSpot Server VM用)の1メガバイト当たりのミリ秒を表す整数値を受け入れます。この違いは、Client VMは、ヒープを大きくするのではなく、ソフト参照をフラッシュする傾向があるのに対し、Server VMは、ソフト参照をフラッシュするのではなく、ヒープを大きくする傾向があることを意味します。後者の場合、\fB\-Xmx\fRオプションの値は、ソフト参照がどのくらい迅速にガベージ・コレクションされるかに重要な影響を及ぼします。
 .sp
 次の例では、値を2\&.5秒に設定する方法を示します。
 .sp
@@ -2298,13 +2359,19 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=2500
+\fB\-XX:SoftRefLRUPolicyMSPerMB=2500\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
+\-XX:StringDeduplicationAgeThreshold=\fIthreshold\fR
+.RS 4
+指定した期間に到達しつつある\fBString\fRオブジェクトは、重複除外の候補とみなされます。オブジェクトの期間は、オブジェクトがガベージ・コレクションで存続した回数の測定値です。これは、殿堂入りと呼ばれる場合もあります。\fB\-XX:+PrintTenuringDistribution\fRオプションを参照してください。この期間に到達する前に古いヒープ・リージョンに昇格された\fBString\fRオブジェクトは、常に重複除外の候補とみなされます。このオプションのデフォルト値は\fB3\fRです。\fB\-XX:+UseStringDeduplication\fRオプションを参照してください。
+.RE
+.PP
 \-XX:SurvivorRatio=\fIratio\fR
 .RS 4
 Eden領域のサイズとサバイバ領域のサイズとの比率を設定します。デフォルトでは、このオプションは8に設定されています。次の例では、Eden/サバイバ領域の比率を4に設定する方法を示します。
@@ -2313,7 +2380,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:SurvivorRatio=4
+\fB\-XX:SurvivorRatio=4\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2330,7 +2398,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:TargetSurvivorRatio=30
+\fB\-XX:TargetSurvivorRatio=30\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2339,7 +2408,7 @@
 .PP
 \-XX:TLABSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-スレッド・ローカルな割当てバッファ(TLAB)の初期サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fIk\fRまたは\fIK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fIm\fRまたは\fIM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fIg\fRまたは\fIG\fRを追加します。このオプションが0に設定されている場合、JVMでは初期サイズが自動的に選択されます。
+スレッド・ローカルな割当てバッファ(TLAB)の初期サイズ(バイト単位)を設定します。キロバイトを示す場合は文字\fBk\fRまたは\fBK\fR、メガバイトを示す場合は文字\fBm\fRまたは\fBM\fR、ギガバイトを示す場合は文字\fBg\fRまたは\fBG\fRを追加します。このオプションが0に設定されている場合、JVMでは初期サイズが自動的に選択されます。
 .sp
 次の例では、TLABの初期サイズを512KBに設定する方法を示します。
 .sp
@@ -2347,7 +2416,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-XX:TLABSize=512k
+\fB\-XX:TLABSize=512k\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2356,7 +2426,7 @@
 .PP
 \-XX:+UseAdaptiveSizePolicy
 .RS 4
-適応世代サイズ指定の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。適応世代サイズ指定を無効にするには、\fI\-XX:\-UseAdaptiveSizePolicy\fRを指定し、メモリー割当てプールのサイズを明示的に設定します(\fI\-XX:SurvivorRatio\fRオプションを参考にしてください)。
+適応世代サイズ指定の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。適応世代サイズ指定を無効にするには、\fB\-XX:\-UseAdaptiveSizePolicy\fRを指定し、メモリー割当てプールのサイズを明示的に設定します(\fB\-XX:SurvivorRatio\fRオプションを参考にしてください)。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseCMSInitiatingOccupancyOnly
@@ -2366,43 +2436,43 @@
 .PP
 \-XX:+UseConcMarkSweepGC
 .RS 4
-古い世代へのCMSガベージ・コレクタの使用を有効にします。アプリケーションの待機時間の要件を、スループット(\fI\-XX:+UseParallelGC\fR)ガベージ・コレクタによって満たすことができない場合、CMSガベージ・コレクタを使用することをお薦めします。G1ガベージ・コレクタ(\fI\-XX:+UseG1GC\fR)は別の代替となります。
+古い世代へのCMSガベージ・コレクタの使用を有効にします。アプリケーションの待機時間の要件を、スループット(\fB\-XX:+UseParallelGC\fR)ガベージ・コレクタによって満たすことができない場合、CMSガベージ・コレクタを使用することをお薦めします。G1ガベージ・コレクタ(\fB\-XX:+UseG1GC\fR)は別の代替となります。
 .sp
-デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。このオプションを有効にすると、\fI\-XX:+UseParNewGC\fRオプションが自動的に設定されます。
+デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。このオプションが有効な場合、\fB\-XX:+UseParNewGC\fRオプションは自動的に設定され、無効化しない必要がありますが、理由はJDK 8では\fB\-XX:+UseConcMarkSweepGC \-XX:\-UseParNewGC\fRオプションの組合せが非推奨であるためです。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseG1GC
 .RS 4
-G1ガベージ・コレクタの使用を有効にします。これはサーバー形式のガベージ・コレクタで、大量のRAMを持つマルチプロセッサ・マシンを対象としています。高い確率でGC休止時間の目標を達成し、同時に適切なスループットも維持します。G1コレクタは、GC待機時間の限定された要件(安定した予測可能な0\&.5秒未満の休止時間)を持つ、大きいヒープ(約6GB以上のサイズ)が必要なアプリケーションに推奨されます。
+ガベージファースト(G1)・ガベージ・コレクタの使用を有効にします。これはサーバー形式のガベージ・コレクタで、大量のRAMを持つマルチプロセッサ・マシンを対象としています。高い確率でGC休止時間の目標を達成し、同時に適切なスループットも維持します。G1コレクタは、GC待機時間の限定された要件(安定した予測可能な0\&.5秒未満の休止時間)を持つ、大きいヒープ(約6GB以上のサイズ)が必要なアプリケーションに推奨されます。
 .sp
 デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseGCOverheadLimit
 .RS 4
-\fIOutOfMemoryError\fR例外がスローされるまでに、GCでJVMによって要した時間の割合を制限するポリシーの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは有効になっており、ガベージ・コレクションに合計時間の98%より多く費やされ、ヒープのリカバリが2%未満である場合、パラレルGCによって\fIOutOfMemoryError\fRがスローされます。ヒープが小さい場合、この機能は、アプリケーションが長期間ほとんどまたはまったく進捗なく実行している状態を回避するために使用できます。このオプションを無効にするには、\fI\-XX:\-UseGCOverheadLimit\fRを指定します。
+\fBOutOfMemoryError\fR例外がスローされるまでに、GCでJVMによって要した時間の割合を制限するポリシーの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは有効になっており、ガベージ・コレクションに合計時間の98%より多く費やされ、ヒープのリカバリが2%未満である場合、パラレルGCによって\fBOutOfMemoryError\fRがスローされます。ヒープが小さい場合、この機能は、アプリケーションが長期間ほとんどまたはまったく進捗なく実行している状態を回避するために使用できます。このオプションを無効にするには、\fB\-XX:\-UseGCOverheadLimit\fRを指定します。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseNUMA
 .RS 4
-アプリケーションで短い待機時間のメモリーの使用を増加させることで、不均一なメモリー・アーキテクチャ(NUMA)を使用したマシン上のアプリケーションのパフォーマンス最適化を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、NUMAに対する最適化は行われません。このオプションは、パラレル・ガベージ・コレクタ(\fI\-XX:+UseParallelGC\fR)が使用されている場合のみ使用可能です。
+アプリケーションで短い待機時間のメモリーの使用を増加させることで、不均一なメモリー・アーキテクチャ(NUMA)を使用したマシン上のアプリケーションのパフォーマンス最適化を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、NUMAに対する最適化は行われません。このオプションは、パラレル・ガベージ・コレクタ(\fB\-XX:+UseParallelGC\fR)が使用されている場合のみ使用可能です。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseParallelGC
 .RS 4
 複数のプロセッサを利用してアプリケーションのパフォーマンスを向上させる、パラレル・スカベンジ・ガベージ・コレクタ(スループット・コレクタとも呼ばれる)の使用を有効にします。
 .sp
-デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。これを有効にした場合、明示的に無効にしないかぎり、\fI\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションが自動的に有効になります。
+デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。これを有効にした場合、明示的に無効にしないかぎり、\fB\-XX:+UseParallelOldGC\fRオプションが自動的に有効になります。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseParallelOldGC
 .RS 4
-フルGCへのパラレル・ガベージ・コレクタの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。これを有効にすると、\fI\-XX:+UseParallelGC\fRオプションが自動的に有効になります。
+フルGCへのパラレル・ガベージ・コレクタの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。これを有効にすると、\fB\-XX:+UseParallelGC\fRオプションが自動的に有効になります。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseParNewGC
 .RS 4
-若い世代でのコレクションへのパラレル・スレッドの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。\fI\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションを設定すると、これは自動的に有効になります。
+若い世代でのコレクションへのパラレル・スレッドの使用を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効です。\fB\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションを設定すると、これは自動的に有効になります。JDK 8では、\fB\-XX:+UseConcMarkSweepGC\fRオプションを指定せずに\fB\-XX:+UseParNewGC\fRオプションを使用することは非推奨です。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseSerialGC
@@ -2410,17 +2480,59 @@
 シリアル・ガベージ・コレクタの使用を有効にします。ガベージ・コレクションから特別な機能を必要としない、小規模で単純なアプリケーションの場合には、これは一般に最適な選択です。デフォルトでは、このオプションは無効になっており、コレクタは、マシンの構成およびJVMのタイプに基づいて、自動的に選択されます。
 .RE
 .PP
+\-XX:+UseStringDeduplication
+.RS 4
+文字列の重複除外を有効化します。デフォルトでは、このオプションは無効です。このオプションを使用するには、ガベージファースト(G1)・ガベージ・コレクタを有効にする必要があります。\fB\-XX:+UseG1GC\fRオプションを参照してください。
+.sp
+多くの\fBString\fRオブジェクトが同じであるということから、\fIString deduplication\fRにより、Javaヒープ上の\fBString\fRオブジェクトのメモリー・フットプリントが削減されます。各\fBString\fRオブジェクトが独自の文字配列をポイントするのではなく、同一の\fBString\fRオブジェクトは同じ文字配列をポイントし共有できます。
+.RE
+.PP
 \-XX:+UseTLAB
 .RS 4
-若い世代の領域でのスレッド・ローカルな割当てブロック(TLAB)の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。TLABの使用を無効にするには、\fI\-XX:\-UseTLAB\fRを指定します。
+若い世代の領域でのスレッド・ローカルな割当てブロック(TLAB)の使用を有効にします。このオプションはデフォルトで有効になっています。TLABの使用を無効にするには、\fB\-XX:\-UseTLAB\fRを指定します。
 .RE
 .SS "非推奨で削除されたオプション"
 .PP
 これらのオプションは、以前のリリースには含まれていましたが、以降は不要とみなされています。
 .PP
+\-Xincgc
+.RS 4
+インクリメンタル・ガベージ・コレクションを有効にします。このオプションはJDK 8では非推奨で、それに代わるものはありません。
+.RE
+.PP
 \-Xrun\fIlibname\fR
 .RS 4
-指定したデバッグ/プロファイルのライブラリをロードします。このオプションは、\fI\-agentlib\fRオプションに取って代わられました。
+指定したデバッグ/プロファイルのライブラリをロードします。このオプションは、\fB\-agentlib\fRオプションに取って代わられました。
+.RE
+.PP
+\-XX:CMSIncrementalDutyCycle=\fIpercent\fR
+.RS 4
+並行コレクタの実行が許可されているマイナー・コレクション間の時間の割合(0から100まで)を設定します。\fB\-XX:+CMSIncrementalMode\fRオプションの非推奨を受けて、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:CMSIncrementalDutyCycleMin=\fIpercent\fR
+.RS 4
+\fB\-XX:+CMSIncrementalPacing\fRが有効な場合にデューティ・サイクルの下限であるマイナー・コレクション間の時間の割合(0から100まで)を設定します。\fB\-XX:+CMSIncrementalMode\fRオプションの非推奨を受けて、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:+CMSIncrementalMode
+.RS 4
+CMSコレクタの増分モードを有効にします。\fBCMSIncremental\fRで始まるその他のオプションとともに、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません
+.RE
+.PP
+\-XX:CMSIncrementalOffset=\fIpercent\fR
+.RS 4
+増分モードのデューティ・サイクルをマイナー・コレクション間で期間内に右に移動する時間の割合(0から100まで)を設定します。\fB\-XX:+CMSIncrementalMode\fRオプションの非推奨を受けて、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:+CMSIncrementalPacing
+.RS 4
+JVMの実行中に収集された統計に基づいて、増分モードのデューティ・サイクルの自動調整を有効にします。\fB\-XX:+CMSIncrementalMode\fRオプションの非推奨を受けて、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません。
+.RE
+.PP
+\-XX:CMSIncrementalSafetyFactor=\fIpercent\fR
+.RS 4
+デューティ・サイクルを計算する際に、保守を追加するために使用される時間の割合(0から100まで)を設定します。\fB\-XX:+CMSIncrementalMode\fRオプションの非推奨を受けて、このオプションはJDK 8では非推奨となり、それに代わるものはありません。
 .RE
 .PP
 \-XX:CMSInitiatingPermOccupancyFraction=\fIpercent\fR
@@ -2430,12 +2542,12 @@
 .PP
 \-XX:MaxPermSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-永久世代領域の最大サイズ(バイト単位)を設定します。このオプションは、JDK 8で非推奨になり、\fI\-XX:MaxMetaspaceSize\fRオプションに取って代わられました。
+永久世代領域の最大サイズ(バイト単位)を設定します。このオプションは、JDK 8で非推奨になり、\fB\-XX:MaxMetaspaceSize\fRオプションに取って代わられました。
 .RE
 .PP
 \-XX:PermSize=\fIsize\fR
 .RS 4
-超えた場合にはガベージ・コレクションをトリガーする、永久世代に割り当てられた領域(バイト単位)を設定します。このオプションは、JDK 8で非推奨になり、\fI\-XX:MetaspaceSize\fRオプションに取って代わられました。
+超えた場合にはガベージ・コレクションをトリガーする、永久世代に割り当てられた領域(バイト単位)を設定します。このオプションは、JDK 8で非推奨になり、\fB\-XX:MetaspaceSize\fRオプションに取って代わられました。
 .RE
 .PP
 \-XX:+UseSplitVerifier
@@ -2451,28 +2563,34 @@
 .PP
 次の例では、スループットの最適化またはレスポンス時間の短縮化のいずれかを行うための、試験的なチューニング・フラグの使用方法を示します。
 .PP
-\fBExample 1\fR, スループットを向上するためのチューニング
+\fB例 1\fR
+.br
+スループットを向上するためのチューニング
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g
+\fBjava \-d64 \-server \-XX:+AggressiveOpts \-XX:+UseLargePages \-Xmn10g  \-Xms26g \-Xmx26g\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 2\fR, レスポンス時間を速くするためのチューニング
+\fB例 2\fR
+.br
+レスポンス時間を速くするためのチューニング
 .RS 4
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamp
+\fBjava \-d64 \-XX:+UseG1GC \-Xms26g Xmx26g \-XX:MaxGCPauseMillis=500 \-XX:+PrintGCTimeStamp\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2480,7 +2598,7 @@
 .RE
 .SH "終了ステータス"
 .PP
-通常、次の終了値が起動ツールから返されるのは、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJVMにより例外がスローされた場合です。ただし、Javaアプリケーションは、API呼出し\fISystem\&.exit(exitValue)\fRを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。値は次のとおりです。
+通常、次の終了値が起動ツールから返されるのは、起動元が不正な引数で呼び出されたか、深刻なエラーが発生したか、あるいはJVMにより例外がスローされた場合です。ただし、Javaアプリケーションは、API呼出し\fBSystem\&.exit(exitValue)\fRを使用して任意の値を返すことを選択することもできます。値は次のとおりです。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -2490,7 +2608,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI0\fR: 正常終了
+\fB0\fR: 正常終了
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -2501,7 +2619,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI>0\fR: エラー発生
+\fB>0\fR: エラー発生
 .RE
 .SH "関連項目"
 .sp
--- a/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javac.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: javac
-.\" Language: English
-.\" Date: 2013年11月21日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1994, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,8 +21,16 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
-.TH "javac" "1" "2013年11月21日" "JDK 8" "基本ツール"
+.\" Title: javac
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2014年8月8日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
+.TH "javac" "1" "2014年8月8日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
 .\" -----------------------------------------------------------------
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 javac \- Javaクラスおよびインタフェースの定義を読み取り、バイトコードおよびクラス・ファイルにコンパイルします。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjavac\fR [ \fIoptions\fR ] [ \fIsourcefiles\fR ] [ \fIclasses\fR] [ \fI@argfiles\fR ]
+\fBjavac\fR [ \fIoptions\fR ] [ \fIsourcefiles\fR ] [ \fIclasses\fR] [ \fI@argfiles\fR ]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -66,28 +68,28 @@
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-コマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+コマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \fIsourcefiles\fR
 .RS 4
-コンパイルされる1つ以上のソース・ファイル(\fIMyClass\&.java\fRなど)。
+コンパイルされる1つ以上のソース・ファイル(\fBMyClass\&.java\fRなど)。
 .RE
 .PP
 \fIclasses\fR
 .RS 4
-注釈の処理対象となる1つ以上のクラス(\fIMyPackage\&.MyClass\fRなど)。
+注釈の処理対象となる1つ以上のクラス(\fBMyPackage\&.MyClass\fRなど)。
 .RE
 .PP
 \fI@argfiles\fR
 .RS 4
-オプションとソース・ファイルを一覧表示する1つ以上のファイル。このファイルの中では\fI\-J\fRオプションは指定できません。コマンドライン引数ファイルを参照してください。
+オプションとソース・ファイルを一覧表示する1つ以上のファイル。このファイルの中では\fB\-J\fRオプションは指定できません。コマンド行引数ファイルを参照してください。
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIjavac\fRコマンドは、Javaプログラミング言語で記述されたクラスとインタフェースの定義を読み取り、バイトコードのクラス・ファイルにコンパイルします。\fIjavac\fRコマンドでは、Javaソース・ファイルおよびクラス内の注釈の処理もできます。
+\fBjavac\fRコマンドは、Javaプログラミング言語で記述されたクラスとインタフェースの定義を読み取り、バイトコードのクラス・ファイルにコンパイルします。\fBjavac\fRコマンドでは、Javaソース・ファイルおよびクラス内の注釈の処理もできます。
 .PP
-ソース・コードのファイル名を\fIjavac\fRに渡すには、2つの方法があります。
+ソース・コードのファイル名を\fBjavac\fRに渡すには、2つの方法があります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -97,7 +99,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-ソース・ファイルの数が少ない場合は、ファイル名をコマンドラインで指定します。
+ソース・ファイルの数が少ない場合は、ファイル名をコマンド行で指定します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -108,19 +110,19 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-ソース・ファイルの数が多い場合は、ファイル内のファイル名を空白または改行で区切って指定します。\fIjavac\fRコマンドで、リスト・ファイル名の先頭にアットマーク(@)を使用します。
+ソース・ファイルの数が多い場合は、ファイル内のファイル名を空白または改行で区切って指定します。\fBjavac\fRコマンドで、リスト・ファイル名の先頭にアットマーク(@)を使用します。
 .RE
 .PP
-ソース・コードのファイル名は\&.java拡張子を、クラスのファイル名は\&.class拡張子を持っている必要があります。また、ソース・ファイルとクラス・ファイルのどちらも、該当するクラスに対応するルート名を持っている必要があります。たとえば、\fIMyClass\fRという名前のクラスは、\fIMyClass\&.java\fRという名前のソース・ファイルに記述されます。このソース・ファイルは、\fIMyClass\&.class\fRという名前のバイトコード・クラス・ファイルにコンパイルされます。
+ソース・コードのファイル名は\&.java拡張子を、クラスのファイル名は\&.class拡張子を持っている必要があります。また、ソース・ファイルとクラス・ファイルのどちらも、該当するクラスに対応するルート名を持っている必要があります。たとえば、\fBMyClass\fRという名前のクラスは、\fBMyClass\&.java\fRという名前のソース・ファイルに記述されます。このソース・ファイルは、\fBMyClass\&.class\fRという名前のバイトコード・クラス・ファイルにコンパイルされます。
 .PP
-内部クラスが定義されていると、追加のクラス・ファイルが生成されます。これらのクラス・ファイルの名前は、\fIMyClass$MyInnerClass\&.class\fRのように、内部クラス名と外部クラス名を組み合せたものになります。
+内部クラスが定義されていると、追加のクラス・ファイルが生成されます。これらのクラス・ファイルの名前は、\fBMyClass$MyInnerClass\&.class\fRのように、内部クラス名と外部クラス名を組み合せたものになります。
 .PP
-ソース・ファイルは、パッケージ・ツリーを反映したディレクトリ・ツリーに配置します。たとえば、すべてのソース・ファイルが\fI/workspace\fRにある場合、\fIcom\&.mysoft\&.mypack\&.MyClass\fRのソース・コードを、\fI/workspace/com/mysoft/mypack/MyClass\&.java\fRに格納します。
+ソース・ファイルは、パッケージ・ツリーを反映したディレクトリ・ツリーに配置します。たとえば、すべてのソース・ファイルが\fB/workspace\fRにある場合、\fBcom\&.mysoft\&.mypack\&.MyClass\fRのソース・コードを、\fB/workspace/com/mysoft/mypack/MyClass\&.java\fRに格納します。
 .PP
-デフォルトでは、コンパイラは、各クラス・ファイルを対応するソース・ファイルと同じディレクトリに格納します。\fI\-d\fRオプションを使用して、別の出力先ディレクトリを指定できます。
+デフォルトでは、コンパイラは、各クラス・ファイルを対応するソース・ファイルと同じディレクトリに格納します。\fB\-d\fRオプションを使用して、別の出力先ディレクトリを指定できます。
 .SH "オプション"
 .PP
-コンパイラには、現在の開発環境でサポートされる標準オプションのセットがあります。これ以外の非標準オプションは、現在の仮想マシンおよびコンパイラの実装に固有のオプションで、将来、変更される可能性があります。非標準オプションは、\fI\-X\fRオプションで始まります。
+コンパイラには、現在の開発環境でサポートされる標準オプションのセットがあります。これ以外の非標準オプションは、現在の仮想マシンおよびコンパイラの実装に固有のオプションで、将来、変更される可能性があります。非標準オプションは、\fB\-X\fRオプションで始まります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -130,7 +132,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-クロスコンパイル・オプションを参照してください。
+クロスコンパイル・オプションも参照してください
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -141,22 +143,22 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-非標準オプションを参照してください。
+非標準オプションも参照してください
 .RE
 .SS "標準オプション"
 .PP
 \-A\fIkey\fR[\fI=value\fR]
 .RS 4
-注釈プロセッサに渡すオプションを指定します。これらのオプションは、\fIjavac\fRが直接解釈するのではなく、それぞれのプロセッサで使用できるようになります。\fIkey\fRの値は、1つまたは複数の識別子をドット(\&.)で区切る必要があります。
+注釈プロセッサに渡すオプションを指定します。これらのオプションは、\fBjavac\fRが直接解釈するのではなく、それぞれのプロセッサで使用できるようになります。\fBkey\fRの値は、1つまたは複数の識別子をドット(\&.)で区切る必要があります。
 .RE
 .PP
 \-cp \fIpath\fR or \-classpath \fIpath\fR
 .RS 4
-ユーザー・クラス・ファイル、および(オプションで)注釈プロセッサとソース・ファイルを検索する場所を指定します。このクラス・パスは\fICLASSPATH\fR環境変数のユーザー・クラス・パスをオーバーライドします。\fICLASSPATH\fR、\fI\-cp\fR、\fI\-classpath\fRのいずれも指定されていない場合、ユーザーの\fIクラス・パス\fRは、現在のディレクトリになります。Setting the Class Path を参照してください。
+ユーザー・クラス・ファイル、および(オプションで)注釈プロセッサとソース・ファイルを検索する場所を指定します。このクラス・パスは\fBCLASSPATH\fR環境変数のユーザー・クラス・パスをオーバーライドします。\fBCLASSPATH\fR、\fB\-cp\fR、\fB\-classpath\fRのいずれも指定されていない場合、ユーザーの\fIクラス・パス\fRは、現在のディレクトリになります。Setting the Class Path を参照してください。
 .sp
-\fI\-sourcepath\fRオプションが指定されていない場合、ソース・ファイルもユーザー・クラス・パスから検索されます。
+\fB\-sourcepath\fRオプションが指定されていない場合、ソース・ファイルもユーザー・クラス・パスから検索されます。
 .sp
-\fI\-processorpath\fRオプションが指定されていない場合、注釈プロセッサもクラス・パスから検索されます。
+\fB\-processorpath\fRオプションが指定されていない場合、注釈プロセッサもクラス・パスから検索されます。
 .RE
 .PP
 \-Djava\&.ext\&.dirs=\fIdirectories\fR
@@ -171,12 +173,12 @@
 .PP
 \-d \fIdirectory\fR
 .RS 4
-クラス・ファイルの出力先ディレクトリを設定します。そのディレクトリは\fIjavac\fRでは作成されないため、すでに存在している必要があります。クラスがパッケージの一部である場合、\fIjavac\fRは、パッケージ名を反映したサブディレクトリ内にクラス・ファイルを格納し、必要に応じてディレクトリを作成します。
+クラス・ファイルの出力先ディレクトリを設定します。そのディレクトリは\fBjavac\fRでは作成されないため、すでに存在している必要があります。クラスがパッケージの一部である場合、\fBjavac\fRは、パッケージ名を反映したサブディレクトリ内にクラス・ファイルを格納し、必要に応じてディレクトリを作成します。
 .sp
-\fI\-d\fR
-\fI/home/myclasses\fRと指定し、クラスの名前が\fIcom\&.mypackage\&.MyClass\fRである場合、クラス・ファイルは\fI/home/myclasses/com/mypackage/MyClass\&.class\fRになります。
+\fB\-d\fR
+\fB/home/myclasses\fRと指定し、クラスの名前が\fBcom\&.mypackage\&.MyClass\fRである場合、クラス・ファイルは\fB/home/myclasses/com/mypackage/MyClass\&.class\fRになります。
 .sp
-\fI\-d\fRオプションが指定されなかった場合、\fIjavac\fRは、各クラス・ファイルを、その生成元となるソース・ファイルと同じディレクトリ内に格納します。
+\fI\-d\fRオプションが指定されなかった場合、\fBjavac\fRは、各クラス・ファイルを、その生成元となるソース・ファイルと同じディレクトリ内に格納します。
 .sp
 \fB注意:\fR
 \fI\-d\fRオプションによって指定されたディレクトリは、ユーザー・クラス・パスに自動的に追加されません。
@@ -184,12 +186,12 @@
 .PP
 \-deprecation
 .RS 4
-非推奨のメンバーまたはクラスが使用またはオーバーライドされるたびに、説明を表示します。\fI\-deprecation\fRオプションが指定されていない場合、\fIjavac\fRは、非推奨のメンバーまたはクラスを使用またはオーバーライドしているソース・ファイルのサマリーを表示します。\fI\-deprecation\fRオプションは、\fI\-Xlint:deprecation\fRの省略表記です。
+非推奨のメンバーまたはクラスが使用またはオーバーライドされるたびに、説明を表示します。\fB\-deprecation\fRオプションが指定されていない場合、\fBjavac\fRは、非推奨のメンバーまたはクラスを使用またはオーバーライドしているソース・ファイルのサマリーを表示します。\fB\-deprecation\fRオプションは、\fB\-Xlint:deprecation\fRの省略表記です。
 .RE
 .PP
 \-encoding \fIencoding\fR
 .RS 4
-ソース・ファイルのエンコーディング名(EUC\-JPやUTF\-8など)を設定します。\fI\-encoding\fRオプションが指定されていない場合は、プラットフォームのデフォルト・コンバータが使用されます。
+ソース・ファイルのエンコーディング名(EUC\-JPやUTF\-8など)を設定します。\fB\-encoding\fRオプションが指定されていない場合は、プラットフォームのデフォルト・コンバータが使用されます。
 .RE
 .PP
 \-endorseddirs \fIdirectories\fR
@@ -199,7 +201,7 @@
 .PP
 \-extdirs \fIdirectories\fR
 .RS 4
-\fIext\fRディレクトリの位置をオーバーライドします。directories変数には、コロンで区切ったディレクトリのリストを指定します。指定したディレクトリ内の各JARファイルから、クラス・ファイルが検索されます。検出されたすべてのJARファイルは、クラス・パスの一部になります。
+\fBext\fRディレクトリの位置をオーバーライドします。directories変数には、コロンで区切ったディレクトリのリストを指定します。指定したディレクトリ内の各JARファイルから、クラス・ファイルが検索されます。検出されたすべてのJARファイルは、クラス・パスの一部になります。
 .sp
 クロスコンパイル(異なるJavaプラットフォームに実装されたブートストラップ・クラスや拡張機能クラスに対してコンパイルを行う)を実行する場合、このオプションには拡張機能クラスを含むディレクトリを指定します。詳細はクロスコンパイル・オプションを参照してください。
 .RE
@@ -241,30 +243,30 @@
 .PP
 \-implicit:[\fIclass, none\fR]
 .RS 4
-暗黙的にロードされたソース・ファイルに対するクラス・ファイルの生成を制御します。クラス・ファイルを自動生成するには、\fI\-implicit:class\fRを使用します。クラス・ファイルの生成を抑制するには、\fI\-implicit:none\fRを使用します。このオプションが指定されなかった場合のデフォルト動作は、クラス・ファイルの自動生成になります。その場合、そのようなクラス・ファイルが生成された時に注釈処理も実行されると、コンパイラから警告が発行されます。\fI\-implicit\fRオプションが明示的に設定された場合、警告は発行されません。型の検索を参照してください。
+暗黙的にロードされたソース・ファイルに対するクラス・ファイルの生成を制御します。クラス・ファイルを自動生成するには、\fB\-implicit:class\fRを使用します。クラス・ファイルの生成を抑制するには、\fB\-implicit:none\fRを使用します。このオプションが指定されなかった場合のデフォルト動作は、クラス・ファイルの自動生成になります。その場合、そのようなクラス・ファイルが生成された時に注釈処理も実行されると、コンパイラから警告が発行されます。\fB\-implicit\fRオプションが明示的に設定された場合、警告は発行されません。型の検索を参照してください。
 .RE
 .PP
 \-J\fIoption\fR
 .RS 4
-Java仮想マシン(JVM)に\fIoption\fRを渡します。optionには、Java起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fI\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
+Java Virtual Machine (JVM)に\fBoption\fRを渡します。optionには、Java起動ツールのリファレンス・ページに記載されているオプションを1つ指定します。たとえば、\fB\-J\-Xms48m\fRと指定すると、スタートアップ・メモリーは48MBに設定されます。java(1)を参照してください。
 .sp
 \fB注意:\fR
-\fICLASSPATH\fR、\fI\-classpath\fR、\fI\-bootclasspath\fRおよび\fI\-extdirs\fRオプションは、\fIjavac\fRの実行に使用されるクラスを指定しません。これらのオプションおよび変数を使用してコンパイラの実装をカスタマイズしようとすると、リスクが高く、多くの場合、必要な処理が実行されません。コンパイラの実装をカスタマイズする必要がある場合、\fI\-J\fRオプションを使用して、基礎となるJava起動ツールにオプションを渡します。
+\fICLASSPATH\fR、\fB\-classpath\fR、\fB\-bootclasspath\fRおよび\fB\-extdirs\fRオプションは、\fBjavac\fRの実行に使用されるクラスを指定しません。これらのオプションおよび変数を使用してコンパイラの実装をカスタマイズしようとすると、リスクが高く、多くの場合、必要な処理が実行されません。コンパイラの実装をカスタマイズする必要がある場合、\fB\-J\fRオプションを使用して、基礎となるJava起動ツールにオプションを渡します。
 .RE
 .PP
 \-nowarn
 .RS 4
-警告メッセージを無効にします。このオプションは、\fI\-Xlint:none\fRオプションと同じように動作します。
+警告メッセージを無効にします。このオプションは、\fB\-Xlint:none\fRオプションと同じように動作します。
 .RE
 .PP
 \-parameters
 .RS 4
-リフレクションAPIのメソッド\fIjava\&.lang\&.reflect\&.Executable\&.getParameters\fRが取得できるように、生成されるクラス・ファイル内のコンストラクタとメソッドの仮パラメータ名を格納します。
+リフレクションAPIのメソッド\fBjava\&.lang\&.reflect\&.Executable\&.getParameters\fRが取得できるように、生成されるクラス・ファイル内のコンストラクタとメソッドの仮パラメータ名を格納します。
 .RE
 .PP
 \-proc: [\fInone\fR, \fIonly\fR]
 .RS 4
-注釈処理およびコンパイルを実行するかを制御します。\fI\-proc:none\fRは、注釈処理なしでコンパイルが実行されることを意味します。\fI\-proc:only\fRは、注釈処理のみが実行され、後続のコンパイルはまったく実行されないことを意味します。
+注釈処理およびコンパイルを実行するかを制御します。\fB\-proc:none\fRは、注釈処理なしでコンパイルが実行されることを意味します。\fB\-proc:only\fRは、注釈処理のみが実行され、後続のコンパイルはまったく実行されないことを意味します。
 .RE
 .PP
 \-processor \fIclass1\fR [,\fIclass2\fR,\fIclass3\fR\&.\&.\&.]
