view src/linux/doc/man/ja/extcheck.1 @ 0:37a05a11f281

Initial load
author duke
date Sat, 01 Dec 2007 00:00:00 +0000
parents
children b056c42ea5b4
line wrap: on
line source
'\" t
.\"
.\" Copyright 2000-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
.\" have any questions.
.\"
.\" `
'\"macro stdmacro
.TH extcheck 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
.SH "名前"
extcheck \- jar の競合検出ユーティリティ
.LP

.LP
.LP
\f3extcheck\fP は、ターゲットの jar ファイルと現在インストールされている拡張機能の jar ファイル間のバージョンの競合を検出します。
.LP
.SH "形式"
.B extcheck 
[ 
.B \-verbose 
] 
.B targetfile.jar
.SH "機能説明"
.IX "jar conflict detection utility" "" "jar conflict detection utility \(em \fLextcheck\fP"
.IX "extcheck" "" "\fLextcheck\fP \(em jar conflict detection utility"
.B extcheck 
ユーティリティは、指定された
.B jar
ファイルのタイトルおよびバージョンが Java(TM) SDK 
ソフトウェアにインストールされている拡張機能と競合していないかを
検査します。
拡張機能をインストールする前に、このユーティリティを使って、
バージョンが同じか、
より新しい拡張機能がすでにインストールされていないかどうかを調べる
ことができます。
.LP
.B extcheck
ユーティリティは、
.I targetfile.jar
ファイルのマニフェスト内のヘッダ
.I Specification-title 
および 
.I Specification-version
を、拡張機能ディレクトリ内に現在インストールされているすべての jar 
ファイル内の対応するヘッダと比較します。
デフォルトでは、拡張機能ディレクトリは、
.I jre/lib/ext
です。
.B extcheck 
ユーティリティは、
.I java.lang.Package.isCompatibleWith
メソッドと同様の方法でバージョン番号を比較します。
.LP
競合が検出されない場合、リターンコードは
.I 0 です。
.LP
拡張機能ディレクトリ内の 
.B jar 
ファイルのマニフェストに、同一の 
.I Specification-title、
および同一またはより新しい 
.I Specification-version 
番号がある場合、ゼロでないエラー
コードが返されます。
.I targetfile.jar 
のマニフェストに 
.I Specification-title 
または 
.I Specification-version 
属性がない場合も、ゼロでないエラーコードが返されます。
.SH "オプション"
以下のオプションが指定できます。
.TP 15
.B -verbose
拡張機能ディレクトリ内の
.B jar
ファイルを、検査時に一覧表示します。また、ターゲット 
.B jar
ファイルのマニフェストの属性、および競合する
.B jar
ファイルについても報告します。
.TP 15
.BI \-J "option"
.I option
を Java 仮想マシンに渡します。ここで、
.I option
は、Java アプリケーション起動プログラム java(1) のマニュアルページで
説明されているオプションの 1 つです。たとえば、-J-Xms48m
は、起動時に使用するメモリを 48M バイトに設定します。
.SH "関連項目"
.BR jar (1)