view src/linux/doc/man/ja/unpack200.1 @ 2509:d58354a69011

6955341: Oracle rebranding changes for man pages Reviewed-by: darcy
author bpatel
date Wed, 14 Jul 2010 15:42:06 -0700
parents 00cd9dc3c2b5
children 02473ee63688
line wrap: on
line source
." Copyright (c) 2004, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
." DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
."
." This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
." under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
." published by the Free Software Foundation.
."
." This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
." ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
." FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
." version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
." accompanied this code).
."
." You should have received a copy of the GNU General Public License version
." 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
." Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
."
." Please contact Oracle, 500 Oracle Parkway, Redwood Shores, CA 94065 USA
." or visit www.oracle.com if you need additional information or have any
." questions.
."
.TH unpack200 1 "02 Jun 2010"

.LP
.SH "名前"
unpack200 \- JAR アンパックツール
.LP
.RS 3
.TP 2
o
形式 
.TP 2
o
説明 
.TP 2
o
オプション 
.TP 2
o
終了ステータス 
.TP 2
o
関連項目 
.TP 2
o
説明 
.RE

.LP
.SH "形式"
.LP

.LP
.LP
\f4unpack200\fP\f2 [ \fP\f2options\fP ] \f2input\-file\fP \f2JAR\-file\fP
.LP
.LP
オプションの指定順序に決まりはありません。コマンド行に指定された最後のオプションが、それ以前に指定されたすべてのオプションより優先されます。
.LP
.RS 3

.LP
.RS 3
.TP 3
input\-file 
入力ファイルの名前。 入力ファイルは通常、pack200 gzip ファイルか pack200 ファイルです。このほかに、0 を設定すれば pack200(1) から作成された JAR ファイルも入力ファイルとして使用できます。 この場合、入力ファイルの内容が Pack200 マーカーとともに出力 JAR ファイルにコピーされます。 
.TP 3
JAR\-file 
出力 JAR ファイル名。 
.RE

.LP
.RE
.SH " 説明"
.LP

.LP
.LP
\f2unpack200\fP は、\f2pack200\fP(1) で作成されたパックファイルを JAR ファイルに変換するネイティブ実装です。一般的な使用方法:
.LP
.RS 3

.LP
.LP
\f2% unpack200 myarchive.pack.gz myarchive.jar\fP
.LP
.RE
.LP
この例では、デフォルトの \f2unpack200\fP 設定で、\f2myarchive.jar\fP から \f2myarchive.pack.gz\fP が作成されます。
.LP
.SH "オプション"
.LP
.SS 
標準オプション
.LP
.RS 3

.LP
.LP
\f4\-Hvalue \-\-deflate\-hint=\fP\f2value\fP
.LP
.RS 3

.LP
.LP
JAR ファイル内のすべてのエントリに \f2true\fP、\f2false\fP、\f2keep\fP としてデフレーションを設定します。デフォルトモードは \f2keep\fP です。\f2true\fP または \f2false\fP の場合、デフォルトの動作をオーバーライドして、出力 JAR ファイル内のすべてのエントリのデフレーションモードを設定します。
.LP
.RE
.RE
.SS 
非標準オプション
.LP
.RS 3

.LP
.LP
\f4\-r \-\-remove\-pack\-file\fP
.LP
.RS 3

.LP
.LP
入力パックファイルを削除します。
.LP
.RE
.LP
\f4\-v \-\-verbose\fP
.LP
.RS 3

.LP
.LP
最小限のメッセージを出力します。このオプションを複数指定すると、より長いメッセージが出力されます。
.LP
.RE
.LP
\f4\-q \-\-quiet\fP
.LP
.RS 3

.LP
.LP
メッセージを表示せずに動作します。
.LP
.RE
.LP
\f4\-lfilename \-\-log\-file=\fP\f2filename\fP
.LP
.RS 3

.LP
.LP
出力メッセージのログファイルを指定します。
.LP
.RE
.RE
.SH "終了ステータス"
.LP

.LP
.LP
次の終了値が返されます。
.LP
.RS 3

.LP
.LP
\f2\ 0\fP " 成功"
.LP
.LP
\f2>0\fP " エラー"
.LP
.RE
.SH "関連項目"
.LP
.RS 3
.TP 2
o
pack200(1) 
.TP 2
o
.na
\f2Java SE のドキュメント\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/index.html 
.TP 2
o
.na
\f2「Java 配備ガイド \- Pack200」\fP @
.fi
http://java.sun.com/javase/6/docs/technotes/guides/deployment/deployment\-guide/pack200.html 
.TP 2
o
jar(1) \- Java Archive ツール」 
.TP 2
o
「jarsigner(1) \- JAR 署名および検証ツール」 
.TP 2
o
\f2attributes(5)\fP のマニュアルページ 
.RE

.LP
.SH "注意事項"
.LP

.LP
.LP
このコマンドと \f2unpack(1)\fP を混同しないでください。これらは別製品です。
.LP
.LP
SDK に付属する Java SE API 仕様との相違が見つかった場合には、仕様を優先してください。
.LP