@@ -279,14 +281,14 @@
 .PP
 \-s \fIdir\fR
 .RS 4
-生成されたソース・ファイルの格納先となるディレクトリを指定します。そのディレクトリは\fIjavac\fRでは作成されないため、すでに存在している必要があります。クラスがパッケージの一部である場合、コンパイラは、パッケージ名を反映したサブディレクトリ内にソース・ファイルを格納し、必要に応じてディレクトリを作成します。
+生成されたソース・ファイルの格納先となるディレクトリを指定します。そのディレクトリは\fBjavac\fRでは作成されないため、すでに存在している必要があります。クラスがパッケージの一部である場合、コンパイラは、パッケージ名を反映したサブディレクトリ内にソース・ファイルを格納し、必要に応じてディレクトリを作成します。
 .sp
-\fI\-s /home/mysrc\fRと指定し、クラスの名前が\fIcom\&.mypackage\&.MyClass\fRである場合、ソース・ファイルは\fI/home/mysrc/com/mypackage/MyClass\&.java\fRに格納されます。
+\fB\-s /home/mysrc\fRと指定し、クラスの名前が\fBcom\&.mypackage\&.MyClass\fRである場合、ソース・ファイルは\fB/home/mysrc/com/mypackage/MyClass\&.java\fRに格納されます。
 .RE
 .PP
 \-source \fIrelease\fR
 .RS 4
-受け付けるソース・コードのバージョンを指定します。\fIrelease\fRには次の値を指定できます。
+受け付けるソース・コードのバージョンを指定します。\fBrelease\fRには次の値を指定できます。
 .PP
 1\&.3
 .RS 4
@@ -320,13 +322,23 @@
 .PP
 1\&.7
 .RS 4
-これがデフォルト値です。Java SE 7で導入された機能を含むコードを受け付けます。
+Java SE 7で導入された機能を含むコードを受け付けます。
 .RE
 .PP
 7
 .RS 4
 1\&.7と同義です。
 .RE
+.PP
+1\&.8
+.RS 4
+これがデフォルト値です。Java SE 8で導入された機能を含むコードを受け付けます。
+.RE
+.PP
+8
+.RS 4
+1\&.8と同義です。
+.RE
 .RE
 .PP
 \-sourcepath \fIsourcepath\fR
@@ -358,13 +370,13 @@
 .RE
 .SS "クロスコンパイル・オプション"
 .PP
-デフォルトでは、クラスのコンパイルは、\fIjavac\fRが添付されているプラットフォームのブートストラップ・クラスおよび拡張機能クラスに対して行われます。ただし、\fIjavac\fRは、異なるJavaプラットフォームに実装されたブートストラップ・クラスおよび拡張機能クラスに対してコンパイルを行うクロスコンパイルもサポートしています。クロスコンパイルを行う場合は、\fI\-bootclasspath\fRおよび\fI\-extdirs\fRオプションを使用することが重要です。
+デフォルトでは、クラスのコンパイルは、\fBjavac\fRが添付されているプラットフォームのブートストラップ・クラスおよび拡張機能クラスに対して行われます。ただし、\fBjavac\fRは、異なるJavaプラットフォームに実装されたブートストラップ・クラスおよび拡張機能クラスに対してコンパイルを行うクロスコンパイルもサポートしています。クロスコンパイルを行う場合は、\fB\-bootclasspath\fRおよび\fB\-extdirs\fRオプションを使用することが重要です。
 .PP
 \-target \fIversion\fR
 .RS 4
-仮想マシンの指定されたリリースを対象とするクラス・ファイルを生成します。クラス・ファイルは、指定されたターゲット以降のリリースでは動作しますが、それより前のリリースのJVMでは動作しません。有効なターゲットは、1\&.1、1\&.2、1\&.3、1\&.4、1\&.5 (5も可)、1\&.6 (6も可)および1\&.7 (7も可)です。
+仮想マシンの指定されたリリースを対象とするクラス・ファイルを生成します。クラス・ファイルは、指定されたターゲット以降のリリースでは動作しますが、それより前のリリースのJVMでは動作しません。有効なターゲットは、1\&.1、1\&.2、1\&.3、1\&.4、1\&.5 (5も可)、1\&.6 (6も可)、1\&.7 (7も可)および1\&.8 (8も可)です。
 .sp
-\fI\-target\fRオプションのデフォルトは、\fI\-source\fRオプションの値によって異なります。
+\fB\-target\fRオプションのデフォルトは、\fB\-source\fRオプションの値によって異なります。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -374,7 +386,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションが指定されていない場合、\fI\-target\fRオプションの値は1\&.7です。
+\fB\-source\fRオプションが指定されていない場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.8です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -385,7 +397,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションが1\&.2の場合、\fI\-target\fRオプションの値は1\&.4です。
+\fB\-source\fRオプションが1\&.2の場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.4です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -396,7 +408,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションが1\&.3の場合、\fI\-target\fRオプションの値は1\&.4です。
+\fB\-source\fRオプションが1\&.3の場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.4です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -407,7 +419,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションが1\&.5の場合、\fI\-target\fRオプションの値は1\&.7です。
+\fB\-source\fRオプションが1\&.5の場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.8です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -418,7 +430,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションが1\&.6の場合、\fI\-target\fRオプションの値は1\&.7です。
+\fB\-source\fRオプションが1\&.6の場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.8です。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -429,7 +441,18 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI\-source\fRオプションの他のすべての値の場合、\fI\-target\fRオプションの値は、\fI\-source\fRオプションの値になります。
+\fB\-source\fRオプションが1\&.7の場合、\fB\-target\fRオプションの値は1\&.8です。
+.RE
+.sp
+.RS 4
+.ie n \{\
+\h'-04'\(bu\h'+03'\c
+.\}
+.el \{\
+.sp -1
+.IP \(bu 2.3
+.\}
+\fB\-source\fRオプションの他のすべての値の場合、\fB\-target\fRオプションの値は、\fB\-source\fRオプションの値になります。
 .RE
 .RE
 .PP
@@ -439,9 +462,9 @@
 .RE
 .SS "コンパクト・プロファイル・オプション"
 .PP
-JDK 8以降から、\fIjavac\fRコンパイラはコンパクト・プロファイルをサポートします。コンパクト・プロファイルを使用すると、Javaプラットフォーム全体を必要としないアプリケーションは、デプロイ可能で、小さいフットプリントで実行できます。コンパクト・プロファイル機能は、アプリケーション・ストアからのアプリケーションのダウンロード時間を短縮するのに使用できます。この機能は、JREをバンドルするJavaアプリケーションの、よりコンパクトなデプロイメントに役立ちます。この機能は、小さいデバイスでも役立ちます。
+JDK 8以降から、\fBjavac\fRコンパイラはコンパクト・プロファイルをサポートします。コンパクト・プロファイルを使用すると、Javaプラットフォーム全体を必要としないアプリケーションは、デプロイ可能で、小さいフットプリントで実行できます。コンパクト・プロファイル機能は、アプリケーション・ストアからのアプリケーションのダウンロード時間を短縮するのに使用できます。この機能は、JREをバンドルするJavaアプリケーションの、よりコンパクトなデプロイメントに役立ちます。この機能は、小さいデバイスでも役立ちます。
 .PP
-サポートされているプロファイル値は、\fIcompact1\fR、\fIcompact2\fRおよび\fIcompact3\fRです。これらは、追加のレイヤーです。大きい番号の各コンパクト・プロファイルには、小さい番号の名前のプロファイル内のすべてのAPIが含まれます。
+サポートされているプロファイル値は、\fBcompact1\fR、\fBcompact2\fRおよび\fBcompact3\fRです。これらは、追加のレイヤーです。大きい番号の各コンパクト・プロファイルには、小さい番号の名前のプロファイル内のすべてのAPIが含まれます。
 .PP
 \-profile
 .RS 4
@@ -451,7 +474,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-profile compact1 Hello\&.java
+\fBjavac \-profile compact1 Hello\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -462,17 +486,18 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-cd jdk1\&.8\&.0/bin
-\&./javac \-profile compact1 Paint\&.java
-Paint\&.java:5: error: Applet is not available in profile \*(Aqcompact1\*(Aq
-import java\&.applet\&.Applet;
+\fBcd jdk1\&.8\&.0/bin\fR
+\fB\&./javac \-profile compact1 Paint\&.java\fR
+\fBPaint\&.java:5: error: Applet is not available in profile \*(Aqcompact1\*(Aq\fR
+\fBimport java\&.applet\&.Applet;\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-この例では、\fIApplet\fRクラスを使用しないようにソースを変更することによって、エラーを修正できます。\-profileオプションを指定せずにコンパイルすることによって、エラーを修正することもできます。コンパイルは、Java SE APIの完全なセットに対して実行されます。(どのコンパクト・プロファイルにも、\fIApplet\fRクラスは含まれていません。)
+この例では、\fBApplet\fRクラスを使用しないようにソースを変更することによって、エラーを修正できます。\-profileオプションを指定せずにコンパイルすることによって、エラーを修正することもできます。コンパイルは、Java SE APIの完全なセットに対して実行されます。(どのコンパクト・プロファイルにも、\fBApplet\fRクラスは含まれていません。)
 .sp
-コンパクト・プロファイルを使用してコンパイルするための別の方法として、\fI\-bootclasspath\fRオプションを使用して、プロファイルのイメージを指定する\fIrt\&.jar\fRファイルへのパスを指定します。かわりに\fI\-profile\fRオプションを使用すると、プロファイル・イメージは、コンパイル時にシステム上に存在する必要がありません。これは、クロスコンパイル時に役立ちます。
+コンパクト・プロファイルを使用してコンパイルするための別の方法として、\fB\-bootclasspath\fRオプションを使用して、プロファイルのイメージを指定する\fBrt\&.jar\fRファイルへのパスを指定します。かわりに\fB\-profile\fRオプションを使用すると、プロファイル・イメージは、コンパイル時にシステム上に存在する必要がありません。これは、クロスコンパイル時に役立ちます。
 .RE
 .SS "非標準オプション"
 .PP
@@ -493,15 +518,16 @@
 .PP
 \-Xdoclint:[\-]\fIgroup\fR [\fI/access\fR]
 .RS 4
-\fIgroup\fRの値が\fIaccessibility\fR、\fIsyntax\fR、\fIreference\fR、\fIhtml\fRまたは\fImissing\fRのいずれかである特定のチェック・グループを有効または無効にします。これらのチェック・グループの詳細は、\fIjavadoc\fRコマンドの\fI\-Xdoclint\fRオプションを参照してください。\fI\-Xdoclint\fRオプションは、\fIjavac\fRコマンドではデフォルトで無効になります。
+\fIgroup\fRの値が\fBaccessibility\fR、\fBsyntax\fR、\fBreference\fR、\fBhtml\fRまたは\fBmissing\fRのいずれかである特定のチェック・グループを有効または無効にします。これらのチェック・グループの詳細は、\fBjavadoc\fRコマンドの\fB\-Xdoclint\fRオプションを参照してください。\fB\-Xdoclint\fRオプションは、\fBjavac\fRコマンドではデフォルトで無効になります。
 .sp
-変数\fIaccess\fRは、\fI\-Xdoclint\fRオプションがチェックするクラスとメンバーの最小の可視性レベルを指定します。\fIpublic\fR、\fIprotected\fR、\fIpackage\fRおよび\fIprivate\fRの値(可視性の高い順)の1つを持つことができます。たとえば、次のオプションは、(protected、package、publicを含む) protected以上のアクセス・レベルを持つクラスおよびメンバーを(すべてのチェック・グループで)チェックします。
+変数\fIaccess\fRは、\fB\-Xdoclint\fRオプションがチェックするクラスとメンバーの最小の可視性レベルを指定します。\fBpublic\fR、\fBprotected\fR、\fBpackage\fRおよび\fBprivate\fRの値(可視性の高い順)の1つを持つことができます。たとえば、次のオプションは、(protected、package、publicを含む) protected以上のアクセス・レベルを持つクラスおよびメンバーを(すべてのチェック・グループで)チェックします。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xdoclint:all/protected
+\fB\-Xdoclint:all/protected\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -512,7 +538,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-Xdoclint:all,\-html/package
+\fB\-Xdoclint:all,\-html/package\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -551,7 +578,7 @@
 .PP
 \-Xlint:\fI\-name\fR
 .RS 4
-警告名を無効にします。このオプションで無効にできる警告のリストを取得するには、\-Xlintオプションを使用した警告の有効化または無効化\-Xlint\fIオプションを使用した\fRを参照してください。
+警告名を無効にします。このオプションで無効にできる警告のリストを取得するには、\-Xlintオプションを使用した警告の有効化または無効化\-Xlint\fBオプションを使用した\fRを参照してください。
 .RE
 .PP
 \-Xmaxerrs \fInumber\fR
@@ -566,34 +593,34 @@
 .PP
 \-Xstdout \fIfilename\fR
 .RS 4
-コンパイラのメッセージを、指定されたファイルに送信します。デフォルトでは、コンパイラのメッセージは\fISystem\&.err\fRに送られます。
+コンパイラのメッセージを、指定されたファイルに送信します。デフォルトでは、コンパイラのメッセージは\fBSystem\&.err\fRに送られます。
 .RE
 .PP
 \-Xprefer:[\fInewer,source\fR]
 .RS 4
-ある型に対してソース・ファイルとクラス・ファイルの両方が見つかった場合、そのどちらのファイルを読み取るかを指定します。(型の検索を参照してください)。\fI\-Xprefer:newer\fRオプションを使用した場合、ある型に対するソース・ファイルとクラス・ファイルのうち新しい方が読み取られます(デフォルト)。\fI\-Xprefer:source\fRオプションを使用した場合、ソース・ファイルが読み取られます。\fISOURCE\fRの保存ポリシーを使用して宣言された注釈に任意の注釈プロセッサがアクセスできるようにする場合は、\fI\-Xprefer:source\fRを使用してください。
+ある型に対してソース・ファイルとクラス・ファイルの両方が見つかった場合、そのどちらのファイルを読み取るかを指定します。(型の検索を参照してください)。\fB\-Xprefer:newer\fRオプションを使用した場合、ある型に対するソース・ファイルとクラス・ファイルのうち新しい方が読み取られます(デフォルト)。\fB\-Xprefer:source\fRオプションを使用した場合、ソース・ファイルが読み取られます。\fBSOURCE\fRの保存ポリシーを使用して宣言された注釈に任意の注釈プロセッサがアクセスできるようにする場合は、\fB\-Xprefer:source\fRを使用してください。
 .RE
 .PP
 \-Xpkginfo:[\fIalways\fR,\fIlegacy\fR,\fInonempty\fR]
 .RS 4
-javacがpackage\-info\&.javaファイルから\fIpackage\-info\&.class\fRファイルを生成するかどうかを制御します。このオプションで使用可能なmode引数は次のとおりです。
+javacがpackage\-info\&.javaファイルから\fBpackage\-info\&.class\fRファイルを生成するかどうかを制御します。このオプションで使用可能なmode引数は次のとおりです。
 .PP
 always
 .RS 4
-すべての\fIpackage\-info\&.java\fRファイルの\fIpackage\-info\&.class\fRファイルを常に生成します。このオプションは、各\fI\&.java\fRファイルに対応する\fI\&.class\fRファイルがあることを確認するAntなどのビルド・システムを使用する場合に役立つことがあります。
+すべての\fBpackage\-info\&.java\fRファイルの\fBpackage\-info\&.class\fRファイルを常に生成します。このオプションは、各\fB\&.java\fRファイルに対応する\fB\&.class\fRファイルがあることを確認するAntなどのビルド・システムを使用する場合に役立つことがあります。
 .RE
 .PP
 legacy
 .RS 4
-package\-info\&.javaに注釈が含まれる場合にのみ\fIpackage\-info\&.class\fRファイルを生成します。package\-info\&.javaにコメントのみ含まれる場合に\fIpackage\-info\&.class\fRファイルを生成しません。
+package\-info\&.javaに注釈が含まれる場合にのみ\fBpackage\-info\&.class\fRファイルを生成します。package\-info\&.javaにコメントのみ含まれる場合に\fBpackage\-info\&.class\fRファイルを生成しません。
 .sp
 \fB注意:\fR
-\fIpackage\-info\&.class\fRファイルは生成できますが、package\-info\&.javaファイル内のすべての注釈に\fIRetentionPolicy\&.SOURCE\fRがある場合は空になります。
+\fBpackage\-info\&.class\fRファイルは生成できますが、package\-info\&.javaファイル内のすべての注釈に\fBRetentionPolicy\&.SOURCE\fRがある場合は空になります。
 .RE
 .PP
 nonempty
 .RS 4
-package\-info\&.javaに\fIRetentionPolicy\&.CLASS\fRまたは\fIRetentionPolicy\&.RUNTIME\fRとともに注釈が含まれる場合にのみ\fIpackage\-info\&.class\fRファイルを生成します。
+package\-info\&.javaに\fBRetentionPolicy\&.CLASS\fRまたは\fBRetentionPolicy\&.RUNTIME\fRとともに注釈が含まれる場合にのみ\fBpackage\-info\&.class\fRファイルを生成します。
 .RE
 .RE
 .PP
@@ -613,7 +640,7 @@
 .RE
 .SH "-XLINTオプションを使用した警告の有効化または無効化"
 .PP
-\fI\-Xlint:name\fRオプションを使用して警告\fIname\fRを有効にします。ここで、\fIname\fRは次の警告名のいずれかになります。\fI\-Xlint:\-name:\fRオプションを使用して、警告を無効化できます。
+\fB\-Xlint:name\fRオプションを使用して警告\fIname\fRを有効にします。ここで、\fBname\fRは次の警告名のいずれかになります。\fB\-Xlint:\-name:\fRオプションを使用して、警告を無効化できます。
 .PP
 cast
 .RS 4
@@ -623,7 +650,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-String s = (String) "Hello!"
+\fBString s = (String) "Hello!"\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -643,29 +671,31 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java\&.util\&.Date myDate = new java\&.util\&.Date();
-int currentDay = myDate\&.getDay();
+\fBjava\&.util\&.Date myDate = new java\&.util\&.Date();\fR
+\fBint currentDay = myDate\&.getDay();\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-メソッド\fIjava\&.util\&.Date\&.getDay\fRはJDK 1\&.1以降は非推奨になりました。
+メソッド\fBjava\&.util\&.Date\&.getDay\fRはJDK 1\&.1以降は非推奨になりました。
 .RE
 .PP
 dep\-ann
 .RS 4
-\fI@deprecated\fR
-Javadocコメントでドキュメント化されているが、\fI@Deprecated\fR注釈が付いていない項目について警告します。たとえば、次のようになります。
+\fB@deprecated\fR
+Javadocコメントでドキュメント化されているが、\fB@Deprecated\fR注釈が付いていない項目について警告します。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
-  * @deprecated As of Java SE 7, replaced by {@link #newMethod()}
-  */
-public static void deprecatedMethood() { }
-public static void newMethod() { }
+\fB/**\fR
+\fB  * @deprecated As of Java SE 7, replaced by {@link #newMethod()}\fR
+\fB  */\fR
+\fBpublic static void deprecatedMethood() { }\fR
+\fBpublic static void newMethod() { }\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -680,7 +710,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-int divideByZero = 42 / 0;
+\fBint divideByZero = 42 / 0;\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -689,17 +720,18 @@
 .PP
 empty
 .RS 4
-\fIif \fR文以降が空の文であることについて警告します。たとえば、次のようになります。
+\fBif \fR文以降が空の文であることについて警告します。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-class E {
-    void m() {
-         if (true) ;
-    }
-}
+\fBclass E {\fR
+\fB    void m() {\fR
+\fB         if (true) ;\fR
+\fB    }\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -714,48 +746,50 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-switch (x) {
-case 1:
-  System\&.out\&.println("1");
-  // No break statement here\&.
-case 2:
-  System\&.out\&.println("2");
-}
+\fBswitch (x) {\fR
+\fBcase 1:\fR
+\fB  System\&.out\&.println("1");\fR
+\fB  // No break statement here\&.\fR
+\fBcase 2:\fR
+\fB  System\&.out\&.println("2");\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このコードのコンパイル時に\fI\-Xlint:fallthrough\fRオプションが使用されていた場合、コンパイラは、問題になっているケースの行番号とともに、caseにfall\-throughする可能性があることを示す警告を発行します。
+このコードのコンパイル時に\fB\-Xlint:fallthrough\fRオプションが使用されていた場合、コンパイラは、問題になっているケースの行番号とともに、caseにfall\-throughする可能性があることを示す警告を発行します。
 .RE
 .PP
 finally
 .RS 4
-正常に完了できない\fIfinally\fR句について警告します。たとえば、次のようになります。
+正常に完了できない\fBfinally\fR句について警告します。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public static int m() {
-  try {
-     throw new NullPointerException();
-  }  catch (NullPointerException(); {
-     System\&.err\&.println("Caught NullPointerException\&.");
-     return 1;
-   } finally {
-     return 0;
-   }
-  }
+\fBpublic static int m() {\fR
+\fB  try {\fR
+\fB     throw new NullPointerException();\fR
+\fB  }  catch (NullPointerException(); {\fR
+\fB     System\&.err\&.println("Caught NullPointerException\&.");\fR
+\fB     return 1;\fR
+\fB   } finally {\fR
+\fB     return 0;\fR
+\fB   }\fR
+\fB  }\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-この例では、コンパイラは\fIfinally\fRブロックに関する警告を生成します。\fIint\fRメソッドが呼び出されると、値0が返されます。\fIfinally\fRブロックは、\fItry\fRブロックが終了すると実行されます。この例では、制御が\fIcatch\fRブロックに移された場合、\fIint\fRメソッドは終了します。ただし、\fIfinally\fRブロックは実行される必要があるため、制御がメソッドの外部に移されていても、このブロックは実行されます。
+この例では、コンパイラは\fBfinally\fRブロックに関する警告を生成します。\fBint\fRメソッドが呼び出されると、値0が返されます。\fBfinally\fRブロックは、\fBtry\fRブロックが終了すると実行されます。この例では、制御が\fBcatch\fRブロックに移された場合、\fBint\fRメソッドは終了します。ただし、\fBfinally\fRブロックは実行される必要があるため、制御がメソッドの外部に移されていても、このブロックは実行されます。
 .RE
 .PP
 options
 .RS 4
-コマンドライン・オプションの使用に関する問題について警告します。クロスコンパイル・オプションを参照してください。
+コマンド行オプションの使用に関する問題について警告します。クロスコンパイル・オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 overrides
@@ -766,14 +800,15 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public class ClassWithVarargsMethod {
-  void varargsMethod(String\&.\&.\&. s) { }
-}
-
-public class ClassWithOverridingMethod extends ClassWithVarargsMethod {
-   @Override
-   void varargsMethod(String[] s) { }
-}
+\fBpublic class ClassWithVarargsMethod {\fR
+\fB  void varargsMethod(String\&.\&.\&. s) { }\fR
+\fB}\fR
+ 
+\fBpublic class ClassWithOverridingMethod extends ClassWithVarargsMethod {\fR
+\fB   @Override\fR
+\fB   void varargsMethod(String[] s) { }\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -784,25 +819,27 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-warning: [override] varargsMethod(String[]) in ClassWithOverridingMethod 
-overrides varargsMethod(String\&.\&.\&.) in ClassWithVarargsMethod; overriding
-method is missing \*(Aq\&.\&.\&.\*(Aq
+\fBwarning: [override] varargsMethod(String[]) in ClassWithOverridingMethod \fR
+\fBoverrides varargsMethod(String\&.\&.\&.) in ClassWithVarargsMethod; overriding\fR
+\fBmethod is missing \*(Aq\&.\&.\&.\*(Aq\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-コンパイラは、\fIvarargs\fRメソッドを検出すると、\fIvarargs\fRの仮パラメータを配列に変換します。メソッド\fIClassWithVarargsMethod\&.varargsMethod\fRでは、コンパイラは\fIvarargs\fRの仮パラメータ\fIString\&.\&.\&. s\fRを仮パラメータ\fIString[] s\fRに変換します。これは、メソッド\fIClassWithOverridingMethod\&.varargsMethod\fRの仮パラメータに対応する配列です。その結果、この例ではコンパイルが行われます。
+コンパイラは、\fBvarargs\fRメソッドを検出すると、\fBvarargs\fRの仮パラメータを配列に変換します。メソッド\fBClassWithVarargsMethod\&.varargsMethod\fRでは、コンパイラは\fBvarargs\fRの仮パラメータ\fBString\&.\&.\&. s\fRを仮パラメータ\fBString[] s\fRに変換します。これは、メソッド\fBClassWithOverridingMethod\&.varargsMethod\fRの仮パラメータに対応する配列です。その結果、この例ではコンパイルが行われます。
 .RE
 .PP
 path
 .RS 4
-コマンドラインでの無効なパス要素と存在しないパス・ディレクトリについて警告します(クラス・パス、ソース・パスなどのパス関連)。このような警告を\fI@SuppressWarnings\fR注釈で抑制することはできません。たとえば、次のようになります。
+コマンド行での無効なパス要素と存在しないパス・ディレクトリについて警告します(クラス・パス、ソース・パスなどのパス関連)。このような警告を\fB@SuppressWarnings\fR注釈で抑制することはできません。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-Xlint:path \-classpath /nonexistentpath Example\&.java
+\fBjavac \-Xlint:path \-classpath /nonexistentpath Example\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -819,21 +856,22 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-import java\&.util\&.*;
-import javax\&.annotation\&.processing\&.*;
-import javax\&.lang\&.model\&.*;
-import\&.javaz\&.lang\&.model\&.element\&.*;
-
-@SupportedAnnotationTypes("NotAnno")
-public class AnnoProc extends AbstractProcessor {
-  public boolean process(Set<? extends TypeElement> elems, RoundEnvironment renv){
-     return true;
-  }
-
-  public SourceVersion getSupportedSourceVersion() {
-     return SourceVersion\&.latest();
-   }
-}
+\fBimport java\&.util\&.*;\fR
+\fBimport javax\&.annotation\&.processing\&.*;\fR
+\fBimport javax\&.lang\&.model\&.*;\fR
+\fBimport\&.javaz\&.lang\&.model\&.element\&.*;\fR
+ 
+\fB@SupportedAnnotationTypes("NotAnno")\fR
+\fBpublic class AnnoProc extends AbstractProcessor {\fR
+\fB  public boolean process(Set<? extends TypeElement> elems, RoundEnvironment renv){\fR
+\fB     return true;\fR
+\fB  }\fR
+ 
+\fB  public SourceVersion getSupportedSourceVersion() {\fR
+\fB     return SourceVersion\&.latest();\fR
+\fB   }\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -844,88 +882,93 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-@interface Anno { }
+\fB@interface Anno { }\fR
+\fB \fR
+\fB@Anno\fR
+\fBclass AnnosWithoutProcessors { }\fR
  
-@Anno
-class AnnosWithoutProcessors { }
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-次のコマンドは、注釈プロセッサ\fIAnnoProc\fRをコンパイルし、この注釈プロセッサをソース・ファイル\fIAnnosWithoutProcessors\&.java\fRに対して実行します。
+次のコマンドは、注釈プロセッサ\fBAnnoProc\fRをコンパイルし、この注釈プロセッサをソース・ファイル\fBAnnosWithoutProcessors\&.java\fRに対して実行します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac AnnoProc\&.java
-javac \-cp \&. \-Xlint:processing \-processor AnnoProc \-proc:only AnnosWithoutProcessors\&.java
+\fBjavac AnnoProc\&.java\fR
+\fBjavac \-cp \&. \-Xlint:processing \-processor AnnoProc \-proc:only AnnosWithoutProcessors\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-コンパイラがソース・ファイル\fIAnnosWithoutProcessors\&.java\fRに対して注釈プロセッサを実行すると、次の警告が生成されます。
+コンパイラがソース・ファイル\fBAnnosWithoutProcessors\&.java\fRに対して注釈プロセッサを実行すると、次の警告が生成されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-warning: [processing] No processor claimed any of these annotations: Anno
+\fBwarning: [processing] No processor claimed any of these annotations: Anno\fR
+\fB \fR
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+この問題を解決するために、クラス\fBAnnosWithoutProcessors\fRで定義および使用される注釈の名前を、\fBAnno\fRから\fBNotAnno\fRに変更できます。
+.RE
+.PP
+rawtypes
+.RS 4
+raw型に対する未検査操作について警告します。次の文では、\fBrawtypes\fR警告が生成されます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fBvoid countElements(List l) { \&.\&.\&. }\fR
  
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-この問題を解決するために、クラス\fIAnnosWithoutProcessors\fRで定義および使用される注釈の名前を、\fIAnno\fRから\fINotAnno\fRに変更できます。
-.RE
-.PP
-rawtypes
-.RS 4
-raw型に対する未検査操作について警告します。次の文では、\fIrawtypes\fR警告が生成されます。
+次の例では、\fBrawtypes\fR警告は生成されません。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-void countElements(List l) { \&.\&.\&. }
+\fBvoid countElements(List<?> l) { \&.\&.\&. }\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-次の例では、\fIrawtypes\fR警告は生成されません。
+\fBList\fRはraw型です。ただし、\fBList<?>\fRは、アンバウンド形式のワイルドカードのパラメータ化された型です。\fBList\fRはパラメータ化されたインタフェースであるため、常にその型引数を指定します。この例では、\fBList\fRの仮引数はアンバウンド形式のワイルドカード(\fB?\fR)を使用してその仮型パラメータとして指定されます。つまり、\fBcountElements\fRメソッドは\fBList\fRインタフェースのどのインスタンス化も受け付けることができます。
+.RE
+.PP
+Serial
+.RS 4
+直列化可能クラスに\fBserialVersionUID\fR定義がないことを警告します。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-void countElements(List<?> l) { \&.\&.\&. }
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-\fIList\fRはraw型です。ただし、\fIList<?>\fRは、アンバウンド形式のワイルドカードのパラメータ化された型です。\fIList\fRはパラメータ化されたインタフェースであるため、常にその型引数を指定します。この例では、\fIList\fRの仮引数はアンバウンド形式のワイルドカード(\fI?\fR)を使用してその仮型パラメータとして指定されます。つまり、\fIcountElements\fRメソッドは\fIList\fRインタフェースのどのインスタンス化も受け付けることができます。
