view src/linux/doc/man/ja/schemagen.1 @ 2509:d58354a69011

6955341: Oracle rebranding changes for man pages Reviewed-by: darcy
author bpatel
date Wed, 14 Jul 2010 15:42:06 -0700
parents 00cd9dc3c2b5
children 02473ee63688
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2005, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH schemagen 1 "02 Jun 2010"

.LP
.SH "名前"
schemagen \- XML バインドのための Java(TM) アーキテクチャースキーマジェネレータ
.LP
.LP
\f3仕様バージョン:\fP 2.1
.br
\f3実装バージョン:\fP 2.1.3
.LP
.SS 
schemagen の起動
.LP
.LP
スキーマジェネレータは、ユーザーのプラットフォームの \f2bin\fP ディレクトリにある \f2schemagen\fP シェルスクリプトを使って起動できます。
.LP
.LP
現在のスキーマジェネレータは、Java ソースファイルとクラスファイルのいずれも処理できます。
.LP
.LP
また、スキーマジェネレータを実行するための Ant タスクも用意されています。 
.na
\f2schemagen を Ant とともに使用する\fP @
.fi
https://jaxb.dev.java.net/nonav/2.1.3/docs/schemagenTask.htmlための手順を参照してください。
.LP
.RS 3

.LP
.nf
\f3
.fl
% schemagen.sh Foo.java Bar.java ...
.fl
注: Writing schema1.xsd
.fl
\fP
.fi
.RE

.LP
.LP
ユーザーの Java ソース/クラスがほかのクラスを参照している場合、システムの CLASSPATH 環境変数経由でそれらのクラスにアクセスできるようになっているか、あるいは \f2\-classpath\fP/\f2\-cp\fP オプションを使ってそれらのクラスをツールに指定する必要があります。そうしないと、スキーマの生成時にエラーが発生します。
.LP
.RS 3

.LP
\f3コマンド行オプション\fP
.LP
.RS 3

.LP
.nf
\f3
.fl
使用方法: schemagen [\-options ...] <java files> 
.fl

.fl
オプション: 
.fl
    \-d <path>         :  プロセッサと javac 生成のクラスファイルを置く場所を指定します。 
.fl
    \-cp <path>        :  ユーザー指定ファイルの検索場所を指定します。
.fl
    \-classpath <path> :  ユーザー指定ファイルの検索場所を指定します。  
.fl
    \-help             :  この使用方法に関するメッセージを表示します。
.fl
\fP
.fi
.RE

.LP
.RE
.SS 
生成されるリソースファイル
.LP
.LP
現在のスキーマジェネレータは単純に、Java クラス内で参照されている名前空間ごとに 1 つのスキーマファイルを作成します。生成されるスキーマファイルの名前を制御する方法は、現時点では存在しません。そうした目的には、
.na
\f2スキーマジェネレータの Ant タスク\fP @
.fi
https://jaxb.dev.java.net/nonav/2.1.3/docs/schemagenTask.htmlを使用してください。
.LP
.SH "関連項目"
.LP
.RS 3
.TP 2
o
スキーマジェネレータの実行 (schemagen):[
.na
\f2コマンド行の命令\fP @
.fi
https://jaxb.dev.java.net/nonav/2.1.3/docs/schemagen.html、
.na
\f2SchemaGen を Ant とともに使用する\fP @
.fi
https://jaxb.dev.java.net/nonav/2.1.3/docs/schemagenTask.html] 
.TP 2
o
.na
\f2XML バインドのための JavaTM アーキテクチャー (JAXB)\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/xml/jaxb/index.html 
.RE

.LP