view src/linux/doc/man/ja/native2ascii.1 @ 0:37a05a11f281

Initial load
author duke
date Sat, 01 Dec 2007 00:00:00 +0000
parents
children b056c42ea5b4
line wrap: on
line source
'\" t
.\"
.\" Copyright 2000-2004 Sun Microsystems, Inc.  All Rights Reserved.
.\" DO NOT ALTER OR REMOVE COPYRIGHT NOTICES OR THIS FILE HEADER.
.\"
.\" This code is free software; you can redistribute it and/or modify it
.\" under the terms of the GNU General Public License version 2 only, as
.\" published by the Free Software Foundation.
.\"
.\" This code is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the GNU General Public License
.\" version 2 for more details (a copy is included in the LICENSE file that
.\" accompanied this code).
.\"
.\" You should have received a copy of the GNU General Public License version
.\" 2 along with this work; if not, write to the Free Software Foundation,
.\" Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA.
.\"
.\" Please contact Sun Microsystems, Inc., 4150 Network Circle, Santa Clara,
.\" CA 95054 USA or visit www.sun.com if you need additional information or
.\" have any questions.
.\"
.\" 
.TH native2ascii 1 "2004 年 6 月 22 日"
.SH "名前"
native2ascii \- ネイティブコードから ASCII への変換
.\" 
.\"  This document was created by saving an HTML file as text
.\"  from the JavaSoft web site:
.\" 
.\" http://java.sun.com/products/jdk/1.2/docs/tooldocs/tools.html
.\" 
.\"  and adding appropriate troff macros.  Because the JavaSoft web site 
.\"  man pages can change without notice, it may be helpful to diff
.\"  files to identify changes other than new functionality. 
.\" 
.SH "形式"
.B native2ascii
[
.B options 
]
.if n .ti +5n
[
.IR inputfile " [" outputfile "]]"
.SH "機能説明"
.IX "native to ASCII converter" "" "native to ASCII converter \(em \fLnative2ascii\fP"
.IX "native2ascii" "" "\fLnative2ascii\fP \(em native to ASCII converter"
Java コンパイラなどの
Java 
ツールが処理できるファイルは、
Latin-1
文字もしくは\^
Unicode
でエンコードされた文字
(\\udddd)
からなるファイルだけです。
.B native2ascii
は、他の文字コードのファイルを
Latin-1
または
Unicode
エンコーディングのファイルに変換します。
.LP
.I outputfile
引数を省略すると、出力先は標準出力となります。
また、
.I inputfile
引数を省略すると、入力元は標準入力となります。
.SH "オプション"
以下のオプションが使用できます。
.TP 5
.B \-encoding \f2encoding_name\f1
変換処理で用いるエンコーディング名を指定します。
デフォルトのエンコーディング名は、システムプロパティの
\f3file.encoding\f1
から得られます。
.I encoding_name 
文字列は、ドキュメント「サポートされているエンコーディング」の、
サポートされるエンコーディングの表で最初の列にある文字列の 1 つでなければ
なりません。
.br
http://java.sun.com/j2se/1.5/docs/guide/intl/encoding.doc.html
.\" http://java.sun.com/j2se/1.5/docs/guide/intl/encoding.doc.html
.TP 5
.B \-reverse
逆の変換処理を行います。つまり
Latin-1
または
Unicode
でエンコーディングされている文字を、ネイティブコードに変換します。
.TP 15
.BI \-J "option"
.I option
を Java 仮想マシンに渡します。ここで、
.I option
は、Java アプリケーション起動プログラム java(1) のマニュアルページで
説明されているオプションの 1 つです。たとえば、
.I \-J-Xms48m
は、起動時に使用するメモリを 48M バイトに設定します。
.B \-J
が基本となる仮想マシンにオプションを渡すことは、共通の規約です。