-.RE
-.PP
-Serial
-.RS 4
-直列化可能クラスに\fIserialVersionUID\fR定義がないことを警告します。たとえば、次のようになります。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-public class PersistentTime implements Serializable
-{
-  private Date time;
+\fBpublic class PersistentTime implements Serializable\fR
+\fB{\fR
+\fB  private Date time;\fR
+\fB \fR
+\fB   public PersistentTime() {\fR
+\fB     time = Calendar\&.getInstance()\&.getTime();\fR
+\fB   }\fR
+\fB \fR
+\fB   public Date getTime() {\fR
+\fB     return time;\fR
+\fB   }\fR
+\fB}\fR
  
-   public PersistentTime() {
-     time = Calendar\&.getInstance()\&.getTime();
-   }
- 
-   public Date getTime() {
-     return time;
-   }
-}
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -936,13 +979,14 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-warning: [serial] serializable class PersistentTime has no definition of
-serialVersionUID
+\fBwarning: [serial] serializable class PersistentTime has no definition of\fR
+\fBserialVersionUID\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-直列化可能クラスが\fIserialVersionUID\fRという名前のフィールドを明示的に宣言しない場合、直列化ランタイム環境では、「Javaオブジェクト直列化仕様」で説明されているように、クラスの様々な側面に基づいて、クラスの\fIserialVersionUID\fRのデフォルト値を計算します。ただし、すべての直列化可能クラスが\fIserialVersionUID\fR値を明示的に宣言することを強くお薦めします。 これは、\fIserialVersionUID\fR値を計算するデフォルトのプロセスが、コンパイラの実装によって異なる可能性のあるクラスの詳細にきわめて影響を受けやすく、その結果、直列化復元中に予期しない\fIInvalidClassExceptions\fRが発生する可能性があるためです。Javaコンパイラの実装が異なっても\fIserialVersionUID\fR値の一貫性を確保にするには、直列化可能クラスが\fIserialVersionUID\fR値を明示的に宣言する必要があります。
+直列化可能クラスが\fBserialVersionUID\fRという名前のフィールドを明示的に宣言しない場合、直列化ランタイム環境では、「Javaオブジェクト直列化仕様」で説明されているように、クラスの様々な側面に基づいて、クラスの\fBserialVersionUID\fRのデフォルト値を計算します。ただし、すべての直列化可能クラスが\fBserialVersionUID\fR値を明示的に宣言することを強くお薦めします。 これは、\fBserialVersionUID\fR値を計算するデフォルトのプロセスが、コンパイラの実装によって異なる可能性のあるクラスの詳細にきわめて影響を受けやすく、その結果、直列化復元中に予期しない\fBInvalidClassExceptions\fRが発生する可能性があるためです。Javaコンパイラの実装が異なっても\fBserialVersionUID\fR値の一貫性を確保にするには、直列化可能クラスが\fBserialVersionUID\fR値を明示的に宣言する必要があります。
 .RE
 .PP
 static
@@ -953,10 +997,11 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-class XLintStatic {
-    static void m1() { }
-    void m2() { this\&.m1(); }
-}
+\fBclass XLintStatic {\fR
+\fB    static void m1() { }\fR
+\fB    void m2() { this\&.m1(); }\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -967,35 +1012,38 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-warning: [static] static method should be qualified by type name, 
-XLintStatic, instead of by an expression
+\fBwarning: [static] static method should be qualified by type name, \fR
+\fBXLintStatic, instead of by an expression\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-この問題を解決するために、次のように\fIstatic\fRメソッド\fIm1\fRを呼び出すことができます。
+この問題を解決するために、次のように\fBstatic\fRメソッド\fBm1\fRを呼び出すことができます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-XLintStatic\&.m1();
+\fBXLintStatic\&.m1();\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-あるいは、\fIstatic\fRキーワードをメソッド\fIm1\fRの宣言から削除することもできます。
+あるいは、\fBstatic\fRキーワードをメソッド\fBm1\fRの宣言から削除することもできます。
 .RE
 .PP
 try
 .RS 4
-try\-with\-resources文を含む、\fItry\fRブロックの使用に関する問題について警告します。たとえば、\fItry\fRブロックで宣言されたリソース\fIac\fRが使用されないために、次の文に対して警告が生成されます。
+try\-with\-resources文を含む、\fBtry\fRブロックの使用に関する問題について警告します。たとえば、\fBtry\fRブロックで宣言されたリソース\fBac\fRが使用されないために、次の文に対して警告が生成されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-try ( AutoCloseable ac = getResource() ) {    // do nothing}
+\fBtry ( AutoCloseable ac = getResource() ) {    // do nothing}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1010,37 +1058,39 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-List l = new ArrayList<Number>();
-List<String> ls = l;       // unchecked warning
+\fBList l = new ArrayList<Number>();\fR
+\fBList<String> ls = l;       // unchecked warning\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-型の消去中に、型\fIArrayList<Number>\fRおよび\fIList<String>\fRは、それぞれ\fIArrayList\fRおよび\fIList\fRになります。
+型の削除中、型\fBArrayList<Number>\fRおよび\fBList<String>\fRは、それぞれ\fBArrayList\fRおよび\fBList\fRになります。
 .sp
-\fIls\fRコマンドには、パラメータ化された型\fIList<String>\fRが指定されています。\fIl\fRによって参照される\fIList\fRが\fIls\fRに割り当てられた場合、コンパイラは未検査警告を生成します。コンパイル時に、コンパイラおよびJVMは、\fIl\fRが\fIList<String>\fR型を参照するかどうかを判別できません。この場合、\fIl\fRは、\fIList<String>\fR型を参照しません。その結果、ヒープ汚染が発生します。
+\fBls\fRコマンドには、パラメータ化された型\fBList<String>\fRが指定されています。\fBl\fRによって参照される\fBList\fRが\fBls\fRに割り当てられた場合、コンパイラは未検査警告を生成します。コンパイル時に、コンパイラおよびJVMは、\fBl\fRが\fBList<String>\fR型を参照するかどうかを判別できません。この場合、\fBl\fRは、\fBList<String>\fR型を参照しません。その結果、ヒープ汚染が発生します。
 .sp
-ヒープ汚染状態が発生するのは、\fIList\fRオブジェクト\fIl\fR
-(そのstatic型は\fIList<Number>\fR)が別の\fIList\fRオブジェクト\fIls\fR
-(異なるstatic型\fIList<String>\fRを持つ)に代入される場合です。しかし、コンパイラではこの代入をいまだに許可しています。総称をサポートしないJava SEのリリースとの下位互換性を確保するために、この代入を許可する必要があります。型消去により、\fIList<Number>\fRおよび\fIList<String>\fRは、両方とも\fIList\fRになります。その結果、コンパイラはオブジェクト\fIl\fR
-(\fIList\fRというraw型を持つ)をオブジェクト\fIls\fRに代入することを許可します。
+ヒープ汚染状態が発生するのは、\fBList\fRオブジェクト\fBl\fR
+(そのstatic型は\fBList<Number>\fR)が別の\fBList\fRオブジェクト\fBls\fR
+(異なるstatic型\fBList<String>\fRを持つ)に代入される場合です。しかし、コンパイラではこの代入をいまだに許可しています。総称をサポートしないJava SEのリリースとの後方互換性を確保するために、この代入を許可する必要があります。型の削除のため、\fBList<Number>\fRおよび\fBList<String>\fRは、両方\fBList\fRになります。その結果、コンパイラはオブジェクト\fBl\fR
+(\fBList\fRというraw型を持つ)をオブジェクト\fBls\fRに代入することを許可します。
 .RE
 .PP
 varargs
 .RS 4
-可変引数(\fIvarargs\fR)メソッド、特に非具象化可能引数を含むものの使用が安全でないことを警告します。たとえば、次のようになります。
+可変引数(\fBvarargs\fR)メソッド、特に非具象化可能引数を含むものの使用が安全でないことを警告します。たとえば、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public class ArrayBuilder {
-  public static <T> void addToList (List<T> listArg, T\&.\&.\&. elements) {
-    for (T x : elements) {
-      listArg\&.add(x);
-    }
-  }
-}
+\fBpublic class ArrayBuilder {\fR
+\fB  public static <T> void addToList (List<T> listArg, T\&.\&.\&. elements) {\fR
+\fB    for (T x : elements) {\fR
+\fB      listArg\&.add(x);\fR
+\fB    }\fR
+\fB  }\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1048,38 +1098,42 @@
 \fB注意:\fR
 非具象化可能型は、型情報が実行時に完全に使用不可能な型です。
 .sp
-コンパイラは、メソッド\fIArrayBuilder\&.addToList\fRの定義に関する次の警告を生成します。
+コンパイラは、メソッド\fBArrayBuilder\&.addToList\fRの定義に関する次の警告を生成します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-warning: [varargs] Possible heap pollution from parameterized vararg type T
+\fBwarning: [varargs] Possible heap pollution from parameterized vararg type T\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-コンパイラは、varargsメソッドを検出すると、\fIvarargs\fRの仮パラメータを配列に変換します。しかし、Javaプログラミング言語では、パラメータ化された型の配列の作成を許可していません。メソッド\fIArrayBuilder\&.addToList\fRでは、コンパイラは\fIvarargs\fRの仮パラメータ\fIT\&.\&.\&.\fR要素を仮パラメータ\fIT[]\fR要素(配列)に変換します。しかし、型消去により、コンパイラは\fIvarargs\fRの仮パラメータを\fIObject[]\fR要素に変換します。その結果、ヒープ汚染が発生する可能性があります。
+コンパイラは、varargsメソッドを検出すると、\fBvarargs\fRの仮パラメータを配列に変換します。しかし、Javaプログラミング言語では、パラメータ化された型の配列の作成を許可していません。メソッド\fBArrayBuilder\&.addToList\fRでは、コンパイラは\fBvarargs\fRの仮パラメータ\fBT\&.\&.\&.\fR要素を仮パラメータ\fBT[]\fR要素(配列)に変換します。しかし、型消去により、コンパイラは\fBvarargs\fRの仮パラメータを\fBObject[]\fR要素に変換します。その結果、ヒープ汚染が発生する可能性があります。
 .RE
-.SH "コマンドライン引数ファイル"
+.SH "コマンド行引数ファイル"
 .PP
-\fIjavac\fRコマンドを短くしたり簡潔にしたりするために、\fIjavac\fRコマンドに対する引数(\fI\-J\fRオプションを除く)を含む1つ以上のファイルを指定することができます。これにより、どのオペレーティング・システム上でも、任意の長さの\fIjavac\fRコマンドを作成できます。
+\fBjavac\fRコマンドを短くしたり簡潔にしたりするために、\fBjavac\fRコマンドに対する引数(\fB\-J\fRオプションを除く)を含む1つ以上のファイルを指定することができます。これにより、どのオペレーティング・システム上でも、任意の長さの\fBjavac\fRコマンドを作成できます。
 .PP
-引数ファイルには、\fIjavac\fRのオプションとソース・ファイル名を自由に組み合せて記述できます。ファイル内の引数は、空白または改行文字で区切ることができます。ファイル名に埋め込まれた空白がある場合、ファイル名全体を二重引用符で囲みます。
+引数ファイルには、\fBjavac\fRのオプションとソース・ファイル名を自由に組み合せて記述できます。ファイル内の引数は、空白または改行文字で区切ることができます。ファイル名に埋め込まれた空白がある場合、ファイル名全体を二重引用符で囲みます。
 .PP
-引数ファイル内のファイル名は、引数ファイルの位置ではなく、現在のディレクトリに相対的となります。これらのリストでは、ワイルドカード(*)は使用できません(たとえば、\fI*\&.java\fRとは指定できません)。アットマーク(@)を使用したファイルの再帰的な解釈はサポートされていません。また、\fI\-J\fRオプションもサポートされていません。このオプションは起動ツールに渡されますが、起動ツールでは引数ファイルをサポートしていないからです。
+引数ファイル内のファイル名は、引数ファイルの位置ではなく、現在のディレクトリに相対的となります。これらのリストでは、ワイルドカード(*)は使用できません(たとえば、\fB*\&.java\fRとは指定できません)。アットマーク(@)を使用したファイルの再帰的な解釈はサポートされていません。また、\fB\-J\fRオプションもサポートされていません。このオプションは起動ツールに渡されますが、起動ツールでは引数ファイルをサポートしていないからです。
 .PP
-\fIjavac\fRコマンドを実行するときに、各引数ファイルのパスと名前の先頭にアットマーク(@)文字を付けて渡します。\fIjavac\fRコマンドは、アットマーク(@)で始まる引数を見つけると、そのファイルの内容を展開して引数リストに挿入します。
+\fBjavac\fRコマンドを実行するときに、各引数ファイルのパスと名前の先頭にアットマーク(@)文字を付けて渡します。\fBjavac\fRコマンドは、アットマーク(@)で始まる引数を見つけると、そのファイルの内容を展開して引数リストに挿入します。
 .PP
-\fBExample 1\fR, 単一の引数ファイル
+\fB例 1\fR
+.br
+単一の引数ファイル
 .RS 4
-\fIargfile\fRという名前の単一の引数ファイルを使用して、すべての\fIjavac\fR引数を格納する場合は、次のように指定します。
+\fBargfile\fRという名前の単一の引数ファイルを使用して、すべての\fBjavac\fR引数を格納する場合は、次のように指定します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac @argfile
+\fBjavac @argfile\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1087,9 +1141,11 @@
 この引数ファイルには、例2で示されている両方のファイルの内容を入れることができます。
 .RE
 .PP
-\fBExample 2\fR, 2つの引数ファイル
+\fB例 2\fR
+.br
+2つの引数ファイル
 .RS 4
-\fIjavac\fRオプション用とソース・ファイル名用に、2つの引数ファイルを作成できます。次のリストには、行の継続文字はありません。
+\fBjavac\fRオプション用とソース・ファイル名用に、2つの引数ファイルを作成できます。次のリストには、行の継続文字はありません。
 .sp
 次を含むoptionsという名前のファイルを作成します。
 .sp
@@ -1097,9 +1153,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\-d classes
-\-g
-\-sourcepath /java/pubs/ws/1\&.3/src/share/classes
+\fB\-d classes\fR
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1109,6 +1163,27 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
+\fB\-g\fR
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB\-sourcepath /java/pubs/ws/1\&.3/src/share/classes\fR
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1119,35 +1194,40 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-MyClass1\&.java
-MyClass2\&.java
-MyClass3\&.java
+\fBMyClass1\&.java\fR
+\fBMyClass2\&.java\fR
+\fBMyClass3\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-それから、次のように\fIjavac\fRコマンドを実行します。
+それから、次のように\fBjavac\fRコマンドを実行します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac @options @classes
+\fBjavac @options @classes\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 3\fR, パスを使用した引数ファイル
+\fB例 3\fR
+.br
+パスを使用した引数ファイル
 .RS 4
-引数ファイルはパスを指定できますが、ファイル内のすべてのファイル名は、(\fIpath1\fRや\fIpath2\fRではなく)次のように現在の作業ディレクトリに相対的となります。
+引数ファイルはパスを指定できますが、ファイル内のすべてのファイル名は、(\fBpath1\fRや\fBpath2\fRではなく)次のように現在の作業ディレクトリに相対的となります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac @path1/options @path2/classes
+\fBjavac @path1/options @path2/classes\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1155,106 +1235,110 @@
 .RE
 .SH "注釈処理"
 .PP
-\fIjavac\fRコマンドが注釈処理を直接サポートしているため、独立した注釈処理コマンドである\fIapt\fRを使用する必要がなくなりました。
+\fBjavac\fRコマンドが注釈処理を直接サポートしているため、独立した注釈処理コマンドである\fBapt\fRを使用する必要がなくなりました。
 .PP
-注釈プロセッサのAPIは、\fIjavax\&.annotation\&.processing\fRおよび\fIjavax\&.lang\&.model\fRパッケージとそのサブパッケージ内に定義されています。
+注釈プロセッサのAPIは、\fBjavax\&.annotation\&.processing\fRおよび\fBjavax\&.lang\&.model\fRパッケージとそのサブパッケージ内に定義されています。
 .SS "注釈処理を行う方法"
 .PP
-\fI\-proc:none\fRオプションによって注釈処理が無効化されない限り、コンパイラは使用可能なすべての注釈プロセッサを検索します。検索パスは、\fI\-processorpath\fRオプションを使用して指定できます。パスを指定しない場合、ユーザー・クラス・パスが使用されます。プロセッサの検索は、検索パス上の\fIMETA\-INF/services/javax\&.annotation\&.processing\fR\&.Processorという名前のサービス・プロバイダ構成ファイルに基づいて行われます。このようなファイルには、使用するすべての注釈プロセッサの名前を、1行に1つずつ含めてください。また、別の方法として、\fI\-processor\fRオプションを使用してプロセッサを明示的に指定することもできます。
+\fB\-proc:none\fRオプションによって注釈処理が無効化されない限り、コンパイラは使用可能なすべての注釈プロセッサを検索します。検索パスは、\fB\-processorpath\fRオプションを使用して指定できます。パスを指定しない場合、ユーザー・クラス・パスが使用されます。プロセッサの検索は、検索パス上の\fBMETA\-INF/services/javax\&.annotation\&.processing\fR\&.Processorという名前のサービス・プロバイダ構成ファイルに基づいて行われます。このようなファイルには、使用するすべての注釈プロセッサの名前を、1行に1つずつ含めてください。また、別の方法として、\fB\-processor\fRオプションを使用してプロセッサを明示的に指定することもできます。
 .PP
-コンパイラは、コマンドラインのソース・ファイルやクラスを走査することで、どのような注釈が存在しているかを確認し終わると、プロセッサに対して問合せを行い、それらのプロセッサがどの注釈を処理できるのかを確認します。一致するものが見つかった場合、そのプロセッサが呼び出されます。各プロセッサは、自身が処理する注釈を要求できます。その場合、それらの注釈に対する別のプロセッサを見つける試みは行われません。すべての注釈が要求されると、コンパイラはそれ以上プロセッサの検索を行いません。
+コンパイラは、コマンド行のソース・ファイルやクラスを走査することで、どのような注釈が存在しているかを確認し終わると、プロセッサに対して問合せを行い、それらのプロセッサがどの注釈を処理できるのかを確認します。一致するものが見つかった場合、そのプロセッサが呼び出されます。各プロセッサは、自身が処理する注釈を要求できます。その場合、それらの注釈に対する別のプロセッサを見つける試みは行われません。すべての注釈が要求されると、コンパイラはそれ以上プロセッサの検索を行いません。
 .PP
 いずれかのプロセッサによって新しいソース・ファイルが生成されると、注釈処理の2回目のラウンドが開始されます。新しく生成されたすべてのソース・ファイルがスキャンされ、前回と同様に注釈が処理されます。以前のラウンドで呼び出されたプロセッサはすべて、後続のどのラウンドでも呼び出されます。これが、新しいソース・ファイルが生成されなくなるまで続きます。
 .PP
-あるラウンドで新しいソース・ファイルが生成されなかった場合、注釈プロセッサがあと1回のみ呼び出され、残りの処理を実行する機会が与えられます。最後に、\fI\-proc:only\fRオプションが使用されないかぎり、コンパイラは、元のソース・ファイルと生成されたすべてのソース・ファイルをコンパイルします。
+あるラウンドで新しいソース・ファイルが生成されなかった場合、注釈プロセッサがあと1回のみ呼び出され、残りの処理を実行する機会が与えられます。最後に、\fB\-proc:only\fRオプションが使用されないかぎり、コンパイラは、元のソース・ファイルと生成されたすべてのソース・ファイルをコンパイルします。
 .SS "暗黙的にロードされたソース・ファイル"
 .PP
-コンパイラは、一連のソース・ファイルをコンパイルする際に、別のソース・ファイルを暗黙的にロードすることが必要な場合があります。型の検索を参照してください。そのようなファイルは、現時点では注釈処理の対象になりません。デフォルトでは、注釈処理が実行され、かつ暗黙的にロードされた任意のソース・ファイルがコンパイルされた場合、コンパイラは警告を発行します。\fI\-implicit\fRオプションでは、警告を抑制する方法が提供されます。
+コンパイラは、一連のソース・ファイルをコンパイルする際に、別のソース・ファイルを暗黙的にロードすることが必要な場合があります。型の検索を参照してください。そのようなファイルは、現時点では注釈処理の対象になりません。デフォルトでは、注釈処理が実行され、かつ暗黙的にロードされた任意のソース・ファイルがコンパイルされた場合、コンパイラは警告を発行します。\fB\-implicit\fRオプションでは、警告を抑制する方法が提供されます。
 .SH "型の検索"
 .PP
-ソース・ファイルをコンパイルするために、コンパイラは通常、型に関する情報を必要としますが、その型の定義はコマンドラインで指定したソース・ファイルにありません。コンパイラは、ソース・ファイルで使用されているクラスまたはインタフェース、拡張されているクラスまたはインタフェース、あるいは実装されているクラスまたはインタフェースすべてについて、型の情報を必要とします。これには、ソース・ファイルで明示的には言及されていなくても、継承を通じて情報を提供するクラスとインタフェースも含まれます。
+ソース・ファイルをコンパイルするために、コンパイラは通常、型に関する情報を必要としますが、その型の定義はコマンド行で指定したソース・ファイルにありません。コンパイラは、ソース・ファイルで使用されているクラスまたはインタフェース、拡張されているクラスまたはインタフェース、あるいは実装されているクラスまたはインタフェースすべてについて、型の情報を必要とします。これには、ソース・ファイルで明示的には言及されていなくても、継承を通じて情報を提供するクラスとインタフェースも含まれます。
 .PP
-たとえば、サブクラス\fIjava\&.applet\&.Applet\fRを作成すると、\fIアプレット\fRの祖先のクラス(\fIjava\&.awt\&.Panel\fR、\fIjava\&.awt\&.Container\fR、\fIjava\&.awt\&.Component\fRおよび\fIjava\&.lang\&.Object\fR)を使用していることにもなります。
+たとえば、サブクラス\fBjava\&.applet\&.Applet\fRを作成すると、\fBアプレット\fRの祖先のクラス(\fBjava\&.awt\&.Panel\fR、\fBjava\&.awt\&.Container\fR、\fBjava\&.awt\&.Component\fRおよび\fBjava\&.lang\&.Object\fR)を使用していることにもなります。
 .PP
-コンパイラは、型の情報が必要になると、その型を定義しているソース・ファイルまたはクラス・ファイルを検索します。まず、ブートストラップ・クラスと拡張機能クラスを検索し、続いてユーザー・クラス・パス(デフォルトでは現在のディレクトリ)を検索します。ユーザー・クラス・パスは、\fICLASSPATH\fR環境変数を設定して定義するか、または\fI\-classpath\fRオプションを使用して定義します。
+コンパイラは、型の情報が必要になると、その型を定義しているソース・ファイルまたはクラス・ファイルを検索します。まず、ブートストラップ・クラスと拡張機能クラスを検索し、続いてユーザー・クラス・パス(デフォルトでは現在のディレクトリ)を検索します。ユーザー・クラス・パスは、\fBCLASSPATH\fR環境変数を設定して定義するか、または\fB\-classpath\fRオプションを使用して定義します。
 .PP
-\fI\-sourcepath\fRオプションが設定されている場合、コンパイラは、指定されたパスからソース・ファイルを検索します。それ以外の場合、コンパイラは、ユーザー・クラス・パスからクラス・ファイルとソース・ファイルの両方を検索します。
+\fB\-sourcepath\fRオプションが設定されている場合、コンパイラは、指定されたパスからソース・ファイルを検索します。それ以外の場合、コンパイラは、ユーザー・クラス・パスからクラス・ファイルとソース・ファイルの両方を検索します。
 .PP
-\fI\-bootclasspath\fRオプションおよび\fI\-extdirs\fRオプションを使用して、別のブートストラップ・クラスや拡張機能クラスを指定できます。クロスコンパイル・オプションを参照してください。
+\fB\-bootclasspath\fRオプションおよび\fB\-extdirs\fRオプションを使用して、別のブートストラップ・クラスや拡張機能クラスを指定できます。クロスコンパイル・オプションを参照してください。
 .PP
-型の検索に成功したときに得られる結果は、クラス・ファイル、ソース・ファイル、またはその両方である場合があります。両方が見つかった場合、そのどちらを使用するかを\fI\-Xprefer\fRオプションでコンパイラに指示できます。\fInewer\fRが指定された場合、コンパイラは2つのファイルのうち新しい方を使用します。\fIsource\fRが指定された場合、コンパイラはソース・ファイルを使用します。デフォルトは\fInewer\fRです。
+型の検索に成功したときに得られる結果は、クラス・ファイル、ソース・ファイル、またはその両方である場合があります。両方が見つかった場合、そのどちらを使用するかを\fB\-Xprefer\fRオプションでコンパイラに指示できます。\fBnewer\fRが指定された場合、コンパイラは2つのファイルのうち新しい方を使用します。\fBsource\fRが指定された場合、コンパイラはソース・ファイルを使用します。デフォルトは\fBnewer\fRです。
 .PP
-型の検索自体によって、または\fI\-Xprefer\fRオプションが設定された結果として必要な型のソース・ファイルが見つかった場合、コンパイラはそのソース・ファイルを読み取り、必要な情報を取得します。デフォルトでは、コンパイラはソース・ファイルのコンパイルも行います。\fI\-implicit\fRオプションを使用してその動作を指定できます。\fInone\fRが指定された場合、ソース・ファイルに対してクラス・ファイルは生成されません。\fIclass\fRが指定された場合、ソース・ファイルに対してクラス・ファイルが生成されます。
+型の検索自体によって、または\fB\-Xprefer\fRオプションが設定された結果として必要な型のソース・ファイルが見つかった場合、コンパイラはそのソース・ファイルを読み取り、必要な情報を取得します。デフォルトでは、コンパイラはソース・ファイルのコンパイルも行います。\fB\-implicit\fRオプションを使用してその動作を指定できます。\fBnone\fRが指定された場合、ソース・ファイルに対してクラス・ファイルは生成されません。\fBclass\fRが指定された場合、ソース・ファイルに対してクラス・ファイルが生成されます。
 .PP
-コンパイラは、注釈処理が完了するまで、ある型情報の必要性を認識しない場合があります。型情報がソース・ファイル内に見つかり、かつ\fI\-implicit\fRオプションが指定されていない場合、コンパイラによって、そのファイルが注釈処理の対象とならずにコンパイルされることが警告されます。この警告を無効にするには、(そのファイルが注釈処理の対象となるように)そのファイルをコマンドラインに指定するか、あるいはそのようなソース・ファイルに対してクラス・ファイルを生成する必要があるかどうかを\fI\-implicit\fRオプションを使用して指定します。
+コンパイラは、注釈処理が完了するまで、ある型情報の必要性を認識しない場合があります。型情報がソース・ファイル内に見つかり、かつ\fB\-implicit\fRオプションが指定されていない場合、コンパイラによって、そのファイルが注釈処理の対象とならずにコンパイルされることが警告されます。この警告を無効にするには、(そのファイルが注釈処理の対象となるように)そのファイルをコマンド行に指定するか、あるいはそのようなソース・ファイルに対してクラス・ファイルを生成する必要があるかどうかを\fB\-implicit\fRオプションを使用して指定します。
 .SH "プログラマティック・インタフェース"
 .PP
-\fIjavac\fRコマンドは、\fIjavax\&.tools\fRパッケージ内のクラスとインタフェースによって定義される新しいJava Compiler APIをサポートします。
+\fBjavac\fRコマンドは、\fBjavax\&.tools\fRパッケージ内のクラスとインタフェースによって定義される新しいJava Compiler APIをサポートします。
 .SS "例"
 .PP
-コマンドライン引数を指定するようにコンパイルするには、次の構文を使用します。
+コマンド行引数を指定するようにコンパイルするには、次の構文を使用します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-JavaCompiler javac = ToolProvider\&.getSystemJavaCompiler();
-JavaCompiler javac = ToolProvider\&.getSystemJavaCompiler();
+\fBJavaCompiler javac = ToolProvider\&.getSystemJavaCompiler();\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-例では、診断を標準出力ストリームに書き込み、コマンドラインからの呼出し時に\fIjavac\fRが指定する終了コードを返します。
+例では、診断を標準出力ストリームに書き込み、コマンド行からの呼出し時に\fBjavac\fRが指定する終了コードを返します。
 .PP
-\fIjavax\&.tools\&.JavaCompiler\fRインタフェースの他のメソッドを使用すると、診断の処理やファイルの読取り元/書込み先の制御などを行うことができます。
+\fBjavax\&.tools\&.JavaCompiler\fRインタフェースの他のメソッドを使用すると、診断の処理やファイルの読取り元/書込み先の制御などを行うことができます。
 .SS "旧式のインタフェース"
 .PP
 \fB注意:\fR
-このAPIは、下位互換性のためにのみ保持されています。すべての新しいコードは、新しいJava Compiler APIを使用する必要があります。
+このAPIは、後方互換性のためにのみ保持されています。すべての新しいコードは、新しいJava Compiler APIを使用する必要があります。
 .PP
-次のように、\fIcom\&.sun\&.tools\&.javac\&.Main\fRクラスには、プログラムからコンパイラを呼び出すためのstaticメソッドが2つ用意されています。
+次のように、\fBcom\&.sun\&.tools\&.javac\&.Main\fRクラスには、プログラムからコンパイラを呼び出すためのstaticメソッドが2つ用意されています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public static int compile(String[] args);
-public static int compile(String[] args, PrintWriter out);
+\fBpublic static int compile(String[] args);\fR
+\fBpublic static int compile(String[] args, PrintWriter out);\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIargs\fRパラメータは、通常コンパイラに渡される任意のコマンドライン引数を表しています。
+\fBargs\fRパラメータは、通常コンパイラに渡される任意のコマンド行引数を表しています。
 .PP
-\fIout\fRパラメータは、コンパイラの診断出力の宛先を示します。
+\fBout\fRパラメータは、コンパイラの診断出力の宛先を示します。
 .PP
-\fIreturn\fR値は、\fIjavac\fRの\fIexit\fR値と同じです。
+\fBreturn\fR値は、\fBjavac\fRの\fBexit\fR値と同じです。
 .PP
 \fB注意:\fR
-名前が\fIcom\&.sun\&.tools\&.javac\fRで始まるパッケージ(\fIcom\&.sun\&.tools\&.javac\fRのサブパッケージ)で検出される他のすべてのクラスおよびメソッドは、完全に内部用であり、いつでも変更される可能性があります。
+名前が\fBcom\&.sun\&.tools\&.javac\fRで始まるパッケージ(\fBcom\&.sun\&.tools\&.javac\fRのサブパッケージ)で検出される他のすべてのクラスおよびメソッドは、完全に内部用であり、いつでも変更される可能性があります。
 .SH "例"
 .PP
-\fBExample 1\fR, 簡単なプログラムのコンパイル
+\fB例 1\fR
+.br
+簡単なプログラムのコンパイル
 .RS 4
-この例では、greetingsディレクトリで\fIHello\&.java\fRソース・ファイルをコンパイルする方法を示しています。\fIHello\&.java\fRで定義されたクラスは、\fIgreetings\&.Hello\fRと呼ばれます。greetingsディレクトリは、ソース・ファイルとクラス・ファイルの両方があるパッケージ・ディレクトリで、現在のディレクトリのすぐ下にあります。これにより、デフォルトのユーザー・クラス・パスを使用できるようになります。また、\fI\-d\fRオプションを使用して別の出力先ディレクトリを指定する必要もありません。
+この例では、greetingsディレクトリで\fBHello\&.java\fRソース・ファイルをコンパイルする方法を示しています。\fBHello\&.java\fRで定義されたクラスは、\fBgreetings\&.Hello\fRと呼ばれます。greetingsディレクトリは、ソース・ファイルとクラス・ファイルの両方があるパッケージ・ディレクトリで、現在のディレクトリのすぐ下にあります。これにより、デフォルトのユーザー・クラス・パスを使用できるようになります。また、\fB\-d\fRオプションを使用して別の出力先ディレクトリを指定する必要もありません。
 .sp
-\fIHello\&.java\fR内のソース・コードは次のとおりです。
+\fBHello\&.java\fR内のソース・コードは次のとおりです。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-package greetings;
+\fBpackage greetings;\fR
+\fB \fR
+\fBpublic class Hello {\fR
+\fB    public static void main(String[] args) {\fR
+\fB        for (int i=0; i < args\&.length; i++) {\fR
+\fB            System\&.out\&.println("Hello " + args[i]);\fR
+\fB        }\fR
+\fB    }\fR
+\fB}\fR
  
-public class Hello {
-    public static void main(String[] args) {
-        for (int i=0; i < args\&.length; i++) {
-            System\&.out\&.println("Hello " + args[i]);
-        }
-    }
-}
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1265,46 +1349,53 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac greetings/Hello\&.java
+\fBjavac greetings/Hello\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIgreetings\&.Hello\fRの実行:
+\fBgreetings\&.Hello\fRの実行:
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java greetings\&.Hello World Universe Everyone
-Hello World
-Hello Universe
-Hello Everyone
+\fBjava greetings\&.Hello World Universe Everyone\fR
+\fBHello World\fR
+\fBHello Universe\fR
+\fBHello Everyone\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 2\fR, 複数のソース・ファイルのコンパイル
+\fB例 2\fR
+.br
+複数のソース・ファイルのコンパイル
 .RS 4
-この例では、\fIgreetings\fRパッケージのソース・ファイル\fIAloha\&.java\fR、\fIGutenTag\&.java\fR、\fIHello\&.java\fRおよび\fIHi\&.java\fRをコンパイルします。
+この例では、\fBgreetings\fRパッケージのソース・ファイル\fBAloha\&.java\fR、\fBGutenTag\&.java\fR、\fBHello\&.java\fRおよび\fBHi\&.java\fRをコンパイルします。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-% javac greetings/*\&.java
