view src/linux/doc/man/ja/jsadebugd.1 @ 0:37a05a11f281

Initial load
author duke
date Sat, 01 Dec 2007 00:00:00 +0000
parents
children b056c42ea5b4
line wrap: on
line source
'\" t
.\"
.\" Copyright 2004-2006 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
.\" have any questions.
.\"
.\" 
.TH jsadebugd 1 "2006 年 9 月 4 日" "Java SE 6" "ユーザーコマンド" 
.SH 名前
jsadebugd \- サービスエージェントデバッグデーモン
.\"
.SH 形式
.B jsadebugd 
.I pid [ server-id ]
.br
.B jsadebugd
.I executable core [ server-id ]
.SH パラメータ
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.I pid
デバッグサーバがアタッチするプロセスのプロセス ID。プロセスは Java プロセスでなければなりません。マシン上で実行している Java プロセスのリストを取得するには、
.B jps 
を使用します。1 つのプロセスにアタッチできるのは、1 つのデバッグサーバだけです。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.I executable
コアダンプが生成された Java 実行可能ファイル。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.I core
デバッグサーバがアタッチするコアファイル。
.if t .TP 20
.if n .TP 15
.I server-id
同じマシン上で複数のデバッグサーバを起動する場合に必要な、オプションの一意 ID。リモートクライアントがアタッチする特定のデバッグサーバを識別するには、この ID を使用する必要があります。1 つのマシン内で、この ID は一意でなければなりません。
.SH 機能説明
.B jsadebugd 
は、Java プロセスまたはコアファイルにアタッチして、デバッグサーバとして機能します。
.B jstack

.B jmap

.B jinfo 
などのリモートクライアントは、Java Remote Method Invocation (RMI) を使用してサーバにアタッチできます。
.B jsadebugd 
を起動する前に、次のように指定して 
.B rmiregistry 
を起動する必要があります。
.LP
.RS
.ft 3
.nf
rmiregistry -J-Xbootclasspath/p:$JAVA_HOME/lib/sajdi.jar
.fi
.ft 1
.RE
.LP
$JAVA_HOME は、JDK のインストールディレクトリです。
.B rmiregistry 
が起動していなかった場合、
.B jsadebugd 
は標準 (1099) ポートで内部的に 
.B rmiregistry 
を起動します。デバッグサーバを停止するには、SIGINT を送信します (Ctrl-C を押す) 。
.LP
注 - このユーティリティはサポートされていないため、JDK の将来のバージョンでは使用できない可能性があります。
.B jsadebugd 
は、現時点では、Windows プラットフォームでは使用できません。
.SH 関連項目
.LP
.RS 3
.TP 2
*
jinfo 
.TP 2
*
jmap 
.TP 2
*
jps 
.TP 2
*
jstack 
.TP 2
*
rmiregistry 
.RE

.LP

.LP