view src/linux/doc/man/ja/jinfo.1 @ 0:37a05a11f281

Initial load
author duke
date Sat, 01 Dec 2007 00:00:00 +0000
parents
children b056c42ea5b4
line wrap: on
line source
'\" t
.\"
.\" Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
.\" have any questions.
.\" 
.\" 
.TH jinfo 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド"
.SH 名前
jinfo \- 構成情報 
.\"
.SH 形式
.B jinfo 
.BI [ option ] " pid" 
.br
.B jinfo
.BI [ option ] " executable core" 
.br
.B jinfo
.BI [ option ] " [server-id@]remote-hostname-or-IP"
.LP
.SH パラメータ
.LP

.LP
.TP 3
option
オプションは相互に排他的です。オプションを使用する場合は、コマンド名の直後に指定する必要があります。
.TP 3
pid
構成情報を出力するプロセス ID。プロセスは Java プロセスでなければなりません。マシン上で実行している Java プロセスのリストを取得するには、
.B jps
を使用します。
.TP 3
executable 
コアダンプが生成された Java 実行可能ファイル。
.TP 3
core 
構成情報を出力するコアファイル。
.TP 3
remote\-hostname\-or\-IP 
リモートデバッグサーバ (
.B jsadebugd 
を参照) のホスト名または IP アドレス。
.TP 3
server\-id 
同じリモートホスト上で複数のデバッグサーバが実行している場合の、オプションの一意 ID。
.LP
.SH 機能説明
.B jinfo
は、指定された Java プロセスまたはコアファイルまたはリモートデバッグサーバの Java 構成情報を出力します。構成情報には、Java システムプロパティと Java 仮想マシンコマンド行フラグが含まれます。
指定されたプロセスが 64 ビット VM 上で実行されている場合、\f2\-J\-d64\fP オプションを指定しなければならない場合があります。次に例を示します。
.br

.LP
.RS 3

.LP
jinfo \-J\-d64 \-sysprops pid
.RE
.LP
注 - このユーティリティはサポートされていないため、JDK の将来のバージョンでは使用できない可能性があります。
Windows 上の jinfo でサポートされているのは、実行中のプロセスの \-flag オプションだけです。
.LP
.SH オプション
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.B " <no option>"
コマンド行フラグとシステムプロパティと値のペアの両方を出力します。
.br
.TP 3
\-flag name 
指定されたコマンド行フラグの名前と値を出力します。
.br
.TP 3
\-flag [+|\-]name 
指定されたブール型のコマンド行フラグを有効または無効にします。
.br
.TP 3
\-flag name=value 
指定されたコマンド行フラグを指定された値に設定します。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.B \-flags
JVM に渡されるコマンド行フラグをペアで出力します。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.B \-sysprops
Java システムプロパティを名前と値のペアとして出力します。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.B \-h
ヘルプメッセージを出力します。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.B \-help
ヘルプメッセージを出力します。
.SH 関連項目
.LP
.RS 3
.TP 2
*
jps 
.TP 2
*
jsadebugd 
.RE

.LP

.LP