-% ls greetings
-Aloha\&.class         GutenTag\&.class      Hello\&.class         Hi\&.class
-Aloha\&.java          GutenTag\&.java       Hello\&.java          Hi\&.java
+\fB% javac greetings/*\&.java\fR
+\fB% ls greetings\fR
+\fBAloha\&.class         GutenTag\&.class      Hello\&.class         Hi\&.class\fR
+\fBAloha\&.java          GutenTag\&.java       Hello\&.java          Hi\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 3\fR, ユーザー・クラス・パスの指定
+\fB例 3\fR
+.br
+ユーザー・クラス・パスの指定
 .RS 4
 前述の例のソース・ファイルのうち1つを変更した後に、そのファイルを再コンパイルします。
 .sp
@@ -1312,110 +1403,122 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-pwd
-/examples
-javac greetings/Hi\&.java
+\fBpwd\fR
+\fB/examples\fR
+\fBjavac greetings/Hi\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIgreetings\&.Hi\fRは\fIgreetings\fRパッケージ内の他のクラスを参照しているため、コンパイラはこれらの他のクラスを探す必要があります。デフォルトのユーザー・クラス・パスはパッケージ・ディレクトリを含むディレクトリであるため、前述の例は動作します。現在のディレクトリを気にせずにこのファイルを再コンパイルする場合、\fICLASSPATH\fRを設定して、ユーザー・クラス・パスに例のディレクトリを追加します。この例では、\fI\-classpath\fRオプションを使用しています。
+\fBgreetings\&.Hi\fRは\fBgreetings\fRパッケージ内の他のクラスを参照しているため、コンパイラはこれらの他のクラスを探す必要があります。デフォルトのユーザー・クラス・パスはパッケージ・ディレクトリを含むディレクトリであるため、前述の例は動作します。現在のディレクトリを気にせずにこのファイルを再コンパイルする場合、\fBCLASSPATH\fRを設定して、ユーザー・クラス・パスに例のディレクトリを追加します。この例では、\fB\-classpath\fRオプションを使用しています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-classpath /examples /examples/greetings/Hi\&.java
+\fBjavac \-classpath /examples /examples/greetings/Hi\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIgreetings\&.Hi\fRを変更してバナー・ユーティリティを使用するようにした場合、 そのユーティリティもユーザー・クラス・パスを通じてアクセスできるようになっている必要があります。
+\fBgreetings\&.Hi\fRを変更してバナー・ユーティリティを使用するようにした場合、 そのユーティリティもユーザー・クラス・パスを通じてアクセスできるようになっている必要があります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-classpath /examples:/lib/Banners\&.jar \e
-            /examples/greetings/Hi\&.java
+\fBjavac \-classpath /examples:/lib/Banners\&.jar \e\fR
+\fB            /examples/greetings/Hi\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fIgreetings\fRパッケージでクラスを実行するには、プログラムは\fIgreetings\fRパッケージ、および\fIgreetings\fRクラスが使用するクラスにアクセスする必要があります。
+\fBgreetings\fRパッケージでクラスを実行するには、プログラムは\fBgreetings\fRパッケージ、および\fBgreetings\fRクラスが使用するクラスにアクセスする必要があります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-java \-classpath /examples:/lib/Banners\&.jar greetings\&.Hi
+\fBjava \-classpath /examples:/lib/Banners\&.jar greetings\&.Hi\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .RE
 .PP
-\fBExample 4\fR, ソース・ファイルとクラス・ファイルの分離
+\fB例 4\fR
+.br
+ソース・ファイルとクラス・ファイルの分離
 .RS 4
-次の例では、\fIjavac\fRを使用して、JVM 1\&.6上で実行するコードをコンパイルします。
+次の例では、\fBjavac\fRを使用して、JVM 1\&.7上で実行するコードをコンパイルします。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-source 1\&.6 \-target 1\&.6 \-bootclasspath jdk1\&.6\&.0/lib/rt\&.jar \e 
-\-extdirs "" OldCode\&.java
+\fBjavac \-source 1\&.7 \-target 1\&.7 \-bootclasspath jdk1\&.7\&.0/lib/rt\&.jar \e \fR
+\fB\-extdirs "" OldCode\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-\fI\-source 1\&.6\fRオプションにより、\fIOldCode\&.java\fRのコンパイルにはリリース1\&.6(または6)のJavaプログラミング言語が使用されます。\fI\-target 1\&.6\fRオプションにより、JVM 1\&.6と互換性のあるクラス・ファイルが生成されます。ほとんどの場合、\fI\-target\fRオプションの値は\fI\-source\fRオプションの値になります。この例では、\fI\-target\fRオプションを省略できます。
+\fB\-source 1\&.7\fRオプションにより、\fBOldCode\&.java\fRのコンパイルにはリリース1\&.7(または7)のJavaプログラミング言語が使用されます。\fB\-target 1\&.7\fRオプションにより、JVM 1\&.7と互換性のあるクラス・ファイルが生成されます。ほとんどの場合、\fB\-target\fRオプションの値は\fB\-source\fRオプションの値になります。この例では、\fB\-target\fRオプションを省略できます。
 .sp
-\fI\-bootclasspath\fRオプションを使用して、適切なバージョンのブートストラップ・クラス(\fIrt\&.jar\fRライブラリ)を指定する必要があります。指定しない場合は、コンパイラによって次の警告が生成されます。
+\fB\-bootclasspath\fRオプションを使用して、適切なバージョンのブートストラップ・クラス(\fBrt\&.jar\fRライブラリ)を指定する必要があります。指定しない場合は、コンパイラによって次の警告が生成されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-source 1\&.6 OldCode\&.java
-warning: [options] bootstrap class path not set in conjunction with 
-\-source 1\&.6
+\fBjavac \-source 1\&.7 OldCode\&.java\fR
+\fBwarning: [options] bootstrap class path not set in conjunction with \fR
+\fB\-source 1\&.7\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-適切なバージョンのブートストラップ・クラスを指定しない場合、コンパイラは古い言語仕様(この例では、バージョン1\&.6のJavaプログラミング言語)を新しいブートストラップ・クラスと組み合せて使用します。その結果、存在しないメソッドへの参照が含まれていることがあるため、クラス・ファイルが古いプラットフォーム(この場合はJava SE 6)で動作しない可能性があります。
+適切なバージョンのブートストラップ・クラスを指定しない場合、コンパイラは古い言語仕様(この例では、バージョン1\&.7のJavaプログラミング言語)を新しいブートストラップ・クラスと組み合せて使用します。その結果、存在しないメソッドへの参照が含まれていることがあるため、クラス・ファイルが古いプラットフォーム(この場合はJava SE 7)で動作しない可能性があります。
 .RE
 .PP
-\fBExample 5\fR, クロス・コンパイル
+\fB例 5\fR
+.br
+クロス・コンパイル
 .RS 4
-この例では、\fIjavac\fRを使用して、JVM 1\&.6上で実行するコードをコンパイルします。
+この例では、\fBjavac\fRを使用して、JVM 1\&.7上で実行するコードをコンパイルします。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-source 1\&.6 \-target 1\&.6 \-bootclasspath jdk1\&.6\&.0/lib/rt\&.jar \e
-            \-extdirs "" OldCode\&.java
+\fBjavac \-source 1\&.7 \-target 1\&.7 \-bootclasspath jdk1\&.7\&.0/lib/rt\&.jar \e\fR
+\fB            \-extdirs "" OldCode\&.java\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-The\fI \-source 1\&.6\fRオプションにより、OldCode\&.javaのコンパイルにはリリース1\&.6(または6)のJavaプログラミング言語が使用されます。\fI\-target 1\&.6\fRオプションにより、JVM 1\&.6と互換性のあるクラス・ファイルが生成されます。ほとんどの場合、\fI\-target\fRの値は\fI\-source\fRの値になります。この例では、\fI\-target\fRオプションは省略されます。
+\fB \-source 1\&.7\fRオプションにより、OldCode\&.javaのコンパイルにはリリース1\&.7(または7)のJavaプログラミング言語が使用されます。\fB\-target 1\&.7\fRオプションにより、JVM 1\&.7と互換性のあるクラス・ファイルが生成されます。ほとんどの場合、\fB\-target\fRの値は\fB\-source\fRの値になります。この例では、\fB\-target\fRオプションは省略されます。
 .sp
-\fI\-bootclasspath\fRオプションを使用して、適切なバージョンのブートストラップ・クラス(\fIrt\&.jar\fRライブラリ)を指定する必要があります。指定しない場合は、コンパイラによって次の警告が生成されます。
+\fB\-bootclasspath\fRオプションを使用して、適切なバージョンのブートストラップ・クラス(\fBrt\&.jar\fRライブラリ)を指定する必要があります。指定しない場合は、コンパイラによって次の警告が生成されます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-javac \-source 1\&.6 OldCode\&.java
-warning: [options] bootstrap class path not set in conjunction with \-source 1\&.6
+\fBjavac \-source 1\&.7 OldCode\&.java\fR
+\fBwarning: [options] bootstrap class path not set in conjunction with \-source 1\&.7\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-適切なバージョンのブートストラップ・クラスを指定しない場合、コンパイラは古い言語仕様を新しいブートストラップ・クラスと組み合せて使用します。この組合せは、存在しないメソッドへの参照が含まれていることがあるため、クラス・ファイルが古いプラットフォーム(この場合はJava SE 6)で動作しない可能性があります。この例では、コンパイラはJavaプログラミング言語のリリース1\&.6を使用します。
+適切なバージョンのブートストラップ・クラスを指定しない場合、コンパイラは古い言語仕様を新しいブートストラップ・クラスと組み合せて使用します。この組合せは、存在しないメソッドへの参照が含まれていることがあるため、クラス・ファイルが古いプラットフォーム(この場合はJava SE 7)で動作しない可能性があります。この例では、コンパイラはJavaプログラミング言語のリリース1\&.7を使用します。
 .RE
 .SH "関連項目"
 .sp
--- a/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Mon Jul 07 16:55:22 2014 +0400
+++ b/src/linux/doc/man/ja/javadoc.1	Mon Jul 14 11:15:04 2014 -0700
@@ -1,11 +1,5 @@
 '\" t
-.\" Copyright (c) 1994, 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
-.\" Title: javadoc
-.\" Language: English
-.\" Date: 2011年5月10日
-.\" SectDesc: 基本ツール
-.\" Software: JDK 8
-.\" Arch: 汎用
+.\" Copyright (c) 1994, 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
 .\"
 .\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
 .\"
@@ -27,7 +21,15 @@
 .\" or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
 .\" questions.
 .\"
-.pl 99999
+.\" Title: javadoc
+.\" Language: Japanese
+.\" Date: 2011年5月10日
+.\" SectDesc: 基本ツール
+.\" Software: JDK 8
+.\" Arch: 汎用
+.\" Part Number: E54734-01
+.\"
+.if n .pl 99999
 .TH "javadoc" "1" "2011年5月10日" "JDK 8" "基本ツール"
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * Define some portability stuff
@@ -48,7 +50,7 @@
 .\" -----------------------------------------------------------------
 .\" * MAIN CONTENT STARTS HERE *
 .\" -----------------------------------------------------------------
-.SH "NAME"
+.SH "名前"
 javadoc \- Javaソース・ファイルから、APIドキュメントのHTMLページを生成します。
 .SH "概要"
 .sp
@@ -56,7 +58,7 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fIjavadoc\fR {\fIpackages\fR|\fIsource\-files\fR} [\fIoptions\fR] [\fI@argfiles\fR]
+\fBjavadoc\fR {\fIpackages\fR|\fIsource\-files\fR} [\fIoptions\fR] [\fI@argfiles\fR]
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -64,33 +66,33 @@
 .PP
 \fIpackages\fR
 .RS 4
-\fIjava\&.lang java\&.lang\&.reflect java\&.awt\fRなど、空白で区切ってドキュメント化するパッケージの名前。サブパッケージもドキュメント化する場合は、\fI\-subpackages\fRオプションを使用してパッケージを指定します。
-.sp
-デフォルトでは、\fIjavadoc\fRは、現在のディレクトリおよびサブディレクトリで指定されたパッケージを探します。\fI\-sourcepath\fRオプションを使用して、パッケージを探すディレクトリのリストを指定します。
+\fBjava\&.lang java\&.lang\&.reflect java\&.awt\fRなど、空白で区切ってドキュメント化するパッケージの名前。サブパッケージもドキュメント化する場合は、\fB\-subpackages\fRオプションを使用してパッケージを指定します。
+.sp
+デフォルトでは、\fBjavadoc\fRは、現在のディレクトリおよびサブディレクトリで指定されたパッケージを探します。\fB\-sourcepath\fRオプションを使用して、パッケージを探すディレクトリのリストを指定します。
 .RE
 .PP
 \fIsource\-files\fR
 .RS 4
-\fIClass\&.java Object\&.java Button\&.java\fRのように空白で区切った、ドキュメント化するJavaソース・ファイルの名前。デフォルトでは、\fIjavadoc\fRは、現在のディレクトリで指定されたクラスを探します。ただし、\fI/home/src/java/awt/Graphics*\&.java\fRのように、クラス・ファイルのフルパスを指定し、ワイルドカード文字を使用できます。現在のディレクトリからの相対パスも指定できます。
+\fBClass\&.java Object\&.java Button\&.java\fRのように空白で区切った、ドキュメント化するJavaソース・ファイルの名前。デフォルトでは、\fBjavadoc\fRは、現在のディレクトリで指定されたクラスを探します。ただし、\fB/home/src/java/awt/Graphics*\&.java\fRのように、クラス・ファイルのフルパスを指定し、ワイルドカード文字を使用できます。現在のディレクトリからの相対パスも指定できます。
 .RE
 .PP
 \fIoptions\fR
 .RS 4
-空白で区切られたコマンドライン・オプション。オプションを参照してください。
+空白で区切られたコマンド行オプション。オプションを参照してください。
 .RE
 .PP
 \fI@argfiles\fR
 .RS 4
-\fIjavadoc\fRコマンド・オプション、パッケージ名およびソース・ファイル名のリストを任意の順序で含むファイルの名前。
+\fBjavadoc\fRコマンド・オプション、パッケージ名およびソース・ファイル名のリストを任意の順序で含むファイルの名前。
 .RE
 .SH "説明"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、一連のJavaソース・ファイルにある宣言およびドキュメンテーション・コメントを解析し、デフォルトでは、publicクラス、protectedクラス、ネストされたクラス(匿名の内部クラスは除く)、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドについて記述した一連のHTMLページを生成します。\fIjavadoc\fRコマンドは、APIドキュメントの生成や、一連のソース・ファイルの実装ドキュメントの生成に使用できます。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、パッケージ全体、個々のソース・ファイル、またはその両方に対して実行できます。パッケージ全体のドキュメント化を行うには、\fI\-subpackages\fRオプションを使用してディレクトリおよびそのサブディレクトリを再帰的にたどるか、パッケージ名の明示的なリストを渡します。個々のソース・ファイルをドキュメント化するには、Javaソース・ファイル名のリストを渡します。簡単な例を参照してください。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、一連のJavaソース・ファイルにある宣言およびドキュメンテーション・コメントを解析し、デフォルトでは、publicクラス、protectedクラス、ネストされたクラス(匿名の内部クラスは除く)、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドについて記述した一連のHTMLページを生成します。\fBjavadoc\fRコマンドは、APIドキュメントの生成や、一連のソース・ファイルの実装ドキュメントの生成に使用できます。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、パッケージ全体、個々のソース・ファイル、またはその両方に対して実行できます。パッケージ全体のドキュメント化を行うには、\fB\-subpackages\fRオプションを使用してディレクトリおよびそのサブディレクトリを再帰的にたどるか、パッケージ名の明示的なリストを渡します。個々のソース・ファイルをドキュメント化するには、Javaソース・ファイル名のリストを渡します。簡単な例を参照してください。
 .SS "ソース・ファイルの処理"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、ソースで終わるファイル、およびソース・ファイルで説明しているその他のファイルを処理します。個々のソース・ファイル名を渡して\fIjavadoc\fRを実行する場合、どのソース・ファイルを処理するかを正確に指定できます。ただし、多くの開発者はこの方法では作業しません。パッケージ名を渡すほうが簡単だからです。ソース・ファイル名を明示的に指定しなくても、\fIjavadoc\fRコマンドは3つの方法で実行できます。パッケージ名を渡し、\fI\-subpackages\fRオプションを使用するか、またはソース・ファイル名にワイルドカードを使用することができます。これらの場合、\fIjavadoc\fRコマンドがソース・ファイルの処理を行うのは、そのファイルが次のすべての要件を満たす場合のみです。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、ソースで終わるファイル、およびソース・ファイルで説明しているその他のファイルを処理します。個々のソース・ファイル名を渡して\fBjavadoc\fRを実行する場合、どのソース・ファイルを処理するかを正確に指定できます。ただし、多くの開発者はこの方法では作業しません。パッケージ名を渡すほうが簡単だからです。ソース・ファイル名を明示的に指定しなくても、\fBjavadoc\fRコマンドは3つの方法で実行できます。パッケージ名を渡し、\fB\-subpackages\fRオプションを使用するか、またはソース・ファイル名にワイルドカードを使用することができます。これらの場合、\fBjavadoc\fRコマンドがソース・ファイルの処理を行うのは、そのファイルが次のすべての要件を満たす場合のみです。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -100,7 +102,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-ファイル名の接頭辞(\fI\&.java\fRを削除)が有効なクラス名である。
+ファイル名の接頭辞(\fB\&.java\fRを削除)が有効なクラス名である。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -124,8 +126,10 @@
 .\}
 パッケージ文に有効なパッケージ名が含まれている。
 .RE
-リンクの処理.PP
-処理の実行中に、\fIjavadoc\fRコマンドは、その実行でドキュメント化されるパッケージ、クラス、およびメンバーの名前に対して、相互参照リンクを追加します。リンクは、次の場所に表示されます。@タグの説明については、javadocタグを参照してください。
+.PP
+リンクの処理
+.PP
+処理の実行中に、\fBjavadoc\fRコマンドは、その実行でドキュメント化されるパッケージ、クラス、およびメンバーの名前に対して、相互参照リンクを追加します。リンクは、次の場所に表示されます。@タグの説明については、javadocタグを参照してください。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -146,7 +150,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI@see\fRタグから生成された「\fI関連項目\fR」セクション。
+\fB@see\fRタグから生成された\fI「関連項目」\fRセクション。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -157,7 +161,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI{@link}\fRタグから生成されたインライン・テキスト。
+\fB{@link}\fRタグから生成されたインライン・テキスト。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -168,7 +172,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI@throws\fRタグから生成された例外の名前。
+\fB@throws\fRタグから生成された例外の名前。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -179,7 +183,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-インタフェースのメンバーに対する「\fI定義\fR」リンクと、クラスのメンバーに対する「\fIオーバーライド\fR」リンク。メソッド・コメントの継承を参照してください。
+インタフェースのメンバーに対する\fI「定義」\fRリンクと、クラスのメンバーに対する\fI「オーバーライド」\fRリンク。メソッド・コメントの継承を参照してください。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -215,37 +219,39 @@
 索引。
 .RE
 .PP
-コマンドラインで指定しなかったクラスについての既存のテキスト(別に生成したテキスト)に対してリンクを追加するには、\fI\-link\fRおよび\fI\-linkoffline\fRオプションを利用できます。
-処理の詳細.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは実行するたびに1つの完全なドキュメントを生成します。前の実行の結果を変更または直接取り込む、増分ビルドを行いません。ただし、\fIjavadoc\fRコマンドは、他の実行の結果にリンクできます。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドの実装にはJavaコンパイラが必要で、Javaコンパイラに依存しています。\fIjavadoc\fRコマンドは\fIjavac\fRコマンドの一部を呼び出し、宣言をコンパイルして、メンバーの実装を無視します。\fIjavadoc\fRコマンドは、クラス階層を含むクラスの豊富な内部表現とクラスの「使用」関係を構築し、HTMLを生成します。さらに、J\fIjavadoc\fRコマンドは、ソース・コードのドキュメンテーション・コメントから、ユーザーの提供したドキュメントも取得します。ドキュメンテーション・コメントを参照してください。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、メソッド本体を持たない純粋なスタブ・ファイルであるソース・ファイルに対して実行できます。したがって、APIの実装前の設計の早い段階で、ドキュメンテーション・コメントを記述して\fIjavadoc\fRコメントを実行できます。
-.PP
-コンパイラに依存することによって、HTML出力は、実際の実装に正確に対応します。実際の実装は、明示的なソース・コードにではなく、暗黙のソース・コードに依存する場合があります。たとえば、\fIjavadoc\fRコマンドは、コンパイル済クラス・ファイルには存在するがソース・コードには存在しないデフォルト・コンストラクタをドキュメント化します。
-.PP
-多くの場合、\fIjavadoc\fRコマンドでは、ソース・ファイルのコードが不完全またはエラーを含んでいる場合でもドキュメントを生成できます。すべてのデバッグやトラブルシューティングを完了する前にドキュメントを生成できます。\fIjavadoc\fRコマンドはドキュメンテーション・コメントの基本的なチェックを行います。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、ドキュメントの内部構造を構築する際、参照クラスをすべてロードします。このため、
-\fIjavadoc\fRコマンドは、ブートストラップ・クラス、拡張機能、またはユーザー・クラスにかかわらず、すべての参照クラスを検索できる必要があります。クラスの検出方法
+コマンド行で指定しなかったクラスについての既存のテキスト(別に生成したテキスト)に対してリンクを追加するには、\fB\-link\fRおよび\fB\-linkoffline\fRオプションを利用できます。
+.PP
+処理の詳細
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは実行するたびに1つの完全なドキュメントを生成します。前の実行の結果を変更または直接取り込む、増分ビルドを行いません。ただし、\fBjavadoc\fRコマンドは、他の実行の結果にリンクできます。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドの実装にはJavaコンパイラが必要で、Javaコンパイラに依存しています。\fBjavadoc\fRコマンドは\fBjavac\fRコマンドの一部を呼び出し、宣言をコンパイルして、メンバーの実装を無視します。\fBjavadoc\fRコマンドは、クラス階層を含むクラスの豊富な内部表現とクラスの「使用」関係を構築し、HTMLを生成します。さらに、J\fBjavadoc\fRコマンドは、ソース・コードのドキュメンテーション・コメントから、ユーザーの提供したドキュメントも取得します。ドキュメンテーション・コメントを参照してください。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、メソッド本体を持たない純粋なスタブ・ファイルであるソース・ファイルに対して実行できます。したがって、APIの実装前の設計の早い段階で、ドキュメンテーション・コメントを記述して\fBjavadoc\fRコメントを実行できます。
+.PP
+コンパイラに依存することによって、HTML出力は、実際の実装に正確に対応します。実際の実装は、明示的なソース・コードにではなく、暗黙のソース・コードに依存する場合があります。たとえば、\fBjavadoc\fRコマンドは、コンパイル済クラス・ファイルには存在するがソース・コードには存在しないデフォルト・コンストラクタをドキュメント化します。
+.PP
+多くの場合、\fBjavadoc\fRコマンドでは、ソース・ファイルのコードが不完全またはエラーを含んでいる場合でもドキュメントを生成できます。すべてのデバッグやトラブルシューティングを完了する前にドキュメントを生成できます。\fBjavadoc\fRコマンドはドキュメンテーション・コメントの基本的なチェックを行います。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、ドキュメントの内部構造を構築する際、参照クラスをすべてロードします。このため、
+\fBjavadoc\fRコマンドは、ブートストラップ・クラス、拡張機能、またはユーザー・クラスにかかわらず、すべての参照クラスを検索できる必要があります。クラスの検出方法
 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/tools/findingclasses\&.html)を参照してください
 .PP
-通常、作成するクラスは、拡張クラスとして、または\fIjavadoc\fRコマンドのクラス・パスでロードされる必要があります。
+通常、作成するクラスは、拡張クラスとして、または\fBjavadoc\fRコマンドのクラス・パスでロードされる必要があります。
 .SS "Javadocのドックレット"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドの出力の内容と形式は、ドックレットを使用してカスタマイズできます。\fIjavadoc\fRコマンドには、標準ドックレットと呼ばれるデフォルトの組込みドックレットがあります。標準ドックレットは、HTML形式のAPIドキュメントを生成します。標準ドックレットを修正またはサブクラスを作成することや、HTML、XML、MIF、RTFなどの好みの出力形式を生成する独自のドックレットを記述することも可能です。
-.PP
-\fI\-doclet\fRオプションでカスタム・ドックレットが指定されていない場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、デフォルトの標準ドックレットを使用します。\fIjavadoc\fRコマンドには、使用されているドックレットに関係なく使用できるいくつかのオプションがあります。標準ドックレットでは、これらの他に、いくつかのコマンドライン・オプションが追加されます。オプションを参照してください。
+\fBjavadoc\fRコマンドの出力の内容と形式は、ドックレットを使用してカスタマイズできます。\fBjavadoc\fRコマンドには、標準ドックレットと呼ばれるデフォルトの組込みドックレットがあります。標準ドックレットは、HTML形式のAPIドキュメントを生成します。標準ドックレットを修正またはサブクラスを作成することや、HTML、XML、MIF、RTFなどの好みの出力形式を生成する独自のドックレットを記述することも可能です。
+.PP
+\fB\-doclet\fRオプションでカスタム・ドックレットが指定されていない場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、デフォルトの標準ドックレットを使用します。\fBjavadoc\fRコマンドには、使用されているドックレットに関係なく使用できるいくつかのオプションがあります。標準ドックレットでは、これらの他に、いくつかのコマンド行オプションが追加されます。オプションを参照してください。
 .SH "ソース・ファイル"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、次のタイプのソース・ファイルから出力を生成します。そのファイルは、クラスのJava言語ソース・ファイル(\fI\&.java\fR)、パッケージ・コメント・ファイル、概要コメント・ファイル、およびその他の未処理のファイルです。ここでは、ドキュメント化しないがソース・ツリーに存在する場合があるテスト・ファイルやテンプレート・ファイルについても説明します。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、次のタイプのソース・ファイルから出力を生成します。そのファイルは、クラスのJava言語ソース・ファイル(\fB\&.java\fR)、パッケージ・コメント・ファイル、概要コメント・ファイル、およびその他の未処理のファイルです。ここでは、ドキュメント化しないがソース・ツリーに存在する場合があるテスト・ファイルやテンプレート・ファイルについても説明します。
 .SS "クラスのソース・ファイル"
 .PP
 それぞれのクラスまたはインタフェース、およびそのメンバーは、独自のドキュメンテーション・コメントを持つことができ、それをソース・ファイル内に保持します。ドキュメンテーション・コメントを参照してください。
 .SS "パッケージ・コメント・ファイル"
 .PP
-それぞれのパッケージは、独自のドキュメンテーション・コメントを持つことができ、それを専用のソース・ファイルに保持します。その内容は、\fIjavadoc\fRコマンドによって生成されるパッケージのサマリー・ページに組み込まれます。このコメントには、通常、そのパッケージ全体に当てはまるドキュメントを記述します。
+それぞれのパッケージは、独自のドキュメンテーション・コメントを持つことができ、それを専用のソース・ファイルに保持します。その内容は、\fBjavadoc\fRコマンドによって生成されるパッケージのサマリー・ページに組み込まれます。このコメントには、通常、そのパッケージ全体に当てはまるドキュメントを記述します。
 .PP
 パッケージ・コメント・ファイルを作成するには、次のいずれかのファイルにコメントを格納できます。
 .sp
@@ -257,7 +263,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIpackage\-info\&.java\fRファイルには、パッケージ宣言、パッケージ注釈、パッケージ・コメント、およびJavadocタグを格納できます。このファイルが優先されます。
+\fBpackage\-info\&.java\fRファイルには、パッケージ宣言、パッケージ注釈、パッケージ・コメント、およびJavadocタグを格納できます。このファイルが優先されます。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -268,73 +274,81 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIpackage\&.html\fRファイルには、パッケージ・コメントとJavadocタグのみを格納できます。パッケージ注釈は格納できません。
-.RE
-.PP
-各パッケージは、\fIpackage\&.html\fRファイルまたは\fIpackage\-info\&.java\fRファイルのいずれかを1つ持つことができますが、その両方を持つことはできません。このどちらかのファイルをソース・ファイルとともに、ソース・ツリー内のそのパッケージ・ディレクトリ内に配置してください。
-package\-info\&.javaファイル.PP
-\fIpackage\-info\&.java\fRファイルには、次の構造のパッケージ・コメントを含めることができます。コメントは、パッケージ宣言の前に配置されます。
+\fBpackage\&.html\fRファイルには、パッケージ・コメントとJavadocタグのみを格納できます。パッケージ注釈は格納できません。
+.RE
+.PP
+各パッケージは、\fBpackage\&.html\fRファイルまたは\fBpackage\-info\&.java\fRファイルのいずれかを1つ持つことができますが、その両方を持つことはできません。このどちらかのファイルをソース・ファイルとともに、ソース・ツリー内のそのパッケージ・ディレクトリ内に配置してください。
+.PP
+package\-info\&.javaファイル
+.PP
+\fBpackage\-info\&.java\fRファイルには、次の構造のパッケージ・コメントを含めることができます。コメントは、パッケージ宣言の前に配置されます。
 .PP
 \fB注意:\fR
-コメント区切り文字である\fI/**\fRおよび\fI*/\fRが存在する必要がありますが、中間の行の先頭のアスタリスクは省略可能です。
+コメント区切り文字である\fB/**\fRおよび\fB*/\fRが存在する必要がありますが、中間の行の先頭のアスタリスクは省略可能です。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * Provides the classes necessary to create an  
- * applet and the classes an applet uses 
- * to communicate with its applet context\&.
- * <p>
- * The applet framework involves two entities:
- * the applet and the applet context\&.
- * An applet is an embeddable window (see the
- * {@link java\&.awt\&.Panel} class) with a few extra
- * methods that the applet context can use to 
- * initialize, start, and stop the applet\&.
- *
- * @since 1\&.0
- * @see java\&.awt
- */
-package java\&.lang\&.applet;
+\fB/**\fR
+\fB * Provides the classes necessary to create an  \fR
+\fB * applet and the classes an applet uses \fR
+\fB * to communicate with its applet context\&.\fR
+\fB * <p>\fR
+\fB * The applet framework involves two entities:\fR
+\fB * the applet and the applet context\&.\fR
+\fB * An applet is an embeddable window (see the\fR
+\fB * {@link java\&.awt\&.Panel} class) with a few extra\fR
+\fB * methods that the applet context can use to \fR
+\fB * initialize, start, and stop the applet\&.\fR
+\fB *\fR
+\fB * @since 1\&.0\fR
+\fB * @see java\&.awt\fR
+\fB */\fR
+\fBpackage java\&.lang\&.applet;\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-package\&.htmlファイル.PP
-\fIpackage\&.html\fRファイルには、次の構造のパッケージ・コメントを含めることができます。コメントは、\fI<body>\fR要素に配置されます。
+.PP
+package\&.htmlファイル
+.PP
+\fBpackage\&.html\fRファイルには、次の構造のパッケージ・コメントを含めることができます。コメントは、\fB<body>\fR要素に配置されます。
 .PP
 ファイル:
-\fIjava/applet/package\&.html\fR
+\fBjava/applet/package\&.html\fR
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-<HTML>
-<BODY>
-Provides the classes necessary to create an applet and the 
-classes an applet uses to communicate with its applet context\&.
-<p>
-The applet framework involves two entities: the applet
-and the applet context\&. An applet is an embeddable
-window (see the {@link java\&.awt\&.Panel} class) with a
-few extra methods that the applet context can use to
-initialize, start, and stop the applet\&. 
-
-@since 1\&.0 
-@see java\&.awt
-</BODY>
-</HTML>
+\fB<HTML>\fR
+\fB<BODY>\fR
+\fBProvides the classes necessary to create an applet and the \fR
+\fBclasses an applet uses to communicate with its applet context\&.\fR
+\fB<p>\fR
+\fBThe applet framework involves two entities: the applet\fR
+\fBand the applet context\&. An applet is an embeddable\fR
+\fBwindow (see the {@link java\&.awt\&.Panel} class) with a\fR
+\fBfew extra methods that the applet context can use to\fR
+\fBinitialize, start, and stop the applet\&. \fR
+ 
+\fB@since 1\&.0 \fR
+\fB@see java\&.awt\fR
+\fB</BODY>\fR
+\fB</HTML>\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIpackage\&.html\fRファイルは通常のHTMLファイルであり、パッケージ宣言を含んでいません。パッケージ・コメント・ファイルの内容はHTMLで記述しますが、例外が1つあります。このドキュメンテーション・コメントには、コメント区切り文字である\fI/**\fRと\fI*/\fR、または行頭のアスタリスクを含めない、という点です。コメントを書く場合は、最初の文をパッケージのサマリーとし、\fI<body>\fRタグと最初の文の間にタイトルやその他のテキストを含めないようにします。パッケージ・タグを含めることができます。すべてのブロック・タグは、主説明の後に配置する必要があります。\fI@see\fRタグをパッケージ・コメント・ファイルに追加する場合には、完全修飾名を使用する必要があります。
-コメント・ファイルの処理.PP
-\fIjavadoc\fRコメントを実行すると、パッケージ・コメント・ファイルが検索されます。パッケージ・コメント・ファイルが見つかった場合は、\fIjavadoc\fRコマンドは次の手順を実行します。
+\fBpackage\&.html\fRファイルは通常のHTMLファイルであり、パッケージ宣言を含んでいません。パッケージ・コメント・ファイルの内容はHTMLで記述しますが、例外が1つあります。このドキュメンテーション・コメントには、コメント区切り文字である\fB/**\fRと\fB*/\fR、または行頭のアスタリスクを含めない、という点です。コメントを書く場合は、最初の文をパッケージのサマリーとし、\fB<body>\fRタグと最初の文の間にタイトルやその他のテキストを含めないようにします。パッケージ・タグを含めることができます。すべてのブロック・タグは、主説明の後に配置する必要があります。\fB@see\fRタグをパッケージ・コメント・ファイルに追加する場合には、完全修飾名を使用する必要があります。
+.PP
+コメント・ファイルの処理
+.PP
+\fBjavadoc\fRコメントを実行すると、パッケージ・コメント・ファイルが検索されます。パッケージ・コメント・ファイルが見つかった場合は、\fBjavadoc\fRコマンドは次の手順を実行します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -344,8 +358,8 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-処理できるようにコメントをコピーします。package\&.htmlの場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、\fI<body>\fRと\fI</body>\fR
-HTMLタグ間のすべての内容をコピーします。\fI<head>\fRセクションを含め、そこに\fI<title>\fRタグやソース・ファイルの著作権記述などの情報を配置することもできますが、生成されたドキュメントにはそれらは一切表示されません。
+処理できるようにコメントをコピーします。package\&.htmlの場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、\fB<body>\fRと\fB</body>\fR
+HTMLタグ間ですべてのコンテンツをコピーします。\fB<head>\fRセクションを含めて、\fB<title>\fRタグ、ソース・ファイルのコピーライト文、その他の情報を配置することはできますが、これらは生成されるドキュメントには表示されません。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -379,24 +393,24 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-パッケージのサマリー・ページの先頭に、パッケージ・コメントの最初の文をコピーします。さらに、\fIjavadoc\fRコマンドは、概要ページのパッケージ・リストに、パッケージ名とパッケージ・コメントの最初の文を追加します。Javaプラットフォーム、Standard Edition API仕様の概要
+パッケージのサマリー・ページの先頭に、パッケージ・コメントの最初の文をコピーします。さらに、\fBjavadoc\fRコマンドは、概要ページのパッケージ・リストに、パッケージ名とパッケージ・コメントの最初の文を追加します。Javaプラットフォーム、Standard Edition API仕様の概要
 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/overview\-summary\&.html)を参照してください
 .sp
 文の終わりは、クラスやメンバーの主説明の最初の文の終わりと同じルールによって判断されます。
 .RE
 .SS "概要コメント・ファイル"
 .PP
-ドキュメント化する各アプリケーションまたはパッケージ・セットは、独自の概要ドキュメンテーション・コメントを持つことができ、それは専用のソース・ファイルに保持されます。その内容は、\fIjavadoc\fRコマンドによって生成される概要ページに組み込まれます。このコメントには、通常、アプリケーションまたはパッケージ・セット全体に当てはまるドキュメントを記述します。
+ドキュメント化する各アプリケーションまたはパッケージ・セットは、独自の概要ドキュメンテーション・コメントを持つことができ、それは専用のソース・ファイルに保持されます。その内容は、\fBjavadoc\fRコマンドによって生成される概要ページに組み込まれます。このコメントには、通常、アプリケーションまたはパッケージ・セット全体に当てはまるドキュメントを記述します。
 .PP
 このファイルにはoverview\&.htmlなどの名前を付けることができ、どこに配置してもかまいません。一般的な場所は、ソース・ツリーの最上部です。
 .PP
-たとえば、\fIjava\&.applet\fRパッケージのソース・ファイルが/home/user/src/java/appletディレクトリに格納されている場合、概要コメント・ファイルは/home/user/src/overview\&.htmlに作成できます。
-.PP
-異なるパッケージのセットに対して\fIjavadoc\fRコマンドを複数回実行する場合は、同じ1つのソース・ファイルのセットに対して複数の概要コメント・ファイルを作成できます。たとえば、内部ドキュメント用に\fI\-private\fRを指定して\fIjavadoc\fRコマンドを1回実行した後、公開ドキュメント用にそのオプションを指定しないで再度実行することができます。この場合、各概要コメント・ファイルの1文目で、そのドキュメントを公開用または内部用として記述できます。
-.PP
-概要コメント・ファイルの内容は、HTMLで記述された1つの大きなドキュメンテーション・コメントです。最初の文はアプリケーションまたはパッケージのセットのサマリーとします。\fI<body>\fRタグと最初の文の間にタイトルやその他のテキストを含めないようにします。{\fI@link}\fRなどのインライン・タグを除くすべてのタグは、主説明の後に配置する必要があります。\fI@see\fRタグを追加する場合には、完全修飾名を使用する必要があります。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドの実行時に、\fI\-overview\fRオプションを使用して概要コメント・ファイル名を指定します。このファイルは、パッケージ・コメント・ファイルと同じように処理されます。\fIjavadoc\fRコマンドは次の手順を実行します。
+たとえば、\fBjava\&.applet\fRパッケージのソース・ファイルが/home/user/src/java/appletディレクトリに格納されている場合、概要コメント・ファイルは/home/user/src/overview\&.htmlに作成できます。
+.PP
+異なるパッケージのセットに対して\fBjavadoc\fRコマンドを複数回実行する場合は、同じ1つのソース・ファイルのセットに対して複数の概要コメント・ファイルを作成できます。たとえば、内部ドキュメント用に\fB\-private\fRを指定して\fBjavadoc\fRコマンドを1回実行した後、公開ドキュメント用にそのオプションを指定しないで再度実行することができます。この場合、各概要コメント・ファイルの1文目で、そのドキュメントを公開用または内部用として記述できます。
+.PP
+概要コメント・ファイルの内容は、HTMLで記述された1つの大きなドキュメンテーション・コメントです。最初の文はアプリケーションまたはパッケージのセットのサマリーとします。\fB<body>\fRタグと最初の文の間にタイトルやその他のテキストを含めないようにします。{\fB@link}\fRなどのインライン・タグを除くすべてのタグは、主説明の後に配置する必要があります。\fB@see\fRタグを追加する場合には、完全修飾名を使用する必要があります。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドの実行時に、\fB\-overview\fRオプションを使用して概要コメント・ファイル名を指定します。このファイルは、パッケージ・コメント・ファイルと同じように処理されます。\fBjavadoc\fRコマンドは次の手順を実行します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -406,7 +420,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fI<body>\fRと\fI</body>\fRタグの間にある内容をすべて処理対象としてコピーします。
+\fB<body>\fRと\fB</body>\fRタグ間で、処理するすべてのコンテンツをコピーします。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -444,50 +458,56 @@
 .RE
 .SS "未処理のファイル"
 .PP
-ソース・ファイルには、\fIjavadoc\fRコマンドによって宛先ディレクトリにコピーされる、任意のファイルを含めることができます。このようなファイルには、通常、グラフィック・ファイル、サンプルのJavaソースおよびクラス・ファイル、一般的なJavaソース・ファイルのドキュメンテーション・コメントの影響を受けない多くの内容を含む独立したHTMLファイルなどがあります。
+ソース・ファイルには、\fBjavadoc\fRコマンドによって宛先ディレクトリにコピーされる、任意のファイルを含めることができます。このようなファイルには、通常、グラフィック・ファイル、サンプルのJavaソースおよびクラス・ファイル、一般的なJavaソース・ファイルのドキュメンテーション・コメントの影響を受けない多くの内容を含む独立したHTMLファイルなどがあります。
 .PP
 未処理のファイルを含めるには、doc\-filesというディレクトリにファイルを配置します。doc\-filesディレクトリは、ソース・ファイルを含む任意のパッケージ・ディレクトリのサブディレクトリになることができます。doc\-filesサブディレクトリは、パッケージごとに1つ用意できます。
 .PP
-たとえば、ボタンのイメージを\fIjava\&.awt\&.Button\fRクラスのドキュメントに含める場合には、そのイメージ・ファイルを/home/user/src/java/awt/doc\-files/ディレクトリに置きます。doc\-filesディレクトリを/home/user/src/java/doc\-filesに置かないでください。javaはパッケージではないからです。ソース・ファイルを含めることもできません。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドはファイルを参照しないので、未処理のファイルへのすべてのリンクは、コードに含まれている必要があります。\fIjavadoc\fRコマンドはディレクトリとそのすべての内容を宛先にコピーします。次の例では、Button\&.javaドキュメンテーション・コメントのリンクがどのように見えるかを示しています。
+たとえば、ボタンのイメージを\fBjava\&.awt\&.Button\fRクラスのドキュメントに含める場合には、そのイメージ・ファイルを/home/user/src/java/awt/doc\-files/ディレクトリに置きます。doc\-filesディレクトリを/home/user/src/java/doc\-filesに置かないでください。javaはパッケージではないからです。ソース・ファイルを含めることもできません。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドはファイルを参照しないので、未処理のファイルへのすべてのリンクは、コードに含まれている必要があります。\fBjavadoc\fRコマンドはディレクトリとそのすべての内容を宛先にコピーします。次の例では、Button\&.javaドキュメンテーション・コメントのリンクがどのように見えるかを示しています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * This button looks like this: 
- * <img src="doc\-files/Button\&.gif">
- */
+\fB/**\fR
+\fB * This button looks like this: \fR
+\fB * <img src="doc\-files/Button\&.gif">\fR
+\fB */\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SS "テストおよびテンプレート・ファイル"
 .PP
-ソース・ツリーのテストおよびテンプレート・ファイルを、ソース・ファイルが存在するディレクトリまたはサブディレクトリと同じディレクトリに格納できます。テストおよびテンプレート・ファイルが処理されるのを防ぐには、\fIjavadoc\fRコマンドを実行し、明示的に個別のソース・ファイル名を渡します。
-.PP
-テスト・ファイルは、有効な、コンパイル可能なソース・ファイルです。テンプレート・ファイルは、有効な、互換性のあるソース・ファイルではありませんが、多くの場合、\fI\&.java\fR接尾辞を持っています。
-テスト・ファイル.PP
-テスト・ファイルを、名前なしパッケージや、ソース・ファイルが存在するパッケージとは別のパッケージに属するようにする場合、テスト・ファイルをソース・ファイルの下のサブディレクトリに配置し、そのディレクトリに無効な名前を付けます。テスト・ファイルをソースと同じディレクトリに配置し、パッケージ名を示すコマンドライン引数を指定して\fIjavadoc\fRコマンドを呼び出すと、テスト・ファイルは警告またはエラーを引き起こします。ファイルが無効な名前を持つサブディレクトリ内に存在する場合、テスト・ファイル・ディレクトリはスキップされ、エラーまたは警告は発行されません。たとえば、ソース・ファイルのテスト・ファイルをcom\&.package1に追加するには、無効なパッケージ名のサブディレクトリに配置します。次のディレクトリ名にはハイフンが含まれているため無効です。
+ソース・ツリーのテストおよびテンプレート・ファイルを、ソース・ファイルが存在するディレクトリまたはサブディレクトリと同じディレクトリに格納できます。テストおよびテンプレート・ファイルが処理されるのを防ぐには、\fBjavadoc\fRコマンドを実行し、明示的に個別のソース・ファイル名を渡します。
+.PP
+テスト・ファイルは、有効な、コンパイル可能なソース・ファイルです。テンプレート・ファイルは、有効な、互換性のあるソース・ファイルではありませんが、多くの場合、\fB\&.java\fR接尾辞を持っています。
+.PP
+テスト・ファイル
+.PP
+テスト・ファイルを、名前なしパッケージや、ソース・ファイルが存在するパッケージとは別のパッケージに属するようにする場合、テスト・ファイルをソース・ファイルの下のサブディレクトリに配置し、そのディレクトリに無効な名前を付けます。テスト・ファイルをソースと同じディレクトリに配置し、パッケージ名を示すコマンド行引数を指定して\fBjavadoc\fRコマンドを呼び出すと、テスト・ファイルは警告またはエラーを引き起こします。ファイルが無効な名前を持つサブディレクトリ内に存在する場合、テスト・ファイル・ディレクトリはスキップされ、エラーまたは警告は発行されません。たとえば、ソース・ファイルのテスト・ファイルをcom\&.package1に追加するには、無効なパッケージ名のサブディレクトリに配置します。次のディレクトリ名にはハイフンが含まれているため無効です。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-com/package1/test\-files/
+\fBcom/package1/test\-files/\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-テスト・ファイルにドキュメンテーション・コメントが含まれる場合、\fIjavadoc\fRコマンドの個別の実行で、ワイルドカードを含んだテスト・ソース・ファイル名(\fIcom/package1/test\-files/*\&.java\fRなど)を渡して、テスト・ファイルのドキュメントを生成するように設定できます。
-テンプレート・ファイル.PP
-テンプレート・ファイルをソース・ディレクトリに配置するが、\fIjavadoc\fRコマンドを実行するときにエラーを生成しない場合、ファイルに\fIBuffer\-Template\&.java\fRなどの無効な名前を付けて、処理させないようにします。\fIjavadoc\fRコマンドは、接尾辞の\fI\&.java\fRが削除されると有効なクラス名になる名前を持つソース・ファイルのみを処理します。
+テスト・ファイルにドキュメンテーション・コメントが含まれる場合、\fBjavadoc\fRコマンドの個別の実行で、ワイルドカードを含んだテスト・ソース・ファイル名(\fBcom/package1/test\-files/*\&.java\fRなど)を渡して、テスト・ファイルのドキュメントを生成するように設定できます。
+.PP
+テンプレート・ファイル
+.PP
+テンプレート・ファイルをソース・ディレクトリに配置するが、\fBjavadoc\fRコマンドを実行するときにエラーを生成しない場合、ファイルに\fBBuffer\-Template\&.java\fRなどの無効な名前を付けて、処理させないようにします。\fBjavadoc\fRコマンドは、接尾辞の\fB\&.java\fRが削除されると有効なクラス名になる名前を持つソース・ファイルのみを処理します。
 .SH "生成されるファイル"
 .PP
-デフォルトでは、\fIjavadoc\fRコマンドは、HTML形式のドキュメントを生成する標準ドックレットを使用します。標準ドックレットは、ここで説明する、基本内容ページ、相互参照ページ、サポート・ページを生成します。各HTMLページは個別のファイルに対応します。\fIjavadoc\fRコマンドは、2つのタイプのファイルを生成します。最初のタイプには、クラスおよびインタフェースに応じた名前が付けられます。2番目のタイプには、最初のタイプのファイルとの競合を防ぐために、ハイフンが含まれます(package\-summary\&.htmlなど)。
+デフォルトでは、\fBjavadoc\fRコマンドは、HTML形式のドキュメントを生成する標準ドックレットを使用します。標準ドックレットは、ここで説明する、基本内容ページ、相互参照ページ、サポート・ページを生成します。各HTMLページは個別のファイルに対応します。\fBjavadoc\fRコマンドは、2つのタイプのファイルを生成します。最初のタイプには、クラスおよびインタフェースに応じた名前が付けられます。2番目のタイプには、最初のタイプのファイルとの競合を防ぐために、ハイフンが含まれます(package\-summary\&.htmlなど)。
 .SS "基本内容ページ"
 .sp
 .RS 4
@@ -509,7 +529,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-記載されているパッケージごとに1つのパッケージ・ページ(package\-summary\&.html)。\fIjavadoc\fRコマンドは、ソース・ツリーのパッケージ・ディレクトリ内にあるpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.javaという名前のファイル内のHTMLテキストをすべて組み入れます。
+記載されているパッケージごとに1つのパッケージ・ページ(package\-summary\&.html)。\fBjavadoc\fRコマンドは、ソース・ツリーのパッケージ・ディレクトリ内にあるpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.javaという名前のファイル内のHTMLテキストをすべて組み入れます。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -520,7 +540,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-パッケージのセット全体に対して1つの概要ページ(overview\-summary\&.html)。概要ページは、生成ドキュメントの先頭ページになります。\fIjavadoc\fRコマンドは、\fI\-overview\fRオプションで指定されたファイル内のHTMLテキストをすべて組み入れます。概要ページが作成されるのは、\fIjavadoc\fRコマンドに複数のパッケージ名を渡した場合のみです。HTMLフレームおよびオプションを参照してください。
+パッケージのセット全体に対して1つの概要ページ(overview\-summary\&.html)。概要ページは、生成ドキュメントの先頭ページになります。\fBjavadoc\fRコマンドは、\fB\-overview\fRオプションで指定されたファイル内のHTMLテキストをすべて組み入れます。概要ページが作成されるのは、\fBjavadoc\fRコマンドに複数のパッケージ名を渡した場合のみです。HTMLフレームおよびオプションを参照してください。
 .RE
 .SS "相互参照ページ"
 .sp
@@ -587,9 +607,9 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-直列化された形式ページ(serialized\-form\&.html)。フィールドおよびメソッドの説明を含む、直列化可能かつ外部化可能なクラスに関する情報用のページです。このページ内の情報は、APIを使用する開発者ではなく、再実装者に必要な情報です。直列化された形式ページへアクセスするには、直列化されたクラスに移動して、そのクラス・コメントにある「関連項目」セクションで「直列化された形式」をクリックします。標準ドックレットは直列化された形式ページを生成します。このページには、Serializableを実装するすべてのクラス(publicまたは非public)が、その\fIreadObject\fRや\fIwriteObject\fRメソッド、直列化されたフィールド、および\fI@serial\fR、\fI@serialField\fR、\fI@serialData\fRタグからのドキュメンテーション・コメントとともにリストされます。直列化可能なpublicクラスを除外するには、そのクラス(またはそのパッケージ)を\fI@serial\fR
-excludeでマークします。直列化可能なpackage\-privateクラスを含めるには、そのクラス(またはそのパッケージ)を\fI@serial\fR
-includeでマークします。リリース1\&.4では、\fI\-private\fRオプションを指定せずに\fIjavadoc\fRコマンドを実行することにより、publicクラスおよびprivateクラスの完全に直列化された形式を生成できます。オプションを参照してください。
+直列化された形式ページ(serialized\-form\&.html)。フィールドおよびメソッドの説明を含む、直列化可能かつ外部化可能なクラスに関する情報用のページです。このページ内の情報は、APIを使用する開発者ではなく、再実装者に必要な情報です。直列化された形式ページへアクセスするには、直列化されたクラスに移動して、そのクラス・コメントにある「関連項目」セクションで「直列化された形式」をクリックします。標準ドックレットは直列化された形式ページを生成します。このページには、Serializableを実装するすべてのクラス(publicまたは非public)が、その\fBreadObject\fRや\fBwriteObject\fRメソッド、直列化されたフィールド、および\fB@serial\fR、\fB@serialField\fR、\fB@serialData\fRタグからのドキュメンテーション・コメントとともにリストされます。直列化可能なpublicクラスを除外するには、そのクラス(またはそのパッケージ)を\fB@serial\fR
+excludeでマークします。直列化可能なpackage\-privateクラスを含めるには、そのクラス(またはそのパッケージ)を\fB@serial\fR
+includeでマークします。リリース1\&.4では、\fB\-private\fRオプションを指定せずに\fBjavadoc\fRコマンドを実行することにより、publicクラスおよびprivateクラスの完全に直列化された形式を生成できます。オプションを参照してください。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -600,7 +620,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-索引ページ(\fIindex\-*\&.html\fR)。すべてのクラス名、インタフェース名、コンストラクタ名、フィールド名、およびメソッド名がアルファベット順に並んでいます。索引ページは、Unicodeを扱えるように国際化されています。1つのファイルとして生成することも、先頭文字(英語の場合A\(enZ)ごとに別々のファイルとして生成することもできます。
+索引ページ(\fBindex\-*\&.html\fR)。すべてのクラス名、インタフェース名、コンストラクタ名、フィールド名、およびメソッド名がアルファベット順に並んでいます。索引ページは、Unicodeを扱えるように国際化されています。1つのファイルとして生成することも、先頭文字(英語の場合A\(enZ)ごとに別々のファイルとして生成することもできます。
 .RE
 .SS "サポート・ページ"
 .sp
@@ -612,7 +632,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-ヘルプ・ページ(help\-doc\&.html)。ナビゲーション・バーや前述の各ページに関する説明が記載されています。デフォルトのヘルプ・ファイルを独自のカスタム・ヘルプ・ファイルでオーバーライドするには、\fI\-helpfile\fRを使用します。
+ヘルプ・ページ(help\-doc\&.html)。ナビゲーション・バーや前述の各ページに関する説明が記載されています。デフォルトのヘルプ・ファイルを独自のカスタム・ヘルプ・ファイルでオーバーライドするには、\fB\-helpfile\fRを使用します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -634,7 +654,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-複数のフレーム・ファイル(\fI*\-frame\&.html\fR)。パッケージ、クラス、およびインタフェースのリストが含まれています。フレーム・ファイルはHTMLフレームを表示します。
+複数のフレーム・ファイル(\fB*\-frame\&.html\fR)。パッケージ、クラス、およびインタフェースのリストが含まれています。フレーム・ファイルはHTMLフレームを表示します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -645,7 +665,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-パッケージ・リスト・ファイル(package\-list)。\fI\-link\fRおよび\fI\-linkoffline\fRオプションで使用されます。パッケージ・リスト・ファイルはテキスト・ファイルであり、どのリンクからもアクセスできません。
+パッケージ・リスト・ファイル(package\-list)。\fB\-link\fRおよび\fB\-linkoffline\fRオプションで使用されます。パッケージ・リスト・ファイルはテキスト・ファイルであり、どのリンクからもアクセスできません。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -667,22 +687,22 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-doc\-filesディレクトリ。宛先ディレクトリにコピーするイメージ、サンプル・コード、ソース・コードなどのファイルが格納されます。これらのファイルは、\fIjavadoc\fRコマンドによって処理されません。このディレクトリは、ソース・ツリーの中に存在する場合にのみ処理されます。
+doc\-filesディレクトリ。宛先ディレクトリにコピーするイメージ、サンプル・コード、ソース・コードなどのファイルが格納されます。これらのファイルは、\fBjavadoc\fRコマンドによって処理されません。このディレクトリは、ソース・ツリーの中に存在する場合にのみ処理されます。
 .RE
 .PP
 オプションを参照してください。
 .SS "HTMLフレーム"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、コマンドに渡された値に基づき、最小限必要な数(2または3)のフレームを生成します。\fIjavadoc\fRコマンドに引数として1つのパッケージ名または1つのパッケージに含まれるソース・ファイルを渡す場合は、パッケージのリストが省略されます。そのかわりに、\fIjavadoc\fRコマンドは左側の列に1つのフレームを作成し、クラスのリストを表示します。複数のパッケージ名を渡した場合は、\fIjavadoc\fRコマンドは、すべてのパッケージをリストする第3のフレームと概要ページ(overview\-summary\&.html)を作成します。フレームを省略するには、「フレームなし」リンクをクリックするか、overview\-summary\&.htmlページからページ・セットを表示します。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、コマンドに渡された値に基づき、最小限必要な数(2または3)のフレームを生成します。\fBjavadoc\fRコマンドに引数として1つのパッケージ名または1つのパッケージに含まれるソース・ファイルを渡す場合は、パッケージのリストが省略されます。そのかわりに、\fBjavadoc\fRコマンドは左側の列に1つのフレームを作成し、クラスのリストを表示します。複数のパッケージ名を渡した場合は、\fBjavadoc\fRコマンドは、すべてのパッケージをリストする第3のフレームと概要ページ(overview\-summary\&.html)を作成します。フレームを省略するには、「フレームなし」リンクをクリックするか、overview\-summary\&.htmlページからページ・セットを表示します。
 .SS "生成されるファイルの構造"
 .PP
 生成されるクラス・ファイルおよびインタフェース・ファイルは、Javaソース・ファイルおよびクラス・ファイルと同じディレクトリ階層に編成されます。1つのサブパッケージにつき1つのディレクトリ、という構造になります。
 .PP
-たとえば、\fIjava\&.applet\&.Applet\fRクラス用に生成されるドキュメントは、java/applet/Applet\&.htmlに格納されます。
-.PP
-生成先ディレクトリの名前が\fIapidocs\fRだとすると、\fIjava\&.applet\fRパッケージのファイルの構造は、次のとおりです。前述のように、\fIframe\fRという語を名前に含むファイルは、すべて左上または左下のフレームに表示されます。それ以外のHTMLファイルは、すべて右側のフレームに表示されます。
-.PP
-ディレクトリは太字です。アスタリスク(*)は、\fIjavadoc\fRコマンドへの引数がパッケージ名ではなくソース・ファイル名である場合に省略されるファイルおよびディレクトリを示しています。引数がソース・ファイル名の場合、空のパッケージ・リストが作成されます。doc\-filesディレクトリは、ソース・ツリー内に存在する場合にのみ、生成先に作成されます。生成されるファイルを参照してください。
+たとえば、\fBjava\&.applet\&.Applet\fRクラス用に生成されるドキュメントは、java/applet/Applet\&.htmlに格納されます。
+.PP
+生成先ディレクトリの名前が\fBapidocs\fRだとすると、\fBjava\&.applet\fRパッケージのファイルの構造は、次のとおりです。前述のように、\fIframe\fRという語を名前に含むファイルは、すべて左上または左下のフレームに表示されます。それ以外のHTMLファイルは、すべて右側のフレームに表示されます。
+.PP
+ディレクトリは太字です。アスタリスク(*)は、\fBjavadoc\fRコマンドへの引数がパッケージ名ではなくソース・ファイル名である場合に省略されるファイルおよびディレクトリを示しています。引数がソース・ファイル名の場合、空のパッケージ・リストが作成されます。doc\-filesディレクトリは、ソース・ツリー内に存在する場合にのみ、生成先に作成されます。生成されるファイルを参照してください。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -802,7 +822,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 index\-all\&.html:
-\fI\-splitindex\fRオプションなしで作成されたデフォルトの索引
+\fB\-splitindex\fRオプションなしで作成されたデフォルトの索引
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -814,7 +834,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 \fBindex\-files\fR:
-\fI\-splitindex\fRオプションを指定して作成されたディレクトリ
+\fB\-splitindex\fRオプションを指定して作成されたディレクトリ
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -825,7 +845,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 index\-<number>\&.html:
-\fI\-splitindex\fRオプションを指定して作成された索引ファイル
+\fB\-splitindex\fRオプションを指定して作成された索引ファイル
 .RE
 .RE
 .sp
@@ -881,7 +901,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 Applet\&.html:
-\fIApplet\fRクラス・ページ
+\fBApplet\fRクラス・ページ
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -893,7 +913,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 AppletContext\&.html:
-\fIAppletContext\fRインタフェース
+\fBAppletContext\fRインタフェース
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -905,7 +925,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 AppletStub\&.html:
-\fIAppletStub\fRインタフェース
+\fBAppletStub\fRインタフェース
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -917,7 +937,7 @@
 .IP \(bu 2.3
 .\}
 AudioClip\&.html:
-\fIAudioClip\fRインタフェース
+\fBAudioClip\fRインタフェース
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -988,13 +1008,13 @@
 \- Applet\&.html: Appletクラスの使用
 .sp
 \- AppletContext\&.html:
-\fIAppletContext\fRインタフェースの使用
+\fBAppletContext\fRインタフェースの使用
 .sp
 \- AppletStub\&.html:
-\fIAppletStub\fRインタフェースの使用
+\fBAppletStub\fRインタフェースの使用
 .sp
 \- AudioClip\&.html:
-\fIAudioClip\fRインタフェースの使用
+\fBAudioClip\fRインタフェースの使用
 .RE
 .RE
 .RE
@@ -1032,208 +1052,238 @@
 \- Applet\&.html: Appletソース・コード
 .sp
 \- AppletContext\&.html:
-\fIAppletContext\fRソース・コード
+\fBAppletContext\fRソース・コード
 .sp
 \- AppletStub\&.html:
-\fIAppletStub\fRソース・コード
+\fBAppletStub\fRソース・コード
 .sp
 \- AudioClip\&.html:
-\fIAudioClip\fRソース・コード
+\fBAudioClip\fRソース・コード
 .RE
 .RE
 .RE
 .SS "生成されるAPI宣言"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、それぞれのクラス、インタフェース、フィールド、コンストラクタ、およびメソッドの記述の最初に、そのAPI用の宣言を生成します。たとえば、\fIBoolean\fRクラスの宣言は、次のようになります。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、それぞれのクラス、インタフェース、フィールド、コンストラクタ、およびメソッドの記述の最初に、そのAPI用の宣言を生成します。たとえば、\fBBoolean\fRクラスの宣言は、次のようになります。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public final class Boolean
-extends Object
-implements Serializable
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.PP
-\fIBoolean\&.valueOf\fRメソッドの宣言は次のとおりです。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-public static Boolean valueOf(String s)
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、修飾子\fIpublic\fR、\fIprotected\fR、\fIprivate\fR、\fIabstract\fR、\fIfinal\fR、\fIstatic\fR、\fItransient\fR、および\fIvolatile\fRを含めることができますが、\fIsynchronized\fRおよび\fInative\fRはできません。\fIsynchronized\fRおよび\fInative\fR修飾子は、実装の詳細とみなされているため、API仕様には含まれません。
-.PP
-APIでは、並行性セマンティクスについて、キーワード\fIsynchronized\fRに依存するのではなく、コメントの主説明としてドキュメント化する必要があります。たとえば、「1つのenumerationを複数のスレッドから並行して使用することはできない」のように記述します。ドキュメントには、これらのセマンティクスを実現する方法を記述しないでください。たとえば、\fIHashtable\fRオプションはスレッドセーフである必要がありますが、「エクスポートされるすべてのメソッドを同期化してそれを実現する」のように指定する根拠はありません。より高度な並行性のために、バケット・レベルで内部的に同期化する権限を保有しておくことをお薦めします。
-.SH "ドキュメンテーション・コメント"
-.PP
-このセクションでは、ソース・コードのコメントとコメントの継承について説明します。
-.SS "ソース・コード・コメント"
-.PP
-ソース・コードの任意のクラス、インタフェース、メソッド、コンストラクタ、またはフィールドの宣言の前に、ドキュメンテーション・コメントを記述することができます。各パッケージにもドキュメンテーション・コメントを作成できます。構文は若干異なりますが、概要にもドキュメンテーション・コメントを作成できます。ドキュメンテーション・コメントは、\fI/**\fRと、終わりを表す\fI*/\fRの間にある文字から構成されます。先頭のアスタリスクは各行で使用でき、次の項で詳しく説明します。コメントのテキストは、複数行にわたって記述できます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/**
- * This is the typical format of a simple documentation comment
- * that spans two lines\&.
- */
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-.PP
-スペースを節約するには、コメントを1行に入れます。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/** This comment takes up only one line\&. */
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-コメントの配置.PP
-ドキュメンテーション・コメントは、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールド宣言の直前に配置される場合にのみ認識されます。メソッドの本体に置かれているドキュメンテーション・コメントは無視されます。\fIjavadoc\fRコマンドは、宣言文ごとに1つのドキュメンテーション・コメントしか認識しません。タグを使用できる場所を参照してください。
-.PP
-よくある間違いは、クラス・コメントとクラス宣言の間に\fIimport\fR文を置いてしまうことです。\fIjavadoc\fRコマンドはクラス・コメントを無視するので、\fIimport\fR文をこの場所に配置しないでください。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/**
- * This is the class comment for the class Whatever\&.
- */
- 
-import com\&.example;   // MISTAKE \- Important not to put import statement here
- 
-public class Whatever{ }
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-コメントのパーツ.PP
-ドキュメンテーション・コメントには、主説明とその後に続くタグ・セクションが含まれます。主説明は、開始区切り文字\fI/**\fRで始まり、タグ・セクションまで続きます。タグ・セクションは、先頭文字が\fI@\fRの行で定義される最初のブロック・タグから始まります(先頭のアスタリスク、空白文字、先頭の区切り文字\fI/**\fRは除く)。主説明を記述せず、タグ・セクションのみのコメントを記述することもできます。主説明は、タグ・セクション以降に続けることはできません。タグの引数は、複数行にわたって記述できます。タグの数に制限はありません。何回も記述できるタグと、1回しか記述できないタグがあります。たとえば、次の\fI@see\fRタグからタグ・セクションは始まります。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/**
- * This sentence holds the main description for this documentation comment\&.
- * @see java\&.lang\&.Object
- */
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-ブロックおよびインライン・タグ.PP
-タグは、\fIjavadoc\fRコマンドが処理するドキュメンテーション・コメント内の特殊なキーワードです。タグには2つのタイプがあります。1つは\fI@tag\fRタグのように表記されるブロック・タグ(スタンドアロン・タグとも呼ばれる)、もう1つは\fI{@tag}\fRタグのように中カッコで囲んで表記されるインライン・タグです。ブロック・タグが解釈されるには、行頭のアスタリスク、空白文字、区切り文字(\fI/**\fR)を除いて、行の先頭に置く必要があります。これは、\fI@\fR文字をテキスト内の別の場所で使用しても、タグの開始として解釈されないことを意味しています。\fI@\fR文字を使用して行を開始しても、それが解釈されないようにするには、HTMLエンティティ\fI&#064;\fRを使用します。それぞれのブロック・タグには、関連付けられたテキストがあります。このテキストは、タグの後から、次のタグの前、またはドキュメンテーション・コメントの最後までの間に記述されたテキストです(タグまたはコメント区切り文字を除く)。この関連テキストは、複数行にわたって記述できます。インライン・タグは、テキストを記述できる場所であればどこにでも置くことができ、解釈されます。次の例にはブロック・タグ\fI@deprecated\fRとインライン・タグ\fI{@link}\fRが含まれています。javadocタグを参照してください。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/**
- * @deprecated  As of JDK 1\&.1, replaced by {@link #setBounds(int,int,int,int)}
- */
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-HTMLでのコメントの記述.PP
-テキストはHTMLエンティティとHTMLタグを使用してHTMLで記述される必要があります。使用するブラウザがサポートする任意のHTMLのバージョンを使用できます。標準ドックレットは、カスケーディング・スタイル・シートおよびフレームを含め、ドキュメンテーション・コメント以外の部分でHTML 3\&.2に準拠したコードを生成します。フレーム・セットのため、生成されたファイルにはHTML 4\&.0が推奨されます。
-.PP
-たとえば、より小さい記号(<)およびより大きい記号(>)のエンティティは、\fI&lt;\fRおよび\fI&gt;\fRと記述する必要があります。同様に、アンパサンド(&)は\fI&amp;\fRと記述する必要があります。次の例では、太字のHTMLタグ\fI<b>\fRを使用しています。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/**
- * This is a <b>doc</b> comment\&.
- * @see java\&.lang\&.Object
- */
-.fi
-.if n \{\
-.RE
-.\}
-先頭のアスタリスク.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドによるドキュメンテーション・コメントの解析時に、各行の先頭にあるアスタリスク(*)文字は破棄されます。最初のアスタリスク(*)文字より前にある空白やタブも破棄されます。行頭のアスタリスクを省略した場合、インデントを保持したままでサンプル・コードを\fI<PRE>\fRタグ内のドキュメンテーション・コメントに直接貼り付けられるように、先頭の空白文字は削除されなくなります。ブラウザは、空白文字をタブよりも一律に解釈します。インデントの起点は(区切り文字\fI/**\fRまたは\fI<PRE>\fRタグではなく)左マージンになります。
-最初の文.PP
-各ドキュメンテーション・コメントの最初の文は、宣言されているエンティティに関する簡潔かつ完全なサマリー文である必要があります。この文は、空白、タブ、または行終了文字が続く最初のピリオド、または最初のブロック・タグがある位置で終わります。最初の文は、\fIjavadoc\fRコマンドによってHTMLページの先頭にあるメンバーのサマリーの部分にコピーされます。
-複数フィールドの宣言.PP
-Javaプラットフォームでは、1つの文で複数のフィールドを宣言できます。ただし、この文には、1つのドキュメンテーション・コメントしか記述できません。そのコメントが、すべてのフィールドに対してコピーされます。フィールドごとにドキュメンテーション・コメントを記述する必要がある場合は、各フィールドを別々の文で宣言する必要があります。たとえば、次のドキュメンテーション・コメントは、1つの宣言として記述すると不適切です。この場合は、宣言を2つに分けることをお薦めします。
-.sp
-.if n \{\
-.RS 4
-.\}
-.nf
-/** 
- * The horizontal and vertical distances of point (x,y)
- */
-public int x, y;      // Avoid this 
+\fBpublic final class Boolean\fR
+\fBextends Object\fR
+\fBimplements Serializable\fR
  
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、上のコードから次のようなドキュメントを生成します。
+\fBBoolean\&.valueOf\fRメソッドの宣言は次のとおりです。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public int x
+\fBpublic static Boolean valueOf(String s)\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
-The horizontal and vertical distances of point (x, y)\&.
+\fBjavadoc\fRコマンドは、修飾子\fBpublic\fR、\fBprotected\fR、\fBprivate\fR、\fBabstract\fR、\fBfinal\fR、\fBstatic\fR、\fBtransient\fR、および\fBvolatile\fRを含めることができますが、\fBsynchronized\fRおよび\fBnative\fRはできません。\fBsynchronized\fRおよび\fBnative\fR修飾子は、実装の詳細とみなされているため、API仕様には含まれません。
+.PP
+APIでは、並行性セマンティクスについて、キーワード\fBsynchronized\fRに依存するのではなく、コメントの主説明としてドキュメント化する必要があります。たとえば、「1つのenumerationを複数のスレッドから並行して使用することはできない」のように記述します。ドキュメントには、これらのセマンティクスを実現する方法を記述しないでください。たとえば、\fBHashtable\fRオプションはスレッドセーフである必要がありますが、「エクスポートされるすべてのメソッドを同期化してそれを実現する」のように指定する根拠はありません。より高度な並行性のために、バケット・レベルで内部的に同期化する権限を保有しておくことをお薦めします。
+.SH "ドキュメンテーション・コメント"
+.PP
+このセクションでは、ソース・コードのコメントとコメントの継承について説明します。
+.SS "ソース・コード・コメント"
+.PP
+ソース・コードの任意のクラス、インタフェース、メソッド、コンストラクタ、またはフィールドの宣言の前に、ドキュメンテーション・コメントを記述することができます。各パッケージにもドキュメンテーション・コメントを作成できます。構文は若干異なりますが、概要にもドキュメンテーション・コメントを作成できます。ドキュメンテーション・コメントは、\fB/**\fRと、終わりを表す\fB*/\fRの間にある文字から構成されます。先頭のアスタリスクは各行で使用でき、次の項で詳しく説明します。コメントのテキストは、複数行にわたって記述できます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-public int y
+\fB/**\fR
+\fB * This is the typical format of a simple documentation comment\fR
+\fB * that spans two lines\&.\fR
+\fB */\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
+スペースを節約するには、コメントを1行に入れます。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/** This comment takes up only one line\&. */\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+コメントの配置
+.PP
+ドキュメンテーション・コメントは、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールド宣言の直前に配置される場合にのみ認識されます。メソッドの本体に置かれているドキュメンテーション・コメントは無視されます。\fBjavadoc\fRコマンドは、宣言文ごとに1つのドキュメンテーション・コメントしか認識しません。タグを使用できる場所を参照してください。
+.PP
+よくある間違いは、クラス・コメントとクラス宣言の間に\fBimport\fR文を置いてしまうことです。\fBjavadoc\fRコマンドはクラス・コメントを無視するので、\fBimport\fR文をこの場所に配置しないでください。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/**\fR
+\fB * This is the class comment for the class Whatever\&.\fR
+\fB */\fR
+\fB \fR
+\fBimport com\&.example;   // MISTAKE \- Important not to put import statement here\fR
+\fB \fR
+\fBpublic class Whatever{ }\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+コメントのパーツ
+.PP
+ドキュメンテーション・コメントには、主説明とその後に続くタグ・セクションが含まれます。主説明は、開始区切り文字\fB/**\fRで始まり、タグ・セクションまで続きます。タグ・セクションは、先頭文字が\fB@\fRの行で定義される最初のブロック・タグから始まります(先頭のアスタリスク、空白文字、先頭の区切り文字\fB/**\fRは除く)。主説明を記述せず、タグ・セクションのみのコメントを記述することもできます。主説明は、タグ・セクション以降に続けることはできません。タグの引数は、複数行にわたって記述できます。タグの数に制限はありません。何回も記述できるタグと、1回しか記述できないタグがあります。たとえば、次の\fB@see\fRタグからタグ・セクションは始まります。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/**\fR
+\fB * This sentence holds the main description for this documentation comment\&.\fR
+\fB * @see java\&.lang\&.Object\fR
+\fB */\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+ブロックおよびインライン・タグ
+.PP
+タグは、\fBjavadoc\fRコマンドが処理するドキュメンテーション・コメント内の特殊なキーワードです。タグには2つのタイプがあります。1つは\fB@tag\fRタグのように表記されるブロック・タグ(スタンドアロン・タグとも呼ばれる)、もう1つは\fB{@tag}\fRタグのように中カッコで囲んで表記されるインライン・タグです。ブロック・タグが解釈されるには、行頭のアスタリスク、空白文字、区切り文字(\fB/**\fR)を除いて、行の先頭に置く必要があります。これは、\fB@\fR文字をテキスト内の別の場所で使用しても、タグの開始として解釈されないことを意味しています。\fB@\fR文字を使用して行を開始しても、それが解釈されないようにするには、HTMLエンティティ\fB&#064;\fRを使用します。それぞれのブロック・タグには、関連付けられたテキストがあります。このテキストは、タグの後から、次のタグの前、またはドキュメンテーション・コメントの最後までの間に記述されたテキストです(タグまたはコメント区切り文字を除く)。この関連テキストは、複数行にわたって記述できます。インライン・タグは、テキストを記述できる場所であればどこにでも置くことができ、解釈されます。次の例にはブロック・タグ\fB@deprecated\fRとインライン・タグ\fB{@link}\fRが含まれています。javadocタグを参照してください。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/**\fR
+\fB * @deprecated  As of JDK 1\&.1, replaced by {@link #setBounds(int,int,int,int)}\fR
+\fB */\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+HTMLでのコメントの記述
+.PP
+テキストはHTMLエンティティとHTMLタグを使用してHTMLで記述される必要があります。使用するブラウザがサポートする任意のHTMLのバージョンを使用できます。標準ドックレットは、カスケーディング・スタイル・シートおよびフレームを含め、ドキュメンテーション・コメント以外の部分でHTML 3\&.2に準拠したコードを生成します。フレーム・セットのため、生成されたファイルにはHTML 4\&.0が推奨されます。
+.PP
+たとえば、より小さい記号(<)およびより大きい記号(>)のエンティティは、\fB&lt;\fRおよび\fB&gt;\fRと記述する必要があります。同様に、アンパサンド(&)は\fB&amp;\fRと記述する必要があります。次の例では、太字のHTMLタグ\fB<b>\fRを使用しています。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/**\fR
+\fB * This is a <b>doc</b> comment\&.\fR
+\fB * @see java\&.lang\&.Object\fR
+\fB */\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+先頭のアスタリスク
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドによるドキュメンテーション・コメントの解析時に、各行の先頭にあるアスタリスク(*)文字は破棄されます。最初のアスタリスク(*)文字より前にある空白やタブも破棄されます。行頭のアスタリスクを省略した場合、インデントを保持したままでサンプル・コードを\fB<PRE>\fRタグ内のドキュメンテーション・コメントに直接貼り付けられるように、先頭の空白文字は削除されなくなります。ブラウザは、空白文字をタブよりも一律に解釈します。インデントの起点は(区切り文字\fB/**\fRまたは\fB<PRE>\fRタグではなく)左マージンになります。
+.PP
+最初の文
+.PP
+各ドキュメンテーション・コメントの最初の文は、宣言されているエンティティに関する簡潔かつ完全なサマリー文である必要があります。この文は、空白、タブ、または行終了文字が続く最初のピリオド、または最初のブロック・タグがある位置で終わります。最初の文は、\fBjavadoc\fRコマンドによってHTMLページの先頭にあるメンバーのサマリーの部分にコピーされます。
+.PP
+複数フィールドの宣言
+.PP
+Javaプラットフォームでは、1つの文で複数のフィールドを宣言できます。ただし、この文には、1つのドキュメンテーション・コメントしか記述できません。そのコメントが、すべてのフィールドに対してコピーされます。フィールドごとにドキュメンテーション・コメントを記述する必要がある場合は、各フィールドを別々の文で宣言する必要があります。たとえば、次のドキュメンテーション・コメントは、1つの宣言として記述すると不適切です。この場合は、宣言を2つに分けることをお薦めします。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fB/** \fR
+\fB * The horizontal and vertical distances of point (x,y)\fR
+\fB */\fR
+\fBpublic int x, y;      // Avoid this \fR
+\fB \fR
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、上のコードから次のようなドキュメントを生成します。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fBpublic int x\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
 The horizontal and vertical distances of point (x, y)\&.
-ヘッダー・タグの使用.PP
-メンバーに対してドキュメンテーション・コメントを記述するときには、\fI<H1>\fRや\fI<H2>\fRなどのHTML見出しタグを使用しないことをお薦めします。\fIjavadoc\fRコマンドは、完全な構造化ドキュメントを作成するので、このような構造化タグが使用されていると、生成ドキュメントの形式が悪影響を受けることがあります。ただし、クラスやパッケージのコメントでは、これらの見出しを使用して独自の構造を指定してかまいません。
+.sp
+.if n \{\
+.RS 4
+.\}
+.nf
+\fBpublic int y\fR
+ 
+.fi
+.if n \{\
+.RE
+.\}
+.PP
+The horizontal and vertical distances of point (x, y)\&.
+.PP
+ヘッダー・タグの使用
+.PP
+メンバーに対してドキュメンテーション・コメントを記述するときには、\fB<H1>\fRおよび\fB<H2>\fRなどのHTML見出しタグを使用しないことをお薦めします。\fBjavadoc\fRコマンドは、完全な構造化ドキュメントを作成するので、このような構造化タグが使用されていると、生成ドキュメントの形式が悪影響を受けることがあります。ただし、クラスやパッケージのコメントでは、これらの見出しを使用して独自の構造を指定してかまいません。
 .SS "メソッド・コメントの継承"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドでは、クラスおよびインタフェースでメソッド・コメントを継承して、欠落したテキストを入力したり、明示的にメソッド・コメントを継承することができます。コンストラクタ、フィールド、およびネストされたクラスは、ドキュメンテーション・コメントを継承しません。
+\fBjavadoc\fRコマンドでは、クラスおよびインタフェースでメソッド・コメントを継承して、欠落したテキストを入力したり、明示的にメソッド・コメントを継承することができます。コンストラクタ、フィールド、およびネストされたクラスは、ドキュメンテーション・コメントを継承しません。
 .PP
 \fB注意:\fR
-ドキュメンテーション・コメントをコピーに利用するには、継承したメソッドのソース・ファイルが\fI\-sourcepath\fRオプションで指定したパスのみに置かれている必要があります。コマンドラインで、クラスもパッケージも渡す必要はありません。この点はリリース1\&.3\&.\fIn\fR以前とは対照的です。これまでは、クラスがドキュメント化されるクラスであることが必要でした。
-欠落テキストの入力.PP
-主説明、または\fI@return\fR、\fI@param\fR、\fI@throws\fRタグがメソッド・コメントから欠落している場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、対応する主説明またはタグ・コメントを、それがオーバーライドまたは実装しているメソッド(ある場合)からコピーします。メソッド・コメントの継承を参照してください。
-.PP
-特定のパラメータの\fI@param\fRタグが見つからない場合、そのパラメータのコメントが、上位の継承階層のメソッドからコピーされます。特定の例外の\fI@throws\fRタグが見つからない場合、その例外が宣言されている場合にかぎり、\fI@throws\fRタグがコピーされます。
+ドキュメンテーション・コメントをコピーに利用するには、継承したメソッドのソース・ファイルが\fB\-sourcepath\fRオプションで指定したパスのみに置かれている必要があります。コマンド行で、クラスもパッケージも渡す必要はありません。この点はリリース1\&.3\&.\fIn\fR以前とは対照的です。これまでは、クラスがドキュメント化されるクラスであることが必要でした。
+.PP
+欠落テキストの入力
+.PP
+主説明、または\fB@return\fR、\fB@param\fR、\fB@throws\fRタグがメソッド・コメントから欠落している場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、対応する主説明またはタグ・コメントを、それがオーバーライドまたは実装しているメソッド(ある場合)からコピーします。メソッド・コメントの継承を参照してください。
+.PP
+特定のパラメータの\fB@param\fRタグが見つからない場合、そのパラメータのコメントが、上位の継承階層のメソッドからコピーされます。特定の例外の\fB@throws\fRタグが見つからない場合、その例外が宣言されている場合にかぎり、\fB@throws\fRタグがコピーされます。
 .PP
 この動作はリリース1\&.3以前の動作とは対照的です。これまでのバージョンでは、主説明またはタグが存在すれば、コメントは一切継承されませんでした。
 .PP
 javadocタグおよびオプションを参照してください。
-明示的な継承.PP
-\fI{@inheritDoc}\fRインライン・タグをメソッドの主説明または\fI@return\fR、\fI@param\fR、\fI@throws\fRタグ・コメントに挿入します。対応する継承された主説明またはタグ・コメントは、その場所にコピーされます。
+.PP
+明示的な継承
+.PP
+\fB{@inheritDoc}\fRインライン・タグをメソッドの主説明または\fB@return\fR、\fB@param\fR、\fB@throws\fRタグ・コメントに挿入します。対応する継承された主説明またはタグ・コメントは、その場所にコピーされます。
 .SS "クラスおよびインタフェースの継承"
 .PP
 コメントの継承は、クラスおよびインタフェースからの継承の、考えられるすべての場合に発生します。
@@ -1271,12 +1321,12 @@
 クラスのメソッドがインタフェースのメソッドを実装している場合
 .RE
 .PP
-最初の2つのケースでは、\fIjavadoc\fRコマンドは、オーバーライドしているメソッドのドキュメント内に\fI「オーバーライド」\fRという小見出しを生成します。コメントが継承されているかどうかにかかわらず、オーバーライドされているメソッドへのリンクが含まれます。
-.PP
-3つ目のケース(特定のクラスのメソッドがインタフェースのメソッドを実装している場合)では、\fIjavadoc\fRコマンドは、オーバーライドしているメソッドのドキュメント内に\fI「定義」\fRという小見出しを生成します。コメントが継承されているかどうかにかかわらず、実装されているメソッドへのリンクが含まれます。
+最初の2つのケースでは、\fBjavadoc\fRコマンドは、オーバーライドしているメソッドのドキュメント内に\fI「オーバーライド」\fRという小見出しを生成します。コメントが継承されているかどうかにかかわらず、オーバーライドされているメソッドへのリンクが含まれます。
+.PP
+3つ目のケース(特定のクラスのメソッドがインタフェースのメソッドを実装している場合)では、\fBjavadoc\fRコマンドは、オーバーライドしているメソッドのドキュメント内に\fI「定義」\fRという小見出しを生成します。コメントが継承されているかどうかにかかわらず、実装されているメソッドへのリンクが含まれます。
 .SS "メソッド・コメントのアルゴリズム"
 .PP
-メソッドにドキュメンテーション・コメントがない、または\fI{@inheritDoc}\fRタグがある場合、\fIjavadoc\fRコマンドは次のアルゴリズムを使用して適用できるコメントを検索します。アルゴリズムは、最も特定される適用可能なドキュメンテーション・コメントを探し、スーパークラスよりもインタフェースを優先するように設計されています。
+メソッドにドキュメンテーション・コメントがない、または\fB{@inheritDoc}\fRタグがある場合、\fBjavadoc\fRコマンドは次のアルゴリズムを使用して適用できるコメントを検索します。アルゴリズムは、最も特定される適用可能なドキュメンテーション・コメントを探し、スーパークラスよりもインタフェースを優先するように設計されています。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1286,7 +1336,7 @@
 .sp -1
 .IP "  1." 4.2
 .\}
-直接に実装されている(または、拡張されている)インタフェースを、メソッドの宣言で\fIimplements\fR(または\fIextends\fR)という語の後に出現する順序で、1つずつ調べます。このメソッドについて最初に見つかったドキュメンテーション・コメントを採用します。
+直接に実装されている(または、拡張されている)インタフェースを、メソッドの宣言で\fBimplements\fR(または\fBextends\fR)という語の後に出現する順序で、1つずつ調べます。このメソッドについて最初に見つかったドキュメンテーション・コメントを採用します。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1308,7 +1358,7 @@
 .sp -1
 .IP "  3." 4.2
 .\}
-手順2でドキュメンテーション・コメントが見つからなかった場合で、このクラスが\fIObject\fR以外のクラスであるが、インタフェースではない場合は、次のように処理します。
+手順2でドキュメンテーション・コメントが見つからなかった場合で、このクラスが\fBObject\fR以外のクラスであるが、インタフェースではない場合は、次のように処理します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1334,7 +1384,7 @@
 .RE
 .SH "JAVADOCタグ"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、Javaのドキュメンテーション・コメント内に埋め込まれた特別なタグを解析します。\fIjavadoc\fRタグを使用すると、完全な整形式のAPIをソース・コードから自動的に生成できます。タグはアットマーク記号(\fI@\fR)で始まり、大文字と小文字が区別されます。これらのタグは、表示されているとおりに大文字と小文字を使用して入力する必要があります。タグは、行の先頭(先頭の空白文字と省略可能なアスタリスクの後)に置く必要があります。そうしないと、テキストとして扱われます。慣例として、同じ名前のタグは1箇所にまとめます。たとえば、\fI@see\fRタグが複数ある場合は、すべて同じ場所にまとめて配置します。詳細は、タグを使用できる場所を参照してください。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、Javaのドキュメンテーション・コメント内に埋め込まれた特別なタグを解析します。\fBjavadoc\fRタグを使用すると、完全な整形式のAPIをソース・コードから自動的に生成できます。タグはアットマーク記号(\fB@\fR)で始まり、大文字と小文字が区別されます。これらのタグは、表示されているとおりに大文字と小文字を使用して入力する必要があります。タグは、行の先頭(先頭の空白文字と省略可能なアスタリスクの後)に置く必要があります。そうしないと、テキストとして扱われます。慣例として、同じ名前のタグは1箇所にまとめます。たとえば、\fB@see\fRタグが複数ある場合は、すべて同じ場所にまとめて配置します。詳細は、タグを使用できる場所を参照してください。
 .PP
 タグには、次のタイプがあります。
 .sp
@@ -1367,7 +1417,7 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-\fI\-author\fRオプションが使用されている場合、指定した名前のテキストの作成者エントリを生成されるドキュメントに追加します。1つのドキュメンテーション・コメントに複数の\fI@author\fRタグを含めることができます。1つの\fI@author\fRタグに1つの名前を指定することも、複数の名前を指定することもできます。前者の場合は、\fIjavadoc\fRコマンドによって名前と名前の間にカンマ(,)と空白文字が挿入されます。後者の場合は、テキスト全体が解析されることなく、生成ドキュメントにコピーされます。したがって、カンマではなく、各言語に対応した名前区切り文字を使用する必要があるときに、1行に複数の名前を指定できます。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@authorに関する項
+\fB\-author\fRオプションが使用されている場合、指定した名前のテキストの作成者エントリを生成されるドキュメントに追加します。1つのドキュメンテーション・コメントに複数の\fB@author\fRタグを含めることができます。1つの\fB@author\fRタグに1つの名前を指定することも、複数の名前を指定することもできます。前者の場合は、\fBjavadoc\fRコマンドによって名前と名前の間にカンマ(,)と空白文字が挿入されます。後者の場合は、テキスト全体が解析されることなく、生成ドキュメントにコピーされます。したがって、カンマではなく、各言語に対応した名前区切り文字を使用する必要があるときに、1行に複数の名前を指定できます。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@authorに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#@author)を参照してください。
 .RE
 .PP
@@ -1375,18 +1425,18 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.5で導入
 .sp
-\fI<code>{@literal}</code>\fRと同等です。
-.sp
-テキストをHTMLマークアップまたはネストされたJavadocタグとして解釈せずに、textをコード・フォントで表示します。これにより、ドキュメンテーション・コメントでは、パラメータの型(\fI<Object>\fR)、不等号(\fI3 < 4\fR)、矢印(\fI<\-\fR)などで、通常の山カッコ(<および>)をHTMLエンティティ(\fI&lt;\fRおよび\fI&gt;\fR)のかわりに使用できます。たとえば、ドキュメンテーション・コメント\fI{@code A<B>C}\fRは\fIA<B>C\fRとして変更されずに生成されたHTMLページに表示されます。つまり、\fI<B>\fRが太字として解釈されず、そのフォントはコード・フォントになります。コード・フォントなしで同じ機能を実現するには、\fI{@literal}\fRタグを使用します。
+\fB<code>{@literal}</code>\fRと同等です。
+.sp
+テキストをHTMLマークアップまたはネストされたJavadocタグとして解釈せずに、textをコード・フォントで表示します。これにより、ドキュメンテーション・コメントでは、パラメータの型(\fB<Object>\fR)、不等号(\fB3 < 4\fR)、矢印(\fB<\-\fR)などで、通常の山カッコ(<および>)をHTMLエンティティ(\fB&lt;\fRおよび\fB&gt;\fR)のかわりに使用できます。たとえば、生成されたHTMLページに表示されるドキュメンテーション・コメント・テキスト\fB{@code A<B>C}\fRは、変更されず\fBA<B>C\fRとなります。つまり、\fB<B>\fRが太字として解釈されず、そのフォントはコード・フォントになります。コード・フォントなしで同じ機能を実現するには、\fB{@literal}\fRタグを使用します。
 .RE
 .PP
 @deprecated \fIdeprecated\-text\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-このAPIは動作し続けますが、このAPIを使用しないことを薦めるコメントを追加します。\fIjavadoc\fRコマンドは、\fIdeprecated\-text\fRを主説明の前に移動してイタリックにし、その前に太字の警告「推奨されていません。」を追加します。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。
-.sp
-非推奨テキストの最初の文では、そのAPIが推奨されなくなった時期と、代替として使用するAPIをユーザーに提示する必要があります。\fIjavadoc\fRコマンドは、この最初の文を、サマリー・セクションと索引にコピーします。その後の文で非推奨になった理由を説明することもできます。代替APIを指し示す\fI{@link}\fRタグ(Javadoc 1\&.2以降の場合)を含める必要があります。
+このAPIは動作し続けますが、このAPIを使用しないことを薦めるコメントを追加します。\fBjavadoc\fRコマンドは、\fBdeprecated\-text\fRを主説明の前に移動してイタリックにし、その前に太字の警告「推奨されていません。」を追加します。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。
+.sp
+非推奨テキストの最初の文では、そのAPIが推奨されなくなった時期と、代替として使用するAPIをユーザーに提示する必要があります。\fBjavadoc\fRコマンドは、この最初の文を、サマリー・セクションと索引にコピーします。その後の文で非推奨になった理由を説明することもできます。代替APIを指し示す\fB{@link}\fRタグ(Javadoc 1\&.2以降の場合)を含める必要があります。
 .sp
 \fI@deprecated annotation\fRタグを使用してプログラム要素を非推奨にします。APIを非推奨にする方法と時期
 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/technotes/guides/javadoc/deprecation/deprecation\&.html)を参照してください。
@@ -1402,7 +1452,7 @@
 .sp
 生成されるページからの、生成ドキュメントの(生成先)ルート・ディレクトリへの相対パスを表します。このタグは、著作権のページや会社のロゴなど、生成されるすべてのページから参照するファイルを組み込むときに便利です。通常は、各ページの最下部から著作権のページにリンクします。
 .sp
-この\fI{@docRoot}\fRタグは、コマンドラインでもドキュメンテーション・コメント内でも使用できます。このタグは、任意のタグ(\fI@return\fR、\fI@param\fRおよび\fI@deprecated\fRタグなど)のテキスト部分を含む、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。
+この\fB{@docRoot}\fRタグは、コマンド行でもドキュメンテーション・コメント内でも使用できます。このタグは、任意のタグ(\fB@return\fR、\fB@param\fRおよび\fB@deprecated\fRタグなど)のテキスト部分を含む、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1412,9 +1462,9 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-コマンドラインで、ヘッダー、フッターまたは最下部が次のように定義されます。\fIjavadoc \-bottom \*(Aq<a href="{@docRoot}/copyright\&.html">Copyright</a>\*(Aq\fR
-.sp
-\fI{@docRoot}\fRタグをmakefile内でこのように利用する場合、一部の\fImakefile\fRプログラムでは、中カッコ\fI{}\fR文字を特別にエスケープする必要があります。たとえば、Inprise MAKEバージョン5\&.2をWindows上で実行する場合は、\fI{{@docRoot}}\fRのように、中カッコを二重にする必要があります。\fI\-bottom\fRオプションなどのオプションへの引数を囲むのに、二重(一重ではなく)引用符も必要です(\fIhref\fR引数を囲む引用符は省略)。
+コマンド行で、header、footerまたはbottomが定義されている場合、\fBjavadoc \-bottom \*(Aq<a href="{@docRoot}/copyright\&.html">Copyright</a>\*(Aq\fRとなります。
+.sp
+\fB{@docRoot}\fRタグをmakefile内でこのように利用する場合、一部の\fBmakefile\fRプログラムでは、中カッコ\fB{}\fR文字を特別にエスケープする必要があります。たとえば、Inprise MAKEバージョン5\&.2をWindows上で実行する場合は、\fB{{@docRoot}}\fRのように、中カッコを二重にする必要があります。\fB\-bottom\fRオプションなどのオプションへの引数を囲むのに、二重(一重ではなく)引用符も必要です(\fBhref\fR引数を囲む引用符は省略)。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1431,14 +1481,16 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * See the <a href="{@docRoot}/copyright\&.html">Copyright</a>\&.
- */
+\fB/**\fR
+\fB * See the <a href="{@docRoot}/copyright\&.html">Copyright</a>\&.\fR
+\fB */\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-このタグが必要な理由は、生成ドキュメントが、サブパッケージと同じ深さを持つ階層構造のディレクトリに格納されるからです。式\fI<a href="{@docRoot}/copyright\&.html">\fRは、\fIjava/lang/Object\&.java\fRに対しては\fI<a href="\&.\&./\&.\&./copyright\&.html">\fRに解決され、\fIjava/lang/ref/Reference\&.java\fRに対しては\fI<a href="\&.\&./\&.\&./\&.\&./copyright\&.html">\fRに解決されます。
+このタグが必要な理由は、生成ドキュメントが、サブパッケージと同じ深さを持つ階層構造のディレクトリに格納されるからです。式:
+\fB<a href="{@docRoot}/copyright\&.html">\fRは、\fBjava/lang/Object\&.java\fRの場合\fB<a href="\&.\&./\&.\&./copyright\&.html">\fRに、\fBjava/lang/ref/Reference\&.java\fRの場合\fB<a href="\&.\&./\&.\&./\&.\&./copyright\&.html">\fRに解決されます。
 .RE
 .RE
 .PP
@@ -1446,7 +1498,7 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-\fI@throws\fRタグと同じです。@throws class\-name descriptionを参照してください。
+\fB@throws\fRタグと同じです。@throws class\-name descriptionを参照してください。
 .RE
 .PP
 {@inheritDoc}
@@ -1476,7 +1528,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-メソッドの\fI@return\fR、\fI@param\fR、\fI@throws\fRタグのテキスト引数内。この場合、タグ・テキストは、上位階層の対応するタグからコピーされます。
+メソッドの\fB@return\fR、\fB@param\fR、\fB@throws\fRタグのテキスト引数内。この場合、タグ・テキストは、上位階層の対応するタグからコピーされます。
 .RE
 .sp
 継承階層でコメントを見つける方法に関する説明は、メソッド・コメントの継承を参照してください。このタグが見つからない場合、コメントは、この項で説明するルールに応じて、自動的に継承されるかどうかが決まります。
@@ -1486,20 +1538,21 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.2で導入
 .sp
-表示テキストlabelとともにインライン・リンクを挿入します。labelは、参照クラスの指定されたパッケージ、クラス、またはメンバーの名前のドキュメントを指し示します。このタグは、\fI@return\fR、\fI@param\fRおよび\fI@deprecated\fRタグなどの任意のタグのテキスト部分を含む、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@linkに関する項
+表示テキストlabelとともにインライン・リンクを挿入します。labelは、参照クラスの指定されたパッケージ、クラス、またはメンバーの名前のドキュメントを指し示します。このタグは、\fB@return\fR、\fB@param\fRおよび\fB@deprecated\fRタグなどの任意のタグのテキスト部分を含む、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、およびフィールドで有効です。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@linkに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#{@link)を参照してください。
 .sp
-このタグは\fI@see\fRタグに似ています。どちらのタグも、\fIpackage\&.class#member\fRと\fIlabel\fRの参照方法と、有効な構文が同じです。主な違いは、\fI{@link}\fRタグでは、「関連項目」セクションにリンクが配置されるかわりに、インライン・リンクが生成されるという点です。インライン・テキストの他の部分と区別するために、\fI{@link}\fRタグの最初と最後に中カッコを記述します。ラベル内で右中カッコ(\fI}\fR)を使用する必要がある場合、HTMLエンティティ記法\fI&#125;\fRを使用します。
-.sp
-1つ文の中で使用できる\fI{@link}\fRタグの数に制限はありません。このタグは、ドキュメンテーション・コメントの主説明部分、または\fI@deprecated\fR、\fI@return\fR、\fI@param\fRタグなどの任意のタグのテキスト部分で使用できます。
-.sp
-たとえば、次のコメントでは\fIgetComponentAt(int,int)\fRメソッドを参照しています。
+このタグは\fB@see\fRタグに似ています。どちらのタグも、\fBpackage\&.class#member\fRと\fBlabel\fRの参照方法と、有効な構文が同じです。主な違いは、\fB{@link}\fRタグでは、「関連項目」セクションにリンクが配置されるかわりに、インライン・リンクが生成されるという点です。インライン・テキストの他の部分と区別するために、\fB{@link}\fRタグの最初と最後に中カッコを記述します。ラベル内で右中カッコ(\fB}\fR)を使用する必要がある場合、HTMLエンティティ記法\fB&#125;\fRを使用します。
+.sp
+1つ文の中で使用できる\fB{@link}\fRタグの数に制限はありません。このタグは、ドキュメンテーション・コメントの主説明部分、または\fB@deprecated\fR、\fB@return\fR、\fB@param\fRタグなどの任意のタグのテキスト部分で使用できます。
+.sp
+たとえば、次のコメントでは\fBgetComponentAt(int,int)\fRメソッドを参照しています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Use the {@link #getComponentAt(int, int) getComponentAt} method\&.
+\fBUse the {@link #getComponentAt(int, int) getComponentAt} method\&.\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1510,7 +1563,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Use the <a href="Component\&.html#getComponentAt(int, int)">getComponentAt</a> method\&.
+\fBUse the <a href="Component\&.html#getComponentAt(int, int)">getComponentAt</a> method\&.\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1521,7 +1575,8 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-Use the getComponentAt method\&.
+\fBUse the getComponentAt method\&.\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1532,24 +1587,24 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.4で導入
 .sp
-\fI{@link}\fRタグと同じ動作をしますが、リンク・ラベルがコード・フォントではなくプレーン・テキストで表示される点が異なります。ラベルがプレーン・テキストで記述されていると便利です。たとえば、「\fIRefer to {@linkplain add() the overridden method}\fR\&.」は「Refer to the overridden method」と表示されます。
+\fB{@link}\fRタグと同じ動作をしますが、リンク・ラベルがコード・フォントではなくプレーン・テキストで表示される点が異なります。ラベルがプレーン・テキストで記述されていると便利です。たとえば、「\fBRefer to {@linkplain add() the overridden method}\fR\&.」は「Refer to the overridden method」と表示されます。
 .RE
 .PP
 {@literal \fItext\fR}
 .RS 4
 JDK 1\&.5で導入
 .sp
-テキストをHTMLマークアップまたはネストされたJavadocタグとして解釈せずに、textを表示します。これにより、ドキュメンテーション・コメントでは、パラメータの型(\fI<Object>\fR)、不等号(\fI3 < 4\fR)、矢印(<\-)などで、山カッコ(\fI<および>\fR)をHTMLエンティティ(\fI&lt;\fRおよび\fI&gt;\fR)のかわりに使用できます。たとえば、ドキュメンテーション・コメントのテキスト\fI{@literal A<B>C}\fRは\fIA<B>C\fRとして、ブラウザの生成されたHTMLページに変更されずに表示されます。\fI<B>\fRは太字として解釈されません(コード・フォントになりません)。コード・フォントで同じ機能を実現するには、\fI{@code}\fRタグを使用します。
+テキストをHTMLマークアップまたはネストされたJavadocタグとして解釈せずに、textを表示します。これにより、ドキュメンテーション・コメントでは、パラメータの型(\fB<Object>\fR)、不等号(\fB3 < 4\fR)、矢印(<\-)などで、山カッコ(\fB<および>\fR)をHTMLエンティティ(\fB&lt;\fRおよび\fB&gt;\fR)のかわりに使用できます。たとえば、ドキュメンテーション・コメント・テキスト\fB{@literal A<B>C}\fRは、変更されずにブラウザに生成されたHTMLページに\fBA<B>C\fRと表示されます。\fB<B>\fRは太字として解釈されません(コード・フォントになりません)。コード・フォントで同じ機能を実現するには、\fB{@code}\fRタグを使用します。
 .RE
 .PP
 @param \fIparameter\-name description\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-「パラメータ」セクションに、指定された\fIparameter\-name\fRの後に指定されたdescriptionを続けてパラメータを追加します。ドキュメンテーション・コメントを記述するときには、descriptionを複数行にわたって記述することもできます。このタグは、メソッド、コンストラクタ、またはクラスのドキュメンテーション・コメント内でのみ有効です。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@paramに関する項
+「パラメータ」セクションに、指定された\fBparameter\-name\fRの後に指定されたdescriptionを続けてパラメータを追加します。ドキュメンテーション・コメントを記述するときには、descriptionを複数行にわたって記述することもできます。このタグは、メソッド、コンストラクタ、またはクラスのドキュメンテーション・コメント内でのみ有効です。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@paramに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#@param)を参照してください。
 .sp
-\fIparameter\-name\fRは、メソッドまたはコンストラクタでのパラメータの名前か、クラス、メソッドまたはコンストラクタの型パラメータの名前になります。山カッコでこのパラメータ名を囲み、型パラメータを使用することを指定します。
+\fBparameter\-name\fRは、メソッドまたはコンストラクタでのパラメータの名前か、クラス、メソッドまたはコンストラクタの型パラメータの名前になります。山カッコでこのパラメータ名を囲み、型パラメータを使用することを指定します。
 .sp
 クラスの型パラメータの例:
 .sp
@@ -1557,11 +1612,12 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * @param <E> Type of element stored in a list
- */
-public interface List<E> extends Collection<E> {
-}
+\fB/**\fR
+\fB * @param <E> Type of element stored in a list\fR
+\fB */\fR
+\fBpublic interface List<E> extends Collection<E> {\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1572,14 +1628,15 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * @param string  the string to be converted
- * @param type    the type to convert the string to
- * @param <T>     the type of the element
- * @param <V>     the value of the element
- */
-<T, V extends T> V convert(String string, Class<T> type) {
-}
+\fB/**\fR
+\fB * @param string  the string to be converted\fR
+\fB * @param type    the type to convert the string to\fR
+\fB * @param <T>     the type of the element\fR
+\fB * @param <V>     the value of the element\fR
+\fB */\fR
+\fB<T, V extends T> V convert(String string, Class<T> type) {\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1598,25 +1655,25 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-\fI「関連項目」\fR見出しを追加して、referenceを指すリンク、またはテキスト・エントリを書き込みます。1つのドキュメンテーション・コメントには任意の数の\fI@see\fRタグを含めることができますが、それらはすべて同じ見出しの下にグループ化されます。\fI@see\fRタグには、3つのタイプの形式があります。この形式が最も一般的です。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドで有効です。パッケージ、クラス、またはメンバーに対するインライン・リンクを文中に挿入する方法は、\fI{@link}\fRを参照してください。
+\fI「関連項目」\fR見出しを追加して、referenceを指すリンク、またはテキスト・エントリを書き込みます。1つのドキュメンテーション・コメントには任意の数の\fB@see\fRタグを含めることができますが、それらはすべて同じ見出しの下にグループ化されます。\fB@see\fRタグには、3つのタイプの形式があります。この形式が最も一般的です。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドで有効です。パッケージ、クラス、またはメンバーに対するインライン・リンクを文中に挿入する方法は、\fB{@link}\fRを参照してください。
 .sp
 \fB形式1\fR。@see
-\fIstring\fRタグ形式は、\fIstring\fRのテキスト・エントリを追加します。リンクは生成されません。stringは、書籍またはURLではアクセスできない情報の参照先です。\fIjavadoc\fRコマンドは、最初の文字として二重引用符(")を検索して、この形式を前述の形式と区別します。たとえば、\fI@see "The Java Programming Language"\fRは次のテキストを生成します。
+\fBstring\fRタグ形式は、\fIstring\fRのテキスト・エントリを追加します。リンクは生成されません。stringは、書籍またはURLではアクセスできない情報の参照先です。\fBjavadoc\fRコマンドは、最初の文字として二重引用符(")を検索して、この形式を前述の形式と区別します。たとえば、\fB@see "The Java Programming Language"\fRは次のテキストを生成します。
 .sp
 \fB関連項目\fR:
 .sp
 "The Java Programming Language"
 .sp
-\fB形式2\fR。\fI@see <a href="URL#value">label</a>\fR形式は、\fIURL#value\fRにより定義されたリンクを追加します。\fIURL#value\fRパラメータは、相対URLまたは絶対URLです。\fIjavadoc\fRコマンドは、最初の文字として「より小さい」記号(\fI<\fR)を検索して、この形式を他の形式と区別します。たとえば、\fI@see <a href="spec\&.html#section">Java Spec</a>\fRは次のリンクを生成します。
+\fB形式2\fR。\fB@see <a href="URL#value">label</a>\fR形式は、\fBURL#value\fRで定義されたリンクを追加します。\fBURL#value\fRパラメータは、相対URLまたは絶対URLです。\fBjavadoc\fRコマンドは、最初の文字として「より小さい」記号(\fB<\fR)を検索して、この形式を他の形式と区別します。たとえば、\fB@see <a href="spec\&.html#section">Java Spec</a>\fRは次のリンクを生成します。
 .sp
 \fB関連項目\fR:
 .sp
 Java Spec
 .sp
-\fB形式3\fR。\fI@see package\&.class#member label\fR形式は、表示テキスト・ラベルとともにリンクを追加します。このラベルは参照されているJava言語の指定された名前のドキュメントを指し示します。ラベルはオプションです。ラベルを省略した場合は、表示テキストのかわりに、名前が適切に短縮されて表示されます。\fI\-noqualifier\fRオプションを使用すると、この表示テキストからパッケージ名が全体的に削除されます。ラベルは、自動生成される表示テキストとは異なる表示テキストにする場合に使用します。「名前が表示される方法」を参照してください。
-.sp
-Java SE 1\&.2だけは、ラベルではなく名前が\fI<code>\fR
-HTMLタグ内に自動的に表示されます。Java SE 1\&.2\&.2からは、ラベルを使用するかしないかにかかわらず、\fI<code>\fRタグは常に表示テキストを囲むかたちで含まれます。
+\fB形式3\fR。\fB@see package\&.class#member label\fR形式は、表示テキスト・ラベルとともにリンクを追加します。このラベルは参照されているJava言語の指定された名前のドキュメントを指し示します。ラベルはオプションです。ラベルを省略した場合は、表示テキストのかわりに、名前が適切に短縮されて表示されます。\fB\-noqualifier\fRオプションを使用すると、この表示テキストからパッケージ名が全体的に削除されます。ラベルは、自動生成される表示テキストとは異なる表示テキストにする場合に使用します。「名前が表示される方法」を参照してください。
+.sp
+Java SE 1\&.2だけは、ラベルではなく名前が\fB<code>\fR
+HTMLタグ内に自動的に表示されます。Java SE 1\&.2\&.2からは、ラベルを使用するかしないかにかかわらず、\fB<code>\fRタグは常に表示テキストを囲むかたちで含まれます。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1626,10 +1683,10 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIpackage\&.class#member\fRには、参照されている任意の有効なプログラム要素の名前を指定します。つまり、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドの名前です。ただし、メンバー名の前の文字は、シャープ記号(\fI#\fR)にする必要があります。classは、任意のトップレベルまたはネストされたクラスか、インタフェースを表します。memberは、任意のコンストラクタ、メソッドまたはフィールドを表します(ネストされたクラスまたはインタフェースではありません)。この名前が、ドキュメント化されるクラスに含まれている場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、その名前へのリンクを作成します。外部参照クラスへのリンクを作成するには、\fI\-link\fRオプションを使用します。参照クラスに属していない名前のドキュメントを参照するには、他の2つの\fI@see\fRタグ形式のどちらかを使用します。「名前の指定」を参照してください。
+\fBpackage\&.class#member\fRには、参照されている任意の有効なプログラム要素の名前を指定します。つまり、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドの名前です。ただし、メンバー名の前の文字は、シャープ記号(\fB#\fR)にする必要があります。classは、任意のトップレベルまたはネストされたクラスか、インタフェースを表します。memberは、任意のコンストラクタ、メソッドまたはフィールドを表します(ネストされたクラスまたはインタフェースではありません)。この名前が、ドキュメント化されるクラスに含まれている場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、その名前へのリンクを作成します。外部参照クラスへのリンクを作成するには、\fB\-link\fRオプションを使用します。参照クラスに属していない名前のドキュメントを参照するには、他の2つの\fB@see\fRタグ形式のどちらかを使用します。「名前の指定」を参照してください。
 .sp
 \fB注意:\fR
-外部参照クラスは、コマンドラインで\fIjavadoc\fRコマンドに渡されないクラスです。生成ドキュメント内で外部参照クラスにリンクしている箇所は、外部参照または外部リンクと呼ばれます。たとえば、\fIjava\&.awt package\fRに対してのみ\fIjavadoc\fRコマンドを実行した場合、\fIObject\fRなどの\fIjava\&.lang\fR内のすべてのクラスが外部参照クラスになります。\fI\-link\fRおよび\fI\-linkoffline\fRオプションを使用して、外部参照クラスへリンクします。外部参照クラスのソース・コメントは\fIjavadoc\fRコマンドの実行には使用できません。
+外部参照クラスは、コマンド行で\fBjavadoc\fRコマンドに渡されないクラスです。生成ドキュメント内で外部参照クラスにリンクしている箇所は、外部参照または外部リンクと呼ばれます。たとえば、\fBjava\&.awt package\fRに対してのみ\fBjavadoc\fRコマンドを実行した場合、\fBObject\fRなどの\fBjava\&.lang\fR内のすべてのクラスが外部参照クラスになります。\fB\-link\fRおよび\fB\-linkoffline\fRオプションを使用して、外部参照クラスへリンクします。外部参照クラスのソース・コメントは\fBjavadoc\fRコマンドの実行には使用できません。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1640,7 +1697,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fIlabel\fRは、省略可能なテキストで、リンクのラベルとして表示されます。ラベルには空白を含めることができます。\fIlabel\fRを省略すると、\fIpackage\&.class\&.member\fRが、現在のクラスおよびパッケージに応じて適切に短縮されて表示されます。「名前が表示される方法」を参照してください。
+\fBlabel\fRは、省略可能なテキストで、リンクのラベルとして表示されます。ラベルには空白を含めることができます。\fBlabel\fRを省略すると、\fBpackage\&.class\&.member\fRが、現在のクラスおよびパッケージに応じて適切に短縮されて表示されます。「名前が表示される方法」を参照してください。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1651,18 +1708,19 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-空白文字が、\fIpackage\&.class#member\fRと\fIlabel\fRの間の区切り文字になります。カッコの内側の空白文字はラベルの先頭とは解釈されないため、メソッドのパラメータ間に空白文字を入れてもかまいません。
-.RE
-.sp
-この例では、\fI@see\fRタグ(\fICharacter\fRクラス内)が、\fIString\fRクラスのequalsメソッドを参照しています。タグには、名前\fIString#equals(Object)\fRとラベル\fIequals\fRの両方の引数が含まれています。
+空白文字が、\fBpackage\&.class#member\fRと\fBlabel\fRの間の区切り文字になります。カッコの内側の空白文字はラベルの先頭とは解釈されないため、メソッドのパラメータ間に空白文字を入れてもかまいません。
+.RE
+.sp
+この例では、\fB@see\fRタグ(\fBCharacter\fRクラス内)が、\fBString\fRクラスのequalsメソッドを参照しています。タグには、名前\fBString#equals(Object)\fRとラベル\fBequals\fRの両方の引数が含まれています。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * @see String#equals(Object) equals
- */
+\fB/**\fR
+\fB * @see String#equals(Object) equals\fR
+\fB */\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1673,10 +1731,11 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-<dl>
-<dt><b>See Also:</b>
-<dd><a href="\&.\&./\&.\&./java/lang/String#equals(java\&.lang\&.Object)"><code>equals<code></a>
-</dl>
+\fB<dl>\fR
+\fB<dt><b>See Also:</b>\fR
+\fB<dd><a href="\&.\&./\&.\&./java/lang/String#equals(java\&.lang\&.Object)"><code>equals<code></a>\fR
+\fB</dl>\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1687,39 +1746,42 @@
 .sp
 equals
 .RE
-名前の指定.PP
-この\fIpackage\&.class#member\fRという名前は、\fIjava\&.lang\&.String#toUpperCase()\fRのような完全修飾名にすることも、\fIString#toUpperCase()\fRや\fI#toUpperCase()\fRのような非完全修飾名にすることもできます。名前が完全修飾より短い場合は、\fIjavadoc\fRコマンドは、標準のJavaコンパイラの検索順序を使用して探します。「@seeタグの検索順序」を参照してください。名前は、メソッド引数の間など、カッコ内のスペースを含めることができます。部分的に修飾した短い名前を指定することの利点は、入力する文字数が減ることや、ソース・コードが読みやすくなることです。次のリストに様々な形式の名前を示します。ここで、\fIClass\fRにはクラスまたはインタフェースを、Typeにはクラス、インタフェース、配列、またはプリミティブを、methodにはメソッドまたはコンストラクタを、それぞれ指定できます。
+.PP
+名前の指定
+.PP
+この\fBpackage\&.class#member\fRという名前は、\fBjava\&.lang\&.String#toUpperCase()\fRのような完全修飾名にすることも、\fBString#toUpperCase()\fRや\fB#toUpperCase()\fRのような非完全修飾名にすることもできます。名前が完全修飾より短い場合は、\fBjavadoc\fRコマンドは、標準のJavaコンパイラの検索順序を使用して探します。「@seeタグの検索順序」を参照してください。名前は、メソッド引数の間など、カッコ内のスペースを含めることができます。部分的に修飾した短い名前を指定することの利点は、入力する文字数が減ることや、ソース・コードが読みやすくなることです。次のリストに様々な形式の名前を示します。ここで、\fBClass\fRにはクラスまたはインタフェースを、Typeにはクラス、インタフェース、配列、またはプリミティブを、methodにはメソッドまたはコンストラクタを、それぞれ指定できます。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-\fBTypical forms for\fR\fB @see package\&.class#member\fR 
-\fBReferencing a member of the current class\fR
-@see #field
-@see #method(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see #method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)
-@see #constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see #constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.) 
-
-\fBReferencing another class in the current or imported packages\fR
-@see Class#field
-@see Class#method(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see Class#method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)
-@see Class#constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see Class#constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)
-@see Class\&.NestedClass
-@see Class 
-
-\fBReferencing an element in another package (fully qualified)\fR
-@see package\&.Class#field
-@see package\&.Class#method(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see package\&.Class#method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)
-@see package\&.Class#constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)
-@see package\&.Class#constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)
-@see package\&.Class\&.NestedClass
-@see package\&.Class
-@see package
+\fB\fBTypical forms for\fR\fR\fB\fB @see package\&.class#member\fR\fR\fB \fR
+\fB\fBReferencing a member of the current class\fR\fR
+\fB@see #field\fR
+\fB@see #method(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see #method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see #constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see #constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.) \fR
+ 
+\fB\fBReferencing another class in the current or imported packages\fR\fR
+\fB@see Class#field\fR
+\fB@see Class#method(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see Class#method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see Class#constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see Class#constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see Class\&.NestedClass\fR
+\fB@see Class \fR
+ 
+\fB\fBReferencing an element in another package (fully qualified)\fR\fR
+\fB@see package\&.Class#field\fR
+\fB@see package\&.Class#method(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see package\&.Class#method(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see package\&.Class#constructor(Type, Type,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see package\&.Class#constructor(Type argname, Type argname,\&.\&.\&.)\fR
+\fB@see package\&.Class\&.NestedClass\fR
+\fB@see package\&.Class\fR
+\fB@see package\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -1735,7 +1797,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-最初のタイプの形式(パッケージとクラスを省略)の場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、現在のクラスの階層のみを検索します。つまり、現在のクラスかインタフェース、そのスーパークラスかスーパーインタフェース、またはその外側を囲んでいるクラスかインタフェースからメンバーを検索します(検索項目1\(en3)。現在のパッケージの他の部分や、他のパッケージは検索しません(検索項目4\(en5)。「@seeタグの検索順序」を参照してください。
+最初のタイプの形式(パッケージとクラスを省略)の場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、現在のクラスの階層のみを検索します。つまり、現在のクラスかインタフェース、そのスーパークラスかスーパーインタフェース、またはその外側を囲んでいるクラスかインタフェースからメンバーを検索します(検索項目1\(en3)。現在のパッケージの他の部分や、他のパッケージは検索しません(検索項目4\(en5)。「@seeタグの検索順序」を参照してください。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1746,7 +1808,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-メソッドまたはコンストラクタの入力時に、\fIgetValue\fRのようにカッコなしの名前を使用した場合、同じ名前のフィールドが存在していなければ、\fIjavadoc\fRコマンドはそのメソッドへのリンクを作成します。このメソッドがオーバーロードされている場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、検索で最初に見つかったメソッドにリンクします。結果は前もって特定できません。
+メソッドまたはコンストラクタの入力時に、\fBgetValue\fRのようにカッコなしの名前を使用した場合、同じ名前のフィールドが存在していなければ、\fBjavadoc\fRコマンドはそのメソッドへのリンクを作成します。このメソッドがオーバーロードされている場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、検索で最初に見つかったメソッドにリンクします。結果は前もって特定できません。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1757,7 +1819,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-ネストされたクラスは、すべての形式について、\fIouter\&.inner\fRとして指定する必要があります。単純に\fIinner\fRとはしないでください。
+ネストされたクラスは、すべての形式について、\fBouter\&.inner\fRとして指定する必要があります。単純に\fBinner\fRとはしないでください。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1768,12 +1830,14 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-すでに述べたように、クラスとメンバーとの間の区切り文字としては、ドット(\fI\&.\fR)ではなくシャープ記号(\fI#\fR)を使用します。このように指定すると、\fIjavadoc\fRコマンドは、あいまいさを解決できます。ドットは、クラス、ネストされたクラス、パッケージ、およびサブパッケージを区切るためにも使用されるからです。ただし、\fIjavadoc\fRコマンドでは、あいまいさがなければドットは正しく解析されますが、警告は表示されます。
-.RE
-@seeタグの検索順序.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、ソース・ファイル、パッケージ・ファイル、概要ファイルに表示される\fI@see\fRタグを処理します。後者の2つのファイルでは、完全修飾の名前を\fI@see\fRタグに指定する必要があります。ソース・ファイルでは、完全修飾の名前、または部分修飾の名前を指定できます。
-.PP
-次に、\fI@see\fRタグの検索順序を示します。
+すでに述べたように、クラスとメンバーとの間の区切り文字としては、ドット(\fB\&.\fR)ではなくシャープ記号(\fB#\fR)を使用します。このように指定すると、\fBjavadoc\fRコマンドは、あいまいさを解決できます。ドットは、クラス、ネストされたクラス、パッケージ、およびサブパッケージを区切るためにも使用されるからです。ただし、\fBjavadoc\fRコマンドでは、あいまいさがなければドットは正しく解析されますが、警告は表示されます。
+.RE
+.PP
+@seeタグの検索順序
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、ソース・ファイル、パッケージ・ファイル、概要ファイルに表示される\fB@see\fRタグを処理します。後者の2つのファイルでは、完全修飾の名前を\fB@see\fRタグに指定する必要があります。ソース・ファイルでは、完全修飾の名前、または部分修飾の名前を指定できます。
+.PP
+次に、\fB@see\fRタグの検索順序を示します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1827,12 +1891,12 @@
 .sp -1
 .IP "  5." 4.2
 .\}
-インポートされているパッケージ、クラス、およびインタフェース(\fIimport\fR文の順序に従って検索)。
-.RE
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、各クラスについて項目1\-3を再帰的に適用しながら、一致する名前が見つかるまで検索を続けます。つまり、まず現在のクラスを検索し、次にその外側を囲んでいるクラスEを検索した後、Eのスーパークラスを検索してから、Eを囲んでいるクラスを検索します。項目4と5では、\fIjavadoc\fRコマンドが1つのパッケージ内のクラスまたはインタフェースを検索する順序は決まっていません(その順序は、個々のコンパイラによって異なります)。項目5では、\fIjavadoc\fRコマンドは、\fIjava\&.lang\fRを検索します。このパッケージは、すべてのプログラムに自動的にインポートされるからです。
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、完全修飾でないソース・ファイルで\fI@see\fRタグを見つけると、Javaコンパイラと同じ順序で指定された名前を検索します(ただし、\fIjavadoc\fRコマンドは、特定の名前空間のあいまいさを検出しません。これは、ソース・コードにこれらのエラーが存在していないことを前提としているためです)。この検索順序は、Java言語仕様で正式に定義されています。\fIjavadoc\fRコマンドは、関連するクラスとパッケージ、およびインポートされたクラスとパッケージのすべてからその名前を検索します。具体的には、次の順序で検索します。
+インポートされているパッケージ、クラス、およびインタフェース(\fBimport\fR文の順序に従って検索)。
+.RE
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、各クラスについて項目1\-3を再帰的に適用しながら、一致する名前が見つかるまで検索を続けます。つまり、まず現在のクラスを検索し、次にその外側を囲んでいるクラスEを検索した後、Eのスーパークラスを検索してから、Eを囲んでいるクラスを検索します。項目4と5では、\fBjavadoc\fRコマンドが1つのパッケージ内のクラスまたはインタフェースを検索する順序は決まっていません(その順序は、個々のコンパイラによって異なります)。項目5では、\fBjavadoc\fRコマンドは、\fIjava\&.lang\fRを検索します。このパッケージは、すべてのプログラムに自動的にインポートされるからです。
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、完全修飾でないソース・ファイルで\fB@see\fRタグを見つけると、Javaコンパイラと同じ順序で指定された名前を検索します(ただし、\fBjavadoc\fRコマンドは、特定の名前空間のあいまいさを検出しません。これは、ソース・コードにこれらのエラーが存在していないことを前提としているためです)。この検索順序は、Java言語仕様で正式に定義されています。\fBjavadoc\fRコマンドは、関連するクラスとパッケージ、およびインポートされたクラスとパッケージのすべてからその名前を検索します。具体的には、次の順序で検索します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1886,70 +1950,75 @@
 .sp -1
 .IP "  5." 4.2
 .\}
-インポートされているパッケージ、クラス、およびインタフェース(\fIimport\fR文の順序に従って検索)。
-.RE
-.PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、必ずしもサブクラスを検索するとは限りません。また、実行中に他のパッケージのドキュメントが生成される場合でも、他のパッケージを検索しません。たとえば、\fI@see\fRタグが\fIjava\&.awt\&.event\&.KeyEvent\fRクラス内に含まれていて、\fIjava\&.awt package\fR内のある名前を参照していても、そのクラスがインポートしないかぎり\fIjavadoc\fRコマンドはそのパッケージを検索しません。
-名前が表示される方法.PP
-\fIlabel\fRを省略すると、\fIpackage\&.class\&.member\fRが表示されます。一般に、これは現在のクラスおよびパッケージに応じて適切に短縮されます。短縮されるとは、\fIjavadoc\fRコマンドにより必要最小限の名前のみが表示されるということです。たとえば、\fIString\&.toUpperCase()\fRメソッドに、同じクラスのメンバーへの参照と他のクラスのメンバーへの参照が含まれている場合、クラス名が表示されるのは後者のケースのみです(次のリストを参照)。パッケージ名を全体的に削除するには、\fI\-noqualifier\fRオプションを使用します。
-.RS 4
-\fB参照のタイプ\fR: \fI@see\fRタグは同じクラス、同じパッケージのメンバーを参照します
-.RE
-.RS 4
-\fB例\fR: \fI@see String#toLowerCase()\fR
-.RE
-.RS 4
-\fB表示\fR: \fItoLowerCase()\fR \- パッケージおよびクラス名を省略します
-.RE
-.RS 4
-.RE
-.RS 4
-\fB参照のタイプ\fR: \fI@see\fRタグは別のクラス、同じパッケージのメンバーを参照します
-.RE
-.RS 4
-\fB例\fR: \fI@see Character#toLowerCase(char)\fR
-.RE
-.RS 4
-\fB表示\fR: \fICharacter\&.toLowerCase(char)\fR \- パッケージ名を省略し、クラス名を含みます
-.RE
-.RS 4
-.RE
-.RS 4
-\fB参照のタイプ\fR: \fI@see\fRタグは異なるクラス、異なるパッケージのメンバーを参照します
-.RE
-.RS 4
-\fB例\fR: \fI@see java\&.io\&.File#exists()\fR
-.RE
-.RS 4
-\fB表示\fR: \fIjava\&.io\&.File\&.exists()\fR \- パッケージおよびクラス名を含みます
-.RE
-.RS 4
-.RE
-@seeタグの例.PP
-右側のコメントは、\fI@see\fRタグが\fIjava\&.applet\&.Applet\fRなどの別のパッケージのクラス内にある場合に、名前がどのように表示されるかを示しています。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@seeに関する項
+インポートされているパッケージ、クラス、およびインタフェース(\fBimport\fR文の順序に従って検索)。
+.RE
+.PP
+\fBjavadoc\fRコマンドは、必ずしもサブクラスを検索するとは限りません。また、実行中に他のパッケージのドキュメントが生成される場合でも、他のパッケージを検索しません。たとえば、\fB@see\fRタグが\fBjava\&.awt\&.event\&.KeyEvent\fRクラス内に含まれていて、\fBjava\&.awt package\fR内のある名前を参照していても、そのクラスがインポートしないかぎり\fBjavadoc\fRコマンドはそのパッケージを検索しません。
+.PP
+名前が表示される方法
+.PP
+\fBlabel\fRを省略すると、\fBpackage\&.class\&.member\fRが表示されます。一般に、これは現在のクラスおよびパッケージに応じて適切に短縮されます。短縮されるとは、\fBjavadoc\fRコマンドにより必要最小限の名前のみが表示されるということです。たとえば、\fBString\&.toUpperCase()\fRメソッドに、同じクラスのメンバーへの参照と他のクラスのメンバーへの参照が含まれている場合、クラス名が表示されるのは後者のケースのみです(次のリストを参照)。パッケージ名を全体的に削除するには、\fB\-noqualifier\fRオプションを使用します。
+.RS 4
+\fB参照のタイプ\fR: \fB@see\fRタグは同じクラス、同じパッケージのメンバーを参照します
+.RE
+.RS 4
+\fB例\fR: \fB@see String#toLowerCase()\fR
+.RE
+.RS 4
+\fB表示\fR: \fBtoLowerCase()\fR \- パッケージおよびクラス名を省略します
+.RE
+.RS 4
+.RE
+.RS 4
+\fB参照のタイプ\fR: \fB@see\fRタグは別のクラス、同じパッケージのメンバーを参照します
+.RE
+.RS 4
+\fB例\fR: \fB@see Character#toLowerCase(char)\fR
+.RE
+.RS 4
+\fB表示\fR: \fBCharacter\&.toLowerCase(char)\fR \- パッケージ名を省略し、クラス名を含みます
+.RE
+.RS 4
+.RE
+.RS 4
+\fB参照のタイプ\fR: \fB@see\fRタグは異なるクラス、異なるパッケージのメンバーを参照します
+.RE
+.RS 4
+\fB例\fR: \fB@see java\&.io\&.File#exists()\fR
+.RE
+.RS 4
+\fB表示\fR: \fBjava\&.io\&.File\&.exists()\fR \- パッケージおよびクラス名を含みます
+.RE
+.RS 4
+.RE
+.PP
+@seeタグの例
+.PP
+右側のコメントは、\fB@see\fRタグが\fBjava\&.applet\&.Applet\fRなどの別のパッケージのクラス内にある場合に、名前がどのように表示されるかを示しています。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@seeに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#@see)を参照してください。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-                                            See also:
-@see java\&.lang\&.String                   //  String                           
-@see java\&.lang\&.String The String class  //  The String class                 
-@see String                             //  String                           
-@see String#equals(Object)              //  String\&.equals(Object)            
-@see String#equals                      //  String\&.equals(java\&.lang\&.Object)   
-@see java\&.lang\&.Object#wait(long)        //  java\&.lang\&.Object\&.wait(long)      
-@see Character#MAX_RADIX                //  Character\&.MAX_RADIX              
-@see <a href="spec\&.html">Java Spec</a>  //  Java Spec            
-@see "The Java Programming Language"    //  "The Java Programming Language" 
+\fB                                            See also:\fR
+\fB@see java\&.lang\&.String                   //  String                           \fR
+\fB@see java\&.lang\&.String The String class  //  The String class                 \fR
+\fB@see String                             //  String                           \fR
+\fB@see String#equals(Object)              //  String\&.equals(Object)            \fR
+\fB@see String#equals                      //  String\&.equals(java\&.lang\&.Object)   \fR
+\fB@see java\&.lang\&.Object#wait(long)        //  java\&.lang\&.Object\&.wait(long)      \fR
+\fB@see Character#MAX_RADIX                //  Character\&.MAX_RADIX              \fR
+\fB@see <a href="spec\&.html">Java Spec</a>  //  Java Spec            \fR
+\fB@see "The Java Programming Language"    //  "The Java Programming Language" \fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .PP
 \fB注意:\fR
-\fI@se\fR\fIe\fRタグを拡張してドキュメント化されないクラスにリンクするには、\fI\-link\fRオプションを使用します。
+\fB@se\fR\fBe\fRタグを拡張してドキュメント化されないクラスにリンクするには、\fB\-link\fRオプションを使用します。
 .PP
 @serial \fIfield\-description\fR | include | exclude
 .RS 4
@@ -1961,11 +2030,11 @@
 Oracleの直列化された形式の仕様にクラスを含める基準
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/serialized\-criteria\-137781\&.html)も参照してください
 .sp
-\fIfield\-description\fR(省略可能)では、フィールドの意味を説明し、取り得る値のリストを示す必要があります。必要な場合は、複数の行に渡って説明を記述できます。標準ドックレットは、この情報を、直列化された形式ページに追加します。相互参照ページを参照してください。
+\fBfield\-description\fR(省略可能)では、フィールドの意味を説明し、取り得る値のリストを示す必要があります。必要な場合は、複数の行に渡って説明を記述できます。標準ドックレットは、この情報を、直列化された形式ページに追加します。相互参照ページを参照してください。
 .sp
 クラスを直列化した後に直列化可能フィールドをクラスに追加した場合、主説明に、追加したバージョンを識別する文を追加する必要があります。
 .sp
-\fIinclude\fRおよび\fIexclude\fR引数は、直列化された形式ページにクラスまたはパッケージを含めるか除外するかを示します。次のように機能します。
+\fBinclude\fRおよび\fBexclude\fR引数は、直列化された形式ページにクラスまたはパッケージを含めるか除外するかを示します。次のように機能します。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -1975,7 +2044,7 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fISerializable\fRを実装しているpublicまたはprotectedクラスは、そのクラス(またはそのクラスが属するパッケージ)が\fI@serial exclude\fRタグでマークされていないかぎり、含められます。
+\fBSerializable\fRを実装しているpublicまたはprotectedクラスは、そのクラス(またはそのクラスが属するパッケージ)が\fB@serial exclude\fRタグでマークされていないかぎり、含められます。
 .RE
 .sp
 .RS 4
@@ -1986,87 +2055,89 @@
 .sp -1
 .IP \(bu 2.3
 .\}
-\fISerializable\fRを実装しているprivateまたはpackage\-privateクラスは、そのクラス(またはそのクラスが属するパッケージ)が\fI@serial include\fRタグでマークされていないかぎり、除外されます。
-.RE
-.sp
-たとえば、\fIjavax\&.swing\fRパッケージはpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.java内で\fI@serial\fR
-\fIexclude\fRタグでマークされています。publicクラス\fIjava\&.security\&.BasicPermission\fRは\fI@serial exclude\fRタグでマークされています。package\-privateクラス\fIjava\&.util\&.PropertyPermissionCollection\fRは\fI@serial include\fRタグでマークされています。
-.sp
-クラス・レベルの\fI@serial\fRタグはパッケージ・レベルの\fI@serial\fRタグをオーバーライドします。
+\fBSerializable\fRを実装しているprivateまたはpackage\-privateクラスは、そのクラス(またはそのクラスが属するパッケージ)が\fB@serial include\fRタグでマークされていないかぎり、除外されます。
+.RE
+.sp
+たとえば、\fBjavax\&.swing\fRパッケージはpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.java内で\fB@serial\fR
+\fBexclude\fRタグでマークされています。publicクラス\fBjava\&.security\&.BasicPermission\fRは\fB@serial exclude\fRタグでマークされています。package\-privateクラス\fBjava\&.util\&.PropertyPermissionCollection\fRは\fB@serial include\fRタグでマークされています。
+.sp
+クラス・レベルの\fB@serial\fRタグはパッケージ・レベルの\fB@serial\fRタグをオーバーライドします。
 .RE
 .PP
 @serialData \fIdata\-description\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.2で導入
 .sp
-データの説明値を使用して、直列化された形式でのデータの型と順序をドキュメント化します。このデータには、\fIwriteObject\fRメソッドによって書き込まれる省略可能なデータ、および\fIExternalizable\&.writeExternal\fRメソッドによって書き込まれるすべてのデータ(ベース・クラスを含む)が含まれます。
-.sp
-\fI@serialData\fRタグは、\fIwriteObject\fR、\fIreadObject\fR、\fIwriteExternal\fR、\fIreadExternal\fR、\fIwriteReplace\fRおよび\fIreadResolve\fRメソッドのドキュメンテーション・コメントで使用できます。
+データの説明値を使用して、直列化された形式でのデータの型と順序をドキュメント化します。このデータには、\fBwriteObject\fRメソッドによって書き込まれる省略可能なデータ、および\fBExternalizable\&.writeExternal\fRメソッドによって書き込まれるすべてのデータ(ベース・クラスを含む)が含まれます。
+.sp
+\fB@serialData\fRタグは、\fBwriteObject\fR、\fBreadObject\fR、\fBwriteExternal\fR、\fBreadExternal\fR、\fBwriteReplace\fRおよび\fBreadResolve\fRメソッドのドキュメンテーション・コメントで使用できます。
 .RE
 .PP
 @serialField \fIfield\-name\fR \fIfield\-type\fR \fIfield\-description\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.2で導入
 .sp
-\fISerializable\fRクラスの\fIserialPersistentFields\fRメンバーの\fIObjectStreamField\fRコンポーネントをドキュメント化します。\fIObjectStreamField\fRコンポーネントごとに1つの\fI@serialField\fRタグを使用します。
+\fBSerializable\fRクラスの\fBserialPersistentFields\fRメンバーの\fBObjectStreamField\fRコンポーネントをドキュメント化します。\fBObjectStreamField\fRコンポーネントごとに1つの\fB@serialField\fRタグを使用します。
 .RE
 .PP
 @since \fIsince\-text\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.1で導入
 .sp
-生成ドキュメントに、指定された\fIsince\-text\fRの値の\fI「導入されたバージョン」\fR見出しを追加します。このテキストには、特別な内部構造はありません。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドで有効です。このタグは、特定の変更または機能が、\fIsince\-text\fRの値によって指定されたソフトウェア・リリース以降、存在していることを意味します。たとえば、\fI@since 1\&.5\fRです。
-.sp
-Javaプラットフォームのソース・コードの場合、\fI@since\fRタグは、JavaプラットフォームAPI仕様のバージョンを示します。ソース・コードがリファレンス実装に追加された時期を示すとは限りません。複数の\fI@since\fRタグを使用でき、複数の\fI@author\fRタグのように扱われます。プログラム要素が複数のAPIで使用される場合、複数のタグを使用できます。
+生成ドキュメントに、指定された\fBsince\-text\fRの値の\fI「導入されたバージョン」\fR見出しを追加します。このテキストには、特別な内部構造はありません。このタグは、すべてのドキュメンテーション・コメント、つまり概要、パッケージ、クラス、インタフェース、コンストラクタ、メソッド、またはフィールドで有効です。このタグは、特定の変更または機能が、\fBsince\-text\fRの値によって指定されたソフトウェア・リリース以降、存在していることを意味します。たとえば、\fB@since 1\&.5\fRです。
+.sp
+Javaプラットフォームのソース・コードの場合、\fB@since\fRタグは、JavaプラットフォームAPI仕様のバージョンを示します。ソース・コードがリファレンス実装に追加された時期を示すとは限りません。複数の\fB@since\fRタグを使用でき、複数の\fB@author\fRタグのように扱われます。プログラム要素が複数のAPIで使用される場合、複数のタグを使用できます。
 .RE
 .PP
 @throws \fIclass\-name\fR \fIdescription\fR
 .RS 4
 JDK 1\&.2で導入
 .sp
-\fI@exception\fRタグと同じ動作をします。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@throwsに関する項
+\fB@exception\fRタグと同じ動作をします。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@throwsに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#@exception)を参照してください
 .sp
-\fI@throws\fRタグは、生成ドキュメントに\fIThrows\fR小見出しを追加して、\fIclass\-name\fRおよび\fIdescription\fRテキストを書き込みます。\fIclass\-name\fRは、そのメソッドからスローされる可能性のある例外の名前です。このタグは、メソッド、コンストラクタのドキュメンテーション・コメント内でのみ有効です。このクラスが完全指定の名前で記述されていない場合、\fIjavadoc\fRコマンドは、検索順序に従ってクラスを探します。複数の\fI@throws\fRタグを、同じ例外または違う例外の指定したドキュメンテーション・コメントで使用できます。「@seeタグの検索順序」を参照してください。
-.sp
-すべてのチェック済例外がドキュメント化されるようにするために、\fI@throws\fRタグがthrows節内の例外用に存在しない場合は、\fI@throws\fRタグでドキュメント化されたかのように、\fIjavadoc\fRコマンドによって例外がHTML出力に説明なしで追加されます。
-.sp
-オーバーライドされるメソッド内で例外が明示的に宣言されている場合のみ、\fI@throws\fRのドキュメントがそのメソッドからサブクラスにコピーされます。インタフェース・メソッドから実装メソッドにコピーされる場合も同様です。\fI{@inheritDoc}\fRタグを使用して、\fI@throws\fRタグがドキュメンテーションを継承するように強制できます。
+\fB@throws\fRタグは、生成ドキュメントに\fIThrows\fR小見出しを追加して、\fBclass\-name\fRおよび\fBdescription\fRテキストを書き込みます。\fIclass\-name\fRは、そのメソッドからスローされる可能性のある例外の名前です。このタグは、メソッド、コンストラクタのドキュメンテーション・コメント内でのみ有効です。このクラスが完全指定の名前で記述されていない場合、\fBjavadoc\fRコマンドは、検索順序に従ってクラスを探します。複数の\fB@throws\fRタグを、同じ例外または違う例外の指定したドキュメンテーション・コメントで使用できます。「@seeタグの検索順序」を参照してください。
+.sp
+すべてのチェック済例外がドキュメント化されるようにするために、\fB@throws\fRタグがthrows節内の例外用に存在しない場合は、\fB@throws\fRタグでドキュメント化されたかのように、\fBjavadoc\fRコマンドによって例外がHTML出力に説明なしで追加されます。
+.sp
+オーバーライドされるメソッド内で例外が明示的に宣言されている場合のみ、\fB@throws\fRのドキュメントがそのメソッドからサブクラスにコピーされます。インタフェース・メソッドから実装メソッドにコピーされる場合も同様です。\fB{@inheritDoc}\fRタグを使用して、\fB@throws\fRタグがドキュメンテーションを継承するように強制できます。
 .RE
 .PP
 {@value \fIpackage\&.class#field\fR}
 .RS 4
 JDK 1\&.4で導入
 .sp
-定数の値を表示します。\fI{@value}\fRタグが静的フィールドのドキュメンテーション・コメントで引数なしで使用されている場合、その定数の値を表示します。
+定数の値を表示します。\fB{@value}\fRタグが静的フィールドのドキュメンテーション・コメントで引数なしで使用されている場合、その定数の値を表示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * The value of this constant is {@value}\&.
- */
-public static final String SCRIPT_START = "<script>"
+\fB/**\fR
+\fB * The value of this constant is {@value}\&.\fR
+\fB */\fR
+\fBpublic static final String SCRIPT_START = "<script>"\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-任意のドキュメンテーション・コメント内で引数\fIpackage\&.class#field\fRありで使用された場合、\fI{@value}\fRタグは指定された定数の値を表示します。
+任意のドキュメンテーション・コメント内で引数\fBpackage\&.class#field\fRありで使用された場合、\fB{@value}\fRタグは指定された定数の値を表示します。
 .sp
 .if n \{\
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * Evaluates the script starting with {@value #SCRIPT_START}\&.
- */
-public String evalScript(String script) {}
+\fB/**\fR
+\fB * Evaluates the script starting with {@value #SCRIPT_START}\&.\fR
+\fB */\fR
+\fBpublic String evalScript(String script) {}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
-引数\fIpackage\&.class#field\fRは、\fI@see\fRタグ引数と同一の形式になります。ただし、メンバーは静的フィールドである必要があります。
+引数\fBpackage\&.class#field\fRは、\fB@see\fRタグ引数と同一の形式になります。ただし、メンバーは静的フィールドである必要があります。
 .sp
 これらの定数の値は「定数フィールド値」
 (http://docs\&.oracle\&.com/javase/8/docs/api/constant\-values\&.html)にも表示されます
@@ -2076,34 +2147,34 @@
 .RS 4
 JDK 1\&.0で導入
 .sp
-\fI\-version\fRオプションが使用されている場合、生成ドキュメントに\fI「バージョン」\fR小見出しを追加して、指定された\fIversion\-text\fRの値を書き込みます。このタグはこのコードが含まれるソフトウェアの現在のリリース番号を保持するためのものであるのに対し、\fI@since\fRタグは、このコードが導入されたリリース番号を保持します。\fIversion\-text\fRの値には、特別な内部構造はありません。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@versionに関する項
+\fB\-version\fRオプションが使用されている場合、生成ドキュメントに\fI「バージョン」\fR小見出しを追加して、指定された\fBversion\-text\fRの値を書き込みます。このタグはこのコードが含まれるソフトウェアの現在のリリース番号を保持するためのものであるのに対し、\fB@since\fRタグは、このコードが導入されたリリース番号を保持します。\fBversion\-text\fRの値には、特別な内部構造はありません。JavadocツールでのDocコメントの記述方法の@versionに関する項
 (http://www\&.oracle\&.com/technetwork/java/javase/documentation/index\-137868\&.html#@version)を参照してください
 .sp
-1つのドキュメンテーション・コメントに複数の\fI@version\fRタグを含めることができます。必要に応じて、1つの\fI@version\fRタグに1つのリリース番号を指定することも、複数のリリース番号を指定することもできます。前者の場合は、\fIjavadoc\fRコマンドによって名前と名前の間にカンマ(,)と空白文字が挿入されます。後者の場合は、テキスト全体が解析されることなく、生成ドキュメントにコピーされます。したがって、カンマではなく、各言語に対応した名前区切り文字を使用する必要があるときに、1行に複数の名前を指定できます。
+1つのドキュメンテーション・コメントに複数の\fB@version\fRタグを含めることができます。必要に応じて、1つの\fB@version\fRタグに1つのリリース番号を指定することも、複数のリリース番号を指定することもできます。前者の場合は、\fBjavadoc\fRコマンドによって名前と名前の間にカンマ(,)と空白文字が挿入されます。後者の場合は、テキスト全体が解析されることなく、生成ドキュメントにコピーされます。したがって、カンマではなく、各言語に対応した名前区切り文字を使用する必要があるときに、1行に複数の名前を指定できます。
 .RE
 .SH "タグを使用できる場所"
 .PP
-ここでは、タグを使用できる場所について説明します。次のタグがすべてのドキュメンテーション・コメントで使用できます。\fI@see\fR、\fI@since\fR、\fI@deprecated\fR、\fI{@link}\fR、\fI{@linkplain}\fRおよび\fI{@docroot}\fR。
+ここでは、タグを使用できる場所について説明します。次のタグがすべてのドキュメンテーション・コメントで使用できます。\fB@see\fR、\fB@since\fR、\fB@deprecated\fR、\fB{@link}\fR、\fB{@linkplain}\fRおよび\fB{@docroot}\fR。
 .SS "概要タグ"
 .PP
 概要タグは、概要ページのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグです(このドキュメンテーション・コメントは、通常overview\&.htmlという名前のソース・ファイル内にあります)。他のドキュメンテーション・コメントの場合と同様に、これらのタグは、主説明の後で使用する必要があります。
 .PP
 \fB注意:\fR
-Java SE 1\&.2では、概要ドキュメント内の\fI{@link}\fRタグに不具合があります。テキストは正しく表示されますが、リンクが設定されません。現在のところ、\fI{@docRoot}\fRタグは、概要ドキュメント内では機能しません。
+Java SE 1\&.2では、概要ドキュメント内の\fB{@link}\fRタグにbugがあります。テキストは正しく表示されますが、リンクが設定されません。現在のところ、\fB{@docRoot}\fRタグは、概要ドキュメント内では機能しません。
 .PP
 概要タグは、次のとおりです。
 .PP
 @see reference || @since since\-text || @serialField field\-name field\-type field\-description || @author name\-text || @version version\-text || {@link package\&.class#member label} || {@linkplain package\&.class#member label} || {@docRoot} ||
 .SS "パッケージ・タグ"
 .PP
-パッケージ・タグは、パッケージのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグで、ドキュメンテーション・コメントはpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.javaという名前のソース・ファイル内にあります。ここで使用できる\fI@serial\fRタグは、\fIinclude\fRまたは\fIexclude\fR引数を指定したもののみです。
+パッケージ・タグは、パッケージのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグで、ドキュメンテーション・コメントはpackage\&.htmlまたはpackage\-info\&.javaという名前のソース・ファイル内にあります。ここで使用できる\fB@serial\fRタグは、\fBinclude\fRまたは\fBexclude\fR引数を指定したもののみです。
 .PP
 パッケージ・タグは、次のとおりです。
 .PP
 @see reference || @since since\-text || @serial field\-description | include | exclude || @author name\-text || @version version\-text || {@linkplain package\&.class#member label} || {@linkplain package\&.class#member label} || {@docRoot} ||
 .SS "クラスおよびインタフェース・タグ"
 .PP
-次に、クラスまたはインタフェースのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグを示します。\fI@serial\fRタグは、\fIinclude\fRまたは\fIexclude\fR引数を指定して、クラスまたはインタフェースのドキュメンテーション内でのみ使用できます。
+次に、クラスまたはインタフェースのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグを示します。\fB@serial\fRタグは、\fBinclude\fRまたは\fBexclude\fR引数を指定して、クラスまたはインタフェースのドキュメンテーション内でのみ使用できます。
 .PP
 @see reference || @since since\-text || @deprecated deprecated\-text || @serial field\-description | include | exclude || @author name\-text || @version version\-text || {@link package\&.class#member label} || {@linkplain package\&.class#member label} || {@docRoot} ||
 .PP
@@ -2113,22 +2184,23 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
- * A class representing a window on the screen\&.
- * For example:
- * <pre>
- *    Window win = new Window(parent);
- *    win\&.show();
- * </pre>
- *
- * @author  Sami Shaio
- * @version 1\&.13, 06/08/06
- * @see     java\&.awt\&.BaseWindow
- * @see     java\&.awt\&.Button
- */
-class Window extends BaseWindow {
-   \&.\&.\&.
-}
+\fB/**\fR
+\fB * A class representing a window on the screen\&.\fR
+\fB * For example:\fR
+\fB * <pre>\fR
+\fB *    Window win = new Window(parent);\fR
+\fB *    win\&.show();\fR
+\fB * </pre>\fR
+\fB *\fR
+\fB * @author  Sami Shaio\fR
+\fB * @version 1\&.13, 06/08/06\fR
+\fB * @see     java\&.awt\&.BaseWindow\fR
+\fB * @see     java\&.awt\&.Button\fR
+\fB */\fR
+\fBclass Window extends BaseWindow {\fR
+\fB   \&.\&.\&.\fR
+\fB}\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
@@ -2145,25 +2217,26 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-    /**
-     * The X\-coordinate of the component\&.
-     *
-     * @see #getLocation()
-     */
-    int x = 1263732;
+\fB    /**\fR
+\fB     * The X\-coordinate of the component\&.\fR
+\fB     *\fR
+\fB     * @see #getLocation()\fR
+\fB     */\fR
+\fB    int x = 1263732;\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SS "コンストラクタとメソッド・タグ"
 .PP
-次に、コンストラクタまたはメソッドのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグを示します。ただし、\fI@return\fRはコンストラクタでは使用できず、
-\fI{@inheritDoc}\fRには制限があります。
+次に、コンストラクタまたはメソッドのドキュメンテーション・コメントで使用できるタグを示します。ただし、\fB@return\fRはコンストラクタでは使用できず、
+\fB{@inheritDoc}\fRには制限があります。
 .PP
 @see reference || @since since\-text || @deprecated deprecated\-text || @param parameter\-name description || @return description || @throws class\-name description || @exception class\-name description || @serialData data\-description || {@link package\&.class#member label} || {@linkplain package\&.class#member label} || {@inheritDoc} || {@docRoot}
 .PP
 \fB注意:\fR
-\fI@serialData\fRタグは、\fIwriteObject\fR、\fIreadObject\fR、\fIwriteExternal\fR、\fIreadExternal\fR、\fIwriteReplace\fRおよび\fIreadResolve\fRメソッドのドキュメンテーション・コメントでのみ使用できます。
+\fB@serialData\fRタグは、\fBwriteObject\fR、\fBreadObject\fR、\fBwriteExternal\fR、\fBreadExternal\fR、\fBwriteReplace\fRおよび\fBreadResolve\fRメソッドのドキュメンテーション・コメントでのみ使用できます。
 .PP
 メソッド・コメントの例:
 .sp
@@ -2171,27 +2244,28 @@
 .RS 4
 .\}
 .nf
-/**
-     * Returns the character at the specified index\&. An index 
-     * ranges from <code>0</code> to <code>length() \- 1</code>
-     *
-     * @param     index the index of the desired character\&.
-     * @return    the desired character\&.
-     * @exception StringIndexOutOfRangeException 
-     *              if the index is not in the range <code>0</code> 
-     *              to <code>length()\-1</code>
-     * @see       java\&.lang\&.Character#charValue()
-     */
-    public char charAt(int index) {
-       \&.\&.\&.
-    }
+\fB/**\fR
+\fB     * Returns the character at the specified index\&. An index \fR
+\fB     * ranges from <code>0</code> to <code>length() \- 1</code>\fR
+\fB     *\fR
+\fB     * @param     index the index of the desired character\&.\fR
+\fB     * @return    the desired character\&.\fR
+\fB     * @exception StringIndexOutOfRangeException \fR
+\fB     *              if the index is not in the range <code>0</code> \fR
+\fB     *              to <code>length()\-1</code>\fR
+\fB     * @see       java\&.lang\&.Character#charValue()\fR
+\fB     */\fR
+\fB    public char charAt(int index) {\fR
+\fB       \&.\&.\&.\fR
+\fB    }\fR
+ 
 .fi
 .if n \{\
 .RE
 .\}
 .SH "オプション"
 .PP
-\fIjavadoc\fRコマンドは、ドックレットを使用して出力を決定します。\fIjavadoc\fRコマンドは、\fI\-doclet\fRオプションでカスタム・ドックレットが指定されている場合以外は、デフォルトの標準ドックレットを使用します。\fIjavadoc\fRコマンドには、任意のドックレットとともに使用できるコマンドライン・オプションがあります。これらのオプションについては、Javadocオプションで説明します。標準ドックレットでは、この他に、いくつかの追加のコマンドライン・オプションが提供されます。これらのオプションについては、標準ドックレットのオプションで説明します。どのオプション名も、大文字と小文字が区別されません。ただし、オプションの引数では、大文字と小文字が区別されます。
+\fBjavadoc\fRコマンドは、ドックレットを使用して出力を決定します。\fBjavadoc\fRコマンドは、\fB\-doclet\fRオプションでカスタム・ドックレットが指定されている場合以外は、デフォルトの標準ドックレットを使用します。\fBjavadoc\fRコマンドには、任意のドックレットとともに使用できるコマンド行オプションがあります。これらのオプションについては、Javadocオプションで説明します。標準ドックレットでは、この他に、いくつかの追加のコマンド行オプションが提供されます。これらのオプションについては、標準ドックレットのオプションで説明します。どのオプション名も、大文字と小文字が区別されません。ただし、オプションの引数では、大文字と小文字が区別されます。
 .sp
 .RS 4
 .ie n \{\
@@ -2218,39 +2292,44 @@
 オプションは次のとおりです。
 .PP
 \-1\&.1 || \-author || \-bootclasspath classpathlist || \-bottom text || \-breakiterator || \-charset name || \-classpath classpathlist || \-d directory || \-docencoding name || \-docfilesubdirs || \-doclet class || \-docletpath classpathlist || \-doctitle title || \-encoding || \-exclude packagename1:packagename2:\&.\&.\&. || \-excludedocfilessubdir name1:name2 || \-extdirs dirist || \-footer footer || \-group groupheading packagepattern:packagepattern || \-header header || \-help || \-helpfile path\efilename || \-Jflag || \-keywords || \-link extdocURL || \-linkoffline extdocURL packagelistLoc || \-linksource || \-locale language_country_variant || \-nocomment || \-nodeprecated || \-nodeprecatedlist || \-nohelp || \-noindex || \-nonavbar || \-noqualifier all | packagename1:packagename2\&.\&.\&. || \-nosince || \-notimestamp || \-notree ||
-\fI\-overview path/filename || \fR\-package || \-private || \-protected || \-public || \-quiet || \-serialwarn || \-source release || \-sourcepath sourcepathlist || \-sourcetab tablength || \-splitindex ||
-\fI\-stylesheet path/filename || \fR\-subpackages package1:package2:\&.\&.\&. || \-tag tagname:Xaoptcmf:"taghead" || \-taglet class || \-tagletpath tagletpathlist || \-title title || \-top || \-use || \-verbose || \-version || \-windowtitle title
-.PP
-次のオプションは、すべてのドックレットに使用可能なコアのJavadocオプションです。標準ドックレットでは、ドックレットの他の部分を提供します。\fI\-bootclasspath\fR、\fI\-breakiterator\fR、\fI\-classpath\fR、\fI\-doclet\fR、\fI\-docletpath\fR、\fI\-encoding\fR、\-\fIexclude\fR、\fI\-extdirs\fR、\fI\-help\fR、\fI\-locale\fR、\fI\-\fR\fIoverview\fR、\fI\-package\fR、\fI\-private\fR、\fI\-protected\fR、\fI\-public\fR、\fI\-quiet\fR、\fI\-source\fR、\fI\-sourcepath\fR、\fI\-subpackages\fRおよび\fI\-verbose\fR。
+
+\-overview path/filename ||
+\-package || \-private || \-protected || \-public || \-quiet || \-serialwarn || \-source release || \-sourcepath sourcepathlist || \-sourcetab tablength || \-splitindex ||
+
+\-stylesheet path/filename ||
+
+||\-subpackages package1:package2:\&.\&.\&. || \-tag tagname:Xaoptcmf:"taghead" || \-taglet class || \-tagletpath tagletpathlist || \-title title || \-top || \-use || \-verbose || \-version || \-windowtitle title
+.PP
+次のオプションは、すべてのドックレットに使用可能なコアのJavadocオプションです。標準ドックレットでは、ドックレットの他の部分を提供します。\fB\-bootclasspath\fR、\fB\-breakiterator\fR、\fB\-classpath\fR、\fB\-doclet\fR、\fB\-docletpath\fR、\fB\-encoding\fR、\-\fBexclude\fR、\fB\-extdirs\fR、\fB\-help\fR、\fB\-locale\fR、\fB\-\fR\fBoverview\fR、\fB\-package\fR、\fB\-private\fR、\fB\-protected\fR、\fB\-public\fR、\fB\-quiet\fR、\fB\-source\fR、\fB\-sourcepath\fR、\fB\-subpackages\fRおよび\fB\-verbose\fR。
 .SS "Javadocオプション"
 .PP
 \-overview \fIpath/filename \fR
 .RS 4
 
-\fIjavadoc\fRコマンドに対して、\fIpath/filename \fRで指定されたソース・ファイルから概要ドキュメント用のテキストを取得し、そのテキストを概要ページ(overview\-summary\&.html)に配置するように指定します。\fIpath/filename\fRは、現在のディレクトリからの相対パスです。
-.sp
-\fIfilename\fRの値で任意の名前を使用し、pathで任意の配置先を指定できますが、通常はoverview\&.htmlという名前を付け、ソース・ツリー内の最上位パッケージ・ディレクトリを含むディレクトリに配置します。この場所に配置すると、パッケージをドキュメント化するときにpathを指定する必要がなくなります。これは、\fI\-sourcepath\fRオプションによってこのファイルが指し示されるからです。
-.sp
-たとえば、\fIjava\&.lang\fRパッケージのソース・ツリーが/src/classes/java/lang/の場合、概要ファイルを/src/classes/overview\&.htmlに配置できます
+\fBjavadoc\fRコマンドに対して、\fIpath/filename \fRで指定されたソース・ファイルから概要ドキュメント用のテキストを取得し、そのテキストを概要ページ(overview\-summary\&.html)に配置するように指定します。\fIpath/filename\fRは、現在のディレクトリからの相対パスです。